5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

もしスパロボの主人公が吸血鬼ハンターDだったら

1 :通常の名無しさん:2007/09/13(木) 13:04:34 ID:b9utBINL
もし、スパロボの主人公が、Dのような悪役の方が人間らしい
とさえいわれることもある菊地秀行の主人公キャラだったら
というIFを語るすれです。SS大歓迎です。


2 :それも名無しだ:2007/09/13(木) 13:05:50 ID:ec94DX1Z
>>1


3 :それも名無しだ:2007/09/13(木) 13:05:51 ID:1wDSRi09
>>1なんでこんな糞スレたてちゃったの?

4 :それも名無しだ:2007/09/13(木) 13:11:01 ID:fn5LaG10
以降、濃厚な天道総司スレになります。お楽しみに!

5 :それも名無しだ:2007/09/13(木) 13:27:20 ID:DeH+4Zl/
天童よしみだと?
意外にぽっちゃりな奴だ

6 :それも名無しだ:2007/09/13(木) 14:04:30 ID:vCD3Q9/W
D「ヴァンピーアレーザー照射!」

7 :それも名無しだ:2007/09/13(木) 14:16:30 ID:zC53uM8+
おばあちゃん(アギラ)が言っていた

8 :それも名無しだ:2007/09/13(木) 14:51:30 ID:VJD9w4Vp
吸血鬼ハンターDを知ってる人なんて、そうそういないべ…

9 :それも名無しだ:2007/09/13(木) 15:05:25 ID:vCD3Q9/W
オタの教養として菊地秀行ぐらいは知っておいて欲しいけどね。
少年漫画、特に能力バトル物に大きな影響を与えた人だし。

ハンターDは某所で映画版が観れるから興味のある人は(ry

10 :それも名無しだ:2007/09/13(木) 15:24:51 ID:6OxjGscJ
自分の常識を世間の常識と勘違うお年頃か

11 :それも名無しだ:2007/09/13(木) 17:17:15 ID:FPWFCbVD
つまんねつまんねつまんねつまんねつまんねつまんねつまんねつまんねつまんねつまんねつまんねつまんねつまんねつまんねつまんねつまんねつまんねつまんね
つまんねつまんねつまんねつまんねつまんねつまんねつまんねつまんねつまんねつまんねつまんねつまんねつまんねつまんねつまんねつまんねつまんねつまんね
つまんねつまんねつまんねつまんねつまんねつまんねつまんねつまんねつまんねつまんねつまんねつまんねつまんねつまんねつまんねつまんねつまんねつまんね
つまんねつまんねつまんねつまんねつまんねつまんねつまんねつまんねつまんねつまんねつまんねつまんねつまんねつまんねつまんねつまんねつまんねつまんね
つまんねつまんねつまんねつまんねつまんねつまんねつまんねつまんねつまんねつまんねつまんねつまんねつまんねつまんねつまんねつまんねつまんねつまんね
つまんねつまんねつまんねつまんねつまんねつまんねつまんねつまんねつまんねつまんねつまんねつまんねつまんねつまんねつまんねつまんねつまんねつまんね
つまんねつまんねつまんねつまんねつまんねつまんねつまんねつまんねつまんねつまんねつまんねつまんねつまんねつまんねつまんねつまんねつまんねつまんね
つまんねつまんねつまんねつまんねつまんねつまんねつまんねつまんねつまんねつまんねつまんねつまんねつまんねつまんねつまんねつまんねつまんねつまんね

12 :それも名無しだ:2007/09/13(木) 21:36:19 ID:KyHe9vOk
はいはいつねんまつねんま

勿論左手は精神タンクなんだよな?

13 :それも名無しだ:2007/09/13(木) 22:34:18 ID:FJT0uvSB
作者の人間性と作品は別って考えだけど、
後書で他の作家けなしているのを見て読むのやめた。

14 :それも名無しだ:2007/09/14(金) 09:35:51 ID:Nlbl9diM
あれは売られた喧嘩を買っただけだよ。相手が相手だし。
これだけじゃ何だからスレタイに沿ったレスをするとだな…

奇しくもDと同じ声優が演じてるギリアム。ああいう感じの
謎めいてて、基本良い男で、女に優しくて、やたら強くて
多少オッサン臭いってのは菊地作品の主人公に多い。

15 :それも名無しだ:2007/09/14(金) 10:33:49 ID:kH+HoSxI
とりあえず>>1は悪魔城ドラキュラXでもやってろ

16 :それも名無しだ:2007/09/14(金) 10:39:55 ID:s4Gj7bDB
アルカードとDじゃ性格が…

17 :それも名無しだ:2007/09/14(金) 10:44:26 ID:BVJJKoN5
有門幻也がどうしたって?

