5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

鬼姫と100秒を同じ部屋に3回閉じ込めてみた

1 :爆音で名前が聞こえません:2006/11/28(火) 20:35:33 ID:Cr0aSSll0
鬼姫はオートチップを解除するようにきつく注意されたとさ

・前スレ(容量オーバー)
http://game10.2ch.net/test/read.cgi/otoge/1156274043/

○過去ログ
・初代スレ(容量オーバー)
 http://game10.2ch.net/test/read.cgi/otoge/1146584414/


○まとめサイト
 http://f1.aaa.livedoor.jp/~ecole/gfdm573/matome.html


○このスレの空気
・絵とか設定は自由。freedom。俺たちは自由だ。
・希望とかありだけど、スルーされても怒らない。泣かない。いじけない。しつこくしない。
・えっちなSSはうpロダに上げてからアドレスだけ貼り、という配慮をお願いします。
・ギタドラ以外はだめじゃないけど控えめに。


○姉妹スレ
・蠍火と嘆きの樹を同じ部屋に9回閉じ込めてみた
 http://game10.2ch.net/test/read.cgi/otoge/1162733063/
・SEIYAと1048を同じ部屋に閉じ込めてみた
 http://game10.2ch.net/test/read.cgi/otoge/1145014441/


2 :爆音で名前が聞こえません:2006/11/28(火) 20:38:14 ID:z3REQ/sGO
やったぁー。

3 :爆音で名前が聞こえません:2006/11/28(火) 20:39:27 ID:Cr0aSSll0
前スレ容量オーバーになったようなので立てました。
職人さん方の投下、楽しみにしてます。

4 :爆音で名前が聞こえません:2006/11/28(火) 20:46:22 ID:XeE4umEM0
i    |     ! |      i !          i
        i   i  , -‐'^ー- 、ii |   | 
   |     __./´      `\   ii
       /   ./              丶 |  | 
     /     ノ^Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y^ヽ  | 
    /   ⌒    ⌒  .||   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    | ///  (__人__) //.|| <このスレ定期的に立つNE!
    \           ||   \__________
    /           つ
    ! ヽ)        .l  /⌒ヽ
    |              l (^ω^ )
    ゙! ,          ) ι'  c )
     ∪  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∪  し―u

5 :爆音で名前が聞こえません:2006/11/28(火) 20:46:49 ID:0YJ7unR0O
これが世に聞く重複か

6 :爆音で名前が聞こえません:2006/11/28(火) 20:47:59 ID:0YJ7unR0O
あ、あっち落ちたんだ。失礼

7 :爆音で名前が聞こえません:2006/11/28(火) 20:49:03 ID:QviOpsUSO
タルト「>>1さん乙です☆」

ルックス「>>1さん乙かれ様♪」

You can’t doit if youcan?「今度は止まらねえようにしねえとな」

BRE∀K DOWN!「戦い続けろー!!」

職人の皆さん、見てる皆さんどんどん盛り上げましょう!

8 :爆音で名前が聞こえません:2006/11/28(火) 20:54:03 ID:YmziyN7hO
>>1
乙だけど、ポップン閉じ込めスレのリンクが無いよ

ポップンキャラを同じ部屋に2回閉じ込めてみた
http://game10.2ch.net/test/read.cgi/gamechara/1161009442/

9 :爆音で名前が聞こえません:2006/11/28(火) 21:38:56 ID:f+DPTC8jO
>>1
乙ですー。
あっちって本当に何でスレストかけられたんだろう?

…どうでも良いけど最近絵師が少ない気がします(´・ω・`)


10 :ささきっさの人:2006/11/28(火) 21:58:15 ID:+PupxmgVO

ゆら「>1さんお疲れ様です」
蒼「良かったぁ…戻ってこれて…ひっぐ…お姉ちゃん淋しかったよぉ…」
落「ほらほら、コンちゃん泣かないの」
百「とりあえず今度はスレストくらわないように気を付けましょ」
タイピ「そうですね」
イスト「とりあえず」
ボビス「作品の性質上長文になりがちだけど」
デパチャ「これからも懲りずに投下するかもしれないが」
WALL-STREET「これからもよろしくね(´・ω・`)」
一同「あれ?ポプ国に行ってたんじゃなかったっけ?」
WALL-STREET「ブワッ(´;ω;`)」


本当に復活して良かった

11 :爆音で名前が聞こえません:2006/11/28(火) 22:19:00 ID:AHQlyoJRO
ただの投稿目的だとまた目をつけられてしまうかもしれないので、投下する人は何かコメントとか添えて、見てる人は感想を書いたり雑談を交えたりすれば大丈夫なんじゃないかと思います。
つか避難所では前スレ落ちてから建てるって話になってるのになんでもう立ってるんでしょう?

>>9
受験生じゃなければ今頃絵描きまくってたw

12 :ささきっさの人:2006/11/28(火) 22:31:35 ID:+PupxmgVO
>11
そうですね。自分もなるべくコメントとか入れるようにします。

ていうか実は自分も受験生w何やってんだ俺orz

13 :1:2006/11/28(火) 23:46:02 ID:Cr0aSSll0
何だか知らない内に色々あったようで……
まったく知らずに立ててしまいましたーorz

テンプレにも至らない所が多々あり非常に申し訳ない。

14 :爆音で名前が聞こえません:2006/11/29(水) 00:49:04 ID:s9NOmP6+0
避難所はこちら。過度の下ネタやエロネタ等はこっちに。
何かあった時もこちらに。多分チラシの裏スレにも報告があるかな。
http://mx.minx.jp/gfdm573

前回時の報告はこんな感じ。
http://game10.2ch.net/test/read.cgi/otoge/1163153964/463-465

ちなみにスレストスレ。
http://game10.2ch.net/test/read.cgi/otoge/1164383055/

>>1
乙。

スレストスレでの作品、いくつかありましたけどどうしましょうか。
まとめの人がログを持ってるなら良いのですが。

15 :爆音で名前が聞こえません:2006/11/29(水) 01:07:06 ID:ZHrg60IA0
カゴノトリ「>>1さん乙です」
フリフリ「いや〜一時はどうなるかと・・・」
ランジュ「ま、何はともあれ」
マーマレード「次もスレストされないよう気をつけなきゃね」
カゴノトリ「・・・・ところで、私怨のスレストだったら、荒らしとかくるんじゃないかなぁ」
ランジュ「え!うそ!?」
マーマレード「う、怨まれるおぼえないよ!」
フリフリ「まぁまぁ、もし来たらスルーに決まってんでしょ」

ふなきっさネタは一応メモ帳に書き留めてるんで、自分はまたうpすることできますが・・・。

>>9
最近暇さえあればギタドラ曲の絵を描いてる香具師がここに。
本当に子供の落書き程度だが。

16 :爆音で名前が聞こえません:2006/11/29(水) 01:30:07 ID:Urg/G0Fg0
エンクル「>>1、並びに補足してくれた皆さん乙だぜ」
デザロ「乙です。それにしてもどうなるかと思ったわ」
エンクル「まあ、まだ油断は出来ねーな。一度あったことは二度あるっていうし」
デザロ「あまりいわないと思うわ。『二度あることは三度ある』じゃないの?」
エンクル「頭が固いな。まだ一回目だから臨機応変にだな」
デザロ「はいはい」
???「うおおおおおおおおっ!!」
エンクル「…ん?」
FSW「エンクルーーーッ!寂しかったじゃねーかーーー!!(´;ω;`)」
エンクル「な゛!?姉貴!?」
FSW「スレストしてる間みんなに会えなくて俺は寂しかったんだぞーー!!」エクストリム!!
エンクル「ぬな!?つーか落ち着け!赤ドラム化してHSMAXでこっち来るんじゃねー!」
バス連打発動
エンクル「たわばっ」
ピチュン
デザロ「ちょ、ちょっとエンクル大丈夫!?」

>>15
自分の場合大まかな流れ以外書き込む時に考えてる

17 :爆音で名前が聞こえません:2006/11/29(水) 01:59:38 ID:gDJ5rxy0O
理由はともあれ復活して良かったです


天体「スレスト食らった時はどうなるかと思ったな」
K「そうだな…と言うか俺らのネタに期待してる人間が居るのか?」
セイリング「兄貴、それを言ってはならない」
カルマ「まぁ、作者の文才が無いのは仕様だけどね」
リライト「あ…遅れましたけど>>1様乙です(´・ω・`)」


大した文才も無い俺ですが宜しくお願いします(´・ω・`)

18 :爆音で名前が聞こえません:2006/11/29(水) 17:19:14 ID:npg5Tk3PO
バーロースレがスレストしてた。

19 :爆音で名前が聞こえません:2006/11/29(水) 18:35:12 ID:+oWLdK/U0
うへころ荘

ピーーー(インターホン)
エンクル「はいはい今出ますよっと」
ちょっと。「ごめんくださーい、洟・月・奇蹟はいますー?」
エンクル「え?」
too「居たか?そんな奴('A `)」
ヴォイ「お前らな…。ちょっとちゃん少し待ってくれ。今呼んでくる」
エンクル「VOIDDDさん、知ってるの?」
ヴォイ「おいおい冗談だろ?同じアパートの住人なんだから覚えとけよ」
エンクル「スミマセン」
ヴォイ「まあいい、あいつは芋で親父が作った曲の一人でな。名義は違うが作曲は親父。つまり親戚だ」
エンクル「そうだったのか…歌ってる人が違うから気付かなかった」
ヴォイ「おーい、洟!来客だ」
洟「うわあい、初めての来客だあ」
エンクル「は、初めまして」
洟「…君たちは随分冷たいよね。V3稼動の時挨拶しにきたのにすっかり忘れてる(´・ω・`)」
too「う…ごめんなさい」
洟「さーて、誰が来たのかなあ、wktk」
ちょ「とうとう捕まえた!!私から借りた5000円返しなさい!!」
洟「そりゃないぜセニョリータ!」ギュン!
エンクル「すげえ…HSMAXで部屋にすっ飛んでった」
ヴォイ「基本引きこもりだからなあ…困ったもんだ('A `)」

洟月奇蹟出そうとしたけど落ちなかった

20 :爆音で名前が聞こえません:2006/11/29(水) 21:55:19 ID:177umdtq0
パースト「「MIDNIGHT SPECIAL緊急特番編」の時間です。
    司会はワタクシ、Purple stormと、番組を盛り上げてくれるのはこの人、Ring!」
Ring「・・・・・・なんで今日特番なん?」
パースト「急に大ニュースがきてさ、俗世で言う日本沈没、世界の終わり、ハルマゲドンの末に新たな希望の光が・・・」
Ring「単刀直入に言え!」
パースト「ごめんちゃい。俺らの「鬼×百スレ」がスレストという危機に陥ったものの、
    無事復活したんだ。改めて>>1乙。マジ乙。超乙!超愛してます!!」
Ring「まずその「鬼×百」の表記を止めろ。あと乙言い過ぎ。最後ウゼェ。
   遅ればせながら本当に>>1さん乙です。スレ立てありがとうございます」
パースト「つかさぁ、なんでスレスト食らったわけ?」
Ring「なんでかなぁ。てか僕さっき知ったばっかだから知る由ないよ」
パースト「個人的にはやっぱ大量投下とかかと」
Ring「僕らの番組もそれなりに量多いからなぁ・・・」
パースト「おっと、たった今情報が。・・・・・量の削減よりは「コメント交えの投下でいこう」ってことらしいな」
Ring「そ、そんなので大丈夫なの?」
パースト「さぁ?でも「投下のみ」よりは安心で楽な方法だろ。
    ・・・・・あ、そうだ。このスレの前の3スレ目がdat落ちしたってさ」
Ring「じゃ、重複じゃなくなったね。・・・・ん、そういやその3スレ目に、
   僕ら1回放送してたけど、ログは・・・・・」
パースト「もういいんじゃね?あれ。闇に葬り去ろうぜ。」
Ring「仮にも番組の担当がそんなこと言うなよ・・・。
   まとめの人がログとっていなければこっちでテープ探してみます」
パースト「じゃ、今日はこの辺にしておくか。次回の放送は予定通り「CSギタドラV2に突撃!」です。
    ではまた金曜深夜に会いましょう」
二人「さよ〜なら〜」

21 :まとめの人の携帯電話:2006/11/29(水) 23:44:35 ID:WaotDBd0O
ライム「>>1さんスレ立て乙でしたー!」
ホワトル「僕たちの居場所が復活して何よりだよ」
ブラホラ「あぁ、そうそう。前スレと停止スレのログはちゃんと取ってあるから安心しろよな」
パースト「初代スレみたいなことがあってはなりませんからね」
イエパニ「しかし初代スレのログどこ行ったんだろう…見つからないorz」

ライム「まとめサイトの更新が遅れることもあるけど、気長に待ってくれると嬉しいな」
パースト「もしサイトに不備がありましたら、どんな些細なことでも教えてくれると助かります」
イエパニ「リンクミスに気付くのに数日かかるズボラな人だからね」
ホワトル「ご意見はスレでもメールでも受け付けるよ。避難所のメルフォからでも大丈夫!」
ブラホラ「至らないまとめの人だが、これからもよろしく頼むぜ」

>>12
実は自分も就活中だったりします。
皆さん大変なんですねw

22 :爆音で名前が聞こえません:2006/11/30(木) 09:16:53 ID:Vim2dyz8O
>>7>>10>>15>>16>>17>>20>>21
同じ「>>1乙」にもこんなにバリエーションが…!流石ネタ師の皆様。
こういうのも良いですね。

授業中に描いた落書ならいっぱいあるけどとてもうpできる代物ではない(´・ω・)

23 :爆音で名前が聞こえません:2006/11/30(木) 19:07:40 ID:Vim2dyz8O
ワンフレ「おいみんな!今日は何の日だかわかってるよな!?」
三毛猫「あったり前ニャ!今日からペットフードの特売が始まるニャ!」
スカスカ「ちがうだろw」
FIREBALL「違うのわん!?」
しかられ「マジで思い出せないんだけど」
カサンドラ「氏ね!」
しかられ「あいとぅいまてぇ〜ん…」
エンシェ「これ、こんなめでたい日にそうカリカリするな」
クラパ「そうなんだぜ!」
クラパ2「なんだぜ!」
クラパ3「なんだぜ!」
クラトラ「だぜ!」
復活「ぜ!」
オバゼア「おーい来てるか空気曲共ー!」
アビュ-「し、失礼な!;」
ダブトラ「それでは皆さんご一緒にー」

一同「小野秀幸父さん、お誕生日おめでとう!!」

悪アガキ「それじゃあたしらはHornsLover杯に行ってくるわ」
アレナ「父さんの為に頑張ってくるよ」
ギタドラ「予選終われば新しい兄弟にも会えるんだぜ!」
正論「という訳で皆様、私達小野曲一同と父さんをこれからも宜しくお願いします。」
ヘヴン57「(゜Д゜)アォ!!」

24 :爆音で名前が聞こえません:2006/11/30(木) 19:10:44 ID:Vim2dyz8O
泉曲も王子曲も誕生日ネタやってたので便乗してみますた。
字数が少ないのが携帯厨の痛いところ…
でもこのスレだと隊長曲って空気だよな(´・ω・)


つか連投ばっかでスマソ。

25 :爆音で名前が聞こえません:2006/11/30(木) 20:57:38 ID:xZ9mzkId0
小野曲たちも個性的で楽しげだとおもうます

久しぶりに投下させて頂きます。
白と黒。
カメラワークが下手で申し訳無い…
http://p.pita.st/?m=n89by812

これからもこのスレを応援してます。

26 :爆音で名前が聞こえません:2006/11/30(木) 22:25:07 ID:OoVKb+G9O
>25
久々に絵師降臨(゚∀゚)
GJです

〜ささきっさ〜

デパチャ「今日のデザートは魔法のタルトだ。まぁ、売れ残りだけどな」
落「やったぁ♪タルト、タルト」
ゆら「でもどうしてこんなに売れ残ってしまうのでしょうか?」
DD2「こんなに美味しいのに」
蒼「どこから湧いたのよ貴方…」
DD2「あら、私はコンチェ様の行くところどこにでも参上いたしますわ」
蒼「世間ではそれをストーカーって言うんだけど」
タイピ「まぁ、それは置いといて、本当に何でこんなに売れ残るですかね?」
百「食べても食べても太らないなんて魅力的だと思うんだけどね」
デパチャ「ああ、実は魔法のタルトってある古い歌から生まれた菓子でな」
落「どんな歌なの?」
デパチャ「食べても食べても太らないどころかどんどん綺麗になる魔法のタルトにハマりすぎた女がいて、
愛想つかした彼氏は彼女の元を離れていき…
挙句タルトに金を使いすぎて破産しちまう歌だ」
百「どんな歌よそれ…」
デパチャ「それで、食べても食べても太らないって所だけ再現してみたんだが、みんなこの歌を知ってるっぽくてな。敬遠気味なんだよ」
ゆら「でも、食べても食べても太らないって凄いですよね」
タイピ「どうやって作るですか?」
デパチャ「ああ、それはゾルッ…ゴホッゴホッ!あれ?風邪ひいたかな…」
一同(ゾルッ…?)
デパチャ「あー、悪いみんな、風邪ひいたっぽいから今日はもう寝るわ」
バタン


27 :爆音で名前が聞こえません:2006/11/30(木) 22:30:09 ID:OoVKb+G9O
〜ささきっさ〜続き

百「ねぇボビス」
ボビス「どうしたのお姉ちゃん?」
百「魔法のタルトってどうやって作るのかしら?」
ボビス「えっとねぇ、ゲルッ…ゴホッゴホッ!あれ?風邪かなぁ…ごめんねみんな、もう寝るよ」
バタン
一同(ゲルッ…?)
タイピ「何なんですかいったい!」
蒼「ゾルに…」
落「ゲルねぇ…」
ゆら「気になって夜も眠れませんね」
百「そうだわ!」
タイピ「どうしたですか百姉さん?」
百「こうすれば…(ゴニョゴニョ)」
(・ω・)つそして
デパチャ「え?魔法のタルトを作ってる所が見たい?」
アルケー「はい、ダメですか?…」
デパチャ「いや、そんなこと無いけど。それじゃあ厨房に入りな」
百「よし、うまくいったわね」
落「これで魔法のタルトの秘密ゲットだね」
蒼「デパチャ君がアルケーちゃんに甘々で助かったよ」
タイピ「いったい何なんですかね?ゾルッとゲルッて」
ケチャ
ゆら「あ、アルケーちゃんが出てきましたよ」
落「どうだったアルケーちゃん?」
アルケー「ミテマセンヨ」
一同「え?」
アルケー「ミテマセンヨ、ワタシハナニモミテマセンヨ」
蒼「ちょ、ちょっとアルケーちゃん!?」
デパチャ「お前ら…」
百「あ、デパチャ!アルケーちゃんに何をしたのよ!」
デパチャ「お前らこそアルケーを使って魔法のタルトの作り方を知ろうとするなんて…てめえらの譜面は何色だ!?」
タイピ「別に良いじゃないですか作り方を見るぐらい」
デパチャ「そうか…そんなに見たけりゃとくと見やがれ!」
一同「え!?ちょ、何これ!?いやあぁぁぁ」
ピチュン
デパチャ「よし、出来たぞ魔法のタルト」
アルケー「ミテマセンヨ、ワタシハナニモミテマセンヨ?」



28 :爆音で名前が聞こえません:2006/11/30(木) 23:06:29 ID:bQ86Wg2V0
ささきっさ&スレスト復帰記念age

29 :爆音で名前が聞こえません:2006/11/30(木) 23:31:27 ID:TuAYYpvXO
>25
凄い上手いです(・∀・)GJ!

