5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

セフィロスとアンジールとジェネシスがトレーニングルームに閉じこもった

1 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2007/09/29(土) 00:32:25 ID:iSaJBj6w0
セフィロス「本社のトレーニングルームに
   2nd達の留守に忍び込んではよくふざけていた
   ジェネシス、アンジール、俺」

普通じゃない奴らの普通じゃない悪ふざけを観察するスレです

2 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2007/09/29(土) 00:41:42 ID:7UUWx3GWO
2get!

3 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2007/09/29(土) 00:42:00 ID:SSz9IauE0
>>1ああああぁぁぁ!!ありがとう!

4 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2007/09/29(土) 01:41:04 ID:hQFNDoi1O
閉じこもった!!!

5 :仕事よりビルのほうが大事だ。ほんの少しな:2007/09/29(土) 02:13:55 ID:jPJgSIeiO
アンジール「………(ウロウロ)」
セフィロス「アンジール、少しは落ち着け」
アンジール「そろそろ出ないか?」
ジェネシス「まだ4時間しか経ってないだろう…。もう怖気付いたのか?この作戦を話した時は面白がってたじゃないか」
アンジール「冗談だと思ったんだ!」
セフィロス「冗談?率先して魔晄供給システムを破壊したのは誰だったかな」
アンジール「先にお前が予備システムを破壊していたと知っていたらやらなかった!
    今頃外は大騒ぎだぞ!」
セフィロス「そうだな…。神羅上層部はシステムの復旧に必死だ。他のソルジャーや兵士のほうは、ジェネシスの逃がした実験用モンスターの捕獲に手間取っている。つまり、当分俺たちの不在には気付かないわけだ
    さあ、こうして手に入れた休暇だ、存分に楽しもうじゃないか」
アンジール「俺はこんな休暇はいらない。お前たちで勝手にやっていろ!……ジェネシス、ドアの前を退くんだ」
ジェネシス「君よ、飛び立つのか 我らを憎む世界へと
    待ち受けるは、ただ過酷な明日 逆巻く風のみだとしても――」
(訳:アンジール、出ていくのか?俺たちを退屈死させようとしている馬鹿共のところに?
 出ていったところで、どうせ俺たちを待っているのは、膨大な量の単調な任務だけだ!)
アンジール「それがソルジャーの仕事だ」
セフィロス「そんなに仕事がしたければ、俺たちを倒してからにしろ(チャキ…)」
アンジール「!(セフィロスとジェネシスが暴れる→トレーニングルームが大破する
    →神羅ビルが破壊される→世紀の大問題に発展)
    ……分かった、俺もお前たちの休暇に付き合おう」
ジェネシス(セフィロスGJ!)
アンジール「で、この休暇はいつまでの予定なんだ?」
セフィロス「最低一ヵ月」
アンジール「…聞かなければよかった」
ジェネシス「一応半年分の食料は用意してある。もちろんバノーラホワイトも…」
セフィロス「? バカリンゴが食用?的の間違いだろう?」
ジェネシス orz
アンジール(神経が磨り減る休暇になりそうだ……)


閉じこもり開始!

6 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2007/09/29(土) 02:24:42 ID:yE0earlZ0
今日の超兄貴スレはここか

7 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2007/09/29(土) 02:29:01 ID:BZFw0tzMO
wktk

8 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2007/09/29(土) 02:46:45 ID:zwwos/lmO
ジェネシスのとんでもねぇキレっぷりが際立ってたが
あのレベルの戦いでもやっぱり単なるじゃれあいだったのかよ

9 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2007/09/29(土) 03:06:58 ID:l5tm2npXO
余計なお世話じゃ!に吹いた

10 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2007/09/29(土) 04:37:20 ID:gzs7oAucO
兄者再降臨キボーン

11 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2007/09/29(土) 04:42:02 ID:icBUd3fgO
>>10
そんなに荒らしたいのか

12 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2007/09/29(土) 06:42:33 ID:7hqYVlC8O
>>1>>5GJ上手いっ!
チャキ…にワロタw
続きwktk待ち

13 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2007/09/29(土) 11:25:34 ID:h2LsjOsP0
CCFF7をプレイしていない人の為に
全然親切じゃないキャラクター紹介

ジェネシス:リンゴ農家のボンボン 少年時代は天才リンゴ少年
   必殺技はガン焼きとLOVELESS洗脳 
アンジール:貧乏自慢という自虐ネタの所有者 ジェネシスの必殺技vol.1の被害者 
   お母さんはメーテル 残り物で料理スキルを披露
   よって1st.の自室にはキッチンがあることが判明(←超大発見)
セフィロス:CCにて「投げる」マテリア所有が確認(多分銭投げもできる)
   ジェネシスの必殺技vol.2の被害者 毎日の洗髪が薄毛の原因だとはまだ知らない  

14 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2007/09/29(土) 12:29:53 ID:hQFNDoi1O
うわ、あいつりんご農家出身なのかよ……
畜生今すごく好感度上がった

15 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2007/09/29(土) 12:43:48 ID:h2LsjOsP0
多分、リンゴの収穫期にはこっそり年休取って
両親の手伝いをしたりする孝行息子
…の姿は絶対周囲に悟られまいとするシティーボーイだったのだよ

16 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2007/09/29(土) 12:50:19 ID:ncHZwZ/QO
>>15
ジェネシスんちのリンゴは年中収穫できるよ

17 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2007/09/29(土) 13:00:11 ID:h2LsjOsP0
そういやそうだったw
アンジールのお母さんに、昔はいい子だったのに…て言われてるから
年休取って手伝いくらいしてげだな
赤いコート脱いで一般人みたいな地味な上着に着替えてるんかな

18 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2007/09/29(土) 14:37:17 ID:BZFw0tzMO
リンゴをちぎる
G「これは‥‥女神の贈り物‥‥‥」

リンゴをちぎる
G「これは‥‥女神の贈り物‥‥‥」

リンゴをちぎる
G「これも‥‥女神の贈り物‥‥‥」

リンゴをちぎる
G「これも‥‥女神の贈r

A「口よりも手を動かせ」

19 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2007/09/29(土) 14:45:34 ID:kranf8PX0
ファンクラブの対談を思い出したよ
 

20 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2007/09/29(土) 17:29:50 ID:JEdXxrFo0
ジェネ「バノーラホワイトが年中収穫できるといっても収穫時期によって
   味香り食感はまったく違うんだ。大まかに四季に分けてみても
   春採れは冬の寒さを越しているから水分が抜けて食感が軽いが
   栄養分が凝縮されていて味が深い
   夏採れは長雨の時期に大きくなるので瑞々しいが味は淡白になる
   秋採れは夏の暑さを受けてより皮の色が深く糖分をたっぷり蓄えている
   冬採れは秋の昼夜の寒暖差に影響を受けて硬くしまった奥深い味わいがある
   ちなみに俺の開発したジュースには各々の果汁の特徴を生かした
   配合に一番時間をかけて開発しているわけだ、なぁ アンジール」
アンジ「手っ取り早く食えるバカリンゴがいいバカリンゴだ」
セフィ「バカリンゴに手を出すなまで、聞いた
   ……いや、ちょっと軽くひいたわw」

ジェネ  orz  

21 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2007/09/29(土) 21:30:08 ID:OobDFYbVO
噛み合わない三人なのに友人関係保ててるのはスゴいよな

22 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2007/09/29(土) 22:49:55 ID:hQFNDoi1O
アップルアップル

23 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2007/09/29(土) 23:23:50 ID:COypCM150
>>20
わろた

24 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2007/09/30(日) 00:28:52 ID:da27wh+JO
いいわぁ〜
このスレ和むわぁ〜(´∀`)

25 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2007/09/30(日) 01:54:07 ID:xJ/2h1lOO
GとAはお隣同士でSはどこに住んでるんだろ。

26 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2007/09/30(日) 10:52:43 ID:qs8/j4UVO
Sは生まれてからずっと神羅じゃないん?

27 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2007/09/30(日) 11:04:04 ID:ZuBBWae4O
1stの私室の話だろ。
ジェネシスとアンジールはどうも部屋が隣同士っぽいけど
セフィロスはイメージ的に私室も他のソルジャーとは違うとこにありそうだ…。

28 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2007/09/30(日) 11:10:19 ID:wpBumchzO
実はお向かいさん

29 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2007/09/30(日) 12:00:18 ID:xJ/2h1lOO
そんな近くに特異体質な三人が住んでるなんてな。生活感はアンジール以外なさげだな

30 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2007/09/30(日) 12:23:51 ID:TvQY10900
むしろ神羅の総務課スタッフが三人を率先して隔離しそうだけどね
一旦悪ふざけが私室で起きたら、止めるよりまず逃げろってw

□□□□□□□◎●□□□□□□□□
    廊下    廊下
□□□□□□□☆□□□□□□□□□

□=空室 ◎=アマゾン ●=ラブレス ☆=田代
 

31 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2007/09/30(日) 13:19:34 ID:469BbGysO
アマゾン=アン汁?
空室多いなwww

りんご農家のムスコが神羅のソルジャーになった経緯が激しく気になる

32 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2007/09/30(日) 13:28:29 ID:XUyMsEpjO
>>31
セフィロスに憧れてソルジャーになったんじゃなかったっけ?