18 :それも名無しだ:2007/09/14(金) 10:58:41 ID:CAUQW32l
あまりの美形に敵の女が寝返るなんて日常茶飯事なんですね?

19 :それも名無しだ:2007/09/14(金) 11:07:27 ID:fdPHnDBe
あんまりにも美形なんで敵の攻撃が避けて通ります。

20 :それも名無しだ:2007/09/14(金) 12:03:27 ID:Qo7vWa8y
あまりにも美しいので、そこら辺の星がビーム撃って援護してくれます

21 :それも名無しだ:2007/09/14(金) 12:15:48 ID:WrDRcxYd
>>14 Dは塩沢じゃなかった?

22 :それも名無しだ:2007/09/14(金) 12:27:47 ID:Nlbl9diM
昔のOVAは塩沢兼人。新しい劇場版は田中秀幸。
俺はどっちも好き。

23 :それも名無しだ:2007/09/14(金) 19:38:36 ID:JJRd8jXr
あと何故かアラドやラリアー、ルアフなどの可愛い男の子には異様に優しい

24 :それも名無しだ:2007/09/14(金) 20:31:19 ID:rnTcX+9S
エピローグで少しだけ微笑むんですねッ!?

25 :それも名無しだ:2007/09/15(土) 00:07:38 ID:hrGBtBLD
 光があった。星の光。月の光。太陽の光。
 地球静止軌道上に浮かぶ貴族の作り上げた対異星人迎撃用攻撃ステーションが、その光を浴びている。全長200キロメートルのステーションは、中世欧州の王侯貴族の城や屋敷を元にしたらしく破風や尖塔が無数に突きでている。
 石を積み上げたような壁面には古めかしい銃眼や鎖でまき上げる城門ある。かつては超重力衝撃砲や反物質ミサイル、重金属粒子砲で武装し、別銀河から襲来した数多の敵性宇宙人を迎え撃った歴戦の衛星であった。
 だが、今はその活動を停止してゆうに四千年を迎えようとしている。今もその中に無数のミクロサイズの原子炉を動力源とし、眼下の青き星を何万回も破壊し尽くせる兵器を眠らせている。いや、眠らせていたというべきだろう。
 ほんの数日前、地表から反重力レール作りながら駆けあがってきた馬車がこのステーションに乗り込んでから、悠久の時の流れに消え果てるはずだった地球の守護の為につくり
あげられたこの基地は、今や地球の覇者として返り咲いた人類を粛正する為の、裁きの道具と化しつつあった。
 そして、同じく地上からこのステーションを蘇らせた主を追って、ある一人の若者が侵入してから、既に五時間が経過していた。
 星の光は変わらない。月の光も変わらない。太陽の光も変わらない。だが、宇宙の暗黒は、わずかに震えたようだった。この世のものとは思えぬ凄惨な断末魔に。