>ささきっさの人
待ってました!GJです。これからも新作楽しみにしてます^^

>25に便乗して自分も絵投下。
落書きじゃねえかって程度の絵ですが;

ttp://p.pita.st/?xajklso2


30 :爆音で名前が聞こえません:2006/11/30(木) 23:33:09 ID:MKoGVPYQO
>>26
レイ乙

31 :爆音で名前が聞こえません:2006/11/30(木) 23:47:34 ID:IQ2+BT4F0
>>29
許可してくれると嬉しいよ?

32 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/01(金) 00:09:38 ID:T1QE/OZgO
リアル系目指して見事撃沈。
裁きの人。
聴きながら描いたんだから間違いない。
http://p.pita.st/?8xpqw6pi


33 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/01(金) 01:22:18 ID:H+VjSmHf0
>>32
うめぇじゃねぇかこの野郎


34 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/01(金) 01:48:09 ID:5FTQUPArO
ttp://p.pita.st/?stsh92dg

流れに便乗して版権グループ書いてみた。セイリングだけ書けなかった…orz

35 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/01(金) 01:56:20 ID:0P4xgr9/O
>>32
GJ 恰好イイ(・∀・)


ハイツJ-POP

天体「…ックシ」
セイリング「兄貴、風邪か?」
天体「どうやらそのようだ…」
カルマ「申し訳無いけど、厨房から赤呼び出しだとさ」
天体「またオトバか… orz」


天体「ハァ…早く帰りt…ゲホッゴホッ」
オトバ厨「ちょwwオトバになってn」ピチュン
天体「あ、オート外れてた…」
偶然「お前、大丈夫か…?」
天体「済まないが、後代わって貰えんか…」
偶然「ああ…お大事にな」


プレーヤー「さて、手慣らしに天体赤でもやるかな」
―ダーン
プレーヤー「ちょwwどう見ても偶然と言う名の必然www」

偶然「ゴメンねプレーヤーさん…(´・ω・`)」

最近寒いので皆様も風邪にはご注意を…

36 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/01(金) 02:31:52 ID:0P4xgr9/O
連書き失礼
>>35
GJ リライトが可愛いです


37 :29:2006/12/01(金) 07:25:53 ID:EaHZZG5ZO
すんません許可忘れてました(´・ω・`;)
>32>34
まとめてGJ(・∀・)



38 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/01(金) 09:40:54 ID:eYWL1YSf0
絵師、職人のみなさんGJでございます

デザロ「あ…雪」
エンクル「マジかよ。道理でさみーと思った」
デザロ「雪、早く積もらないかなぁ」
エンクル「出来ることなら積もってほしくねーんだが」
デザロ「あら、雪は嫌い?」
エンクル「お前は曲名の割に好きなのか…道が凍るかぐちゃぐちゃになるから歩きにくくてかなわん
   にしてもさみーな」
デザロ「手袋とかないの?」
エンクル「昨日中指貫通しちまったorz」
デザロ(…久々にからかっちゃおうかな)
デザロ「じゃあ手でも繋ぐ?あったかくなるかもよ?」
エンクル「( д ) ゜゜」
デザロ(ふふ、困ってる困ってるw)
エンクル「…お前よくそんな恥ずかしいこと言えるな//」
デザロ「え?」

二人はラブラブ「うわぁすごいお、らぶらぶだお」
さくらんぼ「あの二人カップルかしら」

デザロ「あ…//」
エンクル「………ほら、手出せよ」
デザロ「え…?」
エンクル「寒いよりはあったかい方がいいだろ?//」
デザロ「………ん」
キュッ
エンクル((//)勢いでやっちまったけど、これすごく恥ずかしい)
デザロ((//)こ、こんなハズでは…まあ、いいか)

too「|д`#)な、何だこのすとろhぇりぃ空間は…許さん」エクストリーム!!
大「|ω・`)とりあえず赤O化せずに落ち着くでござる」

朝から何書いてるんだろうね

39 :あの人 ◆h99PAc1wKg :2006/12/01(金) 17:36:05 ID:BL953d/u0
>>1 乙です。
マジで乙です。

〜近未来予想図〜

コンチェ「クリスマス・イヴまであと1ヶ月を過ぎたわね」
ゆら「ええ、そうですね」
タイピ「ゆら姉、ケーキ忘れないでね?」
落書き帳「苺の乗っかった大きいケーキだよ!」
リースト「いや、そこはチョコケーキだろ」
落書き帳「苺のケーキ!」 リースト「チョコケーキ!」
ゆら(たかがケーキ、されどケーキ、ですか…)

12月24日予想図

ささきっさにて。

リースト「そこのチェーンソー、これ3番テーブルに運んで!」
壁「は、はい!」
ゆら「やっぱりカップル多いですね…」
リースト「ファミレスボン」
ゆら「やめなさい」

DD兄妹家にて。

DD「…なぁ」
DD3「なんでこの家には」
DD5「むさくるしい男しかいないの?」
DD6「2はコンチェとどっか行っちゃうし、
    4も仕事仲間と一緒のクリスマス会。
    7は…」
DD「この先は言うな、哀しくなる」


40 :あの人 ◆h99PAc1wKg :2006/12/01(金) 17:37:40 ID:BL953d/u0
幸せな連中。

DD2「よかったの? お店手伝わなくて」
コンチェ「ゆら姉なら何とかしてくれるはずよ」
DD2「…あ、雪だ!」
コンチェ「ホワイトクリスマス、漫画みたいねぇ」
DD2(コンチェちゃんに雪は似合うなぁ、やっぱり」

DD7「へっきしょい!」
落書き帳「風邪でもひいた?」
DD7「大丈夫ですよ」
落書き帳「手、冷たくなってるじゃない」
DD7「……」
落書き帳「顔は暖かそうね?」

アルケー「キッチン係の人がこんなにいいんですか?」
デパチャ「多分、ボビスとイストが頑張ってくれるから」
アルケー「あの二人方に悪いんじゃないかな…」
デパチャ「ちゃんと今度はやるって言っておきましたから。
    アイツらも分かってくれるはずですよ」
アルケー「ところでデパチャさん」
デパチャ「うん?」
アルケー「『しょじょ』って何ですか?」
デパチャ「……」

クリスマス? 何それ美味しいの? な連中。

ボビス「聖なる夜に正月の準備♪」
イスト「年越しはきっと誰かと♪」
ボビス&イスト「餅を〜♪」
リースト「店手伝わんかい!」

41 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/01(金) 20:06:41 ID:gWnV0iL3O
新しくスレが立ったんですね、>>1さん乙です。本当に乙です。
そしてネタ師、絵師の皆様とってもGJです。


めずらしく長文投下します、すいませんm(__)m


〜デパチャ&αρχηの日常1/3〜

アルケー「デパチャさん、ちょっといいですか?」
デパチャ「ん?どうしたんだアルケー?」
アルケー「挨拶に付き合ってくれませんか?」
デパチャ「挨拶?だってミラージュに挨拶はもうしたし、他のアンコール達にも挨拶はしたんじゃなかったのか?」
アルケー「実はこの前、新しくプレミアムアンコール部屋が出来たんですよ。実はまだ挨拶に行ってなくて」
デパチャ「新アンコール!?しかもプレアン……どんな曲なんだ?」
FT「こんにちは〜」
ゆら「フェアリーさん、いらっしゃい」
百秒「あら?フェアリーさん、その後ろにいる子は…?」
アルケー「あ、あの子ですよ、新プレミアムアンコール曲」
FT2「………(ペコリ)」
落書き「かぁいい〜〜(*´∀`*)お持ち帰りぃぃ!!」
FT「あっ、いきなりそんなことすると…」
落書き「えぇー?なにー?」
FT2「きゃあぁぁ!!」
━タム発狂+HAZARD発動━
落書き「ちょ、いきなりはやめtきゃあぁぁ!!!」
ピチュン
一同「(((。д゚;))))」
FT「ごめんなさい、この子極度の人見知りで、滅多に開かれないプレアン部屋にずっといたのよ。だから私やお父さま以外に近づかれると…」
FT2「うぅ…」
デパチャ「おいおい、今のタム発狂がレベル82かよ…」
蒼「さすがむっちゃん、手っ取り早くプレイヤーを潰す方法をよく分かってるね…」
FT2「(オロオロ)……」
デパチャ「とっ、とりあえず」
FT2「……?」
デパチャ「チョコフィロ作るから落ち着こう。な?」
FT2「………うん」

42 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/01(金) 20:07:47 ID:gWnV0iL3O
〜デパチャ&αρχηの日常2/3〜

デパチャ「おいしいか?」
FT2「……うん!」
アルケー「デパチャさんのチョコフィロ、私も好きなんですよ〜♪」
FT2「………デパチャ?」
デパチャ「あっ、自己紹介がまだだったな。俺はデパチャって呼んでくれ」
アルケー「私はアルケーって呼んでくださいね…え、えーと…」
FT2「『MODEL FT2』……お姉ちゃんは私のこと…テイルって呼んでるの…だから…テイルって呼んで…」
デパチャ「オッケー、じゃあテイル、改めてよろしくな!」
アルケー「よろしくねテイルちゃん♪」
FT2「…よろしく…デパチャお兄ちゃん…」
デパチャ「お、お兄ちゃん?」
ギュッ
デパチャ「テ、テイル?」
FT2「……//」
デパチャ「あはは、参ったなぁこりゃあ」
FT「あらー?デパチャ君ったら、アルケーちゃんがいるにも関わらず浮気ー?」
デパチャ「んな!?まさか!!」
百秒「デパチャ…あなたって人は」
ゆら「この ロ リ コ ン ♪」
デパチャ「ちょ、誤解だ!どうしてそうなるんだy…アルケー?」
アルケー「本当に…浮気なんですか…?」
デパチャ「待てアルケー!こいつらの言葉に惑わされてはいけn」
アルケー「デパチャさんのバカッ!!!!」
〜サビ発狂+HAZARD+HIDSUD+DARK+ハイスピMAXVer.発動〜
デパチャ「また会おう、ジョnぎゃあぁぁ!!!!」
ピチュン
FT2「!!!!」
アルケー「もう…デパチャさんのバカ…」
蒼「ア、アルケーちゃん、大丈夫だよ、あのデパチャがそう簡単にアルケーちゃんを捨てるわけないよ!」
ゆら「(やり過ぎたかしら)そうですよアルケー…って、テイルちゃん?」
FT2「…デパチャお兄ちゃんをよくも…!」
アルケー「あ…ご、ごめんなさい!!私、わたし…」
FT「テイル、怒らないの。アルケーちゃんも悪気があったわけじゃないのよ?」
FT2「やだ。……許さない」
━赤OP化━
FT「テイル!いい加減にしなさい!!」
アルケー「あ…あ……」
蒼「アルケーちゃん下がって!!!」
FT2「…落ちちゃえ…!!!!」
━サビ発狂+スパ乱+HAZARD+HIDSUD+DARK+ハイスピMAXVer.発動━
百秒「アルケーちゃん、避けて!!!」
アルケー「…ごめんなさい…デパチャさん…テイルちゃん…」
????「俺の指が真っ赤に燃える!厨を潰せと!!轟き叫ぶ!!!」
ステージクリアー!! エクセレント!!
一同「誰!?( ゚д゚ )ミ」
FT2・FT「お、お父さま…」

43 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/01(金) 20:09:40 ID:gWnV0iL3O
〜デパチャ&αρχηの日常3/3〜

泉陸奥彦「こっちみんな。…テイル、あんまり力を暴走させるようじゃ、一流にはなれないぞ?」
FT2「…ごめんなさい…」
むっちゃん「それにフェアリー。もしもの事がないようにって言ってたはずだぞ?」
FT「す、すいませんお父さま…」
むっちゃん「あとは…デパチャ君、生きてるかい?」
デパチャ「…何とか」
むっちゃん「成り行きとはいえ、うちの二人が迷惑かけてすまなかった。」
デパチャ「いえ、このくらいへっちゃらですよ!いつももっときつい発狂食らってますんで」
むっちゃん「そいつはよかった。自分の大切な曲が怪我をしたら、彼女が心配するからな」
アルケー「……デパチャさん…」
デパチャ「アルケー……。……ごめんな。でも信じてくれ、俺が一番大切なのはアルケー、きみだから」
アルケー「デパチャさん…ありがとう…」
FT2「…アルケーお姉ちゃん、ごめんなさい…」
アルケー「テイルちゃん…大丈夫よ、だからそんな顔しないで」
FT2「…ありがとう…」
むっちゃん「さて、あんまり長くプレアン部屋を離れると怒られてしまう。帰るぞ二人とも」
FT2・FT「…はい!」
デパチャ「テイル!」
FT2「……!」
デパチャ「いつでも来てくれ。チョコフィロ、作ってるから」
FT2「…デパチャお兄ちゃん…ありがとう!」

デパチャ「さて。ゆらさん、ちょっといいかな?」
ゆら「どうかしましたか?」
デパチャ「俺をロリコン呼ばわりしたこと、忘れたとは言わせない」
ゆら「お、落ち着いてくださいデパty」
デパチャ「俺のタム連打は革命だ!!」
━終盤タム連打発動━
ゆら「ちょwwwオセロッtいやぁぁぁ!!!」

ピチュン

また勝手に設定作ってしまって申し訳ないですm(__)m


>>40あの人さん、いつも楽しく読ませてもらってますwてかアルケーwww

44 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/01(金) 20:52:38 ID:cWN09bOY0
むっちゃん良い人だなぁ。
FT2にも萌えちまった・・・GJ!

