5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ゼオラとアラドの子供マダァー? 十九代目

1 :それも名無しだ:2007/09/08(土) 23:04:10 ID:VlCnkdga
ここは、スパロボオリジナルキャラの子供達の成長を暖かく見守るスレです。
子供の設定(年齢性別や立ち絵)及び他キャラの両親の設定、搭乗メカの設定等、 各職人さんにお任せします。
が、>>2に記載されている禁止事項、推奨事項、更に議論討論板などには目を通しておいてください。
※ 重要事項 ※
現在、議論板において新キャラ規制緩和、及びサルベージ対象キャラに対する議論が行われています。
場合によっては現在のテンプレ記載キャラも登場規制の対象となりますので、ネタを書き込む際は議論板に目を通して、
登場させたいキャラの使用が可能かどうか確認の上でお願いします。

<<まとめサイト>>
ttp://banpresto-srw.com/
ttp://www.geocities.jp/soremowatashida/
≪議論討論板≫
ttp://jbbs.livedoor.jp/otaku/5816/
ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/i.cgi/otaku/5816/
<<人物辞典>>
ttp://www.geocities.jp/zeradlove2005/index.html
ttp://zeradlove2005.hp.infoseek.co.jp/index.html
<<お絵かき掲示板>>
ttp://bbs4.oebit.jp/zeradlove2005/bbsnote.cgi
ttp://banpresto-srw.com/bbsnote/bbsnote.cgi
<<前スレ>>
ゼオラとアラドの子供マダァー? 十七代目
ttp://game11.2ch.net/test/read.cgi/gamerobo/1175273071/

<<過去ログ>>
十八代目 ttp://game11.2ch.net/test/read.cgi/gamerobo/1183263659/
十七代目 ttp://game11.2ch.net/test/read.cgi/gamerobo/1175273071/
十六代目 ttp://game11.2ch.net/test/read.cgi/gamerobo/1169983875/
十五代目 ttp://game11.2ch.net/test/read.cgi/gamerobo/1163976871/
十四代目 ttp://game10.2ch.net/test/read.cgi/gamerobo/1160093541/
十三代目 ttp://game10.2ch.net/test/read.cgi/gamerobo/1156027588/
十二代目 ttp://game10.2ch.net/test/read.cgi/gamerobo/1152117461/
十一代目 ttp://banpresto-srw.com/kako/kodomo-11.htm
十代目 ttp://banpresto-srw.com/kako/kodomo-10.htm
九代目 ttp://banpresto-srw.com/kako/kodomo-09.htm
八代目 ttp://banpresto-srw.com/kako/kodomo-08.htm
七代目 ttp://banpresto-srw.com/kako/kodomo-07.htm
六代目 ttp://banpresto-srw.com/kako/kodomo-06.htm
五代目 ttp://banpresto-srw.com/kako/kodomo-05.htm
四代目 ttp://banpresto-srw.com/kako/kodomo-04.htm
三代目 ttp://banpresto-srw.com/kako/kodomo-03.htm
二代目 ttp://banpresto-srw.com/kako/kodomo-02.htm
初代  ttp://banpresto-srw.com/kako/kodomo-01.htm

2 :それも名無しだ:2007/09/08(土) 23:04:55 ID:VlCnkdga
現在までの登場人物
アラド&ゼオラ→ゼラド(姉)&アオラ(弟)
ゼンガー&ソフィア→ゼフィア(♂)
トロンベ&スレイ→スレイチェル(イグニッション)
イルイ&???→イルス(♀)
ブリット&クスハ→クリハ(♀)
セレーナ&ルアフ→レイナ(♀)
アイビス&???→アイミ(♀)
トウマ&ミナキ→トウキ(兄)&ミナト(弟)
ギリアム&ヴィレッタ→ヴィレアム(♂)
リュウセイ&マイ→マリ(♀)
リュウセイ&ラトゥーニ→リトゥ(♀)
キョウスケ&エクセレン→レモン(長女)&アルフィミィ(次女)&タカヤ(長男)
ハザル&ルリア→ハザリア(兄)&ルル(妹)
アルマナ&クォヴレー(?)→ルナ(♀)
キャリコ&スペクトラ→キャクトラ(♂)
シュウ&サフィーネ→シュウヤ(♂)
シュウ&モニカ→クリストファー(♀)
孫光龍&孫龍王(真・龍王機)→孫真龍(♀)
ジョッシュ&グラキエース→ラッシュ(弟)&ラキア(姉)
イングラム&ヴィレッタ→イングレッタ(♀)
アークライト&セレイン→レラ(♀)
ジーク&光珠→アークorジキミ(♂)
秋水&サリー→咲美(♀)
ケイサル・エフェスの孫→ルサイケ(♀)
バラン・ドバンの孫→ラン(♀)


その他
アラド、ゼオラ、クォヴレー、イングラム、ゼンガー、トロンベ 他保護者の方々
ディストラ姉さん、アストラ兄さん、龍王姐さん、ガンスレメイド隊(A〜F) 、龍鱗機 など人格持ち機動兵器
αビンボーズ、αユーレーズ などディス・レヴに住まう方々
ラミア、ヒューゴ、アクア、アクセル、ルアフ 他教師の方々
その他、因果地平の彼方へ消えていったキャラ達等は人物辞典参照

※禁止事項※
・新キャラの追加は全面禁止となりましたので、新キャラが登場してもスルーするようお願いします(新キャラと既存キャラの基準は人物辞典に登録されているか否かです)
・放置キャラのサルベージも同様に禁止です、過去に名前だけあるいは一発ネタだけでしか登場していないキャラクターの再利用はおやめください
・新キャラ規制についての意見は議論板にてお願いします
推奨事項他
・主役は子供達全員です。でも、バランガ一家が中心にいる方がいいかも。
・嫌なネタはスルーの方向でお願いします。
・過去のネタと矛盾は極力抑えましょう(過去ログに事前にしっかり目を通しましょう)
・版権キャラは…まあ、控えめにね、あくまで主役は子供達なんで。
・その他議論は本スレではなく議論板で
・ハザリアが好きな職人さんはなるべく半角を使って819ランをさせてあげましょう

3 :それも名無しだ:2007/09/08(土) 23:10:11 ID:HDooPY3z
>>1
無限乙

4 :それも名無しだ:2007/09/09(日) 00:44:06 ID:GfipvfDf
客虎「乙」
美麗亜剥「乙」
麗羅「・・・おっ・・・」

5 :それも名無しだ:2007/09/09(日) 11:23:48 ID:wTuywX7e
>>1おつ
新キャラとサルベージまた禁止になったの?


6 :それも名無しだ:2007/09/09(日) 11:43:56 ID:4zwNpHQx
>>1のスレの立て方、イエスだね。

7 :それも名無しだ:2007/09/09(日) 17:40:04 ID:j/qZy0zp
>>1アイン・ソフ・乙

8 :それも名無しだ:2007/09/09(日) 18:19:48 ID:nvH3Ht8m
>>5
いや規制解除されてるままのはず

9 :それも名無しだ:2007/09/09(日) 22:39:30 ID:ut8tFkM5
>>1
ENKEI〜

アイミ「BBSだっけ?」
レイナ「ホイールメーカーなんてわかる訳ないでしょ」
アイミ「あ、>>1OZだ」
レイナ「事はエレガントに運ぶ…ってホイールメーカーから離れなさい」
アイミ「んじゃ、プロドライブとか…」
レイナ「モータースポーツ板住人しかわかんないネタはやめなさい」

10 :それも名無しだ:2007/09/10(月) 14:46:02 ID:il+y41ZN
>>1乙トラ

11 :それも名無しだ:2007/09/10(月) 20:29:18 ID:czoq9j6e
クリハ「・・・・・・」
リトゥ「皆スタイルいいよねー、特に胸のあたりが」
マリ「大きい過ぎるとかえって邪魔になるという話も聞くがな」
ゼラド「あれ?三人ともプールサイドで何話してんの?」
レイナ「なんか競泳水着って胸がぴちっとなるような感じしない?」
ルナ「まぁ、ビキニタイプの方が泳ぎ易いのお」
ナヴィア「ハァハァ・・・」
イングレッタ「私はこっちの方がいいわね」
アイミ「イングレッタはスタイルよくていいよね」

ウミショーみてたら競泳水着もいいなと思ったんだ、ディストラ姉さんや真龍姐さん
が着た姿も見てみたいもんだ。


12 :それも名無しだ:2007/09/10(月) 20:42:09 ID:0WIg68DS
ゼラド「でねぇ、おにいちゃんにも…」
クリハ「あっ、噂をすれば…」
レイナ「あの子が持ってるのってラブレターじゃない?」
アイミ「ご近所タイムダイバーモテモテだね」
クリハ「ゼラド…聞いてる?」
ゼラド「う、うん……………あ…」

わんつすりーふぉー(略


クォヴレー「ふう…」
背後霊「そうとう堪えているようだな…」
クォヴレー「お前、役どころが違うぞ…」
背後霊「うわっ、ヒドイ」

13 :それも名無しだ:2007/09/10(月) 21:31:53 ID:bFtwieyP
フラグ・・・ブレイカー・・・?

14 :それも名無しだ:2007/09/10(月) 23:04:10 ID:xrWM5bP9
>>11
レイナ「…何してるのアンタ」
シュウヤ「見て分かりませんか」
レイナ「見て分かるからきいてんの。で、何しているの」
シュウヤ「水着写真を売っているのです」
レイナ「誰の」
シュウヤ「皆さんの」
レイナ「アンタそんなキャラだっけ」
シュウヤ「さあ?」
「「………」」

咲美「先生、校内で大量盗撮写真を接収しました」
アクア「ご苦労様」
ラミア「良くやった」
ヒューゴ「それは俺達(男子教諭)が預かる」
ルアフ「うん、僕達(男子教諭)がしっかり処分しておくよ」

15 :それも名無しだ:2007/09/10(月) 23:09:46 ID:1K7+p92a
とんでもないことに気づいた



巨乳キャラより貧乳キャラのほうが恋愛上手くいってね?

16 :それも名無しだ:2007/09/10(月) 23:14:19 ID:tXcp/cXV
ルナ「まったく・・・シュウヤめ、最近大人しくしておると思った矢先にこれ(盗撮写真)か」
キャクトラ「ただいま風紀委員が出撃しました。奴はもはや首の縄のかかった死体も同然でしょう」
ルナ「まあほどほどにな・・・ついでにこの写真を処分しておいてくれ」
キャクトラ「は・・・!?」
ルナ「任せたぞ。私は先生方に報告にいってくる」

キャクトラ「・・・・・・・・・ど、どうしよう」

17 :それも名無しだ:2007/09/10(月) 23:26:58 ID:0WIg68DS
>>16のキャクたん
今からアニメイトにでも行って、キーホルダーキット買ってこい
ラミカキットでもいいぞ

18 :それも名無しだ:2007/09/11(火) 01:10:28 ID:FbAY0Ch7
ルアフ「いやぁ、時の流れは速いもんだねえ」
ラミア「ああ、具体的に言うと、
 MX当時二十歳だったヒューゴ先生がその後4年生大学に進学して教員免許を取り、
 現在明らかに新米教師の雰囲気を醸し出していないことを考えると」
アクア「地味に笑い事にならない計算するのやめてください」
ヒューゴ「そうですよ。貧しい境遇で育ったゆえにろくに学校も出てない俺が、
 大検取るために夜間学校に通ってた時期も抜かしてもらっちゃ困りますよ」
アクア「ヒューゴぉ!?」
ルアフ「で、アクアくんはMX当時いくつだっけ?」

ルアフ「おや、誰かに見られているような」
ヒューゴ「おぉっと、新スレになってるじゃないすか」
アクア「なんですか、この導入部。
 下手したらよくわからない組み合わせのバンプレストオリジナルキャラクターが
 よくわからない絡みをしてるスレだと思われますよ」
ヒューゴ「えぇっと、ここは、アラド・バランガとゼオラ・シュバイツァーはじめ
 アンプレストオリジナルキャラに子供がいたらどんなもんじゃろ、
 というようなことをギギギギギと広島弁で検証しないスレです。
 俺ことヒューゴ・メディオは子供たちが通う学校の先生ということになっています。
 人生最大の思い出は夜間学校で『ワシ、昔キャリア官僚だったんじゃ』
 と言い張るオッサンと仲良くなったことです」
アクア「ヒューゴ! MXでの戦いの日々はぁっ!?」
ラミア「OGsが出るというので行ってみたらギャラのわりに拘束時間が長くて、
 後半ダルくなってアドリブではっちゃけてみたところ
 なぜか本採用されてしまって物議を醸し出した女。
 そう、それが私、ラミア・ラヴレスだ」
ルアフ「OGsが出るというのでギャラの交渉でゴネて見たところ、
 外伝とかいう変化球を投げられてしまった男。
 そう、それが僕、ルアフ・ガンエデン」
アクア「二人してギャラ気にしすぎですよ! いやらしいですよ!」
ラミア「サンミュージックのおっぱっぴーが速攻でガス欠起こしそうなブレイク起こしている今日この頃、
 自分の存在価値に疑問を持ち始めている女、
 そう、それがこのアクア・ケン・・・、ええと、アクア先生だ」
アクア「事実無根の情報でっち上げた挙げ句にあっさり諦めるのやめてくださいよ!」
ラミア「アクア・ラヴレスだ」
アクア「だからって戸籍をいじらないでください!」
ヒューゴ「OGsが出たところ、参戦フラグどころか不参戦フラグが立ってしまった男、
 そう、それが俺、ヒュー・・・ええと、ラッセルさんだ」
アクア「ヒューゴ、勝手にラッセルさんになっちゃダメ!」

19 :それも名無しだ:2007/09/11(火) 01:11:47 ID:FbAY0Ch7
ゼラド「あ、先生たち、うちの玄関先でなにしてるんですか」
ラミア「ああ、バランガ。実はな」
アクア「玄関先だったんですか。ひとんちの敷地でなにやってるんですか、私たちは」
ヒューゴ「彼女の名前はゼラド・バランガ。このスレの支柱的存在だ。
 基本、おっぱいとほっぺを駆使して誰とでも仲良くできる。
 ははは。こう書くと、すげえタチ悪い女みたいだな。
 性格はのんびり屋で平和主義。
 かと思えば生き霊になってみたり時間を逆行してみたり事件を解決させてみたり、
 最終的には誕生日間近に地球が崩壊しかけていると、そんな感じだ」
ゼラド「それ、どんな感じなんですか」
アクア「ヒューゴ、キャラ紹介なのかあらすじ紹介なのかはっきりして」
ルアフ「いや、だってさあ、前スレって、ほら、夏真っ盛りだったじゃん。
 教師は教師らしく、面倒ごとは見て見ぬふりをしていこうじゃないか!」
アクア「最低じゃないですか!」

アオラ「姉ちゃん! 俺のプチトマトは!?」
アクア「え、アオラくん、まだそのキャラ続いてたの?」
ヒューゴ「アオラ・バランガ。ゼラドの弟。
 前スレにおいてはプチトマトに固執するキャラで始まったと思ったら、
 画面に映っていないところで勇敢に成長していた少年だ」
アオラ「画面に映してくださいよ!」

ヴィレアム「先生たちは、なんでスレの最初の方だけアクティブになるんですか」
ラミア「ばかもん!」
 ドガッ
ヴィレアム「ぅあっ・・・!」
ラミア「イェーガー。先生はな、先生はな、マラソン大会等で序盤飛ばしすぎて、
 後半でゲロ吐いちゃうような、そんなタイプなんだ」
アクア「ゲロだったんですか、2.5のあれは!?」
ヴィレアム「す、すいません先生。そんなことも知らないで・・・」
ヒューゴ「ヴィレッタ・バディムとギリアム・イェーガーの子、
 その圧倒的な遺伝子とは裏腹に、やることといったらゼラドのナマ足をチラ見するくらい。
 それがこのヴィレアム・イェーガーだ。
 最終的には、あまりになにもしなさすぎてアオラになじられる」
ヴィレアム「俺だって成長してますよ! こう、内面的に」
ルアフ「成長は画面に映るようにしたまえよ、君」

イングレッタ「エクサランスは何回攻めてきたら気が済むのかしら」
アクア「あら、あなた」
ヒューゴ「イングレッタ。幽霊体のイングラムがなんやかんやして作った子供だ。
 クールぶってはいるが、片腕ちぎれかけるは自分で片足ぶっちぎるは、
 案外ボロボロになりがちな子だ」
イングレッタ「ドジだから」
アクア「そんなグロテスクなドジは誰も求めていないのよ?」

20 :それも名無しだ:2007/09/11(火) 01:13:05 ID:FbAY0Ch7
トウキ「ん? うわっ、どうしよう、俺、画面に映っちゃってるよ!」
ミナト「キョドるな兄貴! 安心しろ、映ってても案外気付かれてないから!」
ヒューゴ「彼らはカノウ兄弟。
 兄貴は常時カメラから見切れており、弟は人として軸がブレている。
 え〜っと、あれ、お前ら前スレでなにもしてないじゃん。
 ミナトなんてガキさんへの愛情吐露しただけじゃん」
ミナト「なにいってんすか、俺はガッキーだって大好きですよ!
 夏休みの間じゅう立川で不良のフリしてたくらいですよ!」
ルアフ「青春の一ページを盛大に無駄遣いする少年だね、キミは」
アクア「ミナトくん?
 立川で不良のフリしてても、ガッキーみたいなカノジョはできないのよ?」
ラミア「それ以前に、立川にガッキーみたいな女の子はいないと思うぞ」
ミナト「なにいってんすか、立川にはマツダショータやニイガキユイがうじゃうじゃしてますよ!」
ヒューゴ「それはそれで不気味な町だなあ」
ルアフ「美術予備校で田舎のヤンキーみたいな姉ちゃんと会ったら仲良くしておきたまえよ?
 のちに仕事まわしてくれるから」
アクア「教師として、そのアドバイスはアリですか!?」
ルアフ「じゃ、次行こうか」
ミナト「待ってくださいよ先生! ちょっとは兄貴の方もいじってってくださいよ!」
トウキ「やめろミナト! お前からの施しは受けたくねえ!」
ルアフ「・・・えっと、セージくんだっけ」
ミナト「そりゃワルボロの弟さんですよ!」

ルアフ「あ、君はいいや」
ハザリア「嫌いなのか、俺が!?」
ルアフ「あのねえ、君が出てくると長編になりがちなの。
 スレ容量圧迫されるの。
 あと、長編投下されたあとって微妙に書き込みしづらくなるみたいなの」
ハザリア「そう思うなら、まずこのあってもなくてもどうでもいいキャラ紹介企画をやめろ!」
ルアフ「あってもなくてもどうでもいいとはなんだい!?
 なくても誰も困んないといいたまえ!」
アクア「ルアフ先生、確信的に無意味なことするのやめてください」
ルアフ「あのねえ、キミ。特にラブイベント起こすわけでもないのに、
 みだりに異性と外泊しにいくのはよしたまえよ」
アクア「ルアフ先生、ラブイベント起こしに外泊する方が問題あると思いますけど。
 教育的に考えて」
ルアフ「人生なんてね、過ちの連続なんだよ!
 ひとは過ちから生まれて過ちをおかしながら死んでいくんだよ!」
ヒューゴ「ダメですルアフ先生。生徒に過ち勧めちゃ」
アクア「ヒューゴはもうちょっと過ってもいいと思うの!」

21 :それも名無しだ:2007/09/11(火) 01:14:06 ID:FbAY0Ch7
マキネ「うわ、ビビッたぁ。あの八面体、変形し過ぎだし、
 映像のクォリティ半端ないし、またぞろ謎散りばめられまくってるし。
 『また』ってなんなの? 『また』って?
 それよりなにより、スタッフロール後のあれは」
スレイチェル「落ち着けマキネ嬢、そんなことよりToLoveるアニメ化だ」
マキネ「ToLoveるなんて丸めてぷーだ」
スレイチェル「ぬああぁぁぁぁっ! 90年代のアニメにいつまで捕らわれている気か!?」
アクア「落ち着きなさいあなたたち。せめて会話を成立させなさい」
ヒューゴ「マキネ・アンドー。いつまでたっても90年代から頭が進まない少女。
 スレイチェル・ファッツメッカー。夏休みの宿題にToLoveるカフェを経営するToLoveるフェチ。
 え? ていうかアニメ化? マジでぇ!? うは、テンション上がる」
アクア「ヒューゴ! なんでToLoveるに食い付いてるの、ヒューゴ!?」
ラミア「このスレにおけるToLoveる人気は異常だな」
ルアフ「ああ、『密リターンズ』より人気あるね」
スレイチェル「『密リターンズ』などと比べないでいただきたい!」
マキネ「ハア? 『密リターンズ』をバカにする気!?」
スレイチェル「『幽遊白書』と駄々かぶりではないか」
マキネ「優待離脱ネタはけっこう前からやってたよ、八神先生は!」
アクア「あれ、なんで最終的に『密リターンズ』!?」

22 :それも名無しだ:2007/09/11(火) 01:15:32 ID:FbAY0Ch7
ヒューゴ「ところで、新キャラが解禁されてるのかされていないのか、
 いまいちよくわかんないんすけど」
ルアフ「ん〜、一応規制解禁されてるはずなんだけどね。
 デリケートなんだよ、うちの奥さんの扱い並に」
アクア「扱いが難しいっていいたいんですね」
ラミア「おい、お前たち、ちょっと来て挨拶しろ」

ラミア「カズマ・アーディガンのライフデータとキャレットのシステムを融合してできた、
 二世というよりただのロボ。四足歩行はちょっとした精神的ブラクラだ。
 ヴァルストーク備品No123.マーズくん」
マーズ「人生と商いは止まらない列車だー!」
ルアフ「月の騎士とバンプレストきってのメンヘラーとの間にできた子供たち。
 ナヴィア・クーランジュとアルヴィ=ヴァン・ランクス。
 姉はビアンで弟は野菜のにおいがしかけてる」
ナヴィア「私は、ただ美を追究しているだけよ」
アルヴィ「世界は祝福で満ちているよ」
ヒューゴ「あのさあ、ちょっと気になったんだけどさあ、
 お前らの親がアミューズだかなんだかの会社やってるのってさあ、
 バイトスレのあれからなの? そうすっと、お前らの父親ってあれなの?」
アルヴィ「ええ、ミナミセンジュでボランティアの皆さんから炊き出しもらってる間に信仰に目覚めて」
ナヴィア「アルヴィ! そのことは・・・!」

ルアフ「というわけでさあ、もっとじゃんじゃん出てきても構わないと思うんだよね。
 メカギルギルガンとピグトロンの子供とか」
アクア「ルアフ先生、ピグトロンはバンプレストオリジナルじゃありません」
ヒューゴ「傾向としては、いっぺんにドバーっと出すとウザがられるみたいだな。
 間隔を置いて、小出しに小出しに馴染ませていくのがいいみたいだぞ。
 『密リターンズ』でいつの間にかレギュラーになってた若い坊さんみたいな」
アクア「ヒューゴ・・・、好きなの? 『密リターンズ』が」
ヒューゴ「あれ、いいよなぁ。最終的に微妙なバトルものになったとことか」
アクア「ヒューゴ! 食い付くとこ間違ってるわ!」
ルアフ「じゃあ今後このスレも、『密リターンズ』並に密かに続けていこうじゃないか!」
アクア「全体的にジャンプが好き過ぎますよ!」

23 :それも名無しだ:2007/09/11(火) 01:59:25 ID:GhaLwVI5
定番になってきましたな〜スレ冒頭の家庭訪問(玄関まで)。

24 :それも名無しだ:2007/09/11(火) 08:09:36 ID:/vZnqpi3
密リターンズクソ笑ったwwwww

懐かしすぎるだろ!

25 :それも名無しだ:2007/09/11(火) 15:09:49 ID:R09MewK9
>>16
久しぶりに休暇をとったゴッツォズは、キャクトラがルナ(とその他)の水着盗撮写真を手にしているのを見るや憤怒の形相に転じ、それ以降の状況説明は不可能となった…

26 :それも名無しだ:2007/09/11(火) 16:38:38 ID:npYHA/mT
夏休み明けに家族面談があって色々絞られた経験を思い出しつつミニ久保で一つ


ラミア「…私が面談で呼んだのは、ゼラドの親であるバランガ夫妻だったんだが…」
ミニ久保「あらどとぜおらはりょこうちゅうだ。あちゃおきたらかきおきがあった。」
ラミア「小さいままのお前に子供を任せてか。」
ミニ久保「ここにくるまではおおきかった。ぜらどたちゅのきょうしつのまえをとおったら、
くちゃみがきこえてきがちゅいたらこのちゅがただ。」
ラミア「…くしゃみで変身するのか。難儀だな。」
ミニ久保「ねんどうりょくちゃのくちゃみげんていだちょうだ。もんだいない。」
ラミア「…面談室のドアの取っ手にぎりぎり届かずに、ドアを開けれない状態は問題ない状態とは言えないと思うのだが…
…で、私は後どのぐらい部屋の窓から、いつまで経ってもこちらに入れない君の頭のつむじを見ていればいいんだ?」
ディストラ「取っ手に届かないご主人様、ハァハァ…」(内臓デジカメで撮影中)
セレーナ「一生懸命頑張る純な少年ハァハァ…」(スパイ専用隠しカメラで撮影中)
アイビス「…最近構ってくれないイルイよりちょっと可愛い… ハァハァ」(恒星間探査船用カメラで撮影中)
その他順番待ち親御さん's「「「可愛い…」」」
ゼラド「お兄ちゃん? やっぱり私が開けた方が…」
ミニ久保「…ぜらど、『こはおやのちぇなかをみてそだちゅ」という。きょうはおれがぜらどのおやがわりなのだから、
ここはおやらちくおれがさきにはいる。それに、このぎゅらいのしれん、のりこえられなきゅてはおやではない!」
ゼラド「お兄ちゃん…」
ラミア「(5歳児程度のクォヴレーと今のゼラドでは、背中…というよりはつむじしか見えんだろうが…
しかし、試練を乗り越えてこそ…か、至言だな。エクセ姉様も、「愛の障害はあればあるほど燃えるものなのよ〜」と言っていたし、
家族愛も愛の一つ、ここはクォヴレーのその心意気に応えて、試練を増やしてやろう。
まずは閂をしっかりとかけて、鍵を施錠して、軍採用の電子錠をセット、パスワードを最高の100桁に…
続いて万が一開けられた場合に備えて、この間生徒にやられた念動力式黒板消しトラップと、
ドアにコードATAをセット。と、こういう場合はエクセ姉様によると、この系統の言葉で締める筈…)

さぁ、クォヴレー、見事この試練を打ち破り我が元に辿り着く事を待ってくれちゃったりしますですわ!」

ミニ久保「どあよ… おまえをあけるちゃめに、おれはここまできちゃ! いくじょ!」

ゼラド「頑張って! お兄ちゃん!」
その他順番待ち親御さん's「「「頑張って! ハァハァ」」」
ディストラ「ああ! メモリーが足りない!」

27 :それも名無しだ:2007/09/11(火) 18:34:59 ID:o/bvq3fm
レモン「さて、ゼラドの驚異的な代謝能力を解明すべく、サンプル採取のためバランガ家の家庭菜園に潜入したんだけど――」
タカヤ「やってる事はまんま泥棒だ!」
レモン「タカヤ、科学とは常にタブーへの挑戦なのよ。
 地動説のガリレオ、進化論のダーウィン――彼らの理論は当時の常識や倫理に反し、時には罪とさえされたわ」
 それでも、科学の前進は止まる事がなかった!」
タカヤ「話をすり替えないでくれ、姉さん!」
レモン「あっ、このプチトマトおいしい〜♪」
タカヤ「聞けよ! っていうか言行が一致してないよこのダメ姉!」

ガンスレ隊「侵入者を発見! これより迎撃に移る!」
タカヤ「うわ、もう見つかった! 姉さん、ここは素直に謝って――」
レモン「ふふん、この程度で私の科学的情熱を止められるとでも思っているの?
 これぞ本日のビックリドッキリメカ――試製半自律式攻勢防御兵装『まんごーしゅくん壱号』!」
 Let’s Go !!」
タカヤ「ちょ、ちょっと待って――」
ガンスレA「侵入者の敵対行動を確認。各機、戦術ルーチンを拠点防衛から殲滅へと移行せよ」
ガンスレB「了解! バランガの兵に神の加護を!」
ガンスレC「逃げる奴は野菜泥棒だ! 逃げない奴はよく訓練された野菜泥棒だ!
 ホント畑仕事は地獄だぜ! フゥハハハーハァー!」
ガンスレD「エンゲージ――フォックス2!」
ガンスレD「……だるい」
ガンスレF「きる・ぜむ・おーる☆」
レモン「ば、馬鹿な! 一個編隊の『まんごーしゅくん壱号』が、一分もたずに全滅だと!?
 ええい、バランガ家のメイドは化け物か!」
タカヤ「あー、何となくオチが読めてきた」
ディストラ「はいはい、おいたはいけませんよ。それ、エメト・マッシャー」
レモン「お、おのれー! だがここで私達が潰えても、必ずや後に続く者が真実へと辿り着くだろう!
 科学部に栄光あれーーっ!!」

 ちゅっどーん

タカヤ「……やっぱりこうなるんだな」

28 :それも名無しだ:2007/09/11(火) 18:36:18 ID:o/bvq3fm
タカヤ「イテテテテ……ひどい目に合った。レモン姉さん、生きてるか?」
レモン「う、う〜ん」
タカヤ「気絶中か。やれやれ、こうやって大人しくしていると、けっこう美人なんだよなあ」
アルフィミィ「タカヤにレモン……なに遊んでますの……?」
タカヤ「これが遊んでるように見えるのか、ミィ姉さん」
アルフィミィ「もうご飯の時間ですの……早く帰りますの」
タカヤ「もうちょっと待ってくれ。まだダメージが――」
アルフィミィ「では、仕方ありませんの……サモンアインスト」

 うぞぞぞぞぞぞ

アルフィミィ「2人を……家まで運びますの……」
タカヤ「ま、待ってくれミィ姉さん! 回復した、回復したから自分の足で帰れるって!!
 ああ、触手、触手が――ヌラヌラが――」
レモン「あ……あん――」
アルフィミィ「さあ、帰りますの」

29 :それも名無しだ:2007/09/11(火) 18:37:56 ID:cJ3jjWID
>>27
タカヤ「ええい、なんだこいつら」
野菜「キシャーーーー」
レモン「つ、蔓が・・・」
タカヤ「姉さんーーーーー」

30 :それも名無しだ:2007/09/11(火) 19:13:54 ID:7aD82vKD
>>26
目的が変わってきてるラミア自重w

31 :それも名無しだ:2007/09/11(火) 19:29:46 ID:QOqSv9eh
>>19
>ラミア「ばかもん!」
> ドガッ
>ヴィレアム「ぅあっ・・・!」
>ラミア「イェーガー。先生はな、先生はな、マラソン大会等で序盤飛ばしすぎて、
 後半でゲロ吐いちゃうような、そんなタイプなんだ」



ダイバスターかいwww


32 :それも名無しだ :2007/09/11(火) 20:46:46 ID:JM6eeziG
>>26
カツカツ
PTA「あら、あの方…」
アルマナ「あ・・・・・あの、・・・・貴方ぁ?」
ルナ「これ以上は近づけません。父君は今日、バランガ両親の代理を遂げられるおつもりです」

チビ久保「よけぇなてだちはむよおだ。むちろ、せきゅりちぃかいじょにさちつかえりゅ
       どいているんだあるまにゃ」
アルマナ「まぁなんて健気で激萌・・・ゴホンゴホン、いや責任のお強いことで!」

33 :それも名無しだ:2007/09/11(火) 21:59:41 ID:LB3eKbJS
キャラが違うのは受け取りかたが違うと解釈できるが、姿形を変えるのはどうよ?
なんかそれクォヴレーじゃなくてもいいじゃん

34 :それも名無しだ:2007/09/11(火) 22:10:17 ID:i7VYJzB6
http://p.pita.st/?m=paxz4au4
 
ゼラドとルナ描いてみた
ホントすんません

35 :それも名無しだ:2007/09/11(火) 22:14:54 ID:Yt8Bcvu1
クヴォレーが小さいことに意味があるんじゃないのか?それで周りがハァハァ言ってるのが楽しいと予想

まぁ気持ちわかるが
つスルー

36 :それも名無しだ :2007/09/11(火) 22:29:08 ID:JM6eeziG
「沈黙は金」というが、自由SSの場合沈黙は悪だと思うな
言いたい事があれば意見すればいい。
沈黙はスルーとみなさず肯定と見る。この路線でいいと思ってどんどん進めるよ。

今までもそうして結構作ってきたな。

37 :それも名無しだ:2007/09/11(火) 22:37:27 ID:Fm/Oh342
>>36
それじゃあちょっとぶちまけるが、>>27-28とか前スレのマリ&リトゥとか、脇キャラだけで延々と話を進めるのがウザイ。
まだゼラドが絡んでる分、ミニ久保ネタの方がマシだ。

38 :それも名無しだ:2007/09/11(火) 22:51:50 ID:Yt8Bcvu1
それじゃあちょっとぶちまけるが、ミニ久保とか全然面白味がなくてウザイ。
まだ見てて楽しい分脇キャラネタの方がマシだ。

39 :それも名無しだ:2007/09/11(火) 22:52:38 ID:WMFw5D8W
気にしたら負け。

あと他に書こうとしてる人がいるかもしれないんだからぶちまけるなら
討論板に行って書こう!な!

40 :それも名無しだ:2007/09/11(火) 23:00:20 ID:R09MewK9
>>34
なんというか姉妹に見えた・・・GJ・・・

なんというか姉妹に見えた!!GJ!!

41 :それも名無しだ:2007/09/11(火) 23:00:28 ID:TIGNkA+m
この手の話は3年前から変わってねーよなぁ…
何を書こうが自由だし、何が書かかれるかもわからない
サブキャラが多すぎて把握出来てないヤツもいれば、命を賭けんばかりに全てを把握してるヤツもいる
俺はキャラ論議に嫌気がさして一度出ていってるんだが、スレの空気って変わってないよなw

個々のバランス感覚が大事なのはもとより、下手に大きい声に萎縮したりせずに行ってもらいたいね

42 :それも名無しだ:2007/09/11(火) 23:14:44 ID:/vZnqpi3
>>34
絵師さんGJ!!!

あれがダメこれがダメって言って職人さんがいなくなったら元も子もないんだし
読むだけ側はあんまりあーだこーだ言わない方がいいと思うけどね。

43 :それも名無しだ:2007/09/11(火) 23:19:22 ID:R09MewK9
チビ久保が嫌だって職人が思えば普通の状態の久保が出てくるネタが投下されるだろう

別にSSが連続したストーリーになってるわけでもなし
流れぶった切りなネタ投下しても文句言われる事は無いんでない?

44 :それも名無しだ:2007/09/11(火) 23:56:49 ID:UgGiQXBN
俺は普通の久保も好きだ
小久保・ミニ久保・チビ久保も好きだ
だから、両方のネタを投下してる
勿論、他のキャラネタもずっと前から投下してる

他の人とネタが被る様なら控えるし、あんんまり長編投下してスレを占有しないように小ネタ中心で投下してる

ちっちゃい久保以外にももっと酷いネタやSSを見てきた
でも、基本スルーでやってきたよ

『自分の主観がスレの総意でない事は知っているから』ね

普通の久保を書ける逃げ道設定もきちんと用意されてるし、自分が嫌なら普通の久保でGJなネタを自分から動いて投下すればいいと思う

45 :それも名無しだ:2007/09/12(水) 01:19:07 ID:dRhPHYnx
だあー、今回えらく早くに出たな認めないな人
書きたい人と読みたい人がいる時点で何言ったってなくなんないから、無駄だから



っつーかチビ久保他なら前スレで一時期そうとう言い合ってただろ
今更同じこと蒸し返さんでも
脇キャラって、ゼラドとか絡まんといかんのかよ

46 :それも名無しだ:2007/09/12(水) 01:58:50 ID:HuvxUc5R
流れなんて読みませんよ
ある番組を見ていて思いついた
イングレッタ「アストラナガン。カードは後何枚?」
アストラナガン「8まい」
イングレッタ「多いのか少ないのか分からないけど変身」
イングレッタ「最初に言っておくわ。私はかーなり強い」

47 :それも名無しだ:2007/09/12(水) 06:53:29 ID:CXdQkzM/
>>46
アストラナガン「お嬢はあるものをなくしていっている…」

などと、今週の放送見て思ってた
ひょっとして…生き別れた双子の兄さん?

48 :それも名無しだ:2007/09/12(水) 07:03:17 ID:OoTHegyM
チビ久保は久保の自我は希薄だが、小久保ミニ久保は久保自我ありでみんなSS書いてる
>>26なんかそれを踏まえて最後はvsケイサルの台詞引用だし、ゼラド以下話に絡んでる
結局は、>>44

自分の主観がスレの総意でない

だから、嫌な時は基本スルーもしくは自分でGJな通常久保ネタでも書いて、
通常久保ネタはこんなに凄いんだって事を主張すればいい






って、前スレとなんだか同じ流れだw
前スレの場合は、過去に他にも箇条書きネタはあったのに、チビ・ミニ・小久保で誰か箇条書きネタ書いたら、
そんなの(ネタにもならない箇条書き)書くなうざいといきなり排除派が攻撃してそこから荒れたんだっけか

他にもあった箇条書きはGJしたりスルーしてきたのに、幼児久保の箇条書きだけ攻撃したのは、
箇条書きを口実として幼児久保ネタを叩きたかっただけな気がした

49 :それも名無しだ:2007/09/12(水) 14:51:16 ID:/jxrarDV
結局面白ければネタは出続ける。
こと2ちゃんにおいて文句「だけ」では何も変わらない。
文句を言わないコツは『書き込む』をクリックしないことさ。

50 :それも名無しだ:2007/09/12(水) 16:40:08 ID:rgVLSQf6
発言力を持つのはいいネタを書いた奴だけってか
今更だけど平行世界スレで書くのはどうだろ?この騒ぎも二回目だしこの先定期的にこんなことになるかもしれないしな

51 :それも名無しだ:2007/09/12(水) 17:16:27 ID:Ya0mnrge
>発言力を持つのはいいネタを書いた奴だけってか

それはちょっと違う
いいネタならGJされるが、スレ住人の誰もが嫌う(スレの総意)ネタだとスルーされる
スルーされるようなネタなら職人も書かないだろう
基本的にそういう人は(GJでも反対意見でも)反応が欲しいから書くわけだから
そうやってスレ住人の総意と違うのは自然淘汰されていくだけ


一部の声の大きい人(発言回数の多い人や無闇に煽る人)が「俺そのネタ俺の主観で嫌い」で
他の口実やら付けて排除してくっていうのが間違いなだけ


自分の主観はスレの総意ではない事を自覚しろ
職人をマターリ待つ、嫌なネタは基本スルー、他人を煽るな、中傷するな、攻撃するな、出来るだけ
スルーする事は負けではない、むしろスルー出来ない方が負け、
自分の嫌なネタばっかくるなら自分でGJなネタを投下するぐらいの気概を持て
むしろどんなネタでも楽しめる余裕を持て
後、常識の範囲内で行動(書き込み)しろ


で、みんなが上を心がければ普通にこんな騒動は収まる


52 :それも名無しだ:2007/09/12(水) 17:57:03 ID:Q4QjnQac
自分の主観まるだしですね

53 :それも名無しだ:2007/09/12(水) 18:30:12 ID:Os5+zAJY
いい加減にしろよ、腐女子
腐コメ垂れ流すな

54 :それも名無しだ:2007/09/12(水) 18:32:49 ID:Os5+zAJY
すまん、誤爆した

55 :それも名無しだ:2007/09/12(水) 18:52:51 ID:RVPsRueW
>>51
つまり、>>27-28みたいに誰一人反応しない脇キャラネタは、投下すべきじやないって事だよな。
やっぱり、そうあるべきだよ。
バランガ家を絡ませない脇キャラネタがまかり通るのは、やはりおかしい。

56 :それも名無しだ:2007/09/12(水) 18:57:43 ID:wNLny9NL
>>55
別にいいじゃん

脇キャラ好きって人もいるだろうし

そのキャラ関連の面白いネタが投下される可能性を潰しちゃいかんよ

57 :それも名無しだ:2007/09/12(水) 19:21:21 ID:sIRl2fRw
みんな・・・ ゼラドが泣きながらこっち睨んでるぜ・・・?

58 :それも名無しだ:2007/09/12(水) 19:27:04 ID:rgVLSQf6
>>51
大変笑わせていただきました。ありがとう


59 :それも名無しだ:2007/09/12(水) 19:27:52 ID:1j+VMRNc
なんでゼラドなの?
アララじゃだめなの?

60 :それも名無しだ:2007/09/12(水) 19:45:19 ID:CXdQkzM/
一瞬で雰囲気がスペースラナウェイb

61 :それも名無しだ:2007/09/12(水) 20:07:10 ID:oHfNDVWk
>>55
すまん
>>27-28少し反応した
でも、仕事があったんで書き込み出来なかった

それに、>>51は脇キャラSSを差別してはいないぞ
基本は自分の嫌いなネタはバッシングしないでスルーしとけっていうのがこのスレの基本ルール
それに、>>56も言っている通り、可能性を潰すのはいかん
だから、>>51も叩かないで基本スルーと言っている

62 :それも名無しだ:2007/09/12(水) 20:16:54 ID:ImcTOvtP
まあ、話をぶった切るが
>>27-28
とりあえずレモンは、他人よりも自分の妹を研究対象にするべきだと思うんだ。

>レモン「あ……あん――」
何この触手プレイ?


63 :それも名無しだ:2007/09/12(水) 20:20:38 ID:ag+X11/a
アインストはスパロボのエロネタで極地だからな。

64 :それも名無しだ:2007/09/12(水) 20:59:08 ID:c9C4LUxH
要は、51の

>自分の主観はスレの総意ではない事を自覚しろ
>職人をマターリ待つ、嫌なネタは基本スルー、他人を煽るな、中傷するな、攻撃するな、出来るだけ
>スルーする事は負けではない、むしろスルー出来ない方が負け、
>自分の嫌なネタばっかくるなら自分でGJなネタを投下するぐらいの気概を持て
>むしろどんなネタでも楽しめる余裕を持て
>後、常識の範囲内で行動(書き込み)しろ

これでまったり職人さんを待つでOKでいいよ
前スレでも、それより以前の過去スレでも結局この辺のルールで纏まって事態は収束してる

↓何事も無かったように職人さん待ちのいつもの流れへ

65 :それも名無しだ:2007/09/12(水) 21:34:52 ID:dRhPHYnx
長かったな、今回は

職人さんが気にしなきゃいいんだけど

66 :それも名無しだ:2007/09/12(水) 21:57:17 ID:Y9Chlr7n
>>59
アララは絶望に満ちた平行世界にいる、ゼラドと名前以外全く同一の存在なんだよ。

たまたまやって来た久保づてに、
ゼラドの存在を知って自分との境遇の差に酷い憎しみを抱いたんだよ。

『これでみんな救われる』
とか言いながら、ワームホールを開いて2つの平行世界と2つの地球を衝突させて
一切合切破壊しようとしてる破滅主義者なんだよ。

67 :それも名無しだ:2007/09/12(水) 21:57:47 ID:CXdQkzM/
ミ-ンミンミンミンミ----
ゼラド「最近寝られないんだぁ…」
クリハ「なんか悩み事?」
ゼラド「無いと思うけどなぁ…」
クリハ「無さそうといえばなさそうだけど、どんな感じ?」
ゼラド「う〜ん…仰向けに寝てると胸が押さえ付けられる感じで…」
クリハ「ゼラド…あたしに喧嘩売ってる?」

68 :それも名無しだ:2007/09/12(水) 22:08:02 ID:sTGRrYE3
129 :それも名無しだ:2007/09/12(水) 15:11:28 ID:vwsNsBlx
ベルグバウAAイラスト化されとるー!
超モエタ

http://riceballman.fc2web.com/AA-Illust/Data/Berugubau.html

69 :それも名無しだ:2007/09/12(水) 22:17:18 ID:IMsSAnkL
>>66
それ何てA.C.E3?