33 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2007/09/30(日) 13:56:34 ID:xJ/2h1lOO
普通の感覚の人なら、この三人が住んでいるそばには住みたくないんじゃないか?尊敬はするが近寄りたくないって。

34 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2007/09/30(日) 16:33:31 ID:YfPmzoHr0
この三人の部屋付近は家賃が異常に安い。

35 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2007/09/30(日) 16:46:52 ID:mpedGyoEO
このスレは一応「閉じ込めスレ」系のカテゴリだから、皆雑談だけじゃなくてネタも書いてくれ

36 :LOVELESS第四章 1/3:2007/09/30(日) 16:48:55 ID:mpedGyoEO
アンジール「しかし、こうも殺風景なところにいると退屈になってくるな」
セフィロス「そう思うなら景色を変えたらどうだ。…ミスリルマインにでも『行く』か?」
ジェネシス「俺はジュノンを希望する。この前の勝負が途中だからな」
アンジール「魔晄供給が止まっているんだ、シミュレーターが動くわけがないだろう」
ジェネシス「いや、あと1時間以内には復旧する」
アンジール「何故そう言い切れる?」
セフィロス「魔晄供給システムを破壊したのがお前だからだ。どうせハードラッシュを一回叩き込んだだけだろう?」
アンジール「あれでもやり過ぎたと思っているくらいだ」
ジェネシス「セフィロスは塵になるまで破壊していたぞ」
アンジール「お前は予備システムに何か恨みでもあるのか!」
セフィロス「予備システムは後日総取り換えになるだろうな
    今、修理班はお前が破壊したほうのシステムの復旧をしているそうだ」つ【携帯】

【Subject】 システムの復旧について
【From】   ラザード
ソルジャーの皆さん、日々の任務ご苦労さまです。
ご存じの通り、依然、神羅ビルの全システムはダウンしたままとなっています。
暗いビルの中、逃げ出したモンスターを探すのはさぞ大変なことと思います。
しかし、それももう暫くの辛抱です。
先程、システム修理のための交換用部品の一部が保管場所から消えていたことをお伝えしましたが、
その部品が無事に発見されたそうです。
それにより、システムの復旧も、あと数十分程で可能との報告を受けました。
とはいえ、復旧までにはまだ時間がありますので、気を引き締めて任務にあたって下さい。
最後に、今回のシステム復旧は完全なものとは言えません。
なぜなら、予備システムの損傷が激しく、復旧の目処がたっていないからです。
今回の一連の騒ぎが反神羅組織の犯行だとすると、今後彼らの活動はさらに活発化すると予想されます。
暫くの間、休暇申請は出来ないものとお考え下さい。


37 :LOVELESS第四章 2/3:2007/09/30(日) 16:50:33 ID:mpedGyoEO

アンジール「反神羅組織の犯行、か……。誰だってそう思う」
ジェネシス「セフィロス!休暇の雰囲気が台無しになるから、携帯は持ってくるなと言っただろ!」
セフィロス「すまない、忘れていた」
ジェネシス「アンジールは持ってきてないだろうな?」
アンジール「持ってはいるが、電気代が勿体なくて充電していなかったから、昨日から電池切れで使えないままだ」
ジェネシス「それなら、いい」
アンジール「待てよ、システムが復旧するということは、ここのドアのロックもいつも通りに外から解除できるようになるわけだ
    …どうやら、休暇はもう終わりのようだな」
セフィロス「その点については、ジェネシスが既に解決しているらしい」
ジェネシス「システム復旧と同時に、ビル内の全コンピュータにウイルスを流し、システムを掌握、データ上からこの49階の存在を消す
    この階へ通じる通路、そしてこの階の全ての部屋が完全にロックされ、エレベーターはこの階に止まれなくなる
    ウイルスは三日おきに新型を流しておくから、そう簡単には破られない……完璧だろ?」
アンジール「度が過ぎる…!セフィロス、計画段階で何故止めなかった?知っていたんだろう?」
セフィロス「ウイルス云々は俺も初耳だ
    ジェネシス、システムを掌握するのは『お前が』するということか?」
ジェネシス「俺にそんなことは出来ない
    お前たちと違って、ちゃんと携帯は持ち込まなかったからな」
アンジール「まさか、外に協力者でもいるのか?」
ジェネシス「そういうことだ」
アンジール「その協力者…反神羅組織じゃないだろうな」
ジェネシス「違う、とは言い切れない
    向こうも何か企みがあるようだった」
アンジール「誰だ?」
ジェネシス「それは言えない」
セフィロス「信用できる奴なのか?」
ジェネシス「今のところは」
アンジール「ジェネシス」
ジェネシス「?」
アンジール「俺と勝負しろ
    お前の今回のやり方には目に余るものがある」

38 :LOVELESS第四章 3/3:2007/09/30(日) 16:57:05 ID:mpedGyoEO
ジェネシス「深淵の謎、それは女神の贈り物 我らは求め、飛び立った
    彷徨い続ける心の水面に 微かなさざ波をたてて」
(訳:俺たち多忙な1stが休暇を手に入れるためには、周りが多少混乱するのは仕方ないことだ)
アンジール「ウイルスをばら撒くことのどこが『微かなさざ波』だ
    もう少し穏便な遣り方もあったはずだろう
    俺が勝ったら…休暇を終わりにしろとは言わない、ウイルスを流すのを中止しろ。代案は俺が出す」
ジェネシス「ウイルスの件は協力者の提案だ。俺が止めろと言っても……どうかな
    セフィロス、どうやら俺はお前よりも先にアンジールと勝負することになりそうなんだが――」
セフィロス「俺は別に構わない。アンジール、勝負するなら素手ではなく、ちゃんと背中の剣を使え」
アンジール「言われなくとも分かっている」

パッ

アンジール「! 明かりが」
セフィロス「復旧したようだな」

――ガシャァァァン

ジェネシス「ウイルスも問題なくコンピュータに侵入したようだ」
アンジール「くっ、早く勝負を始めよう」
セフィロス「せっかくだ、景色を変えてやったらどうだ。どこがいい?」
ジェネシス「幼なじみとの勝負だ、選ぶべき場所はただ一つ……『バノーラ村』」
セフィロス「バノーラ、だな」
ピピッ、ピ…シュイィィィィ……

セフィロス「何か非常事態が起こらない限り、俺は手は出さないからな」
ジェネシス「そうしてくれ」
アンジール「――いくぞ、ジェネシス」
ジェネシス「女神引く弓より、すでに矢は放たれて――
    来い、相棒」

=Activating Combat Mode!=

39 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2007/09/30(日) 17:39:53 ID:medw767zO
ウイルスwwwwwww
確かにやり過ぎだwwwww

40 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2007/09/30(日) 21:02:43 ID:xJ/2h1lOO
続きが気になる

41 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2007/09/30(日) 21:35:08 ID:EteTdWS90
wktkがとまらない

42 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2007/09/30(日) 21:42:15 ID:av7q/aNx0
ジェネシスの言葉にいちいち訳が入るのが…w

43 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2007/09/30(日) 23:04:09 ID:TvQY10900
アンジ「子供の頃、母さんが幼かった俺に語ったことがある…」
ジェネ「こいつの母親は村でも有名な美人だ」
セフィロ「…ぇ?アンジールの母オヤがビ…じん…?」
アンジ「…何か、質問があるのかね、セフィロス君?
   村一番の美人の母さんがな、夜更けの満天の星の下で話してくれた…」
ジェネ「LOVELESS第何章にでてくる話?」
アンジ「お前の好きな英雄の話でも女神の話でもない!
   母さんは俺に星を見つめながら話してくれた
  『母さん、若い頃は宇宙を翔る機関車に乗って
   宇宙を救う若者を探す旅をしていたのよ
   お前も大きくなったらそんなスケールの大きな男になりなさい』
   俺まだ子供でその例えがよく分からなかったが、
   とにかく俺はそんな母さんの期待に答える誇り高い男になると心に誓ったんだ」
セフィロ「………」
アンジ「………」
ジェネ「………」
アンジ「…ま、実際若い頃は神羅の科学部門で苦労していたそうだから
   ちょっと神経がまいっていたのかもな、気にするな」
ジェネ「なっ!?舞台は宇宙なのか?最終章?最終章の新解釈か?
   まさか、アンジールの母さんまで最終章の研究をしていたとは…
   俺もアンジールの母さんと夜を徹して語り合う必要がありそうだ!」
アンジ「母さんの夢話とお前のLOVELESSお花畑を混合するなぁっ!!」

セフィロ(母さんと二人で宇宙旅行か……素敵な夢だな……)

44 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2007/09/30(日) 23:16:48 ID:xJ/2h1lOO
アンジールのせいだったのか、セフィロスの母と一緒に宇宙の旅妄想は!!

45 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2007/09/30(日) 23:20:10 ID:txqCn7vjO
わかった
セとジェはつっこみ無理なんだな?
なんかずれてて可愛らしいw

46 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2007/10/01(月) 01:56:31 ID:v9QA/n54O
だめだ笑い死ぬwww

三人ともかわいいよ三人とも

47 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2007/10/01(月) 03:26:44 ID:/YE8XTD8O ?2BP(4949)
これは神スレの予感
テラメーテルwww

48 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2007/10/01(月) 03:41:40 ID:u93xzh5SO
ボケしかいないってことか?

49 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2007/10/01(月) 03:56:12 ID:nqzrGSHiO
感慨深いな


50 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2007/10/01(月) 04:46:09 ID:jqV4IR+YO
破壊力抜群のボケの集合体か・・・

51 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2007/10/01(月) 05:04:12 ID:KuvI0Pj5O
名倉のいないネプチューンか

52 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2007/10/01(月) 06:48:53 ID:ckfIF0veO
俺はジュゴンを希望する。

53 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2007/10/01(月) 08:09:13 ID:1vHpt/ybO
ちょwクソ和んだww
真顔でボケた発言するセフィロスとジェネシスが想像できた!
アンジール乙。
もはやこのスレは自分の中で神すれになったwww

54 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2007/10/01(月) 09:55:51 ID:u93xzh5SO
>>53
まだ50ちょいなのに早えーなwww

55 :新米ソルジャークラス3rd番外編読みきり:2007/10/01(月) 11:42:10 ID:LFpWNtIs0
新米「……はぁ…………
   今日もまたモンスターが怖くて逃げちゃって先輩に怒られちゃった……orz……」
  「…俺、やっぱりソルジャーの才能ないのかなぁ……
   その採用試験だって、最終試験が乗り物酔い耐性テストで
   運良く隣が5秒で噴水ゲロ出してくれたから合格になっただけでさぁ」
  「気分が暗いと周りもなんだが、真っ暗に見えるよな……」
  「……他の社員とか仲間に見られたくないな……非常階段使って上がるかな」
  LV49 ソルジャーフロア到着(この瞬間システム復旧→ウイルス進入)
新米「まだ、誰も帰ってきてないんだな……ちぇっ、明かりくらいケチケチするなよな」
  「……ま、いっか……どうせ俺なんかさ……」
  「またブリーフィングルームで一人反省会しよっかな…」
  「……ぇ?ドア開かない??あ、電源入ってないんだった
   スイッチスイッチ(カチッカチッ)………あれあれあれーー?」
  「と、とにかく、他の階に…
 もちろん、エレベーターも非常階段のドアも開きません
新米「……ま、まぢっすか?
   そ、そうだ、携帯、携帯は?………
   テレビのリモコンと間違えたーーーーーーー!!!」

新米ソルジャークラス3rdが1st達の閉じこもりのとばっちりで閉じ込められたw
(一発ネタなので続きはないよw)

56 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2007/10/01(月) 13:59:14 ID:y7DnArTsO
噴水ゲロした奴って…w