45 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/01(金) 21:23:44 ID:yEMYt5xP0
泉さんの登場時のセリフかっこいい

46 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/01(金) 22:25:22 ID:OlkfUw+1O
>>40
星のアルペジオワロタwwwww

47 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/01(金) 23:01:25 ID:b1jiqn6iO
>>39-40あの人氏
乙GJです!
とうとうこのスレにもクリスマスがやってきましたか…
てかアルケーたんがww

>>41-43
○このスレの空気
・絵とか設定は自由。freedom。俺たちは自由だ。
1曲にいろいろな性格があるのがこのスレのいいところ。
そして長文乙GJです!FT2かあいい。

48 :まとめの人 ◆45FSk6vB0U :2006/12/01(金) 23:27:58 ID:fOFnyF0m0
改めて新スレおめでとうです。
前スレと停止スレまでのまとめ完了しました。

http://f1.aaa.livedoor.jp/~ecole/gfdm573/matome.html

暮れも迫り寒くなって参りました。
住人の皆さん、風邪や事故には十分お気を付け下さい。

49 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/01(金) 23:49:12 ID:t3Eg5S7JO
>>39-43まとめてGJ!
FT2に萌えた(*´∀`)

〜アンコール部屋にて〜
ミラージュ「はぁ…まさかアンコール部屋とプレアン部屋が別々にされてるなんて…
せっかくFT2と二人っきりであんなことやこんなことができると思ったのに…ん?あれは…」
パースト「ごめんFT2…後はよろしく…」
FT2「よくもパーストさんを…絶対許さないんだから!」
プレイヤー「うわwなんだこの詐欺譜面wさすが御大w」
ガシャーン
ミラージュ「ふ〜ん、マイクロが通常曲に落ちたとはいえ割と忙しいみたいだな…ていうかあれって…」
FT2「あー楽しかった。やっぱり中途半端な腕の人をガシャーンさせるのは楽しいなぁ」
ミラージュ「ねぇFT2」
FT2「ん?どうしたのミラージュ君?」
ミラージュ「君の家族の中にピンク色した奴とかいないか?」
FT2「ピンク色?ん〜、家族が多すぎてよくわからないや」
ミラージュ「じゃ、じゃあ何でも吸い込むピンク色の球体は!?」
FT2「そんなのいるわけないじゃない。変なミラージュ君」
バタン
ミラージュ「あ、ちょ…あ〜あ、プレアン部屋に籠っちゃったよ…でもあの曲調は絶対にカーB」
コンマイ神「ミラージュレジデンスよ。貴様は知ってはいけないことを知ってしまったようだな」
ミラージュ「え!?うわ!ちょ!何する!やm」
ピチュン
アルケー「ミラージュさ〜ん、出番ですよ…って、あれ?ミラージュさんは?」
パースト「さあ?」


正直な話FT2はどう聞いてもカーBうわ、何する、やm
ピチュン


50 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/02(土) 00:00:54 ID:1Nh4WhrHO
連投スマソm(__)m
>>48まとめの人乙です

51 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/02(土) 00:59:33 ID:N8coS8HmO
まとめの人乙です

>>39-43
GJです、むっちゃんの登場シーンクソワロタw

ハイツJ-POP


天体「午前二時〜踏〜切に♪」
セイリング「どうした、兄貴?ご機嫌だな」
リライト「きっと天体観測に良い時期になって来たからだよ」
天体「( ゚д゚ )彡そう、もうすぐ双子座流星群の時期なのだ!」
K「こっち見んな」
天体「だから望遠鏡のメンテをしてるのさ」
セイリング「毎年飽きねぇなぁ」
ロビンソン「何年か前の獅子座流星群は凄かったな」
リライト「確か、僕が産まれる前の話だね(´・ω・`)」

ワラビモーチ(インターホン)
リライト「あ、シナリオさんと大和撫子魂さんこんばんわ」
大和「ポプ国の姉さんからワラビモーチを沢山貰ったからお裾分け♪」K「ちょwwwおまwww」
大和(K君ってねらーなんだ…)

シナリオ「あれ?天体観測は何してるのよ?」
リライト「そろそろ双子座流星群の時期だからって何やら張り切ってる見たいだよ('・ω・)」
天体「ん?お前らも流星群見に行くか?」
シナリオ&大和「行きた〜い♪」
天体「んじゃ、当日は防寒対策をバッチリしておいで」
シナリオ「姉さん達も誘って良い?」
天体「ああ、良いぞ」
リライト「楽しみだなぁ…(・ω・`)」


今月の中旬が双子座流星群なのでそれをネタにして見

52 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/02(土) 14:08:39 ID:gKYzMevO0
まとめの人やネタ師の方々乙です。

オレンジラウンジ(ふなきっさ臨時開店中)

Rebirth「前回の続きです。・・・覚えてる人いないだろうなぁ。
     マイクロがオレンジラウンジに来て、フリフリさんをお母さんだと思っちゃうのよ。
     で、みんなもマイクロにべたべたなんだけど、カゴノトリだけ何か考えてるみたいで・・・
     一体何するのかしらね〜」

ガチャ
カゴノトリ「いらっしゃい・・・・・・この子」
この子「ああ・・・・少し、早すぎたか?」
カゴノトリ「ううん。気にしないで」
ランジュ「この子さんに・・・・・蛹さん!?」
蛹「久しぶりだね。ランジュ」
マーマレード「あのー、今日うち定休日なんですけど・・・」
カゴノトリ「あ、この子と蛹さんは私が勝手に呼んだの」
ジェッ娘「さっ・・・・・さささ蛹!?」
蛹「あ、ジェッ娘もいるんだね」
777「カゴノトリしゃん、だれでしゅか?」
蛹「初めまして。僕はあさき家の長男、蛹です。・・・・ほら、母様も挨拶して」
ラバーズ「え・・・・その熊のぬいぐるみが、お母さん?」
蛹「うん、母様もみなさんよろしくって言ってるよ」
Infinite「・・・・相変わらずの電波っぷりだなぁ」
ジェッ娘「で!何しに来たの!?この電波男!!」
カゴノトリ「ジェッ娘・・・・何怒ってるの?」
ジェッ娘「聞いて下さいよ!!この蛹ってば、親父と一緒にアタシをめちゃくちゃにして・・・・!!」
蛹「めちゃくちゃってひどいなぁ・・・・あんなに可愛く変曲できたって父様も言ってるのに。アハァハ」
ジェッ娘「うるさーい!あんたの親父のおかげでUtopiaちゃんとエスケープちゃんなんか「魔王が」とか「地球滅亡が」とかいったり
     特撮物にはまっちゃったりしたんだよ!」
カゴノトリ「・・・・・何の話?」
ランジュ「変曲リレーだよ。ジェッ娘があさきに勝手に変曲されて、その時蛹も協力して画像も使わせてたこと、未だに根に持ってるの」
ジェッ娘「むぅぅうう・・・・・ともかく、何しに来たのよ?」
蛹「うん、ここに僕らの弟がいるって聞いて見にきたんだよ。ねぇ、母様?」
トゥウィンクル「はぁ・・・・・それも電波か何かですか?」
蛹「まあそうなんだけど。確か・・・・Micro finだっけ?」
この子「電波を認めるな、兄上。・・・そう、マイクロがここにいるとカゴノトリから聞いて訪ねた」
ランジュ「お姉ちゃんが教えたの?」
マーマレード「でもなんであさき家に?」
カゴノトリ「うん、別に隠すことじゃないし、それに、マイクロの親はあさきなんだよ」
一同『えー!!』

(続)

53 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/02(土) 14:14:23 ID:pB1roEHlO
>>48まとめの人
いつもいつも乙です!

>>49
乙GJです!
FT2のイントロからそのままカー○ィの某曲のメインメロディに突入しても違和感ないですよね。

私もエクストラアンコネタ投下しときます。
絵も投下したいけど受験終わるまでは。。

-----------

アルケ-「ふうー…またやられちゃいましたー。」
パ-スト「お疲れ様ですー」
アルケ-「えっと…じゃあミラージュさん、あと宜しくお願いしますねー」
ミラ-ジュ「よーしボク頑張っちゃうぞー」

ENCORE STAGE!!

ミラ-ジュ「アルケーお姉ちゃんをいじめたのはお前か!覚悟しr」
プレイヤ-「なんだよー、またミラージュかよ、FT2出ねえ」
ミラ-ジュ「え?ちょ、待って、捨てn」ガシャ--ン

ミラ-ジュ「…うくっ、最近誰もボクの相手をしてくれない…」
DD5「気持ち、わかるぜ…」
ミラ-ジュ「デケデケデンに慰められても嬉しくないやい」
DD5「(´・ω・`)」

54 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/02(土) 22:14:00 ID:UD+VUIuB0
>>48
まとめの人乙です

うへころ荘

エンクル「ただいまーっと」
too「ピクッ!」
大「まあそうピリピリせずに。親戚の幸せくらい祝ってもよかろうに」
too「ひがみだよ文句あるか('A `)」
大「やれやれ…」
too「おいエンクル、話g」
エンクル「わりいtooさん、デザロ待たせてるから少しだけ待ってて。ほら、『ポップン体操』のDVD」
デザロ「わあ、ありがと。なかなか見れなくて。でもエンクルがこれ好きだなんて意外」
エンクル「姉貴が見てて楽しそうにしてたから見たらハマっちまってな」
デザロ「へぇー。それじゃ、帰ったら早速見てみるね」
エンクル「笑い過ぎで腹筋割るなよ」
デザロ「ふふ、気をつけるわ。じゃあまた明日ね」
エンクル「おう、また明日」
too「((((((((((#^ω^))))))))))))」エクストリーム!!
エンクル「ふう。で、tooさん、話ってなn」
too「うっおーっ!!くっあーっ!!ざけんなーっ!!」
エンクル「ぼんがろっ」
ピチユン
大「too殿落ち着くでござる。殿中でござる」
too「おだまりっ!!」
大「ちょ、赤OHID+SUD+HSMAXって… ぎゃああーっ!! ごが ごががあっ!!」
too「男なら…拳一つで勝負せんかい!!」
ヴォイ「お前がそれをいうか」

55 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/02(土) 22:54:19 ID:dXzTLtDdO
>>48
まとめの人乙です。


絵の投下ですが…ライムとパースト。
http://p.pita.st/?m=kixzak4y

56 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/03(日) 01:16:27 ID:3Keet5LH0
パースト「昨日はどうも電波の調子がおかしく放送できませんでしたが、何故か今日放送!
    ギタドラの流行や巷で噂のアレやあの人を紹介する番組、「MIDNIGHT SPECIAL」!
    司会はワタクシ、Purple stormと、番組を盛り上げてくれるのはこの人、AXISくん!」
AXIS「お久しぶりでーす。こんにちは。あの、なんで僕が盛り上げ役に?」
パースト「実はRingが今CSギタドラに行ってて、今日の特集は実況中継みたいな感じになるんだよ。
    で、隣りに誰もいないのは寂しいからゲストで呼んだ事あるAXISくんを呼んでみたわけで」
AXIS「そうですか。・・・でもトリトラの他メンバーを呼べばよかったんじゃ」
パースト「え〜、トリトラの新人が番組司会してるのってどうよ? 向こうから見たら絶対イキりに見えるよ。
    あ、イキりって言うのは関西弁で「格好つけ」「調子乗ってる」「キモい」っていう」
AXIS「あのー、それはもういいんで、番組の方・・・・」
パースト「ごめん。そろそろ大丈夫かな。Ringー、繋がってる?」
Ring『繋がってるよ』
AXIS「うわー、すごい! TV中継ですね! ていうか、そっちも夜だと思ってたのに昼なんですか?」
Ring『うん。こっちはCSだから万年昼状態になってる。だから今も起きてる人いるね』
AXIS「僕CS行ったことないんで気になるんですが、そっちとACって何か違うんですか?」
パースト「あ、それ! 俺も知りたい。パッと見ちょっと違うけど・・・・」
Ring『これはV2世界が元となってるらしいよ。V2曲にとっては慣れた世界だそうです』
パースト「あぁ、だから初めて見るのか。あ、そうだRing、新曲にインタビューできる?」
Ring『ちょっと待ってて。もうすぐ来るらしいけど・・・・・』
ポン太『こんにちは』
Ring『あ、来た・・・・・・あれ? もう一人は?』
ノーヘジ『あの、すいません遅れて・・・って何ですかこの略し方?』
Ring『その方がわかりやすいかな、と思って。今日はよろしくね』
二人『よろしくおねがいしまーす』
パースト「スタジオからよろしく。Purple stormです」
AXIS「同じくAXISです。よろしくお願いしまーす」
二人『よろしくおねがいしまーす』
Ring『えー、まず、何か一言もらえるかな?』
ポン太『おいらは、おっかあに会えてうれしいよ!』
Ring『そっか。お母さんと幸せにね・・・』
ノーヘジ『う〜ん、まずTVってことで緊張してるんですけど・・・・その、みなさんプレイしてくれてホント感謝です。
    いつかACにも行けたら・・・いえ、行きます!』
Ring『あはは・・・まあ、がんばってね』

57 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/03(日) 01:17:40 ID:3Keet5LH0
パースト「そうだ、ポン太、あの二匹とは仲良くやってる?」
ポン太『・・・・TV頭と河童は・・・おいらのために・・・・・ぐすっ』
ノーヘジ『・・・・・ポン太くんのお母さん探すの手伝って、彼らは・・・・うぅ・・・ぐすっ』
シーン…
パースト「ご、ごめん・・・なんかまずいこと聞いたかな・・・。」
ポン太『いいよ・・・・あいつらは今もおいらの中で生きてるんだ!悲しむことなんてない!』
Ring『くぅ〜、泣かせるなぁ・・・・。ところで、ノーヘジくんは・・・」
ノーヘジ『いやだなぁ・・・「くん」って。あたし一応女の子ですよ。確かに見えないだろうけど・・・』
3人「えぇぇ〜!!」
Ring『ごめん誤解してたよ・・・・。どっからどう見ても男っぽいし・・・』
パースト「俺も誤解してた・・・・でもボーイッシュな娘、いいよね」
AXIS「パーストさん、そういうのが好みなんすか?」
パースト「いや、別にそういう意味じゃ・・・」
Ring『じゃあノーヘジちゃん、ACに行きたいって今言ってたけど、ACに来たらまず何かやりたいことってある?』
ノーヘジ『まずディペンド先輩に会いたいです! なんつってもトーマス曲の誇りで偉大な先輩ですから!』
Ring『あー、ディペンドさんか。確かに有名人だしね』
ギタドラ「お、Ringじゃん! 何やってんだよ!? あ、これTV? すげー! オレ写ってるー!?」
パースト「ちょwwwRing、なんでギタードライブが!?」
マイクロ『何やってんだよギタドラ! Ringごめん、撮影中なのに・・・・』
AXIS「マイクロさんもいるんですね」
Ring『うん。二人とも僕と同じ先行収録だから・・・』
ギタドラ『別にいいじゃねーかよぉ、俺なんて最近彼女と会えないからこうするしか連絡が』
マイクロ『はいはい、わかったから後で・・・』
ギタドラ『あ、おーいみんなー! TVの取材来てるぜ! 来いよ!』
タルト『マジでー! すごーい! 本物だー!』
JJ『あ、アイツTVに出てるRingじゃん! 初めて生で見たよ俺!』
Ring『ギタドラ邪魔するなー! 二人とも大丈夫?』
ノーヘジ『あたしはだいじょーぶですけど〜、ポン太くんは〜?』
ポン太『きゅう〜・・・』
Ring『ひ、人ごみに押しつぶされてる! ごめんいったんこっちの回線切ります!』

ブツッ

パースト「いや〜、ギタドラ向こうでも相変わらずだな〜」
AXIS「マイクロさんも大変ですよね」
パースト「さて、視聴者の反応が怖いですが時間が来てしまいました。
    次回の特集は「魅惑の街、Orbital eroシティに突撃!」です。来週こそ金曜に放送します!」
AXIS「今週のEDは・・・あっ、パーストさん所属のTrick Trapの新曲の『White tornado』ですね〜」
パースト「えー、自分で言うのもなんですが、なかなか良い曲だと思います。
    まあリードボーカルはホワトルなんだけどな。じゃ、AXISくん今日もありがとう」
AXIS「僕もまた出演させていただきありがとうございました! ではさようならー」

ガシャン
大和(視聴者)「ねっ、ねぇ! 今ギタドラくん写ってたよね!? 見た!?」
ブラック(視聴者)「あー、あんたの彼氏?見たような見なかったような・・・」
大和「元気そうでよかった〜」
ブラック「いやめっちゃ迷惑かけてたじゃん」

58 : ◆hC51DpqPhA :2006/12/03(日) 12:46:46 ID:AfxKag+qO
ふぁ

59 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/03(日) 18:41:40 ID:EoguPaTL0

  Λ Λ
 ( ・ω・)
 _| ⊃/(__
/ ┗-(___/


 .<⌒/ヽ-、__
/<_/____/


60 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/03(日) 18:46:28 ID:EoguPaTL0
誤爆した・・・orz
スマソ

61 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/03(日) 19:16:37 ID:6eEaenCZ0
>>59
WAKE ME UP!「ウェイミーアプ!ウェイミーアプ!」
アマイアマイ「姉さんやめてあげなよ〜」


62 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/03(日) 22:48:34 ID:RVYnFIWW0
cafe Thomas

ディペンド「なぁ」
ロッキン「何ですか」
ディペンド「俺ノーヘジって知らないんだけど…」
ロッキン「何やってるですか!それでもトーマス一族ですか!?」
ディペンド「悪い悪い、じゃ、今度CSV2覗いてくるか」
ロッキン「ちゃんとプレイしといてください」
ディペンド「それにしても…ボーイッシュいいよね」
ロッキン「お兄様…(´・ω・`)」


俺まだCSV2プレイしてないorz

63 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/03(日) 23:13:58 ID:IgD5FEMx0
>>62
自分もまだだが公式の視聴で知った。ポン太で泣いた。

オレンジラウンジ(ふなきっさ臨時開店中)

Rebirth「前回の続きでーす!
     なんと蛹とこの子がふなきっさに殴りこみ!・・・あ、違った。
     しかもしかもマイクロはあさき一族の子だった!信じらんないって!
     いや全然今までと曲調違うくない!?とりあえず本編どうぞ!!」

カゴノトリ「昨日、明鏡に全て調べてもらったの。何故捨てられていたのかとか、誰の子とか。
    それで、マイクロはあさきの息子で、エクストラから解禁になったから普通の環境で育てようと、
    あさき家の玄関に置いたつもりが、うちの家と間違えちゃったわけ」
蛹「それを昨日カゴノトリから聞いて、僕と、オレンジラウンジと親しいこの子を連れて来たんだ。
  そっちも知り合いがいるほうが話しやすいでしょ?・・・・で、マイクロはどこにいるの?」
ラバーズ「定休日だからフリフリさんと散歩。ちなみに今も何人か抜けてるよ」
この子「そうか・・・・やはり早かったか」
カゴノトリ「ま、帰って来るまでくつろいどいてよ」
蛹「・・・・・そうだね、ちょっとマイクロとフリフリさんが帰ってくるまでに話したいことがあるし。
  ・・・・・Infiniteくん」
Infinite「は、はい。僕に何か?」
蛹「貴様に大切な妹はやらん!」
Infinite「なんのことですか!?」
蛹「とぼけなくってもいいよ。ツミ子が君のことを恋い慕っていると母様が・・・・・あれ?交際してるんじゃないの?」
Infinite「してません!確かにツミ子とは8th&7thの時に仲良くさせてもらいましたが決して付き合ってなんか・・・・・」
ジェッ娘「へぇ〜、Infiniteさんもすみにおけないねー(ニヤニヤ)」
Infinite「だから、そういう感情は持ってないって!」
蛹「持ってたとしても妹は渡さないよ」
この子「兄上、そういう話ではないだろう!・・・・・実は、」
ガチャッ
フリフリ「ただい・・・・」
この子「マイクロをうちに引き取ろうとあさき家で決めたのだ」
ランジュ「えっ・・・・・そんな」
マーマレード「ていうか、お姉ちゃん・・・・・聞いたの?」
フリフリ「・・・・どういうこと・・・?」