70 :それも名無しだ:2007/09/12(水) 22:52:41 ID:wNLny9NL
>>66
グレちゃんすらボコられるくらいに強そうだな・・・>ダークゼラド

71 :それも名無しだ:2007/09/12(水) 23:42:27 ID:dvNW7NnV
>>26

ドアにコードATA仕掛けんなラミアw

72 :それも名無しだ:2007/09/12(水) 23:44:45 ID:w3wvowh+
ワームホールと聞いて縮退砲まで一瞬で繋がった俺の脳は終わってると感じた

73 :それも名無しだ:2007/09/12(水) 23:49:00 ID:q2f9GYuz
レイナ「終わっちゃったわねえ、『ホタルノヒカリ』」
ゼラド「いいドラマだったねえ」
レイナ「まさか、あんなに早くドレイクさんとダメになっちゃうとはねえ」
ゼラド「わたしは、最終的には部長さんと幸せになるって信じてたもんね!」
レイナ「ドレイクさんもねえ、たしかにすぐむくれたり嫉妬したりして、
 いかにも未熟ってところあったけど。
 あたしは、そういう方が」
ゼラド「だってだって、部長は優しいし頼りがいあるしお料理できるし、
 たまに『もん』とかいってカワイイもん!」
レイナ「でも、だってねえ」
ゼラド「えぇ〜?」

 レシタール家
ルアフ「たっだいまぁ〜、うぃ〜、我が家のカミキリューノスケくんが帰ってきましたよぉ〜」
セレーナ「あーあ、どっかにキャナメみたいなタッパのあるオトコいないかしらねえ」

74 :それも名無しだ:2007/09/13(木) 00:01:32 ID:CXdQkzM/
実はルアフは186.275cmの大男

75 :それも名無しだ:2007/09/13(木) 00:29:37 ID:f3ngnljz
実はクォヴレーは身長170cm無い

76 :それも名無しだ:2007/09/13(木) 01:49:52 ID:qNECA4FJ
>>62妹より弟の方が研究材料には向いてるがな。アインストテッカマンだし
他にも超人イルスやら死亡耐性ジキミやら

77 :それも名無しだ:2007/09/13(木) 18:15:05 ID:f3ngnljz
>>76
第二世代で常人離れしてない方が珍しいだろw

78 :それも名無しだ:2007/09/13(木) 18:59:57 ID:8/R8PKJt
よつばChannelにゼオラのエロ画像が貼られてる。  
http://new.4chan.jp/login/detail.php?M=N&T=A&NO=4184

79 :それも名無しだ:2007/09/13(木) 19:19:20 ID:p/6wEe65
このスレ準処の熟したゼオラじゃないならスレ違いも甚だしい。
そしてここが全年齢板であることを把握してから虹板該当スレへ行け。
そっちのほうが喜ばれるぞ。

80 :それも名無しだ:2007/09/13(木) 20:01:26 ID:21zMPH/c
熟したゼオラってなんかエロいなw

熟したアラドのほっぺたをつっついてみたいのが本音だが

81 :それも名無しだ:2007/09/13(木) 21:23:26 ID:FUOYRRlU
昨日の世界仰天ニュースの犬小屋で出産した話見て、真っ先にゼラドが産まれた時の話を思い出したのは俺だけでいい

82 :それも名無しだ:2007/09/14(金) 06:41:33 ID:pLFFoCQB
超安産だったアレかww



でも、難産だったら難産でドラマがあるよなぁ…
と思ったりもする

83 :それも名無しだ:2007/09/14(金) 12:55:39 ID:aXh6iOWL
ゼラドの生まれる様子をタイムダイバーの特権フルでビデオ撮影しているクォヴレー
ちょっと触ったクォヴレーの携帯端末かのメモリーから発見してしまうゼラド
編集コメント付でドラマ形式にしてある(全24話)それを、ちょっとどきどきしながら見るゼラド



初期スレの方で綴られた、おしめやゼラド久保おっぱい吸う他(ディストラ・背後霊撮影協力)
数々の(ゼラドにとっての)恥部シーンでゼラド真っ赤で機能停止

84 :それも名無しだ:2007/09/14(金) 18:44:59 ID:gUsWFYuH
駐車場で待っていたディストラ子のシートにおもらししてしまう赤ん坊ゼラド

いまでもみんなを和ませるな

85 :それも名無しだ :2007/09/14(金) 19:07:34 ID:gteeAopx
赤ゼラドは夜鳴きはする方か、人見知りはするのか・・・

途中参加組からは高校編が本編と思われがちだが
このスレ本来の育児編もどんどん歓迎なのだ

86 :それも名無しだ:2007/09/14(金) 20:17:51 ID:aRO09B7y
アラゼオ夫妻は奥さんがしっかりしてるからともかく
どうやって育児してたのか不思議な連中もいるよな

87 :それも名無しだ:2007/09/14(金) 21:26:41 ID:vSDcaXg2
ナンブさんの家は夫婦そろってあんなんなせいで娘二人があんなんにw
息子は精神的にはマトモなんだけどな。


っつーかマトモな環境じゃないから皆してマトモな人間でないのか、第二世代w

88 :それも名無しだ:2007/09/14(金) 21:40:41 ID:cssJUZSf
久保は家事やってるときが輝いている

チビ久保はネタが荒れるのは一過性で受けたネタを流行ると勘違いしたところ

まあキシャー野菜食べて過去ログ読めばなおるよ

89 :それも名無しだ:2007/09/15(土) 00:28:20 ID:z9a9PdXR
クォヴレー「今日も二人は旅行か」
ディストラ「日頃は激務ですから、いいではないですか」
ガンスレ「只今かえりましたー」
ガンスレ「逃げ足の速い野菜だったね〜」
クォヴレー「こうして台所に立つのもなれてしまったな」
イングラム『かわいいぞ』
クォヴレー「・・・アストラナガン」
ディストラ「は〜い、久しぶりにごあんな〜い」
イングラム『フッ、私を葬ったところで第二、第三の』
ガンスレ「しゃらっぷなのだ☆」
イングラム『ああ、俺はいつも独りだ・・・』
ディストラ「私が胸部開放の度に(自主規制)が(自主規制)なるって設定がありましたっけ」
クォヴレー「ぼやくな、少し離れるからフライパン見ておいてくれ」
ディストラ「は〜い」

クォヴレー「俺には使命がある・・・こんなことをしていていいのか?」
ゼラド「お兄ちゃん?ど〜したの?」
クォヴレー「なんでもない、食器を並べるの手伝ってくれるか?」
ゼラド「うん!お兄ちゃんの料理美味しいもんね!」
アオラ「ディストラお姉ちゃん、僕の体操服どこー?」
ディストラ「干してありますよ」

クォヴレー「人々の笑顔を守るのもまた使命、か」


「おきて、お兄ちゃん」
クォヴレー「・・・ん?」
ゼラド「やっと起きたね。いつもの疲れがたまっていたのかな?」
クォヴレー「夢、か」
ゼラド「夢?どんな夢?」
クォヴレー「ああ、懐かしくて、暖かい夢だよ」
ゼラド「じゃ、学校行ってきます、お兄ちゃん」

クォヴレー「今日は仕事に・・・」
ディストラ「く〜・・・」
ガンスレ「ZZzz」
野菜「にゃ〜」
クォヴレー「こんな日々も悪くないな・・・」

90 :それも名無しだ:2007/09/15(土) 07:46:54 ID:F7Odufik
>>89
GJ
>>83の時もほのぼのしてたなぁ
おっぱい吸う事件なんて今の高校生ゼラドにはものすごーく恥ずかしい過去だろうけどw



>>88
嫌なネタは基本スルー
(他人の)ネタ批判はしない
嫌ならGJなネタを自分で投下するぐらいの気概で
みんな大人の対応でマターリ
これがスレが荒れない大人の書き込み

91 :それも名無しだ:2007/09/15(土) 08:05:58 ID:x7gzYI1V
>>86ー87
シュウヤなんて父親が消息不明な上に姉や母がアレなんだぜ?

92 :それも名無しだ:2007/09/15(土) 08:19:31 ID:8D8adyuB
>>86
>アラゼオ夫妻は奥さんがしっかりしてるからともかく
お前は、初期スレとかきちんと過去ログを見て来い
久保がいなかったら、ゼラドの育児はほっぽらかしだぞ?
まぁ、久保やイルイがいると思えばこそアラゼオも旅行とか行きまくったりしたんだろうが…


初期スレのゼラド久保育児過去映像を見て、血の涙を流すルナというのが思い浮かんだ
自分はもう子供には戻れないので、久保をミニorチビ化させて久保式育児をして満足

93 :それも名無しだ:2007/09/15(土) 08:19:42 ID:BSMLm6OA
>>91
あーだから当人もアレになっちゃったのかぁ

カイツ夫妻、ルリアは絶対厳しいお母さん

94 :それも名無しだ:2007/09/15(土) 09:23:39 ID:6n8ABXB2
あー、たしかに躾厳しそうだわw


95 :それも名無しだ:2007/09/15(土) 09:49:24 ID:D+1n6ocb
ルリアが厳しい分、ハザルが馬鹿だから+−零じゃね?

96 :それも名無しだ:2007/09/15(土) 10:01:45 ID:WjxyTino
でもその教育の結果が、バカ兄貴とサドデレ妹か……

97 :それも名無しだ:2007/09/15(土) 10:20:24 ID:4nHoj7MK
その結果がハザリアとルル

ルリアさん、頑張りましたね(棒読み

98 :それも名無しだ:2007/09/15(土) 10:35:39 ID:dxSBy/BY
ほら、ルリアはアルマナの手伝いが忙しいから子供の教育はハザルが担当してたんだよ…たぶん

99 :それも名無しだ:2007/09/15(土) 11:14:05 ID:mWssMXFP
両親忙しいわ妹いるわでハザリアは割と放置されていた。
それで面倒見てたのが当時無職だったエイス


100 :それも名無しだ:2007/09/15(土) 11:15:58 ID:xWCygKd3
妹の方は「バランガ家のプニプニほっぺ」に触発されて症状が悪化したような気もする。
教育とか躾とかより、なんちゅーか地球に留学してから「目覚めた」んじゃなかろーか。

兄貴の方はエイス叔父の毒電波浴びまくりで育ったって設定じゃなかったっけ?

101 :それも名無しだ:2007/09/15(土) 12:05:33 ID:GNRAxozn
アルマナ「何を言うのです! 貴方も一時期私がいない時はあんな事ををしていたのですよ!」
(久保・ゼラド・ルナと共にビデオを見ながら、第十八話上映中)
ルナ「ええっ! 私が…ですか!!!」(ちょっと嬉しそう)
アルマナ「そうです、さぁその時の録画おーぷん」


バラン「わはは、ルナ様は元気がよろし…な、ル、ルナさm…うきょーーーーーーーーーーー!!!」


ザー(ただいま、教育上ちょっぴり不適切な画像が流れていm…(ry))


ガバッ! 


ルナ「はぁはぁ…ゆ、夢か…」

アルマナ「…ふふふ…」

102 :それも名無しだ:2007/09/15(土) 13:16:19 ID:BSMLm6OA
>>100
ニュータイプの逆みたいなもんかw>地球の重力

>>101
よ、読めぬ…元ネタがまったく…

103 :それも名無しだ:2007/09/15(土) 14:01:08 ID:0QH7H+Nh
元ネタは、久保育児編の、ゼラドおっぱい吸う事件だろ
それを夢オチ? 実は?ってやってるだけで


しかし、バラン吸われたのか? アルマナの反応からして吸われたのか?



>>92
チビ久保「?」
ルナ「ほ、ほら… おっぱい…だぞ、は、早く吸うがよ…(///) 駄目じゃ〜これ以上は恥ずかしすぎて無理じゃ〜」

こんな感じかな?

104 :それも名無しだ:2007/09/15(土) 16:33:26 ID:3dpEH7VN
勿論、ルナはこの後久保にお尻ペンペンされるんだよな

105 :それも名無しだ:2007/09/15(土) 19:24:38 ID:ZLD1ju+z
少しルナに萌えた
やっぱルナはアルマナの母乳で育ったのかな
それともバラn…

106 :それも名無しだ:2007/09/15(土) 20:05:23 ID:4nHoj7MK
バランの娘が乳母?

ならまともじゃないか

107 :それも名無しだ:2007/09/15(土) 22:10:30 ID:gqMaOIuF
>>105
基本はアルマナだろう
でも公務が忙しい(ルリアも補佐で忙しい)時は、
軍務以外あまり仕事なさそうなバランやハザルが
久保育児編みたいにてんてこ舞してたら、スレ的においしいw

108 :それも名無しだ:2007/09/15(土) 22:35:25 ID:4nHoj7MK
ハザリア3才

ハザル「なんで俺がガキ共を風呂なんぞにいれにゃならんのだ…」
ハザリア「お風呂だお風呂だ〜」
ルナ「走るとあぶないよ」
ハザル「全くだ…ルナはいい娘だな」
ルナ「うん…」
ハザリア「わーい」
どん
ルナ「きゃっ…」
がしっ
ハザル「▲■※◇◎□※っ」
ルナ「おじさん、大丈夫…?」
ハザリア「ちちうえ…?」


〜BARトロンベ〜
ハザル「といった話があってなぁ…」
リュウセイ「痛そうだなそりゃ…」
キョウスケ「ああ…俺も…ある…」
リュウセイ「息子に息子つかまれたって?」
キョウスケ「ああ…」

109 :それも名無しだ:2007/09/15(土) 23:34:51 ID:ZLD1ju+z
ルナ授乳期新生バルマーの平和な日常

ルナ「びええええん! びえええええええん!」
バラン「ええい、もう少しじゃからいい子じゃいい子じゃからな」
侍女「バラン様! ミルクがご用意できました。どうぞ」
バラン「うむ、あ〜よちよちミルクの時間でちゅよ〜」
ルナ「びえええ…む、むぐ… むぐ… むぐ…」
バラン「ほっほ、一生懸命飲んでおるわい… 可愛いのぉ…」
侍女「ええ、ホントに…」
ルナ「あ〜 ぐふっ…」
バラン「おお、飲み終わったか、げっぷをさせねばのぉ…」
ルナ「けぷ…」
バラン「ははは、可愛いげっぷじゃ、さて…」
ルナ「びええええええええええええん!」
バラン「なぬっ! まだ足りなかったか、追加のミルクじゃ! ミルクを!」
侍女「は、はい! ただいま」
ルナ「びええええん!」
バラン「くっ、ほれほれもう少しで出来るからの、ほれほれ、筋肉がうごくぞぉ〜ぴくぴ…はう!」
ルナ「あむあむ♪」
バラン「のほおおおおおおおぉぉぉぉぉ! そ、そこはちが…はう!」
衛兵「バ、バラン様! ご忍耐を、ミルクが来るまでのご辛抱です!」


110 :それも名無しだ:2007/09/15(土) 23:35:33 ID:ZLD1ju+z
ルナ「むにゅむにゅ♪」
バラン「あ…ほおぉぉぉぉぉ…」
衛兵「い、いかん、バラン様の気力が下がっている。だ、誰か激励部隊を!」
激励部隊「まけないでぇ〜 もぉすこしぃ〜 さいごまで たえぬいてぇ〜」
ルナ「にゅううううう」
バラン「ふおぉぉぉぉぉ…」
衛兵「い、いかん、ルナ様が攻め方を変えられた! バラン様のエネルギーが! ええい、補給部隊はまだか」
補給部隊「ハイオクはいりま〜す 今、新国家出来立てで国庫節約の為にレギュラーのみだってさ まじ? じゃ、レギュラーはいりま〜す」
ルナ「ぷふ〜 にゅっ?」
バラン「あう! そっち…も…」
衛兵「ああ上手く『手加減』されて今度は反対側の乳首まで… バラン様のHPが… 友情部隊を!」
友情部隊「らぶ!と書いてゆうじょ〜 らぶ!と書いてゆうじょ〜 らぶ!と書いてゆうじょ〜」
バラン「くぉぉぉぉぉ ドバンインp…(ry」
衛兵「ああ、バラン様が気力120超えの底力発動で錯乱なされている! ええい! 脱力部隊を呼べぇ〜」
脱力部隊「隣の家に囲いが出来たってさ〜 へ〜 かっこい〜」
ルナ「ぷはっ〜♪(満足げ)」


〜BARトロンベ〜
ハザル「そうか、お前もか、バラン」
バラン「あの時ほど、死神を意識したことは無かったわい…」
小久保「…そうか、お前達もか…」
ハザル「ああ…って、何でお前がこんな所に…というか、子供姿でくるな、ちびっ子」
小久保「…待ってくれ、ルナに捕まって逆体験をされそうになって途中で通りがかった誰かがくしゃみをしてくれなければ…
その後、なんとか逃げてきたのだ。少しぐらい匿ってくれ。バランガ家はあっち側についたディストラのせいで立ち寄れんのだ」
バラン「…逆体験…か… 少し話を聞きに外に行こうか? クォヴレー殿」

久保右腕ガシッ

ハザル「ふむ、育ての親として、子が妙な道に嵌ってはいかんからな、俺とも話しをしよう」

久保左腕ガシッ

小久保「ちょ、マテ、な、何を… ま、マテ、今回俺は被害sy…」

バタン

リュウセイ「俺等も大変だがあっちも色々あるんだな」
キョウスケ「ふっ、分の『悪すぎる』賭けは見て見ぬフリ…」
トロンベ「ふっ、人生色々トロンベ」

111 :それも名無しだ:2007/09/15(土) 23:52:36 ID:4nHoj7MK
しまった。ハザルのちんこ掴んだのはルナだったorz

112 :それも名無しだ:2007/09/16(日) 00:06:05 ID:BSMLm6OA
ガンスレA「同士諸君!掃除をしていたら昔のアルバムが出てきた!」
ガンスレB「Oh!Yeah!」
ガンスレC「ヘイヘイ見せてみ。おー、まだゼラド様ちっちゃいねぇ」
ガンスレD「アオラ様まだ赤ちゃんじゃーん」
ガンスレE「うお・・・・久保様は殆ど変化ねー」
ガンスレF「・・・・・不気味」
ガンスレB「・・・・・・・・」
ガンスレC「・・・・・・・・」
ガンスレD「・・・・・・・・」
ガンスレA「うん、射殺しろ。敗北主義者だ」(ヒュパッ)
ガンスレ「「「「(ダダダダダダダダ!!)」」」」
ガンスレF「・・・・・・Damn it」
ガンスレB「しかしなんだねー!僕たちもこの頃は出番
ガンスレA「(ドス!ドス!ドス!ドス!!)」
ガンスレB「アオラ様に・・・伝えといてくれ・・・・今年のクリスマスは・・・・会いにいけそうに・・・ガクリ」
ガンスレA「そういう甘えが時として不幸な結果につながる。あの世で反省しなベイビー」

ゼラド「ただいまー!」
ルナ「お邪魔します」

ガンスレ「「「「お帰りなさいませ」」」」
ゼラド「うんただいまって・・・なんで二人がボロボロなの!?」
ガンスレBF「「・・・・・」」
ガンスレA「衛生兵ーー!」
ゼラド「あーもう、ミリタリー系の映画見るとこうなっちゃうんだから・・・ルナちゃん、ちょっと待っててね」
ルナ「うむ」

ルナ「・・・・?これは・・・アルバムか」

ルナ「・・・・・・・・・」
開かれているのは一枚の家族写真。
メイドや背後霊がいたりするのを除けば、ごく普通の、でも幸せそうな一家族が写されている
中心にいるのは銀色の髪の小さな少女。
その隣には銀色の髪の青年。今自分が知っているのとほぼ変わらない姿。
小さな少女は青年に抱き上げてもらって、とても嬉しそうに笑っている。
見ているほうも幸せになれるような、満面の笑み
でも・・・
ルナ「・・・やはり、私ではない・・・・・・」


仕方の無い事だ。
彼はこの時、私の存在すら知ってはいなかった。
そうだ、誰も悪く無い。
悪意などどこにも無い。
「過去」を補って余りある「今」がある。
それでいいではないか。
この胸の虚ろがたまに痛むだけ。ただそれだけの事だ。


ルナ「・・・・・・・」
イングレッタ「・・・・・・・・・」
ルナ「な!?釣り目女!?そこで何をしてる!?」



113 :それも名無しだ:2007/09/16(日) 00:06:37 ID:4a5NsVY5
イングレッタ「なにをしてる?そうね、久しぶりに「こちら」に来てみたら虫の好かないファザコン娘がアルバムを見つめて泣きそうな顔をしてるから、どうしたものかと思ってる
と、こんなところかしら?」
ルナ「だ・・・な、泣いてなどおらん!」(///)
イングレッタ「そう?まあ、何を考えていたのか想像はつくけど」
ルナ「・・・何がだ」
イングレッタ「考えたところで仕方の無い事を考えていた、でしょう?」
ルナ「!この・・・・・・・・・・・・ふん、そなたに言われるまでも無い」
イングレッタ「・・・へぇ」
ルナ「なんだ」
イングレッタ「そこで「お前に何が分かる」なんていう月並みな事を言わないところを、少し見直したわ」
ルナ「黙れ、私の気持ちは私だけのものだ。誰とも共有する気など無い」
イングレッタ「まるっきり腑抜けというわけでもなさそうね。その優等生的なものの考え方が気に入らないけれど」
ルナ「奇遇だな、私もそなたのその醒めたものの考え方が気に入らぬ」
イングレッタ「・・・・・・・・・」
ルナ「・・・・・・・・」
ルナ&グレ「「ふん!」」
ゼラド「あー!また喧嘩してる!」
イングレッタ「喧嘩じゃないわ。お互い仲良くしないようにしてるだけよ」
ルナ「うむ、相手が嫌いだという事を包み隠さず正直に言っておっただけだ」
ゼラド「そうだったんだ・・・ごめんね・・・・・・・・・・・・それってつまり喧嘩してたって事でしょ?」
ルナ&グレ「「・・・・・・・・」」


アストラ「(お嬢、あれで励ましているつもりなんだからな・・・)」
ガンスレA「あ、アストラのおっちゃん」
ガンスレB「アストラおじさんどーしたの?」
アストラ「・・・誰がおじさんだ」

114 :それも名無しだ:2007/09/16(日) 00:08:15 ID:ZLD1ju+z
>>108
>>109-110
ルナ…GJ(マテ
そして、ハザル・バラン、せめて小久保で憂さを晴らせ(更にマテ




BARトロンベ、これから色々【傷】を抱えた大人達が来そうだw

115 :それも名無しだ:2007/09/16(日) 00:09:11 ID:sezv6uA5
おっと、>>108だけだ、なんて自演w

116 :それも名無しだ:2007/09/16(日) 00:11:46 ID:zcpXANdC
小料理屋つぐみ

エクセレン「ビールもう一本〜」
クスハ「よく飲みますね…」
ラト「うん…」
ヴィレッタ「そういえば、この間息子の部屋からエロ本を見つけたわ…」
マイ「エロ本…?」
ゼオラ「そりゃ、年頃だもんね…」
スペクトラ「で、どうしたの?」
ヴィレッタ「表紙の子があたしが可愛いと思う順番に積み重ねて、机の上に置いてあげたわ」
セレーナ「うわ、きっつい」
ヴィレッタ「たまには息子もいじってあげないと…ね?ミナキ?」
ミナキ「えっ?」
ヴィレッタ「多分、トウキやミナトと回してるわよエロ本」
ミナキ「……ミナトはともかく、トウキはいらないんじゃないかな…」
スレイ「何故だ?」
ミナキ「ね?クスハちゃん?」
クスハ「ふつつかものですがよろしくお願い致します」
ツグミ「それはお嫁さんのセリフじゃ…」
エクセレン「気分はいつも嫁入り前よ〜」



ヴィレアム「…また見つけられてる…orz」

117 :それも名無しだ:2007/09/16(日) 00:15:17 ID:6HfPWwZ5
恥ずかしいな、おい
お詫びにGJなSSを更に書いて俺達をなごませる事
お前の罰と使命はそれだ
以上

118 :それも名無しだ:2007/09/16(日) 00:22:27 ID:sezv6uA5
わかった
汚点を雪ぐSSネタを考える
待っていてくれ
穴に入って考えてくる


ボッシュート俺

119 :それも名無しだ:2007/09/16(日) 00:25:51 ID:zcpXANdC
IDが変わればぱっと見は自演なんて判んねーぜ兄貴b

しかし、今までゼラド以外の乳幼児ネタが出てきてなかったのが不思議だよな

これからも和むのを頼むぜみんな

なんつって

120 :それも名無しだ:2007/09/16(日) 00:26:09 ID:wAteUh5S
ちっ、穴に入りやがったぜ、115の野郎
SS書いてくるまでこの穴埋めとけw




親のSS全部イイヨイイヨー


121 :それも名無しだ:2007/09/16(日) 00:26:23 ID:ezubWtFD
「汚名を雪ぐ」なw

勢いで「汚名挽回」とか言ったりするなよ。

122 :それも名無しだ:2007/09/16(日) 00:33:00 ID:o8+vcssa
食いつきいいな、みんなw
SSGJだったんで、俺も穴を塞ぐの手伝ってやるぜ
GJセンサーも取り付けてやろう



123 :それも名無しだ:2007/09/16(日) 00:36:43 ID:6HfPWwZ5
>>121
そうか、118はジェ○ドだったのか(ワラ


俺が、GJSS予約済穴と書いといてやろう

124 :それも名無しだ:2007/09/16(日) 00:37:20 ID:zcpXANdC
トウキ6才

トウマ「39度の熱くらいで…」
ミナキ「いいから今日は寝てなさいって」
トウマ「おう…」

トウキ「おとーさん、頭痛いの?」
トウマ「ああ、少しな…」
トウキ「じゃあ、痛くないようにしてあげる」
トウマ「?」
チーン
トウマ「うおっ!!」
トウキ「どお?ニヤニヤ」
トウマ「こ、この…」



〜BARトロンベ〜
トウマ「と、ちんこで思い出した話だ」
キョウスケ「…歩の悪い掛けだったな…」
ギリアム「その年でそんな事に気付いてたトウキ君が凄いと思うが」
リュウセイ「ウチは2人とも娘だからなぁ…そーゆーやんちゃなエピソードが…」
キョウスケ「ある方にかけてみるか…」
ギリアム「じゃ、私は無い方で」
リュウセイ「賭事にするなよw」

125 :それも名無しだ:2007/09/16(日) 00:50:34 ID:zcpXANdC
さぁ>>118は期待に答えられるのかこうご期待

126 :それも名無しだ:2007/09/16(日) 01:04:54 ID:HdUruLq6
トロンベ「ふっ、何故かここにダテ家秘匿のダテアルバムメモリーが」
リュウセイ「なっ、なんでそんなものが」
トウマ「お、見ようぜ見ようぜ」
キョウスケ「ふっ、覚悟しておけ」
ギリアム「ふっ、望むところだ」
リュウセイ「ちょっ! まt…」
トロンベ「ポチッとな」


リトゥ「ねぇ、お父さんいつ戻ってくるのかな…」
マリ「ラ・ギアスという所はこことは別世界のようなものだと聞いている。だが、必ず戻ってくると約束したではないか。
私はあの指きりを信じて待つ」
リトゥ「私も! わたしも… 信じてる… でもちょっと…さびし…」
マリ「大丈夫、お母さん達もいるし私も…ここにいる。ほら、指切りしよう。私達がこんな顔だと、
お父さんの事だから心配で頑張れなくなってしまうではないか。お母さん達だってそうだ。
だから、笑顔でいつでもお帰りなさいと言ってあげる為にも笑顔でいると…笑顔で頑張ると、約束の指きりだ。
私も…一緒に…頑張るから…」
リトゥ「うん… 一緒に頑張るの指きり…する。」


リュウセイ「うおおおおおぉぉぉぉぉ! マリ! リトゥ! お父さんは! お父さんはぁ!」
トウマ「うおおおおおおおおお! なんて健気なんだぁ! 涙で前が見えねえぜぇ!」
ギリアム「ふっ… この賭け、おあずけだな…」
キョウスケ「そうだな… 乙女達の純粋な想いは、こんなところでチップにするほど軽くはない…」
トロンベ「ふっ… 馬鹿親の涙と無垢なる指きりに乾杯…」


ちょっと趣旨を変えてみましたw

127 :それも名無しだ:2007/09/16(日) 07:40:12 ID:4sUwdaRo
>>116
トウマ「(うわ・・・我が妻ながら男を分かってねーな
    エロ本持つ持たないって、彼女居る居ないと全然関係ないし・・・)」

128 :それも名無しだ:2007/09/16(日) 08:14:19 ID:+v9ZxwWs
ミナキは基本的に箱入りだからそこら辺致命的に分かってねーだろうなw
エロ本と彼女は別物なんだよなーw

「トウキ君!この本いったい何!?」
「ま、まて誤解だ!そしてここは五階だぞ!?落ちたら死ぬって!」
「うわーん貴方を殺して私も死ぬー!」
「ていうかなんでお前がソレを持ってるんだ!」
「ミナト君が持ってた!女子数人で問い詰めたらトウキ君のだって白状した!」
「ぁんの馬鹿野郎がぁー!!!」

けど中身はどこかクリハ似というそんなオチてないオチで

129 :それも名無しだ:2007/09/16(日) 13:29:44 ID:0dxzCPD4
トウキ「ってな事があってよー」
ミナト「しゃあねぇだろ、あんだけの人数で迫られたらそりゃゲロしちゃうよ」
ヴィレアム「俺は母さんに机の上に置かれている。」
アオラ「皆大変なんすねー」

トウキ「お前はどうなんだよ」
ヴィレアム「男なんだから一応ありそうな感じはするんだが」
ミナト「ムチムチな母、姉、メイドさん。そらに姉の友達のムチムチの金髪姫さんに
    スレンダーなクールビューティーやらが家によくきてさらには同級生にスタイル
    のいい銀髪娘が周りにいるんだろ!?いいよなぁーもてあますよなー」
アオラ「ちょっと、皆さん?なんか話の方向違うとこいってるっすよ」

130 :それも名無しだ:2007/09/16(日) 13:39:43 ID:BrU9uOkw
ハザリア「……ん、うちの妹は救いようのない幼児体型だが?」

――ゴキョ

131 :それも名無しだ:2007/09/16(日) 13:39:52 ID:lHf3D0hu
アオラ「と言うか、自分作ってる側の人間なんで……持ってる持ってない以前の問題なんで……」(人気同人サークル『はみんぐば〜ど』代表)

トウキ(読者1)「あ……」
ミナト(読者2)「そういえば……」
ヴィレアム(読者3)「そうだったな……」


132 :それも名無しだ:2007/09/16(日) 14:43:00 ID:GKLF+Jyi
アオラほっぺは人を救う

133 :それも名無しだ:2007/09/16(日) 17:17:04 ID:6Yjzj23H
>>129
ルナって銀髪じゃなかったっけ?

134 :それも名無しだ:2007/09/16(日) 18:40:23 ID:bFFyEZY3
>>133
両親は2人とも銀髪だし、間違いなくルナも銀髪だよ
まぁ、背後霊が憑依してるときは青いけどwww

135 :それも名無しだ:2007/09/16(日) 18:48:45 ID:iEHi5aH1
ゼラド「人の心の声が聞こえるの」
ヴィレアム「ほんとうか?」
ハザリア「また、貴様はわけのわからないことをいう」

ゼラド「ほんとうなの! あのね、はっきり言葉になって聞こえるわけじゃないんだけど、
 ぼんやりわかっちゃうっていうか。
 こう、『熱い』とか『眠い』とか、ごちゃごちゃって。
 あと、嘘ついてるのがわかったり、授業中に誰が手を挙げるか聞こえてきたりして」
ヴィレアム「予知、なのかな。それにしては」
ハザリア「ああ、なるほどなるほど。
 つまりこういいたいわけだ。『ゼラドふたたび』」
ゼラド「ふたたびって、一度目はどこに現れたの」
ハザリア「『バランガ家八景』ともいわせたいらしい」
ヴィレアム「やめろ。バランガ家はそういう、人の心の闇をてんこもりにしたもんじゃない」

ハザリア「それほど大したことではない。思春期の人間にはありがちなことだ。
 試しにジャンケンでもしてみるか? そら、最初はグーだ」
ヴィレアム「10回連続でゼラドの勝ち? ええと、確率にすると」
ハザリア「こんなことくらい、俺でもできる。
 ヴィレアム、このトランプを引いてみろ」
ヴィレアム「ええと」
ハザリア「クラブのジャックだな」
ヴィレアム「それは、お前は念動力者だから」
ハザリア「なんでもかんでも予知だ念動力だといいたがるのは貴様の悪いクセだ。
 よく見ろ。このトランプはマジック用だ。カードの裏に、小さくマークが付いているだろう」
ヴィレアム「インチキじゃないか! それに、トランプとジャンケンじゃだいぶ違うだろ」
ハザリア「似たようなものだ。
 人間の指先は、外側の伸張する筋肉より内側の収縮する筋肉の方が感覚的に優位に立っている。
 グーを出そうとすれば顔が力み、チョキ、パーの順に緩んでいく。
 心が読めるというのも、その延長だろう。
 人間、嘘をつくときには眼球が右上に動くし、過去のことを思い出すときには左上を向く。
 情動や、思い浮かべる色によって表情筋の動きも変わる。
 もちろん、どれも小さなサインに過ぎない。
 しかし、訓練すれば道路交通法違反上等のメンバーでも読み取ることができる」
ゼラド「わたし、そんな訓練してないけど」
ハザリア「希にだが、天然でできる人間がいる。
 古来予言者や千里眼と呼ばれていた人間は、たいていこれだろうよ。
 貴様には、前々からその兆候があった。直感だけで事件を解決してしまったりな。
 だが、こんなものがまともな状態であるはずがない。多くが精神障害に陥る。
 この症状が進むと、緑のサルが見えたり、鏡に映る自分がイグアナに見えたり、
 妹が大魔神と不倫したり、学校教育のあり方について電車男と議論するようになってしまう」
ゼラド「電車男さんと、そんな・・・」
ヴィレアム「どうしてもやらなきゃいけないわけじゃないから」
ハザリア「ハーブでもジョイントして寝ていればよくなるだろう」
ゼラド「え、飲むんじゃなくて?」
ヴィレアム「よけいなことを教えるな」

136 :それも名無しだ:2007/09/16(日) 18:49:41 ID:iEHi5aH1
ヴィレアム「ゼラドは早退してったけど、なあ、ほんとにあれで大丈夫なのか?」
ハザリア「なぁに、今回は時間をどうこうしているわけではない。
 困るのはバランガひとり。我々にはなんの被害も出ない」
ヴィレアム「お前!」
ハザリア「仮に症状が進んでも、ま、せいぜい初夜のクライマックスに
 男側の母親が割り込んでくるぐらいのもので」
ヴィレアム「そんなの、なんとしてでも治さないと!」
ハザリア「なぜ貴様が必死になるのだ?」

 3日後
ヴィレアム「ゼラドはまだ目を覚まさないのか!?」
アオラ「うん、ほんとにもう、ずっと眠ってて」
ハザリア「医者には」
アオラ「診せたけど、異常ないっていうんだ。
 ただ眠ってるのとおなじ状態だって」
ハザリア「ふむ、明日目覚めるかもしれんし、50年後かもしれんわけか。
 10歳の少女が、目を覚ましてみれば老婆になっていて絶望したという話があるな」
ヴィレアム「不安をあおるようなことをいうな!」
アオラ「どうしよう。父さんたちも兄ちゃんたちもいないのに」

ハザリア「よろしい。これを使おう」
ヴィレアム「なんだ、これ」
ハザリア「DCミニといって、他人の夢に潜り込む装置だ。
 ハニワの臭いがするデブの博士にもらった」
ヴィレアム「へんな人脈持つなよ、お前は」
ハザリア「これを使ってバランガの夢に入り、症状の原因を突き止める」
アオラ「俺も」
ハザリア「ダメだ。血縁の貴様では、バランガとの親和性が高すぎる。
 夢を甘く見るな。下手をすれば、呑み込まれて帰ってこられなくなるぞ。
 とはいえ、赤の他人の俺ひとりでは親和性に問題がある。
 ヴィレアム、貴様、たしかバランガとは幼なじみだったな。
 そのわりに深い絆もなさそうだ。まあ適任だろう。一緒に来い」
ヴィレアム「喜んでいいやら悲しんでいいやら・・・!」
ハザリア「バランガの弟、貴様はこのパソコンで我々の動きをモニターしていろ。
 要請があれば、すぐに我々を起こすように」
アオラ「うん、わかった」
ハザリア「それでは、レッツパプリカ!」
ヴィレアム「スパイシー!?」

137 :それも名無しだ:2007/09/16(日) 18:51:13 ID:iEHi5aH1
〜。°〜。°〜。°〜。°〜。°〜。°
クマさん「とてちてたーたーたーたーたーたーたー」
ネコさん「うんぱっぱーうんぱっぱー」
ネズミ「パレードが行くよ! パレードが行くよ!」
ヒツジ「寝ても覚めても少年マンガ男の子の気持ちはてな夢見る力は摩訶不思議マカデ
 ミアンナッツをコリコリコリ夢の島ニアイコールスモーキーシティ住んでいるのはカモ
 メが一匹土間の下ではネコが一匹ねんねこしゃっしゃれねんねこしゃっしゃれ」

ヴィレアム「これがゼラドの夢の中?
 こんなにメチャクチャになってるなんて」
ハザリア「べつに、これは病気のせいではない。
 夢が混沌としているのは当たり前のことだ。
 フハハハハ! しかし、心ときめくではないか!
 俺は、かねがねバランガの精神に興味があったのだ!」
ヴィレアム「なんだと、お前!」
ハザリア「いつもいつもニコニコぷにぷにと、そんな人間が実在してたまるか。
 きっと深奥にえげつないものを隠し持っているに違いない。
 フハハハ! その点、夢を探るのは実に有効だ!
 現実の人間は嘘ばかりつくが、夢で嘘をつける人間はいないからな。
 まさに、夜の夢こそがまことというやつだ!」
ヴィレアム「お前、ゼラドを研究素材に見るのは」

フッ
ヴィレアム「なんだ? 急に暗くなって」
ハザリア「おお! なんということだ!
 バランガは夢を見ない! 空間! 虚無! それは白痴の、あるいは神の意識にほかならない!」
ヴィレアム「脳ミソだけになって宇宙に飛んでくつもりか、お前は」
ハザリア「ノンレム睡眠に入り、一時的に夢が中断されただけだ。
 おい、行くぞ。いまのうちに深層に潜り込むのだ」

〜。°〜。°〜。°〜。°〜。°〜。°
ハザリア「なんだ、あの巨大な提灯は」
ヴィレアム「アサクサのカミナリモン?
 たしか、バランガ夫妻が気に入ってる場所で、何度か家族旅行に来ているはずだ」
ハザリア「そうか、アサクサか。はぁぁぁ〜」
ヴィレアム「なんで急にテンション下がってるんだ」
ハザリア「こんな他人の夢ではなく、現実に訪れたかった」
ヴィレアム「あれ、でもおかしいな。この街並みはアサクサじゃないぞ。
 どっちかっていうと、俺たちが子供のころ駅前にあった商店街がこんな感じだったような」
ハザリア「なら、その通りなのだろうよ。夢などいい加減なものだ」
ヴィレアム「小さな店がたくさん並んでる。ショーウィンドウに入ってるこれは、なんだ?
 赤ん坊? 人形? アオラをデフォルメしたみたいな」
ハザリア「あすこのブティックにはレイナやスレイチェルが入っておるわ。
 どうやら、ここは近しい人間を分類しているエリアのようだな。
 見よ。向こうの寺の前には、ラミア先生の顔をした仁王が立っておるわ。
 どうやら守護者として認識しているらしい」
ヴィレアム「スポーツ用品店にはトウキやアイミ、
 武具店にはゼフィア先輩やキャクトラ。向こうの観覧車の真ん中で笑ってるのはイルス先輩か?」
ハザリア「あ、あやつめ、俺のことを高枝切りバサミなどと並べおって。
 便利グッズかなにかだとでも思っているのか」
ヴィレアム「あれ、おかしいな」ゴソゴソ
ハザリア「おいこら、貴様なにをしている。触るなッ!」

138 :それも名無しだ:2007/09/16(日) 18:52:35 ID:iEHi5aH1
〜。°〜。°〜。°〜。°〜。°〜。°
ゼラド「ねえ、わたしたちが一緒になってから何年経つかしら」
ヴィレアム「ああ、そろそろ100年だ」
ゼラド「ああ、そうなんだ。じゃあわたし100年死んでるから、100年経ったらまた会いましょう」
ヴィレアム「おいおい、死んでしまうのかい?」
ゼラド「うん。ボクはデメキンになって、100年間オタマジャクシと戯れるんだ」
ヴィレアム「じゃあ、俺は200年間野ウサギになってイチゴをリンゴに変えているよ」
ゼラド「待って、待って、そんなのってないわ」

〜。°〜。°〜。°〜。°〜。°〜。°
ハザリア「なにをしとるか、貴様ァッ!?」
ヴィレアム「わっ、ハザリア!? あれ、ゼラドは、いまのはいったい?」
ハザリア「うかつに夢の中のものに触るからだ!
 貴様、夢に取り込まれかけていたぞ」
ヴィレアム「いや、だって、おかしいんだ。
 あのショーウィンドウの中に、どうして俺はいなかったんだろう」
ハザリア「なにも不思議なことがあるものか。
 バランガの心の中に、貴様がいないというだけだ」
ヴィレアム「そんな」

ゼラド「ねえ、おマンジュウあるよ。ありおりはべりいまそかりは現在進行形だよ」
ヴィレアム「ゼラド、それは」
ハザリア「耳を貸すな。また夢に食われるぞ」
ヴィレアム「でも、ゼラドが持っているのは便器だ」
ハザリア「シニフィアンとシニフィエの結びつきに異常が出てきているようだな。
 ものの姿形と名前と音がバラバラになりつつある」
ゼラド「ねえ、おマンジュウ食べないの?」
ハザリア「いらん。さっさと次のノンレム睡眠に入れ」
ゼラド「おマンジュウ食べないとダメだよ。ウンコ出なくなっちゃうでしょう?」
ゼラド「ウンコ出ないと紙おむつを着けられないでしょう」
ゼラド「紙おむつで体じゅうをぐるぐるぐるぐるできないでしょ」
ゼラド「紙おむつをはいてウンコをしないと紙おむつをはいてウンコをしないと」

ハザリア「いうことが子供がかってきたな。だいぶ深層に入ってきたらしい」
ヴィレアム「おい! ゼラドがどんどん出てくるぞ!」
ハザリア「我々を取り込むつもりか。
 ひるむな! より強力な夢で対抗するのだ!」

 お前は侍である。侍なら悟れぬはずはなかろうと和尚が言った。そういつまでも悟れ
ぬところをもって見ると、お前は侍ではあるまいと言った。人間の屑じゃと言った。は
はあ怒ったなと言って笑った。口惜しければ悟った証拠を持ってこいと言ってぷいと向
うを向いた。怪しからん。

139 :それも名無しだ:2007/09/16(日) 18:54:39 ID:iEHi5aH1
ハザリア「フハハハハ! 夏目漱石の『夢十夜』! たかが少女の夢が勝てるものか!」
ヴィレアム「だから、お前はいったい何人なんだ!?」
ハザリア「浮き世は夢よただ狂えおお今こそバビロンの黄金伝説が緑ジャケットを否定するのだ」
ヴィレアム「おい、なにいってるんだ!?」
ハザリア「チッ! まずいな。俺まで取り込まれかけている。
 バランガの弟! 聞こえるな。これ以上は危険だ。我々を覚醒させろ!」

〜。°〜。°〜。°〜。°〜。°〜。°
パチンッ
アオラ「2人とも、大丈夫かい?」
ヴィレアム「アオラか。ここは現実なのか?」
ハザリア「よし、記録映像を再生しろ。そこから分析を」
アオラ「黒い太陽からの夢電波が半減したんデス」
ヴィレアム「アオラ!?」
ハザリア「しまった! ここはまだ夢の中だ!」

〜。°〜。°〜。°〜。°〜。°〜。°
ゼラド「昨日、お地蔵さまがわたしのお腹の中に入ってきたの。
 だから、今度生まれてくる赤ちゃんはきっとお地蔵さまよ。
 赤ちゃんが生まれてきたら、天蓋付きのベッドを買いましょう。
 大きな大きな柵が付いてて、介護が必要になっても大丈夫なように角度がカクカクするやつ。
 そういうベッドなら、おじいちゃんになるまで入れておけるでしょう?」

ダーン ダーン ダーン 
ヴィレアム「柵が!? 囲まれた!」
ハザリア「ちいっ、この独占欲! 所有欲! この傲慢さがバランガの本質か!」
ヴィレアム「ゼラドはそんなコじゃ」
ハザリア「ではなんだというのだ。やつは、なんとしてでも捕まえておきたい相手でもいるのか!?」

アオラ「だめだよゼラド。金魚は川に放してあげよう」
ゼラド「いやよ、いやよ、金魚は川で三代経つとフナになっちゃうの!
 金魚は金魚鉢の中でしか金魚になれないの!」
アラド「金魚は川を泳ぐものだよ。金魚は川を泳ぐものだよ」

ヴィレアム「アラドさん? なんで」
ハザリア「おそらく、『老賢者』だ。
 精神を構成する原型のひとつで、主に理性の擬人化として現れる。
 多くは父親の形をしているが、あれはおかしいな。ぷにぷにし過ぎている。
 『老賢者』は本来峻厳な姿をしているものだが」

ゼラド「いや! 金魚鉢に入れるの! 金魚鉢に入れるの!
パァンッ
ヴィレアム「アラドさんが砕かれた!」
ハザリア「理性を砕いたか! まずいぞ!」

140 :それも名無しだ:2007/09/16(日) 18:57:29 ID:iEHi5aH1
 ドスン! ドスン! ドスン! ドスン!
銀色の男「俺は黒いデメキンに乗って飛んでいく」ダダダダダ
紫色の男「ダメだ。その道は俺が通るんだ。黒い野ウサギに乗って」ダダダダダ
ゼラド「だめ、だめ、行っちゃだめ!」

ヴィレアム「なんだ、あれは? ふたりの男が戦いながら走っていく」
ハザリア「アニムス。女性の中にいる男性像だ。しかし、2体だと!?」
ゼラド「だめ、だめ、行っちゃだめ!」

 グラグラグラグラ
ハザリア「夢が揺れている! 脱走をはかる2体のアニムス!
 喪失への恐怖! おののき! 不安! これが混乱を起こしている原因か!?」
ヴィレアム「どうしたら」
ハザリア「とにかく、願望をかなえてやるしかあるまい。
 そこの金魚鉢をアニムスに向かって投げつけろ! 閉じこめるのだ!」
ヴィレアム「よし!」

銀色の男「俺は川を泳ぐ俺は川を泳ぐ」ダダダダダ
紫色の男「俺は池の中にいる俺は池の中にいる」

ヴィレアム「銀色が逃げた!」
ハザリア「構うな! そこに散らばっているアラド・バランガの破片を集めてこね合わせろ。
 バランガの理性を復活させるのだ!」

アラド「金魚は閉じこめてはいけないんだ金魚は閉じこめてはいけないんだ」
ゼラド「うん、そうね。悲しいけど、寂しいけど、そうなんだね・・・・・・」

 ボーン ボーン ボーン ボーン ボーン ボーン ボーン ボーン ボーン

〜。°〜。°〜。°〜。°〜。°〜。°
ゼラド「う〜ん、ぼーっとする。わたし、どのくらい寝てたの」
アオラ「三日だよ」
ゼラド「お腹空いたぁ」

ヴィレアム「ようやく戻ってきたか。ここは、本当に現実なのか?」
ハザリア「ああ、痛い目にあった。金輪際、他人の夢になど入らんぞ」
ヴィレアム「2体のアニムスのせめぎ合いがゼラドを混乱させていたのか?
 でも、なんで2体いたんだろう」
ハザリア「その答えを知っているのかいないのか
 俺の笑みはますます仏像のそれに近づいていくのだった」
ヴィレアム「いや、一切近づいてないから」

141 :それも名無しだ:2007/09/16(日) 19:02:40 ID:h0Nhzfli
>>135-140
おお、GJ!
なーんだヴィレアム、脈あるじゃないか

142 :それも名無しだ:2007/09/16(日) 20:56:15 ID:JAx1m0az
咲美「ふぅ……」
アーク「どしたよ、咲美?なんか悩みか?あれか、ちっぱいか!!?ちっぱいがなやみぐぁっ!!!」(右ストレート)
咲美「はぁ……」
アーク「いきなり酷いぞ、咲美!」
咲美「酷いのは兄さんでしょ、言葉の暴力だ」
アーク「気にすんな、俺はちっぱいも好きだ!」
咲美「兄さん『なんか』の趣味聞きたくもないわよ」
アーク「咲美も大概だぞ……」

アーク「で、何に悩んでたんだ?」
咲美「うん、私達が出てきた時に比べるとB組の人数減ってるなぁと思って」
アーク「おいおい、それは鮫島事件並に禁則事項だぞ……」
咲美「私達が出てきたときには、A組と男子だけでサッカーできるくらい人数いたのにさ」
アーク「えらい懐かしいな、おい」
咲美「なのに転校生はみんなA組行っちゃうし」
アーク「お前ガンガンタブーにツッコミ過ぎだろ……」
咲美「私達も人気ないし」
アーク「お、お前は人気あるさ!らき☆すたでいうみゆき並には。       オッパイの大きさは違うけどな!!!」

シュンゴクサツ!!!!