57 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2007/10/01(月) 14:36:48 ID:d9Vk51YeO
向こうの閉じ込めネタと繋がっているようで繋がってないww

58 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2007/10/01(月) 16:36:09 ID:MFpQCe0c0
マーライオンの事かw

59 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2007/10/01(月) 17:08:44 ID:LFpWNtIs0
>>51
むしろ
名倉=アンジール 原田=セフィロス 堀内=ジェネシス
の立ち位置に近いかも
ツッコミをことごとく空振られる 名倉アンジール乙     

60 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2007/10/01(月) 17:58:16 ID:LFpWNtIs0
>>59あ、キャラの固定するつもりじゃないので
職人さんの好きに動かして欲しい
ツッコミ無しのスパイラルボケで神羅ビルを破壊してもいいし
幼なじみコンビボケの部外者ツッコミでも
本編通りの最強クールな三人もいい

なによりこのスレの雰囲気が好きだw



61 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2007/10/01(月) 19:26:39 ID:ymGHw6otO
>>59
後ろからアンジールの乳揉んだり、プレジデント社長にカンチョーしたり無邪気に暴れ回るジェネシスが思い浮かんだ

62 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2007/10/01(月) 20:26:48 ID:YvDESa5RO
やめてくれwwwww

63 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2007/10/01(月) 20:45:25 ID:xkfK8dSz0
ジェネシス、無邪気すぎるぞwwwwwwww

64 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2007/10/01(月) 21:30:41 ID:Dveis/dV0
夢も誇りも無くしてしゅまった

65 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2007/10/01(月) 22:43:10 ID:uTnMvs4g0
>>64
そんな可愛い言い方………







ドキドキするじゃねーかww

66 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2007/10/01(月) 23:38:07 ID:iuumf/0nO
しんえんの謎…それは女神のおくりもにょ。

67 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2007/10/02(火) 00:38:11 ID:4GsaRePi0
二頭身の1st3ソルジャーが頭に浮かんだ

68 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2007/10/02(火) 00:48:44 ID:J2BvvwHF0
ソルジャーが 閉じこめられて ちっちゃくなっちゃった!

69 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2007/10/02(火) 01:12:23 ID:SudW9zSoO
スーファミ仕様の1st御一行

70 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2007/10/02(火) 02:05:46 ID:SX9pQDoIO
君よ 飛びたちゅのか
我らを憎むしぇかいへと

71 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2007/10/02(火) 07:08:45 ID:AREwDfbiO
ジェネシス自重wwwwwww

72 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2007/10/02(火) 09:22:49 ID:A8yPCmF+O
閉じ込められてトイレとかどーしてんだ?

73 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2007/10/02(火) 09:54:44 ID:13UcduczO
風呂もどうすんだろ

74 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2007/10/02(火) 10:10:27 ID:O4Umpaaq0
>>72-73
セフィロスとジェネシスはトイレしません!
アンジールは我慢!

75 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2007/10/02(火) 10:36:42 ID:XyW9kCvtO
閉じ籠って騒いだあげく酸欠に陥ったトリオを想像した

76 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2007/10/02(火) 12:57:54 ID:5NJ8eS5eO
ジェネ「深淵の謎…?それは女神の贈り物?我らは?求め?飛び立った??」

アンジ「解らんのなら読むな」

77 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2007/10/02(火) 15:02:38 ID:dR6q7GN20
アンジールスレより

187 名前が無い@ただの名無しのようだ sage 2007/10/01(月) 04:29:21 ID:jqV4IR+YO
昨日見た夢

三人で昼ご飯を食べていた。
セフィロスとジェネシスは同じ和牛塩焼き定食。
アンジールは酢豚定食。
セフィロスがアンジールに話しかけた隙を付いてジェネシス
が自分のひじきの煮物をアンジールの皿にさりげなく置く。
アンジール気付く。
ジェネシスに好き嫌いはするな、ひじきを食べろと説教を始める。
その隙にセフィロスもひじきをアンジールの皿に追加する。
アンジール気付く。
セフィロスにも説教開始。
その隙にジェネシスがアンジールの酢豚の肉だけを掻っ攫う。
アンジール気付く。
以下繰り返し。
結局肉抜きの酢豚を食べたアンジール。

目が覚めたときにはアンジールがすごく好きになってたw
応援したくなったよw

78 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2007/10/02(火) 16:34:19 ID:GJXiqtRp0
該当スレで見つけてワロタ
いつも神羅の社食、三人一緒に食べてるのかな…
アンジールだけは食費を浮かせる為に弁当作ってきそうだけど
三段くらいのすごいの作ってきて、セフィロスやジェネシスが
「そっちのうまそう」って箸を伸ばしてくるのを嫌がるんだけど
実は二人の分まで作ってきていたりするんだよ

79 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2007/10/02(火) 17:21:34 ID:4H5AOErlO
アンジール…//

80 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2007/10/02(火) 17:44:57 ID:H8AmgiNd0
某所で閉じ込めスレがあると聞いてとんで来た。
面白いねココ。気に入った。
無事1000まで行きますように。
LOVELESSのように最後が欠落したりしませんように。
あとセフィロスがバカリンゴ食べてくれますように。

81 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2007/10/02(火) 21:04:00 ID:1RgHzXGUO ?2BP(4949)
>>78
アンジールいい奴すぎるな

82 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2007/10/02(火) 22:22:43 ID:ZKdNaOA1O
>78
そいでもって、夕飯もアンジールの部屋に
セフィロスとジェネシスが堂々
上がり込んではご飯をねだるんだよ。
アンジールは毎日なぜかやってくる
ただ飯喰らい2人に呆れながら
豪華なご飯を3人分用意しているんだ。
…って、これはどこかのちあk(ry

83 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2007/10/02(火) 22:44:38 ID:IrNyX92RO
アンジールならそこは残り物リサイクル飯だろう。
セフィロスは残り物→ごちそうの変わりっぷりに感嘆しながら、
ジェネシスは「これ昨日の鍋の(ry」といちいち言いながら食う。

84 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2007/10/02(火) 23:15:41 ID:lHWHG3va0
G「トレーニングルームに隣接してシャワールームがあっただろ?
  あれだけハ使用可にしておいた」
S「それは助かるな(シャンプーのストックは何本あるのだろう?)」
A「サウナはついてなかったな?」
G「ん?おまえはサウナも欲しかったのか?」
A「違う!!
 昔、訓練後にサウナに入ったとき、お前がLOVELESSを暗誦し終わるまで出れなかったじゃないか!
 出ようとするとサンダガかましてくれるし…」
S「ブツブツブツブツ・・・・(シャンプーの種類は・・・?)」
G「そんな事があったか?」
A「結局、お前とセフィロスが脱水でぶっ倒れて俺がお前らを担いで運びだす破目になったんだ」
G「ならば、もう一度聞かせてやろう。サウナも使えるように・・・」
A「せんでいいわいっ!!!」
S「ブツブツブツブツ・・・・(コンディショナーは・・・?)」


ごめんなさい、才能ないです。 orz
セフィロスがアホの子になってしまいました・・・・・。

85 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2007/10/02(火) 23:58:59 ID:fHpYqhcV0
>>78>>82
その主夫アンジールうちにくれないか。

>>84
ジェネシスならやりかねんww
セフィロスは実は髪の毛の手入れに余念がなく、
シャワールームのはリンスインシャンプーで神羅に失望とかどうよ?

86 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2007/10/03(水) 00:33:54 ID:/P32Bxpe0
いや、やることにそつのない英雄は
黒コートの裏地一面にマイシャンプーとリンスを装備してるんだぜ

87 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2007/10/03(水) 00:38:31 ID:PNgqtcB4O ?2BP(4949)
>>84
ジェネシスがアホの子すぎてワロタw倒れるまで暗唱してたのかよww
そしてさり気なく巻き添えのセフィロスカワイソス

88 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2007/10/03(水) 01:32:36 ID:RRjG/By8O
セフィロスはたまにシャンプーと間違えてボディソープで頭を洗ってしまう事があるに違いない
ジェネシスはセグレタみたいにやたら香りの強いシャンプーで香り付けしてるに違いない
アンジールは詰め替え用シャンプーの超安いヤツを溜め買いして、水で薄めて量を2倍にしてるに違いない

89 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2007/10/03(水) 02:57:53 ID:hJEbNHhPO
シャンプーは官給品なわけだが

英雄がトリートメント後でタオル巻いて蒸したりとかしてたら泣ける

90 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2007/10/03(水) 03:58:16 ID:SYjs/TmD0
この流れならイケル!

シャワールームにて
***
A「全く…、なんで俺がこんな事を…」
S「良いだろう、少し位」
A「面倒なら、切ってしまえばいいものを」
S「・・・・・」

A「はぁ、・・・・」ゴシゴシ
A「気持ちいいか?」
S「あぁ、…良い感じだ」
A「そうか、…そろそろ流すぞ?」
S「ん?あぁ…、待てその前n」
ザバァァ!!
A「ん、何か言ったか?」
S「いっ…」
A「どうしたセフィロス」
S「待てと、…言った、だろう?」シバシバ
A「ふ、…シャンプーが、目に?…ククっ」
S「だから待てと…」シバシバ

−間−

G「アンジール次は俺の…」
A「お前は短いんだから一人で出来るだろう?」
G「・・・・(セフィロスだけ……セフィロスは英雄だから…?俺も、英雄に…)」

***
長い髪は一人で洗うのは大変だろうな、と

91 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2007/10/03(水) 05:29:57 ID:rJ7ujiz20
セフィ「うわああああああああああああああああああ」
ジェネ「シャワールームから悲鳴が?!」
アン「セフィロス?!」(食事準備中)
バタバタバタ、ガラッ!
アン「どうしたセフィロス!」
セフィ「髪の毛が排水溝に流れた・・・鬱だ・・・」
ジェネ「洗えば良いじゃないか」
セフィ「しかもシャンプーメリ●トしか無い・・・・歯磨き粉と洗顔間違えた・・・・」
アン「●リットを馬鹿にするな」
ジェネ「ふっ・・・・俺はそんな凡ミスしないぞセフィロス」
アン「あ、ご飯炊けた」

その後
シャワールーム
アン「む?シャンプーが出てこない・・・?おかしいな、昨日詰め替えたばかりだが・・・ハッ(゚Д゚ )」
アン「セフィロスめ!!!!あれほど、髪の毛洗う時は2倍にして薄めろと言ったのに・・・・・!!!!」

92 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2007/10/03(水) 06:33:25 ID:UIOemqnd0
ジェネ「セフィロス、ほ〜らいいものだよ〜」
セフィ「!」
ジェネ「どうだ欲しいだろう?」
セフィ「(ゴクリ・・・)これは・・・」
アン「シャンプーを泡にして出してくれる神羅製ポンプ式容器だな。水で薄めて使うから節約になる。ほんのちょっとな」
セフィロスは『神羅製ポンプ式容器』を手に入れた!