(続)

64 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/04(月) 02:29:38 ID:fH/nuy21O
>>55
GJ ライムもパーストもカワユス(*´∀`)
>>62
CS買う金無いです… orz


ハイツJ-POP

天体「おっ?リライト何してんだ」
リライト「クリスマスツリーの飾り付けをしようかなって(´・ω・`)」
天体「まだ早く無いか?」
リライト「いや、そろそろ街もクリスマスの装いになってるよ」
天体「そうか、そう言えばお前の兄貴に用事があるんだが…」
リライト「今呼んで来るね」

N.G.S「ん…?そう言えば今日はヨド〇シカ〇ラに一緒に行くっつってたな…」
天体「お前はPCに詳しいからな、今日は頼むぜ」
N.G.S「まぁ…とりあえず行くか…」
リライト「あ、兄さん達行ってらっしゃい(´・ω・`)」

リライト(兄さんが外に出るのは珍しいなぁ…)
チカラ「やっほ〜、今何してるの♪」
リライト「クリスマスの準備してたんだ」
チカラ「いつもマメだね…そう言えばさっき天体観測と一緒に居た人は誰?」
リライト「僕の兄さんだよ」
チカラ「え…お兄さん居たんだ…」
リライト「ネトゲばかりして滅多に外出しないからね…(´・ω・`)」
チカラ「結構恰好良い人なのに勿体無いよね…」
リライト「うん、僕もそう思う」
チカラ「あ、本題だけど今から晴天達と遊びに行くんだけど一緒に来る?」
リライト「うん、良いよ」
チカラ(よし、荷物持ちゲットよ(゚∀゚))


この後、リライトが大量の荷物を持たされたのは言うまでもない

65 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/04(月) 23:05:30 ID:+djtBHdB0
オレンジラウンジ(ふなきっさ臨時開店中)

Rebirth「前回のあらすじ!
     なんとあさき家が、「マイクロを引き取りたい」と言ってきた!
     そこに偶然フリフリさんが帰宅! さて、みんなはどう決断するのか!?」

フリフリ「そっか・・・・マイクロがあさき家の末っ子ね・・・。よかったじゃん、身元わかって!」
カゴノトリ「・・・・・・・・」
ジェッ娘「フリフリさん・・・・・何とも思わないの?」
フリフリ「ん?そりゃびっくりしたけど、あさきん家の家族が引き取るならいいじゃん。ねぇ、カゴノトリ、ランジュ、マーマレード」
カゴノトリ「私も・・・・・・同じ曲といる方がいいと思う」
ランジュ「・・・・私は、・・・・・その・・・」
マーマーレード「うん・・・・私もランジュも、引き取ってもらうのは・・・・・」
フリフリ「嫌かな?・・・でも、このまま大きくなってみなよ。マイクロは自分ひとりだけが違う曲ってことを
   負い目に感じると思う。きっと、楽しいのに孤独を感じると思う。
   アタシ、マイクロに将来、嫌なことを感じてほしくないから、あさき曲達と育ってほしいんだ」
ラバーズ「でもっ、フリフリさんは寂しくないの・・・・・??」
フリフリ「べっつにー、アタシもう大人だし、別れなんて何度も体験してるよ。
   あ、ちょっとは寂しいけど、このくらいで泣いてたらねー」
蛹「・・・・・そうか。じゃあ、マイクロのことは任せてよ」
フリフリ「うん。任せたよ!」
この子「では、行くか・・・・・マイクロ」
マイクロ「うー?・・・・うえぇーん!!」
ランジュ「あっ、やば・・・お姉ちゃんから離れたから・・・・。」
マーマレード「大丈夫!しばらく抱っこしてたら泣き止むと思うし!」
この子「そ、そうなのか・・・?」
蛹「あはぁは。この子のそんな姿も見物だね」
この子「笑いごとじゃない!」
フリフリ「あ、あのさ、たまに遊びに行ってもいいかな?」
蛹「もちろんだよ。マイクロも喜ぶし」

――その夜。
ランジュ「行っちゃったね・・・・・マイクロ」
マーマレード「うん・・・・少しの間だったけど、いなくなって寂しいかも」
アルケー「私も・・・せっかくエクストラの人がいて嬉しかったんですが・・・」
777「ぼくも弟がいなくなってさみしいでしゅ〜」

フリフリ「ねー、カゴノトリ。もしかして、アンタあさき家にお願いしてたんじゃないの?
    マイクロを引き取ってって」
カゴノトリ「・・・・そうだよ?私だって同じ曲と暮らしてた方がいいって思ってたし。姉さん、まさか私を恨んでる?」
フリフリ「ううん、アンタならそう言うと思ってたし。私もそうした方がマイクロのためだと思ったもん。
   ・・・・・ね、カゴノトリ。しばらく一人にさせて」
カゴノトリ「・・・・うん」
フリフリ「・・・・・・・・・」

(終)

なんか最近長いのしか書いてないな・・・・。

66 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/05(火) 00:57:08 ID:w3Esfex40
フリフリ、いいお姉ちゃんだなー。
こっそり楽しみにしてます。

67 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/05(火) 22:40:33 ID:FwZm+TZy0
こっそりじゃなくてもいいと思いますよ

うへころ荘

お父さん…
どうしてこんな遠くまで来なきゃいけないの?
どうしてそんな格好しなきゃいけないの?
どうして私を…

FSW「うわあああああっ…はあっはあっ…夢、か…」
エンクル「おーい、姉貴ー。親父が久々に帰ってきたぜ」
FSW「!!!!」
エンクル「…?まあいいや。管理人の部屋にみんな来てるからさっさと来いよ」
FSW「…わかった」

ヴォイ「親父、CSV2お疲れさま」
Des「VOIDDDこそ管理人だ以降お疲れころ」
too「今回はいつまでいるんだ?」
Des「すぐぽっぷん石に以下なきゃないうへ」
TS「そうなんですか…。当分会えないですね」
エンクル「姉貴早くしろよ。親父待ってるんだぜ」
FSW「………お久しぶりです、お父さん」
大(ファンキー殿がおかしいでござるよ?)
洟(何かおかしい、じゃなくておとなしい、ですかね?)
Des「おう、ひさびさだぜ。ときにファンキー、すこしの合田ぽぷ刻に狂うへ」
FSW「ッ!!でも、お父さん。わたし…」
Des「わかってるころ。大丈夫、くりすます舞えにはこっちに帰ってこれるころな」
FSW「………わかりました」
too「あのファンキーがこんなに(;゜д゜)」
Des「よし、じゃあ早速出発」
エンクル「早っ!」
Des「じゃあまたぐへへ、むすこたち」
too「行っちまった」
大「…真超、行くぞ」
真「ひょほー!」
大「拙者、すこしの間旅に出るでござる」
ヴォイ「え…ちょっt」
大「留守番よろしく。では御免!」

続けようかと思うけどこれじゃポップンになってしまうなorz
どうしたらいいですか?

68 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/05(火) 22:46:50 ID:1/jPvFgMO
>65
自分も楽しみにしてます

真超「もうすぐクリスマスですねー」
大見解「あー、メリークリスマス」
真超「今年はプレゼント何が貰えるかな?」
ヴォイド「おい、真超ってサンタ信じてるのか?」
エンクル「さぁ?おーい、真超、お前ってまだサンタ信じてるクチ?」
ヴォイド「バカ!まだ信じてたらどうすんだよ!夢を壊しちゃいけないだろ!」
エンクル「じゃあどう説明するんだよ」
ヴォイド「何を?」
エンクル「例えば全国の子供のプレゼント代はどこから出てるのか聞かれたら?」
ヴォイド「そ、それは…コンマイ神だよ。コンマイ神がサンタにはらうんだよ」
エンクル「じゃあさ、アンコール部屋やプレアン部屋にはどうやって入るの?」
ヴォイド「すげぇテクニックを持ってんだよ!何でもエクセレントだ!サンタをなめるな!」
エンクル「じゃあどうやって一晩で世界中の家を周るの?」
ヴォイド「速いんだよ!BPM400ぐらい!」
エンクル「嘘くせー、そんな曲いねぇよ」
ヴォイド「サンタは曲じゃねーんだ!」
エンクル「何ぃ!?コンポーザーなのか!?」
真超「あの…大丈夫です。もう知ってますから…サンタさんはお姉ちゃんなんですよ」
エンクル「お姉ちゃん…」
ファンキー「真超〜、メリークリスマス」
真超「わーい、お姉ちゃんはサンタさんだ」
ファンキー「そうだよ〜、お金はコンマイ神が出してくれる」
真超「すごーい」
ファンキー「BPM400で飛ぶし」
真超「すごい、すごーい」
………………………………
エンクル「っていう夢を見たんだが」
ファンキー「そう、それじゃあちょっと早いけどエンクルにクリスマスプレゼントをやろうか」
ー連打+連バス発動ー
エンクル「ごぶるあぁぁぁ!な、何故…」
ファンキー「妄想とはいえ人にサンタのコスプレをさせるとは何事かぁ!」
エンクル「そんな…理由で…ぐふぅ!」
ピチュン


69 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/06(水) 00:44:46 ID:yDtkDPcx0
>>68
あずまんが大王wwwwwワロスwwwww
というか真超に萌えた

70 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/06(水) 01:13:08 ID:T2MrwuXm0
>>67
ギタドラの曲がメインならこのまま投下してもいいんじゃないか?
なんだったら避難所に投下するのもいいし。
続き期待してます。

オレンジラウンジ(ふなきっさ臨時開店中)
1/2

777「じんぐるべーるじんぐるべーる♪」
にゃん「にゃにゃにゃーにゃにゃー♪」
ラバーズ「そういやもうすぐクリスマスだね」
カゴノトリ「本当だ・・・。季節って過ぎるのが早いなぁ」
フリフリ「よし!オレンジラウンジもクリスマスモードに!また魔笛ちゃんを」
アルケー「ま、また恥ずかしい格好するんですか!?」
フリフリ「当たり前よ!ここがオレンジラウンジの稼ぎ時なんだから!ね、ジェッ娘!・・・・・?」
ジェッ娘「・・・・何がクリスマスよ・・・・何がジングルベルよ・・・・(ぶつぶつ)」
ランジュ「どーしたのー、ジェッ娘ー?」
マーマレード「クリスマスまでに彼氏できなかったから落ち込んでるー?」
バンッ!!
ジェッ娘「そんなくっだらない理由じゃない!受験が・・・入試が・・・・もうだめだぁぁぁorz」
一同『????』

カゴノトリ「ギタド大学に受験!?でも今までずっとカフェ手伝ってたじゃない」
Infinite「それに勉強してるそぶりもなかったし・・・・」
ジェッ娘「カフェや勉強はまだまだ時間あるかなーって後回しにしてたけど・・・・
    予備校の純勉夏先生に「このままだとヤバイ」って言われて、
    それにこないだの模試、C判定だったから超微妙なの!あーもう!これだったら勉強しとくんだった!!」
空言「・・・・後悔・・・・先に立たず・・・・・」
ストリーム「でも時間を気にしてないから勉強しないってのはよくあるよなぁ」
フリフリ「今から頑張れば一般には間に合うんじゃないの?」
ジェッ娘「そうだけど・・・カフェ手伝わなきゃダメっしょ?」
カゴノトリ「カフェなら私たちで頑張れるし、今はカフェより勉強だよ!」
ランジュ「そうそう、夜中までがんばってね!」
マーマレード「私たちも夜食作ってあげるし!」
ジェッ娘「みんな・・・・・(ジ〜ン)あ、夜食はいいよ太るし。」
ポプリ「ひどーい!親切を踏みにじったなー!」
カゴノトリ「クスクス・・・・・あと、ジェッ娘が勉強しやすい環境も作らなくちゃね」

71 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/06(水) 01:14:38 ID:T2MrwuXm0
2/2

フリフリ「うん、ジェッ娘だけ一人部屋にしてあげるとかする?」
ラバーズ「あたし同室だけど一緒でもいいよ!」
ストリーム「あたいも。なるべく静かにするようにがんばるし」
ジェッ娘「アタシもみんなと入る方が気が楽になるかも・・・・」
フリフリ「わかった!じゃ、あとは・・・・」

――数時間後
ジェッ娘「みんないろいろありがとう!アタシこれならがんばれるかも!」
カゴノトリ「うん、がんばって合格するんだよ」
ランジュ「落ちたらどうする〜?(ニヤニヤ)」
マーマレード「あ!私今すべりかけた!(ニヤニヤ)」
ジャイアン「こら双子!不吉なこというな!」
ジェッ娘「ふっふっふ〜今のアタシにはそんな言葉もきかないも〜ん」
Infinite「あはは、いっきに強気になって・・・・・・?どうしたんだ?Flow、それにミンキャンも」
Flow「・・・・・兄貴、俺、ギタド高校の受験勉強全然やってねぇ・・・・」
ミンキャン「・・・・・私も・・・・すっかり忘れてた・・・・」
フリフリ「ちょwwwなんで今思い出すの!wwwwww」
Flow「俺だって冬から始めりゃ大丈夫だって思ってたんだけど、今のジェッ娘の聞いてヤバイと思ったんだよ!」
ミンキャン「わ、私も・・・・カフェの手伝いの方がずっと楽しくて・・・・」
カゴノトリ「もー、二人とも・・・・・・」
ポプリ「ていうか受験生こんなにいたんだ・・・・」
フリフリ「はぁ・・・しょうがないなぁ。二人の受験対策も考えよ!」


受験生のみなさんがんばってください。

72 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/06(水) 10:49:51 ID:0Qet395k0
レポート出しにいく前に>>67の続き

エンクル「大見解さん、待ってくれ。俺も行く」
大「エンクル殿…しかしポプ国でござるよ?」
エンクル「かまいません。姉貴が心配なんだ。あんな姉貴見たことねーよ」
大「…分かった。そのかわり、何があっても驚いてはいけないでござる」
エンクル「よし!」

ポプ国某所
MY GIFT「いらっしゃいまs…!」
大「ここに居たか、MY GIFT殿…いや、ファンキー殿」
MY「…」

FSW「わたし、ポップンが11になった頃、お父さんにこっちに連れてこられたんです
   その時、お父さんがわたしをremixして今の格好にして…」
大「…」
FSW「いろんな人にプレイされるのは嬉しかった。だけど、今の姿はホントのわたしじゃない…
   ホントはどんな糞譜面でもbpm400でもありのままの姿でプレイしてもらいたかった」
エンクル「姉貴…」
FSW「それに…わがままかもしれないけど…わたしはずっとギタドラのみんなと一緒に居たい!」
真「ひょー…」
???「よく言った!ファンキー」
一同「誰?( ゜д゜)彡」
???「こっち見んな!」

もうちっとだけ続きます
とりあえず課題出してくるノシ

73 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/06(水) 14:57:14 ID:WAL+uKqO0
帰ってきたから>>72の続き

D-crew「俺の名はD-crew!」
エンクル「親父!?」
ディクル「否!俺はDes-ROWなどでは断じてない!」
大「どう見ても親父殿d」
ディクル「違うと言ってるだろーがぁ!」
真(公式サイトでネタバレしてたはずなのに)
FSW「それで…おt、D-crewさんがわたしたちに何か用ですか?」
ディクル「うむ、君たちの父に頼まれてね。これを作ってきたのだ!」
MY GIFT「皆さん初めまして。MY GIFTと申します」
エンクル「なっ…姉貴が二人!?」
ディクル「彼女はファンキーを元にして作ったアンドロイドだ。これで今までのファンキーの80%は働ける」
大「すごい…でも何故今更?」
ディクル「君たちの父が、『ファンキーが自らギタドラに残りたいといったら渡せ』とね」
FSW「え…?」
ディクル「これで君がギタドラからわざわざ自分を偽ってこちらに来る必要もない」
エンクル「姉貴帰れるのか!?」
FSW「…わたし…帰っていいの…?」
ディクル「そうだ。こちらはMY GIFTに任せて、君は望んだ世界へ帰るんだ」
FSW「…う…ふえええええええええん!」
エンクル「姉貴、泣くなよ」
FSW「…ぐず…ありがとう…ござ…いまふ…ぐす」
大「うむ、それでは早速帰るといたしますか」
真「うひょーっ!」
ディクル「ではうへころ荘のみんなによろしく!」

MY「よろしいのですか?」
ディクル「娘の幸せを願わぬ父など居ないものだよ」
MY「…記憶しておきます」


74 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/06(水) 15:18:44 ID:WAL+uKqO0
ラスト

うへころ荘
FSW「エンクル朝だ!起きろーーーっ!」
バス連打発動
エンクル「みぎゃああああっ」
FSW「何だまだ起きないのか?ならもう1発」
エンクル「やめれ。起こすのに落としかける奴があるか!」
FSW「わりいわりい。手が滑ったw」
エンクル「………元気になったらこれかよ。全く」
FSW「…」
エンクル「姉貴?」
FSW「…エンクル、今までの俺と、おしとやかになった俺、どっちがいい?」
エンクル「え…?…んー。おしとやかな姉貴もいいなあ」
FSW「…!?」
エンクル「でも…おしとやかな姉貴じゃ日常がつまらなそうだな。やっぱ姉貴は騒がしくなきゃ」
FSW「やっぱりそうだよな!?ヒャッホウ!!まだまだ俺は戦える!!!!」
バス連打暴発
エンクル「ちょ、おちtぶべらっ」
ピチュン