143 :それも名無しだ:2007/09/16(日) 21:44:24 ID:t5UmgTWz
不特定多数の一部キャラたち「オマエら兄弟のレス数はそれなりにあるだろ!」

144 :それも名無しだ:2007/09/16(日) 22:10:37 ID:zcpXANdC
B組の彼らはチーム分割の時に役に立つよきっと

ゼラド「うーん…私は…」
_極東基地
_ラ・ギアス
_マオ社
_テスラ研
→お兄ちゃんの腕の中

145 :それも名無しだ:2007/09/16(日) 22:35:39 ID:KITuG9Jl
よっぽどの事が無い限り、最後のヤツ一択な気がするのは気のせい?

146 :それも名無しだ:2007/09/16(日) 22:52:06 ID:FzWtTzPU
ならこれも付け足したら2択にはならんかな?

→竜巻亭で食べ放題

147 :それも名無しだ:2007/09/16(日) 23:06:38 ID:96KdWZ/4
この頃、ハザリアがギャルゲーのひねくれ系主人公に見えてきたのは俺の脳がもうダメな証なのだろうか。
俺の中でのハザリアの輝きぶりが異常。単に目立ってるからかもしれんが。

148 :それも名無しだ:2007/09/16(日) 23:37:14 ID:Bd2i07OA
>>135-140
スゲーGJ、難しいのに分かりやすいし
ヴィレアムの立ち位置とか絶妙ダ

>>147
>ハザリアの輝きぶり
性格とか固まってて動かし易いからじゃないか?
本来ヴィレアムが担ってそうな、解説役をうまい具合にこなしてるし

149 :それも名無しだ:2007/09/16(日) 23:47:25 ID:4sUwdaRo
キャラ紹介
【ルナ・ティクヴァー】
幼馴染であり、幼少期からのライバルでもある。お互いを一番良く知っている存在

【リトゥ・コバヤシ】
動揺しがちでハザリアに対しては純。険悪化しがちなハザリアと姉の間を調整するのに苦労する

【ラン・ドバン】
元気印のお姉さん。ハザリアを非常に可愛がっておりスキンシップも激しい

【アルヴィ・クーランジュ】
女性向けシナリオ。天然の白い心を持った少年で、すっかりハザリアに懐いてしまっているようだ。

【ラミア・ラヴレス】
美貌の人造担任教師。

【アクア・ケントルム】
いじられ系教師。実は超お嬢様。

【マリ・コバヤシ】
演劇を通じた腐れ縁。喧嘩仲間とも言える?

150 :それも名無しだ:2007/09/16(日) 23:50:17 ID:4a5NsVY5
>>149
ギャー!恋愛ゲーム風にキャラ紹介するのはやめろー!!


>>140
GJというかあんたはいったい何なんだというかww

151 :それも名無しだ:2007/09/17(月) 00:04:56 ID:AkOWs0aS
作風が独特っつーかこれで食ってないか?

152 :それも名無しだ:2007/09/17(月) 00:05:04 ID:ODDq6rP7
【ルル・カイツ】
サドデレ気質な妹。本人は意識せずとも、結局兄上様とは似た者同士。


153 :それも名無しだ:2007/09/17(月) 00:06:29 ID:oyqK9FPD
ハザリン
アーくん
ヴィレアム
アオラ


子供スレギャルゲ主人公四天王?

154 :それも名無しだ:2007/09/17(月) 00:09:08 ID:cqGisjmV
老け顔マンも何気にフラグ多いよな
超人(姪)達人(お姉さん)変人(幼馴染)奇人(科学部長)…
書いててちょっと気の毒なってきたorz

155 :それも名無しだ:2007/09/17(月) 00:23:05 ID:AkOWs0aS
>>154
そっちは女難って書いてフラグって読ませそうだw

156 :それも名無しだ:2007/09/17(月) 00:36:31 ID:wHorsK/W
>>153
アーくん?

157 :それも名無しだ:2007/09/17(月) 00:37:43 ID:l+E7JWAU
>>156
アークのことじゃね?知らんが

158 :それも名無しだ:2007/09/17(月) 00:57:28 ID:O5NOSQup
ゼラド「あー、ヴィレアム君、探したよぉ」
ヴィレアム「あ、ゼラド…」
ゼラド「明日提出の演習シミュレーション授業用のモーションデータがまだ出来てないの」
ヴィレアム「間に合いそうなのか?」
ゼラド「間に合わなさそうだから、ヴィレアム君に…」
ヴィレアム「あ、あ、そうか…わかった手伝う」
ゼラド「ゲシュペンストならヴィレアム君しかいないもん、レイナちゃんやアイミちゃんはリオンだし」
ヴィレアム「(トウキやミナトはDMLだしな…)」
ゼラド「んじゃあ、今からあたしの家に来て」
ヴィレアム「えっ?」
ゼラド「おやつ食べたいんだもん」
ヴィレアム「ぷっ、ゼラドらしいな…」
ゼラド「腹が減っては戦は出来ぬ」
ヴィレアム「そうだな…」


レイナ「…あたしもゲシュペンストにしようかなぁ…」
アイミ「ちょっとw」

159 :それも名無しだ:2007/09/17(月) 01:02:14 ID:WyrepkLV
OG的にはリオンだが主人公補正でゲシュちゃんでいいのか

160 :それも名無しだ:2007/09/17(月) 01:59:31 ID:84Oc02p8
>>153こいつもだ!
⊃タカヤ








ただし多分に女難の相あり

161 :それも名無しだ:2007/09/17(月) 02:35:49 ID:wHorsK/W
>>157
なるヘソ
義理の妹(従姉妹)と無口な病弱娘か


アークのキャラ的には主人公の友達の三枚目キャラなんだがねぇ
何故か攻略対象になる

162 :それも名無しだ:2007/09/17(月) 05:32:41 ID:SJsvfen9
ギャルゲで攻略が一番ムズイのは久保でFA?
フラグは一瞬で立つけど折りまくってバッドエンド連発w

163 :それも名無しだ:2007/09/17(月) 05:59:32 ID:uVjzwf4d
原作に忠実に、フラグクラッシャー久保の名は伊達じゃないなw

164 :それも名無しだ:2007/09/17(月) 07:48:19 ID:XgrZZqm/
主人公選択
【ハザリア・カイツ】
フラグの立つヒロインが最も多い主人公。初心者向け。
【アオラ・バランガ】
ハザリアの次にヒロインが多い主人公。初心者向け。
【アーク・アルトリート】
フラグの立つヒロインはたったの二人しかいないが、攻略自体は容易。初心者向け。
【ゼフィア・ゾンボルト】
ヒロインはそこそこ多いが、押並べて女難ルート。中級者向け。
【タカヤ・ナンブ】
ゼフィア同様、女難ルート。ヒロインの数も似たり寄ったり。中級者向け。
【ヴィレアム・イェーガー】
ヒロインの数が少ない上、フラグ立てが困難。特にゼラドフラグの難しさはゲーム中トップクラス。上級者向け。
【クォヴレー・ゴードン】
ヒロインの数は全キャラ中ダントツで、NPCのモブにさえフラグを立てる。しかしフラグの維持が究極的に困難。玄人向け。

165 :それも名無しだ:2007/09/17(月) 08:06:47 ID:2lHz8rtW
遠慮するな、こいつも持ってけ!

【キャクトラ・マクレディ】
ヒロインの攻略難度がゼラドフラグ並みな上に、敵の質が恐ろしいことに。
(VSヘルモーズ×3、ディス・アストラナガン、ガンエデンとなる。)
機動兵器乗りとして、アクションパートだけを楽しむのも可。

166 :それも名無しだ:2007/09/17(月) 09:26:04 ID:oyqK9FPD
マリオンが頑張って真・ゲシュペンストMk-V完成させたんじゃね?

167 :それも名無しだ:2007/09/17(月) 09:29:59 ID:oyqK9FPD
>>159
安価張り忘れた上に空気読めてない俺orz

ちょっとレモン姉さんの実験材料になってきますλ...

168 :それも名無しだ:2007/09/17(月) 09:50:43 ID:WyrepkLV
>>164
クォヴレーでクリアしたら主人公全員が強化されたスペシャルモードか

169 :それも名無しだ:2007/09/17(月) 10:42:27 ID:W5qaacHk
むしろ一部キャラ難易度アップ。ヴィレアムとキャクトラがほぼクリア不可能に

170 :それも名無しだ:2007/09/17(月) 11:05:33 ID:GAUK0SKc
【チビ・クォヴレー・ゴードン】
お助けキャラ、エルマと共に指定したキャラの好感度をボディランゲージで示してくれる
あまり呼びすぎると偽チビが出現、好きなのか嫌いなのかどっちともとれるボディランゲージでプレイヤーを惑わす
また、バッドエンド後のクォヴレー道場弟子の正体

171 :それも名無しだ:2007/09/17(月) 11:20:31 ID:WyrepkLV
アオラルートはガンスレハーレムエンドもありかな?フヒヒ

172 :それも名無しだ:2007/09/17(月) 11:47:37 ID:9UZPy+yj
>>154
レモンとゼフィアってフラグあったっけ?

173 :それも名無しだ:2007/09/17(月) 11:58:30 ID:0oP7TgH2
アクションパートルート選択

【オリジナル・リアルルート】
敵ユニットの回避が上昇し、強化パーツが回避系とバリア系、補給系になる。バリア
で無効になった場合も含めて、被弾でヒロインの好感度が下がる。例外も居る。
雑魚敵をスルーしても問題ない。

【オリジナル・スーパールート】
敵ユニットの装甲が上昇し、強化パーツが装甲系と自動回復系、気力上昇系になる。
ドラッグ系も使える。雑魚敵を落とし損なうとヒロインの好感度が下がるので
やや難易度が上がる。被弾しても問題ない。

【版権ルート】
雑魚敵の数とボス敵の能力がオリジナルルートと桁違いだが、強化パーツが全種類
使用可能で援軍NPCの質と量が凄まじく、最終的な難易度はむしろ低い。ただし三角
関係フラグが成立したまま解除不可能になる為、複数ヒロインの同時攻略が不可能、
好感度も下がり易く、かつ、ヒロイン同士の足の引っ張り合いがバックグラウンドで進行
して干渉出来ない。ヒロインを最初から絞り込んでいたらクリアは可能なので、単純に
アクションの苦手な人用の救済ルート。

174 :それも名無しだ:2007/09/17(月) 12:58:49 ID:wHorsK/W
咲美「ほら、兄さん!朝だよ起きて!」
アーク「う〜ん、あと5時間……」
咲美「のばし過ぎよ!そこは普通5分じゃないの!?」
アーク「全く仕方ないな……」
咲美「仕方がないのは兄さんよ」
アーク「………ん?」
咲美「どうしたの?」
アーク「いや、なんか変なアイコンが見えて」
咲美「はぁ?まだ、寝ぼけてるの?さっさと顔洗ってきなさい!」
アーク「あぁ……」

洗面所
アーク「咲美、タオル取って」
咲美「はい」
アーク「ん、サンキューな。あ、そういや飯作らないと……」
咲美「ああ、それなら大丈夫。今日は私が作っておいたから」
アーク「うえぇ〜……」
咲美「あからさまなに嫌そうな顔するな!」
アーク「だって全然咲美料理作れないじゃん」
咲美「作れるわよ!ただ下手なだけで……」
アーク「そこが問題なんよ……」

食卓
アーク「うわぁ……」
咲美「り、料理は見た目じゃないくて味よ味!」
アーク「またベタベタな言い訳を……」
咲美「う、うるさい!」
アーク「まあ、食うけどさ。アークくん振りかぶって口にほおりこんだ!!」
咲美「黙って食べなさい!」
アーク「うっ……(これはマズイ!とんでもなくマズイ!)」

175 :それも名無しだ:2007/09/17(月) 13:01:36 ID:GAUK0SKc
ギャルゲーでアクションは鬼門(一部を除いて)


176 :それも名無しだ:2007/09/17(月) 13:02:27 ID:wHorsK/W
咲美「ドキドキ……」
アーク「(なんかすんごいキラキラした目でみられてるよぉ!どうするよ、俺!どうする!?)」


→お、美味しいよ
 微妙な顔をする
 マズイとハッキリ言う

アーク「って、えぇ!なんだ、これ!!」
咲美「うぇっ!そんなマズイかった!?」
アーク「いや、そうじゃない!そうだけど、そうじゃない!」
咲美「やっぱりまずかったんだ……」
アーク「いや、あの、な?」
咲美「……もう時間ね、学校行こう」

咲美の好感度が30下がった

アーク「おいぃ!いくらなんでも、下がり過ぎだろぉ!!」
咲美「アークさん、うるさいですよ」
アーク「ああ、スマン……。って知り合いみたいな呼び名になってるぅ!!」



ギャルゲーなんてパワポケしかやった時ない

177 :それも名無しだ:2007/09/17(月) 13:04:33 ID:KpYP73Kj
ハザリア「実写版のキャスティングを考えてみた」

ゼラド:長澤まさみ
レイナ:沢尻エリカ
マリ:志田未来
リトゥ:堀北真希
キャクトラ:スピードワゴンのしょぼい方
ヴィレアム:品川庄司の筋肉芸人の方
アオラ:ひと頃デビューしてた安達祐実の兄貴
トウキ:FLAMEの「ああサタンだからな」の方
ミナト:FLAMEの「ほわーん」の方
ゼフィア:草野仁
スレイチェル:美輪明宏

マリ「お前が男性陣のキャスティングにこれっぽちも興味ないのはよく伝わってきた」
ハザリア「アークはあれだな。山崎邦生とかでいいよな」

178 :それも名無しだ:2007/09/17(月) 14:07:34 ID:O5NOSQup
実写版の男性陣は花君でいいんじゃね?w

水嶋とか高橋とかで

179 :それも名無しだ:2007/09/17(月) 14:25:35 ID:JiBWp7sV
ゼフィアが草野wwwwww

180 :それも名無しだ:2007/09/17(月) 15:15:27 ID:GAUK0SKc
実写版は、キャラに対して、色々と先入観が固定されてしまうからきつい
ありっちゃぁありだけどw

181 :それも名無しだ:2007/09/17(月) 18:47:37 ID:wHorsK/W
おっとネギまの悪口を言うのならまぜてもらおうか

182 :それも名無しだ:2007/09/17(月) 20:13:25 ID:AkOWs0aS
>>181
「ネギま」の悪口は許さねーぜ!
「実写版ネギま」なら俺もまぜな

183 :それも名無しだ:2007/09/17(月) 20:14:31 ID:S4+iKwmg
どうでもいい

184 :それも名無しだ:2007/09/17(月) 20:29:15 ID:V0SdYInl
キャラを纏めてみた

主人公選択
【ハザリア・カイツ】
フラグの立つヒロインが最も多い主人公。初心者向け。
【アオラ・バランガ】
ハザリアの次にヒロインが多い主人公。初心者向け。
【アーク・アルトリート】
フラグの立つヒロインはたったの二人しかいないが、攻略自体は容易。初心者向け。
【ゼフィア・ゾンボルト】
ヒロインはそこそこ多いが、押並べて女難ルート。中級者向け。
【タカヤ・ナンブ】
ゼフィア同様、女難ルート。ヒロインの数も似たり寄ったり。中級者向け。
【ヴィレアム・イェーガー】
ヒロインの数が少ない上、フラグ立てが困難。特にゼラドフラグの難しさはゲーム中トップクラス。上級者向け。
【クォヴレー・ゴードン】
ヒロインの数は全キャラ中ダントツで、NPCのモブにさえフラグを立てる。しかしフラグの維持が究極的に困難。玄人向け。
【キャクトラ・マクレディ】
ヒロインの攻略難度がゼラドフラグ並みな上に、敵の質が恐ろしいことに。
(VSヘルモーズ×3、ディス・アストラナガン、ガンエデンとなる。)
機動兵器乗りとして、アクションパートだけを楽しむのも可。

サブキャラ?
【ルナ・ティクヴァー】
幼馴染であり、幼少期からのライバルでもある。お互いを一番良く知っている存在
【リトゥ・コバヤシ】
動揺しがちでハザリアに対しては純。険悪化しがちなハザリアと姉の間を調整するのに苦労する
【ラン・ドバン】
元気印のお姉さん。ハザリアを非常に可愛がっておりスキンシップも激しい 【アルヴィ・クーランジュ】
女性向けシナリオ。天然の白い心を持った少年で、すっかりハザリアに懐いてしまっているようだ。
【ラミア・ラヴレス】
美貌の人造担任教師。
【アクア・ケントルム】
いじられ系教師。実は超お嬢様。
【マリ・コバヤシ】
演劇を通じた腐れ縁。喧嘩仲間とも言える?
【ルル・カイツ】
サドデレ気質な妹。本人は意識せずとも、結局兄上様とは似た者同士。
【チビ・クォヴレー・ゴードン】
お助けキャラ、エルマと共に指定したキャラの好感度をボディランゲージで示してくれる
あまり呼びすぎると偽チビが出現、好きなのか嫌いなのかどっちともとれるボディランゲージでプレイヤーを惑わす
また、バッドエンド後のクォヴレー道場弟子の正体


185 :それも名無しだ:2007/09/17(月) 22:09:19 ID:ikAtu33m
ハザリアルートのヒロインばかりだなw

186 :それも名無しだ:2007/09/17(月) 22:13:44 ID:LRoOhfad
龍王「アオラが主人公のシナリオは、ある美しい人妻が、娘と同い年のぷにぷに少年アオラの手によって一匹の゙雌゙に変えられていく濃厚なエロスの溢れる話が繰り広げられるぞ」
ディストラ「久々に出て来たかと思えば、骨董品が何をおっしゃるのやら」
ディストラ「アオラちゃんが主人公のシナリオでは、血に塗れた悪魔王と恐れられたロボットが、心優しきアオラ少年との触れ合いによって、真の愛や慈しみを知り、ロボットと人間という差を乗り越えて結ばれる感動的話が繰り広げられますよ」
龍王「大した茶番だな、ゴキブリ」


……
ガンスレメイドタイ、トツゲキ!!
イケ、リュウリンキ!!
メス・アッシャー、ハッシャ!!
コレガサバキノイカズチダ!!
アイン・ソフ・オウル!デットエンドシュート!!
アオラ「うわっ!またお姉ちゃん達がケンカしてる!!」
ルル「アオラ様、ここは危険です!私と手を繋いでできるだけ遠くに避難しましょう!!そしてこのまま二人だけの楽園に旅立ちましょう!!」

187 :それも名無しだ:2007/09/17(月) 22:52:55 ID:l+E7JWAU
【レラ・ブルー】
無口病弱エスパー少女。選択肢を間違えるとビットで攻撃される
【秋月咲美】
アークを兄さんと呼ぶが本当の兄妹ではない。選択肢を間違えると攻撃をくらう


アーク「なんでギャルゲーなのにHPとかステータスあるんだよ!おかしいだろ!」
咲美「スパロボバラエティだからね」
レラ「パワポケ・・裏サク・・スみた・・なもの・・・」

188 :それも名無しだ:2007/09/17(月) 22:55:26 ID:QrMjCxIF
こう考えるんだ、HPがなくなると【攻略される側】に回るんだ!と

189 :それも名無しだ:2007/09/17(月) 23:21:45 ID:cqGisjmV
こうも考えるんだ、HPがなくなるとまつろわぬ霊になってディス姐のおやつになる!と

190 :それも名無しだ:2007/09/17(月) 23:48:51 ID:zMEvfoGO
安西先生・・・ディス姐のおやつになりたいです・・・

191 :それも名無しだ:2007/09/17(月) 23:55:17 ID:l+E7JWAU
        ,. ‐''三ヾ´彡シ,=`丶、
     /'".:=≡ミ_≧_尨彡三:ヽ、
    //.:;:彡:f'"´‐------ ``'r=:l
    /〃彡_彡′,.=、 ̄ ̄ ,.=、 |ミ:〉
   'y=、、:f´===tr==、.___,. ==、._ゞ{ 
   {´yヘl'′   |   /⌒l′  |`Y}
   ゙、ゝ)       `''''ツ_  _;`ー‐'゙:::::l{      知らんがな
.    ヽ.__     ,ィnmmm、   .:::|! 
  ,.ィ'´ト.´     ´`"`"`゙″ .::::;'
イ´::ノ|::::l \         "'   :::/  
::::::::::::|:::::l   ヽ、      ..::  .:::/.、
:::::: ::: |:::::ヽ    ヽ、.......::::/..:::/!\\
::::::::::: |::::::::ヽ    ``''‐--ァt''′ |!:::ヽ:::\
:::::::::::::|::::::::::::ヽ、       /i|iト、  |l:::::::ヽ:::::\  
:::::::::::::|::::::::::::::/:ヽ、   ∧|i|i|i|〉. ||::::::::::ヽ:::::::\

192 :それも名無しだ:2007/09/18(火) 00:14:47 ID:i7N+m/pU
ひでぇw

193 :それも名無しだ:2007/09/18(火) 00:18:30 ID:hvNZZX6X
>>187
咲美「だから赤月だと何度言ったら(ry」

194 :それも名無しだ:2007/09/18(火) 01:03:08 ID:38El+V+2
>>154
中身博士なのに剣一筋なゼフィアをレモン様が怒ってる、というようなネタなら割と最近あった
考えてみれば数少ない同学年だよな

ラン姉はラン姉でゼフィアの事気に入ってるけど異性として認識してないんだっけか
スレイチェルは性別不明ときたもんだしなァw

がんばれヤクザ顔w



【イングレッタ】
つかみ所のない言動で相手を煙に撒く謎の人物。記憶消去、夢に介入、キスされると災難が降りかかるなど危険な能力を持つ

195 :それも名無しだ:2007/09/18(火) 01:34:53 ID:GKb5mkq2
空気読まずに流れぶったぎって駄作投下


マリ『おい、ハザリア!まだ脚本は出来上がらんのか!』
ハザリア『ばか者!俺は書き始め二日で書き上げる化け物か!』
マリ『ちっ…使えない奴め』
ハザリア『なら貴様は使えん女優だな』
マリ『ふん!せいぜい駄作を仕上げるんだな』

…………

マリ『ハザリア!まだ脚本は出来上がらんのか!』
ハザリア『今出来上がった。早速読んでくれ!』
マリ『あ、ああ………(何か変だ……)』
ペラペラ
マリ『!なんだこのゴテゴテの恋愛モノは!!しかも主人公が実名………私か!!』
ハザリア『あぁ………どうしてもそれをお前に読んで欲しかった』
マリ『な!?』
ハザリア『無論相手役は俺だ。……むしろこの脚本は現実のモノにしたい。』
マリ『ハザリア、何言っ』
ハザリア『俺はお前が好きだ、お前が欲しい!』
マリ『それはドモ(ry』
ハザリア『今この場でお前を抱きたい』
マリ『いや、ここ全年齢……って、ちょ!やめ…』


マリ『うわぁぁぁぁぁぁぁぁっ!ゆ、夢だと!!』
ハザリア『うるさいぞ役に立たん女優!』
マリ『……嫌な夢を見た』
ハザリア『フハハハ!よかったな、初夢が悪夢とはな!』
マリ『初夢…?』
1月1日
ハザリア『フハハハハ!貴様の悪夢が現実になるとは愉快だな!』マリ『今をもって………』
ハザリア『フハハ………ハハ……まて、なぜ攻撃体勢をとる!貴様の全力は…』
マリ『悪夢は正夢にはならん!』
ハザリア『ごぶふぁぁぁっ!』
マリ『ふん!』



反省はしない

196 :それも名無しだ:2007/09/18(火) 04:52:10 ID:0gx4/uir
そして、何故か入ってる

【イングラム・プリスケン】
気付いてもらえるまで難関
気付いてもらっても難関
むしろヒロインを探し出すのも難しい
エンディングは超シンプルで盛り上がりもしない

197 :それも名無しだ:2007/09/18(火) 06:52:11 ID:r4S92Pn8
>>135

うぬぬ、まさに脳髄は人間の中の迷宮。向かう先は少女地獄
チャカポコチャカポコチャカポコチャカポコ・・・
しかしハザリア。意識の混濁がルパンと閑吟集って、
ホントにお前一体何人なんだよw

198 :それも名無しだ:2007/09/18(火) 07:17:08 ID:nKlC5HR/
>>170
ボディランゲージフイタw
道場のもう一人がきになる

199 :それも名無しだ:2007/09/18(火) 12:01:45 ID:v5zhjMBd
>>196
お邪魔キャラのAyaが邪魔をしに来るんですか?><

200 :それも名無しだ:2007/09/18(火) 13:19:16 ID:8/YB2Q8a
>>195
その状況ってマリが起きた時そばにハザリアが居たって事だよな


つまりそれは夢ではなく現実……

201 :それも名無しだ:2007/09/18(火) 16:18:19 ID:GrEekjK0
ゼラド「体育祭かぁー」
レイナ「学年別対抗って明らかに不利じゃない?」
クリハ「確かに3年にはイルス先輩いるからそうだけど、イルス先輩規制
    かかって出れる種目少ないはずじゃ」
アイミ「いや、あの面子を考えてみてよ」

ゼフィア:イルスの影に隠れがちだが、かなりの実力者
スレイチェル:ゼフィアに次ぐ実力者、速さならば勝てるものはいない?
レモン:参謀、どんな罠しかけてくるか怖い存在
アルフィミィ:こちらも目立たないが実力に関しては申し分なし、アインスト召還と
       抉り攻撃に注意

レイナ「あー、なるほど」
クリハ「うちの学年にも何人か知恵者いるけどひっくり返られそうな面子だね」

ラッシュ「うーん、どうしようか」
真龍「うちって戦力少ないですよね」
ルサイケ「・・ビリ決定」
アオラ「怪我に気をつけとけばいいんじゃないか?」
ルル「ア、アオラ様。フォークダンスはぜひ一緒に!!」

202 :それも名無しだ:2007/09/18(火) 18:12:42 ID:cFFGSmAU
フォークダンス・・・ブスしかいなかった俺のガッコじゃ拷問だったが、子供スレなら天国さ!
父兄参加なら恐ろしいことになるな

203 :それも名無しだ:2007/09/18(火) 18:16:10 ID:38El+V+2
>>201
部外者でもヘルパーとして参加OKにすればよろしい

204 :それも名無しだ:2007/09/18(火) 18:23:58 ID:jpYT86Q0
親・家族参加だと、何故か同じ親のマダムに人気なアラド・バランガ
子供の姉妹・女子に人気のクォヴレー・ゴードン
(しかしダンス後の約束フラグ折りまくり+ゼラドとルナが女性が代わる毎に般若の顔)というのが真っ先に思い浮かんだ

童顔なアラドは見学に来ていた女子大生辺りにも人気出そうだが








…張り切って参加するが誰とも手を組めない背後霊orz
仕方ないのでクォヴレーが身体を貸す
貸した途端にハシャギまくってイングレッタとヴィレッタに退場させられる背後霊(クォヴレーから除霊済)というのも

205 :それも名無しだ:2007/09/18(火) 19:02:58 ID:3TpQ8mmo
〜密談〜




ルナ「と、言うわけでじゃ。任せたぞナンブ弟」
タカヤ「え、先輩?任せるって」
ルナ「無論、イルスとお主の姉二人の暴走時の抑え役じゃ」
タカヤ「………それじゃ俺は体育祭には…」
ルナ「参加出来んじゃろうな。だが安心せい、相応の報酬は約束する」
タカヤ「ううん…………」
ルナ「第一、お主という防波堤が無い状態であやつらがぶつかれば、双方ただではすまんぞ?」
タカヤ「…………わかりました。それに関係していくつか用意してもらいたい物が」
ルナ「何じゃ?」
タカヤ「特殊高栄養ドリンク五ダース」
ルナ「五ダース!?」
タカヤ「あの姿はカロリー等々のエネルギーを大量に消費するんですが、それでもいつものようにじゃれ合いが二割程入っていれば一ダースあれば体育祭の間はもちます。
でも先輩や姉さん達が本気でやるなら俺も後先考えてられません。周りに被害が出ないようにするだけでもぶっ倒れるのを覚悟する必要があります」
ルナ「わ、わかった………手を打っておこう」
タカヤ「それともう一つ」
ルナ「今度は何じゃ?」
タカヤ「体育祭が終わった後の三日間。俺の公欠手続きを」
ルナ「………何故?」
タカヤ「ぶっ倒れるの覚悟だって言いましたよね?あれは比喩でもなんでもありません。体育祭の後、ドリンクの効果が切れたら身体への過負荷で這って進む事はおろか指一本まともに動かないでしょうから」
ルナ「…………気のせいか?オチが見えておるぞ?」
タカヤ「そうですねorz抵抗のての字も不可能でしょうからorz………それでも、誰かが怪我するよりは良いですから」
ルナ「…………うむ」
タカヤ「あ、そうだ。ドリンクにミズハ先輩のを使って経費浮かそうとしないで下さいね?あれ効果は凄いんですけど効果が出るまでが好みじゃない人にとっては地獄ですから」
ルナ「!………う、うむ」

206 :それも名無しだ:2007/09/18(火) 19:24:30 ID:9SbMUKSV
……タカヤは2年だぞ

207 :それも名無しだ:2007/09/18(火) 19:25:17 ID:cLu/npQz
盗撮対象が

バランガぷにぷに食事風景〉〉〉〉ブルマ
な体育祭

208 :それも名無しだ:2007/09/19(水) 00:19:39 ID:sVM1530Y
>>206マジかorz
うっわ恥ずかし………

209 :それも名無しだ:2007/09/19(水) 00:33:24 ID:2IPx2VTp
♪〜
夢見たい恋したい超めいっぱい
微笑んでおまじない
かわいいじゃん
サイコーじゃん
ぷにぷにほっぺたふぁいぶ



ゼラド「あたしとアオラとおとーさんと…レイナちゃん?」
アイミ「おなかがぷにぷに?」

210 :それも名無しだ:2007/09/19(水) 00:49:11 ID:AIJlNSSV
>>209
ひでえwwww

211 :それも名無しだ:2007/09/19(水) 01:30:01 ID:N5KKOj42
ゼラド「こんにちはー。夏休みのバイト代もらいに来ましたー」
マキネ「こんちわ! じゃ、もらってくね!」

スレイチェル「父さま、父さま! 『ToLoveるカフェ』の利益がほとんど残りません!」
レーツェル「スレイチェルよ、だから人件費を抑えろといったのだ」

マーズ「こんちわー。ギャランティーもらいに来たよー」
スレイチェル「ない」
マーズ「うぇ?」
スレイチェル「うちにはお味噌やお米を買うカネはあっても、
 あんたに払うおカネはびた一文ありゃしまへん!」
マーズ「なにおーっ!」
レーツェル「バカモノッ!」
 バシンッ
レーツェル「スレイチェルよ、我がトロンベグループが売っているものはなんだ」
スレイチェル「それは・・・、料理を」
レーツェル「違う! 我がトロンベグループは人を作るレストラン!
 併せて、料理も作っている!」
スレイチェル「父さま・・・!」
マーズ「わー、なんか経営の神さまみたいなこといーだしたよ、このひとは」

マーズ「じゃー、感涙したとこでギャランティちょーだい」
スレイチェル「ない。お前はロボであって人ではない。
 備品にカネを払う人間がどこにいるか」
レーツェル「ウム。よけいなカネはびた一文払わない。それもまた経営の道」
マーズ「わーん! スレイチェルちゃんのばかーっ!
 もー、スネ毛処理クリーム売ってやんないかんねーっ!!」バタンッ
スレイチェル「待て、それは売っていけ!」
レーツェル「フフ。我が子はこの夏もムダ毛の処理に余念がなかった!」

212 :それも名無しだ:2007/09/19(水) 01:31:15 ID:N5KKOj42
 ガラッ
マーズ「ちわーっ、税金かっぱぎに来ましたー。
 委託マルサのマーズくんでーす。やー、もー最近はなんでもかんでも民営化でねー」
スレイチェル「お前には仁義というものがないのかっ!?」
マーズ「あー、おれ、ロボだから。キホン血も涙も通ってないよ。
 あいあい、じゃー、帳簿出して。そのパチモノじゃなくて、裏帳簿ね。
 あー、この売り上げウソッコでしょ。スレイチェルちゃんがレジ打ってないとこ、おれ見てるかんね。
 そこのイルカの絵も、クリスチャン・ラッセルさんじゃなくてスレイチェルちゃんが描いたやつだろ。
 あと開業資金、タンス預金だったとかしょーもないウソついちゃダメだよ」
スレイチェル「父さま、父さまぁっ!」
レーツェル「お前の負けだ。払うしかないな」
マーズ「あっかんべー」

レーツェル「ではスレイチェル、そこで見ているがよい。
 この、父の生き様を!」
スレイチェル「父さま!」
マーズ「えーっと、レーツェルさんとこは」
レーツェル「半額なら払おう!」
マーズ「あいよ」

スレイチェル「通るのかそれが!」
マーズ「だってさー、
 レーツェルさんとこ、食い下がれば食い下がるほど値切ってくることでゆーめーなんだもん。
 そーゆーめんどーな相手からはね、取りあえず払ってくれる分だけもらってくもんなの。
 ぜーむしょ員動かすのもタダじゃないかんね」
レーツェル「我が子よ、いつかはこの父の背中、超えていくがよい!」
スレイチェル「父さまカッコいい!」
マーズ「や、スレイチェルちゃんはちゃんと払ってよ」

213 :それも名無しだ:2007/09/19(水) 01:55:53 ID:xDfHW8Xd
レーツェル…。もう貴族でもなんでもないな。

214 :それも名無しだ:2007/09/19(水) 02:08:10 ID:ZhGt4MzT
彼はエルザムじゃ無いからな。

215 :それも名無しだ:2007/09/19(水) 02:10:15 ID:+YM2s9+7
エルザムとレーツェルは別人ですよ
エルザム兄さんがあんな変態水中眼鏡なわけないじゃないか


ってライが言ってた

216 :それも名無しだ:2007/09/19(水) 06:28:10 ID:h5msteRa
>>215
ttp://www.nicovideo.jp/watch/sm81134
↑うん。確かに二人は別人だとこの動画が証m(ry

217 :それも名無しだ:2007/09/19(水) 08:47:36 ID:AIJlNSSV
>>212
あんだけ多角経営しててなんで借金www

トロンベ亭つぶれると困る人がたくさんいるぞ

218 :それも名無しだ:2007/09/19(水) 08:57:29 ID:NeX9Jsow
とりあえず、ツケで一食五人分食べさせて貰ってるアラドが困りそう
仕事(使命)の話で利用しているイングレッタとクォヴレーも困りそう(イングレッタはデートのつもり)

219 :それも名無しだ:2007/09/19(水) 09:18:21 ID:rBv1MuEa
税金じゃないか?マーズ出直してきてるし。

220 :それも名無しだ:2007/09/19(水) 13:09:58 ID:xDfHW8Xd
税金だな。マルサって言ってるし。

221 :それも名無しだ:2007/09/19(水) 13:23:08 ID:XFsshvpk
竜巻亭はけっこう重要な社交場って認識だったw
学生も大人も集う昔懐かしの喫茶店、な感じの。

222 :それも名無しだ:2007/09/19(水) 17:43:59 ID:AIJlNSSV
なんでマーズが税金の取立てやってるのかとw


竜巻亭がつぶれたら困る人達
・バランガ家全員(大抵の飲食店から『バランガ禁止』を宣告済み)
・竜巻親子(路頭に迷う)
・ゾンボルト家の面々(友の不幸は我が不幸)
・教師陣(大抵の飲食店から『OG学園関係者立ち入り禁止』を宣告済み)
・ラン(バイト先が無くなる。同じく路頭に迷う)
・アイミ(スペシャルデザートが…)
・タイムダイバーズ(大抵の飲食店から『背後霊持ち込み禁止』を宣告済み)

考えてみれば困らない人いないよな、うん

223 :それも名無しだ:2007/09/19(水) 18:34:37 ID:kTK60GUH
ゼンガーの道場の一部借りて営業するんじゃね?


224 :それも名無しだ:2007/09/19(水) 18:37:45 ID:2IPx2VTp
竜巻亭

アーク「ふう…こーやって一人でカフェオレを飲むのも悪くないなぁ…」

アーク「静かに流れるピアノソロのTROMBE!」
アーク「♪とろんべ〜とろんべ〜駆けろとろんべ〜ってなクククッ」

アーク「ん〜カフェオレおかわり」

225 :それも名無しだ:2007/09/19(水) 19:26:28 ID:m22KPpRQ
トウキ「本当無くなると困るよなー」
ミナト「あ、名古屋撃ち失敗」

226 :それも名無しだ:2007/09/19(水) 19:45:52 ID:ycFVWINb
つうか、儲かってるから大量に税金取られて節税が必要なんだろ?
あれ、俺の税金の知識がおかしいのか?