そそくさとバスルームに消えるセフィロス
アン「よくやったジェネシス。1000まで生き残るには物資は貴重だ。だがソルジャー1stとしての威厳も保たねばならん。夢を持て誇りを捨てるな!髪についた埃は捨てるけど。なんちって」
ジェネ「・・・」
ジェネ「えーっと、深淵の謎 それは女神の・・・」
アン「俺のおやじギャグをラブレス朗読で相殺するな」

シャコシャコシャコシャコシャコシャ・・・・・(バスルームから聞こえる高速プッシュ音)
ジェネ「ふふ、さっそく使っているなセフィロス。あの容器にあらかじめ入っているシャンプーはバノーラアップルの香りなのさ」
アン「ははは、お前も考えたな。うん、だんだんリンゴの香りが漂って来・・」
ジェネ・アン「「ん!?ちょっと待てよ・・・セフィローーーーース!!」」

ジェネ「セフィロス貴様!バニラの香りを混ぜたな!アップルパイの香りになってるじゃないかあ!!」
アン「セフィロスお前!今日洗髪2回目だろーーーー!」
セフィ「ぐおおぉぉおおだれだ・・・」(泡が目に入った)



93 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2007/10/03(水) 08:01:57 ID:L6XY6hKQO
バカリンゴトリオは風呂も一緒か仲良しだなw
ジェネシスとかセフィロスとアンジールの股間凝視してそうだが
『・・・俺のマグナムが負けたorz』とか落ち込んでたりな
ついつい見てしまうものだ

94 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2007/10/03(水) 08:42:50 ID:hJEbNHhPO
アンジールは毛深そうだなw

95 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2007/10/03(水) 11:32:21 ID:tA0Ei2X2O
しかし、腕と脇はつるつる。

魔コウの力で無駄毛が生えないとみた!

96 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2007/10/03(水) 12:27:49 ID:oek7TegP0
よし、ちょっと魔晄に浸かってくるノシ

97 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2007/10/03(水) 12:47:56 ID:RDq/B80v0
ジェネシスとアンジールはガキの頃から親友で
親ぐるみの付き合いだから互いの裸ぐらい今更だろう。
むしろ友達が今までいなかったセフィロスの方が
キョドってそうだ。

98 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2007/10/03(水) 14:08:12 ID:/P32Bxpe0
アンジール「…今更だが、何故トレーニングルームにシャワールームがあるんだ?」
ジェネシス「ふっ、簡単な話だ。お前がそこの野営用の簡易コンロで
   飯を作っている間にシュミレータを起動させてシャワールームを再現させた」
セフィロス 「うわさには聞いていたが、さすが、科学部門、無駄な部分を作りこんでいる…」
ジェネシス「もちろん、これはトレーニングバトル用のシュミレーションエリアだ。つまりこれを作った意図は…
    
  Mission Start

  Activating Combat Mode

ジェネシス「ウ ォ タ ガ !!!(と、派手に洗面器の水をぶちかます)」
セフィロス 「うぉぁぁあ!せっかくタオルドライした髪がぁぁっ!!」
アンジール「あがががっ!揚げたての肉巻き野菜フライがっっ!水浸しにっ!!」
セフィ・アンジ「「ジ ェ ネ シ ス !!!」」
アンジール「そんな魔法(CCに)あるかーっ!」
セフィロス「この程度の威力でガ系の魔法を語るなっっ!!
   ガ系なら  ブリザガブリザガブリザガブリザg(ry  
     カキーンカキーンカキーン!!
    三段ファイガっ!!!!!」
    ブォワッ!!!  ジュワァァァァァァァアア
アンジール「セフィロス!ボケをボケでかえすなっ!!」



ジェネ・セフィ「「……腹減ったな」」
アンジール「自業自得だろうが」

99 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2007/10/03(水) 15:22:16 ID:tA0Ei2X2O
ジェネシス(そうだ、今こそ…!)「フッフッフッセフィロス。腹が減ったんだろう…?…リ、リンゴはどうだ?」
セフィロス「またバカリンゴか?まあ、腹の足しにはなるか…。」
アンジール「…いつも不思議に思ってたんだが…お前、リンゴをどこから出してるんだ?」
ジェネシス「さるルートから入手した、この『亜空間ポケット』をコートの裏に縫い付けている。
ブリザドマテリア(×20)もしっかり完備だ。いつでも新鮮なリンゴが味わえます。」
アンジール「そんなもの持ってたのか…」
セフィロス「まあいい。とにかく、腹が減った。リンゴをもらおうか」
ジェネシス(食、食べてくれる食べてくれるドキドキムネムネ)「フッ、しょうがないな、1個だけだぞ……って、
あれ!?ない!!ポケットに確かに入れておいたのに!!!」
アンジール「…亜空間だからな…どこかに迷いこんだか?」
ジェネシス「くそっ!!少し待ってろセフィロス!!ここにもない…ここも違う……ってうわあああ!!???」
アンジ・セフィ「「ミサイルーーー!!??」」

バッコオォォォオオオン

アンジール「はぁ…はぁ…危なかった…。砲弾斬りの基礎を学んでおいて…よかった…。
ジェネシス!ビルを破壊するつもりか!?何故ミサイルなんぞが入っている!!!」
ジェネシス「俺は知らん!!」
セフィロス「…(怒)…もういい、リンゴなんぞいらん…」
ジェネシス「(´;Д;`)」

100 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2007/10/03(水) 15:42:49 ID:/P32Bxpe0
禿ワロタww
しかも、下3,4行、貼り間違いかとは思ったけど
うろたえたジェネシスがナチュラルに一人ボケツッコミしてるようで
さらにwww

101 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2007/10/03(水) 16:03:56 ID:PNgqtcB4O ?2BP(4949)
>>100
!で貼り間違いに見えるけどあってるよw

それにしてもジェネシスはどこにいってもすっかりいじられキャラに…
だがそれがいい

102 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2007/10/03(水) 16:46:49 ID:jzMpbfByO
むしろアンジールがいじられキャラで残り二人が好き勝手してるイメージだw

ただ自分がそう思ってるだけだから気にしないでくれ

103 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2007/10/03(水) 17:04:46 ID:L6XY6hKQO
やっぱり神羅のネプチューンだなこいつら・・・w

104 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2007/10/03(水) 17:24:43 ID:zw8dYbjQO
神羅が世界に誇る、破壊力史上最強の…
お笑いトリオか

105 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2007/10/03(水) 22:49:29 ID:vXJpO+xR0
リンゴ的当てゲームのときは、トレーニングルームにリンゴ汁が飛び散るんだろうな。
それを雑巾で拭くのは、やっぱアンジールなのかな・・・

106 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2007/10/04(木) 02:32:21 ID:JXgPjU83O
しかしセフィロスが1番上手く的に当てたとか言ってたが嘘だろうな
ちゃんと当てるかどうかは的になる人間次第な気がする
ジェネシスが真面目にリンゴだけに当てるとは思えないし
倹約的なアンジールはリンゴに当てて粗末にしなさそう
セフィロスはアンジールのときはリンゴに当ててジェネシスのときは
顔面ど真ん中狙いそうだなw

107 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2007/10/04(木) 04:17:35 ID:wd6NAbO5O
むしろ逆でジェネシスがセフィロスの上にリンゴ置いて頭ぶっ刺してやろうとか企んでそうだと思った

108 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2007/10/04(木) 08:47:50 ID:XNHDgSedO
まあ二人が何かおかしな行動とったところでアンジールに怒られるわけだが

109 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2007/10/04(木) 10:21:55 ID:stZ5YVmVO
ジェネシスは嫌がらせしたいんではなく勝負にムキになって結果迷惑かけるタイプ。
リンゴ的当てさせたら魔法剣状態の剣投げてリンゴ爆散させる予感。

110 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2007/10/04(木) 12:17:07 ID:Zsjg71P5O
♪邪魔者にはバカリンゴ〜
お約束の笑い事〜

…他ゲーネタでサーセンw

111 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2007/10/04(木) 12:32:24 ID:2MLZ4Yl+0
なんだこの神スレw

112 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2007/10/04(木) 18:41:00 ID:JXgPjU83O
そういえば閉じ込め…
いや立て篭もったのはいいけど男三人てちょっとむさ苦しいなw
しかも1番身長低いジェネシスでさえ180あるんだろ?
トレーニングルームでも狭く感じそうだねw

113 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2007/10/04(木) 18:56:33 ID:4w8af6yy0
あのシュミレーターで女を・・・


んなこたしないか

114 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2007/10/04(木) 19:09:31 ID:XNHDgSedO
残念ながらシミュレーターは英雄と天使によって壊されてる…

とりあえずスクワットだな

115 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2007/10/04(木) 19:39:38 ID:CZ1zKCcV0
(朝の風景)
A「なんで3人いるのに洗面台が2人しか使えないんだ?」
S「・・・・・・・・・・・・(前髪の立ち上がりが気に入らない。もう少し流れるように・・)」
G「・・・・・・・・・・・・(今日の気分は・・・、第三章だな。冒頭は・・・)」
A「聞いてないな・・・」
 (しばしの間)
G,洗面台を離れようとする
G「ブツブツブツブツ・・・・(LOVELESS第三章暗誦中)」
A「ジェネシス、歯磨いてないぞ」
G「そうだったか・・・?・・・(シャカシャカシャカシャカ)」
 (しばしの間)
S「・・・・・・・・・・・・・・・・(よし、こんなもんだろう、いい感じに決まった!)」
A「セフィロス、後ろの寝癖、直ってないぞ?」
S「なに?後ろだと?(しまった、見えなかった!やはり、合わせ鏡で見るべきだったか・・・?)」
G「シャカシャカシャカシャカ、グブグブ、ペー、・・・・・・・・・・・・(LOVELESS暗誦再開)」
S「こんなもんか?アンジール?」
A「あぁ、直ったぞ」
 二人、立ち去る
A「やっと俺の番か」
 (かなりの間)
S「アンジール、そろそろはじめようか?」
A[あぁ?あ、すぐ行く、もうちょっと待ってくれ」
S「毎朝毎朝、あいつは髭の手入れに何時間かけるんだ?」
G「ほっといてやれ、あいつの唯一の趣味だ」


今回はなんか、三人ともアホの子になってしまいました・・・。 orz



116 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2007/10/04(木) 19:55:03 ID:JwvP8yrmO ?2BP(4949)
>>112
中の人はともかく、ジェネシスはザックスより高かった気がする
ザックス=185cm…つまり…

117 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2007/10/04(木) 20:06:47 ID:vQy0ER6kO
>>114
シミュレーター壊れてないだろ、上で使ってる
奴らが破壊したのはシステム?だけど、一部を除き復旧済みだし…

>>113
アンジールが止めるんじゃね?