大「|ω・)これにて一件落着、でござるな」
too「|д`)実はブラコンなのか?ファンキーよ…」

75 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/06(水) 21:44:16 ID:Sp3XrubFO
ずっとROMってましたが勇気を出して絵投下します…!
ちなみにMODEL FT2。

http://p.pita.st/?m=vuvyqolx

76 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/06(水) 22:27:02 ID:RMnG7/2K0
>>75
PC許可

77 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/06(水) 22:31:47 ID:Sp3XrubFO
>>76
設定忘れてました…。
教えて下さってありがとうございます。

78 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/06(水) 22:59:20 ID:WHSdfp94O
携帯で
リクエストされたページは表示できません







_| ̄|〇

79 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/07(木) 12:34:41 ID:G59mOlk7O
>>75
上手い!可愛い!GJ!
自分が描くとどうしてもクリップの人になってorzってなるのに…凄い。。

80 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/07(木) 15:59:35 ID:T8erWnYZO
この絵、気に入った!GJ!!
オレ、この子にならタム発狂+ハザで落とされても構わないぜwww

81 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/07(木) 16:01:34 ID:T8erWnYZO
アンカー忘れてた、>>75

82 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/07(木) 19:04:55 ID:h6hxm549O
蛹「>80だってさ」
この子「な!?からかわないでよ蛹姉ちゃん」
鈴「羨ましいわぁ、七ちゃん」
姫「うむ、全くじゃ」
この子「ていうか、>80も物好きだねぇ」
蛍「そんなことないよ。七姉ちゃんが魅力的なんだよ」
月光蝶「…デンジャラスビューティー…」
この子「やめてよ二人とも…照れるじゃん」
蛹「ほらほら、早く一思いに殺っちゃいなよ」
この子「う、うん…ごめん!」
ー赤DMハザード付きイントロ発狂発動ー
FT2「あれ?今、呼ばれたような気がしたんだけど…気のせいかなぁ?」
この子「なぁ蛹姉ちゃん」
蛹「ん?」
この子「本当は>80はFT2にヤられたかったんじゃ…」
蛹「あ、あはははは、良くあることだよ。ほら、デザレとデザロを間違えたりさ」
ツミ「よく見たらちゃんとアンカーついてますし」
月光蝶「…ドンマイ…」

>80さん本当にすいませんでしたm(__)m

83 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/07(木) 23:11:48 ID:R3CdwddUO
>>75
光速で保存しました(*´∀`)

ハイツJ-POP

リライト「クリスマスケーキは予約したし、後はツリーの飾りだけかな…?(´・ω・`)」
イノセント「おっ、やってるなぁ」
天体「しかし、リライトはマメだな」
リライト「そんな事無いよ…あ、飾りを買って来なきゃ」

―そして
セイリング「リライトの奴張り切ってんな〜」
天体「まぁ、楽しみなんだろうな」
カルマ「あ、俺クリスマスもイヴもVenus達と合コンだから」
天体「羨ましい… orz」
カルマ「まぁ、只の数合わせなんだが…」
K「俺仕事…(´;ω;`)ブワッ」
セイリング「俺も予定無し\(^o^)/オワタ」

ロビンソン「|・ω・)何か俺だけルッキンとデートだなんて言えないな…」




俺は多分バイトです… orz

84 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/08(金) 02:11:08 ID:qG/VEKCF0
和風茶屋 明鏡止水

大見解「久利須磨巣がなんだ!俺たち和風曲には関係ないぜ!」
カゴノトリ「私、隠れキリシタンですからクリスマスはミサに行きますよ」
ツミナガラ「あらあらあら、潜伏者がいたのね」
大見解「だばぁ!いつの時代だよ其れは!この裏切り者!」
浮舟「いいじゃないさ、あたしらだけで日本の冬を謳歌しようじゃないかぇ」


明鏡「ギタアやドラムのみの音楽のくせに純和風曲とはよく言うわ!
   出直して来い」
一同「(´・ω・`)」

ところで>80の話がよくわからないけど、どこからあさきの要素が?

85 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/08(金) 02:25:06 ID:IJmxt+k40
マジレスしてあげよう
「この子」になら落とされてもいい
>>80が言ったのは>>75のFT2で、>>82は「この子の七つのお祝いに」とかけた

86 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/08(金) 21:27:35 ID:vwY0hAoT0
アルケー「ふえぇーん・・・ドラマニ赤でフルコンSSパフェ99%、
     しかもハザードクリアまでされちゃいましたぁ・・・」
FT2「何ですって!?私がその生意気なプレイヤーをガシャーンさせてくるわ!!」


PICO「プレアンまだかな・・・」



FT2「・・・・・・・・・・・・」


  Λ Λ
 ( ・ω・)
 _| ⊃/(__
/ ┗-(___/


 .<⌒/ヽ-、__
/<_/____/

87 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/09(土) 01:39:16 ID:J/sgzwER0
うへころ荘

エンクル「そろそろクリスマスかあ…」
エンクル(…デザロに何かプレゼントした方が…って何考えてるんだ俺!?………)
エンクル「なあ姉貴、ちょっと聞きたいことが…」
FsW「んー?何だー?」
エンクル「…やっぱいい(参考になりそうにねえや…)
FsW「何か失礼なこと考えてるだろ?」エクストリーム!!
エンクル「考えてませんから赤ドラムやめて」

ピーーーーーー(インターホン)

エンクル「ら、来客だ。俺出てくるぜ。…誰か知らないがグッドタイミングだ」
FsW「ちっ」

エンクル「はいはいどちらさまですかー?」
花の唄「大見解さんは帰ってきてますか?」
エンクル「…えーと、スンマセン。大見解さん今留守にしてるんですよ」
花「たいした用事ではありませんよ。職場にこれ落としてったから届けにきたんですの」
つ数珠
エンクル「数珠…ですか?」
花「はい。大見解さん、選曲されるといつもその数珠握ってヘッドバンギングしてますのよ」
エンクル(あの大見解さんが…意外だぜ)
花「それでは、大見解さんによろしくお願いしますね」
エンクル「あ、ちょっと待って下さい!花さん、あとで俺の買い物に付き合ってくれませんか?」
花「ふぇ?」
エンクル「実はかくかくしかじかで…」
花「…なるほど、そういうことでしたらよろしいですよ」
エンクル「ありがとうございます!!じゃ、また後日連絡しますね。」
花「はいはい」

エンクル「…これで、よしっと」
FsW「随分楽しそうじゃねーか」
エンクル「あ、姉貴!?」
FsW「弟に先に春が来て、姉は羨ましーぞ、コノヤロー!」
バス連打発動
エンクル「ぎぶぎぶぎぶぎぶぎぶぁぁぁぁぁぁぁっ」
ピチュン
FsW「せっかくクリスマスはうへころ荘でパーティの予定だったのになあ(゜∀゜)ニヤニヤ」
エンクル「…楽しんでる…こいつ絶対楽しんでる…ぬふぅ…」

88 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/09(土) 01:47:00 ID:e7mAp5HD0
パースト「はい今日も始まりました!
    ギタドラの流行や巷で噂のアレやあの人を紹介する番組、「MIDNIGHT SPECIAL」!
    司会はワタクシ、Purple stormと、番組を盛り上げてくれるのはこの人、Ring!」
Ring「どうも、前フリが思いつかないRingです!」
パースト「前回はAXIS、ポン太、ノーヘジちゃんありがとうございました!
    いやー、このミドスペもおかげさまで6回目ですよ。早いなぁ」
Ring「ほんと、ここまで続けられるなんて僕も思ってなかったよ。
    こんな長くやるってわかってたらこの仕事受けなかったのに」
パースト「嫌なら帰っていいぞ。さて今日の特集は「魅惑の街、Orbital eroシティに突撃!」ですが、
    いわゆる萌えブームの最先端として注目された街ということで、俺もちょっと気になります」
Ring「僕が取材で行ってきたんですが・・・・・なかなかすごいですよ。マジで」
パースト「では何がすごいのか? さっそくVTR見てみましょう!」

(VTR)
Ring「ただいま僕はOrbital eroシティに来ています。
   実は初めて来るんですが・・・・いろいろ興味引きますね。
   あ、なんかおもしろい人たちがいるのでちょっと尋ねてみましょう。
   すいませ〜ん、ちょっとよろしいですか?」
蛹「なんでございますか?ご主人様♪」
Ring「・・・・・えっと、今TVの取材をしているんですけど、
   君たち、なんか変わった格好ですが、何かイベントでも?」
ベイサイド「さっき、撮影会やってたんですよ〜。
     あ、私のはぁ、「らばぁず☆はい」っていうゲームの主人公の制服のコスプレです〜」
蛹「私は冥途喫茶「神曲」のメイドでございます、ご主人様。ちょっと寄っていきませんか?」
Ring「あ、今は仕事中なんでまた今度・・・・そちらの方々は・・・男性ですよね?
   何故女の子の格好を・・・?」
蛍「い、いえ、僕は今日姉さんの手伝いしてるだけなのに、メイドの格好させられただけなんです!
  誤解です!」
イスト「蛍くん、いい加減素直になりなよ。興味あったんだろ?
   あ、僕はコズミックカウガールたんのコスプレです。」
Ring「そ、そうですか・・・・なんかそっちの方泣いてますけど」
蛍「ぐすっ・・・ぐすっ・・・・だから僕は違うってば・・・」
ベイサイド「・・・・・(ジ〜)
     リポーターさん、コスプレしたら似合いそうですね〜」
Ring「はい!?」
イスト「そうだ! やってみませんか? きっと可愛くなりますよ〜」
Ring「いや、ぼ、僕は仕事中なんで遠慮しますってか可愛くなるってなんですか!? ・・・ぎゃぁぁぁ!」

(しばらくお待ちください)

89 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/09(土) 01:48:57 ID:e7mAp5HD0
Ring「・・・・というわけで、僕も(嫌々ながら)コスプレに挑戦してみました。
   ・・・・・・でもなんで女装・・・・・おい照明!笑うな!」
You'll be「うわ〜んお兄ちゃんどこ〜?」
Ring「あれ?迷子かな? ・・・君、どうしたの?」
You'll be「買い物してたらお兄ちゃんとはぐれて・・・探してたらわかんなくなって・・・ぐすん」
Ring「な、泣かないで! ・・・・えー、取材中ですが、この子のお兄ちゃん探してもいいですか?
    すいません、こういうのほっとけないんですよ」
You'll be「お姉ちゃん、お兄ちゃん探してくれるの?」
Ring「うん。お兄ちゃんが一緒に探してあげるよ」
You'll be「ありがとう! お姉ちゃん!」
Ring「・・・・・照明、笑うな」

Ring「探すって言ったけど、僕そんなに詳しくないんだよね・・・・
   お兄ちゃんどういうお店にいるかわかる?」
ユールビー「う〜ん・・・・あ、よくあのお店にいるよ!」
『TIGER,TOOのあな』
Ring「・・・・・ちょっと放送できそうにない店だなぁ。
   ほかに知ってる場所とか・・・」
ユールビー「あ! お兄ちゃんいたよ!」
Ring「えっ!? どこに!?・・・・・・」
ヒマワリ「みんな〜! 今日はヒマワリのライブに来てくれてありがと〜!」
観客『うおおー!』
ヒマワリ「今度、新曲が出ます! みんな聞いてね!ばいば〜い!」
ゲラウェイ「うおー!ヒマワリちゃ〜ん!」
ユールビー「お兄ちゃん!」
ゲラウェイ「今忙しいんだ! あt・・・・ユールビー! どこに行ってたんだよ!」
ユールビー「お兄ちゃんが勝手にどっかいったんじゃんか!」
ゲラウェイ「そうか、ごめんな離れて・・・・・あれ!? Magic words?たん!?
    「見習い魔女っ娘 Magic words?」のMagic wordsたんが何でいるんだよ!」
ユールビー「このお姉ちゃんが一緒に探してくれたんだよ!」
Ring「ユールビーくん、見つかってよかったね。あの、今取材で来ているんですけど、いろいろ聞かせt」
ゲラウェイ「萌えー! ちょっと一枚撮らせてもらっていい!?
    あ、照明もいるじゃん! ちょっと撮影手伝って!」
Ring「あ、あのー!? 困りますー!」
落書「えっ、Magic wordsたんが来てるって!? どこどこ!?」
PPR「うおー萌えー」
Ring「ちょ、いっせいにこないでください!うぎゃああぁぁ」
(VTR終了)

Ring「というわけで、eroシティに取材してきました・・・・・・おい」
パースト「くくっ・・・・Ringの女装が・・・・あははははは!!!」
Ring「くそ・・・あとで覚えてろ。あ、時間になりましたね。
   次回の特集は「クリスマスの注目は?」です!」
パースト「あー腹痛てー。今週のEDもトリトラで「White tornado」です。
    みなさまのおかげで有線1位になりました!ありがとうございます!
    ではまた来週! さようなら〜」

ガシャン
ゴーイング(視聴者)「・・・ヒマワリ?聞いたことないな。新人歌手か?」


90 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/09(土) 05:13:06 ID:NQPWAC/5O
実はヒマワリじゃなくてゆびきr(ピチュン

91 :あの人 ◆h99PAc1wKg :2006/12/09(土) 18:01:34 ID:KiZNyl8Y0
Little Courage 6


また同じ時間。
同じ公園にて。
今日もまた一段と空が綺麗だ。
昨日は雨がザーザー降りで、その翌日であるために
空がとても澄んで見える。
青々とした空は、下から見上げる彼と彼女にとっては
どこまでも続くように見えた。
もちろん、彼と彼女とは。

DD7「いい天気ですね」
落書き帳「ホント、昨日の天気には比べ物にならないわ」

彼はDD7、彼女は落書き帳である。
彼女は、家であった一連の出来事を彼には話していない。
DD7に余計な心配をかけたくないと思ったからだろう。
もうかれこれ、こうやって朝に会うのも何度目になるだろうか。
最初のうちは、早朝だからどこの店も開いてないし、
何より相手が相手という考えだったのだが、
しだいにその考えは薄れていった。

落書き帳「…ねぇ、なんか…眠くなって…」
DD7「ど、どうしました!?」

落書き帳はバタンと倒れてしまった。
振り返ると、背の高い二人くらいの男がいた。

DD7「誰ですか、あなたたちは!」
 「黙ってろ」

DD7は男から右パンチをもらう。
彼の軽い体は吹っ飛ばされる。

DD7(よく分からないけど、赤状態になって
    逃げよう!)

ベーシック! ベーシック! ベーシック!

DD7(…緑のまま? え、あれ?)
 「アイツの言った通りだ、オマエは赤状態はおろか、黄も無理だ」
DD7「なんでだ!? なんで赤になれない!?」

曲には難易度がある。
赤、黄、緑というのは俗称で、正式な名称はあるが
実際にはほとんど色で統一されている。
難易度は低い順番に、緑、黄、赤となっている。
曲は難易度が高ければ高くなるほど、本来の力が出せる。
が、緑状態では本来の力がほとんど出せない。

 「騒がれると面倒だ、黙ってろ」
DD7「!」

気付いた瞬間には、腹に男の拳が入っていた。
そして、彼の意識はプツリと切れた。

92 :あの人 ◆h99PAc1wKg :2006/12/09(土) 18:03:11 ID:KiZNyl8Y0
の時間帯、別の家にて。
現在、公園で起こっている事件とは全く関係ない人物。
泉氏の曲、RISEとFIREがいた。

FIRE「RISE、知ってるか?
     白昼夢シリーズの奴らはな」
RISE「兄弟全員何かしろ強い能力持ってる、だっけか?」
FIRE「…先に言うなよ、つまんねーな」

家の居間で、お茶をすすりながらテレビを見ている。
本日休日、こうやって予定もなくただこうしてテレビから流れる
くだらない笑い声とやり取りを見ている。

RISE「あんま覚えてないけど、たしかDD2は…
     そうそう、すごく聴覚が優れてるって聞いたな」





DD兄妹家にて。

DD4「DD7、どこ行ったの?」
DD5「玄関にDD7の靴は無いから、外に出たってことだけは分かるけど…」

朝からDD7がいなかった。
それだけならまだよかった。
今現在の時刻は13時。
もうすでに昼を過ぎている。

DD2「…兄さん、何か知ってるでしょ?」
DD「どうした?」
DD2「兄さんの心臓の鼓動が早くなってる。
    何か隠し事してるね? 兄さん」

DD2は聴覚が優れているというのは
人より、という意味ではなく
尋常でなく優れているのだ。

DD「…RISEのおっさんから聞いたんだがな」

DDはこれまでRISEから聞いていたことを話した。
DD7がプログレんとこの落書き帳と仲良いってこと。
あまり余計な考えを増やしたくないために
DDは他の人たちに一切話していなかった。

93 :あの人 ◆h99PAc1wKg :2006/12/09(土) 18:05:46 ID:KiZNyl8Y0
DD5「そういうことだったんだ」
DD6「DD2、どうしてアイツがこっそり外出て行ったことに
    気付かなかったの?」
DD2「寝るときはいっつも耳栓してるから、気付かなかったんだ」

聴覚が尋常でなく優れているということは
逆に言ってしまえば必要ない音まで聞こえるのである。
そのため、DD2はしばしば出かけるときは
消音ヘッドホンなどをつけている。
実際にはあまり効果が無いらしいが、少なからずとも
つけないよりはまだいい、と本人は語っている。