227 :それも名無しだ:2007/09/19(水) 23:10:18 ID:AIJlNSSV
>>223
ゾンボルト邸ってでかいのかな

奥さんがいろんな特許権もってそうだが

228 :それも名無しだ:2007/09/19(水) 23:26:47 ID:RpBOWgI0
ゼオラ「お疲れ様〜体育祭どうだった?」
アオラ「なんかね…みんなフォークダンスでほっぺ持とうととするんだ…」
ゼオラ「(わかる気がする)」

229 :それも名無しだ:2007/09/20(木) 00:06:11 ID:RMmHXk5N
>>200
部室かバルマー寮、ダテ邸のいずれかで
脚本締め切り前の泊り込み作業、マリが仮眠中だったんだろ

なんか侘しい正月だなー

230 :それも名無しだ:2007/09/20(木) 01:30:06 ID:W53UPdKu
>>229
正月くらい帰省しろ演劇トリオww


ふと思ったが
気が早いかも知れんけど
そろそろテンプレ変えたほうが良くないか?
規制解除告知とか
簡単なキャラ説明とか人間関係とか

231 :それも名無しだ:2007/09/20(木) 02:01:14 ID:Jk/KIbMc
>>228
きっと昼あたりには
アラド「いやぁ、ありがとうね」
ゼオラ「我が家はあってあっても足りないくらいだから助かるわ」
ルナ「いえいえ、お世話になっておるし」
ルル「ええ、気にしないで下さいな」
ゼラド「それじゃあ」
アオラ「いただきまーす」
ハグハグぷにんモグモグぷにぷにんガツガツぷゆん
久保「うーんさっきからカメラのシャッター音が気になるな」
ゼオラ「気にしないで食べたら、美味しいわよ」
ディストラ「まだまだありますからね」

232 :それも名無しだ:2007/09/20(木) 02:40:46 ID:gkKO04RV
ゼラド「えーっ、竜巻亭、なくなっちゃうんですかぁー?」
スレイチェル「ああ、借金がかさんでな」

 ガラッ
マーズ「こらこらーっ! 悪質なデマ流しちゃダメーっ!
 借金なんてフツーだろ! あんだけ多角けーえーしてて無借金だったら、むしろ不自然だよ!」
スレイチェル「おぉっと、借金取りのマーズくんではないか」
マーズ「誰が借金取りだよ、もー! 金輪際マルサなんかやんない!
 だいたいね、マルサってゆーのはホントはエリート中のエリートなんだから、
 よっぽどの大物のとこにしか来ないよ!
 百歩譲ってレーツェルさんとこには来ても、スレイチェルちゃんなんか相手にしないよーっだ!」
スレイチェル「ひとの家に突然上がり込んできてカネをせびり取るとは、借金取りとおなじではないか」
マーズ「ぜんぜん違うよ、もーっ!
 いーい? 借金取りってゆーのはね、債務者が生きよーが死のーが知ったこっちゃないの。
 だから限界を超えた取り立てだってやってのけられんの。
 税金てゆーのは納税者からピンハネするシステムだから、
 まず納税者が稼いでくんないことには話になんないのね。
 だから、納税者は生かさず殺さず、潰しちゃうような真似はまずしない。
 累進課税制度ってゆーのがあってね」
ゼラド「ええと、聞いたことあるような、ないような」

マーズ「いや、おれもロボだからどっか間違ってるかもしんないけど
 つまりさ、貧乏人からはほどほどに、カネ持ってる人からたたっぷり絞り取るのね」
スレイチェル「よい制度ではないか」
マーズ「ふーん、じゃ、スレイチェルちゃん、
 仮に1億持ってるとして、5000万、そのへんの小汚いオッサンにポンとあげられる?」
スレイチェル「冗談ではない!」
マーズ「5000万てゆーのが税金で、小汚いオッサンてゆーのが国ね」
ゼラド「えーっ、国って、小汚いオッサンなのー?」
マーズ「900兆近く借金あるオッサンがダンディな装いだったら、感じ悪いでしょ?」
スレイチェル「そんなオッサンにはびた一文払いたくない!」
マーズ「そ、みんな払いたくないの。どーせ払っても無駄遣いされるに決まってるし。
 で、みんなあの手この手で納税額を減らそーと努力すんのね。
 よくあるのが売上除外ね。
 スレイチェルちゃんがレジ打ってないってゆーのがあったでしょ?」
ゼラド「ちっちゃい定食屋なんかだと、レジ打たないお店ってけっこうあるけど」
スレイチェル「スレイチェルは手と手のまごころ会計を大事にしているのだ」
マーズ「ほんとにそーゆーマゴコロなことしてるお店に失礼だからやめてよ。
 レジ打って、ばっちり記録に残るのがイヤなだけでしょ。
 つまり、こーゆーこと」

 例)
レーツェル「今年は300万しか利益がなかったから税金はこれこれこの程度にしておいてくれ!
 実は1000万の利益があったのは秘密だ! 証拠? 見つけられるものなら見つけてみるがいい!」

マーズ「さらに悪質だと」

 例)
レーツェル「うちはじきに倒産するから税金を払う余地などない!
 実は名義変えるだけというのは内緒だ!」

233 :それも名無しだ:2007/09/20(木) 02:43:36 ID:gkKO04RV
ゼラド「あ、これって」
スレイチェル「スレイチェルにはなんのことやら」
マーズ「あと、経費の上乗せね。
 基本的に、商売に必要な出費には税金ってかかんないの。
 スレイチェルちゃんちの場合、食材とか調理器具なんだけど」

 例)
レーツェル「集客のためにイルカの絵を買ったから控除しておいてくれ!
 実はただの落書きなのは極秘だ!」

スレイチェル「なにをいう! 客商売は大変なのだ。
 いろいろな工夫が必要なのだぞ、それを税務署は」

 例)
スレイチェル「いや、『ToLoveる』のコスプレは我がカフェの目玉だからして経費として」
税務署員「そんなもん割烹着着せときゃいいだろ。税務署舐めんな」

マーズ「まー、自営業の場合、このへんグレーゾーンでね。
 よっぽど税務署に嫌われてない限り、けっこースルーされちゃったりするよ」
ゼラド「あれ、じゃあ自営業のひとって、やろうと思えば凄い脱税できちゃうの?」
マーズ「できちゃうよ」
ゼラド「それで困んないの?」
マーズ「こまるよ」
ゼラド「じゃ、どうするの?」
マーズ「あきらめちゃう」
ゼラド「えぇ〜!?」
マーズ「だって、しょーがないじゃん。
 ネットカフェ難民雇うのとはわけが違うんだから、マルサ動かすのっておカネかかるんだもん。
 苦労して1人から1億かっぱらうより、1億人から1円ずつ集めた方が手っ取り早いし確実だろー?
 だから、消費税とかサラリーマン税とか、問答無用で取れる税金が上がんのね」
ゼラド「あ、じゃあ、お父さんが最近税金が上がったってぼやいてたのって」
マーズ「元をたどってけば、スレイチェルちゃんちのせーだっていえないこともない」
スレイチェル「いわれてたまるか! うちだけに押しつけられても困る!」
マーズ「脱税が発覚したら、重加算税とかでえげつない額請求されるかんね。
 結局、マジメにキチンと納税すんのが一番の節税なんだよ」
スレイチェル「面白みのないことをいうロボだ!」
マーズ「いーっだ。どーせロボだもんね!」

234 :それも名無しだ:2007/09/20(木) 02:52:04 ID:ABBCHW1c
ま、結局税金無駄使いしてる奴選んでんのも国民様だから文句言うのもおかしいことなんだがね

235 :それも名無しだ:2007/09/20(木) 06:27:11 ID:yihxM3Yq
こっちは自民が政権維持のためにバラマキまくって借金が〜
それを返済するのに地方が〜
って感じだが

スパロボの世界とかものすごい事になってそうだよな税金とか…
ゼラド達も20年近く戦火が無いとは言え…あ、高度成長期っぽいかもな

236 :それも名無しだ:2007/09/20(木) 06:42:58 ID:k5keRuts
ご近所タイムダイバーがいるから悪質な税金とかは無さそうだけどな

237 :それも名無しだ:2007/09/20(木) 09:35:48 ID:dAK/eD8M
竜巻亭が店をたたむと聞いて飛んできました

238 :それも名無しだ:2007/09/20(木) 11:44:15 ID:sYR3pcxS
>>236
税金に悪質も糞もないと思うが

239 :それも名無しだ:2007/09/20(木) 12:36:18 ID:yihxM3Yq
脱税だと思うが


竜巻亭が閉店し、旋風亭が新たにオープンしますよ

240 :それも名無しだ:2007/09/20(木) 14:54:36 ID:vvEKHQG0
正義の力が嵐を呼ぶぜ!

241 :それも名無しだ:2007/09/20(木) 15:01:35 ID:W53UPdKu
>240
勇者特急w

>>233
>税務署員「そんなもん割烹着着せときゃいいだろ

…それはそれで良し!

242 :それも名無しだ:2007/09/20(木) 16:48:59 ID:1itmMRoI
竜巻亭が無くなる!竜巻亭を助ける為、常連客は立ち上がった!
ゼラド「いらっしゃいませー」
現役美人女子高生のウェイトレス姿!
ラキ「家計の足しの為だ」
ラト「まぁ、家にいるだけなのも暇だし」
奥様達のウェイトレス姿!
助手「コーヒーどうぞ、冷めないうちに」
ゼンガー「石焼ビビンバ、一丁!!」
渋いおじさまのウェイター!
新装開店!竜巻店はリニューアルオープンします!

衣装デザイン:ご近所タイムダイバー、はみんぐば〜ど

243 :それも名無しだ:2007/09/20(木) 18:04:24 ID:ehk9VfAi
竜巻亭裏事情〜悪質客排除編〜





ガラの悪い客A「あの水色の髪の女いいな。酌させようぜ」
ガラの悪い客B「いいね〜。おいそこの女」
ラキ「ん?私か?」
ガラの悪い客A「そうだ。ちょっとこっち来て酌しろや」
ラキ「断る」
ガラの悪い客B「何だと!?」
ラキ「私はジョシュア以外には酌などしない」
ガラの悪い客A「このアマ……こっちが下手に出てりゃ調子にごふぇしっ」
ガラの悪い客B「ななな何だっ!?厨房の方から光る鉄球が!?」
助手「ラキ、ちょっとこっち頼む」(怖いくらいの笑顔でビームハンマー装備)
ラキ「わかった………ジョシュア?もしかして怒ってるのか?」
助手「いや、怒ってないよ。火傷しないように気をつけてな」
ラキ「?…………ああ」
ガラの悪い客B「ひっ!ひいぃぃっ!!」
イグニス「おっと、何処へ行くんだ?お前が逝くのはこっちだ」
ガラの悪い客B「字が!?字が違わない!?」
イグニス「違わねえな」
助手「イグニス?ちょうどいい所に来たな。俺はこっちの奴をミンチ……じゃない、拷問………でもない、注意してくるから、そっち頼む」
イグニス「おう。俺はこっちの奴を消し炭……じゃねえ、焼き尽く………白い灰になるまで燃やせばいいんだな?」
ガラの悪い客B「結局変わってないよ!?」
助手「ああ!」(満面の笑顔で親指を立てる)
イグニス「おう」(怖い笑顔で親指を立てる)
ガラの悪い客B(真っ白)





レーツェル「手間が省けるな」
クォヴレー「いいのかそれで……?」(ゼラドに悪意を持って近づく者に麻酔弾を撃ち込みながら)
リュウセイ「良いんじゃないか?本人達も楽しそうだし」(ラトに悪意を持って近づく者にリュウセイオリジナルを叩き込みながら)
レーツェル「それとは別にラドクリフ夫妻とイグニス氏には利益があったようだがな」
クォヴレー「何?」
レーツェル「ジョシュアはラキの格好を見て『なるほどこれはいいな』などと呟いていたし、ラキのほうも同じような反応だった。
イグニス氏にいたってはついさっきまで鼻血だだ漏れで転げまわっていたな。ラドクリフ家に第三子が生まれるのも近いやもしれん」
クォヴレー「………………」

244 :それも名無しだ:2007/09/20(木) 20:55:43 ID:yihxM3Yq
ゼラド「近くに紅茶専門店が出来たんだって」
レイナ「あれ?テンション低いじゃない?」
アイミ「専門店だから、食べ物がないって話」
ゼラド「やっぱり、紅茶には甘いクッキーとか欲しいもん」


カーラ「……やっぱりクッキーぐらい出した方が…」
紅茶王子「この紅茶をさらに引き立てるものでなければダメだ」
カーラ「…つぶれるのも近そう…」

245 :それも名無しだ:2007/09/20(木) 23:02:17 ID:tjTHzQve
パピ・・・いやソル・・・いやいや黄・・・いやいやいやドリフ・・・
でなく紅茶皇子ならきっと紅茶に合うお菓子くらい知ってると思うが
ヤツの出身がどこかは知らんが

246 :それも名無しだ:2007/09/20(木) 23:19:20 ID:ABBCHW1c
イギリスだったはず、でクォーター

247 :それも名無しだ:2007/09/21(金) 00:40:52 ID:+ygwkDZr
このスレでは影うすいよな。ジュグナン叔父さん…。

248 :それも名無しだ:2007/09/21(金) 02:21:55 ID:AVBIyE0b
OGだとアラゼオと一番絡み有るんだけどな


249 :それも名無しだ:2007/09/21(金) 09:19:44 ID:iUwvoqcy
だからまぁきっとゼラドともそれなりに近しい夫婦の一組だろう。
新キャラ規制という因果の鎖の関係上子供がいないが。
……いや、居はするけど寄宿制の余所の学校か。

250 :それも名無しだ:2007/09/21(金) 12:11:39 ID:Y9iV6vg6
>ジェグナンの子供
子供で二十歳のヒキコモリでそろそろ人間やめとうとか企んでるのか?

251 :それも名無しだ:2007/09/21(金) 13:47:53 ID:ixh+Fh1f
ユウキとカーラでキラ

ってのはさておき、ジェグナンさんちのお子さまは不幸だよな
子供の設定がまずサルファからだった(最新作だった)
からみが多かったOG2はゲームボーイだった(やる人が少なめ)
まぁ、いいけどさw

252 :それも名無しだ:2007/09/21(金) 15:58:24 ID:FDhwYMYP
子供事典によると、ユウカ・ジュグナンという娘がいるらしい
ちなみに2年B組、性格は不明

253 :それも名無しだ:2007/09/21(金) 17:54:08 ID:sF1NGZpU
咲美「ユウカさんって、日本人っぽい名前だよね」
ユウカ「そう?」
アーク「でも、ユウカ・ジュグナンはねえよな」
ユウカ「まあ、量産型α主人公子供キャラだからね。とりあえず親の名前からとっとけ的な」
レラ「私達…も、そん…感じ……気にしな…い…」
咲美「で、でも私はいいと思うよ。なんか綺麗な響きだし、優しい感じがするし」
ユウカ「へへっ、そうかな?」
アーク「まあ、咲美よりは優しいよな。暴力振るわないし」
咲美「なんか言った?」
アーク「いえ、何も」


サルベージOKだったよね?

254 :それも名無しだ:2007/09/21(金) 18:22:01 ID:TBqS/JHz
α1主人公ズの中では、楠鰤以外の3組の子供たちは、全員キャラ立ちする前にフェードアウトしてたよな。
つーかタスクとレオナの子でレタスはねーだろレタスは。野菜かっちゅーねんw 名付けたヤツのセンスを疑う。

255 :それも名無しだ:2007/09/21(金) 18:52:09 ID:wLiKe/U+
>>251
レモン「・・・・・・・・」

256 :それも名無しだ:2007/09/21(金) 19:15:17 ID:sF1NGZpU
>>254
俺はあまりのセンスの良さに嫉妬したがなw
レタスってお前w

257 :それも名無しだ:2007/09/21(金) 19:33:09 ID:C/uHT9R6
野菜「キシャー!」(訳:戦闘種族野菜人をなめるなよ!!)

258 :それも名無しだ:2007/09/21(金) 20:21:48 ID:C/uHT9R6
龍王姐さん「糞ゴキブリ!!!死ねぇ!!!!!!!」
光龍「何やってるんだいマイハニー!」
龍王姐さん「うるさい!!」
真龍「父上、今の母上に近づいては駄目よ」
光龍「何故だい?」
真龍「今母上はhttp://uta.leafnet.jp/game/Goki_kingdom.swf これをやっているのです」
光龍「なんと!!コレは!!ゴキブリ退治ゲーム?」
真龍「そう、またディストラさんに対抗心むき出しにしてるの」

アオラ「ふむふむ」
真龍「というわけなんです」
ラッシュ「それは大変だ・・・」
アオラ「うん・・・ディストラ姉ちゃんには知られないようにするよ」
ルル「なんですの?また天変地異の前触れでも起こるでしょうか・・・アオラ様ルルは不安でございます」
アオラ「ゲゲェ!」
ラッシュ「もう始まってるぅぅぅぅ!!」

ディストラ姉さん「おほほほほ、龍王さんあなたこんなゲームをやってるんでしてね」(ビキビキ)
龍王姐さん「そうよwwwwこれってと〜〜〜〜ってもストレス解消ですのよ〜お〜っほっほっほ」
ディストラ姉さん「ムキーッ!今日こそ決着をつけてあげます!!
龍王姐さん「そのようだね・・・くらえ!龍王轟雷槍!!」
ディストラ姉さん「なんの!あいん・そふ・おうる☆」
龍王「(ビキビキ)なぁにがあいん・そふ・おうる☆だ!!気色わるぅ!」
ディストラ姉さん「そっちこそ!なにが龍王轟雷槍!!・・・・うわぁぁぁんご主人様さまぁぁぁぁ」
龍王「ば〜か☆」
ディストラ姉さん「ピクッ・・・あらぁ龍王姐さんともあろうお方がそんなかわいい声出しちゃって・・・」
龍王「くっ・・・己!!行け!龍燐機」
龍燐機「あいよ姐さん!!」
ディストラ「行け!ガンスレイブ!!」
ガンスレ「私達におまかせ!!」

アオラ「もう止められないねこりゃ〜」
ラッシュ「そうだな〜」
真龍「まさに1000年戦争☆」
ルル「これが始まりですわ☆」

259 :それも名無しだ:2007/09/21(金) 20:32:25 ID:FHDTwXnk
>>251
初期スレの流れはやっぱり、据え置き機キャラの強さを見たな。
ゼラド、クリハ、レイナ、アイミ――メイン4人娘は、据え置き主人公の子供なわけだし。

……よく、片親が旧ウインキィ時代or携帯機キャラだったヴィレアムが、メインで残れたな。

260 :それも名無しだ:2007/09/21(金) 20:53:46 ID:HlBSVfLw
ヘタレとアホの子はおのずと人気が出る。弄りやすいから。
完璧超人は弄りにくいからネタにしにくい。つまり忘れられやすい。
両極端はその例からはずれやすいだぜ、これがな。

261 :それも名無しだ:2007/09/21(金) 21:06:44 ID:sF1NGZpU
>>259
ギリちゃんは、ヒロ戦主人公だぜ?

262 :それも名無しだ:2007/09/21(金) 23:20:35 ID:GDLRHk2s
>>260
第二世代の完璧超人は潜在的にヘタレ要素を持っているという学説があるぞ
この傾向は♂によく見られるらしい


イルス「・・・・・・・・・」
ゼフィア「なんだ?」
イルス「うんにゃ〜、なんもないよ〜?」

263 :それも名無しだ:2007/09/21(金) 23:40:06 ID:w037nTy6
>>254
タスクとレオナの子供か・・・2人ともキャラが濃いいからな
もろに親と同じようなキャラになるのかな?
何となく合わせると混ぜるな危険みたいな感じがする

264 :それも名無しだ:2007/09/22(土) 08:36:26 ID:R1s0Y0wr
>>255
一年前の入学式

トウキ「いやあ、噂には聞いていたけど、この学園の女の子や先生ってレベル高いな」
ミナト「そうそう、ラミア先生は相変わらずだし、ミッテ先生って人も少しばかりトウが立ってるけど美人だし。
 アクア先生は――アレだが」

通りすがりのレモン(ん、あれって新入生? 1−Aって事は、タカヤと同じクラスか)

ミナト「先輩たちじゃ、2年のスレイチェル先輩が一番かね? ほらあの、背が高くてゴーグルしてた――」
トウキ「……あの人、実は男らしいぞ?」
ミナト「マジで!?」
トウキ「――という話もあるし、やっぱ女って話もあるし、実はベラみたいに性別がコロコロ変わるって話もある……らしい」
ミナト「なんだよそりゃ!? スゲエよ、イグニッションだよ!」

レモン(ったく、男ってやつは本当にどうしようもないわね)

ミナト「じゃ、じゃあ、レモン先輩はどうだ?」
トウキ「あー、あの人ね。確かに美人だけど――白衣だぞ?」
ミナト「いいじゃねえかよ! 白衣最高だよ白衣! ていうかやっぱ看護士より看護婦の方が萌えるよな!」
トウキ「落ち着け愚弟! 白衣でもコート型と上下型は全く別物だろうが!」
ミナト「……意外とこだわるね、兄貴も」

レモン(フ、フフン。中々見る目があるじゃない一年坊。……何だか白衣のほうが重要視されてるみたいで、そこはかとなく気になるけど)

トウキ「でもさあ……」
ミナト「ああ……」
トウキ「『レモン』って名前はないよなw 果物かってのwww」
ミナト「だよなあw  名前つけた親の顔が見てみてえwww」

レモン「……試製電離体投射破砕砲『ばりすたくん壱号』――ファイエル!!」

  ち ゅ っ ど ー ん

カノウ兄弟「「ぼげらまあっーーー」」

ゼフィア「またお前かナンブ!! 新学期早々、何をしている!?」
レモン「幼稚園時代からの決まりでね。私を果物と呼んだ者は、例外なくブチ殺してる」

265 :それも名無しだ:2007/09/22(土) 08:56:29 ID:gXmT2eBM
>>264
ワロタw
予備がいっぱいいそうなレモン様

266 :それも名無しだ:2007/09/22(土) 09:02:24 ID:Zwuwx8th
>>264
「ママレモン」呼ばわりされた場合は!?

267 :それも名無しだ:2007/09/22(土) 09:18:44 ID:Rc+sh9vJ
泡の国経由天の国行きですかね?


OGsのおかげでイマイチマイナーだったOG2出演キャラの性格がわかったせいか、妙に活気づいてるよねb

268 :それも名無しだ:2007/09/22(土) 09:57:57 ID:SJtmYMk1
紅茶専門店パピヨン

ユウカ「いらっしゃいませ〜」
アーク「相変わらずこっちは寂れてるなぁ」
咲美「兄さん!」
ユウカ「アハハ、いいよいいよ。本当の事だからさ」
アーク「っーか、紅茶だけってのはねーよな。たけーし」
ユウ「その分厳選した茶葉と、手間隙かけて煎れた紅茶だ。その分値段が高くつくのは当たり前だ」
アーク「でも、いくらなんでも工房には高すぎるって」
咲美「でも、一杯だけで満足できるよ」
レラ「ケプ……お腹いっ…ぱい……」
アーク「でも客一人から一杯分しか金とれないってやばくね?」
ユウカ「うん、だから儲からないんだ……」

>>244
こんな現状なんかね

269 :それも名無しだ:2007/09/22(土) 11:32:28 ID:gEllKR/b
>>268
>泡の国経由天の国行き

何だかやけに卑猥な響きだなw

とこおで、レモン様の白衣ネタは確定でOK?
今イラスト描いてるんだけど。

270 :それも名無しだ:2007/09/22(土) 13:13:24 ID:gXmT2eBM
>>269
世の中には水着の上に白衣着てるようなキャラもいるのですよ

全然OK

271 :それも名無しだ:2007/09/22(土) 13:38:43 ID:Rc+sh9vJ
クスハとアラド もしくは ゼオラとタスクで

ラクス





やってみたかったんだ
無理矢理版権キャラの名前をつくるのを

272 :それも名無しだ:2007/09/22(土) 16:28:08 ID:7zUazccC
>>264
元ネタがのどまで来てるのに思い出せない俺にヒントを

273 :それも名無しだ:2007/09/22(土) 17:15:45 ID:DsEtlH+6
>>264
いいねそれ、定着させちゃえw

>>272
レモンを傷んだ赤色に変えれば分かんない?

274 :それも名無しだ:2007/09/22(土) 17:51:49 ID:C2R05k0o
さっき眼鏡をかけたショートヘアの女性が>>273をブチ殺してたんだが…

275 :それも名無しだ:2007/09/22(土) 20:02:23 ID:FTDu7nTS
ブチ殺してましたで済むならOG町に警察はいらん。
・・・ん? 何かおかしいな。

276 :それも名無しだ:2007/09/22(土) 20:46:41 ID:bK1bhq6B
>>275
そこでバーローの出番ですよwww

277 :それも名無しだ:2007/09/22(土) 22:23:03 ID:DsEtlH+6
>>274
CPSの応用で大きな匣みたいな鞄の中から出て来ましたよっと

>>275
そもそもこの町って警察いんのか?
まあ住人のほとんどが軍関係者だから問題ないだろうけど

278 :それも名無しだ:2007/09/22(土) 22:56:43 ID:gXmT2eBM
OG町は実はゴッサムシティ並みの犯罪都市らしいぞ

279 :それも名無しだ:2007/09/22(土) 22:58:33 ID:l3CtmJyJ
きっとイングラムやキョウスケがブレイブアップしたりトロンベが百鬼夜行をぶった切ったりしてるんだよ。

280 :それも名無しだ:2007/09/22(土) 23:16:48 ID:6/P1K5d0
そこはかとなくグロ魔術師も入ってないか>264

281 :それも名無しだ:2007/09/22(土) 23:28:25 ID:DsEtlH+6
>>280
遅い、遅いよ!
俺なんかその魔術師に一回殺されたよ

>>278
ゴッサムシティって結局は治安悪いってことはなくなってないか?

282 :それも名無しだ:2007/09/23(日) 00:06:21 ID:lg/KTtJH
せいしんこまんど:ふっかつ

283 :それも名無しだ:2007/09/23(日) 01:33:05 ID:Psaysm5A
ゼフィア「何故か破壊的な人間とばかり縁がある……」
イルス「そーゆーののおかげで兄貴の眉間のしわが深くなっちゃうんだよね、兄貴!元気出して!」
レモン「宇宙怪獣由来のタンパク質を元に合成した身体強化薬でもどう?どうも副作用でリラクゼーション効果があるみたい」
スレイチェル「友よ!私の力が必要なときは何時でも言ってくれ!(キラーン)」

ゼフィア「…………」
レラ「?」
ゼフィア「いや、大人しい人間は大人しいのだなと思っただけだ」
アーク「(先輩ちょっと疲れ気味じゃね?)」
咲美「(常識人は苦労するのよね)」

284 :それも名無しだ:2007/09/23(日) 18:38:18 ID:h1FUsoSM
ゼフィアってバランガ家秘伝の踵落としWithくまさんパンツであっさりKOされそうな
くらい常識人だからね。あの両親のとんがった所が上手い具合に相殺されたんだ
ろうなぁ。

285 :それも名無しだ:2007/09/23(日) 18:55:57 ID:okUdeFSK
>>283
ランを忘れてもらっては困る!

286 :それも名無しだ:2007/09/24(月) 01:17:33 ID:iwJg6Vyo
>>285
マイナーだろうがなんだろうが俺はゼフィランが好きなんだぜ

咲美「ゼフィア先輩も大変よね」
アーク「だが同情はしねえ!!」
ハザリア「ああ?何をいっとるんだ貴様?あの鉄腕女も大概暴力的だろうが。俺が何回投げ飛ばされてきたと思ってる!もう千や二千ではきかんぞ!」
マリ「それはお前が言わなくてもいいことばかり言ってるからだろうが」
アーク「確かに普段は大人しい人だよなぁランさん。いーよーなー、あーゆーおしとやかなタイプってさー」(ちらり)
咲美「兄さんw?私に何か言いたいことでもあるならはっきり言ったらどうなのw?」
アーク「べつにー?」
ハザリア「貴様ら分かっておらんな?あの女が刀を抜いたときの人格は人間よりも鰐に近いという噂なのだぞ?」
マリ「そういうことを言うから投げられると……ああ、もういい、どうせ学習しないんだしな」
リトゥ「でもさ、武道で知り合う男女なんてカッコいいよねぇ…」
ハザリア「ハ!野蛮人どもが……まて眼鏡、貴様の言い方だとあのヤクザ顔と鉄腕女の間にロマンスでも存在してるようではないか?」
リトゥ「してるようも何も、ゼフィア先輩明らかに意識してるじゃない。ランさんの方はよくわかんないけど…」
ハザリア「そ、そうなのか!?」
アーク「(コイツがフラグをまったく生かせない理由が分かった気がする)」
マリ「(馬鹿だ間抜けだ鈍感だとは思っていたが、ここまでとはな…いっそ哀れになって…こないな)」
リトゥ「(こ、ここは…ええと…純粋なんだという事にしてあげようよ!)」
咲美「(無理してフォローしなくてもいいと思うわよ?)」
ハザリア「ただのインテリヤクザかと思っていたが……ゼフィア・ゾンボルト…恐ろしい男よ」

ラン「…くしゅん!」
レーツェル「どうしたねラン君?風邪には気をつけねばならんぞ。バルマーには四季は無いのだろう?」
ラン「いえいえ、ウチ、体の丈夫さだけがとりえですさかい。ご心配おおきにw」
レーツェル「(ううむ、彼女が嫁にでも来てくれればスレイチェルも心配いらんのだがな…)」

287 :それも名無しだ:2007/09/24(月) 01:23:53 ID:MiEWl+l9
スレイチェルは親公認で男なんですか?

しかし必死にハザ坊を弁護するリトゥに萌えたw
そしてハザ坊周囲の恋愛関係が進むのはえらく先の話になりそうだな

288 :それも名無しだ:2007/09/24(月) 07:23:06 ID:BGqEJGm9
>>287
女性と結婚できる性別と男性が必ずしもイコールで結ばれないのが子供スレ世界
とゆーことでw

289 :それも名無しだ:2007/09/24(月) 08:06:18 ID:Q8WRFt7K
>>287
きっとその一方で、「ゼフィアが婿にでも来てくれれば」とか思ってるんだよ、トロンベは。

290 :それも名無しだ:2007/09/24(月) 09:02:13 ID:C5CTrmud
スレイチェル「ジキミ君、君に質問がある」
アーク「だからジキミじゃないの、アークなの」
スレイチェル「聞きたまえ。――ある女(?)が素晴らしい男性にあった。
 女はたちまちそのヒトの虜になった」
アーク「?」
スレイチェル「だがその男性には心を寄せる女性がいた。
 その女性は、彼女には憎めそうにない立派な淑女だ。
 彼女はどうしたらいい? ジャパニーズ・ビジネスマンならどうする?」
アーク「え……えと(何なのこの人?)」
スレイチェル「…………」
アーク「3人で仲良くナニすれば?」

  ぺ き っ

アーク「ぎゃあああ!!!」
スレイチェル「あ! すまん。
 あまりに、いい答えだったからつい」
アーク(何なのこの人!)

291 :それも名無しだ:2007/09/24(月) 09:09:25 ID:MiEWl+l9
>>290
ペキッて!
何?指か?

っつーかそれでいいのかスレイチェル!

292 :それも名無しだ:2007/09/24(月) 11:57:26 ID:G9nP8G4U
>>290
ちょwwwwテラ獅子の時代wwww
スレイチェル(三人一緒にか……友は何というか)
>>291
元ネタ準拠だと足の指だな。

293 :それも名無しだ:2007/09/24(月) 21:01:26 ID:dmgsH3wa
ナツメ×ラキアをまたみたい

ナツメ:カイ少佐の孫?

294 :それも名無しだ:2007/09/24(月) 21:42:30 ID:0Skn/fMB
>>293
君が望む作品と全く同じ作品は君にしかかけない
だから君自身で書いてみよう


ってばっちゃが言ってた

295 :それも名無しだ:2007/09/24(月) 22:51:40 ID:Fr+1hrFk
OG町犯罪率メモ
殺人や放火といった類はない。ただ町内の美人率が他の地域と比べ多いので、痴漢・下着ドロ等
が多い。しかし、その殆どが未遂に終わっている。これにはご近所タイムダイバーや謎の武士仮面、
もしくは目撃した町内の生徒達により未然に防がれている結果である。なお時として過剰防衛の場合
もある。

その他では、器物損壊が多い。
なお、コンビニ強盗に関してはただ買い物に来ていたジャパニーズヤクザにびびった店員が防犯ベルを
押す誤報が99%を占めている。

296 :それも名無しだ:2007/09/24(月) 23:07:03 ID:ZXVfP2pD
ジャパニーズを付けるなら
ヤクザじゃなくてマフィアじゃないのか?

297 :それも名無しだ:2007/09/25(火) 00:08:57 ID:FuFgZenF
それはきっとあれだ。ジャパニーズスシゲイシャって言ってるのと同じ感覚だ。

298 :それも名無しだ:2007/09/25(火) 00:16:01 ID:WWOq/73s
http://bbs4.oebit.jp/zeradlove2005/data/IMG_000056.jpg

ようやく時間が取れるようになってまいりました
・・・といいつつ、けっこう絵チャに入ったりしてたけど

しっかし、ちっとも秋の足音が聞こえてこない陽気ですねぇ
ゼラドが夏の終わりを拒否してんじゃなかろうか

299 :それも名無しだ:2007/09/25(火) 00:29:59 ID:BFuAfHjy
GJ!

超GOD JOB!

300 :それも名無しだ:2007/09/25(火) 02:55:02 ID:KL0OG3z3
>>298
スイカウナギに引き続きお芋とは
絵師の絵は、どこまで和む……

超GJ!

301 :それも名無しだ:2007/09/25(火) 06:13:08 ID:F2OUwx2L
えらい今更ながららき☆すたを全話見て、
二世世代をらき☆すたキャラに当てはめたらどうなるかなーと妄想したがまずこなたに相当するキャラがいないので諦めた

302 :それも名無しだ:2007/09/25(火) 10:01:49 ID:UAszEC1D
かがみんはとりあえずマリかな……

303 :それも名無しだ:2007/09/25(火) 11:19:31 ID:e8Q2BLIk
>>298
いいなあ、コレ。
本当に幸せそうだなあ。

304 :それも名無しだ:2007/09/25(火) 12:48:55 ID:D81NP4Em
>>298
夏が終わらないと秋の味覚が楽しめませんが・・・

305 :それも名無しだ:2007/09/25(火) 15:37:05 ID:FyFNAcSB
>>301

ルル「おっはらっきー☆でーすわー!!」
アーク「アシスタントの、アーク・アルトリートでぇっす!!」

まで読んだ

306 :それも名無しだ:2007/09/25(火) 20:54:10 ID:1kXEYmjO
>>301
だがチアダンスにおいての胸揺れ率は半端じゃねぇZE

307 :それも名無しだ:2007/09/25(火) 21:43:54 ID:xcV2NMbe
>>306はとある女子生徒数名と会話しているのを最後に行方が分からなくなったと言う

308 :それも名無しだ:2007/09/25(火) 23:35:07 ID:KL0OG3z3
>>298
あ、あのですね
ハロウィンなどが近づいたらですね、もしよろしければそれっぽい絵などを描いていただけないものでしょうかと…ビクビク)

309 :それも名無しだ:2007/09/26(水) 00:47:23 ID:gaSbvMd0
ゼラド「え〜っ、竜巻亭がなくなる!? なんでぇっ!?」
アーク「ああ、あれだろ。税金対策だとかなんとかいう」
スレイチェル「いや、それがどうも本当になくなるようなのだ。
 経緯については、スレイチェルにもなにがなにやら」
ゼラド「だって、ここのとこずっと大繁盛してたじゃないですか」

 ガラッ
マーズ「あー、それがゲーインだよ。
 企業の市場価値が上がっちゃったもんだから、企業買収のターゲットになっちゃったんだよ。
 だってしょーでしょ? 魅力的な商品は、誰だっておカネさえあれば欲しいって思うもん。
 えーっと、こーゆーの、なんてゆーんだっけ? ジンセーバンジサイオーガウマ?」
ゼラド「それ、ふつーいいことあったときに使う言葉だよ?」

マーズ「買い手はイスルギフード。現在世界ベスト2の、大手外食チェーン店だよ。
 すでに持株比率は40%に達してて、さらに敵対的TOBを仕掛ける動きがあるから、
 あー、もー、どーしょーもないね」
アーク「なにひとつとして聞いたことのない言葉だぜ!」
マーズ「・・・えーっと、おにーさん、どっかで見たよーな顔だけど。
 まさか、最上じゅーこーのシャチョーさんのぉ、甥っ子さんとかじゃ、ないよねぇー?」
アーク「甥っ子だけど?」
マーズ「・・・・・・ちょっと待ってて」
 LuLuLuLu
マーズ「・・・あー、ヨシアキさん? こないだ聞いちゃったったゆってた、れーのインサイダーさー、
 うん、どーもマジみたいだよ。うん、なんかねー、そーぞーを絶する感じのどーしょーもなさだよ。
 あー、じゃーさー、うん、おれも一枚噛むから。オモチャ部門はおれにちょーだいよね!
 やきゅーチーム? それはもー、あきらめよーよ・・・・・・」

マーズ「えっと、敵対的TOBとゆーのはTakeOverBidの略でだね」
アーク「なんの電話だぁーっ!?」
マーズ「株式の公開買い付けのことだよ。
 株主の皆さんに買い付け価格をお知らせして、株式の買い取りを提案すんのね。
 株主から直で株を買っちゃうわけだから、経営者の意向に反した買い取りができるんだよ」
アーク「こっちを向けぇっ! ヨシアキさんて誰だぁっ!?」
ゼラド「えぇっと、ごめん。ぜんぜんわかんない」
マーズ「たとえば、たとえばだよ?
 最上川じゅーこーとゆー架空の会社があるとするでしょ?
 でもって、とあるあいくるしいロボが、そこのオモチャ部門が欲しーなーって思うでしょ?
 でもでも、市場に売りに出てる株をいくら買い占めたって、議決権には届かないんだよね。
 たいてーどこの会社でも、種類株式とゆって議決権が付いてる株は経営陣ががっちり握ってるからね。
 誰だって、せっかく苦労して興した会社、持ってかれたくないもん。
 でも、欲しーもんはどーしても欲しーでしょ?
 そこでだよ、親族経営に反対してるタナカ専務と、反社長派のサイトー常務と、
 御曹司のセクハラに怯える従業員持株会のおねーさんたちに声かけて、持ってる株を譲ってもらうの。
 こーすると、経営者が知らないうちに株を買い占めることができるってわけ」
アーク「その詳細なたとえ話はなんだぁっ!? 最上川重工ってどこだぁっ!?」
ゼラド「でも、竜巻亭はトロンベさんのお店だよ?」
マーズ「違うよ。トロンベグループは株式会社だから、株主のもんだよ」
ゼラド「でも、なんで会社が買われると、竜巻亭がなくなっちゃうっていう話になるの?」
マーズ「そりゃー、イスルギフードがこのへんにせーりょくを拡大する上で、
 トロンベグループのブランドイメージが邪魔っけだからだよ。
 レーツェルさんて、食べ物ギョーカイじゃちょっとしたカリスマだし。
 だから、子会社に組み込んだ上でぶっ潰すんだよ。
 他人様の会社潰したら怒られるけど、自分とこの子会社潰すのは勝手だかんね。
 たまにあるんだよ。こーやって競合他社潰す会社って」

310 :それも名無しだ:2007/09/26(水) 00:49:34 ID:gaSbvMd0
ゼラド「えぇっと、つまり、おカネにものいわせて邪魔者を消しちゃうの?」
マーズ「そーだよ」
アーク「くそっ、カネがありゃなにやってもいいとでも思ってるのかよ!?」
マーズ「・・・・・・ねー、おにーさん、稼業継ぐかどーかは勝手だけど、
 オモチャ部門には指一本触んないでよね。
 『カネ持ってりゃなにやってもいい』ってゆーのは、まさに資本主義の原則だよ」
アーク「なんでお前がうちのオモチャ部門の心配するんだよ!?」

マーズ「ねーねー、スレイチェルちゃーん、在庫のトウモロコシ、いらないんなら半額で売ってよ。
 おれ、ちきゅーに優しいバイオマスで動いてるから、トウモロコシとかサトウキビがいっぱいいるんだよ」
スレイチェル「地球よりスレイチェルに優しくして欲しい」
ゼラド「ねえ、なんとかならないの?」
マーズ「なんないんじゃないかなー。イスルギフードのミツハル・イスルギ社長は、
 ミツコ・イスルギとニブハル・ムブハルとゆー、年がら年中腹の探り合いしてるよーな
 捏造カップルの間に生まれた子供だから、もんのすごいやり手だってもっぱらのひょーばんだよ」
アーク「捏造にも程があるだろ! なんだよその、明らかに愛がなさそうな組み合わせは!?
スレイチェル「ミツハルめ・・・、デコのホクロが微妙に青紫色のくせに!」
マーズ「しかもミツハルさんは、いい歳しておばーちゃんからお年玉をもらってるらしーよ」
ゼラド「おばあちゃん子なんだ、ミツハルさん」
アーク「一発キャラのくせに個性豊かだな、ミツハルさん!」

ゼラド「ねえ、株さえあったら会社を買えるんでしょ?
 だったらみんなでお金を出し合って」
マーズ「話になんないと思う。イスルギフードの資本力はケタ違いだもん」
アーク「あれだったら、うちの会社に連絡して」
マーズ「あー、ダメダメ。最上じゅーこーってキャッシュフロー少ないもん。
 キャッシュフローってゆーのは、本来の業務に必要な額以外の、会社がじゆーに使えるおカネのことね。
 本業に専念してるってことだから、メーカーとしては健全なんだけど」
アーク「なんでお前がうちの経営状態に詳しいんだよ!」
マーズ「そりゃー、ふつーに公開されてるからだよ。
 むしろ、なんでおにーさんは知らないの」
ゼラド「そうだ! アルマナさんに頼んで」
マーズ「おそろしーことゆわないでよ。
 よその国家がいち企業に肩入れなんかしたら、あとあとめんどーなことが起こるよ?」
ゼラド「でも・・・、でも・・・」
マーズ「わっかんないなー。なんでそんなに騒ぐの?
 こんなの、単なるマネーゲームだよ? 消費者レベルで困ることなんかないじゃん。
 経営者と店名が変わるだけで、レストラン自体は残るんだもん。
 ゴハンなんて、どこで食べたって一緒でしょー?
 おれ、味覚ってないからよくわかんないけど」
ゼラド「違う! 全然違うよ!
 竜巻亭はね、わたしたちがちっちゃいころからずっと通ってる店なんだよ?
 大事な思い出が、いっぱい詰まってるんだから!」
マーズ「・・・・・・泣いてるの?」
ゼラド「・・・うっ・・・・・・お願い」
マーズ「・・・・・・お願いは、ずるいよ。
 おれ、ロボだもん。ニンゲンの命令には絶対服従なんだよ。もー」

311 :それも名無しだ:2007/09/26(水) 00:51:17 ID:gaSbvMd0
マーズ「ムダだと思うけどねー、ムダだと思うけどねー。
 もーちょっとせまいギョーカイなら独占禁止法使えるけど、
 食べ物会社なんてツクダニにするほどあんだから。
 ねーっ、いまのうちにあきらめよーよ。
 スレイチェルちゃんたちだって、べつに負債抱えて倒産するわけじゃないんだからさー。
 おれだって、ミツハルさんみたいな大物のおばあちゃん子にケンカ売りたくないよ」
スレイチェル「くそ、ミツハルめ。デコのホクロは実はホクロではなく、
 なかなか治らないニキビなのではないかと女性社員に陰口を叩かれてるくせに」
ゼラド「ミツハルさん、なんか気の毒な人だ!」
アーク「ミツハルさんの弱みを握るっていうのはどうだ!?」
マーズ「おにーさん、あんま口聞かないでくれる? なんか、ぼー線かぶってるし。
 ミツハルさんはおりこーさんだから、すぐわかるよーなルール破りはしないよ。
 弱みっていったら、学生時代付き合ってたチアリーダーの彼女と別れた原因が、
 おかーさんのことを『ママ』って呼んでることが発覚したからだってくらいで」
アーク「ミツハルさん、チアリーダーと付き合ってたのかよ!?
 負けた! なんかわかんねえけど負けた!」