118 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2007/10/04(木) 20:09:19 ID:4w8af6yy0
3人でかすぎw
2m近くてあの容姿の男3人が一緒にいるとそれはそれはものすごい存在感だろうな


119 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2007/10/04(木) 20:21:59 ID:XNHDgSedO
>>117
うわ本当だ

システム破壊

復旧&ウイルスにより49階だけ消失(外部からは)の状態か

4年ROMってくる

120 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2007/10/04(木) 21:56:34 ID:h3VQQKRp0
>>115
アンジール何時間かけてるんだw
髭のみならず、もみあげにも拘ってそうだな

121 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2007/10/04(木) 23:21:34 ID:6AUkEWLK0
>>118
英雄のでかさについてはwikiで「スラムダンクの影響」と書いてあって吹いたw

122 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2007/10/05(金) 01:50:11 ID:3iSa/mkyO
ジェネシスは結構底上げしてなかったっけ?

123 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2007/10/05(金) 06:01:23 ID:gz19KS1ZO
三人仲良くシャワー中


S「………。」(マジマジとジェネシスを見つめる)
G「…な、なんだよ。」(真顔で見つめられてることに気付き、ちょっとビビる)
A「ん?どうした。」
S「…いや、別に。」(と言いつつ尚も舐めるようにジェネシスを見る)
G「…なんなんだ。」(何だか恥ずかしくなってきて男のくせに胸を隠す)
A「何を見ているんだ?セフィロス。ジェネシスが何かおかしいか?
そういえばジェネシス、ソルジャーのくせに細すぎじゃないのか?
服を着ていると分からないが、それじゃあ体力が持たないだろう。」
G「そんなことない。お前たちの体格が良すぎるだけだ。一緒にするな。」
S「…あぁ、そうか。ジェネシスが急に小さくなった気がしたんだが、服を着ていないせいか。
すまない、気のせいだった。」
G「!!!」
A「いや、セフィロス。それは別に気のせいじゃないぞ。
ジェネシスはいつもブーツの底を上げぐふぅおぅっ!!!」
G「黙れヒゲ!余計なことを言ったらコロス!!!」(マテリア無しで鉄拳パンチを繰り出した)
S「…フッ。ジェネシス、鯖を読むのはよくないぞ?」
G「さ…鯖なんて読んでない!!」(セフィロスを見上げて睨みつける)
S「フン、どうだか。」(余裕の笑みを浮かべてジェネシスを見下す)
G「〜っ!!!」(余裕で見下されてジェネシス涙目)
A「くっ…」(余りの扱いに内心涙目)
S「クックックッ。」(なんとなく勝った気がするので一人笑ってみる)



とりあえずいつもアンジールが不幸w

124 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2007/10/05(金) 09:08:56 ID:ay8EeAUtO
本当に三人でシャワー浴びてんのかw

125 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2007/10/05(金) 11:33:30 ID:aJYhYgXE0
G「しかし、デカい刀だな。もう少し細くした方が使いやすいんじゃないのか?」
S「大体その二つの穴はなんなんだ?」
A「む…これは我が家の誇りだ。オレが神羅に入る時に親父が…」
G「獣たちの戦いが世に終わりをもたらす時…ブツブツ」
A「おい!話を振っておいて途中で飽きるな。聞け。これはウチの家族が苦労して…」
S「だからこの二つの穴は何なんだ?」
A「これはマテリアを装着したり、背中に収める時にフックをかける事もできる。」
S「…ふーん」
A「ふーん、って。期待外れだったようだが、何に使うと思っていたんだ?」
S「いや、黒光りする大業物・二つの穴。少しエロティックな表現だと思ってな」
A「一体何の事を言っているんだ?」
G「(ピクッ)極楽も 地獄も先は 有明の 月の心に 懸かる雲なし…」
A「何だ?未発見の新章か?」
G「い、いや…『しまった…これは大河ドラマで使う方だった。間違えた。』」
A「何を動揺している?」
G「アッーーー!」
A「なんだそれは?どうやって発音したらいいんだ?」
S「どうした?少しおかしいぞジェネシス。何を誤魔化そうとしている?」
G「い、いや、何でも無い。そんな事より最近タークスに最年少で入った女、可愛いよな?」
A「タークス?知ってるか?セフィロス。」
S「いや、初耳だ。」
G「………」
A「幼馴染だが、初めてお前から女の話題が出たよ。安心した。…ほんのちょっとだけな。」
S「ジェネシス、お前まさか…」
G「む、いかん。そろそろウータイに出発する時間だ。じゃあな。」

126 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2007/10/05(金) 12:33:22 ID:gz19KS1ZO
ちょwジェネシスどうしたんだよw
それは謙信の辞世の句だろw
なんでよりによってwww

127 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2007/10/05(金) 12:37:30 ID:4EOoDEvj0
…勢いを削ぐようで申し訳ないが
ここのスレ、もう少し腐臭を消せないか?

128 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2007/10/05(金) 12:41:50 ID:nsVZkwaHO
今まで見ると何故かジェネシスが腐男子臭いから
ジェネシス自重させればいいんじゃないか?
多分セフィロスにストーカーしてるイメージのせいだろうけどねw

129 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2007/10/05(金) 13:03:41 ID:S+rulOnp0
閉じ込めスレだと思って開いたのに、ほとんど雑談ばっかでがっかりした。

130 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2007/10/05(金) 13:23:42 ID:BV8d7nGU0
素でジェネシスが腐男子っぽい雰囲気なせいだと思われ。
ナルシスト超えてカマっぽく見えるときあるしw
ジェネシスの元になってる人の妖しげなイメージもあるんだろう。

まぁ皆大人になってマターリマターリ。

131 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2007/10/05(金) 14:38:15 ID:E5dnjck+O
CCだとLOVELESSオタでリンゴ男で元英雄ファンだけど
別にセフィロスストーカーはしてないんだけどな。

132 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2007/10/05(金) 15:15:23 ID:GqwAv+Yc0
男ばっかり閉じ込めた時点で腐臭がするのは仕方ないだろ?
正直、CCやってても「………、こいつらフォモか?」というシーンあったし。
軍隊とかそういうの多かったらしいし。

133 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2007/10/05(金) 15:59:17 ID:PXzOBC5c0
むむ雲行きガ
127にも同感だが
確かに仕方ない気もする。かげん難しいよな

マターリいこうよマターリ

134 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2007/10/05(金) 16:19:40 ID:Cq68c6lyO
そんな>>133に同意
自分はこのスレのマターリ感が好きなんだ

135 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2007/10/05(金) 18:25:02 ID:gz19KS1ZO
多分ジェネシス離反以前はたまにふざけあいでは済まない
ちょっとマジになっちゃったかな?ぐらいの喧嘩とかしながら
三人もマターリ過ごしてたんだろうな

136 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2007/10/05(金) 18:57:37 ID:VaZuKgXnO
下ネタ入りすぎるとスレ、寂れる
アンゲロスレで実証済み

137 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2007/10/05(金) 19:11:13 ID:ZpWsXN1w0
イカ「おっしゃあああぁぁぁぁぁぁ!どっからでもかかって来いやああぁぁぁぁぁぁぁぁぁあ!!!!」
リンゴ「お前は俺に火を付けた」
天使「★キラキラ☆青春ダナァ☆キラキラ★」

138 :1/2:2007/10/05(金) 20:21:44 ID:mlZGYz3QO
アンジール「ウータイ?お前、任務があるのか?」
ジェネシス「あ、いや、違う。任務なんてないさ…。第一、行ったところですることがない……」
セフィロス「ジェネシス、どこかで頭でも打ったのか?さっきから言っていることがおかしいぞ」
ジェネシス「何でもない。俺は、正気に戻った!」
アンジール「重症だな。そんな台詞、正気の人間ならまず言わない」
セフィロス「仕方ない…」

ピッ…ピ

セフィロス「? ……妙だな」
アンジール「どうした?」
セフィロス「こいつの頭を冷やしてやろうと思って、モデオヘイムにでも『行こう』と思ったんだが、データがないんだ
    モデオヘイムの表示はあるんだが、肝心の中身がない」
アンジール「科学部門が内部データを丸ごと入力し忘れたのか?……珍しいな」
ジェネシス「………」
セフィロス「まあいい、ならアイシクルロッジに行くとしよう
    (この休暇が終わったらこのことを宝条に指摘してやろう…。奴め、動揺するだろうな。いい気味だ)」

ピピッ シュイィィ……

アンジール「いつ来てもここは雪ばかりだ」
ジェネシス「当たり前だろ」
セフィロス「そしてお前はなぜ、この雪の降る中でLOVELESSを読み始めるんだ」
ジェネシス「世界中には様々な景色がある。LOVELESSを読むのに最適な景色、それをいつか探してみたいと思っていたんだ」
アンジール「(図書館では駄目なのか?)
    …で、ここの景色はどうなんだ」
ジェネシス「駄目だな。こんなに雪で視界が悪くては、序章の壮大な雰囲気と合わない
    瀕死の男が彷徨い歩く場面には合いそうだが
    さて、結論は出た。俺の頭は元から正常だし、早くあの無機質な空間に戻ろう」
アンジール「そうだな。――セフィロス、お前の携帯からシミュレーターの解除を……
    セフィロス、どうした?」

139 :2/2:2007/10/05(金) 20:22:54 ID:mlZGYz3QO
セフィロス「…このシミュレーター、どういう仕組みなんだろうな」
アンジール「仕組み、か」
セフィロス「この気温も、雪も、『今』の俺たちにとっては現実と変わらない
    こうして雪を持てばちゃんと手が濡れる。だが」