 加えられるあらゆる力を四次元方向にずらし、如何なる攻撃も無効化する次元偏向コーティングが施された厚さ三メートル、重量無限トンの特殊鋼のドアの万分の一ミクロンの隙
間もない合せ目が、朝日が夜の闇を切り裂くように左右に開かれてゆくのを、その男は静寂という言葉でも及ばぬ静けさで見守っていた。
 光は、一振りの優雅なカーブを描く長剣の刃だった。それを携える男を目にし、彼は感嘆の吐息を吐きだした。灰色の数千年を送った精神が、長い時の果てに薔薇色に染まった気分であった。
 彼がいるのは、ステーションの動力炉であった。全長百メートルほどの室内には、驚くほどモノがない。四方から伸びる幅十メートルの通路の中央に、鳥籠の様なモノが置いてあるだけだ。
 その鳥籠が、総数一億に及ぶ原子炉の集合体と知ったら、地上の人間達は、かつての覇者たちの知恵にやはり感嘆するのだろうか。
 白い照明の光が照らす動力室が、一瞬闇に閉ざされた感覚を彼はおぼえた。兆件の主が運び込んだ世界原初の闇の様に思えた。最も濃く、最も深く、最も深い闇。
 夜の魔――吸血鬼たる貴族の彼にとっては不可思議な安堵を憶えさせられる闇だった。だがそれも、眼前に長剣の主を前にすれば、瘧にかかったような震えが細胞の奥から沸き立つ。
 彼は、恐怖と、なぜか憧憬を混ぜ合わせて呟いた。若者の名を、恭しく。
「D……」
「ヘッケライ男爵だな?」
 Dと呼ばれた若者が答える声は、錆びた鋼が擦れて奏でた様に重く、されども天上の楽士が厳かに鳴らす鐘の様に涼やかだった。
 Dの声に問う感情はあまりない。今このステーションに残る生命は――それが呪われた死者の者であっても――D自身と、眼前の貴族だけであるとヘッケライが誰よりも知悉している。なぜなら彼ら二人以外のすべては、既にDの刃の露と消えたのだから。
 Dが長剣の切っ先を、上げた。それはヘッケライの胸元をさして止まった。脈打たぬ心臓を指し、それをもらうと無言で伝えたか。
 ヘッケライの右手首がこねられた。元の位置に戻らされた血の通わぬ青白い手が握るのは、両刃の斧であった。柄が一メートル、刃の長さは五十センチほど。超振動による分子の結合を崩壊させて斬る武器だ。
 なぜヘッケライがステーションを復活させるかさえ、Dは問わぬ。彼が受けた依頼は眼前の貴族を滅ぼす事。何故滅ぼさねばならぬのか、それはこの若者にとって路傍の石にも等しい事。
 Dの銀の滑車がついた黒いブーツが、絶対金属で造られた床を蹴った。動力炉とは別に設けられた重力制御室が、ステーション全域を1Gに設定してある。
 黒いコートは蝙蝠の翼の如くたなびき、漆黒の軌跡を残してヘッケライ男爵の胸元に飛び込んだ。勝負は一瞬で着いた。
 人間の限界を突破した超人でさえ及ばぬが貴族。その貴族を狩る超人を超えた存在が、吸血鬼ハンター。そして、Dという名の若者は史上最強の吸血鬼ハンターであった。
 ヘッケライの斧はDの左肩を割りDの長剣の切っ先はヘッケライの心臓を貫いていた。万分の一秒で生死を分かつ死闘は、一秒に満たぬ時で終わった。

26 :それも名無しだ:2007/09/15(土) 00:09:30 ID:hrGBtBLD
 呪われた生を終える貴族の結末として、灰に変わりゆくヘッケライは、Dとさして変わらぬ年の顔つきに、なぜか笑みを浮かべていた。
「D……。やはり、あの、御方の……」
 ヘッケライは一握りの灰と化してDの足元に蟠った。血の雫一つ着いていない長剣を背に負った鞘に鍔鳴りの音と共に戻し、一億の原子炉が集められた主動力炉に向かい音も無く歩き始めた。
 ほんの一瞬前に滅ぼした貴族の若者の事などすでに忘れたと告げる姿である。
 Dはドーム状の動力炉の前に設置されているパネルに、五指を開いた左手をかざした。ステーションを統括するコンピューターには思考を読み取る機能位はあるはずだが、それを利用するわけでもなさそうだ。
「ふむふむ。ほうほう。ほっほっほ、これなら太陽系を三十回吹き飛ばせるわい。あやつめ何が目的でこんな事をしたのか。聞いてみるの一興だったかの」
 先程までの若者に相応しからぬ重々しい時の果てを垣間見た様な錆びた声とはまるで違う、がらがらの、聞いている方が哀れに思ってしまうような老爺の声だった。
「止められるか?」
 こちらは美しい鋼の声だ。多分、これがDの声だと思いたい。
「止められぬと言っても止めさせるのがお前じゃからなあ。えらい人使い、いやさ手使いの荒い奴じゃわい」
 左手をかざしていたDは、しかし閃光の速さでその右手に鞘に戻した筈の長剣を握っていた。軽口を叩いていた左手に浮かんだ皺まみれの老人も、硬く口を閉ざし、それが意味する事を理解していた。
「おい」
 しわがれた声には緊張が満ちていた。その奥深くに、どこか、ようやくかと楽しむ感情を含みつつ。Dが視線だけで周囲の世界の全てを探る。この若者ならば原子レベルの変化でも知覚しかねない。
 その、見つめた者の魂までも吸い込みそうな、深い黒瞳が空中のある一点で視線を止めた。そこに、巨大な何かがいた。何時からそこにいたのか。ヘッケライがこのステーションを目覚めさせた時からか、Dがここに来てからか、それとも今か。
――久しぶりだな。
 それは、Dの声に似た、けれどもはるかに重々しく響き渡る声で告げた。Dが千年万年の時を疲労と絶望に苛まれながら生きれば、こうなるだろうか。
「お前の仕業か」
――すべては試練だ。お前というたった一つの成功例へ課す、な。
「はるかな過去に終えるべきだったな。お前は長く死にながら生き過ぎた。おれと共に時の流れの中に滅びろ」
――それもいいだろう。だが、それはまだだ。
 Dが飛んだ。それまでの過程を、映画のフィルムのコマ飛ばしの様に抜き去ったような、神速の飛翔であった。破壊するエネルギーが宇宙に存在せぬ筈の絶対金属の床に、踝までを埋めて飛ぶD.
 長剣の煌めきは、この世に断てぬものなど無いと森羅万象に告げるように冷たく美しい。 光の弧は、Dの右下段に下げた右手から上方に弧をえがいて、声の主の額を割った。
 肉と骨を断つ確かな感触。刀身を濡らす冷え切った氷の温度を持った血。その全てをDは感じ取り、そして、声の主を討つには足りぬと全霊で悟った。
――また、腕を上げたな。だが、先ほども言った様に、まだなのだ。故に、お前には新たな試練を課す。
 長剣を抜き取り、虚空に身を躍らせながら、コートを翼の様に一打ちし、物理法則を無視して今一度声の主に斬りかかる。その黒い瞳は、血の海を凝縮したような赤い色に変わっていた。
 そのDに、左手が焦りに満ちた声で告げた。
「まずい、あやつ、アカシア記録を操作しておる! 今の時を別の時に繋げる気じゃぞ!?」
 動力炉に満ちる霧状のエーテルを割り、Dの長剣が今一度声の主へと襲い掛かる。荘厳な、しかしどこか疲れた声が告げた。
――お前はたった一つの成功例だ。だが、これからもそうとは限らん。故に、試練を乗り越え続けろ。D
 Dの視界を、判別できぬ色合いの光が染め上げた。
 西暦12×××年。核の炎、放射能の生み出したミュータント、貴族を名乗る吸血鬼の台頭、異星人の侵略、隷属された人間の反攻の歴史を経た世界から、ある若者が姿を消した日であった。