マーズ「えーっと、トロンベグループの株主構成は、レーツェルさんが20%、
 スレイチェルちゃんほか役員で20%、ミツハルさんが40%、残り20%が個人株主かー。
 ねースレイチェルちゃん、トロンベグループの取締役会の構成はどーなってんの?」
スレイチェル「スレイチェルと父さま、それからゾンボルト夫妻と我が友ゼフィアだが」
マーズ「えーっ! スレイチェルちゃん、友だちいたのぉーっ!?」
スレイチェル「お前はスレイチェルをなんだと思っていたのだ」
ゼラド「スレイチェル先輩とゼフィア先輩は、お父さんたちの代からお友達なんだよ!」
マーズ「ふーん、じゃ、取締役会はジッシツ身内で仕切ってるんだー。
 そしたらあれが・・・、う〜ん、でもなー」
ゼラド「なにか手があるの!?」
マーズ「あるっちゃあるけど、うーん、気が進まないってゆーか」
 ガラッ
レーツェル「話は聞かせてもらった!」
スレイチェル「父さま! いままでどこに行っていたのです!?」
レーツェル「取引先のところにな。それよりマーズくん、ちょっとこちらへ」
マーズ「えー、なにー。・・・・・・は、この人が? えー、・・・・・・ふぇっ、マジでぇっ!?
 だってこの肌年齢・・・・・・ふんふん、え、そんなものが・・・・・・うぉ、すげー!
 うん、わかった! 企業買収について異様に詳しいヨシアキさんに電話してみる!」

レーツェル「よし、スレイチェルよ。食事会を開くぞ!
 すぐに我が友たちとミツハルさんを招くのだ!」
スレイチェル「父さま、なにを」
レーツェル「資本力でかなわないなら、カネ以外の武器を使うということだ」
マーズ「あ、ヨシアキさーん? いや、センダミツオの物真似はいーから・・・・・・」
アーク「だから、ヨシアキさんて誰だよ!?」
マーズ「ヨシアキさんは、気のいい台湾人のオッチャンだよ。
 なんでかニホン人みたいな名前だけど」

312 :それも名無しだ:2007/09/26(水) 00:52:49 ID:gaSbvMd0
 食事会当日
ミツハル「やあスレイチェルくん、相変わらずお美しい」
スレイチェル「君は相変わらず、いやにツヤツヤした黒髪がイラッとくる感じだな」
ミツハル「おやおや、これは手厳しい!」
スレイチェル「相変わらずおばあちゃんからお年玉をもらっているのか」
ミツハル「う、受け取っておくとおばあちゃんが喜ぶんだ!」

ゼフィア「我が友の危機と聞いて来たのだが」
マーズ「やー、ゆーほど大ピンチじゃないよ。ねーねー、それよりさー」ペタペタ
ゼフィア「この四本足のロボットは、なぜさっきからぺたぺたと俺に触るのだ?」
ゼラド「ゼフィア先輩、子供に好かれるから」
ゼフィア「子供なのか、このロボットは?」
マーズ「ねーねー、その肌年齢さー」

レーツェル「皆さん、ご静粛に!」
マーズ「おっ、始まった」
レーツェル「宴会の席で恐縮ではありますが、これより臨時の取締役会を開催させていただく!」
ミツハル「おやおや、急にどうしたんです」
レーツェル「議題は、我がトロンベグループがおこなう公募増資について!」
ミツハル「・・・・・・なっ!」

ゼラド「ミツハルさん、顔色が変わってオデコのホクロが微妙に赤紫色になっちゃった!
 なんなの、公募ゾーシって!?」
マーズ「新しく株を発行して、あっちこっちの投資家に買ってもらうんだよ。
 株の全体量を増やしちゃえば、ミツハルさんの持株比率40%って数字はどっか行っちゃうってわけ。
 ほんとはおれ、こーゆー虚業家みたいな真似は好きじゃないんだけどねー。
 メーカーはもの作ってなんぼだもん」

ミツハル「バカな、ローカルでチェーン展開しているだけのレストランの株など、
 突然売れるはずがない!」
レーツェル「いや、取引先に銀行、それに我が愛するOG町の皆さんに引受を申し込んでいる。
 人と人との繋がりが、我が店を守るのだ!」
ミツハル「無効だ! こんな宴会の席で開かれた取締役会など、有効なはずがない!」
マーズ「うんにゃ、有効だよ。ほら、役員がぜーいんそろってんじゃん。
 それだったら、いつでもどこでも取締役会がひらけるんだよ? 商法ちゃんと読んでよね」
ミツハル「貴様っ、ヴァルストーク商会の備品!」
マーズ「あいよ。次はおれと商いしよーね!」
ミツハル「このポンコツロボが、黙れ!」
マーズ「むぐっ!」
ミツハル「伏せっ!」
マーズ「ぷぎゃっ」バタンッ

313 :それも名無しだ:2007/09/26(水) 00:54:10 ID:gaSbvMd0
ゼラド「マーズくん!?」
ミツハル「自分がロボットだということを忘れていたのか。
 『ロボット三原則』において、『ロボットは人間の命令に服従しなければならない』は第二条、
 第三条の『ロボットは自分を守らなければならない』よりも優先されるんだ!
 お前は相手が人間でさえあれば、自分で自分を解体しろと命令されても逆らえないんだよ!」
ゼラド「ひどい!」
マーズ「・・・・・・えっへっへ」
ミツハル「なにを笑っている。解体の恐怖で多幸モードに入ったのか?」
マーズ「うんにゃ。なーんか、もーどーでもよくなってきて。
 おれはアキンド相手にスマートなビジネスやってるつもりだったんだけど、違ったみたい。
 ねー、ミツハルさん。おれたちにとって、刃物もてっぽーもちょーのーりょくも、
 売り買いするもんであって、自分で使うもんじゃないでしょー?
 法とカネだけがおれたちの武器だったはずだよ」
ミツハル「笑わせるな。ロボットの分際で、人間扱いでもしてもらいたかったか!?」
マーズ「いーよ、やんなよ。
 でもね、そのシュンカン、あんたはアキンドじゃなくなるんだ。
 ただのおばあちゃん子に成り下がるんだよ」
ミツハル「おばあちゃん子をっ、おばあちゃん子をバカにするなぁっ!
 あんな両親の間に生まれて、おばあちゃん子以外のなにになれというんだ!!」

???「そこまでです、ミツハル」
ミツハル「ママ!?」
ミツコ「ママではありません。ビジネスの場では、ママ上と呼びなさいといったはずです」
ミツハル「無茶な要求だよ、ママ!」
ミツコ「あなたはカネを武器とし、そこのロボは法を盾とした。
 どちらが勝つということはないのですよ。
 よけいな時間を使っている暇があるなら、次のビジネスを考えなさい」
ミツハル「でも、ママ!」
ミツコ「そんなことよりミツハル、あなたのイスルギフードの株、買い占めが始まっていますよ。
 中心にいるのは、あの企業買収について異様に詳しいヨシアキさんだとか」
ミツハル「まさか、あの企業買収について異様に詳しいヨシアキさんが!?
 くそっ、ポイズンビルとパックマン・ディフェンスの同時展開とは、えげつないことしやがって!」
ミツコ「さらに、あなたがおばあちゃんからもらっているお年玉預金は、
 着々とママの焼き肉代に変わっていますわ」
ミツハル「それはママがやめてくれれば!」

314 :それも名無しだ:2007/09/26(水) 00:54:49 ID:gaSbvMd0
ゼラド「これで、竜巻亭は残るんですね!」
レーツェル「ああ、あちこち飛び回った甲斐があった」
マーズ「えーん、えーん!」
ゼラド「よしよし、怖かったのね」
マーズ「違う〜。そこのオッチャン、18歳だってゆーじゃないか!」
ゼフィア「・・・・・・なぜ、俺を指差す」
マーズ「どっからどー見ても三十代半ばなのに肌年齢が十代なのは、
 すんごい化粧液使ってるからだってゆったのに。
 おれに卸させてくれるってゆったのに、
 レーツェルさんに担がれたぁ〜!」
レーツェル「銭の花は白いが、そのツボミは血よりも赤く、香りはなんか汗臭いのだ」
マーズ「せっかくカッコいーバネ足に付け替えようと思ったのにー!」
スレイチェル「泣くな! あれは強くてワイルドでクールなおじさまでなくては似合わないのだ!」
マーズ「えーん、えーん、レーツェルさんのばかー!」
ゼフィア「・・・・・・泣きたいのは俺だ」

315 :それも名無しだ:2007/09/26(水) 01:21:46 ID:HlES3KCx
>>286
今まで隠してたけど、俺も好きなんだ…ゼフィ×ラン(焦る旋風も含めて)

>あの女が刀を抜いたときの人格は人間よりも鰐に近い
それなんて人間黒豹wwww




>>298
恐ろしくGJ!


あとマーズ君書いてる人もいったい何者なのかとw

316 :それも名無しだ:2007/09/26(水) 01:52:02 ID:sjhTXX2l
>>308
ごみんなさい。まず演劇ネタの絵をね、やらないとね、嘘つきになっちゃうのね。
もう半分嘘つきみたいになってるし。

317 :それも名無しだ:2007/09/26(水) 03:59:56 ID:QLSW/jAi
>>314
レラ「おはよ……」
咲美「…………」
レラ「ど…した…の?咲…?」
咲美「…………」(無言である方向をさす)
レラ「……?」

アーク「おい、クソロボもっとわかりやすくに教えろ!」
マーズ「クソロボじゃないもーん、マーズだもーん」
アーク「ああ、もう!!マーズ先生様〜、お願ぁ〜い」
マーズ「キモチワル〜い」
アーク「んだとコラァ!」


レラ「な…やってる……?」
咲美「勉強……」
レラ「え……?」
咲美「兄さんが勉強やってるのぉぉぉぉぉぉぉ!!!」
レラ「……へ?」
咲美「朝ね!教室に入った時からね!マーズくんと一緒にね!経済学とかの勉強してるの!!」
レラ「はぁ……」
咲美「兄さんどうしちゃったのかな!?洗脳されたのかな!?どこか病気なのかな!?」
アーク「ぐぅおらぁ、そこぉ!人が勉強してるだけで、そんな酷いリアクションするなぁ!!」
咲美「どうしたの兄さん!?もしかして、なんか酷い悩み事あるの!?悩みなら私がいつでも相談に乗るから、ね!?」
アーク「いや、そんな涙目でうったえんでも……」

318 :それも名無しだ:2007/09/26(水) 04:02:05 ID:QLSW/jAi
レラ「で…、いき……り、どうし……?」
アーク「いや、ちっとばかし思うとこあってな……
     なんかよ……、何もわからねえで、何も出来ないまま、何かが終わる、それがいやなんだ」
レラ「ふ…ん……」
アーク「別に会社とか継ぐ気ゼロなんだけどよ、その何かを知りたくなってさ」
レラ「ハニカムな…キモ……」
アーク「えぇ!?」
レラ「ま……、頑張…よ……」
アーク「ああ」


遅ればせながらGJですよ
マーズいい味でてますね

>>316
ああ、あったね、そんな企画発表
ガンバ

319 :それも名無しだ:2007/09/26(水) 09:17:31 ID:+DuBp8JQ
>>316
何とかゆー漫画化が良い事言ってたジャンw

「大人は嘘をつくのではありません。ただ、忘れるだけなのです。」

・・・・・・言い訳になるかどうかは責任を持たない。

320 :それも名無しだ:2007/09/26(水) 09:27:41 ID:d/iUd6lG
イスルギグループが外食産業に進出するほど成長しているのか

これはグループ全体が成長しているのか、それとも兵器市場でやっていけなくなったから他分野に進出するほかなくなったのどちらだろう

321 :それも名無しだ:2007/09/26(水) 11:04:43 ID:MRz46znb
サルファで割と外宇宙の脅威は消え去っちゃったからなぁ。
あ、これOGベースの世界観だっけ?

322 :それも名無しだ:2007/09/26(水) 11:07:43 ID:8QOrE1t9
大丈夫だ、まだ外宇宙の脅威に匹敵する砂漠の虎がいる

323 :それも名無しだ:2007/09/26(水) 17:53:42 ID:T+ERbAAo
>>321
サルファ本編終了後

324 :それも名無しだ:2007/09/26(水) 17:59:05 ID:6IWAZKeD
286、315
俺もゼフィ×ラン(旋風含む)が好きだぁ!

ルナ「おや、あれは。」
ラン「あらぁ、姫様。ご無沙汰やね。」
ルナ「そうじゃな。ところで、ラン。」
ラン「何です?」
ルナ「ラン、地球にきたのはバラン先生の代理だと最初言っていたはずよな?」
ラン「・・・・そやけど。」
ルナ「ご両親は知っておるのか?」
ラン「!」
ルナ「!ラン、まさかそなた」
ラン「すまん姫様!うちこれからゼフィアちゃん達と稽古やねん。・・・・まだな!」
ルナ「あっ、ラン待つのじゃ・・・・ってもういない。」
一人取り残されるルナ
ルナ「ラン、やはりご両親には話していなかったのか・・・・。」


325 :それも名無しだ:2007/09/26(水) 18:13:18 ID:6IWAZKeD
「またな」が「まだな」になってしまって後悔しまくっているのも私だ。

ゼフィア「行くぞ、ラン=ドバン!チェストォォォォ!!」
ラン「まだまだやね、そりゃ・・・・!」
ガキィン
衝撃によりバランスを崩すラン
ラン「たっ、あかん!」
ゼフィア「!隙あり!ゾンボルト一刀流雷光切りぃぃ!!」
ラン「っ!!ドバン家奥義ラン・インパクト!!」
ゼフィア「何っ!?」
ドッカァァン!バキッ!!
ゼフィア「ぐっ!」
ラン「しもた、全力でしてもうた!無事かい、ゼフィアちゃん!」
ゼフィア「くっ、ラン・インパクト恐るべし。」
がくっ

ラン・インパクト…ドバン・インパクトのラン版。決まった時の台詞は「フフフ、うちに砕けるものはないんや!」
         犠牲者多数。

326 :それも名無しだ:2007/09/26(水) 18:50:57 ID:6IWAZKeD
ゼフィア「・・・・はっ!」
ラン「ああ、やっと目ぇ覚めたみたいやな。ごめんなぁ、思いっきり吹っ飛ばしてしもうて。」
ゼフィア「いや、油断していた俺が悪かったのだ。自分の修行不足を再認識させられた。」
ラン&ゼフィア「「・・・・。」」
ラン「なぁ、ゼフィアちゃん。女が武術を学ぶことは悪いと思う?」
ゼフィア「・・・・何故そんなことを聞く?」
ラン「例えば、例えばの話やけどな。歴戦の勇士だった人の息子が武術が大嫌いで、
   科学者になったんや。その人はだんだん科学者としての力をつけていって、パル
   ・・・・じゃなかった。その国でも屈指の科学者になったんや。」
ゼフィア「・・・・。」
ラン「その後、その科学者はな。同じ研究室の女性と結婚して女の子を産んだ。
   でも、両親は共に忙しいから、その女の子を祖父、青年のお父さんやな、に預けたんよ。
   もちろんそのおじいさんは孫を可愛がってな。武術を教えたんや。女の子もな、
   おじいさんが好きで武術に打ち込んで、なかなかに強くなった。」
ゼフィア「・・・・。」
ラン「でも、でもな。女の子の両親はそれを嫌がったんや。武術に打ち込む自分の娘がな。
   きっと科学者にさせたかったんやろうな。息子はおじいさんに言ったんや。
   『自分の娘に勝手に武術を教えるな。その子は女の子なんだ』って。」
ゼフィア「その後、どうなったんだ。」
ラン「おじいさんは悲しんだ。別に強制させたわけでもないしな。女の子も喜んでやってたしな。
   でも、息子はわかろうとしなかった。そして女の子は両親の元に連れ戻された。
   忙しくて面倒みれないからおじいさんとこに預けたのにな。おかしな話や。」
ゼフィア「その女の子は科学者になったのか?」
ラン「いんや。」
ゼフィア「?」
ラン「女の子はな。両親のこと殴っておじいさんの家に戻ったんや。
   自分のこと見てくれへん親より、おじいさんの方が好きやったんやな。」
ゼフィア「・・・・殴ったのか・・・・。」
ラン「結構痛かった。」
ゼフィア「ん?」
ラン「いやいや!何でもない!!
   でな、女の子はそのままおじいさんの家に住んでるって話や。これでおしまい。」
ゼフィア「女の子は」
ラン「へ?」
ゼフィア「女の子はその後両親に会っていないのか?」
ラン「・・・・会ってへん。自分の親殴る娘は娘やない。
   武術を学ぶ子は自分の子やない言うて、それから音沙汰なしや。」
ゼフィア「そうか。」


327 :それも名無しだ:2007/09/26(水) 19:25:04 ID:6IWAZKeD
ラン「でも、後悔はしてへん。好きな武術に打ち込めて、おじいさんと暮らせて。
   それに、親の手続きが必要な時はちゃんとしてくれるしな!
   ・・・・幸せや。」
ゼフィア「ラン=ドバン。」
ラン「さて、この話はこれでしまいや!ごめんなぁ、変な話してしもうて。」
ゼフィア「俺は男だが、武術は苦手だ。」
ラン「ん?」
ゼフィア「妹のイルスにも、あなたにも未だ勝ったことがない。
     母さんに科学者のほうが向いているかもしれないとも言われる・・・・。」
ラン「ゼフィアちゃん、あのな、そんなに深刻にならんでも。」
ゼフィア「それでも、俺は父親のように強くなりたい。武術を学びたい。
     たとえ母さんに科学者のほうが向いていると言われてもだ。
     その女の子も、そうでしょう?」
ラン「!」
ゼフィア「そうであるはずだ。でなければ、親を殴れるくらい強くなるわけがない。
     それに、いつか両親もわかってくれる。俺の母さんはそうだった。」
ラン「わかってくれると思う?」
ゼフィア「きっと。女の子が両親を好きなように、両親も女の子のことをいつかわかってくれる時がくる。」
ラン「その子は女の子やで。」
ゼフィア「うちのイルスはどうなる?
     それに俺の友は性別がイグニッションだぞ。」
ラン「・・・・あはは。」
ゼフィア「性別なんて関係ない。関係あるのは己の信念、心だ。」
ラン「そう。そやな。」
ゼフィア「もっと幸せになるといいな。その子。」
ラン「当たり前や。幸せや。めっちゃ幸せになれるわ。時間はかかるかもしれんけどな。」
ランの笑顔にゼフィアもぎこちなく微笑んだ。
ラン「あらぁ、笑うと眉間の皺も少しとれるんやなぁ。かわいい顔しとる。」
ゼフィア「な!大きなお世話だ!!」
ラン「顔赤くして、ますますかわいいわぁ。」
ゼフィア「とっ、とりあえず疲れも取れたことだし、もう一度勝負を申し込む!」
ラン「何がとりあえずや。まぁええわ。今度は竹刀でな。一度剣道をやってみたかったんや。」
ゼフィア「む、うむ。だが、俺と父さん、イルス、スレイチェルの防具ぐらいしかなかったような。
     ちょっと奥を見てくる。」
ラン「ありがとな。ゼフィアちゃん。」
ゼフィア「気にするな。稽古をつけてもらっているのは俺だ。」
奥に行くゼフィアの背中が見えなくなるのをランはじっと見ていた。
ラン「・・・・本当にありがとな。ゼフィア。」
ランはそう呟いて、また笑った。

終わり

328 :それも名無しだ:2007/09/26(水) 19:41:31 ID:6IWAZKeD
おまけ

イルス「道場の壁板が道端に落ちてたから何だろうと思ってきてみたら、兄貴も放っておけないねぇ☆」
スレイチェル「うう・・・・わが友よ。しかし、実にヴィルベル。」
レーツェル「スレイチェル、涙を拭きなさい。しかし、実にトロンベ。」
ゼンガー「ゼフィア、また一つ大人になったな。これからも己の信念を貫き、武芸に励むように。」
ソフィア「ゼフィア、あなたはあなたの道を行きなさい。」
果たしてこの二人に芽生えたのが友情なのか愛なのか、
それは隠れているこの五人にも当人たちにもわからない。


マイナーですまん。
そして、ランの両親が過去スレに登場していたのかを確認していないのも私だ。
スレイチェルとスレイツェルのどちらか正しいのかがわからないのも私だ。
スレイツェル×ゼフィアが好きなのも私だ。
私だ私だ書いて疲れた・・・・・・のも私だ。
嫌いな方はスルーしてください。

329 :それも名無しだ:2007/09/26(水) 21:28:53 ID:NNbjE8pA
>>324-328
まあまず落ち着いてsageようぜ。
ランの両親は出てきたことなかったよ。
スレイチェルの方が正しいよ。
あとパルマーじゃなくてバルマーだよ。

330 :それも名無しだ:2007/09/26(水) 21:32:34 ID:QLSW/jAi
>>328
書きながら投下してるの?
書き終えてまとめて投下したほうが良いよ

331 :それも名無しだ:2007/09/26(水) 21:34:33 ID:dlYOclzm
>>329
パ・・・で止まってて一瞬何か分かんなかったのも私だ

332 :それも名無しだ:2007/09/26(水) 21:42:33 ID:gaSbvMd0
>>325
「フフフ、うちに砕けるものはないんや!」

なにひとつ砕けないのかよ、ズコー!

333 :それも名無しだ:2007/09/26(水) 21:50:16 ID:px8jnjf3
329、330
ご指摘まじサンクスです。
これからの参考にさせてもらいます。

334 :それも名無しだ:2007/09/26(水) 21:56:03 ID:T+ERbAAo
>>333
目欄にsageいれんかい

335 :それも名無しだ:2007/09/26(水) 22:16:55 ID:px8jnjf3
すまんsageの入れ方がわからないんだ。

336 :それも名無しだ:2007/09/26(水) 22:19:19 ID:T+ERbAAo
メールアドレス書く欄にsageと入れるだけでおk

337 :それも名無しだ:2007/09/26(水) 22:19:19 ID:dlYOclzm
メールアドレスのとこに「sage」と入れるだけ

338 :それも名無しだ:2007/09/26(水) 22:28:29 ID:px8jnjf3
教えてくれて本当にすまん。
これでいいのか?

339 :それも名無しだ:2007/09/26(水) 22:29:50 ID:gb0KYed0
おまいら優しいな

半年ロムれってレスがつくと思ってたのにw

340 :それも名無しだ:2007/09/26(水) 22:33:28 ID:dlYOclzm
サブキャラ達を上手く使えるネタ師は好きなのだ
投下してくれたのだからその様な不粋な言葉で追い返すこともあるまい?


と、思う

341 :それも名無しだ:2007/09/26(水) 22:49:37 ID:gb0KYed0
久保「秋か…」
ディストラ「秋ですね…」
背後霊『秋だな…』
レビ『そろそろおこたでも出す?』
冥王『手伝ってやらん事もない』
ユーゼス『それも私だ』
シュウ『ククク…まだ真夏日もあるというのに…』
テューディ『山は寒いわよ』
久保「ディス子」
ディストラ「はいはーい、ひーふーみー…6名様ごあんなーい、おタバコは吸われますか〜?」
シュウ『禁煙で』
ディストラ「かしこまりました〜ではこちらへ〜」


久保「静かだな…」
ディストラ「静かですねぇ…」
久保「ゼラドに新高梨でも買って帰るか…」
ディストラ「やっぱり針木産ですか?」
久保「どちらかといえば黒岩産が好みだ」
ディストラ「んじゃ、ひとっ飛びしますねぇ」
久保「ああ、頼んだ」

342 :それも名無しだ:2007/09/26(水) 22:51:35 ID:pbEPT2k8
ゼオラとアードラーの子供に見えた

343 :それも名無しだ:2007/09/26(水) 22:53:28 ID:px8jnjf3
みなさんのご配慮に感謝します。
本当にすみませんでした。

344 :それも名無しだ:2007/09/26(水) 23:18:51 ID:/M00Zl8v
>>341
さりげにユーレーズに一人追加されてる!?

345 :それも名無しだ:2007/09/26(水) 23:31:42 ID:HlES3KCx
>>343
初心者っぽい質問にも答えるのが子供スレ流
>>343が力作を投下したという理由による

346 :それも名無しだ:2007/09/26(水) 23:39:30 ID:b0LtM0uc
>>344
テューディの事なら議論板の方でお仲間になってたぞ

347 :それも名無しだ:2007/09/27(木) 01:57:07 ID:EQbiMFeg
>>340
粋だねぇ

348 :それも名無しだ:2007/09/27(木) 08:46:27 ID:SeI5CTj6
泣けるで


久しぶりに日本ブレイク工業社歌を聞きながらランの話を見たら…
形にするまで時間がかかりそうだw

349 :それも名無しだ:2007/09/27(木) 14:28:44 ID:qPFYHg8/
>形にするまで時間がかかりそうだw

日本ブレイク工業で何をする気だww

350 :それも名無しだ:2007/09/27(木) 21:03:29 ID:OHekBcbY
>>332
いや、確か三次αでバランがドバン・インパクトで敵に止めをさした時に
そんな台詞を言っていたから、ランも言うだろうと思って書いただけ。
だがその台詞はうろ覚えだから確信がもてん。もう一回三次やるか…。

351 :それも名無しだ:2007/09/27(木) 21:15:58 ID:U2EQdvgk
ゼフィア、イルス、ランの三人が入れば解体業ができると

352 :それも名無しだ:2007/09/27(木) 22:30:16 ID:SeI5CTj6
>>350
多分、ドバンは『ワシに砕けぬ物はなし』と言ってるはず
ゼンガーも『我に断てぬ物無し』が決め台詞

砕けるものはないと砕けぬものはない
るとぬの違いだけど、意味は正反対

言い換えると
砕ける:砕く事が出来る
砕けぬ:砕く事が出来ない

となり、さらに直すと

砕ける物は無い:砕く事が出来る物は無い
砕けぬ物は無い:砕く事が出来ない物は無い

となるんですわ

勢いもセンスもいいから、つまらない間違いや勘違いで萎える様な事が無いようにして下さいb

353 :それも名無しだ:2007/09/28(金) 04:15:07 ID:ACbcco+z
ttp://doiob.net/doiob/uploader/src/up10854.jpg
ttp://doiob.net/doiob/uploader/src/up10855.jpg
ttp://doiob.net/doiob/uploader/src/up10856.jpg

354 :それも名無しだ:2007/09/28(金) 04:22:05 ID:ACbcco+z
ミスった
ttp://doiob.net/doiob/uploader/src/up10857.jpg
ttp://doiob.net/doiob/uploader/src/up10858.jpg

355 :それも名無しだ:2007/09/28(金) 04:36:39 ID:ken3KENc
このギャルゲーはどこで売ってますか?
10本予約するわ

356 :それも名無しだ:2007/09/28(金) 05:13:04 ID:aXYWBNKK
バンプレの未発表新作ゲームの画像が流出してるスレはここですか?

357 :それも名無しだ:2007/09/28(金) 06:19:35 ID:bZPQphWE
>>354
マリの髪留めに噴いた。
絶対に親父さんからのプレゼントだな。

358 :それも名無しだ:2007/09/28(金) 08:00:41 ID:Ytpwjnte
>>354
あなたが神か

359 :それも名無しだ:2007/09/28(金) 08:45:21 ID:ZGgKJsX7
>>354=ネ申

360 :それも名無しだ:2007/09/28(金) 08:53:16 ID:NVVMVHXf
>>354
凄すぎる…

奇跡を見た


ここは絵師様に恵まれてるよなホント

361 :それも名無しだ:2007/09/28(金) 09:17:09 ID:ZGxC0g5g
>>354
神キター!
GOD JOB!

それで発売日はいつですか?


つか、ここの住人で『はみんぐば〜ど』立ち上げれないかな〜と一瞬マジで考えてしまった


362 :それも名無しだ:2007/09/28(金) 10:33:28 ID:9kA5dTmP
らぶデス2なみにぐりぐり動けば言う事なしw

363 :それも名無しだ:2007/09/28(金) 11:01:13 ID:r2HyxRLu
>>354
ハザリアルートktkr

364 :それも名無しだ:2007/09/28(金) 12:40:17 ID:UxJ18F7w
>>354
全力で保存した!
咲美とレラをキボンしてみる

365 :それも名無しだ:2007/09/28(金) 13:44:18 ID:oEYBtoJ7
ここまでのギャルゲまとめ

主人公選択
【ハザリア・カイツ】
フラグの立つヒロインが最も多い主人公。初心者向け。
【アオラ・バランガ】
ハザリアの次にヒロインが多い主人公。初心者向け。
【アーク・アルトリート】
フラグの立つヒロインはたったの二人しかいないが、攻略自体は容易。初心者向け。
【ゼフィア・ゾンボルト】
ヒロインはそこそこ多いが、押並べて女難ルート。中級者向け。
【タカヤ・ナンブ】
ゼフィア同様、女難ルート。ヒロインの数も似たり寄ったり。中級者向け。
【ヴィレアム・イェーガー】
ヒロインの数が少ない上、フラグ立てが困難。特にゼラドフラグの難しさはゲーム中トップクラス。上級者向け。
【クォヴレー・ゴードン】
ヒロインの数は全キャラ中ダントツで、NPCのモブにさえフラグを立てる。しかしフラグの維持が究極的に困難。玄人向け。
【キャクトラ・マクレディ】
ヒロインの攻略難度がゼラドフラグ並みな上に、敵の質が恐ろしいことに。
(VSヘルモーズ×3、ディス・アストラナガン、ガンエデンとなる。)
機動兵器乗りとして、アクションパートだけを楽しむのも可。

サブキャラ?
【ルナ・ティクヴァー】
幼馴染であり、幼少期からのライバルでもある。お互いを一番良く知っている存在
【マリ・コバヤシ】
演劇を通じた腐れ縁。喧嘩仲間とも言える?ハザリアルートのメインヒロイン?
【リトゥ・コバヤシ】
動揺しがちでハザリアに対しては純。険悪化しがちなハザリアと姉の間を調整するのに苦労する
【ラン・ドバン】
元気印のお姉さん。ハザリアを非常に可愛がっておりスキンシップも激しい 【アルヴィ・クーランジュ】
女性向けシナリオ。天然の白い心を持った少年で、すっかりハザリアに懐いてしまっているようだ。
【ラミア・ラヴレス】
美貌の人造担任教師。
【アクア・ケントルム】
いじられ系教師。実は超お嬢様。
【ルル・カイツ】
サドデレ気質な妹。本人は意識せずとも、結局兄上様とは似た者同士。
【チビ・クォヴレー・ゴードン】
お助けキャラ、エルマと共に指定したキャラの好感度をボディランゲージで示してくれる
あまり呼びすぎると偽チビが出現、好きなのか嫌いなのかどっちともとれるボディランゲージでプレイヤーを惑わす
また、バッドエンド後のクォヴレー道場弟子の正体

ttp://doiob.net/doiob/uploader/src/up10857.jpg
ttp://doiob.net/doiob/uploader/src/up10858.jpg

366 :それも名無しだ:2007/09/28(金) 13:48:53 ID:vTnF5X9k
>>365
リトゥの苗字はスゥボータじゃないの?

367 :それも名無しだ:2007/09/28(金) 14:02:29 ID:Q8TCxmtF
>>366の指摘により>>365の訂正版

主人公選択
【ハザリア・カイツ】
フラグの立つヒロインが最も多い主人公。初心者向け。
【アオラ・バランガ】
ハザリアの次にヒロインが多い主人公。初心者向け。
【アーク・アルトリート】
フラグの立つヒロインはたったの二人しかいないが、攻略自体は容易。初心者向け。
【ゼフィア・ゾンボルト】
ヒロインはそこそこ多いが、押並べて女難ルート。中級者向け。
【タカヤ・ナンブ】
ゼフィア同様、女難ルート。ヒロインの数も似たり寄ったり。中級者向け。
【ヴィレアム・イェーガー】
ヒロインの数が少ない上、フラグ立てが困難。特にゼラドフラグの難しさはゲーム中トップクラス。上級者向け。
【クォヴレー・ゴードン】
ヒロインの数は全キャラ中ダントツで、NPCのモブにさえフラグを立てる。しかしフラグの維持が究極的に困難。玄人向け。
【キャクトラ・マクレディ】
ヒロインの攻略難度がゼラドフラグ並みな上に、敵の質が恐ろしいことに。
(VSヘルモーズ×3、ディス・アストラナガン、ガンエデンとなる。)
機動兵器乗りとして、アクションパートだけを楽しむのも可。

サブキャラ?
【ルナ・ティクヴァー】
幼馴染であり、幼少期からのライバルでもある。お互いを一番良く知っている存在
【マリ・コバヤシ】
演劇を通じた腐れ縁。喧嘩仲間とも言える?ハザリアルートのメインヒロイン?
【リトゥ・スゥボータ】
動揺しがちでハザリアに対しては純。険悪化しがちなハザリアと姉の間を調整するのに苦労する
【ラン・ドバン】
元気印のお姉さん。ハザリアを非常に可愛がっておりスキンシップも激しい 【アルヴィ・クーランジュ】
女性向けシナリオ。天然の白い心を持った少年で、すっかりハザリアに懐いてしまっているようだ。
【ラミア・ラヴレス】
美貌の人造担任教師。
【アクア・ケントルム】
いじられ系教師。実は超お嬢様。
【ルル・カイツ】
サドデレ気質な妹。本人は意識せずとも、結局兄上様とは似た者同士。
【チビ・クォヴレー・ゴードン】
お助けキャラ、エルマと共に指定したキャラの好感度をボディランゲージで示してくれる
あまり呼びすぎると偽チビが出現、好きなのか嫌いなのかどっちともとれるボディランゲージでプレイヤーを惑わす
また、バッドエンド後のクォヴレー道場弟子の正体

ttp://doiob.net/doiob/uploader/src/up10857.jpg
ttp://doiob.net/doiob/uploader/src/up10858.jpg

368 :それも名無しだ:2007/09/28(金) 14:32:29 ID:hrT10dAN
誰かこのギャルゲを作ってくれ…

369 :それも名無しだ:2007/09/28(金) 15:34:51 ID:ACbcco+z
問題は咲美とかレラとかマイナー作品組は各々のイメージを持ってるから
絵にしていいのかってところなんだよね。

ランとか真龍とかも同様の理由でなかなか描く機会がない。

370 :それも名無しだ:2007/09/28(金) 15:49:58 ID:9Hh/hIOa
このスレの人はそれほど器量が狭くは無いと思う。
取り敢えずイメージが固定化したらどんどん絵にして欲しいんだぜ?

371 :それも名無しだ:2007/09/28(金) 16:01:00 ID:tFHO9LZF
ゼラドを絵にしてくだしあ><

372 :それも名無しだ:2007/09/28(金) 16:56:01 ID:id5eFyDv
>>369
やっちまえ
お前がルールだ

373 :それも名無しだ:2007/09/28(金) 18:20:38 ID:NVVMVHXf
ランは細身柳腰の日本人体型なんだっけ(意図的に第一世代と正反対にしてあるなw)

真龍は……どうもよくわからない

>>369
俺を信じるな!お前を信じろ!俺の信じるお前を信じろ!!
と兄気風に激励してみるテストw

374 :それも名無しだ:2007/09/28(金) 18:28:16 ID:a6hdDaiA
>>369
各々のイメージがあるから描いてはならない
なんてルールはない

375 :それも名無しだ:2007/09/28(金) 19:07:25 ID:ZTrQClWO
>>367
野暮なツッコミだが、いい加減ラン姐さんとアルヴィの間に改行を入れてくれ…

376 :それも名無しだ:2007/09/28(金) 19:48:35 ID:NWtSWDfZ
主人公選択
【ハザリア・カイツ】
フラグの立つヒロインが最も多い主人公。初心者向け。
【アオラ・バランガ】
ハザリアの次にヒロインが多い主人公。初心者向け。
【アーク・アルトリート】
フラグの立つヒロインはたったの二人しかいないが、攻略自体は容易。初心者向け。
【ゼフィア・ゾンボルト】
ヒロインはそこそこ多いが、押並べて女難ルート。中級者向け。
【タカヤ・ナンブ】
ゼフィア同様、女難ルート。ヒロインの数も似たり寄ったり。中級者向け。
【ヴィレアム・イェーガー】
ヒロインの数が少ない上、フラグ立てが困難。特にゼラドフラグの難しさはゲーム中トップクラス。上級者向け。
【クォヴレー・ゴードン】
ヒロインの数は全キャラ中ダントツで、NPCのモブにさえフラグを立てる。しかしフラグの維持が究極的に困難。玄人向け。
【キャクトラ・マクレディ】
ヒロインの攻略難度がゼラドフラグ並みな上に、敵の質が恐ろしいことに。
(VSヘルモーズ×3、ディス・アストラナガン、ガンエデンとなる。)
機動兵器乗りとして、アクションパートだけを楽しむのも可。

サブキャラ?
【ルナ・ティクヴァー】
幼馴染であり、幼少期からのライバルでもある。お互いを一番良く知っている存在
【マリ・コバヤシ】
演劇を通じた腐れ縁。喧嘩仲間とも言える?ハザリアルートのメインヒロイン?
【リトゥ・スゥボータ】
動揺しがちでハザリアに対しては純。険悪化しがちなハザリアと姉の間を調整するのに苦労する
【ラン・ドバン】
元気印のお姉さん。ハザリアを非常に可愛がっておりスキンシップも激しい
【アルヴィ・クーランジュ】
女性向けシナリオ。天然の白い心を持った少年で、すっかりハザリアに懐いてしまっているようだ。
【ラミア・ラヴレス】
美貌の人造担任教師。
【アクア・ケントルム】
いじられ系教師。実は超お嬢様。
【ルル・カイツ】
サドデレ気質な妹。本人は意識せずとも、結局兄上様とは似た者同士。
【チビ・クォヴレー・ゴードン】
お助けキャラ、エルマと共に指定したキャラの好感度をボディランゲージで示してくれる
あまり呼びすぎると偽チビが出現、好きなのか嫌いなのかどっちともとれるボディランゲージでプレイヤーを惑わす
また、バッドエンド後のクォヴレー道場弟子の正体

ttp://doiob.net/doiob/uploader/src/up10857.jpg
ttp://doiob.net/doiob/uploader/src/up10858.jpg

377 :それも名無しだ:2007/09/28(金) 21:29:36 ID:zqLYelo1
ルナとゼラドは攻略するとEDで悪魔王と決戦ですか?><

378 :それも名無しだ:2007/09/28(金) 21:57:16 ID:9kA5dTmP
個人的には前にあった何の為に入ってるかわからない背後霊ルートが面白いと思うw

379 :それも名無しだ:2007/09/28(金) 22:21:27 ID:PncnCq5D
なんとなく>>290を見て思いついたネタ


新バルマー星

アルマナ様「ずっと以前、(偽)霊帝に会った事があります。
 私は11歳。踊りでトップの成績だったので、祝福の舞いを奉納しました。
 母を早く亡くし、父は失踪。貧しく、踊りだけが支えの少女」

ルアフ(回想)『すごおくよかったよ』

アルマナ様「天にも昇る心地でした……」

ハザリア「優しいルアフおじさんをどうする気だ?」

アルマナ様 「 死 刑 」

380 :それも名無しだ:2007/09/28(金) 23:09:29 ID:3LW3+4yE
吉里吉里エンジンベースでとければスクリプト組むぞ。
絵も描くぞ、色も塗るぞ。
あと誰かシナリオ頼む。

381 :それも名無しだ:2007/09/28(金) 23:16:14 ID:mfrehXXM
>>379
ヴィレアム「あ、ルアフ先生が死んだ」
バザリア「貴様は急に何をほざいている、あの教師なら現在進行形ですぐ隣のクラスで授業をしているところだろうが
何かあれば騒ぎになるに決まっているだろう」
ヴィレアム「・・・・いや、なんかそんなビジョンが見えたんだ」
ハザリア「また何時もの未来視か?
下らん、あの教師が死ぬ訳がないだろう
ヤツを何だと思ってるんだ貴様は?」
ヴィレアム「ん〜、そうなんだよなー
それに何時ものやつとは感じが違ったし、何だったんだろ?」
ハザリア「俺が知るか」



とある平行世界では、その時より僅かに先の時間軸にバルマーにてルアフの処刑が決行されたと言う[タイムダイバー談]

382 :それも名無しだ:2007/09/28(金) 23:25:50 ID:Ru//GoY7
ほんとのほんとのほんとーーーーーーーーーーに作るつもりなら
企画と役割分担とシステム概要とテーマは初期段階で練っておかないと
後が地獄と御注進。

あくまで遊びで楽しく作るんだから、ゆるーくで良いとは思うけどね

383 :それも名無しだ:2007/09/28(金) 23:28:24 ID:NVVMVHXf
>>376
グレちゃんも加えてくれ

【イングレッタ】
EXヒロイン。ルートに関係なく通常ルートで助言をくれたり逆に邪魔をしたりする。特定の条件を満たすとフラグ発生

384 :それも名無しだ:2007/09/28(金) 23:44:14 ID:GE5IHojl
グレちゃんは久保ルートを攻略するとヒロインになります><

385 :それも名無しだ:2007/09/28(金) 23:51:59 ID:a6hdDaiA
本気で作るつもりなら議論板にスレ立ててそっちでやれよ〜

386 :それも名無しだ:2007/09/28(金) 23:57:52 ID:u0Rl2f0l
ノンプレイヤーキャラクター

【キャリコ】
 力こそが正義、敵機と一緒にあのコのハートも撃墜だ!
 アクションルートではこのオッサンがいれば便利。
 実力はクォヴレーの三割引程度だが、それでも第2世代を凌駕する。
 とりあえずビールを与えておけばいうことは聞いてくれるが、うっかり与えすぎると、
ただの酔っ払いのオッサンになってしまうから注意。
 なお、相手がクォヴレーの場合は気力が半減し、ランダムで発生する『よめさんからの
TEL』が起こると帰ってしまう。微妙に役に立たないオッサンだ!

【ルアフ先生】
 街で起こった不可思議な事件か、はたまた人里離れた山奥で繰り広げられる相続争いか。
 ミステリールートに入ると俄然張り切る永遠の少年探偵。
 推理に必要な物証やヒントを与えてくれるんだ。
 レイナに対しては常に好感度MAXで、レイナと仲良くしておけば協力を仰ぐことができるぞ。
 ただし、あまりにもレイナと親しくしていると物陰から麻酔針を撃ってきたりする。日
曜朝9時と月曜夜7時にはなにがあっても現れない。邪魔くさくなってきたら『のざわさ
ん』か『とださん』に叱ってもらおう!

【マーズくん】
 カネがないのは首がないのと一緒。札束でひっぱたいて即物的な愛を買え!
 ビジネスルートに突入すると出現する。
 その好感度は預金残高と正比例するビジネスロボット。
 さまざまなアイテムや情報を供給してくれるぞ。
 基本的に友好的だが、ヘソを曲げると『さしおさえ』、『ちょうぜい』、『ばいしゅ
う』など、経済的な意味で困る攻撃を仕掛けてくる四本足だ!
 