ピッ… シュウゥゥ…

セフィロス「シミュレーターの接続を解除すれば、今見ていたアイシクルロッジはなかったことになる
    俺の手は濡れたままで、な。つまり、俺の手は存在しないもののせいで濡れたわけだ」
アンジール「シミュレーター内で架空の敵と戦った戦果が現実に持ち越されるのも同じことか
    今まであまり深く考えていなかったが……不気味なものだ」
ジェネシス「いい加減にしてくれ。セフィロス!今の話といい携帯の一件といい、なぜお前は休暇を台無しにするんだ!
    シミュレーターの仕組み?仮想現実での出来事を、体験者が現実だと思えば、それが実際に現実として引き継がれる、で説明がつくだろ
    そんな堅苦しい話を持ち出すな!」
セフィロス「しかし――」
ジェネシス「 黙 れ 
    何ならもっと分かりやすく言ってやろう。要は、科学部門製最高!ということだ」
セフィロス「ああ、なるほど」
アンジール(納得した!?)
セフィロス「つまり、宝条(の関与したもの)は最高に非科学的だということか
    (奴にこの言葉を言ってやったら自殺するかもしれない
     いつか言ってやろう)」
アンジール(駄目だ、ついていけない…)

140 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2007/10/05(金) 22:50:59 ID:nsVZkwaHO
なんだかんだ言ってセフィロスとも波長バッチリなんだな?w

141 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2007/10/06(土) 07:59:55 ID:WHFI01qMO
>>137
なんだよそのテンションwww

142 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2007/10/06(土) 14:24:43 ID:dAewu57GO
ジェネ「…ブツブツブツ…黒マテリア。」
セフィ「…黒マテリア?なんだそれは。」
アンジ「黒いマテリアなど見たことがないぞ。」
ジェネ「白と黒…水面…ブツブツブツ…違うのか…。」
セフィ「……聞いちゃいないな。」
アンジ「あぁ、昔から、一度何かに没頭すると、聞く耳持たないからな。」
セフィ「フッ…昔から、か。」
アンジ「ん?どうした?」
セフィ「いや、少し羨ましいと思ってな。お前たちが。」
アンジ「羨ましい?」
セフィ「あぁ…俺には昔を知る友など、いないからな…。」
アンジ「…今から知ればいい。」
セフィ「…?」
アンジ「まだ数週間はここに閉じこもるんだろう?今からいくらでも話せる。
それに、俺達は親友だろ?」
セフィ「アンジール…。」
アンジ「大切なのは、いつから知ってるかじゃない。昔なんて知らなくても、
俺達はこれから知ればいい。お前の昔話しなら、ジェネシスは喜んで聞くぞ?」
セフィ「…あぁ、俺のファンだったんだろ?」
アンジ「だった、じゃない。今でもだ。お前を尊敬している。口ではあぁだがな。」
セフィ「ふっ、素直じゃないな。昔からか?」
アンジ「あぁ、昔からだ。」
セフィ「ふふっ、そうか…うれし…
ジェネ「ブツブツブツ…セフィロスは将来禿げる可能性が…ブツブツブツ…ハゲ英雄…」
アンジ「…ん?いつの間に週刊誌なんて持ち込んでたんだ。
セフィロス、お前ハゲ…

セフィ「俺の感動を返せ。」

143 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2007/10/06(土) 15:42:04 ID:a8owiLe+0
感動して吹いたw


144 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2007/10/06(土) 16:13:18 ID:cGFn8oKt0
ポエマー「私の望みはな、セフィロス」
イカ「?」
ポエマー「バカリンゴを船としてお前の消化管内を旅することだ」
イカ「そのリンゴはどうなる?」
ポエマー「さあ?お前しだいだな」
天使「ジェネシス、素直になったらどうですか?」

145 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2007/10/06(土) 19:24:21 ID:cGFn8oKt0
ポエマー「お前への贈り物を考えていた」
イカ「気を使わないでくれ」
ポエマー「バカリンゴを贈ろうか」
イカ「・・・」
ポエマー「跪き、バカリンゴを食べる姿を見せてくれ」
イカ「興味ないね」
ポエマー「哀れだな。お前は何も分っていない」
天使「大切じゃないリンゴなんて、ない!」
イカ「私は…バカリンゴなんて食べないさ…」

146 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2007/10/06(土) 20:29:36 ID:cGFn8oKt0
ポエマー「セフィロス…俺、バカリンゴ持ってきました」
イカ「イラネ」
天使「ジェネシス、もう 頑張るの 止めよう?」

147 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2007/10/07(日) 01:21:46 ID:Nh88am78O
よく考えるとジェネシスは憧れの人と同じクラス、親友になれたんだよね。凄いな。
仲良くなったきっかけとか知りたい

148 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2007/10/07(日) 01:47:33 ID:R6WV+gJ/0
ちょっとしたきっかけで仲良くなったりするんだよな、意外と。
トイレでハンカチを貸したとかさ。

149 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2007/10/07(日) 01:48:30 ID:AnyX5t2t0
どっちがどっちに貸すんだろう

150 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2007/10/07(日) 01:53:03 ID:UOeQhwII0
>>149
ジェネシスがセフィロスにバカリンゴハンカチを貸そうとするが拒否られる

151 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2007/10/07(日) 01:58:39 ID:AnyX5t2t0
>>150
ジェネシス「ハンカチどうぞ・・・」
セフィロス「持っている フキフキ」
ジェネシス orz

152 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2007/10/07(日) 17:18:52 ID:T6Ck4PmEO
それまでは(多分)セフィロスしかいなかった1stに、アンジールとジェネシスが来ました!とかだと思ってた。
しかし…ジェネもアンジールも、実力で1stになったのだと思っていたら、神羅に仕組まれてた(しかも生まれた時から)、とはひどい
誇りを持っていた分、知った時は自暴自棄にもなるよな

153 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2007/10/08(月) 08:55:53 ID:/0FwL7uDO
ジェネ「セフィロス、俺と勝負しろ。」
セフィ「なんだ急に。」
アンジ「…またか。(懲りない奴だな。)」
ジェネ「…暇なんだ。相手をしろ。」
セフィ「フン、いいだろう。
勿論、勝負と言うからには、勝った者には何か特典があるんだろうな?」
ジェネ「!………ぁ、あぁ。ま、負けた方が…一日下撲とか…。」
アンジ「!!!やめておけジェネシス!」
セフィ「(ニヤリ)…いいのか?負けるのはお前なんだぞ、ジェネシス。」
ジェネ「カッチーン。絶対に負かす!」
セフィ「やれるものならやってみろ。絶望を贈ろうか。(ニヤニヤ)」
アンジ「セフィロスも乗るな!(今ものすごく悪い顔してるぞ!)」
ジェネ「…アンジール、どいてくれ。」
セフィ「フッ…来い。」

154 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2007/10/08(月) 08:59:19 ID:/0FwL7uDO

―数分後―


ジェネ「………。orz」←絶望を贈られた。
セフィ「クックックッ、お前の弱点など知り尽くしている。」
アンジ「その為にゴンガガエリアで戦ったのか。」
セフィ「あぁ。虫を投げ付けてやれば楽に倒せる。作戦勝ちだ。」
アンジ「むごいな。」
セフィ「万が一こいつに負けたら、何をさせられるか分かったもんじゃないからな。
ある意味まじでやらせてもらった。」
ジェネ「……。(この悪徳英雄が!)」
セフィ「…ジェネシス。早速だが今日一日、俺のことをセフィロス様と呼べ。」
ジェネ「なっ!!?」
セフィ「下撲に拒否権はない。お前のせいで肩が凝った。揉め。」
ジェネ「…セフィロス…。(涙目)」
セフィ「様だ。早くしろ。」
ジェネ「…はい、セフィロス…様。(クソ、覚えてろよ…。)」
モミモミモミモミ…
セフィ「ジェネシス、全然気持ち良くないぞ。もっと力を入れろ。」
ジェネ「…はい、セフィロス様。(チッ。肩の関節外してやろうか!)」
モミモミモミモミ…
セフィ「む。いいぞジェネシス。上手いな。気持ち良いぞ。」
ジェネ「………。」
モミモミモミモミ…

アンジ「…。(褒められたらそれはそれで嬉しいんだな。顔が緩んでるぞ、ジェネシス。
ふっ、なんだかんだ言いながらも、仲が良いな、お前たちは。)」

モミモミモミモミ…

155 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2007/10/08(月) 21:23:33 ID:X40T+mMf0
アンジールテラ保護者w

156 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2007/10/08(月) 22:57:41 ID:NGcS4seJ0
アンジールキャンディはバカリンゴ飴、まで読んだ

157 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2007/10/09(火) 01:05:30 ID:JYush3LV0
糞長いネタを勢いで書いてしまった…
連投規制があると寝オチするかもしれない…
覚悟して欲しい

158 :1/11:2007/10/09(火) 01:06:58 ID:JYush3LV0
ジェネシス「そういえば、さっきバ゙トルフィールドのリストを見ていたら
   ミッション・シミュレーションに新しいのが追加になっていた」
アンジール「『1st達の暴走  extra hard NEW!!』
……初めて見たぞ、何だextra hardって?」
セフィロス 「とりあえず、説明を見てみよう」

クワックワックワッ!!!愚かにもこのミッションに興味を抱いた低脳よ、よくぞ来た。
これは私が個人的な興味で、かの高名な1st達のパラメーターを
天才的頭脳が神にも等しいひらめきで科学的且つ芸術的に作り変えた、
最 強 最 高 の作品だ。
間違っても、クリアして己の修養にしようなどと思わない方がいい。
迂闊にもこのミッションに足を踏み入れた瞬間、すべてのアイテムを浪費し、
HPを削りMPを消失しAPに縋ろうとも足元にも及ばない自分の矮小を
思い知り発狂死するのがオチだからな。
繰り返し忠告しよう。このミッションをクリアできる者は
たとえ、 英 雄  でも不可能なのだよ!クワックワックワックワッ!!!!

アンジール「…なんだ、この小学生レベルの挑発は。馬鹿馬鹿s
ジェネシス「誰が、英雄に劣るだとーーーーーーー!!!!」
セフィロス 「挑発に乗るわけじゃないまったく乗る気はないが
   その笑い声にとにかく殺意を覚えるっ!!何故だっっ!!」
ジェネシス「セフィロス!」
セフィロス 「おおっ!」

『ミッションを受けますか?』
セフィ・ジェネ「 >はい」

アンジール   ( ´A`)

  Mission Start !!