  
 次は任せた!

27 :それも名無しだ:2007/09/15(土) 01:50:01 ID:ztoEVs/u
「奴」がスパロボ世界を知ったらむしろ嬉々とした表情でいい試練だとか
Dを送り込む気がします。別種の刺激は進化を促進させるとか考えて
そうで・・・。しかし、Dはいざとなったら平気で敵を苦しませて殺す
こともいとわないからそこでスパロボキャラと滅茶苦茶もめそうです。
OGのハゲおやじやリー(テツヤが見逃したシーンでは間違いなく止め
を刺す)は絶対に殺すでしょうし。もっともこれは大半の菊地キャラに
いえることですが。屍あたりは、腐敗した高官(悪徳警官を実際始末し
ているし)たち(高官に近づける立場なら)を暗殺しそうです。
あれ?下手したらスパロボキャラよりもずっと平和に貢献(膿をささっと
だして結果的に被害を最小限にする)するかも・・・。


28 :それも名無しだ:2007/09/15(土) 01:53:06 ID:hxq1AAF6
>>1

原作読んで面白かったのはわかるけどここにスレ建てるのやめてくれないか?

29 :それも名無しだ:2007/09/15(土) 01:54:08 ID:jsdeeujL
>>25-27板違いもいいとこだし、長文ウゼーんだよ、はやく首吊れや馬鹿どもが

30 :それも名無しだ:2007/09/15(土) 02:09:34 ID:jsdeeujL
>>29だけどよ、Dも天野絵も好きなのに>>1とか>>25-27みたいな馬鹿のせいで嫌いになりそうだわ、マジで!少しぐらいは他人の迷惑とか考えろや

31 :それも名無しだ:2007/09/15(土) 02:37:04 ID:Mm1XFCls
何を熱くなってるんだ…このアフォは。
こんなスレはスルーしとけばネタも無くなってサッサと落ちるだろ。

32 :それも名無しだ:2007/09/15(土) 09:57:52 ID:x3X02JNE
テッカマンがOKなら人形娘もいけるな。

33 :それも名無しだ:2007/09/16(日) 21:40:37 ID:ysZuk0Q3
>>23
女の子にも優しいよ
それ以上に男の子には妙に執着するが
男の子殺されてキレてクトゥルー斬り殺すなんてこともあるくらい

34 :それも名無しだ:2007/09/17(月) 08:19:10 ID:ta6izfU7
男女関係無く、子供全般な気がする。

35 :それも名無しだ:2007/09/17(月) 10:14:53 ID:AaQNvtk1
まあ、Dは一応(笑)ジュブナイルだからねw

36 :それも名無しだ:2007/09/18(火) 19:12:09 ID:Src40qFn
>>31
ageてる時点で釣りにしか…

15 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

>>12>>13>>14>>15>>16>>17>>18>>19★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)