**特異ルート**

【トウキルート】
 今どき珍しいほどオーソドックスな展開で始まり、これといった意外性もなく終わるルート。
 初心者用ルートというよりチュートリアルといった方が正しい。
 あまりの地味さ加減に、存在にすら気付かないことが多い。

【ミナトルート】
 モテない。とにかくモテない。むしろモテたら負け。
 トウキルートをクリアすると出現する。
 『あらゆるアプローチを仕掛け』、なおかつ『決してフラグを立ててはいけない』とい
うねじ曲がったルート。
 破格の難易度を誇るものの、見返りも達成感もない。
 むしろ、『俺の人生これでいいんだろうか』と不安にさせてくれる。

387 :それも名無しだ:2007/09/29(土) 00:11:42 ID:tn+uZbS4
>>386
【ミナトルート】
 モテない。とにかくモテない。むしろモテたら負け。
 トウキルートをクリアすると出現する。
 『あらゆるアプローチを仕掛け』、なおかつ『決してフラグを立ててはいけない』とい
うねじ曲がったルート。
 破格の難易度を誇るものの、見返りも達成感もない。
 むしろ、『俺の人生これでいいんだろうか』と不安にさせてくれる。

アイミ「………」

388 :それも名無しだ:2007/09/29(土) 01:47:59 ID:oC2LXca+
むしろアイミ主人公のミナト攻略だよね。超難易度

389 :それも名無しだ:2007/09/29(土) 02:01:26 ID:2EV1TMbq
どうもマーズ君の姿が攻殻のジェイムスンで再生されてしまう。
趣味が投扇興とかだったらマジジェイムスンだ

390 :それも名無しだ:2007/09/29(土) 06:58:00 ID:S6GuMw/U
宇宙一とかかかれてるんだな

391 :それも名無しだ:2007/09/29(土) 08:45:34 ID:Na+R8A3b
>>354のフルカラーイラストがまじで神懸ってる…遠慮しないでどんどんやっちまってください

【アイミ・ダグラス】
運動部で活躍する活発な同級生。数少ない常識人。ただし非常に奥手なためフラグ成立させるのが困難

【イルス・ゾンボルト】
好感度は上がりやすいがタイラント並みの攻撃力を持つためタフガイにならないと即バットエンド。生存確率6%

【レラ・ブルー】
まずご飯を食べさせるところからはじめる育成シュミレーション。レラの体力を維持させないと入院してフラグが壊れてしまう



392 :それも名無しだ:2007/09/29(土) 10:37:34 ID:Elm784LI
>>369
確か、ランだったらまとめの絵関係の所にチビキャラでだけど描かれてたような

393 :それも名無しだ:2007/09/29(土) 10:50:22 ID:cl0M5Ive
疲れた・・・もう当分描きたくねぇ・・・

ttp://doiob.net/doiob/uploader/src/up10880.jpg
字あり
ttp://doiob.net/doiob/uploader/src/up10881.jpg
字なし

全員集合
ttp://doiob.net/doiob/uploader/src/up10882.jpg
一番左が最初に描いた奴で一番右が最後に描いた奴かな。
とはいえマリとリトゥ、咲美とレラはそれぞれ同時に描いたけど。



394 :それも名無しだ:2007/09/29(土) 10:56:27 ID:RPgu2SW7
お疲れ様です
ゆっくりお休みください、そしてGJ

395 :それも名無しだ:2007/09/29(土) 12:10:16 ID:Elm784LI
お疲れさまです!

そしてGJ!GOD JOB!

咲美に惚れなおしたwwww

396 :それも名無しだ:2007/09/29(土) 13:18:26 ID:Na+R8A3b
>>393
お疲れ様です!
(いろんな意味で)ありがとうございました!

いうまでもなくGJ!

397 :それも名無しだ:2007/09/29(土) 14:24:23 ID:MChsILcG
ゲーム化は無理でも……あれだな。html形式の嘘ゲーム化情報なら出来そうだな。

398 :それも名無しだ:2007/09/29(土) 16:41:42 ID:Sff99xnc
>>393
あなたは本当に素晴らしいことをしたんだ。胸を張って誇っていい。お疲れ様でした。

399 :それも名無しだ:2007/09/29(土) 17:30:14 ID:NUZ1ksRO
ttp://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org0693.zip.html
適当に作ってみた。
>>393画像勝手に使わせていただきました。ごめんなさい。
あと、音楽とかは適当ね。

400 :それも名無しだ:2007/09/29(土) 17:31:39 ID:8IWBxbOb
>>393
GJなんだぜ


咲美「そう言えば、最近涼しくなってきたね。昨日の夜は、掛け布団一枚増やしちゃったよ」
レラ「そ…そろ……更衣…だか…ね…」
咲美「そうだね〜、冬の制服の準備しなくちゃ」
アーク「え〜、もう更衣かよ〜」
咲美「なんで更衣、嫌がるのよ。夏服にかわる時はあんなに喜んでたのに」
アーク「夏服になるから喜んだの!冬服はイヤなの!」
レラ「な…で…?」
アーク「夏服はなぁ……」
咲美「夏服は?」
アーク「ブラがうっすら見えるんだよ!!」
レラ・咲美「……ハァ?」
アーク「うちの学校の夏服は、白を基調に涼しく見えるような色合いにしつつ、夏でも涼しく過ごせるよう通気性の良い素材を使った制服なんだ!!
     それゆえ!近くから見るとビミョ〜に透けてブラが見えるのだ!!!」
咲美「ほぅ……」
アーク「毎日のブラチェックが俺の生き甲斐だったのに……、更衣のバカヤロォォォー!!!」
咲美「つまり兄さんは毎日私達のブラを見ていたわけだ……」
アーク「ああ、今日は咲美は黒で、レラは白だな!プリキュアみたいな配色だぞ!」
咲美・レラ「死ね!!」
アーク「ギィイヤァァァァァァァァァ!!!!」

401 :それも名無しだ:2007/09/29(土) 17:47:54 ID:RPgu2SW7
>>397
後ゲーム化なら
ハザリアとヒロイン連中との
ちょっとした選択分岐付きSSを1編作る位で現実的かも。

それでうまく行けば、もう少し手を加えようという職人が現れたり。

402 :それも名無しだ:2007/09/29(土) 18:15:36 ID:8IWBxbOb
>>393
ってよく見たら俺書いた駄文のってるぅぅぅ!恥ずかしぃぃぃぃぃ!!

403 :それも名無しだ:2007/09/29(土) 18:19:27 ID:cl0M5Ive
gjサンクス
てか咲美もレラもイメージ的に気に食わなかったら速攻で消すわ〜
両方とも両親のイメージから描いたはずなのに脱線しちゃったし

>>399
ギャー
よりよって一番出来の悪いルナを使うなんてwwwwww後で描き直すから今度はそっちを使ってくれwwwww

てか画像を使うのは全然ありです。むしろ光栄なくらいです。GJでした。

404 :それも名無しだ:2007/09/29(土) 20:34:52 ID:ixyT+elU
>>393
咲美とレラキボンと言ったものだがマジで書いてくれるとは思わなかったぜ
そして全力で保存させてもらった
GJGJGJGJGJGJGJGJGJ!
ゆっくり休んどくれ後はコレでハァハァ妄想してここに投下できるものだけ投下するぜ





(投下しない確率99%以上)

405 :それも名無しだ:2007/09/29(土) 22:57:10 ID:bW7OuKFA
>>399
パスを要求されるが分かんないんだぜ orz

406 :それも名無しだ:2007/09/29(土) 22:58:49 ID:Na+R8A3b
>>405
いやメ欄にpass:srwocてあるだろw

407 :それも名無しだ:2007/09/29(土) 23:15:13 ID:bW7OuKFA
>>406
あう、了解した
道場で稽古つけてもらってくる


408 :それも名無しだ:2007/09/30(日) 03:42:14 ID:oJV84LkW
 プアァァァァンッ
マリ「まったく、新幹線にまで乗って、いったいどこに行くつもりだ」バグバグ
ハザリア「黙れ、黙れよ!
 こっちだってな、いい加減断られるのではないかと思っておったわ!
 それを貴様と来たら、駅弁ひとつでパクパクヒョイヒョイと!
 あれか、貴様は知らない人から駅弁をもらうとヒョイヒョイ着いて行ってしまう子供か!?」
マリ「ああ、たしかに小さなころから、
 駅弁あげるといわれるとヒョイヒョイ着いていってしまうところがあった」
ハザリア「どれだけ駅弁が好きなのだ! 駅弁に病みつきか、貴様!」
マリ「うるさい、駅弁駅弁連呼するな!」
キャリコ「まあ、お目付役の私が着いている限り過ちは起こらないと思いますが」
ハザリア「え、オッサンお目付役のつもりだったのか?
 そのわりにはいつもビールばかり飲んでいるではないか」
キャリコ「いい加減、親御さんが心配するんじゃないんですか?」
マリ「・・・それが、わたしが友達と旅行するのが嬉しいらしくて、
 それはそれはにこやかに送り出してくれるんだ。
 だから、なんていうか、断りづらくて。
 わたし、長いこと友達いなかったから」
ハザリア「・・・この、新幹線の車内で買った微妙に高くて微妙に不味い果汁ジュースをくれてやる」
キャリコ「この、キヨスクで買った正体の知れない微妙な合体ロボあげます」グスッ
マリ「施しなんかいるか!」

 無人駅
マリ「・・・新幹線から、鈍行電車だのバスだのモノレールだの乗り継いで、
 なあ、なんでお前はいつも山奥に来たがるんだ?」
ハザリア「ああ、どこかその辺の草むらでこれに着替えておけ」バサッ
マリ「・・・・・・ドレスに、ネックレス、ハイヒール? なんだこれ」
ハザリア「ドレスやネックレスやハイヒールだ」
マリ「そんなことはわかってるよ!」
ハザリア「今回は遊びではない、公務だ。
 あちらこちらの星の貴族どもが開く、くそくだらんパーティに出席せねばならん。
 貴様にも、それなりの格好をしてもらわんとな」
マリ「そういうパーティなら、なんでその辺の草むらで着替えなくちゃならないんだ。
 更衣室かなんか、あるんじゃないのか?」
ハザリア「着替えてる最中、上から水をぶっかけられたいなら、どうぞそうするがいい」
マリ「は?」

 ダンスホール
マグマ獣マグナム「やあ、バルマーの! まだ滅亡していなかったか」
マグマ獣マンモズ「おやおや、君のエスコートを受ける女性がいたとはな」
鎧獣士オコゼニア 「どこかから奴隷を拾ってきたのではなくて?」
強力ナマズンゴ「バルマーの人間はつくづく恥知らずと見える!」

マリ「なんなんだ、あいつら」
ハザリア「キャンベル星貴族のマグナ獣マグナム、マグマ獣マンモズ、
 ボアザン貴族の鎧獣士オコゼニア、おなじくボアザン貴族の強力ナマズンゴだ」

409 :それも名無しだ:2007/09/30(日) 03:44:42 ID:oJV84LkW
マリ「そうじゃなくて、お前、えらい嫌われようじゃないか。
 いったい、なにやらかしたんだ」
ハザリア「なにというか、先代まで宇宙を荒らし回ってたからな。
 戦後補償は終わっても、しつっこい連中はなかなか恨みを忘れん。
 というわけで、定期的にこういうパーティが開催される。
 別名、『落ちぶれたバルマー貴族を指差して笑ってやろうぜの会』だ」
マリ「そんなパーティにお前みたいな短気なの出席させちゃダメだろ。
 ルナとかキャクトラとか」
ハザリア「ルナか。貴様らにとっては地球に来てからのやつの印象が強いのだろうが、
 俺にしてみれば、何年経とうが泣き虫毛虫のろくでなしだ。
 それに、キャクトラのやつはルナに忠誠を誓いすぎている。
 だから、こういう席にはたいてい俺が出席することになっている」
マリ「お前」
ハザリア「やつらは、どうにも融通が利かんからな。
 俺のような、清濁併せ飲む度量がなくては!」
マリ「お前の場合、単に清濁の区別が付いていないだけだろ」

ハザリア「ブクブク」
マリ「あ、こら、お前、水タバコなんてやって」
ハザリア「タバコではない。ただのガンジャだ」
マリ「もっとやめろよ! お前、あれだけいってまだやめてなかったのか!」
ハザリア「心配せずとも、ここは大使館のようなものだから、地球の法律など当てはまらん」
マリ「そういうこといってるんじゃなくて。
 キャリコさん? キャリコさーん、なんかもう、諸々といってやってくださいよ」

キャリコ「やあ、君と会うのは3度目だったかな。
 よかったら、2人で抜け出して黒ビールでもすすらないかい?」
どれい獣バララ 「あっ、あの、困ります!」
マリ「なに、バニーのお姉ちゃん口説いてるんですか!」

マグマ獣マグナム「困りますよ、バルマーのウザロン毛と名高いオジさん。
 貴族によるエレガントな会合で下衆な真似をしてもらっては。
 護衛は護衛らしく、扉の前にでも立っていてください」
キャリコ「へ、へへぇ。これはどうも、失礼をば」

マリ「あんな、キャクトラの前じゃ決して見せないへつらい笑い浮かべて。
 おい、お前といいキャリコさんといい、なんでいわれっぱなしなんだよ。
 もっと、こう」
ハザリア「考えなしなことをいってもらっては困る。
 ここの連中はいずれ劣らぬアホ揃いだが、生憎と親は政府高官と来ている。
 おかしなことをいって、外交上の不都合でも生じたらどうするのだ」
マリ「だからって」
ハザリア「フハハハ、俺は映画監督になるから、家を継ぐ気などさらさらないのだ。
 養ってもらっている間に、せいぜい貴族の務めを果たしてやろうというだけだ。
 いずれ縁のなくなる世界かと思えば、愛着すら覚えるわ!」
マリ「なんでわたしを連れてきたんだ?」
ハザリア「ああ、貴様は舞台以外ではぼけーっとしとるからな。
 なにをいわれても、そう答えないだろう」
マリ「お前ってやつは!」

マグマ獣マグナム「お嬢さん、そんなへなちょこは放っておいて、こちらで飲みませんか?
 どうせ、騙されて連れられてきたのでしょう。
 そいつは、昔から口ばかり上手いんです」
マリ「・・・まあ、そんなようなものだけど」
鎧獣士オコゼニア「あら、結婚前から浮気かしら?」
マグマ獣マグナム「おいおい、お互い、浮気には寛容にいこうと話しただろう?」
鎧獣士オコゼニア「まあ、そうですけれど!」

410 :それも名無しだ:2007/09/30(日) 03:47:15 ID:oJV84LkW
マリ「おい」
ハザリア「行ってくればいいだろう。どうせ、俺といても愉快なことはないぞ」
マリ「ああ、そうかい!」

マリ「あの、お二人は婚約してるんですか?」
マグマ獣マグナム「ええ、もっとも、政略結婚だけれどね」
鎧獣士オコゼニア「会ったこと自体、今日が初めてなんですのよ」
マリ「そういうことって、あるんですか」
マグマ獣マグナム「貴族とはどこもそういうものでしょう?
 お家の存続のために結婚をして、初めて自由恋愛が許されるというところがあります。
 たしか、地球でも騎士が靴屋の女房と大恋愛をする文学小説がありませんでしたか?」
マリ「あ、いや、子供向けのでは、靴屋の娘さんてことになってて」
マグマ獣マグナム「おお、やはり地球の方でしたか。
 わたし、地球のスシ、ゲイシャ、大好きデェース」
鎧獣士オコゼニア「それで、あなたはどういう家の生まれなのかしら?」
マリ「えっ、父さんは軍人で、母さんたちはたまにパートとかやってるけど」
鎧獣士オコゼニア「まっ! それではあなた、平民の子!?」
マグマ獣マグナム「よせよ、君」
鎧獣士オコゼニア「あなたも、声をかける相手を考えていただかなくては困ります。
 うちの家名に泥を塗るつもりですか」
マグマ獣マグナム「この子にいったって仕方がないだろう」
鎧獣士オコゼニア「それにしたって、おお、いやだ!
 どうりで全体的に貧相だと思いましたわ!」
マリ「・・・あのなあ、あんたたち!」

ハザリア「そこまでにしておけ。そいつは地球人だぞ。
 貴様らも、闘争本能ばかり異様に肥大した地球人の恐ろしさはよく知っているだろう」
鎧獣士オコゼニア「あてつけのつもりなんですの?
 貴族の集いに平民の娘など紛れ込ませて」
ハザリア「地球の貴族など、惨めなものだぞ。
 相続税を払うのに苦労して、むしろ平民よりも貧しいと来ている。
 たまに儲かってるのがいると思えば、多角経営に精を出しとるわ性別はわからんわ」
鎧獣士オコゼニア「だからって、こんな小汚い子を連れ込むなんて」
ハザリア「オコゼが、あまり口を開くな。生臭いぞ」
鎧獣士オコゼニア「なんですって!」
マグマ獣マグナム「よせよ、こいつは昔からこうなんだ。
 身分もわきまえずに川縁で暮らしてみたり、
 叔父だかなんだか知らないが小汚い男の家に入り浸ったり」

マリ「おい」
ハザリア「ブクブクブク」
マリ「だから、ガンジャをやめろっていってるんだよ!」
ハザリア「黙れよ。ガンジャでもやらんと、やってられるか」

411 :それも名無しだ:2007/09/30(日) 03:49:02 ID:oJV84LkW
マグマ獣マグナム「もうよせ、2人とも。
 醜い言い争いは、お互い貴族の格を落とすだけだ」
鎧獣士オコゼニア「あなたはさっきから、なんなんですの」
マグマ獣マグナム「僕らは結婚するんだぞ。
 いつまでも子供のようなことをしているわけにはいかないだろう。
 さ、乾杯でもしようじゃないか。おい君、シャンパンを」
どれい獣バララ「あ、はい。ただいま」
マグマ獣マグナム「ハザリア、君から取りたまえ。
 決して仲良くはなかったが、お互い長い付き合いじゃないか。
 地球の文化を愛好する者同士、語り合いでもしないかい?」
ハザリア「フン、いっておくが、俺の見識は半端ではないぞ」カタン
マグマ獣マグナム「さ、君も」
鎧獣士オコゼニア「私はすぐに失礼しますわよ」コクン

 カチャーーーーーーン
鎧獣士オコゼニア「うぐっ!」
マグマ獣マグナム「どうしたんだいっ!?」
鎧獣士オコゼニア「・・・・・・口に」
マグマ獣マグナム「まさかハザリア、おまえはっ!」
ハザリア「ああ?」
鎧獣士オコゼニア「・・・・・・ゴボッ」
マグマ獣マグナム「誰か医者を! オコゼが、オコゼが血を吐いたッ!」

 地下室
マリ「・・・鎧獣士オコゼニアは即死。死因は毒殺。
 テトロドトキシンをベースにした即死性の毒を飲まされた形跡があった。
 おそらく、毒が入っていたのは彼女が死の直前に飲んだシャンパンの中。
 シャンパンは厨房でグラスに注がれたばかりで、盆に触れたのはどれい獣バラバとお前だけ。
 身体検査の結果、どれい獣バラバはピルケースになるものを持っていなかった。
 バニーちゃんの格好だから、どこかにカプセルや錠剤を仕込んでいても体温で溶けてしまう。
 厨房でもホールでも、特に怪しい素振りは目撃されていない。
 第一、キャンベル星のどれい獣バラバとボアザンの鎧獣士オコゼニアには面識がなく、動機があるとは考えられない。
 対して、お前は鎧獣士オコゼニアには何度となく侮蔑的な言葉を浴びせられていた。
 それに、テトロドトキシンという毒は宇宙的にレアなもので、
 地球に住んででもいないと入手が難しい。
 そこらへん総合して、お前が犯人ていうことでこの地下室にぶち込まれてるわけだけど」

ハザリア「ブクブク」
マリ「だから、ガンジャをやめろっていってるんだ!
 事件の直前にそれやってたのも、容疑を強くしてるんだぞ!」
ハザリア「ガンジャでオーバードーズを起こした話など、聞いたことがないわ」
マリ「ほんとにお前がやったんじゃないだろうな」
ハザリア「くだらん。オコゼなど殺しても、さばき方を知らん」
マリ「とにかく、状況証拠が揃いすぎてる。
 お前だって、手錠をかけられてたら身動きが取れないだろ」
ハザリア「この状況では、手の1本や2本動いたところでどうしようもないだろう」
マリ「相手が異星人じゃ、わたしの色仕掛けも効かないだろうし」
ハザリア「地球人なら効くとでもいわんばかりの言い草だな」

412 :それも名無しだ:2007/09/30(日) 03:50:04 ID:oJV84LkW
マリ「なにのんびりしてるんだよ!
 お前、外交かなんかのために、縛り首にでもなるつもりなんじゃないだろうな」
ハザリア「そう慌てることはない。どうせ、物証はなにもないのだ」
マリ「それだって、真犯人が野放しになってるならいくらだって」
ハザリア「それもそうだ。なら、少し協力してもらおうか。
 おい、砕け散ったグラスはどうなっている」
マリ「そりゃ、証拠品だから、あのダンスホールにそのままにしてあるけど」
ハザリア「ひとつ残らず拾い集めて持ってこい」
マリ「おい、そんなことしたら、証拠隠滅を疑われて」
ハザリア「貴様のいうとおり、のんびりしていてはこちらが証拠隠滅されてしまう。
 いいからさっさと行ってこい。
 貴様はチビだから、気付かれずに忍び込めるだろう」
マリ「こんなときまで憎まれ口を聞いて!」

 ダンスホール
マリ「13・・・14・・・、よし、これで全部だ。あんまり細かい破片は拾えなかったけど」
マグマ獣マグナム「なにをしているのですか」
マリ「あ、これは!」
マグマ獣マグナム「困りますよ。私だってね、仲がよかったわけではないが、旧知の仲なんだ。
 できる限り便宜を図ろうと思っていたのに、こんなことをされては」
マリ「でも、これが必要なんだ!」
マグマ獣マグナム「わからないな。まさか、君は本当にあいつの女なのかい?」
マリ「そんなんじゃない!」
マグマ獣マグナム「それだったら、君はあいつに騙されているんだよ。
 あいつはそういうやつなんだ。
 地球人でも、少しは知っているだろう。あいつの国がおこなった悪逆の限りを。
 そして、あいつの父、祖父、叔父、母親もだ。
 信用に足る要素なんてひとつもない。
 あいつも、それがわからない頭ではないだろうに。
 いつもいつも偉そうに高笑いして、我々を愚弄して!」
マリ「違う! そりゃああいつはバカだしアホだしツンデレだし悪知恵ばっかり働くし、
 息をするようにウソをつくし、いくらいってもガンジャをやめない人でなしだけど、
 でも、でもなあ!」
マグマ獣マグナム「それをこちらに渡したまえ。
 やれやれ、地球の娘は、もう少しおしとやかなものだと思っていたが」
マリ「甘く見るなよ。いっただろ、わたしの父は軍人だって。
 わたしは、リュウセイ・ダテの娘だぞ!」
マグマ獣マグナム「なんだと!?」
マリ「しまった。父さんも恨まれてるのかッ?」ダッ
マグマ獣マグナム「待て! おい、誰か! 誰か来てくれ!
 ハザリアの女を捕まえろ。そいつは、リュウセイ・ダテの娘だ!」
マリ「くそ、誰がハザリアの女だ!」

 ダンッ
マリ「・・・ハァ、・・・ハァ、持ってきたぞ」
ハザリア「ああ、聞こえていた。ずいぶん派手にやらかしたもんだな」
 ダンッ ダンッ ダンッ!
マリ「急がないと、ドアが破られるぞ!」
ハザリア「わかったわかった。それをよこせ」ヒョイ パク
マリ「あっ、バカッ! そんなもの、口に含んじゃ・・・!」
ハザリア「やはりな。このグラスに毒など入っていない」ペッ
マリ「え?」

413 :それも名無しだ:2007/09/30(日) 03:51:21 ID:oJV84LkW
 バァンッ
マグマ獣マグナム「もう逃げられんぞ、ハザリア!」
マグマ獣マンモズ「証拠隠滅を謀るとは、なんと卑劣な!」
強力ナマズンゴ「しょせん戦犯の息子か!」

マリ「待ってくれ、いま」
マグマ獣マグナム「どけ、地球の狂戦士の娘よ」
 ドガッ
マリ「・・・うぐっ」
ハザリア「マリ! 貴様、このたわけ! 女優のくせに、顔を守れないとはなにごとだ!」
マリ「・・・・・・」
ハザリア「この、バカモノめっ!」

マグマ獣マグナム「どうやってここまで仕込んだか知らないが、ムダな抵抗だったな」
ハザリア「いや、そうでもない」
 カチャン
マグマ獣マグナム「お前、手錠を!」
ハザリア「俺の手先が器用なことは知っているな」
マグマ獣マンモズ「取り押さえろ、逃がすな!」
ハザリア「おっと、それ以上近づくな。
 俺が漫然と地球に留学していたと思ったか?
 間合いに入ろうものなら、地球仕込みのバリツで全身の骨を粉々にしてやる」
マグマ獣マンモズ「たしかに、やつは昔から手先が器用だった」
強力ナマズンゴ「その手練で、女を骨抜きにしたかッ!?」
ハザリア「まあ、想像に任せる」
マグマ獣マンモズ「マジでか。いっておくが、俺はもの凄い想像をするぞ」
ハザリア「ちなみに、その女は駅弁に目がなくてな」
強力ナマズンゴ「なんと、こんな清純そうな顔をして、くそ、なんてけしからん!」
マグマ獣マグナム「落ち着けお前たち、やつの口車に乗るな!」
ハザリア「なんでもいい。そこで、しばらく見ているがいい」

 カチャ カチャ カチャ
ハザリア「よし、できた」
マグマ獣マンモズ「なんだ、これは、どういうことなんだ!?」
強力ナマズンゴ「グラスの破片を組み合わせて、ほとんど原型を取り戻しているというのに、
 破片がひとつ残った?」
ハザリア「グラスには毒など残っていなかった。
 入っていたのは、この破片だ。
 これが口に入ったから、鎧獣士オコゼニアは顔をしかめたのだろう」
強力ナマズンゴ「では、どれい獣バラバが!」
マグマ獣マンモズ「すぐにやつを取り押さえろ、くそ、どれい獣ごときが!」
ハザリア「落ち着け。最初に鎧獣士オコゼニアがグラスに口を付けた時点で、毒は入っていなかった。
 そして、やつが吐血するまでに触れたのは」
マグマ獣マグナム「言うに事欠いてなにを!」

414 :それも名無しだ:2007/09/30(日) 03:53:44 ID:oJV84LkW
ハザリア「どれい獣バラバがガラスを入れ、マグマ獣マグナムが毒を飲ませる。
 その手順の間に適当な人間を入れ、容疑をかぶせる。
 つまらんカラクリだな、ええ?」
強力ナマズンゴ「マグマ獣マグナム、まさかお前が」
マグマ獣マンモズ「しかし、なぜどれい獣などと」
ハザリア「付け足すと、地球にもどこにもバリツなどという武術は存在していない。
 滝壺に落ちて生還する武術など、意味がわからんだろう。
 そして、駅弁とは駅で売っている弁当のことだ。ほかの意味などあるか?」
強力ナマズンゴ「お前、このタイミングでそれはねえよ!」
マグマ獣マンモズ「フフ、もはや遅い!
 俺の脳内では、すでにものすごい妄想が完成している!」
ハザリア「知らなかったが、貴様らちょっといいヤツだな」
マグマ獣マグナム「やつのペースに呑み込まれるな!
 常識で考えろ、マグマ獣とどれい獣だぞ、示し合わせるどころか、対等に口を聞くことすら」

キャリコ「常識が考えれば、たしかに。
 しかしここ半年、あなたが出席したパーティには、どういうわけか常にバラバちゃんがいた。
 ときには、主催者側から指名があったことも。
 バニーちゃんたちの間ではもっぱらの噂でしたよ。
 若く、お尻のプリプリしたバニーちゃんたちのこと。
 どういう噂がたつか、考えられませんでしたか?」
マグマ獣マンモズ「ああっ、ダンスホールでビールかっくらってた護衛のオッサン!」
キャリコ「フフフ、私が、ただのセクハラ目的でバニーちゃんのお尻触ったり
 胸元を食い入るように見たり、転んだフリしてパンティストッキングを電線させたり、
 隙を見てメアドをメモしたり、更衣室に忍び込んで衣装を物色していたとお思いですか」
マグマ獣マンモズ「そこまでしてたら、セクハラってレベルじゃねーぞ!」
強力ナマズンゴ「なんて自慢げに犯罪を告白するオッサンなんだ!」
キャリコ「更衣室のロッカーで、これを回収しましたよ。
 バラバちゃんが使っていた胸パッドです。
 バニーちゃんの衣装と胸パッドの間にガラスの破片を仕込んでいたんですね。
 しかし、どうやら完璧ではなかったようで。フフ、血が滲んでいますよ。
 愛のために痛みを堪え忍ぶとは、健気なもんじゃないですか」
ハザリア「カプセルや錠剤なら体熱で溶けてしまうが、ガラスならそんなことはない。
 分業にしたのは、そこらへんのこともあったのだな」
マグマ獣マグナム「この、バルマーのウザロン毛が!」
キャリコ「はっはっは、妻はこの髪型が好きだというのでしてね。
 上司からいかにネチネチいわれようと、この髪を切るつもりなどありませんとも!」

マグマ獣マグナム「耳を貸すな、こいつはハザリアの手の者だ!
 どうした、なにをしている。取り押さえろ!」
強力ナマズンゴ「・・・・・・いや」
マグマ獣マンモズ「どれい獣などと通じるとは、マグマ獣の誇りを忘れたか」
マグマ獣マグナム「なんだと、お前たち!」
ハザリア「フハハハハ! 貴様も知っていたはずだろう?
 このあたりが、貴族のくだらなさだ!」
マグマ獣マグナム「やめろ、笑うな! その笑い方が、昔から気に食わなかった!
 俺を、俺を見下すな!」
ハザリア「オッサン、やれ」
キャリコ「マリ嬢は」
ハザリア「捨て置け。あとは、俺がやる」
キャリコ「了解」
マグマ獣マグナム「やめろ、お前たち、なにを!?」
 ゴスッ

415 :それも名無しだ:2007/09/30(日) 03:55:08 ID:oJV84LkW
 山中
ハザリア「スゥウィインギィン・ザ・レイィーン」
マグマ獣マグナム「はっ、ここは!?」
ハザリア「よぉ、ハラショーな気分か?」
マグマ獣マグナム「なにを謡っている。このレンガはなんだ、やめろ、ロープをほどけ!」
ハザリア「騒ぐな。ちょっとした実験をするだけだ。
 1メートル四方のレンガの中に人間を密閉し、まばたきも許さず暴力描写満載の映像を見せるとどうなるか。
 フハハハハハ! 地球人とは、実にハラショーなことを考えるではないか。ええ?」
マグマ獣マグナム「やめろ、そんなことをしてタダで済むと思っているのか!」
ハザリア「スゥウィインギィン・ザ・レイィーン」
マグマ獣マグナム「その歌をやめろ! そしてレンガを積むな!
 なあ、話を聞いてくれ。お前ならわかってくれるはずだ。俺は、あのバララと」
ハザリア「痴情のもつれがどうしたと、そんなカビの生えた話には興味がないな」
マグマ獣マグナム「マグマ獣とどれい獣、許されぬ恋だとはわかっていた。
 でも、俺は今までの生活で満足していたんだ!
 表だって結婚はできなくても、彼女と一緒にいられさえしたら!
 それなのに、両親が急に結婚の話を、しかも、あんなオコゼと!
 オコゼは典型的な貴族だ。バララとのことを、決して許さない。
 だから、だから俺は!」
ハザリア「お粗末な『伊豆の踊子』だな。
 上流階級でありながら、カースト外の踊り子に目をかける俺カッコイイ。
 言動を見ていればわかる。貴様の感情はその程度のものだ」
マグマ獣マグナム「なぜだ、お前だって、わかるはずだろう!」
ハザリア「わからん。貴族は恋などしないものだ。
 貴族の結婚は、大切なカードなのだからな」
マグマ獣マグナム「よせ、やめろ、レンガを積むな!
 こんなことをして、バルマーとキャンベルがどうなっても」
ハザリア「たまにな、どうでもよくなるのだ」
マグマ獣マグナム「あの娘か。あの娘の顔に傷を付けられたからか!
 なあ、そうなんだろう? お前も」
ハザリア「くだらん」
マグマ獣マグナム「なら、なぜだ! 俺は知っているんだぞ。
 お前は誰も信じちゃいない。誰にも心を開かない。
 この世のすべてがどうでもいいと思っている、そういう種類の人間だったはずだ!
 それが」
ハザリア「スゥウィインギィン・ザ・レェイーン」
マグマ獣マグナム「レンガを積むな、積まないでくれぇっ!
 やめろ、助けてくれ! お前をスケープゴートに使おうとしたのは悪かった」
ハザリア「さて、狂い死にするか、自分の糞尿に埋もれて死ぬか」
マグマ獣マグナム「よせ、やめろ、許してくれ、なあ、なんでも、なんでもするから・・・!」
ハザリア「ハラショォーッ!」
マグマ獣マグナム「やめ・・・・・・」
 ガコン

416 :それも名無しだ:2007/09/30(日) 03:56:18 ID:oJV84LkW
キャリコ「よろしかったので」
ハザリア「なぁに、ケツのポケットにケータイをねじ込んでおいたから、気が付いたら勝手に助けを呼ぶだろう。
 もっとも、脱糞する前に気付くかどうかまで責任持てんがな」
キャリコ「ハザリア様、やはりあなたは、こういうことにこそ」
ハザリア「またその話か。やめろやめろ、貴族の勤めを果たしてやるのは成人するまでと、何度もいっているだろう」
キャリコ「しかし、こういうことができる人間が、国には必要なのですよ。
 我が子やルナ嬢は、心が優しすぎます」
ハザリア「俺だって、それはもう大変に優しいぞ」
キャリコ「ご自分で、わかっていらっしゃるはずでしょう」
ハザリア「ああ、俺は、ゆくゆくは映像界を制する男だ」
キャリコ「いずれ、嫌も応もなく悟らされる日が来ますよ。
 あなたの身体に流れる、血の宿命というものを」
ハザリア「マグナムのベタが伝染ったのか?
 くだらん、実にくだらん。宿命だ運命だ、そんなものはクソでも食らえだ」
キャリコ「あなたにそう教えた方も」
ハザリア「黙れ、ほんとに黙れ」

 無人駅
マリ「やっぱり、お前とどこか行くとろくなことにならないんだ」
ハザリア「黙れ、黙れよ。いいから、さっさと病院に行ってその傷を治してこい」
マリ「わたしが気絶したあと、なにしてたんだ」
ハザリア「話す必要はない。外交には、ややこしいことがいろいろとあるのだ。
 貴様に口を出されたらたまらん」
マリ「おい、どこ行くんだ。帰りの電車はこっちだぞ」
ハザリア「実につまらん旅だった。口直しに、ダンゴザカに行って冷やしコーヒー飲んでくる」
マリ「アイスコーヒーだろ?」
ハザリア「おい、なぜ着いてきているのだ。貴様は来るな! 乱歩の世界に浸れんわ!」
マリ「あ、そうだ、これ」カシャーン
ハザリア「あ、ああああ! 俺の水煙管が! なんてことをするのだ!
 あれは俺が丹念に丹念に手作りした逸品で・・・」
マリ「なんでお前は、そういうくだらないことに労力を裂くんだ。
 ほら、千代田線に乗り換えるんだろ?」
ハザリア「貴様は、だんだんと生意気になる!」
マリ「お前はもう少し静かに変われ」
ハザリア「黙れ、黙れよ! だいたい貴様は」

417 :それも名無しだ:2007/09/30(日) 04:01:15 ID:jH8mzijE
この時間にリアルタイムでハザリアとマリを観る幸せ。

・・・が、オリジナルで使おうと思っていたネタを高レベルで先に使われる不幸。
悔しいからどのネタだったかなんて言うもんか。

418 :それも名無しだ:2007/09/30(日) 05:56:08 ID:vDqGtdPf
GJすぎてニヤニヤが止まらないんだぜ

しかしあれだな。
本気でハザリアは主人公としての風格を身につけたな。

419 :それも名無しだ:2007/09/30(日) 10:45:58 ID:TyQhSYOU
>>418
ハザリア以外は基本的にボケ担当だからじゃないかなぁ。ジキミも悪くないけど、この
スレ的には総合スペックでハザリアにダブルスコアぐらい差が有りそうだし。

420 :それも名無しだ:2007/09/30(日) 10:55:21 ID:Y/pr4IJO
ここの主人公はゼラドだよね?
最近ハザリアが主人公に見えてきた俺ガイル

421 :それも名無しだ:2007/09/30(日) 12:01:19 ID:D23kx42E
ゼラド「私ハザリア君ほど活躍して無いからなぁ・・・・
    機動兵器さん巻き込んでお兄ちゃん追っかけたり、宇宙ごと改変したり、大食いで店荒らしたりするだけだし・・・」
ハザリア「・・・」

422 :それも名無しだ:2007/09/30(日) 13:26:37 ID:I+XgCnyK
独断と偏見による各キャラの出番と正確診断してみた。
とりあえず2年生のメンツ。

【ゼラド】出番率:◎
スレの主人公であるから出番が多いのは当然。とはいえ父親譲りのあまりアクの少ない性格のせいか、
スレ初期では食べ物ネタかお兄ちゃんラブネタ以外あまり話が膨らまなかった。そんな彼女も
今では超常現象を引き起こしたり妙な推理力を発揮したりと立派な主人公の貫禄(?)が身についてきた。あとぷにほっぺ萌え〜

【ヴィレアム】○
主人公の幼馴染でかつ惚れているとなれば出番は当然あるもの、と思いきや思ったほどではない。
アクの強い二世が多い中彼は比較的まともなので自らネタを生み出すようなキャラではないからだろうか。
しかし先天性特殊技能「ヘタレ」をもつおかげで他キャラ(特にレイナ)とのからみ(というかいじられ?)は多い。他人と並んで実力を発揮するタイプ。

【レイナ】◎
最近は少し出番も減ってきたが、報道部という立場から解説的な役割で登場することが多い。
もしくは他キャラに解説を促す役とか。演劇ネタの舞台裏でのハザリアとのからみなど。
あとヴィレアムとの甘酸っぱいからみは大好物です。

【ハザリア】☆
なんていうかこいつのキャラの立ちっぷりは異常。扱いは少々難しいがいったん型にはまれば
どんなキャラとでも絶妙にからんでくれる。マッドなボケもすれば、明晰な頭脳を活かして物事の収拾役にも仕えるオールラウンダーキャラ。
てかかっこよすぎだよハザリア。俺、一生お前についてくよ。

【アイミ】△
上記メンバーと並んで最初期からいるキャラだが出番は割りと少ない。純で超奥手なせいかミナトとの関係も進む様子は全くない。
なにげに兄弟多い。異母姉妹のイルス、義兄のゼフィア、スレイチェルとも兄妹同然で育ったとかなんとか。
(そのせいでミナトがたまにスレイチェルとの仲を派手に勘違いして暴走したりしていた)
・・・兄弟の濃さが圧倒的だな。そりゃ目立てないわ・・・。とりあえず汚れてみろよ?

【クリハ】○→△
ゼラド以外では最初に出てきた二世キャラ。一時はトウキとのからみと貧乳ネタで出番も多かったが最近はとんと見かけない。汁ネタも母親にけっこうやりつくされてる感あるしなあ。
以前はゼラド、レイナ、アイミとセットでよく絵になっていた。ここから出番を増やすのは難しいか?

【ミナト】△→◎
◎ってほどでもないか。○と◎の間くらいかな。初期はエベレスト山頂の空気くらい薄かったが、
最近になって怒涛の巻き返しに成功した奇跡のキャラ。本人が幸せかどうかは知らんが。
清々しいまでの開き直りっぷりが好感をもてる。アイミに対しては少なくとも友達以上ではあるみたいだが、
進展する様子は全くない。いじられキャラとして、ヴィレアムとどう住み分けをしていくかが今後の課題となるだろう。

【マリ】○
出てくるときは常にハザリアと一緒。ハザリアに対しては全く容赦ない。一見ツンデレのようにも見えるがデレの部分は全くない。
しかし演劇の台本等、ハザリアの才能自体は認めているようで(ハザリアもマリの演技の才能は評価している)、ビジネスとしての付き合いに近いのかも。
出番自体はそれほど多いわけでもないが、演劇ネタやサスペンスネタなど、たまに出てくるときが神がかったネタが多い。実にマリらしいと思う。今のままでいいんじゃないかな。

【リトゥ】△→○
地味であることをキャラ立ちの一部にしてしまったメガネっ娘。性格的にはアイミと同系列かも。
でもアイミよりは多少積極的か。ハザリアとマリとの口喧嘩におろおろしてるのが可愛いのでそのままのキャラで走ってください。

【タカヤ】△
両親はかなりキャラ立っていたがこの子自体はおとなしい普通の子。単体では出番もほとんどない。
しかし超ブラコンの姉2人とクイーンオブカタストロフィー、イルスのおかげで(?)女難キャラに位置づけされてしまった。
今は出番少ないが、今後いくらでもネタをひねり出せる可能性は持ってると思う。
しかし、ギャルゲー主人公みたいな位置づけだな・・・。う、羨ましくなんかないんだからね!!

423 :それも名無しだ:2007/09/30(日) 15:04:35 ID:F16XXad/
>>422
タカヤ「この立ち位置がか?」
ミシミシミシ←イルスに絞められる音
ギラーン←アルフィミィの刀が喉元でぎらついている音
チュドーン←レモンの爆弾が爆発する音

424 :それも名無しだ:2007/09/30(日) 17:26:38 ID:DFXEpeb+
これはマブいな

425 :それも名無しだ:2007/09/30(日) 17:41:08 ID:1EU4B25I
そマブと申したか

426 :それも名無しだ:2007/09/30(日) 18:06:47 ID:FdllPlxB
>>423
う、羨ましくなんか・・・・・・・・・ないな、うん。ホントに。

427 :それも名無しだ:2007/09/30(日) 20:03:50 ID:SRE4jxgj
・・・・逆に最近めっきり見ない人とかどうなんでしょ


>>422
アーク辺りはある意味他のキャラとは個別で話を展開してるけど
ランク的にはどうなのかね?

428 :それも名無しだ:2007/09/30(日) 21:12:33 ID:2FUHmsxg
めっきり見なかったらネタ浮かんでも使いにくいと思うんだわ

アイミとかw

429 :それも名無しだ:2007/09/30(日) 21:24:28 ID:vDqGtdPf
てかハミングバード組って中等部だっけ??