159 :2/11:2007/10/09(火) 01:07:33 ID:JYush3LV0
アンジール「…なんだ、ここは。俺たちの住んでる部屋のある階じゃないか!」
セフィロス 「LV**…とエレベーターの表示もその通りだ」
ジェネシス「馬鹿馬鹿しいが、つまり俺たちを倒せっていうミッションなんだろう。」
セフィロス 「クックックッ…己の分身と戦う、というわけか。あのヴァカの宣伝がまともなら
   かなり手応えのあるお遊びになるんじゃないかな?」
アンジール「…そんなにここの休暇が退屈なんだったら、外に出たらいいじゃないか…」
ジェネシス「いいから、アンジール、地図でここのマップを確認してくれ」
アンジール「まったく、お前は昔から人使いが荒い…ブツブツ
 _________
| |
| |_________□□________
|  ___________________←
| |
|_________|

セフィロス 「…つまんない…」
ジェネシス「単純な一本道じゃないか」
アンジール「そりゃそうだろ、俺たちが普段寝起きしている場所だぞ?ここは!
奇奇怪怪なダンジョンなわけないだろう!
…だが…ちょっと待て!!何故俺とジェネシスの部屋だけミッションに
組み込まれてるんだ!!」
セフィロス 「あ、本当だ。何故だ!何故俺の部屋を探索させてくれないんだ!」
ジェネシス「自分の部屋を探索してうれしいのか?あんたは?むしろ俺は嫌だぞ!
   いいか、お前たち俺の部屋には 絶 対 入るなよっ!!!」
セフィロス 「入るなといわれてもな…ミッションのボスがいたら終わらないだろう?」
ジェネシス「俺の神聖な部屋にそんなものはいないっ!」
セフィロス 「お前の分身がボスなら自分の部屋にいても当たり前だよな?」
ジェネシス「分かった。俺の部屋は俺だけが入って確認する。ボスがいたら粉砕する。
一歩でも入ったら 入ったら…入ったら…絶 交 だあぁぁあっっ!!!!」

160 :3/11:2007/10/09(火) 01:08:10 ID:JYush3LV0
セフィロス 「現実でも入ったことないんだから、いいじゃないか…仮想空間くらい…」
ジェネシス「お前んとこも入れないだろ!あいこだ!」
セフィロス 「俺の部屋は、リアルでも入ってもいいんだぞ?」
ジェネシス「あんたの部屋は殺風景過ぎる!くつろげない!まだ談話室の方がいい!!」
アンジール「俺の部屋も開放してるんだが…」
ジェネシス「お前の部屋!!だ、ダメだ!アレがいる!メシが食えてもお前の部屋は
お断りだぁっ!」
セフィロス 「まったく、注文の多い奴だ…」
アンジール「いい加減、マップから話題を変えんか?
   お前たちは仕事は速いくせに、寄り道しすぎで時間食うんだぞ…」

アンジール「大体な……廊下の奥にもう見えてるだろう?赤いのが」
セフィロス 「もちろん見える。くねくねして待ち構えてる赤いのがな」
ジェネシス「既にボスが見えててつまらんから、マップを検証していただけだ」
アンジール「あれは、検証とは言わんだろう…ただの叩きだ…」
ジェネシス「…ま、ボスの格としては不足はないだろう…フフフッ
   あ、いくらボスでも顔の攻撃はやめてくれよ…
 
Activating Combat Mode

アンジール「すてみパーーンチ!!!すてみパーーーンチ!!!(主に顔面)」
セフィロス 「滅却してやる!!ノ \’’ ナJ 一 閃!!!(主に顔面)」
(ヴァカ属性に有効。八回クリティカル攻撃を繰り返す攻撃) 

アンジール「いやぁ〜案外と面白いミッションだったな〜」
セフィロス 「爽快感のあるいいバトルだった…」
ジェネシス「……お、前 たち  ヒト デ ナシ……  〇…..| ̄|_

161 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2007/10/09(火) 01:09:54 ID:6RIfJ6+80
連投規制はこうすればよし

162 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2007/10/09(火) 01:50:42 ID:JYush3LV0
>>161 d!
ついでに2/11のマップが派手にずれたので
もう一度貼り
 _________
|         |
|  |_________□□________
|  ___________________←
| |
|_________|

再びずれた時のために縮小図

□---------

こんな感じ

163 :4/11:2007/10/09(火) 01:51:35 ID:JYush3LV0
ジェネシス「分かった……今まで俺のことをお前たちがどう見ていたのかな……
   くっそーーー!いいように俺をいじりやがってっ!!!!」
アンジール「あ、ジェネシス、またキレたのか。」
セフィロス 「分かった分かった。悪かった。
それよりジェネシスを殺ったのにミッションが終わらない。
次のボスを探さなくてはいけないのじゃないのか?」
アンジール「そうだな、あと、俺とセフィロスが待ち構えていると見ていい。
   だから、ジェネシス、機嫌を直して三人で手分けして、探さないか?」
ジェネシス「……そんな適当なことを言って、その隙に俺の部屋に押し入るつもりだろう?」
セフィロス 「馬鹿なことを。お前がそこまで拒否ってるのにする訳がない。
   トモダチ、だろ?」
アンジール「俺とセフィロス二人は俺の部屋に入って確認する。
お前は自分の部屋を確認すればいい。それでいいだろう?」
セフィロス 「久しぶりのアンジールの部屋だ。なんだかワクワクするな」
アンジール「そういえば、何故俺の部屋に入らなかったんだ?ジェネシスは分かるが
   お前、虫は別に嫌いじゃないだろう?」
セフィロス 「それは…ジェネシスが嫌がっているのに、俺だけが上がりこむのは…
   ジェネシスに申し訳ないだろう?」
アンジール(…こいつ…妙なところで義理を立てるんだよな…)
ジェネシス「じゃあ、絶対見るなよ!見たら…」
セフィロス 「さすがにうるさいわっ!ジェネシス!さっさと探しに行け!」

164 :5/11:2007/10/09(火) 01:52:13 ID:JYush3LV0
アンジールの部屋

セフィロス 「…………………(絶句)」
アンジール「すごい再現ぶりだ…なんだか癒されてきた……
おっ!ゼイオの花が咲いたのか!これは実がなるのが楽しみだ…」
セフィロス 「……アンジール……」
アンジール「この鉢は今月中に株分けしなくちゃいけなかったんだ…根が張りすぎて
   床に突き刺さるようになってきたからな……
俺が戻るまで下の天井を突き破らなきゃいいんだが」
セフィロス 「……アンジーr、くそっ枝が前髪に絡まった!……」
アンジール「…もしかして……(冷蔵庫の中身をチェック)おぉっ!これは俺がトレーニングルームに
   閉じ込められる前の日の夕飯に作った、南瓜の煮物!クンクン…まだ大丈夫だ!
   いやぁ〜気になって仕方なかった、煮物が腐ってるんじゃないかって!」
セフィロス 「…アンj……うわっ!!怪奇虫が!お前の部屋にっ!」
アンジール「この部屋の虫に手を出すなよ?俺の鉢植えを元気にする益虫なんだぞ」
セフィロス 「……いや、ここが、仮想空間だってこと…お前…」
アンジール「ちょっと待っていてくれないか?今、煮物をとりあえず
南瓜コロッケに直しているところなんだ……」
セフィロス (もう…いい…放っておこう…)「とにかく、あちこち探させてもらうぞ?
   おーい、ボスのアンジール〜、どこにいるんだぁ?
   (べランダを覗く)ゴミ袋まで忠実に再現か……
   科学部門……予算と手間の無駄遣………!!!!!」
セフィロス 「ジェネシーーーース!!おい!ちょっと来いっ!」
ジェネシス「どうした?(ベランダ越しに移動)ボスが見つかったか?」   
セフィロス 「………いや…まだだが…それより…このゴミ袋の中身…こいつをどう思う?」
ジェネシス「……すごく……ファニーフェイスです……」
セフィロス 「…アンジールが前の日の夕飯に南瓜の煮物を出してたの覚えているか?」

165 :6/11:2007/10/09(火) 01:52:45 ID:JYush3LV0
ジェネシス「………………ぉうぇっぷ!」
セフィロス 「ここで吐くなっ!!馬鹿!うわっ!狭いんだぞっ!」
ジェネシス「……ハァハァ………アンジールは、どこだーーーー!!!」
セフィロス 「待て!ジェネシス!早まるなっ!!」
ジェネシス「あんじーーーーるぅぅううう!!
   (ホーネット:ブゥゥゥゥゥン)!!!!亜wせdrftgyふじこlp;@!!!」
アンジール「ジェネシス!どうした!?」
ジェネシス「クカカカカカカカカカ、アンジールヌッコロス!」
アンジール「キャラが変わってるぞ!ジェネシス!正気になれ!」
ジェネシス「俺は 正気になった!!
アァルゥテェマァァアあああああああ!!!!!(キュイイイイイイーーーン)」
アンジールの顔面「ボンッ!!」

セフィロス 「おぉ。飛んだ。飛んだな。人の形に壁がぶち抜かれてる。やるな、
   アンジールの体は。さすがすてパン+体力100」
ジェネシス「ケモノタチノタタカイガオワリヲツゲルコロ …カタリツゴウ キミノギセイ セカイノオワリ……」
   (ふらふらと部屋をさ迷い出る)
セフィロス 「ジェネシスは…しばらく放っておいた方がいいな
   おいっ(壁をまたぐ)アンジール、フルケアかけたほうがいいか?
   ………こ、ここは…もしや…ジェネシスの 部屋?」
   (…まずい、ジェネシスに絶交される!いや、しかしこれは不可抗力だ。
   人命救助だ。大体ジェネシスが自分の部屋に向かってアンジールを
   吹っ飛ばすのがいけない。そもそもジェネシスは現在心神耗弱状態だ。
   気づくわけがない。大丈夫だ、俺!)
セフィロス 「アンジール、しばらくここで休んでいろ…俺は、もう少し探索してみる…
   リンゴ馬鹿らしい部屋なのかと思ったが、妙に赤い…壁一面にロボットが…
   ……兵器部門のスカーレット総括と案外趣味が合うじゃないか」
    □……..
セフィロス「アイテムボックスか?開けてみるか」
   カチャ!『ちょっと背伸びブーツ』を手に入れた

166 :7/11:2007/10/09(火) 01:58:26 ID:JYush3LV0
セフィロス 「初めて見るアクセサリーだ…効能は…『Hを18cmうp』……
   H?HPじゃないのか?…実際どんな効果があるのか装備してみるか」
アンジール「…ううっ……」
セフィロス 「アンジール!気がついたんだな。肩を貸してやる、歩けるか?」
アンジール「…ぁあ…すまない、セフィロス…なんだか、お前が大きく感じる…」
セフィロス 「ははは。弱気なことを言うな。ほら、お前の癒しの場所だ。
   ベッドで休んでいろ。」