DD3「アイツの携帯、無いぞ」
DD4「持ってったみたいね」

DD7の部屋から出てきたDD3が言う。
肩越しに見える部屋は、DD3がかなり荒らしたようにも見える。

DD「DD2、アイツの携帯鳴らしてみるから
   ちょっと頑張ってくれないか?」
DD2「わかった」

自宅の電話の受話器をとる。
コードレスの電話は無く、DDがDD7の携帯の番号を
一つ一つ置いていく。

DD6「……本当にできるの?」
DD4「黙ってなさい」

電話のベルがかすかに聞こえる。
部屋は誰しもが静まり返っていて、ただ一人
DD2だけがとてつもなく真剣な表情をしている。
しばらくして、DDが受話器を元に戻した。

DD「繋がったけどきれたぞ。
   聞こえたか?」
DD2「…多分、ギタドラ倉庫街のところの近くだと思う」
DD5(おいおい、マジでわかんのかよ、オイヨイヨ)
DD「わかった、DD3、走るぞ」
DD3「へいへい」
DD「途中ではぐれても知らんからな、しっかりついてこいよ」

DDとDD3は玄関のドアを開けて
あっという間に視界からいなくなってしまった。

DD4「相変わらず速いわね」
DD5「俺達も車出して追いかけないと」
DD4「DD6、あんた留守番ね」
DD6「…はい」

年上の命令は絶対。
白昼夢兄妹、最大の掟でもある。

94 :あの人 ◆h99PAc1wKg :2006/12/09(土) 18:09:39 ID:KiZNyl8Y0
RISE「んで、DDとDD3は身体能力が優れているんだっけか」
FIRE「話を聞くとまるで『サイボーグ009』だな」
RISE「親父の奴、もしかして狙ったんじゃねーのか?」

緊迫した状況の続く白昼夢の兄弟に反して
のんびり昼間のクイズ番組の再放送を見ている二名。
実際、いるのは三名だが。

RIGHT ON TIME「面白い話してるじゃないの」
RISE「ライトンの姐さんか」
ライトン「白昼夢兄弟のボウズ達の話ね」

彼女はRIGHT ON TIME。
ギタドラ界ではかなりの古参で、RISEよりも古くから
この世界に身を置いている曲である。

ライトン「DD4の嬢ちゃんは目がすごくいいらしいわね」
FIRE「本当にサイボーグの奴らみたいだな。
     誰か体内にミサイル埋め込んでたり、超能力でも
     持ってる奴がいるんじゃねーのか?」
RISE「そうなったら本当に『サイボーグ009』だな」



まだ日も高く上っている中。
一人だけ、戦う人がいた。
そう。

DD7だ。                       (続)

95 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/09(土) 18:46:06 ID:/NzCOWEdO
>>91-94
乙GJ!
本家の009好きな自分にはちょっと嬉しい設定&展開です。

96 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/09(土) 20:35:42 ID:sE8X9MGxO
>>91-94乙&GJ!毎回楽しみにしてます。

〜ささきっさ〜

蒼「お姉ちゃん、これ」
百「ん?どうしたの?あら、手紙?」
蒼「うん、私とお姉ちゃんだけに届いてて…」
百「へぇ…って、差出人が五鍵の国!?」
蒼「とりあえず開けてみようか」
百「そうね。こ、これは…」
蒼・百「B-1ダイナマイツ!?」
落「なになに〜?何の話?」
百「それが…五鍵の国からB-1ダイナマイツへの招待状が届いて…」
タイピ「何ですか、その某大晦日にやってる格闘技イベントをパロッたようなネーミングは?」
蒼「何か弐寺、ギタドラ、ポップンの猛者達が集まって最強の曲を決めるらしいよ」
落「何で私にはお誘いが来ないのー!?」
百「参加資格はギタドラ共にレベル95以上らしいわ。残念だったわね落書き帳」
落「む〜、じゃあお姉ちゃんとコンちゃんが佐々木家代表ってことだね」
蒼「でもなぁ…冥ちゃんや嘆きさんが出るとなると優勝は難しいかなぁ…」
百「誰よそいつら?」
蒼「弐寺でのお姉ちゃんとデイドリさん的存在だよ。正直私の赤OP譜面でも勝てるかどうか…」
百「ふ〜ん、面白いじゃない」
デイドリ「おい100sec!」
百「貴方達の所にも手紙が来たのね」
DD6「ああ、腕が鳴るぜ!」
DD5「まぁ面白そうではあるな」
オバゼア「僕も出るよ。年末はクラパ兄さん達は演奏会でいないからね。某歌合戦よりもずっと退屈しのぎになりそうだし」
鬼姫「そなた達、私を忘れてもらっては困るのじゃ」
百「えーと、これで全員かしら?」
アンコン「バアァァァァァァァァ!」
ーバカボンウィルソン発動ー
ゆら「ああっ!ドアがケチャケチャに…」
アンコン「バカボンウィルソン!」
FSW「『おいおい、俺を忘れるなんててめえら良い度胸してるじゃねぇか』だとさ。俺も出場して弐寺のBPM400の曲と闘いたかったんだがなぁ」
百「ごめんなさいね、アンコン。さて、それじゃあこの8曲で」
デイドリ「弐寺の奴等をアッーと言わせてやろうぜ」
DD5「兄貴、それじゃあウホッな人だ」
鬼姫「ふふ…もう逆詐欺とは呼ばせぬぞ…」
オバゼア「弐寺だけじゃなくポップンからの出場曲も気になるね」
DD6「まぁ相手が誰でも1mmも負ける気はしないけどね!」
FSW「おい、それ俺の歌詞じゃねえか!」
百「とにかく、ギタドラ代表の名に恥じぬよう頑張りましょう」
一同「おーっ!」
詳しくは蠍火スレ参照のこと

97 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/10(日) 00:36:40 ID:Atx+LTTd0
>>96
蠍火スレ見てきた。
がんばれ百秒とコンチェ!

98 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/10(日) 02:49:16 ID:nDwABgk+O
>>96
蠍火スレ覗いて来ました
ギタドラーとして百秒とコンチェには頑張って貰いたいですね


ハイツJ-POP

天体「何やらBEMANIの曲最強決定戦が開かれるみたいだぞ」
カルマ「ああ、知ってる。確か百秒さんやデイドリさん達が出場する見たいだな」
イノセント「おう、出場する方々には頑張って頑張って頂きたいな」
ロビンソン「俺達に出来る事は無いが、ギタドラ代表の皆様には頑張って欲しいな」
リライト「僕達版権曲も応援します(´・ω・`)」
一同「代表の皆様、優勝目指して頑張って下さい!!」
リライト「僕達のささやかな気持ちだけど、代表の皆様にコレを差し上げます(`・ω・´)」
つ[必勝祈願のお守り]

勝手な事してスミマセン

99 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/10(日) 10:40:42 ID:8wfjlroM0
ミラージュ「アレ?OP97なのになんで僕だけ招待状来なかったんだろう?」
紫嵐「アンタってドラム86じゃなかったっけ?」
ミラージュ「(´・ω・`)あ…」

100 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/10(日) 12:25:50 ID:S9McFJAIO
うへころ荘

エンクル「何やらB-1とやらがあるみたいだな」
真「うふぅふ」
大「案内状が一通もこない?当たり前でござろう。ギタドラのDes曲は難易度低いから」
too「まあしょうがねえよ。親父のシマはポプ国だからな」
大「ポプ国からは拙者の弟と超蝶殿が出る予定でごさる」
TS「じゃあそいつらの応援するか」
エンクル「…」
FsW「どうした?エンクル」
エンクル「…いや、何でもねーよ」

デザロ「B-1は百秒さんや鬼姫さんの応援するわよね?」
エンクル「…あ、ああ」

エンクル(ここで親戚をとるか気になる奴をとるかかなり悩むな('A`))

たったこれだけ書くのに何回操作ミスで消したかorz
出来ればもう携帯では書きたくない

101 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/11(月) 01:21:35 ID:3ECdgo4K0
オレンジラウンジ(ふなきっさ臨時開店中)

カゴノトリ「姉さん、今日の新聞見た?」
フリフリ「見たよ・・・・言いたいことはだいたいわかる」
ランジュ「B-1でしょ?みんなすごいよねー!」
マーマレード「うんうん!で、なんでフリフリお姉ちゃんそんなブルーなの?」
フリフリ「いや、やっぱTOMOSUKE曲3女としては、なんでうちからは誰も出ないのかなーって」
カゴノトリ「うーん・・・・みんなレベル低めだからね。高くても80止まりだし」
トゥウィンクル「いわゆる『ボクぅ、ここは初めて?そんな緊張しないで、お姉さんにま・か・せ・て☆』
     っていう初心者のための曲の子が多いからねぇ」
Flow「な、なんかスケベですねぇ!ていうか、ギターが難しいのにドラムが簡単とか、
   ドラムが難しいのにギターが簡単っていう場合も多いんだよなぁ」
ジャイアン「親父がポップン国に行った今、新しい高難易度曲も望み薄だし」
カゴノトリ「いや、今から来ても遅いような・・・・・
    とりあえず、代表の人たちには楽しんできてほしいよね。
    せっかく他国の曲に会えるんだし」
フリフリ「いや絶対勝て、勝たなきゃアタシが許さん」
ポプリ「お姉ちゃん何を許さないのさー」

代表曲みんなガンガレ。ネタ師の方もガンガレ。

102 :あの人 ◆h99PAc1wKg :2006/12/11(月) 22:39:10 ID:8o609wF30
DD兄妹家にて。

DD「なんだ…この招待状?
   ……5鍵からだって!?」

DD2「朝から何なのさ、兄さん」
DD4「何が届いてたの?」
DD「五鍵市…今はほとんど発展してない場所だが、
   『B−1ダイナマイツ』って奴だが」
DD6「蠍火の場所であったね。
    BEMANIシリーズの最強曲を決めるとか…」
DD5「参加資格は?」
DD6「ギタドラ、両方最高レベルが95以上が参加条件だって。
    DDとDD5、それと俺が参加できるみたい」
DD2「そっか…参加できないのか…」
DD7「他には誰が参加するの?」
DD6「えっと、V2時代から参加した『over there』さんが…」

over there「じゃあ、じっちゃん、行ってくるよ」
ancient breeze「お前も…他の市の曲と戦うとはな…」
オバゼア「大丈夫、大丈夫!
    俺はそんなに弱いような奴じゃないからさ!」
エンシェント「それはワシがよく知ってることじゃ」
オバゼア「じっちゃんの名にかけて!
    頑張ってくるよ!」

103 :あの人 ◆h99PAc1wKg :2006/12/11(月) 22:53:31 ID:8o609wF30
DD6「あさきさん所からは『鬼姫』さんが。
    後、『under control』さんと、
    佐々木さん所から出るのがほとんどらしいね」
DD「…しっかし、俺は他の機種の曲なんて知らねーぞ?」
DD2「せっかくだから、佐々木プログレ曲の人たちに聞いてみれば?」
DD5「それがいいかもしれない、行ってみようか」
DD(ん? プログレ? つーことはあのリーストが…
   … … 考えるのはやめるとしよう)


プログレ曲の方々の家にて

リースト「コンチェ、頑張るわよ。
     負けたらブレーンバスターよ!」
コンチェ「は、はいッ!」
ゆら「全く…あら、どなた?」

DD「ういっす」
DD6「こんにちわー」
DD5(タイピさんいるかな…。
    また会えたりするとラッキーかな?)
リースト「アンタ達、B−1かい?」
DD「そう。 他の機種のことなんざ知らねぇから
   移植されまくってるアンタに聞いたほうがいいと思ってな」
リースト「人に物事頼む態度がそれかい?」
DD「面倒な事は嫌いだ、手短に頼む」
リースト「せめて頭下げんかいテメェは!」
DD「テメェに下げる頭があるなら、首ごと川に投げ捨ててるぞ!」
リースト「だまれ、所詮ギタドラでしか最凶曲でしかない
     お山の大将が!」
DD「んだと、プロレス技しか能の無い単細胞!」
リースト「単細胞…貴様ァァァ!!」


タイピ「…逃げましょう」
ゆら「同じ代表者同士なのに」
コンチェ「もう止められないわね」
DD5「虹色の滝とシンバルの豪雨…」
DD6「一旦避難しましょう」



DD4「あ、そうそう忘れてた。
    代表に選ばれた曲の方々、ネタ氏の方々。
    応援してますよ。 代表して、DD4から」

104 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/11(月) 23:55:43 ID:WXmslM5NO
ブラホラ「そういやぁ、俺らのとこからはB-1に出場する曲はいねぇんだな」
ホワトル「僕とパーストはドラムがレベル不足だったんだよ」
パースト「ギタドラ帝国って結構広いのね…あんなに強い方がいらっしゃるなんて」
ライム「ささきっさの100秒さんやコンチェさんには頑張ってもらいたいね」



イエパニ「B-1…何それおいしいの?('A`)」

105 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/12(火) 17:51:45 ID:OWpd/xqIO
〜ささきっさ〜1/4

落「〜♪」
蒼「何やってるのお姉ちゃん?あ、CSV2!次やらせて!」
落「うん、私がDD573コースをクリアできたらやらせてあげる(DD3め…)」
百「ていうか貴方達、今仕事中なんだけど」
タイピ「そうですよ。クリスマスが近くて忙しいんですから…ん?CS?…アッー!」
ゆら「タイピさん!?まさかマスターピースでの24時間放置プレイのトラウマが!?」
タイピ「ちょっと出かけてくるです!」
百「あ!ちょっと!もう…」
落「それじゃあ探しn」
百「仕事しなさい。ただでさえ大変なんだからこれ以上人手が減ったらハザード落ちしちゃうわ」
蒼「む〜、お姉ちゃんはタイピちゃんが心配じゃないの?」
百「あの子だってもう子供じゃないんだから大丈夫でしょ。仕事がおわっても戻って来なかったら流石にマズいけど」
蒼「う〜ん…(CSかぁ…そういえばもうすぐCSハピスカの…)あ!うん、そうだね」
(・ω・)つそして
いやーっはははーい!(注:ドアの開く音です)
蛹「は〜い、あれ?タイピちゃんどうしたのそんな格好で?」
タイピ「ハァ…ハァ…アニュス…は…?」
蛹「アニュス君?なんか、ついさっき『用事を思い出した』とか言って携帯も持たずにでかけちゃったの。どうする?ここで待ってる?」
タイピ「いえ…結構です…」
蛹「でもそんな格好じゃあ風邪ひいちゃうよ?」
タイピ「大丈夫と言ったら大丈夫なんです!」
ダッ!
蛹「あ〜あ、行っちゃった」
鬼姫「どうしたんじゃろうか?」
この子「さぁ?」
(・ω・)つその頃
ケチャ
ゆら「あら、いらっしゃいませアニュスさん。こちらのお席に…」
アニュス「いえ、結構です。あの…タイピちゃんは…」
百「あぁ、さっき携帯も持たずに出かけちゃったわ。ここで待ってる?」
アニュス「あ…(しまった…携帯忘れた…)いえ、結構です。それじゃあ」
蒼「あ、アニュス君」
アニュス「はい?」
蒼「今度タイピちゃんを泣かしたら絶対に許さないからね♪(ボソッ)」
アニュス「わかってますよコンチェさん。それじゃあ」
落「コンちゃんアニュス君に何囁いてたの?」
蒼「ん、タイピちゃんがちゃんと戻ってくるようにおまじない。チュッパチュピトゥー」
落「…?変なコンちゃん」


106 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/12(火) 18:12:21 ID:OWpd/xqIO
〜ささきっさ〜2/4

(・ω・)つそして
タイピ「ハァ…こんなことならコートの一枚でも羽織ってくるべきだったです…それにウェイトレス服のまんまですし…」
大和「何あれ?コスプレ?」
ブレイクダウン「さぁ?そんなことより早くカルマ君達との合コン行くわよ撫子!」
タイピ「へっくし!う〜凍え死にそうです…もしかしてアニュスはまた私に黙って弐寺に…うっ…そんなの…うぇっ…絶対に…ひっぐ…許さないです!」
アニュス「やっと見つけた…」
タイピ「アニュス…今までどこほっつき歩いてやがったですか!CS入りの前の日ぐらい大人しく家にいろです!」
アニュス「ごめんねタイピちゃん。でも、どうしてもタイピちゃんに会いたかったんだ」
タイピ「え…」
アニュス「タイピちゃんも知っての通り、今回はCS界だからね…そう簡単には帰って来られない…だから、その前にタイピちゃんに会わなきゃって思ったんだ」
タイピ「アニュス…私はてっきりもうCS界に行ったんじゃないかって…」
アニュス「そんなことするわけないよ。約束したでしょ、もう二度とタイピちゃんを泣かせない。泣かせる奴は絶対許さないって」
タイピ「アニュス…へっくし!」
アニュス「あ〜、もう、そんな格好で外に出るから…何でコートも着ないで…早く帰ろう」
タイピ「な、何でって…それは…その…アニュスが私のた、た、た…」
アニュス「た?」
タイピ「たい…クシュン!」
アニュス「(退屈…?)ほら、これ着て」
タイピ「え、良いですよ別に…」
アニュス「ダメ。タイピちゃんに風邪なんかひかれたら弐寺で集中できない」
タイピ「はぁ、そんなに言うなら…でも大きすぎですよ」
アニュス「ごめんね。でもタイピちゃんが風邪なんかひいたら(君のお姉さん達に何されるか)心配で…」
タイピ「アニュス…それにしても歩きづら…きゃあ!」
ズコーッ!
アニュス「タイピちゃん!?」
タイピ「痛ッ!足が…」
アニュス「大丈夫タイピちゃん?ほら」
タイピ「何やってるですかアニュス?」
アニュス「歩くのが辛いならおんぶしてあげるから」
タイピ「な!?い、良いですよ別に!まぁ…どうしてもって言うならおぶらせてやるですが」
アニュス「じゃあ遠慮なく」
タイピ「わ!い、いきなりはやめろです!」
アニュス「ごめんねタイピちゃん。それじゃあ行こうか」
タイピ「あ…はい…(アニュスの背中…細いけど…すごく…暖かいです…)」