430 :それも名無しだ:2007/09/30(日) 21:31:29 ID:VDBEkiof
ゼラドとアオラは結構歳はなれてる、という脳内設定

高校生と小学生くらい

431 :それも名無しだ:2007/09/30(日) 21:35:57 ID:FdllPlxB
続き。あくまで個人の印象の話であって出演回数とか統計とったわけじゃないから適当なのは勘弁です

【ルナ】◎
ゼラドと並ぶもう一人のヒロインといった位置づけ。かつては性別不明だったのにな。
まあクォヴレーの娘となれば目立つなという方が無理な話か。時代がかった独特の話し方(地球の文化を学ぶときに時代劇を題材にしたせいだっけ?)と生徒会長というさまざまなオプション付きで出番も多い。
性格がまともなのに出番が多い奴も珍しい気がする。・・・・・・ファザコン話が多いかも。

【キャクトラ】○
出番としてはヴィレアムと同じくらい。立ち位置も似たようなもんだしなあ。ま、コイツの場合ルナの側で引き立て役に徹するのがいいのかも。
本人もそのほうが幸せそうだし。

【ジキミ】○
またの名をアーク。B組の中では出番は間違いなく一番多い。汚れキャラだからか。たまに咲美やレラといい雰囲気に。でもお前にベタな恋愛フラグは望んでねーよ。
純粋なバカキャラというのが他にいない、対抗馬がいないせいかな。

【咲美】△
咲実だっけ?アークの場合確信犯的に名前を間違えられるが、こいつの場合みんな素で間違えてると思う。うん。
出番は完全にジキミとセット。というかジキミとレラ以外と会話しているのを見たことがない。
うーん、お母さん的な性格を活かして・・・もっとこう・・・、・・・やっぱピンでの出番増加は難しいかもしんない。

【レラ】△
単語どころか一文字しか発しないレラの会話は本気で分からないことが多い。俺だけ?
出番は咲美と同じ。ジキミ次第。たまにキャクトラと心が通じ合っている時がある。とりあえず通訳してもらってください。出番の話はそれからだ。

【シュウヤ】○→△
変態下着魔人。でもなぜか爽やかな風をまとう不思議な人。両親がうまくまじった感じか。
ゼラドの胸を揉みしだいたりルナの胸を揉みしだいたりクリハの胸を揉みしだけなかったり非常に役得な人。
たまに出てきてシュールな下ネタをやってください。



あと最近見ないからって使わないのはもったいないと思うよ

432 :それも名無しだ:2007/09/30(日) 22:45:56 ID:bL2XLNXw
はみんぐば〜どネタ出してた俺的には1、2歳差の脳内設定


ルナ「わ、私は決してファザコンではない!そうであろう、アル?」
アル「にゃ〜」
ハザリア「猫に伺うとは、気が触れたか?」
ルナ「う、うるさい!それになんだ、性別不明とは!」
ハザリア「性別を偽っていたではないか」
ゼラド「サラシ巻いてたよね」
クリハ「・・・」
ルナ「ど、どうした?目が怖いぞ」
ハザリア「どうやればサラシの下にこれだけのものがはいるのか考えているのだろう」
クリハ「ハザリアくん?この新しい健康食品試してくれない?」
ハザリア「ごくっ!?」
ゼラド「あっ」


「ボク、おっきくなったらおとうさまのようになる!」


ルナ「しっかりせぬか!誰か保健委員を!」
リトゥ「わ、私が連れていきます・・・」
ゼラド「お願いだよ」
レイナ「相変わらず凄い必殺率だわね」
クリハ「なんでだろ?自分で凶器のように扱っているのは」
レイナ「あっ、会長さん。校門にクォヴレーさん来てましたよ、呼んでくれですって」
ルナ「なに、まことか?」
アル「うにゃ!」

ルナ「父様!」
クォヴレー「久しぶりだな」
ディストラ「お元気ですか?」
ルナ「はい!父様もおかわりなく」
ディストラ「(確かに何年経っても変わりませんね・・・)」
クォヴレー「実はアルマナに頼まれてな。今夜三人でディナーを食べようということになった」
ルナ「本当に!なら是非わたしに台所を担当させて下さい」
ディストラ「あの、それなら私が」
ルナ「変態メイドは引っ込んでて下さい」
ディストラ「が〜ん・・・」


ハザリア「ふん。やはりファザコンではないか。年頃の娘があんなに父親にベタつきはせぬ」
レイナ「わかってないね〜」
ハザリア「ぬ?」
キャクトラ「あの方は最近まで父親を知らずに育ったのです。幼少時に確かめられずにいた親子愛を今噛み締めているのですよ」
ハザリア「くだらんな。だが、同情してやらんこともない」
レイナ「さて、ではスネークしてきますか」
ゼラド「だ、だめだよ〜お兄ちゃんとルナちゃん水入らずなんだよ〜」


433 :それも名無しだ:2007/09/30(日) 22:55:08 ID:vDqGtdPf
スネーク吹いたwwww

てかはみんぐば〜どネタ大好物なんだが機会があったらまた書いてくれまいか?

434 :それも名無しだ:2007/09/30(日) 23:16:03 ID:VDBEkiof
ヴィレアム『ふ、夜景の綺麗なレストランでディナーでもどうかな、お嬢さん』
イングレッタ「(ヂャキッ)」
アストラ「お嬢、いくら変態相手でも銃口を人の口に捩じ込むものではないぞ」
ヴィレアム『もが!もがもが!』
イングレッタ「………イングラム?』
ヴィレアム『この俺が回避行動を取れないとは、腕を上げたなグレちゃん。見事な銃捌きだ』
イングレッタ「その体」
ヴィレアム『試してみるものだな。まああまり長い時間は憑依できないが
イングレッタ「はた迷惑な事をしてないでさっさと離れなさい」
ヴィレアム『たまには一緒に食事でもしたいじゃないか……』
イングレッタ「……まったく、仕方の無い人ね…」
ヴィレアム『え?』
イングレッタ「断っておくけど、私はアルコールは飲めないわよ?」
ヴィレアム『!!!いくぞアストラナガン!』
アストラ「わ、我もか?』


435 :それも名無しだ:2007/09/30(日) 23:22:35 ID:FdllPlxB
ハザリア「そういえばレイナ、父親を知らずに育ったといえば貴様も似たような境遇ではなかったか?」
ルアフ「そうだよレイナ。僕たちも今こそ親子愛を奥歯が砕けんばかりに今噛み締めようじゃないか!」
レイナ「は〜ルナはいいな〜あんなステキなお父さんでさ。あれだったら多少ファザコンになるのも仕方ないわ」
ルアフ「全スルー!?」

ゼラド(・・・ステキ!?仕方ない!?もしかしてレイナも・・・!!?)

436 :それも名無しだ:2007/10/01(月) 14:30:19 ID:HNo5tPcd
>>399がもうない…orz

437 :それも名無しだ:2007/10/01(月) 17:56:51 ID:zLId5U7N
>>434
ヴィレアムの未来はアレだな
目が覚めたらグレちゃんが横に寝てた+二人(と一機)で食事してた事が何故か学校にばれてて某諜報部部長に締め上げられる
的な未来

438 :それも名無しだ:2007/10/01(月) 19:39:11 ID:hKuv5F9H
レイナ「ふっふっふ。もうネタはあがってるのよ?」
ヴィレアム「な、なんのことだ?」
レイナ「あの異次元美少女と一晩あかしたんでしょ?」
ヴィレアム「はあ?知らないぞ」
イングレッタ「なかなか情熱的だったわ」
レイナ「やっぱり・・・!!このエロエロやろう!」
ヴィレアム「く、頸を絞めるな!ていうか若い母さん!いきなり何を言い出すんだ!」
イングレッタ「今夜も待ってるわ」
レイナ「ですとろーい!」
ヴィレアム「ッ!〜〜」
レイナ「このアホ〜!いつもあんなに世話してあげてるのに〜っ!」
イングレッタ「・・・彼、泡噴いてるわ」
ヴィレアム「けふっ」
レイナ「きゃっ!?ごめん!」
イングレッタ「じゃあ私は失礼するわ」
レイナ「こ、ここは責任とって私がじ、人工呼吸・・・ん・・・」

アストラ「お嬢、何故また誤解するような発言を」
イングレッタ「おもしろいから」
アストラ「そうか・・・」



ヴィレアム「ところで気が付いたら病院で息がしづらいわけだが」
トウキ「てめえ、教室で倒れてたんだぜ?」クリハ「念のために調べたら胸骨を骨折していたの」
アイミ「泡噴いている人なんて初めてみた」
ミナト「まあ大したことなさそうだな。ほら、新刊もってきてやったぜ」
ヴィレアム「もしかして、みんな見舞いにきてくれたのか?」
トウキ「何故か行かねばならない気がした」
クリハ「みんなで集まるのって、久しぶりじゃない?」
ヴィレアム「でも、いないやつもいるな・・・」
ミナト「みんないるぜ?」
ゼラド「お待たせ〜、ケーキかってきたよ〜」
ヴィレアム「あっ・・・ゼラド」
クリハ「あと昨日からずっとね」
レイナ「ZZz・・・」
ヴィレアム「さっきからだれが手を握ってるかと思えば」
アイミ「じゃあ私たちは学校いくね」
ヴィレアム「ああ、みんなありがとうな」

439 :それも名無しだ:2007/10/01(月) 20:34:24 ID:/E6OeRR5
ヴィレアム『うーん、幸せヽ(´▽`)/』
ヴィレッタ「デッドエンドシュート!!」
イングラム『うわぁぁぁぁ』
ヴィレアム「きゅう…」
ヴィレッタ「人の息子に何取り憑いてるのよっ!!」
イングラム『何って…ブツブツ』
ヴィレッタ「とっととおうちに帰りなさい」
イングラム『…ヴィレッタが冷たい…』
ヴィレッタ「あーハイハイ、で、アナタ」
イングレッタ「何…?」
ヴィレッタ「ありがとう」
イングレッタ「別に…」
ヴィレッタ「ま、今度ウチにも来なさい…」
イングレッタ「ん…」
ヴィレッタ「んじゃ、この馬鹿息子は持って帰るから」
イングレッタ「どうぞ」
ヴィレッタ「またね、あたしの妹さん」
イングレッタ「……」



アストラ「嬢…?」
イングレッタ「妹…か…」

イングラム『(号泣中)』

440 :それも名無しだ:2007/10/01(月) 21:01:26 ID:AgZOMHPY
>>438-439
あれ、何だろ?
普通にギャグな筈なのに何故か深い意味があるように感じられるのは

とりあえず、GJ!

441 :それも名無しだ:2007/10/01(月) 21:59:33 ID:HNo5tPcd
ヴィレッタはグレちゃんが娘だってことは知らないんだっけ?

442 :それも名無しだ:2007/10/01(月) 22:13:41 ID:i3NDDFT/
さぁ?妹でもいいんじゃない?
イングラムが精製したって説も聞いたような

アイミが、アイビスとツグミの卵子・卵細胞培養で出来た娘なのかどうかも謎のままだし

443 :それも名無しだ:2007/10/01(月) 22:16:36 ID:toeKho7Q
>>442
実はツグミ様がふたな(ZAPZAPZAP……

444 :それも名無しだ:2007/10/01(月) 22:17:52 ID:/E6OeRR5
私の記憶が確かなら…

背後霊はヴィレッタの娘とは言ってない
それとなく知ったギリアムがアタッカー技能をいかんなく発揮しかけた
ここでのヴィレッタは全てお見通しなキャラ


OGのセリフから察すると、ヴィレッタもイングラムの娘と言っても差し支え無い気がする

445 :それも名無しだ:2007/10/01(月) 22:20:31 ID:5moyXNvk
>>442
>アイミ
別に片親が誰かなんて特定しなくていいんじゃない?
ランのように両親いない人だっているんだし

446 :それも名無しだ:2007/10/01(月) 22:47:57 ID:/E6OeRR5
ヴィレアム「水泳の授業が赤点?」
ゼラド「うん…50m泳げないとダメだって…来週再テスト…」
ミナト「女子は短くていいよなぁ…」
トウキ「男子は…」
ゼラド「男子は?」
ヴィレアム「100mを2分以内で泳がないといけないんだ」
ゼラド「すごーい…みんなは合格したの?」
ミナト「まぁ、ジキミ以外はクリアしてるよな?」
トウキ「ハザリアも駄目だったろ?」
ミナト「そういやそうだったな…」
ヴィレアム「後は大丈夫だな」
ゼラド「へぇ〜鍛えてるんだねぇ」
トウキ「んな事ねーよな?」
ミナト「まぁな」
ゼラド「でも、どうしよう…」
ミナト「(ヴィレアム、教えてやれよ)」
ヴィレアム「(えっ?)」
トウキ「(だめだめ、ヴィレアムには刺激が強すぎる)」
ミナト「(それもそうだ…)」
ゼラド「?」
トウキ「え…えと、クリハとか他の子は?」
ゼラド「再テストはレラちゃんとあたしだけ」
ミナト「そか、でもさぁアイミに教えてもらえばいいじゃん?」
ゼラド「ちゃんと頼んでるよ」
トウキ「じゃあなんで俺たちにそんな話を?」
ゼラド「アイミちゃんにシュウヤ君にサポーター作ってもらってって言われたから…ヴィレアム君達に聞こうかなと思って…」
ヴィレアム「サポーター…?」(鼻血)
ゼラド「ああ、ヴィレアム君」
トウキ「どこまで突き抜けてるんだコイツ…」
ミナト「エロ本ではピクリともしないのにな…」
トウキ「そうだなぁ…シュウヤかぁ…」
シュウヤ「お呼びですか?」
ミナト「うわっ何処から出てきた」
シュウヤ「ククク…悩める乙女の元にはすぐ駆け付けますよ」
ゼラド「シュウヤ君、あのね…」
シュウヤ「水着の話ですね?わかりました、スピードもアシックスもアリーナも目じゃない機能性溢れた貴女専用のスクール水着を作りましょう」
ゼラド「わーい♪」
トウキ「わーいって…」
ミナト「一流メーカーを打倒するスクール水着って…」
ヴィレアム「…アクアブレードだ…」

447 :それも名無しだ:2007/10/01(月) 23:22:57 ID:CQDNdD9N
>>442
実は別の世界で、女性体として作られたアイン・バルシェムだったりして……

448 :それも名無しだ:2007/10/01(月) 23:25:05 ID:qQGD5imY
イングレッタは背後霊が久保に乗り移ってヴィレッタと情事を交わして
できた受精卵を背後霊が培養して生まれた娘。

遺伝子的には背後霊というより久保の子供なんじゃ…

449 :それも名無しだ:2007/10/01(月) 23:29:00 ID:/LUeP673
ルナの異母姉妹ktkr?

450 :それも名無しだ:2007/10/01(月) 23:38:56 ID:llsgs5CK
そんな設定だっけ?なんかやだなあ・・・
もうイングラム製バルシェムでいいじゃん

451 :それも名無しだ:2007/10/01(月) 23:49:27 ID:uEEtxi+v
>>446
ゼラド「よーし、いっくぞー」
アイミ「ああ、中々いいんじゃない?」
レイナ「基礎は出来てるからね、まぁこの調子だと大丈夫そうじゃない」
ゴンッ、プカァ
ルナ「ドジスキルさえなければの」

452 :それも名無しだ:2007/10/01(月) 23:57:05 ID:i3NDDFT/
そっちに同意>イングラム製バルシェム




453 :それも名無しだ:2007/10/02(火) 00:01:00 ID:Obh0Llfb
>>448
いやグレ子の出生は「謎」だったはず
イングラムも実子だとは明言してないし久保やヴィレッタとの関係も不明、グレ子自身も「興味ない」とかいってるし
そもそも夢の中に出てきたり体を復元させたりとまともな人間なのかも不明



というか髪の青い連中は遺伝子的には兄弟どころか殆ど同一人物ばっかりだろw

454 :それも名無しだ:2007/10/02(火) 01:50:21 ID:loTDLCqg
>>448
違う。
イングレッタはイングラムが自分とヴィレッタの遺伝子をかけあわせて密かに造ったハイブリッド・クローン。
情事うんぬん全く関係ナシ。

455 :それも名無しだ:2007/10/02(火) 02:55:18 ID:UvYun6RC
マーズ「ムリ。ダメ。手に負えない。手遅れ。ヤダ。関わり合いになりたくない!」
タカヤ「そんなこといわないで、頼むよ」
マーズ「そりゃーさ、債務整理お手伝いしますってチラしは配ったよ?
 だからってねー、いきなし、こんなとんでもない多重債務者が来るとは思わないじゃん!
 イヤだよ。おれロボだから基本ニンゲンの命令には絶対ふくじゅーだけど、
 多重債務者はニンゲンにカウントしてないから」
タカヤ「ほんと、困ってるんだよ」
マーズ「だろーね」
タカヤ「話だけでも」
マーズ「・・・話だけだかんね。おれロボだから、そのへんゆーづー効かないよ?」

マーズ「えーっと、あー、こりゃ、ほんとひどいや。
 消費者金融5社に、ヤミ金と、ヤミ金と、ヤミ金と・・・・・・いっぱい。
 借りるほーも借りるほーなら、貸すほーも貸すほーだよ。
 金融屋だってバカじゃないんだから、返してくれそーもない相手には貸さないはずなんだけどなー?
 ねー、おとーさん、いったいなにやってるひとなの?」
タカヤ「軍人だけど」
マーズ「あー、なるほどね。大学教授とか公務員って、与信力あるから簡単に借金できちゃうんだよ。
 おまーりさんとか、けっこー借金漬けだったりするし。
 しっかしこりゃひどいよ。悪質だよ。逆に、ヤミ金業者のみなさんがかわいそうになってくるよ」
タカヤ「自己破産とか、できるかな」
マーズ「できないよ。
 この小刻みな借り方見りゃわかるもん。おとーさん、ギャンブルやる人でしょ?」
タカヤ「わかるんだ」
マーズ「ギャンブルで作った借金はね、まず免責認められないの。
 再出発の支援とかなんとかキレーごとゆってるけど、
 よーするに自己破産てゆーのは『ヤミ金にカモられてないで、国にカモられなさい』ってゆー制度なの。
 免責したところで税金払ってくれそーもないひとは、ちゃっちゃと見捨てちゃうの」
タカヤ「だって、しょうがないんだ。父さんはどんなにいってもギャンブルやめないし、
 母さんはお酒やめないし、姉さんは怪しげな研究やめないし」
マーズ「んーっとさー、聞ーてるとおにーさん、家庭環境がずいぶんまずいみたいだけど。
 そしたら、別の戸籍に入ろーか?
 養子縁組なんて、びっくりするくらいお手軽なんだからさ。
 ふたつもジャンプすりゃ、金融屋も追っかけてこないでしょ」
タカヤ「家族を見捨てるなんて」
マーズ「めーあんじゃない? しょーもない家族は、ちゃっちゃと見捨てるに限るよ」

456 :それも名無しだ:2007/10/02(火) 02:57:22 ID:UvYun6RC
タカヤ「君にだって、家族はいるだろ?」
マーズ「や、おれロボだし。
 ご飯モリモリ食べたら勝手におっきくなれるニンゲンとは違うのね。
 おっきくなりたかったら、パーツ買い足さなきゃなんないの。
 なのにさ、あのバカオヤジときたら、商いがヘタクソなんだよ。
 すーぐに値引きしちゃうし、なーんかその場のノリでただ働きしちゃうしさ。
 そんなんじゃおれ、いつまでたってもおっきくなれないよ。
 こんな子供のボディじゃ、でっかいビジネスできないもんね。
 だからだよ、おれはオヤジのとこ、おん出てきたの」
タカヤ「ゴメン。俺にはそういうこと、できそうもないよ」
マーズ「あっそ。じゃー、あれだね、トンズラする?」
タカヤ「そんなことしたら、取り立てがますます」
マーズ「や、案外追っかけてこないもんだよ?
 カネと時間かけて支払いのーりょくなさげな人追っかけるなんて、経済的じゃないもんね。
 ね、逃げちゃいなよ?
 まー、もっとも、フツーに役所に届け出して引っ越すわけにもいかないし、
 ガッコーとか会社員とか、そーゆーフツーの人生はあきらめなくちゃだけど」
タカヤ「ゴメン、それも、できそうにない」
マーズ「なんだよ、もー! あれもこれも!
 じゃー、どーすんの? 返すアテなんかないでしょー?
 いっとくけど、きょーび臓器やお尻がカネになると思ったらおー間違いだかんね。
 人口が余ってる国から、びっくりするほど安く買えんだから」
タカヤ「ワガママなようだけど、俺は家族も学校もこの街も失いたくないんだ。
 自分の手で、なんとかしてみるよ」
マーズ「ふーん、あっそ。いっとくけど、相手がおれじゃなかったら、
 『多重債務者の分際でなに人並みの生活希望してんだボケ』
 って怒鳴られてるとこだかんね」
タカヤ「相談に乗ってくれてありがとう。少し、気が楽になったよ」
マーズ「ね、あのさっ、別人の戸籍欲しかったら、またおいでよ。
 見たとこ、おにーさんはまともそーだし。1人くらいだったら」
タカヤ「ありがと。でも俺、自分の家族って、けっこう好きなんだ」
マーズ「じゃー、行きなよ。おれにできることはなんもないから」
 パタン
 LuLuLuLu
マーズ「あいあい。・・・あー、なんだ、おやじか。
 なんでこの番号知ってんの? へー、あんだよ、ぶー。
 あー? ダメダメ、地球来てから絶不調。ぜんぜんもーかんない。
 ねー、なんでニンゲンて、わけわかんないことばっかゆーの?
 へ? あ? あ? あー、あっそ! あーそーだよ、おれはロボだよ!
 家? 帰んねーよ! あっかんべー! お前のとーちゃん鷹の爪! 激辛りょーり!」

 ガチャンッ

457 :それも名無しだ:2007/10/02(火) 03:31:50 ID:5cANT8iC
苦労してるんだなぁタカヤ。
まあでもこの後、別の件で闇金業者が御近所タイムダイバーに制裁を受けてうやむやになったり、
突如謎の移動式砲台の襲撃によってうやむやになったり、
突如謎のアインストの襲撃によってうやむやになったり、
もしくはキョウスケの分の悪い賭が大当たりしてその金で(正確にはその金を更に分の悪い賭につぎこもうとするキョウスケを簀巻きにして)返済したりしてギリギリどうにかなってるのかな〜。




あれ?これってほぼお金返してな(ry

458 :それも名無しだ:2007/10/02(火) 04:25:29 ID:lSH8wTV0
何してんだよベーオウルフwwww

てか毎回マーズくんの経済学は勉強になりますなぁ

459 :それも名無しだ:2007/10/02(火) 19:56:17 ID:fYxYykaP
ttp://doiob.net/doiob/uploader/src/up10997.jpg

とりあえずバルマー勢で話が出来るまで頑張ってみるギャルゲ風立ち絵シリーズ。
今回はル・・・ル・・・ルリ・・・いやいや、サドデレ嬢ルルさんです。

塗りをギャルゲ塗りをやめてアニメ塗りにして、髪形を描いた本人しかわからないくらいに
マイナーチェンジしてみました。まぁどーでもいいやって感じですけど。

460 :それも名無しだ:2007/10/02(火) 20:05:01 ID:0KEvgcDF
そんなに業者さん襲撃されてたら、業界内のブラックリスト入りしててもおかしくないような気がする。
貸すな・返ってこないどころか殺されるぞ、とか。
ひでー話だ。

461 :それも名無しだ:2007/10/02(火) 20:51:33 ID:G9V+Rm/k
>>459
待受にしました

462 :それも名無しだ:2007/10/02(火) 22:47:21 ID:fAMO7pTU
ナンブ金融道か

463 :それも名無しだ:2007/10/02(火) 23:01:19 ID:a59S9Dnv
まあ、世の中にはガイウス・ユリウス・カエサルみたいな人もいるしねえ……
「借金だってしまくれば財産と同じようなものさ」

464 :それも名無しだ:2007/10/02(火) 23:32:57 ID:Obh0Llfb
>>459
つか……つか、このGJぶりは異常…!!
人か神か>>459



むしろ非常に美麗だと思います>アニメ塗り
(このスレには人知を超えた存在が数人潜んでる気がしてならない)

465 :それも名無しだ:2007/10/03(水) 00:12:32 ID:2eWkP74Z
???「それも私だ!」

466 :それも名無しだ:2007/10/03(水) 01:56:59 ID:vXlsCTfW
>>459
ほおぅ
アオラはこのツインテールにしばかれたりしばかれたり甘えられたりしばかれたり甘えられたりしてるのか



あとナンブ家もしかしてOG町(あとバルマーその他)で一番ダメな親かよwww

467 :それも名無しだ:2007/10/03(水) 03:13:05 ID:HVUq7UWO
ヴィレアム「うーん、ゼラドをデートに誘いたいのに財布が寒いなぁ。
 でもこれ以上バイトは増やせないし、
 母さんは父さんがなかなか帰ってこないからって八つ当たりして小遣い減らすし……」
【神宮寺競馬場】
ヴィレアム「…………」

ヴィレアム「よし、また当たった」
キョウスケ「凄い勘だな……それにしても、本当に会ったことはないか?」
ヴィレアム「い、いえ……(良かった、変装していて)それじゃ、そろそろ俺帰ろうかと」
キョウスケ「これから雀荘に連れて行こうと思ったんだが……これは礼だ」
ヴィレアム「あ、ありがとうございます。あと俺引きは悪いんで雀荘は勘弁してください」
キョウスケ「そうか。縁があればまた会おう」

ヴィレアム「とりあえずこれでゼラドを満足させてもお釣りが来そうだな」
イングレッタ「そこの純情少年」
ヴィレアム「出た! 若い母さん!」
イングレッタ「この国の法令では未成年の馬券の購入は犯罪だったはずよ」
ヴィレアム「俺は隣にいた知らない(嘘)おじさんにアドバイスしてその礼をもらっただけだよ」
イングレッタ「ふーん、あなた自身も馬券を持っていた気がするけれどね。それよりも」
ヴィレアム「何だよ」
イングレッタ「予知能力の意識的な多用……これは因果律を歪める重大な犯罪よ」
ヴィレアム「何だよそれ? 父さんだって予知能力を使って戦っている。それが罪なのか?」
イングレッタ「予知はアカシックレコードにアクセスしその情報をこの世界に持ち込むこと……さらにそれによって未来を変えている。これは明らかに因果律を歪めているわ」
ヴィレアム「でも父さんは予知を使いながら並行世界の番人をやっているじゃないか!」
イングレッタ「どちらの歪みが小さいかという取捨選択よ。そして君は私利私欲のために因果律を狂わせた」
ヴィレアム「俺はそんなつもりで……!」
イングレッタ「ギリアムも昔はそう言っていたらしいわね。そして今その償いをしている」
ヴィレアム「あ、ああ……だから父さん中々帰ってこなくて、帰ってくるといつも疲れきっていて……」
イングレッタ「あなたも番人になりたい? システムXNは操れるようだし素質はあるわ」
父さんを待つ母さんの姿。久保さんを待つ、ゼラドの姿。
ヴィレアム「俺は世界を守りたい……だけど大切な人を悲しませる番人なんて、ごめんだ!」

イングレッタ「ですって」
ギリアム「随分と嫌われたものだな」
イングレッタ「まあ、これで競馬場に入り浸ったりすることはないでしょう」
ギリアム「感謝する。本当は親の私が説教せねばならなかったのだが……」
イングレッタ「期限を悪くしている妻のために競馬でプレゼントを買おうとする父親に説得力はないわね」
ギリアム「すまん、今度任務を変わるから見逃してくれ」
イングレッタ「それはいいわ。あまり家庭にヒビ入れても困るしね」

468 :それも名無しだ:2007/10/03(水) 12:42:24 ID:SAprWkk6
>>459
超GJ!


なんかこう、リアルではみんぐば〜ど(第二世代ネタ同人サークル)を設立したくなってくる
まぁ設立するような金、時間、人脈なんざないけどね

人脈つかえばラジオドラマくらいなら作れるかもだが……
イメージと違うと叩かれるが関の山ww

469 :それも名無しだ:2007/10/03(水) 21:45:21 ID:CR1i+1Ec
(⊃д;)タカヤ………
バイトバイトと走り回りラダムを狩りまくる裏にはこんな理由が………

ってかこうして見ると本当に常識人だなタカヤ
OG町でも屈指なんじゃない?真人間とは言えんかもしれんが
たしか、アインストの血が姉二人よりかなり濃く出た事で変身出来るようになったんだっけ?

でも俺はそれより孫が出来た途端凄まじくジジ馬鹿(馬鹿ジジ?)化したモンスター祖父が気になるw
好きなんだがどういう経緯でここまで孫ベッタリになったか気になるwww

470 :それも名無しだ:2007/10/03(水) 23:00:45 ID:qXnwH1i7
ゼラド「あ、タカヤ君だ、おはよー」
アオラ「おはようございます。タカヤ先輩」
タカヤ「おはよう、2人とも」
アオラ「1人で登校ってめずらしいですね。今日はお姉さんと一緒じゃないんですか?」
タカヤ「ああ・・・今朝うちにきたイルス先輩とかち合っちゃってさ。今頃家の前でバトルしてるんじゃないかな・・・」
ゼラド「ああ、そういえば途中でガンエデンとペルゼインとヴァイスセイバー見たよ」
アオラ「・・・その状況が『そういえば』程度の記憶にしか残ってない姉ちゃんもある意味すごいね・・・」
タカヤ「まったく姉さん達は顔をあわせる度にあれなんだから・・・」
アオラ「先輩も大変ですねえ。同情します」
タカヤ「あ、ああ。でも・・・」
アオラ「?」
ゼラド「あれ?あそこ、お姉ちゃん―・・・


ディストラ「待ちなさいこの骨董品ロボー!今度という今度は許しませんよー!!」
龍王機「なんじゃいきなり!私はただ夜中にアオラの寝室に忍び込んで小一時間ほっぺをぷにっておっただけじゃろうが!」
ディストラ「よ、よくもぬけぬけと・・・!あなたの鱗だらけのガサガサ肌でアオラちゃんのぷにほっぺが傷物になったらどうしてくれるんですかー!!」
龍王機「失礼な!お前だってあんな夜中にアオラの寝室に来て一体なにをするつもりだったんじゃ!!お前のテカテカな肌でさわられるほうがぷにほっぺに悪いわい!」
ディストラ「テ、テカテカなんかしてなぁーい!!!」
龍王機「じゃあヌラヌラか?」
ディストラ「こ、この・・・!今日こそは虚空の彼方へ消え去ってしまいなさい!!!」
龍王機「その言葉、そっくり返してやるわ!!」
ディストラ「あいん・そふ・おうるぅー!!!」
龍王機「龍王豪雷槍ー!!!」









ゼラド「あーまた街がメチャクチャに・・・」
アオラ「・・・どうせなら学校の上とかでやってくれると授業なくなってくれるのになあ」
タカヤ(・・・・・・アオラもたいがい俺のこといえない立場だよな・・・)

471 :それも名無しだ:2007/10/04(木) 01:16:33 ID:ZnajY652
トム&ジェリー的な人間関係が多いなここは

472 :それも名無しだ:2007/10/04(木) 09:06:55 ID:N53TRP19
OG町の住人は基本スペック高い奴ばっかりだから、それに応じて環境に対する順応
力も高いんだろうなぁ。

473 :それも名無しだ:2007/10/04(木) 12:23:36 ID:vCoKcxrp
ガンエデンに対してペルゼインとヴァイスセイバーで戦える2人スゴス

474 :それも名無しだ:2007/10/04(木) 13:18:02 ID:ZnajY652
イルスはパイロットとしてはそれほど能力が高いわけでもないんじゃないか?

というかそうでもないともう手がつけられない…

475 :それも名無しだ:2007/10/04(木) 14:12:39 ID:x+PpRMbT
ええい、イルスにクリムゾン的なことをできる猛者はいないのか!?

476 :それも名無しだ:2007/10/04(木) 15:48:34 ID:aUSl35+M
>>475
もはやタカヤ以外では手を出す事すら不可能かと
タカヤも逆に食われる可能性があるが
抑止力として効果が望めるのはタカヤ、君だけだ!

477 :それも名無しだ:2007/10/04(木) 20:28:03 ID:mZjH3jDq
>>476
タカヤ・ナンブ英雄化計画

478 :それも名無しだ:2007/10/04(木) 20:55:31 ID:4RFJG4BM
レモン「と、いうわけで」
ゼフィア「タカヤとイルスの身体能力測定だ」
ミィ「ですの」
タカヤ「唐突ですね………」
ゼフィア「言うな……文句なら自分の姉に言ってくれ………」
タカヤ「……すみません、姉さん達が…………お互い、苦労しますね………」
ゼフィア「ああ………」
イルス(ものすごく張り切っている)
レモン(お手製測定器をマッドな表情でいじっている)
ミィ(シートを敷いて食べ物も用意して見学準備万端)
タカヤ「…………」
ゼフィア「…………」


〜握力〜
タカヤ「ふっ!」
レモン「50キロ。まずまずね」
イルス「えいっ☆」
メキャ
レモン「…………測定不能。イ○バ物置より頑丈にして単位もトンなんだけど………」

〜50m走〜
タカヤ「ふぃ〜」
レモン「6.8。これもまずまず」

イルス「ご〜ご〜☆」
レモン「………………………陸上選手を嘲笑してるかのようなタイムが出た、とだけ言っておくわ」





レモン「さて、タカヤの身体能力は全体的にまずまずだけど、全てにおいてゼフィアが上回ってるわ。イルスとはくらべるべくもない。でも実際組み手をしてみると……」



イルス「はひ〜………」
タカヤ「大丈夫ですか!?」
レモン「………こうなる」
ゼフィア「何故だ……?端から見るとイルスが自分から投げられに行っているように見えるが………
しかし手加減をしているようでも無い」
レモン「タカヤ、わかる?」
タカヤ「う〜ん………何ていうか、先輩の動きがわかるんです」
ゼフィア「どういう事だ?」
タカヤ「どこをどうすればどうなるかが完全にわかるというか………それこそ、動き出すタイミング、どう動くか、どこをどういう軌道・どのくらいの強さ・速さで狙って来るか。それにどう対処すれば怪我をさせずに済むかまで」
ゼフィア「むぅ………」
レモン「タカヤとゼフィアでさっき組み手してみたけど、反応も出来ずにタカヤの負け。絶対の相性差、まさに三竦みね」
ゼフィア「………タカヤ=ナンブ」
タカヤ「はい?」
ゼフィア「暇な時でいい。道場に来い」
タカヤ「………え」
イルス「ダーリンが来てくれるとあたしも嬉しいな☆」
タカヤ「……わかりました。伺わせて頂きます」
レモン「私達も行くわよ」
ミィ「ですの」


タカヤ「………………(道場が…………)」
ゼフィア「……………………(吹き飛ばなければいいが………)」

479 :それも名無しだ:2007/10/04(木) 22:58:09 ID:U1vgzbNP
イルスとナンブ姉妹のキャットファイトもいずれ描いてみたいものです
もしくはクリムゾン的はイルs(フォローザサン

ttp://bbs4.oebit.jp/zeradlove2005/data/IMG_000059.jpg

480 :それも名無しだ:2007/10/05(金) 00:03:59 ID:O9QsTpAP
>>749
くやしいっ!でも期待しちゃう!!(ビクビクッ


GJです!

481 :それも名無しだ:2007/10/05(金) 00:19:01 ID:W+oASf5V
ゼラドの世界系能力で仲悪い奴らが仲良しに!


仲のいい久保とイングラムとか想像すら出来ねえwww

482 :それも名無しだ:2007/10/05(金) 16:55:41 ID:+VmrGKmE
久保「ありがとう、イングラム。おかげで助かった」
背後霊「いや、いいんだ。それよりもさっきの一撃凄かったな」

久保「(こうも仲良く会話しているのに彼との友情が感じられない!!何故だ!!)」

483 :それも名無しだ:2007/10/05(金) 20:19:38 ID:WKVI2aWE
ディストラ「あら、孫さんの奥様。今日もお綺麗ですね。」
竜王機  「いやいや、そなたも甲斐甲斐しい働きぶり、大したものじゃ。」
ディストラ「おほほほほ。」
竜王機  「ふふふふふ。」

ガンスレズ「あ、ありえない…。」
     「寒い…私は死ぬのか?」
     「猛烈に悪い予感がしてきたのう。」
龍鱗機ズ 「こんなのご主人さまじゃなーーーーい!」
     「元の傍若無人さが欠片もないなんて…。」
     「すみませんゼラド様、元に戻してください。」

484 :それも名無しだ:2007/10/05(金) 20:58:54 ID:QB/F0C22
しかしこうも安定して面白いスレも珍しいよな

485 :それも名無しだ:2007/10/06(土) 11:13:15 ID:1M0QGuEb
久保さん誕生日おめー。


486 :それも名無しだ:2007/10/06(土) 13:04:38 ID:p1nlO/KC
ぶっちゃけ久保って実年齢は第二世代より三つか四つ年上なだけなんじゃ…


ルル「クォヴレー様はお姉様より実は年下なのではありませんかw?」
ラン「ぇ…」

487 :それも名無しだ:2007/10/06(土) 16:58:52 ID:KIn7KXcY
久保も地球偵察に出される前はバルシェムマスク被ってたんだろうな

しかし1、2年のクローン培養であそこまで成長するのか
でもその方がゼラドの「お兄ちゃん」が犯罪っぽくなくていいな

488 :それも名無しだ:2007/10/06(土) 17:09:29 ID:IUCfzlSG
>>487
延命技術があるような星だ、成長促進技術があってもおかしくない

489 :それも名無しだ:2007/10/06(土) 17:49:18 ID:kx+byIM9
>>481待て、んなことしたらタカヤが完全ハーレムだぞ












結託して迫るイルス、レモン、ミィ



……………あれ?あんま羨ましくないのはなんで?

490 :それも名無しだ:2007/10/06(土) 18:58:21 ID:z/SwFV+b
ヴィレアム「・・・・・」
レイナ「よ!純情少年。またゼラド見てたの?」
ヴィレアム「・・ああ」
レイナ「つーか鼻血出てるじゃない!何考えてんのよ」ヴィレアム「・・ODEシステムだ」
レイナ「はぁ?」
ヴィレアム「おっぱい でっかい Eカップシステムだ」
レイナ「・・・・あのねヴィレアム」
ヴィレアム「何だ?俺の至福の時間を邪魔するな」
レイナ「・・ゼラドはEより上よ?ナメック星のドラゴンボール並よ?」
ヴィレアム「!!?」プシュッ
レイナ「ちょっと!鼻血が金色になったわよ!?大丈夫!?」
ヴィレアム「はぁぁぁ!燃えろ〜俺のコスモ!!今こそゼラドに突撃だぁぁぁ!」
レイナ「・・ゼラドに突っ込んでいっちゃった・・あの馬鹿〜!!!」キュピーン
ヴィレアム「ゼ〜ラ〜ド〜!今日こそ俺の気持ちを!」
レイナ「踏み込みが足りん!!」切り払い
ヴィレアム「ちょっ!?肩のトゲだけ金色・・アッー!」

ゼラド「あの二人った仲良いよねぇ」
アイミ「だよねぇ」
クリハ「そうだねぇ」

491 :それも名無しだ:2007/10/06(土) 21:52:58 ID:NgDd8wUs
>>490
そいつ実はアークじゃね?

492 :それも名無しだ:2007/10/06(土) 22:03:11 ID:hcJhXK7z
柴田絵で鼻血噴出してるヴィレアムが容易に想像できる

493 :それも名無しだ:2007/10/06(土) 23:36:55 ID:p1nlO/KC
イングレッタ「クイズですクイズです」
ヴィレアム「…………(無視)」
イングレッタ「内容物をブチまけたいのかしら?」(ヂャキ)
ヴィレアム「なんだ一体!」
イングレッタ「ブロッコリーとカリフラワー、緑色なのはどっち?」
ヴィレアム「カリ…、いやブロッコ
レイナ「ちょっ!!待ちなさい青頭!あんたいったい何する気なの!?」
イングレッタ「ただの水鉄砲よ?」
レイナ「そういう問題でもない!」
ヴィレアム「何の話だ…?」
レイナ「黙ってなさい純情少年!いいからちょっと来なさい青頭!」
イングレッタ「青頭って私のことを言ってたの?」



レイナ「この際だからはっきり言っとくわ!ヴィレアムにろくでもない悪戯をするのやめなさい!」
イングレッタ「私がいじめっ子みたいな事を言うのね。貴女と私は彼に対する考え方が違う、ということかしら」
レイナ「じゃあお互いの考え方を言い合ってみようじゃない」

イングレッタ「ヴィレアム・イェーガーは私のからかい相手であり友人兼玩具。私だけがいじくる権利を持っている」
レイナ「違うわね。ヴィレアム・イェーガーは私の幼馴染であり私の片思(ゴニョゴニョ)……とにかく私だけが締め上げる権利を持ってるのよ!」



キャクトラ「なにやらむこうで不穏な話し合いが聞こえてきますが?」
ヴィレアム「聞こえない聞こえない、俺はナニモキコエナイ…」

494 :それも名無しだ:2007/10/06(土) 23:43:39 ID:WulCOcaS
なんという、どSサミット

495 :それも名無しだ:2007/10/06(土) 23:52:02 ID:lk5+KcKT
むしろレイナはツンデ(ry

そこに颯爽とルル様が現れてドSのなんたるかを教授するんですね。

496 :それも名無しだ:2007/10/07(日) 00:49:52 ID:q8tKDEKp
レイナ意外とやきもち焼きなのな



ゼラド「え?ヴィレアム君は私の大切な幼馴染で友達だよwそして私 だ け が ヘ タ レ に す る 権 利 を 持 っ て い る。」
レイナ&グレ「「(ビクッ)」」

497 :それも名無しだ:2007/10/07(日) 02:52:05 ID:t1KKnuk5
女の子をかばって行方不明になったヴィレアムが仮面被ってラスボスとして出てくる夢見た。

498 :それも名無しだ:2007/10/07(日) 04:12:00 ID:OsXTxAKJ
>493
魔人探偵吹いたwwwww
ドーピングコンソメクリハ汁と体育祭ネタを絡めようとしたけどダメだったなぁ……
どうやってもバッドエンドにしかならなかった orz

499 :それも名無しだ:2007/10/07(日) 04:24:52 ID:6/EClC3l
半年ぶりに子供スレに帰ってきて、以前と空気が変わらないのに感動したぜ

返り咲きにSSを投下予定、ちと待っててくんろ
お題は「親父の職場に行くマリ・リトゥ」の予定

書く前に聞くが、リュウセイって職業は軍人なんだったよな?

500 :それも名無しだ:2007/10/07(日) 06:36:12 ID:SER9gevP
ロボオタのリュウセイが軍人以外の職業に就いている姿が想像できない

501 :それも名無しだ:2007/10/07(日) 08:48:08 ID:1b5ZF1pQ
>>500
ロボット開発者とか

502 :それも名無しだ:2007/10/07(日) 09:54:15 ID:7TF5cGEz
超合金DXの制作者とか

503 :それも名無しだ:2007/10/07(日) 12:05:32 ID:t1KKnuk5
むしろ専業主夫

504 :それも名無しだ:2007/10/07(日) 12:08:51 ID:i5ZAf5K2
世界一のスナイパーになってキレイな頭ぶっ飛ばしてるとか

505 :それも名無しだ:2007/10/07(日) 12:17:02 ID:Xfp4tloI
>>503
ラトもマイも家事が得意そうに見えないしなあ。
ユキコママの入院で、リュウセイは一人暮らしが長いし、そこそこ家事はできそう。

でもリュウセイは軍人の仕事があるわけで……何となく、ダテ家の家事はリトゥが取り仕切ってる気が。

506 :それも名無しだ:2007/10/07(日) 16:07:35 ID:WkrseaKj
>>504
ハザルと一緒にマイスターやってそうなリュウセイだな

507 :それも名無しだ:2007/10/07(日) 19:06:03 ID:q8tKDEKp
>>505
マリは家事できなさそうだもんなぁ

508 :それも名無しだ:2007/10/07(日) 21:26:31 ID:IYoXwe1+
>505

「私だって包丁はまだしも洗い物くらいなら出来るぞ」
「あああダメだよそんな水出しっ放しにしちゃ! ほらおたまを洗う時は気をつけないと水跳ねが……わ、このお皿まだ泡ついてるよ!
 洗い終わった物は大きいものから下にしないと水捌けが悪いのに」
「む……よし次は掃除だ」
「マリ、掃除機かけるなら窓開けて換気良くしないと! あーあー、掃除機は部屋の隅からかけるのが基本だってば!
 ちょ、カーペットは逆!中央から端に向けてかけないと吸い込んじゃうよ! フローリングと畳はちゃんとノズルを切り替えなきゃ!」
「うう……なら、洗濯物を。これなら流石に私でも!」
「だからそんな端から順に干していっちゃダメだってば! 最初は間を空けるように干して乾きが良いように……って、そのシャツは色がされるから裏返して干さないと!
 うわぁ下着は端っこに干しちゃダメー!!」
「…………リトゥ。一生のお願いだ。私の嫁になってくれ」
「私も、マリがちゃんと家事一通りできるようにならないと心配でお嫁さんに行けないよ……」


こうですか?

509 :それも名無しだ:2007/10/07(日) 21:28:55 ID:7dII37/Q
>>507
ところがトロンベを演じているときには一流シェフの腕前、
カノウさんトコの親父さんを演じれば清掃や裁縫を熱血にこなせそうだ!

・・・がしかし演技なので「そう見える」だけなのか?