ジェネシス「………………セフィロス」
セフィロス 「ジェネシス。落ち着いたか?」
ジェネシス「あんたの目の前でうろたえた自分が悔しい…お前の戦友として
   ライバルとして…最低だ、俺は…」
セフィロス 「そんなに落ち込むことじゃない。それにあの部屋は、俺も
   正直 ドン引きだ。ははははは」
ジェネシス「……はは…は。そうだろう、アンジールは朴念仁に見えて
   子供の頃から自分のコダワリや理想には頑なだったな…」
セフィロス 「…昔話ができるのは、いいな…」
ジェネシス「…俺はお前の昔話も聞いてみたい…アンジールだけじゃない
   俺もお前と夢や希望を語り合ってもいい」
セフィロス 「俺はお前の夢や希望を毎日聞き飽きているがな(苦笑)」
ジェネシス「LOVELESS…これは俺の夢や希望なんてもんじゃない…
   俺の過去現在未来、俺の存在そのものさ…」
セフィロス 「ふふっ」
ジェネシス「なんだ、俺はかなり真剣に話していたんだが…」
セフィロス 「…いや、お前とアンジール、さすが幼い頃からの親友だ
   同じようなことを言う…」
アンジール「…待たせたな、二人とも。先を急ぐか?」
ジェネシス「…ああ、行くぞ」
セフィロス 「残るは突き当りの談話室だ」

167 :9/11:2007/10/09(火) 01:59:26 ID:JYush3LV0
談話室

セフィロス 「…気づかなかったな」
アンジール「何がだ?」
セフィロス 「談話室…天井も高すぎる窓もない壁も金属基盤がむき出しだ
   結構殺風景な部屋だったんだ」
ジェネシス「気づくの遅すぎだろ?」
アンジール「これでも談話室の名に恥じないように家具を揃えたからな
   スラムで探してきたガラクタが結構くつろぐ空間を演出してるだろ?」
セフィロス 「休みの日に三人で変装して拾った…コタツ…
   アンジールの作った飯を三人で毎日食っていたし」
ジェネシス「お前たちが毎晩くだらない神羅番組を楽しんでいた大型液晶テレビは
   俺からの差し入れだけどな」
アンジール「お前のLOVELESSじゃ、笑いが足りない」
ジェネシス「LOVELESSは笑うものじゃない!心のひだを震わせるものだ!」
セフィロス 「!コタツの中にだれかいる!」
アンジール「俺だ!  じゃない、ミッションのボスだ!」
ジェネシス「くそっ!幸せそうに寝てるじゃないか!ボスのくせにっ!
   そこは、俺の定位置だぞ!アンジール!どけっ!」
アンジール「アンジールと呼ぶな!おい!ボス!起きろ!」
セフィロス 「くっ!コタツが邪魔で切れぬ!」
ジェネシス「切れっ!ここは仮想空間だ!コタツごとアンジールを輪切りにしろ!」
アンジール「俺を輪切りって言うなーーー!!!」
セフィロス 「アンジールはともかく、コタツは切れない!シスターレイとは
   わけが違うんだ!断固任務拒否だ!!!」
アンジール「お、俺はいいのか!!」
セフィロス 「そうは言っていない!ジェネシス!得意のガン焼きで粉砕しろよ!」
ジェネシス「ダメだ!俺は!何故かMP切れだ!俺…何をしたんだ??」
アンジール「仕方ない…俺とはいえモンスターを切るのがソルジャーの誇り…
   ……ダメだぞ、ちゃんと肩まで布団をかけなきゃ風邪ひく……
   うわぁ!俺は何をしているんだ!」

168 :9/11←これが本当:2007/10/09(火) 02:01:22 ID:JYush3LV0
ジェネシス「あ、ちょっと待て、俺リミットブレイク!!
   リンゴ馬鹿の力、解放してやる…『あっぽー(林檎)カリプス Lv5』!」
 (バカリンゴ型の魔方陣が描き出され……
大量のバカリンゴがボス・アンジールに降り注ぐ)
ボス・アンジール「ウマス ウマス!!」(コタツから起き上がり林檎を食べ始める)
ジェネシス「よしっMP回復だ!アルゥテマァァァァあああああ!!!!!」
ボス・アンジールの顔面「ボンッ!!」

セフィ・アンジ「「よくやった!ジェネシス!」」
ジェネシス「…まぁ…当然だな…」
セフィロス 「任務拒否の件、悪かった。コタツを死守したお前こそ 英雄 だ」
アンジール「さっきのガン焼きはこれでチャラだ。お前はソルジャーの誇りだ」
ジェネシス「やめろよ、二人とも…
(新しいリミット技…攻撃対象に強制的に林檎を食べさせる効果…この技は
 セフィロスで使いたかった…)
セフィロス 「しかし…ジェネシス。まだミッションは終わらないんだ」
アンジール「確かに仮想空間に変化がないな。あとは、セフィロスがいる…」
アンジ・ジェネ「……さっきから、違和感を感じていたんだが……」
セフィロス 「ん?」
アンジール「この談話室の天井に妙なモノが浮かんでないか……??」
ジェネシス「巨大すぎて分からなかったが……ゲソっぽいものが垂れ下がってるんだ」
セフィロス 「……いやいやいや…次は 俺 もどき だろ?
   何故巨大、だとか、ゲソ、だとかの話になるんだ?」
アンジール「とりあえず、談話室の奥まで行って、全体を確認してみよう………」

169 :10/11:2007/10/09(火) 02:02:24 ID:JYush3LV0
セフィロス 「!!!!こ、これは!!!!」
アンジール「お前だ、セフィロス、確かにお前だ」
ジェネシス「しかしっ!!何故!腰から上が裸なんだ!!
   腰から下がイカのゲソなんだぁぁぁぁああああ!!!
   俺は認めん!こんなセフィロスはいやだーーーーーっっ!!」

BOSS:カトルフィッシュ(烏賊)・セフィロス


セフィロス 「クックックックッ!!H条っっ!!俺で遊ぶのも大概にしろよ!!!」
アンジール「……ダメだ……烏賊だけは、ダメなんだ…あのぬめり、吸盤……
   直視できないっ」
ジェネシス(今だ!ここで新リミットを使う時だ!!この際烏賊でもなんでもいいっ!)
   「『あっぽーカリプス』俺のバカリンゴのすべてを解放してやるっっ!!」
  バラバラバラバラバラバラバラ………
イカ・セフィロス「!!リンゴ???」
ジェネシス「よしっ!
セフィロス 「心無い天使!!!   八刀一閃 ver.5!!!」
イカ・セフィロス「ウボァァァァアア……」
セフィロス 「…ブツブツ……イカってなんだよ……イカって……」
ジェネシス「……俺のリンゴ作戦………」
アンジール(コタツの中で)「二人とも GJ!!」

170 :11/11:2007/10/09(火) 02:03:00 ID:JYush3LV0
アンジール「ようやくミッションクリア、だ。せいせいしたぞ」
セフィロス 「そうなのか?自室も再現されていたし、談話室のコタツもある。
   名残惜しくはないのか?」
アンジール「…いや…………最後のイカですべてぶち壊しだ……
   せっかく談話室でメシが食えても、上を見上げれば……ゲs…おえっ…
   想像するだけでも、嫌過ぎる」
ジェネシス(結局、イカセフィロスにすら、まともに林檎食ってもらえなかった…)
   「俺は、また行ってみたいがな。俺たち二人だけでも行くか?セフィロス」
セフィロス 「俺がアレにダメージを受けてないとでも思ってるのか?
   行くなら一人で行け! 英雄にでも何にでもなってこいっ!!!」
ジェネシス   (´・ω・`)

171 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2007/10/09(火) 02:25:32 ID:Ys/1Is4pO
よくわからん・・・

172 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2007/10/09(火) 02:38:40 ID:Joyw/3sy0
あっぽー(林檎)カリプス・・・あの技名にそんな意味が・・・w
しかし背伸びブーツネタの回収は次回か?

173 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2007/10/09(火) 03:10:32 ID:LlrzTTfQ0
>壁一面にロボットが…
ガンプラ自重wwwwwwww

174 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2007/10/09(火) 03:12:35 ID:zzkvHmtSO
夜中にクソワロタww

三人の個性がまぶしい

175 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2007/10/09(火) 07:15:14 ID:PFgNwn+G0
ワロただけでなく和んだ。3バカのキャラ良すぎ。GJ

176 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2007/10/09(火) 08:37:01 ID:1iHHuj45O ?2BP(4949)
>>173
同じところで吹いたwww

てっきりセフィロスのポスターとか貼りまくってるから侵入不可なんだと思ってたら
物凄い不意打ち食らったwガノタwwwwww

177 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2007/10/09(火) 09:01:32 ID:4Cypc8dd0
おもろい!GJ!
仲いいなwww

178 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2007/10/09(火) 10:33:14 ID:jV+0l/Z1O
なんだレッドソーサー集めが趣味なのか?と思ったらガンプラか。

179 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2007/10/09(火) 11:57:32 ID:Ys/1Is4pO
今更だが>>38の人上手いなぁw

180 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2007/10/09(火) 13:32:57 ID:JYush3LV0
>>179 >>138-139も同じ人のネタだと思う
この人の三人は皆かっこいいから好きだw

181 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2007/10/09(火) 15:21:22 ID:Iep63NvV0
同意w
この人のネタ投下をwktkして待っているww

182 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2007/10/09(火) 19:56:30 ID:89P4vyQX0
そうだな
>>38の人も素晴らしいが、個人的にいろんな三人がミテェ
もっといろんな職人が来て書いてくれー
個人的に好きな職人がいるんだが、その人が書いたらどうなるんだろうか?とか
想像したらめっちゃ楽しくなるw

183 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2007/10/09(火) 22:13:47 ID:xUNWg8y50
>>158-170
小ネタ多すぎGJwww
ベランダにファニーフェイスwww

184 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2007/10/10(水) 14:40:23 ID:kOLMsgUhO
見た目カボチャだけど中身もちゃんとカボチャなんだろうか・・・
捌いたらやっぱり生ものな予感w

185 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2007/10/10(水) 15:58:40 ID:AtbhckA3O ?2BP(4949)
ファニーフェイスの煮物…www

186 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2007/10/10(水) 16:04:13 ID:Wtkdmart0
最初は
「11とかクソ長ぇ!」
と思ったけど、すごく面白かった。
アンジールの部屋はバノーラ以上に自然が多いなw
そしてアッポーカリプス・・・www

73 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)