107 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/12(火) 18:43:43 ID:OWpd/xqIO
〜ささきっさ〜3/4

(・ω・)つそして
百「営業終了!みんな!タイピを探しに行くわよ!」
落「おーっ!」
ゆら「あら、コンチェさんは行かれないのですか?」
蒼「うん、留守番は必要でしょ」
デパチャ「それじゃあ頼んだぜコンチェ!」
蒼「うん、いってらっしゃい。さてと…今日中に戻ってくるならそろそろだけど…それとも嬉し恥ずかし朝帰りかな?」
ケチャ
アニュス「こんばんは」
蒼「(チッ…朝帰りは無かったか、意気地無しめ…)こんばんは。タイピちゃんは?」
タイピ「スー…スー…」
アニュス「この通り寝ちゃってますよ」
蒼「そっか、それじゃあベッドに運ばないとね」
アニュス「はい」
蒼「弐寺にはもう行っちゃうの?」
アニュス「ええ、フラゲ組のためっていうのも有りますし、後は…改めてお別れを言っちゃうと、お互い悲しくなって泣いちゃいますから」
蒼「へぇ、アニュス君も泣くんだ。あ、それだったら手紙とか書いてってあげたらどうかな?」
アニュス「何気に失礼なこと言われた気がしますが…良いですね。手紙」
蒼「でしょ?CS入りしても欠かさず書かないとダメだよ」
アニュス「ええ、わかってますよ」
蒼「うん、それじゃあ頑張ってね」
アニュス「はい。それじゃあ行ってくるよタイピちゃん」
チュッ
タイピ「ん…アニュ…スゥ…」


108 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/12(火) 18:47:54 ID:OWpd/xqIO
〜ささきっさ〜4/4

(・ω・)つそして
百「何で戻って来てたのなら連絡くれないのよ!」
蒼「ごめんごめん、でも、みんな携帯忘れていったし」
落「う…それで、タイピちゃんは!?」
蒼「まだ寝てるよ。もうすぐ起きてくるんじゃない?」
タイピ「う…アニュ…スゥ…アニュス!?」
蒼「おはようタイピちゃん」
タイピ「おはようです…あれ…私…確かアニュスの背中で…」
蒼「はい、これ。アニュス君から」
タイピ「手紙?」
ータイピちゃんへ
この手紙を読んでる時には、僕はもうCS界に行ってしまっているかもしれない。
これは僕のわがままかもしれない。だけど決して泣かないで欲しいんだ。
タイピちゃんが泣いていると、僕まで悲しくなってしまうから…だから笑顔で…僕のことを応援していて欲しいんだ。
タイピちゃんが笑っていてくれるなら…僕は何度ハードクリアされても大丈夫だから。
アニュスより
タイピ「アニュス…泣かないですよ私は…いつまでも子供じゃないんですから」
蒼(うんうん、また一つ成長したみたいだね。良いことだ)
タイピ「あれ?そういえば何で私パジャマ着てるですか?昨日は制服のまま寝ちゃった気が…」
蒼「ああ、それはね、私は別に良いって言ったんだけど、アニュス君が『シワになるとマズいですから』って言って着替させてくれたの。別に予備があるから良いのにね」
タイピ「な…な…なぁー!?」
蒼「タイピちゃん!?」
タイピ「アニュスー!戻ってこいですー!私の裸を見るなんて…笑顔で何回でもハザードクリアしてやるですー!」
蒼「あ、あわわわわ(う〜ん、余計なこと言っちゃったかなぁ?)」
タイピ「初めて裸見られたのがこんな形なんて認めないですー!!!!」

アニュス「(;゜Д゜)ビクッ」
ワンモア「どうしたのアニュスさん?初めてのCS弐寺で緊張してるの?」
アニュス「い、いえ、平気ですよ」
ワンモア「ふ〜ん?よーし頑張るぞー!」
アニュス(何だったんだ今の殺気は…)




109 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/12(火) 21:02:48 ID:MKXcWFrAO
全俺が泣いた。

超GJ!!!!!!!

110 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/12(火) 21:16:46 ID:DXcc8QD/0
同じく泣いた。
GJ!!!!

111 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/12(火) 21:39:44 ID:U4li76zo0
>>108
GJ!もうCS喜天発売か・・・・
タイピが服脱いだら裸ってことはのーp(ピチュン

112 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/13(水) 17:56:30 ID:0gnhd3eS0
B−1のセコンドの話が蠍火スレにあったね

うへころ荘

ピーーーーーーーー
エンクル「はいはい今出m」
アンコン「バカボン!ウィルソン!」
バコーン(ドアが吹っ飛ぶ音)
エンクル「のhぁっ」
too「ああ、ドアが有り得ない方向にぶっ飛んだ」
ヴォイ「落ち着け、ドアは普通ぶっ飛ばんぞ」
TS「エンクルの心配してあげて…」
FsW「なんだなんだ…おお、アンコン!少しは丁寧にドアあけろよw」
TS(あれでドア開けてるつもりだったの!?)
大(ま、まあ、確かに開けてるでござるな)
アンコン「バカボン!ウィルソン!」
FsW「…俺にB−1のセコンドしてくれ!?いいぜ!」
too「即答かよ!少し悩めよ」
FsW「数あるギタドラ曲の中から俺を選んでくれたんだから、悩む必要ナッシング!」
アンコン「クラッシュアンパーン!」
FsW「礼なんか要らねえよ。…向こうのbpm400も見てみたいしな」
TS「本音が出たよ」
エンクル「…いてててて…しかし姉貴にセコンドなんか勤まんのかね?むしろ武闘派j」
FsW「何か言ったか?」
バス連打発動
エンクル「いってないいっtほぎゃあああああああっ」
ピチュン
大「…学習能力ござらんのか?」
too「ない様だな」

113 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/13(水) 18:40:21 ID:0gnhd3eS0
ドラブレ「ドゥーン」
デザロ「クリスマスの準備?そうね姉さん。じゃあちょっと飾りとかの買い物行ってきます」

柴田百貨店
真実「ありがとーございましたー」
デザロ「ふう、これであとは……あ、エンクルだ!おーいエンk」

エンクル「これなんかどうでしょうかね?」
花の唄「ダメダメ、もっと可愛いのにしなきゃ」
エンクル「じゃあこれ!」
花「…エンクルくん、センス悪いんじゃないですか?」
エンクル「うぐぅ…じゃあ花さんはどんなのがいいと思います?」
花「こんなのどうですか?」
エンクル「ちょwwwそれはねえっスよw」

デザロ「…楽しそ('A`)…そっか、エンクル、付き合ってる人居るのか」
デザロ(あれ?なんで悲しいんだろ…)

デザロ「ただいま…」
ドラブレ「ドゥーン」
Ring「姉さん、どうかしたの?」
デザロ「…なんでもないわ。さ、ツリーの飾り付けしましょ!」
ドラブレ「ドゥーン!」

続く

114 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/13(水) 20:51:37 ID:3y403TZT0
オレンジラウンジ(ふなきっさ期間中)

ガチャ
カゴノトリ「いらっしゃいませ〜。あれ?アルケーと・・・そっちの人は?」
アルケー「私のV3友達のAXISくんですよ〜。
   ふなきっさに行ってみたいって言うので連れて来ちゃいました」
AXIS「あ、初めまして。AXISです」
Infinite「AXISって、あのキング決勝曲の?ゆっくりしていってね」
AXIS「はい。あのさ、アルケー、メニューある?」
アルケー「はい、これがメニューだよ。
   ・・・?カゴノトリ姉さま、なんでAXISくんの顔じーっと見てるんですか?」
カゴノトリ「・・・はっ、ごめんごめん。なんかどっかであったことある気がして・・・」
AXIS「僕ですか?でも、ここに来たのは初めてなんですけど・・・・」
カゴノトリ「だよねぇ・・・・う〜ん、なんか、ギタドラ以外で見かけたような・・・・」


――弐寺国
AA「へっくしゅん!!」
A「どうした弟者。ノロウイルスにかかったか?」


なんかクリップの雰囲気が似てると思った。

115 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/14(木) 00:08:39 ID:rXppxYRcO
B-1に今からwktkしてる俺が来ましたよ


ハイツJ-POP

天体「う〜む…年末はB-1と紅白歌合戦とで迷うな」
カルマ「家にはTV3台あるんだから迷うなよw」
天体「いやいや、どっちメインで見るかって事だ」
K「俺…仕事('A`)」
セイリング「この時期クロネコヤ〇トは忙しいな」
K「死にたい orz」
カルマ「早まるなw」

―デケデケデン デデン(注:チャイム)
天体「いい加減この趣味悪いチャイム変えてくれ…」

ガチャ

Venus「よう、天体さんか」
天体「何だ男前、何か用か?」
Venus「B-1の観戦チケットを大量に手に入れたんだが 要 ら な い か ?」
天体「それはひょっとして(ry」
Venus「いや、マジで」
天体「俺ハズレたのに何でだよ orz」
Venus「ホラ、俺の親戚が出場選手だからさコネだよ」
天体「…ゼファーだっけか?」
Venus「で、要るの要らないの?」
天体「取りあえず7・8枚くれ」
Venus「把握した、ホレ」
天体「おぅ、サンキューな」
Venus「あ、カルマ〜?合コン明日だからな、忘れんなよ」
カルマ「へいへい、どうせ頭数揃えだけどな」
Venus「んじゃ、取りあえず親父の所にでも行って来るわ」
天体「何か、ノロだかにょろウイルスなる物が流行ってるから気を付けろよ〜」


天体「B-1見に行きたい人挙手」
カルマ・セイリング「ノシ」
K「行きたいけど(ry」
天体(後でリライト達にも聞いて見るか…)


続きます

116 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/14(木) 10:06:43 ID:NFYOngicO
age

117 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/14(木) 12:33:28 ID:eflc95t50
>>113の続き

うへころ荘−朝−

エンクル「…プレゼントは買ったし、あとはクリスマスにデートに誘うだけ…と」
エンクル(いってきまーす)
FsW「この色ボケが。声に出す台詞間違ってるぜ」
エンクル「え…?…あっ」
FsW「エンクルも色を知る歳か!」
エンクル「ううううるせー」
too「('A`)なんでこんな奴に…ぶつぶつ…」
大「いい加減みっともないでござるよ。エンクル殿、頑張るでござるよb」
エンクル「人に言われるような言葉じゃないっスよ。いってきます」
FsW「…頑張れよ、エンクル」

ギタドラVカテゴリ内

エンクル「ういーす」
デザロ「…」
エンクル「…おーい」
デザロ「…」
エンクル「きこえますかー?」
デザロ「!…ああ、おはよ」
エンクル「何か上の空だな。あ、そうだ。デザロ、はなs」
デザロ「ごめん、ちょっと用事思い出したから行くね」
エンクル「あ…ちょっと…」

某所にて
エンクル「あ、いたいた。おーいデザr」
デザロ「!!!!…」ダッ

再びカテゴリ内
エンクル「いた。デザロ、はn」
神「デザロ、出番だ」
デザロ「はい。…エンクル、後でね」
エンクル「ちょ…何か避けられてね?(´・ω・`)」

まだ続く

118 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/14(木) 20:17:53 ID:c9PLtFYy0
和風茶屋 明鏡止水

ガラガラガラ
明鏡「らっしゃい!おっ、鬼姫ではないか!」
鬼姫「久しく来たのぅ。皆の者、元気にしておるか?」
カゴノトリ「お久しぶりですね。鬼姫様」
浮舟「あっしは元気さね。まぁゆっくりしてお行きよ」
明鏡「おーい、此処拙者の店…」
大見解「しっかし、今までどうしたんだよ?急にぱったり来なくなってよぉ」
鬼姫「一言申したかったのじゃがな……妾も多忙だったゆえ、なかなか寄れなかったのじゃ。
   して、今日も実は暫しの別れを告げに来た」
ツミナガラ「えぇっ?鬼姫さんまた何処かに?」
鬼姫「実は…「びぃわん」と謂う異種格闘戦に出ねばならぬことになった
   主らも聞いておるじゃろう?」
大見解「あぁ、俺もこの前瓦版で読んだな」
カゴノトリ「選ばれるなんてすごいですよ!さすが鬼姫様です!」
鬼姫「嬉しいことではあるが…もう帰って来れぬかもしれない壮絶な戦に出るであろうな。
    何せ全世界の強者が揃いも揃って来るのじゃ、妾もそれなりの覚悟をしておる」
ツミナガラ「そんな!じゃあ此れが最後の…」
大見解「馬鹿なこと言うんじゃねぇ!鬼姫、絶対生きて勝てよ!」
カゴノトリ「嫌です!鬼姫様が死ぬなんて……うわぁぁん!!」
浮舟「カゴノトリ、泣くんじゃないよ、鬼姫もつらいんだからさ……くっ、何でこんなことになったかねぇ…」
ツミナガラ「みんなが泣いてたら、私まで…うぅっ」
鬼姫「皆の者、泣くでない。妾は、必ず生きて帰ってくるぞよ!!」


明鏡「………ちょっと大げさじゃね?」

119 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/14(木) 20:19:14 ID:c9PLtFYy0
連投すまん
亀だけど>>85thx。
読み返してやっとわかった。


120 :[sage]:2006/12/14(木) 22:07:13 ID:GGm/awCbO
とりあえずぐだぐだな文でしょうが 暖かく見守ってくださいorz

鈴木一家
正論「2人共話があるんだけど…」
蒼白「何?」
正「色々周りでお店たらやってるから僕等もやっt」
そっと「嫌」
正「まだ全部言ってないのに…orz」
蒼「兄さんは周りに流されやすすぎだよ」
そ「そうだよ 蒼白の言う通りだよ」
正「そんな…orz」
蒼「これだから最弱曲は…(´Д`)=3」
正「orz」
正「じゃぁカレー屋は?」
そ「カレー屋かぁ…いいかも…」
蒼「何で飲食店から離れないかは知らないけど それで我慢したげる」
正(我慢って…まぁやる気になったならいいか…)
正「じゃぁカレー屋でいい?」
そ・蒼「わかったよ」
正「じゃぁ家を改装するから 他の準備しよ」
そ・蒼「まだなんにもしてないのか?!」
正「ごめん…orz」

こんな調子で尻をひかれまくりの正論でした
続く…?

駄文スマソ…orz

121 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/14(木) 23:04:34 ID:+2wtW4RS0
こっちはB-1予選ないのか?

122 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/15(金) 01:45:15 ID:og6phW54O
該当曲が8曲しかないけどやったほうがいいのかね?
まあ、数はあわせた方がいいとは思う

123 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/15(金) 21:58:00 ID:4IFsMRB6O
ここで流れ読まずに初投下。
色々と変かもしれませんが…

桃色カプセル

ヘリコ「Bー1とか言うのが始まるんだってさ、ねー年末紅白とどっち見るー?」
こた「何を言うかな君は…(´・ω・)先輩達が沢山出るんだよ?見ない手は無いでしょ!」
ヘリコ「そうだね。精一杯応援しなきゃね。…ところで予選ってどうするんだろうね?」
こた「知らない」
ヘリコ「そんな即答しなくても……」
ひと「予選…どの曲に絞るのかしら…(ボソ」
ヘリコ「みかちゃん何か言った?」
こた「いや何も」
ひと「orz」


駄文ですが失礼しました、マジでBー1楽しみです

124 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/16(土) 02:21:19 ID:hk9fuWIO0
>>123
ひとりぼっちワロタwwww

パースト「はい今日も始まりました!
    ギタドラの流行や巷で噂のアレやあの人を紹介する番組、「MIDNIGHT SPECIAL」!
    司会はワタクシ、Purple stormと、番組を盛り上げてくれるのはこの人、Ring!」
Ring「ノロより怖いのはクラッシャー。・・・Ringです!」
パースト「なんか今更感強いけど、B-1やるね」
Ring「僕はクリスマス、M-1とどっち見ようか迷うな」
パースト「クリスマス! そう、今日の特集は「クリスマスの注目は?」をスタジオから送ります。
    ミドスペが電波から一足早いメリクリをお届けいたします!」
Ring「・・・・1週間早いよ」
パースト「げ、マジ? ・・・ま、早くやって悪いこたぁないさ。
    そうだ、Ringはクリスマスどうするん?」
Ring「僕は友達と過ごすかな。姉さん達は彼氏と過ごすし、唯一男のワイライ兄さんもドライブに行くっていうし。
    一人じゃ暇だから友達とどっか行くよ。で、パーストは?」
パースト「俺?俺は肥塚インスト曲のクリスマスディナーショーやるから、それに出るんだよ。
    みなさ〜ん、トリトラの他にもライム姉やイエパニ姉も出るんで、ぜひ来てください! ・・・ま、予約制なんだけど」
Ring「あのイエパニさんも出るのか・・・・見たいな。
    じゃ、そろそろ特集行くね。最初はコレ、【@注目のデートスポット!】」
二人「・・・・・・・・・・」
パースト「俺達には縁の無い場所だな・・・・・」
Ring「うん・・・・・。ま、紹介してさっさと次行こう。
    まずは、クリスマスに特別パレードやカップル限定イベントのある遊園地『jet world』!
    クリスマスに行けば、カップル限定で素敵なイベントがあるそうです。
    次は、『☆shining☆』という毎年恒例の、光の彫刻展ですね。
    これは、別にイベントじゃないんですが、カップルで見るとすればロマンチックなんじゃないでしょうか。
    で、次は・・・」
パースト「あー、もういいもういい。俺聞いててもつまんないし」
Ring「おいおい、君の意見で止めるわけないだろ」
パースト「いいんだよ。俺どーせ今年クルシミマスになりそうだし」
???「話は全て聞いたわ!」
二人「誰だ!?」