510 :それも名無しだ:2007/10/07(日) 21:46:44 ID:dZv/Eoeo
ゼラド「あーん」
アオラ「モグモグモグ」
マリ「どうだ!?」
ゼラド「・・・・本当のこと言っちゃていいかな?」
マリ「ああ、どうなんだ?」
アオラ「なんていうか・・・不味いっす。見た目は一緒なんスけど」
マリ「何!!そ、そんな馬鹿な!!」
トロンベ「トゥロォンベェッ!!姿形は真似れていても料理に対する愛情!食べてくれる人
     への愛情!それらが足りないのだ!演技でごまかせる程、食の道は浅くない!!」
マリ「くっ、か、完敗だ・・・。」

511 :それも名無しだ:2007/10/07(日) 23:09:17 ID:q8tKDEKp
レモン「料理なんて要は薬物の調合と同じでしょ」(グツグツ)
ゼフィア「…メスで材料を切ろうとするな!調味料をピペットで入れようとするな!というかそもそもレシピを化学式に書き換えるな!」
レモン「煩い男ね…普段使い慣れるものを使うべきだわ」
ゼフィア「だからといってコニカルビーカーでボルシチを作るな!なにか付着してるぞ!?」
レモン「あ、ついいつもの癖で触媒いれちゃったわね」
ゼフィア「(ち、違う…!こは料理などではあらぬ!!何ゆえ…!?)」


アーク「お、掃除してんのか、俺も手伝うぞー」
咲美「じゃあ兄さん腕を振り回して換気してて」
アーク「おう………じゃねーよ!なんだその痛すぎる手伝い方は!」
咲美「じゃあ邪魔だから向こう行ってて」
アーク「お兄ちゃんは悲しいよ……」
レラ「…………」(ゴシゴシ)
アーク「お前は床掃除とかしなくていいから!なんというかもっとこう力のいらない分野にしようぜ?な?」
レラ「(ゴシゴシ)……………(パタン)」
アーク「ちょっ!その倒れ方は危険だぞ!」
レラ「…疲…た…」
アーク「逝くなレラ公ーーー!!」


イングレッタ「アストラナガン、アキシオンキャノン・エンゲージ。
精密射撃モード、出力レベル極小値に設定。目標洗濯済み衣類」
アストラ「了解。アキシオンキャノン、レディ………お嬢!我は乾燥機ではないぞ!!」
イングレッタ「出力に誤差があったらこの家ごと吹き飛ぶわよ。最強の機動兵器としての意地を見せないさい」
ディストラ「あのー…迷惑だからやめて下さい……」
ルナ「なんでもかんでも銃火器で解決しようとするでないわ、乱射魔め」
イングレッタ「インフィニティ・シリンダー時流を逆流させれば衣類が汚れてない状態に巻き戻せる、なんて考えた人間に言われたくないわね」
ルナ「り、理論的には不可能ではない!」
イングラム『二人とも普通に家事をしようという考えは思いつかないのか…』

512 :それも名無しだ:2007/10/07(日) 23:40:02 ID:w/JTxucC
>>511
グレ&ルナが言い争っているうちに全ての家事をソツなくこなしてしまう久保が見える

513 :それも名無しだ:2007/10/08(月) 00:08:10 ID:VT9CQ8PL
>>512
お前は俺か。
エプロンと三角巾姿でピカピカの部屋の中、爽やかに「ふぅ、終わったな」と呟く久保が見えたぜ。

514 :それも名無しだ:2007/10/08(月) 00:42:39 ID:TZRRDRIt
意外とクリハは家事万能な気がする。


515 :名無したんはエロカワイイ:2007/10/08(月) 00:48:01 ID:Rn2g5VrS
久保…すっかりおさんどんが定着して…
とかいっときながら流れを斬ってまでパクリネタを投下スル

「お土産のシュウマイ弁当」
 ゼラド「アオラどっちにするー?」
 アオラ「じゃあ…フタかな」
 ゼラド「じゃあ私はハコね!いくよー…」

   「えいっ」カパッ

 アオラ「よっしゃー!!5個もくっついてた!俺の勝ちー!」
 ゼラド「あーん!!3個だけしか残ってない…もっと頑張ってよ箱ー!!」

すまん、この姉弟なら毎回やってんだろうなと思って…
あとなぜか最近レモン姉さんが
某運命を解き放つRPGのマッドサイエンティストとかぶるんだよな…

516 :それも名無しだ:2007/10/08(月) 01:06:30 ID:ensp8dec
何故だ、久保が家事などと・・・・・・ヤベェくらいに容易に想像がつくのはこのスレのせいだよきっと

>>508
あたふたしてるリトゥの方に萌えたw

>>515
レモン様がそのうち意志を持って喋る剣を造ると申したか

517 :それも名無しだ:2007/10/08(月) 01:07:29 ID:P0qS8ZPF
実は女としてどころか、人間としてかなりパーフェクトにも関わらず、
胸のことばかり気にしているために逆に周りの男から
「胸の小さなクリハ」
としか認識されていないクリハと申したか

518 :それも名無しだ:2007/10/08(月) 01:12:51 ID:rTcw5q3t
>>515
アークは君と響きあうRPGのアホ神子にしか見えないんだぜ

519 :それも名無しだ:2007/10/08(月) 01:37:31 ID:ensp8dec
そういや最近めっきりクリハメインの話を見た覚えがないんだぜ


>>518
選択肢によって裏切ったまま死亡したり、羽生えるようになって帰ってきたりすると申したか
っつーか妹が実は大本命ってことに

520 :それも名無しだ:2007/10/08(月) 07:19:22 ID:b/XHXMpB
家事といえば、タカヤもできる――というかダテ家以上に家族が家事できないので、必要に追われて身につけた気が。

休み時間、大量のチラシをチェックしているタカヤ

タカヤ「ええっと、こっちの店では卵が特売日か。この店は売り切れが早いから、放課後すぐに回らないと。
 後、こっちの店では――」
レイナ「タカヤ、何て言うか所帯じみてるわね」
タカヤ「……>467の後、雀荘に突撃しようとした親父を、簀巻きにして身包み剥がしたおかげで一息つけたけど
 まだまだ家計はピンチだからな。少しでも安く、ものを買わないと」
ゼラド「た、大変だねー。でも、何軒もスーパーを回るのってきつくない? けっこう遠くの店まで行くみたいだし」
タカヤ「マーズが言ってた――知恵を絞り、限られた予算で品質を吟味して買い物をするのが、商取引の鉄則だと。
 単純な理屈だけど、凡庸な者は選択の労を惜しんで、結局は損をするんだってさ」
レイナ「がんばるわねえ、赤貧少年。あんた、いいお嫁さんになれるかもよ?」
タカヤ「変な呼び名をつけるのは、ヴィレアムだけにしてくれ。後、分かって言ってると思うが俺は男だ」
リトゥ「あ、今日は小麦粉が安いんだ。買っとこう」

 ガラガラ

ゼラド「あ、アルフィミィ先輩だ」
タカヤ「何しに来たんだ、ミィ姉さん」
アルフィミィ「タカヤ、今日の夕食はカレーが食べたいですの」
レイナ「……わざわざ、それ言うために来たんですか、先輩」
アルフィミィ(コクコク)
タカヤ「駄目だよ姉さん。昨日ポークソテーだったろ。だから今日は魚の日だ」
リトゥ「うんうん、やっぱ肉の日と魚の日は1日交替にしないとね。――聞いてる、マリ」
マリ「フン」
アルフィミィ「……カレーが、食べたいですの」
ゼラド「あのー、そんなにカレーが食べたいなら、お昼に学食で食べれば」
アルフィミィ(フルフル)「『タカヤの』カレーが食べたいですの」
タカヤ「俺の?」
アルフィミィ(コクコク)
タカヤ「……分かったよ姉さん、今晩はカレーだ」
アルフィミィ「タカヤのカレーは、日本で一番おいしいですの」

521 :それも名無しだ:2007/10/08(月) 07:21:06 ID:b/XHXMpB
マリ「む、ちょっと待ってくれ、先輩。リトゥのカレーの方がうまいぞ。何てったって世界一のカレーだからな」
リトゥ「えっ? いきなり何言い出すの、マリ?」
アルフィミィ「そんな事ありませんの。タカヤのカレーは銀河一ですの」
タカヤ「いや、そこそこ自信はあるけど、俺の料理の腕ってそこまで大したものじゃ……」
マリ「そこまで言われたなら後には退けん! 先輩、カレーで勝負だ!」
リトゥ「え? え? え?」
アルフィミィ「望む所ですの。カレー勝負、受けて立ちますの」
タカヤ「お、落ち着いてくれ、ミィ姉さん! ていうか何なんだ、この流れは!?」
スレイチェル「フ、ではこの勝負、私が仕切らせていただく!」
タカヤ&リトゥ「ちょっと待てぇぇぇっ!!!」

レイナ「ふふん、何だか面白そうな事になってきたじゃない」
ゼラド「むー、ディストラお姉ちゃんのカレーこそ宇宙一なのにい」

522 :それも名無しだ:2007/10/08(月) 07:51:55 ID:1BDcql3p
実にトロンベな流れ
ゼラドは料理……してる最中に味見と称してつまみ食いで全部消えそうだな。
バランガ家の台所はお母さん一人で切り盛りしてるっぽ。
たまにディストラさんがお手伝い。

523 :それも名無しだ:2007/10/08(月) 08:32:38 ID:zlJCB8OX
バランガ家の台所は久保の聖域

ディストラ姉さんはその他の家事を担当し、その2人を統括するクマさんがいると予想

524 :それも名無しだ:2007/10/08(月) 11:32:02 ID:ensp8dec
>>523
なんでそんな有り得ないような光景が一瞬で目に浮かぶんだ俺は!
ここの久保の扱い、イエスだね

525 :それも名無しだ:2007/10/08(月) 11:35:20 ID:C/tIFrTZ
10円安い卵を求めて、20円高い電車賃を払うのはアホや

526 :それも名無しだ:2007/10/08(月) 12:18:36 ID:cznGLuNR
>>525タカヤの場合

⊃ぺガス
⊃祖父の配下
⊃アルト
⊃変身



お好きなものをどうぞ

527 :それも名無しだ:2007/10/08(月) 12:45:56 ID:SbkPWgWz
ここはママチャリだろ常考
もちろんマッドな姉によって違法改造済なヤツね

528 :それも名無しだ:2007/10/08(月) 12:52:24 ID:iAz0UoGL
OG2でイルムが言ってた、ジョナサン・カザハラ謹製のロケットブースター付き三輪車みたいなもんか。

529 :それも名無しだ:2007/10/08(月) 13:15:41 ID:ensp8dec
またタカヤが死にかける・・・

530 :それも名無しだ:2007/10/08(月) 14:20:08 ID:SbkPWgWz
「なんか自転車に付いてたらイケナイような計器類やらスイッチやらがあちこちに……」
「男の子なんだからそのくらい気にしないの」
「でもこの黄色と黒の縞模様にプラスチックカバーされてるボタンは明らかにツッコミ入れるべきだよね?」
「そのボタンは絶体絶命の時に押しなさい」
「買い物行くのに絶体絶命とかどんなシチュエーションだよ!」


531 :それも名無しだ:2007/10/08(月) 14:32:37 ID:01nxEOlR
「あとはい取説」
「重っ!?只の自転車の説明書が何でこんなに分厚いんだよ!?」
「え?いやまあ色々機能付いてるし」
「だから何で只の自転車に機能付ける必要あるんだよ!?」
「面白そうだから」
「orz」

532 :それも名無しだ:2007/10/08(月) 14:50:56 ID:01nxEOlR
「・・・姉さん」
「何?」
「計器とかその他諸々外せ!今すぐ!」
「え〜。つまんな〜い」
「つまるつまんない以前に俺が死んだらどうする!」
「大丈夫!緊急用にエアバッグとかリミッター解除とか付いてるから!」
「エアバッグはともかくリミッター解除は余計危ないわ!」

533 :それも名無しだ:2007/10/08(月) 15:42:37 ID:9RvuBrOc
大丈夫!タカヤには最後の味方兼変身補助用アインスト「ぺがす」がいるじゃあないか!

業務スーパーや閉店セール店十軒もハシゴすれば変身スペースは特売品でギッチギチだ!

534 :それも名無しだ:2007/10/08(月) 17:24:52 ID:li66OIZ8
きっと赤いボタンがついていて押すとトンネルの天井を走れるな

535 :それも名無しだ:2007/10/08(月) 20:56:38 ID:ensp8dec
一番怪しいのはハンドルと付け根にあるドクロと見た

536 :それも名無しだ:2007/10/08(月) 21:05:12 ID:1NaOfGfC
タカヤな流れをぶった切って長編投下
イングラムが主役のちょっと異色の話

「この背後霊め。やれアストラナガン!」
「はいはーい。ディスレブの中でしばらく反省してなさーい」
もはや聞きなれた言葉の直後、俺はディス・アストラナガンの胸に吸い込まれた。
元主人に対して一瞬の容赦も無い所はさすがというか、まあ、今更主人面する気もないのだが。
暗い空間にたどり着くと、すぐに見慣れた顔がこちらに向く。
「おや、相変わらず出入りの激しい人ですね」
「少しは空気を読むか、いっそこちらで過ごすのもいい、と勧めてみるのも私だ」
まあ、それも悪くは無いがさすがにまだ隠居するつもりはない。それとユーゼス、お前もそろそろ出てきたらどうだ。もう、何年SRWに出ていないようだが。
「OGSのあれが私と言うことではどうだろうと提案するのも私だ」
いや、アレは……まあいい。で、マサキはどうした。
「彼なら『全員マサキ&プラスワーン。だからどうしたハウ・ドラゴンだよ全員集合パーティー』にゲストとして出席中ですよ」
そうか奴は外出か、俺もいつもここでくつろぐばかりと言うのもなんだ。
最近は、久保の奴も小さくなったりで忙しない。たまには一人でどこかに出かけようかと思うのだが。
「そうですねえ。ならこちらの秘密の出入り口からどうぞ。途中で彼が確認に来たら、現在50時間ノンストップで祭りの歌に挑戦中だと伝えておきます」
それだと、俺は50時間は帰ってきてもまともにディスレブから出られないぞ。まあ、とりあえずは感謝するが。
「お土産にはウルトラマン TOY EXPO 2006(限定ver)を頼むのも私だ」
あいにくと定価が2万円以上するものを購入する持ち合わせは幽霊の俺には無い。

537 :それも名無しだ:2007/10/08(月) 21:06:24 ID:1NaOfGfC
ディスレブのを抜け出すのは意外と簡単だった。
まあ、平時はアストラナガンも気を抜いているということだろう。特に、ここではいざ何かあったとしても、戦えるのが自分だけと言うことは無い。
しかし、いざ抜け出してみても別にやる事は無い。まあ、気ままな散策も悪くない。
もう随分とご無沙汰だが、以前はこうやって散策をするのが趣味だった。
もっとも、それが何時だったかはもう思い出すことも出来ないが。
「あれ、もしかしてイングラム・プリスケンさんですか?」
そうやって呼ぶ声に振り返ると、確かマリと言っただろうか?あの朴念仁のリュウセイの子供だったはずだ。
で、少女よ俺に何のようだ。
「えっと、いや何と言うか、つい声をかけてしまっただけなんですけど。えっと、何か話しませんか。歩きながら」
ふむ。まあ、別に何か用があるわけでもないし構わないが。別にそんな畏まって敬語を使う事はないぞ。
「いや、一応父親の元上司ですし」
そんな事が言える立場ではないがな。結局中途半端で、後はヴィレッタに任せてばかりの駄目上司だ。
「父が聞いたら泣きますよ。一応、父は今でもイングラムさんの事を尊敬してるんですから」
やれやれ、悪い気はしないが、あまり買いかぶられても困るのだが。と、俺は苦笑いした。
そのままこの少女と会話をしながらしばらく歩いた。
最初の印象はとてもリュウセイの娘には見えない、だったが話してみると、まるで似ていないように見えてもやはりリュウセイと親子なのだというのが分った。
何かこれと決めたことに対してとても真っ直ぐな所と、その時に輝く瞳の色は瓜二つだ。
いつのまにか、マリが延々と演劇の話をしてそれを俺が聞いているような状態になっていた。
俺は別に構わなかったが、マリの方がなにやら用事を思い出したらしい。
「すいません、父に頼まれて電撃スパロボのはがきを出しに行くところでした」
はがきくらい自分で出せばいいだろうに。
「いえ、どうもニ○ニコ動画に上げるMADを今日中に作るとかで、今は家に篭ってます」
まったくあいつは……。まるで成長していない。
「アハハ。まあ、それでも二人も嫁をもらってしっかり養ってるんだから、父のことは尊敬してますよ。それと、父が会いたがってましたから今度家にでも来てくださいよ」
考えておこう。そう言って俺は少女と別れた。

538 :それも名無しだ:2007/10/08(月) 21:07:01 ID:1NaOfGfC
それから、俺はしばらく特に目的もなく散歩した。もっとも、歩くという概念は幽霊の俺には無いから散歩と言うのは違うかもしれないが。
そして川原まで歩いたところで、見慣れた顔を見つけた。
いや、見慣れたといってもこの人物とはさほどの面識は無い。ただ、あの顔とあの髪はもう見飽きるほど見てきた。
キャクトラ。バルシェム同士の間に生まれた、恐らく最初の個体だ。
そのキャクトラが、川原で呆然と遠くを眺めている。
なんとなく、本当になんとなくだが俺は声をかけた。すると、すぐに振り返り律儀に礼を返してきた。
「あ、イングラム殿。どうしたんですか、こんな所で。それにクォヴレー殿は?」
今日は一緒じゃない。それよりどうした、こんな所で黄昏て。
「その……最近不安なんです。バルシェム同士の合いの子である、自分の体に何か問題があるんじゃないかと」
なるほど、バルシェムは兄弟以上に近しい遺伝形質を持っている。劣性遺伝を心配したか。だが、見た限り平均的なバルシェムよりは優れた能力を持っていると思うが?
「いえ、遺伝とかそういう問題以上に、作られた存在から出来た自分がおかしいんじゃないかという、不安が頭から離れないんです」
なぜだ?見たところ健康体。精神的にもまともだ。もっとも、変人ぞろいのバルシェムの中でまともなのが不安と言うのなら話は別だが。
それとも、何かあったのか?そう問い詰めると、キャクトラはゆっくりと口を開いた。
「じつは、以前私の体を見た時に姫様が露骨に目をそらされて。ハザリア殿の時にはまるで無反応だというのに」
……いや、なんだそれは。
「それだけじゃないんです。それ以来姫様は時々私から露骨なまでに目を逸らされるんです」
状況が飲み込めんぞ。
「普段は普通に話せるのですが、以前一度バルマー一行でプールに行った時は私の体を見るなりトイレに駆け込んでしまって」
だからそれがどうした。
「ですから、もしかしたら自分の体には姫様しか気づいていない、とても目を当てられないような物があるのではと」
何かと思えばそんな事。では聞くが、お前の手は、足は満足に動かないのか? その四肢で地を踏みその手で何かを守れるのだろう。
戦後復興中のバルマーにいたバルシェムだというのなら見た事があるはずだ。戦争で手足を失い義手や義足に頼るもの、体中に消えることの無い傷を負ったもの。
そういった者たちがバルシェムにもいるはずだ。そしてそういった者たちは、苦しみながらも前を向いているだろう。
それなのに、まさか貴様は見た目のコンプレックスなどに囚われているのか?
「それは……ですが、守るべき主君に目を背けられては」
ならば証を立てて見せろ。目を背けられたからどうした。貴様の存在の証明はあの少女を守ること。ならば、それを貫き自分を確立しろ。
そうすれば、そんな些細な悩みなどすぐに忘れてしまうはずだ。
「そ、そうですね。分りました、やってみます! しかし、どうも私はあなたを誤解していたようです」
誤解?俺の事をどう思っていたんだ。
「いつもフラフラと漂うふざけた人だと思ってましたよ。それに、父からはクールな人だと聞いていたし、今みたいな事を言うとは思いもしませんでした」
フッ、なるほどな。なら一つためにならない話をしよう。ある男はよこしまな考えを持つものに作られた男だった。だが、男は熱い心で仲間と共に戦いそれを打ち倒した。
しかし、その戦いの後、幾多の世界をさまよう内に男の心は冷たく乾いてしまった。
そして、乾ききった心はやがて人の温かさを求めた。そして男はユーモアを追及するようになった。
「それは、つまり」
人間笑いが肝心と言う話だ。深く気にするな。

539 :それも名無しだ:2007/10/08(月) 21:09:29 ID:1NaOfGfC
キャクトラと分かれた頃には日が既に傾きかけていた。
だが、まだディスレブに戻る気にはなれず、俺は町外れまで来た。
この町の治安は、色々な要因が重なって驚異的なまでに良い。ある意味機動兵器が闊歩する無法地帯でもあるが。だが、町外れに来れば治安は一気に悪化する。
この町に居られなくなった不良や珍走団をそこらじゅうで見かける。夜になればそれこそ、ここが某犯罪大国ではないのかと疑うほどの荒れ模様だ。
救いといえば銃犯罪があまり無いくらいだ。
タイムダイバー。数多の世界をさ迷う俺たちは、その行為の善悪はともかく世界には常に何らかの影響を与える存在だ。
だが、ここがクォヴレーの帰る場所である以上、ここでクォヴレーが何かしたとしても俺にはそれをとがめる理由は無い。自分の居場所くらい誰にだって必要なはずだ。
「ウォワッ、久保さんの背後霊さんじゃないっすか」
不躾にそんな言葉をかける男を俺はにらみつけた。そこにいたのは、確か……ジキミ
「アークっすよ。いや、すいません。こんな所で見かけるとは思わなくて。てか、久保さんは?」
あいにくと別行動だ。しかし、俺とクォヴレーは完全にペア扱いか?
「だって久保さんは、ディストラさんより背後霊さんと一緒に居ることの方が多いじゃないっすか。それが一人で居たから」
まあ、そういわれるとそうだし、そもそも俺が憑依しているのがクォヴレーなんだから当然だがな。で、こんなところで何をしている。ここの治安は最悪だぞ。
「いや、そりゃそうなんですけどね。ただちょっと知り合いに会いに行ってたんですよ。浮浪者なんだけど、最近はこの辺にいるらしいんで」
そういった手合いと付き合うのはあまり感心できんな。
「まあそう言われりゃそうなんすけど、そういう知り合いってけっこういるし、そういう連中と一緒に居るのも面白し。それに今日のはちょっと特別な人だったし」
わからんな。最上重工の跡取りが、浮浪者と戯れる。まあ、単なる馬鹿なのかもしれないが。
「そりゃないっすよ。まあ、馬鹿って言われりゃ否定はできないけど」
自覚はあるのか。ところで、さっきから真っ直ぐこちらに突っ込んでくる車があるんだが?
アークが俺の言葉を聞き、間抜けな顔のまま、こちらに向かってくる大型自動車を見た。運転手の様子からすると恐らく飲酒運転だ。このままだとアークに車が突っ込む。
こいつが頑丈なことは知っている。だが、車に突っ込まれても死なないというのはありえない。こいつの丈夫さは恐らく何らかの因果律によるものだ。
誰に殴られても、一様に因果律が補正をかける。たとえイルスに殴られても同年代の少女に殴られたと因果律が修正する事でその傷は瞬く間に消える。それがアークの因果律だ。
だが、車に突っ込まれるならたとえ因果律がどう手を加えても車に突っ込まれた事実は変わらない。今こいつは間違いなく死ぬ。

540 :それも名無しだ:2007/10/08(月) 21:10:32 ID:1NaOfGfC
こいつは間違いなく死ぬ。確かにそう思った。だが、その直後に俺の目に信じられないものが映った。
アークに突っ込む直前に、車が横にそれた。そしてそのままそばの電信柱に突っ込んだ。
しかも見ていた限り、運転手はハンドルを切っていない。いや、それどころか車のタイヤもアークのほうを向いていた。
まるで何かに吸い寄せられるように、車は勝手に曲がった。
アークは数瞬唖然とした顔をしていたが、すぐに我に返る。
「し、死ぬかと思ったぁ……って、それどころじゃねえ!おい大丈夫か!」
今しがた死に掛けたというのに、アークはまるで気にする素振りすら見せないまま車のほうに向かった。
俺はその背中を見つめ、冷たい血が全身を駆け巡るような感覚に襲われた。
人は誰でも何かしらの因果律に縛られている。数多世界をさまよう運命、報われない恋の運命、逃れられない貧乳の運命。その中でもこいつは、とても重い運命を背負っている。
いつも、ギャク補正や特異体質という言葉でこいつの事は片付けられる。だが、そんなはずがない。こいつは既に幾度か命に関わる事態に陥ったことがあるはずだ。
にもかかわらず、何の取り柄も無いただの馬鹿がなぜ今なお無事で居られるのか。恐らく、こいつは死ぬことを、否、健常体を失うことを許されない運命に縛られている。
それに、これほどの目にあえば注意深くならずには居られないはずだというのに、まるで実は脳を隠しているのではというほど注意力散漫だ。
こいつの因果律には馬鹿で居ることも運命付けられているのだろう。そして、これほど強固な因果に縛られているということは、もう2つ運命があるはずだ
それが何かは分らない。だが、もし何かが起きたとき、それがトリガーとなりこの男の運命が動き出す。大きな悲劇の運命と大いなる者の運命。
馬鹿で死なない。これを持つものがたどる運命は、世界を救う英雄となるか、はたまた世界を震わす大悪党になるか。
ただ、どちらも、自分の世界すら変えてしまう悲劇という決定的なトリガーが必要だ。エクサランスなど平行世界の敵ではなく、この世界の敵が現れればその時は……。
もっとも、今この世界は平和だ。俺たちが戦っているうちはそうそう巨大な因果律の動きなどないだろう。
アークはそろそろ周囲に集まりだした野次馬の群れから抜け出してきた。
「いやー、運転手は無事みたいだし、ここらで逃げようと思うんだけど」
ほう、この状況で逃げるのか。ここで運転手でも助けておけば、ちょっとした美談になるが?
「いや、そういう事やって名前売れるのは嫌なんっすよ。なんでか知らないんだけど」
つくづく英雄の素質だけは立派なものだ。恐らく、有名になることも今の段階では抑制されているのだろう。
そして完全に待ちは夜になった。そろそろ戻ってもいい頃だ。

541 :それも名無しだ:2007/10/08(月) 21:11:03 ID:1NaOfGfC

俺はアークと分かれてそろそろOG町に戻ろうとすると、不意に妙につややかな男の声で引き止められた。
「おや、イングラム・プリスケン氏ではないですか。このようなところでいったい?」
そこにいたのは、シュウヤだった。父親に見た目と言葉遣いこそ似ているが、中身はまるで違うというのが今のところの俺の中でのこいつの評価だ。
ところで、声をかけられたほうが聞くことでもないが、なぜこんな時間にこんな所にいる。
「ああ、ちょっと知り合いに会いに。まあ決まった住所を持たない人なのでなかなか会えないのですが」
さっきアークもそんなのに会いに行っていたが、最近の子供の間ではホームレスと戯れるのが流行っているのか?
「ああ、たぶん同じ人ですよ。そうですか、彼は会えたんですか。いやあ残念だなあ」
そうか。まあ、別にどうでもいいんだが。ところでこの世界のお前の両親はどうしている?
「母とは良く会いますけど、父は……。まあ、生きてはいるでしょうけど。そういえば、貴方とよく一緒に居る別の世界の父は?」
元気にしてるさ。まあ時々騒々しいこともあるがな。
「そうですか。父はどの世界でも人に迷惑をかけているようで。ほんとに申し訳ない」
そう言うな。お前の父親は、凄まじく重い因果の鎖に抗ったのだ。邪神に操られ、世界を混沌に陥れる運命にな。
肉体、もしくは人とのかかわりというかけがえの無いものを捨てることで、穏やかな因果地平の片隅にようやく流れ着いた男なのだ。それを責める理由は無い。
俺もそうだった。数多世界を渡り歩き、その行く先々で操られ、自己を確立するために戦い、死の間際にリュウセイに未来を託す事を繰り返した。
この世界で肉体を失いクォヴレーに憑依することでようやく俺は解放された。
シュウヤは深く考えされられるような顔で俺を見た。口には出さないが、こいつもある意味危険な運命を抱えている。
先ほどのアークは英雄の運命を持っているが、こいつはカリスマの運命を持っている。
確固たる能力と、不遜ながら人を惹きつける言動。こいつも何かトリガーが引かれれば、因果律に縛られることになる。
正義か悪かは分らないが、大きな一つの流れを作れるだろう。
シュウヤは考えるのを中断して、俺のほうを見た。
「そうですね。まあ、父がどうだろうと私は自分の道を行きますよ。女性に最高のランジェリーを提供するそれが私の使命です」
そうか。それならばそれでいい。この穏やかな運命の波の中で、自分で未来を切り開けるのなら。
それからしばらくシュウヤと話して俺はバランガ家に戻った。

542 :それも名無しだ:2007/10/08(月) 21:13:38 ID:1NaOfGfC
バランガ家の前まで来て、俺は立ち止まった。
チッ、クォヴレーのヤツ。普段はこの時間は編み物でもしているというのに、よりによって玄関で電球を換えている。
仕方なく俺は裏口から家に入ると、ゼラドと鉢合わせした。
「あれ、背後霊さん?確か今祭りの歌を踊ってるんじゃ……」
い、いや。色々とな。ところで、ゼラドこそ裏口から外に出るなどと。
「エヘヘ。実はジュースが切れてたんだけど、今から出かけると絶対お兄ちゃんが止めるから裏口からこっそり行こうと思って」
そうか。まあ、気をつけろ。
「うん。背後霊さんも50時間頑張ってね」
そういうと、ゼラドはこそこそと裏口から出て行った。俺はそれを見てふと思った。
この世界は奇妙な運命に縛られた者が多い。その割りに、他の世界には必ずいそうな英雄はカリスマはその片鱗を見せるに留まっている。
その奇妙な流れ、それはタイムダイバーが常駐している事やエクサランスの来襲などが原因だと思っていたが、冷静に考えるとその中心はゼラドではないのか?
現に、たびたびゼラドは世界の改変や時間移動など、単一の人間には不可能な因果律の制御を行っていた。
ゼラドと言う存在はこの世界の因果律の流れを変えてしまう堤防のようなものなのかもしれない。
ではなぜそうなったのか。それは恐らく俺とそしてディスレブ。そしてその中に居るユーゼスのせいだろう。そしてゼラドの力のトリガーはクォヴレーだ。
ゼラドは生まれたときから因果の楔から解き放たれている俺を見て育ち、ディスレブと言う因果律に抗う機関の余波を受けながら育った。
そしてユーゼスは、ディスレブ越しにだがアカシックレコードを取り込んだ存在ゼストの形をゼラドに無意識に伝えた。
それによってゼラドの中にはアカシックレコードそのものか、もしくはソレを制御する器官が存在するはずだ。
それが数々の超常現象を起こし、数々の過酷な運命を休眠させているのだろう。
もっとも、俺たちには直接は何も出来はしない。ゼラドと密接に関わるそれをゼラドが生きたまま取り除けない。そしてゼラドが死に至るだけの危機に陥れば因果の暴走が起こる。
どれほどの規模になるかは知らないが、補完かあるいは調律くらいの事は起きるはずだ。
恐らくゼラドが天寿を全うしないかぎりそれは取り除けないのだろう。
やれやれ厄介な話だ。喜べクォヴレー、お前はゼラドの一生を見守り死の瞬間まで付き添う義務が出来たぞ。それでもタイムダイバーの仕事もするんだ。
っと、これだと今までどおりだな。自然と俺の口元には笑みが浮かんでいた。暢気なものだ、世界を破壊できる爆弾がすぐそばにあるというのに。
俺がディスレブに戻ると、やはり二人が出迎えた。そして辺りには軽快な音楽が流れている。
「思ったより遅かったですね。しかし参りました、50時間なんていったから本当に50時間もこの曲を流さないとならなくなってしまいましたよ」
「そんな事より、今度はジュデッカOOというのを企画しているのも私だ」
「ハハハハハ今戻ったぞ!パーティーの土産など期待するな。だが、タッパーに詰めて帰った料理ならくれてやらんでもない」
マサキも戻ってきてディスレブの中はいつもの賑わいに戻った。そして俺もそこに腰を下ろし皆の中に加わった。


543 :それも名無しだ:2007/10/08(月) 21:16:50 ID:1NaOfGfC
おまけその1
「私キャクトラは!ただ姫様のために!この身から肉がはげ骨が粉塵と成ろうとも!魂魄が消えうせるその日まで!全身全霊をかけてお仕えするするのだ!」
イングラムに言われた事を頭の中で反芻しながらキャクトラは左手の小指だけで懸垂をしていた。
熱気がこもり服が邪魔になり、上半身裸でひたすら懸垂をしていると扉が開いた。
「騒々しいぞキャクトラ。アルも怯えておる……て、ムッ」
部屋に入ってきたルナはキャクトラを見るなり扉を閉めてドタバタと走り去った。
しかし、ソレを見るキャクトラの顔には動揺も迷いも無い。
「フッ。たとえルナ様にどのような目を向けられようと!私はただこの身をルナ様の剣として、盾として、捧げるだけだ!」

「くっ、あやつ、あんなかっこうで。いかん、落ち着かねば、そうだアルの肉球を数……えてもしょうがない!素数を数えよう」
「五月蝿いぞ!せっかくいい脚本が浮かんだというのに!」
「だまれ小太り!お前などに用は無い!」

おまけその2
イングラムは、そういえばと首をかしげる。けっきょくアークやシュウヤが会っていた浮浪者とは誰なのだろうかという疑問に。

OG町の隣町。その路上でレーツェルは浮浪者と会っていた。
「久しぶりだな。前に会ったのはスレイチェルの誕生日に男女切り替えリバーシブルスーツを持ってきたときだったな」
「ああ、あれね。面白いだろぉ、表だと女物なのに裏返して着ると男物になるんだぜ。って、そんな話じゃないだろ、貴族様が俺みたいな浮浪者に会いに来る理由は」
「親戚の婿に会いに行くのには、さすがに理由が必要か。それと、浮浪者と言うが単に家を構えるのが億劫なだけではないのか?タスク・シングウジ」
言われてタスクは鼻をすすった。さらにレーツェルは続ける。
「イカサマと勝負運で成り上がり、ガーシュタイン家の者を嫁にもらえるまでになりながら、今は仕事を部下に任せて一人路上生活。ある意味羨ましいな」
「よせって。俺はただタキシードを着てやるギャンブルは性に合わねえから、こんな所で青空マージャンとかしてんだぜ。で用件は?」
「なに、ちょっと店の経営に難癖をつけてくるヤクザがいて、経営に詳しい4本合いのロボットに頼んだのだがあそこまでイリーガルにやられてはどうにもならなかった」
「で、俺に役目が回ってきたわけね。オッケー、久々にスリルを味わいたいところだったんだ。チキンレースでもカードでも何でも来いよ」
そういうとタスクは頭にバンダナを巻き、立ち上がった。

544 :それも名無しだ:2007/10/08(月) 21:29:14 ID:PFMYNmUc
GJ!イングラム格好良いよw

あとタスク何してんのwレオナに怒られるぞwww

545 :それも名無しだ:2007/10/08(月) 21:37:42 ID:sFcAGbiJ
タスクwwwwwwww
1.家に帰ったらレオナに殺される
2.だから帰らない
3.依頼が入る
4.そろそろ帰ろうと思うが…
以下∞ループ

546 :それも名無しだ:2007/10/08(月) 21:52:09 ID:iAz0UoGL
ちょwwwタスクwwwwww
キャラが確立する前にフェードアウトした挙句サルベージもさせてもらえない不遇の息子に代わって、
親父様の方が今後ネタにされる希ガスwww

547 :それも名無しだ:2007/10/08(月) 22:19:28 ID:jXvfUnkr
レオナの飯の不味さに逃げてきたんだろうかw

548 :それも名無しだ:2007/10/08(月) 22:38:22 ID:XjTvLefJ
きっと毎日お粥なんだよ

549 :それも名無しだ:2007/10/08(月) 22:51:10 ID:CZkET/Hf
息子は名前自体がネタだったからな……レタス君

550 :それも名無しだ:2007/10/08(月) 23:35:56 ID:/o/BCxr3
ゼラドとゼストってなんか語呂が似てる……

そうか!ヒロインだと思ってたがゼストの力でラスボス化も可能なんだな!>ゼラド

551 :それも名無しだ:2007/10/09(火) 00:07:17 ID:WFRCqBOY
>>536-543
GJなんだぜ、なんか萌えスレのイングラム先生シリーズ思い出した
アークはあれか、愚者か。でゼラドが魔術師

552 :それも名無しだ:2007/10/09(火) 00:26:34 ID:AGS968pi
なんで誰もマサキ違いのマサキがいることにつっこまないのかな?

553 :それも名無しだ:2007/10/09(火) 00:30:37 ID:QYx24eEi
>>552
冥王様の事か?以前からいるぞ?

554 :それも名無しだ:2007/10/09(火) 00:33:09 ID:+nk7oiRP
>>552
よくあるこった、気にすんな

ってのじゃあれだな
ディスレ部は、αビンボーズスレの流れだからな

555 :それも名無しだ:2007/10/09(火) 00:35:43 ID:qXTj6N7C
ttp://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org5306.zip.html

ハザリア「取りあえずシナリオだけ作ってみた。
 か、勘違いするな! べつに貴様らのためではないのだからな!
 VectorでLUNARとか入れて検索したら出てくるであろうツールにmscs.ssfを突っ込めば読めると思う。
 そういう名前のツールを使ったにもかかわらず、
 新キャラを多めに入れようとしたところ、なぜかルナの出番がばっちり皆無になるという痛快な事態が起こった。
 まあこれは愉快なので、このまんまにしておくつもりだ。

 いっておくが、テキストと最低限の分岐しか作っていない。
 絵も音もないからな、はっきりいって、ゲームとしてはかなりつまらないと思う。
 それから、なにぶんおそろしく手軽なツールなので、ちょいちょい表示がズレる。
 だから、普通にネタとして読みたかったら添付のテキストファイルにしておいた方がいいと思う。
 あとは、なんかそれぞれのスキルを持ってる人間に託した!」

556 :それも名無しだ:2007/10/09(火) 00:45:21 ID:EJSd/v9C
>>555
GJ!

557 :それも名無しだ:2007/10/09(火) 00:51:26 ID:AGS968pi
誰か、誰かプロ来てー

558 :それも名無しだ:2007/10/09(火) 03:12:15 ID:Y/xO3h9o
戦闘のプロが華麗に参上しそうだ

559 :それも名無しだ:2007/10/09(火) 04:36:31 ID:Ddbkq85q
>>555
以前、吉里吉里でテケトーなのを作ったものです。
ちと、これお借りして組み込んでみても良いですか?

あと、誰か画像素材頼む。
自分で作っても良いけど時間かかるしなぁ。

560 :それも名無しだ:2007/10/09(火) 04:53:32 ID:Ddbkq85q
ごめん、よく見るとエンジンにのせてたのね。
lunerってsusie用画像閲覧ソフトだと思った。
すまん、忘れてくれ。

561 :それも名無しだ:2007/10/09(火) 07:55:42 ID:4Nlruqy2
俺が一からスクリプト勉強して作るよ!
っていいたいが受験生だしムリポorz
勇者に後は託した!

562 :それも名無しだ:2007/10/09(火) 17:24:09 ID:TuKEIyUk
>>555
見たいのに、PASSが分からない…orz
誰か教えてくれ。

563 :それも名無しだ:2007/10/09(火) 17:53:16 ID:rdu598E9
>>562
目に見えるもの全てが真実とは限らない。
ぶっちゃげメ欄を良く見ろ。

564 :それも名無しだ:2007/10/09(火) 18:50:30 ID:0z2De1as
>>563
ごめん。俺PC詳しくないからよくわかんない。
なので詳しく教えてくださると、非常にありがたいです。

565 :それも名無しだ:2007/10/09(火) 18:52:32 ID:+nk7oiRP
srwocだよ
あと初心者ってのは免罪符にはならんぞ

566 :それも名無しだ:2007/10/09(火) 18:54:48 ID:0z2De1as
>>565
dクス。以後気をつけます。

567 :それも名無しだ:2007/10/09(火) 18:55:16 ID:9JskM+Fp
いいからsageろ

568 :それも名無しだ:2007/10/09(火) 19:03:26 ID:5+TXh3QV
いいからageろ

569 :それも名無しだ:2007/10/09(火) 19:08:03 ID:nb4f5BSc
半年ROMってろ

570 :それも名無しだ:2007/10/09(火) 19:09:24 ID:GcKljiRd
半年ロム兄さんしてろ

571 :それも名無しだ:2007/10/09(火) 20:31:32 ID:06DpI0Mm
自らを初心者といい
sageがわからぬのをパソコンのせいと…


ごめん、ロム兄さんみたいなカッコいい言葉が浮かばないから引きこもっていい?

572 :それも名無しだ:2007/10/09(火) 20:37:12 ID:9+omHMbm
>>571
いや、とりあえず社会勉強の中でボキャブラリと感性を磨いてこい

573 :それも名無しだ:2007/10/09(火) 20:48:19 ID:06DpI0Mm
いきなりCM

ゼラド「…ネットが遅いなぁ…」
アオラ「光が欲しいよねぇ…」
ゼオラ「でも光は高いから…」


ディストラ「だったらフレッツ光!!」
ガンスレA「光は高いと言う前に〜」
ガンスレB「もいちど値段を比べよう〜」
ガンスレC「電話とセットで」
ガンスレD「ADSLよりフレッツ光が安い」
ガンスレE「お得納得聞いてみよう〜」
ガンスレF「フリーダイヤルいちいちろくいちいちろく(0120-116-116)」
イングラム「いーろいーろ聞いて♪」
ディストラ「今なら無限光(むげんひかり)へのご招待無料で〜す」
イングラム「せっかく可愛く言ったのにいぃぃぃ…」
ディストラ「ふふふっ♪」


クォグレー「フレッツとは…フラット、フレキシブル、フレンドリーの頭文字のFにLet's…なになにしようを付けた造語だ」
ディストラ「西日本と東日本で表記もサービスも違うから気を付けてね〜」

574 :それも名無しだ:2007/10/09(火) 20:49:28 ID:9+omHMbm
せめて○で人文字隠すとかさ…

575 :それも名無しだ:2007/10/09(火) 21:12:25 ID:7llkG6Dg
ttp://doiob.net/doiob/uploader/src/up10854.jpg
から
ttp://doiob.net/doiob/uploader/src/up10858.jpg

403で見れないからだれかupしてくれませんか?

576 :それも名無しだ:2007/10/09(火) 23:58:17 ID:UGWL0yl9
ルナ「……何故私が携帯電話会社の受付嬢をやっているのだ?」
キャクトラ「ルナ」
ルナ「お兄様!………まて!なぜキャクトラが私の兄なのだ!?」
キャクトラ「ヒトツ聞キタイ事ガアル」
ルナ「何故カタコト!?聞きたい事があるのは私……何故父様が犬なのですか!?」
犬久保「全ての事に因果がある」
ルナ「い、因果とは何ですか!?」
犬久保「お前にはまだ早い!」



イングレッタ「そういえばゼラド、携帯電話を買い換えたいとか言っていたわね」
アストラ「……放置しておいていいのか?」
イングレッタ「面白いから見てましょう」

577 :それも名無しだ:2007/10/10(水) 00:01:53 ID:3svdrfxP
なんという白計画
そして俺は犬久保をもらっていく

578 :それも名無しだ:2007/10/10(水) 00:08:43 ID:m1ialoVt
???「ふっ、我々の力をもってすれば犬とクォヴレーのハイブリッドを作ることなど造作もないことです」

579 :それも名無しだ:2007/10/10(水) 00:23:57 ID:fAg/3zE9
ゼラドの世界書き換え、クォヴレーすら巻き込むのかよwww>白い計画

だんだん強力になってるな

580 :それも名無しだ:2007/10/10(水) 00:43:03 ID:fe3P22jf
多分この手の世界改変はゼラド自身の欲求に根差すものだから、好き勝手やらせとけば直に治まるんだよ。きっと

581 :それも名無しだ:2007/10/10(水) 12:11:42 ID:eNM9q9D8
リトゥルートも作ってくれ…

296 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

>>1 >>1 >>1 >>1 >>1 >>1 >>1 >>1 ★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)