125 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/16(土) 02:22:32 ID:hk9fuWIO0
恋「クリスマスといえば、この私、恋の出番でしょ?」
パースト「あ、名前でいろいろからかわれる人」
恋「うるさいわね!いやぁぁぁお父様のトラウマがぁぁぁ」
Ring「いきなり出てきて騒々しいなぁ。何か用でも?」
恋「ふふふ。クリスマスといえば、この私じゃない!」
パースト「なんも関係ねーよ」
恋「何よ〜、同じ肥塚曲のくせに。お父様に「そーいうイメージの子」って言われたんだから!」
Ring「てことはクリスマス限定曲だね」
恋「そんなことないわよ!みなさんクリスマス終わってもプレイしてください・・・ってそれはおいといて、
   なんで私がここに来たかというと、クリスマス特集のくせに、なーんか暗いっていうか、独り身の男二人がやってるのもどうかと思ったのよ」
パースト「んだとコラ!」
恋「おほほほ、怒らない怒らない。だから私がアドバイスというか、楽しいクリスマスの過ごし方を教えに来たのよ!」
Ring「ありがとう。その気持ちだけ受け取るよ」
恋「ちょっ、流さないでよね!クリスマスの合コン必勝法だって教えてあげようと思ったんだけど〜」
パースト「マジかよ!?じゃ、今日の緊急ゲストってことで、恋!よろしく」
恋「まっかせて〜♪」
Ring「・・・・・・・・・・・・・」

恋「そうね。特集の続きからやってくれていいわよ。私アドバイスするだけにするから」
パースト「特集はいいからさっきの合コン必勝法教えろよ」
Ring「パースト・・・・これ番組だってわかってる?」
パースト「いいじゃん。Ringも聞いたら得するぜ?」
恋「必勝とは言ったけど、私の偏見だし、あくまで女から見た行動とかにチェックいれただけだからね」
パースト「いいよいいよ、聞かないよりはいいだろうし」
Ring「えー、残念ですがここで時間になりました。全部放送できなくてすみません」
パースト「ちょっ、おい!Ring」
Ring「次回の特集は未定です。ではさようなら〜」
パースト「・・・・・今週のEDはMagical Jet Tourで「MASTER PIECE」です。
    Ring〜。なんで途中で止めたんだよ」
Ring「いやいいじゃん聞いとけば。僕はもう時間だから止めただけだし」
恋「あれ、喧嘩?じゃ、私もこれでさようなら〜おほほほ」

ガシャン
ゴーイング(視聴者)「・・・・めちゃくちゃ中途半端じゃねぇか」


126 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/16(土) 14:10:51 ID:ekT8Th5FO
職人さんの方々GJです。
寒くなってきたのでお茶置いときますね
     且且~
     且且~
 ∧__∧ 且且~
(´・ω・)且且~
`/ヽO=O且且~
/  ‖_‖且且~
し ̄◎ ̄◎ ̄◎

127 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/16(土) 18:30:43 ID:cAGjPBqx0
いただきます旦('∀`)

>>117の続き
エンクル「…結局あれから一回も話せてねえ(´・ω・`)」
too「何だ、終わったのか」
エンクル「…まだ始まってすらないですよ」
too「まあ、何にしろ、クリスマスに滅ぼすべきカップルが一組減ったからよしとするか」
エンクル「…なんだって?」
too「ああいや、こっちの話」
SA-DA-ME「tooーーーーーーーーっ!!例のしっ○マ○ク出来たぞー!」
too「…あ」
エンクル「…ふーん」
サダメ「これで『カップル共のクリスマスをクルシミマスに変えるカップル撲滅運動』の準備は…この空気は何ですか?」
エンクル「これはVOIDDDさんか姉貴に報告だな」
too「お願いそれだけはやめて」
サダメ(…もしかしてマズいとこに来ちゃった?)
too(もしかしなくてもそうだ!逃げるぞ)
ギュン
エンクル「行っちゃった…」
ギュン
too「最後に一言、まだ始まってないのなら電話でも何でもいいから話つけろ」
エンクル「…帰ってきた。電話は考えてなかったな。でも、うまく行ったらカップルが増えるぜ?」
too「身内が死んだ魚のような目をしているよりはマシだ。じゃな」
ギュン
エンクル「…よく考えたら電番は聞いてたんだったな」
ピッポッパ
トゥルルルル…トゥルルrブツッ
エンクル「切られた…orz着信拒否より辛い('A`)」

クリスマスに続く

128 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/16(土) 20:05:54 ID:goKOTuctO
とりあえず>>120続き書きます

鈴木一家
只今家を店に改装中の3兄妹
正論「僕がカレー作るから2人で運んd」
蒼白「嫌」
正「何でまた…orz」
蒼「だって私が作りたいもん」
正「じゃぁ蒼白が料理担当ね」
そっと「ねぇ兄さん…」
正「何 そっと?」
そ「私も作りたいんだけど…」
正「ちょwwそれじゃ僕1人でフロアになるじゃん」
蒼「兄さんはそれでいいんじゃない?」
正「蒼白…それはないだろ…orz」
そ「兄さん頑張って」
正「そっとまで…orz」
正「せめてフロアは2人にしないか?
只でさえ3人しか居ないのに フロア1人はきついぞ?」
蒼「誰か雇ったら?」
そ「そうだよ兄さん」
正「そんな簡単に言うなよ…」
蒼「私たちは作るから兄さん頼んだよ」
そ「兄さんお願いね」
正「いつも尻ひかれっぱなしの僕の立場ってなんだろ…orz」

続く…?

129 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/16(土) 20:25:44 ID:NQ2tXfUEO
>>124-125
毎週楽しみにしてます
このgdgd感が好きだw

>>115の続き



天体「なぁ、リライト?B-1の観戦チケット貰ったんだが要るか?」
リライト「え?本当に?要るよ〜」
天体「ほい、イノセントとクロスロードは?」
イノセント&クロスロード「スマン、今年は親父の所に里帰りするから行けないんだ」
天体「そうか…」
リライト「それどうやって手に入れたの?(´・ω・)」
天体「ああ、Venusに貰ったんだよ」
リライト「へぇ〜、太っ腹だなぁ」
天体「親戚が選手なんだとさ」
リライト「コネなんだ…(・ω・;)」
天体「余った奴はヤ〇オクで売ろうw」

???「売るなら私によこしなさい!」
天体「何だ、For the(ryかよ」
フューチャー「略さないで…それメッチャ欲しいんだけど」
天体「黙れ空気曲」
フューチャー「何よ!この糞詐欺厨曲!」
リライト「あ…あの〜少し落ちついt」
天体&フューチャー「黙れ糞シンバル」
リライト「(´;ω;`)ブワッ」
イノセント&クロスロード「とばっちりが来る前に逃げますか…」
|彡サッ
天体「これでも食らっとけ」
―赤G SRAN+HZD発動
フューチャー「女の子に手を出すなんて最低!」
―DM赤譜面発動
リライト「二人とも止めてよ!」
―CY刻み発動
天体&フューチャー「スミマセンでした orz」

カルマ「|・ω・;)リライト怒らせたら怖いな…」
K「禿同…」
リライト「余ったならあげようよ…」
天体「そうらね…(リライト怖っ…)」
フューチャー「あ…ありがとう」


何かgdgdでスマン

130 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/16(土) 20:34:17 ID:BwbxPsOB0
>>128
正論が哀れだw3人って案外動かしにくいですよね。数としては少ないほうですし。
「?」じゃなくて続けて下さい。期待してます

間隔が短いかもですがまた一つ。

桃色カプセル

ひと「>>126さんお茶有難う御座います(ズズッ」
こた「ひとりwちょw勝手に一人で飲んでないで私らの分も貰って来てよー!」
ヘリコ「ちょっと待って。二人とも。これは普通に考えて1組(?)1杯でしょう?
  私達だけで3杯も頂いたら失礼じゃないかな(´・ω・`)」
こた「じゃあやっぱりひとり飲みすぎー!…って」
ひと「ズ…)御馳走様でした」
ヘリコ・こた「アッー!」
ひと「…何ですか?御姉様がt」ピチュン



131 :B-1セコンド:2006/12/16(土) 21:09:24 ID:uU89Nz4R0
アンコンはFsWで決まってるので省略

DD156「…というわけで」
DD4「私たちからセコンドを選ぶというわけね」
DD3「で、誰が誰につくんだ?」
DD1「俺はDD2だ。やはり一番付き合いが長いからな。復活も一緒だったしな」
DD6「DD3兄さんに頼む事にするよ。ベースの難易度も近いし」
DD5「てことはDD4姉さんかDD7か…」
DD4「私はいいわ。クリスマスはブラホラさんと一緒に過ごす事になってるの」
DD5「幸せものだなぁ…じゃあDD7、頼むぜ」
DD7「本当に?ありがとう兄さん!」



百蒼「というわけなの」
ゆら「セコンドですか」
落「じゃあお姉ちゃんたちと一緒にB-1に行けるんだね」
タイピ「それで誰がセコンドになるですか?」
百「とりあえず落書き帳、あなたは私のセコンドになってもらうわ」
落「やったー!生で見たかったんだー!」
蒼「私は正直悩んだわ…譜面はタイピちゃんの方が上なんだけど、やっぱり経験的に浅いのよね…。だから、ゆらさんにお願いする事にしたわ。ごめんねタイピちゃん」
タイピ「そうですか…。ちょっと残念ですが我慢するです」
ゆら「私たちがいない間店を宜しくお願いしますね」
デパチャ「任せとけ。店のことより今はB-1に集中してくれ」
百「もちろんよ。私たちが簡単に負けるわけないでしょ?」


ボビス&イスト「B-1?何それ?おいしいの?」



鬼姫「というわけで頼む」
月光蝶「私で……よろしいのですか……?」
鬼「うむ。やはり他国の事情に詳しいものがいると心強いからの。それにセコンドとしてもやはりお主が適任じゃ」
月「恐縮です……。一生懸命……尽くさせて……いただきます」
鬼「あまり他のものには漏らさぬよう頼むぞ。家庭内で喧嘩があっては集中できんからの」



オバゼア「…勿論引き受けてくれるよね?」
エンシェ「もちろんじゃとも。でも本当にわしでいいのかの?」
オバゼア「うん。やっぱり爺ちゃんがいると心強いから。一緒に優勝目指そう!」
エンシェ「お前なら必ず勝てる!信じてるぞい!」


初投稿なので文章グダグダなのはお許しください…orz

132 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/16(土) 21:36:19 ID:MPt0RK9HO
〜ささきっさ〜

ゆら「>>126さん、お茶ありがとうございます」
タイピ「ふぅ…やっぱりこの季節の暖かいお茶は良いですねぇ」
落「ところでタイピちゃん」
タイピ「何です?お茶受けなら確か冷蔵庫にチョコフィロが」
蒼「日本茶にチョコフィロって…」
デパチャ「ていうかそれ俺のなんだが」
落「そうじゃなくて、>>111さんの言ってたことについて」
タイピ「ああ、もうCSハピスカが発売されてるですよね。ヒマワリもアニュスも元気でやってるですかねぇ」
落「そっちじゃなくて、ノーP」
タイピ「黙れです」
ー赤OP発狂発動ー
落「きゃあぁぁぁ!」
ピチュン
タイピ「全く…何聞いてくるですかいきなり」
落「でもでも、やっぱり健全な営業を心掛けてるささきっさとしては」
百「ウェイトレスがノーPなんてほっとけないわね」
タイピ「誰がノーPですか!ちゃんと履いてるですよ。ほら!」
コクピ「こんちは〜」
一同「あ…」
タイピ「ッーーー!!!!」
ー赤DM連打発動ー
コクピ「え!?ちょ!?何で!?みぎゃあぁぁぁぁぁぁぁ」
ピチュン
落(ふ〜ん白かぁ…何か普通すぎてつまんないなぁ。個人的には熊さんとか期待してたんだけど…)
コクピ「全く…何で入ってきただけでいきなり死にかけなきゃならないんだ」
タイピ「ごめんなさいです…本当に見てないんですね!?」
コクピ「見てない、見てない。ていうかもう一度見せやがれこの野郎」
タイピ「もう一度ハザード落ちするですか?」
蒼「まぁでも、タイピちゃんがちゃんと履いてることがわかって良かったよ(上は必要なさそうだし)」
タイピ「う、うるさいです!」
落「さすがにノーPで仕事はマズいよねぇ、ゆらさん」
ゆら「私は着物ですから履いてませんよ。あ、上はサラシを巻いてますけど」
一同「え!?」
ゆら「?何を皆さんそんなに驚いて」
落「ゆらさんエッチ〜」
タイピ「エッチなのはいけないと思うです」
ヘリング「まぁ着物なら当然だよな(;´Д`)ハァハァ」
ゆら「そうですよねぇ…って、どこから湧いたんですか!ハァハァしないでください!」
蒼「流石ゆらさん、ふたりエッt」
ゆら「黙れ」
ー緑タム連打発動ー
蒼「きゃあぁぁぁ!」
ピチュン
ゆら「さて、皆さん」
一同「ビクッ(;゚Д゚)」
ゆら「あまり余計なこと言ったらダメですよ(クスッ)」
一同「ゆらさん怖いよ((((;Д;))))」


133 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/17(日) 00:00:33 ID:+pFby3EZO
>>127
しっ○団ktkr
コリゴリ「しっとの心わー!」
瞬的「父心!!!」
わすれもの「押せば命のー!!」
二人はラブラブ「泉湧く!!!」
叱られ「見よ!!」

誰?「しっとの魂は暑苦しいまでに燃えてい(ry」


私は負け組(ルーザー)「レッツハルマゲドn」

ピチュン


すまんかた
今では反省している

134 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/17(日) 00:18:17 ID:HTE/Ss1d0
>>133
ワロタwww
しかし、叱られは彼女持ちではないか?

135 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/17(日) 07:47:15 ID:6yLkMfoCO
ハンサムジェットプロジェクト団(ルーザー違うけど)
叱られは彼女いるが仲間がほとんどしっと団なので、彼女がいることは秘密にしている設定
バレたら仲間に殺されるけど(^_^;)
最後シリガルにしようか迷ったが、ルーザーにしてもうた

136 :あの人 ◆h99PAc1wKg :2006/12/17(日) 11:30:49 ID:s1PWivZL0
>>126 いいお茶だな、少し借りるぞ。
「Little Courage」、クリスマスネタに間に合わせるように
何とか完結させます。

Little Courage 7


誰かを守ることなんて、二次元的世界、空想の中。
小説の文字に書かれているような、遠いことだと思っていた。
それがどうだ。
そんな夢のような、遠い話のシナリオに沿って
僕はこうして、大切な人を守るために戦っているんじゃないか。
…だけど、僕は何にもできてないけどね。

アンコン「バカボン、ウィルソン!」
VOIDDD「いいぞ、もっとやっちまえ!」

実際には、まぁちょっと本当に
小説の中の話みたいだけど
大切なあの人は人質に取られて、僕も本来の力を出せずに
ただ殴られ、蹴られっぱなしという状態である。
ふらふらして、立っている感覚も無くなってきた。

DD7(でもどうして、アンコンさんやマドブラさんが
    こんなことしてるんだ…?)

僕は知っている。
アンコンさんも、マドブラさんも、ヴォーイの人もこんな事をするような人じゃないってことを。
確かにこの人たちは怖い。
アンコンさんやマドブラさんとは、言葉のコミニュケーションも取れないし
ヴォーイの人だって、その声を聞くと身震いがする。
でも、本当は優しい人達なんだということを知っている。

VOIDDD「アイツの台詞は本当だったんだな。
       まさかコンマイのコンピューターでコイツと、あのガキだけが
       赤状態になれないなんてな」
DD7「…なんて…言うな」
VOIDDD「アァ? 今なんか言ったか?」
DD7「落書き帳さんをガキだなんて言うなッ!」
VOIDDD「ウルセェ!」

DD7は腹を膝で思いっきり蹴られた。
彼の体に鈍い衝撃が走って、膝がつく。

――本当はこんなこと言いたくないのに。
―――情けないなぁ…
――――あの人、一人さえも守れないなんて。

情けないや、僕って。

137 :あの人 ◆h99PAc1wKg :2006/12/17(日) 11:32:29 ID:s1PWivZL0
意識が途絶えそうになった瞬間だった。
目の前にいたアンコンが彼の右方向へ恐ろしい速度で飛んでいった。
いや、飛ばされていったのだ。

 「お前か、俺の大事な兄弟を虐めているのは」
DD7「…DD…兄ちゃん…?」

そこにいたのは、彼の兄。
DDだった。
しかし、いつもと様子が違う。
普段からそれとなく不良のようなイメージがあったが
今という時間帯はそれを超えている。
右方向に飛ばされたアンコンが彼の存在に気付いた。

DD「…お前か」
アンコン「!!」

気付いてしまった。
アンコンは体の全てから、彼の恐怖を感じる。
手が、腕が、体が、脚が、足が、本能が。
細胞の一つ一つが全て、彼の恐怖というものを感じていた。
彼の目は、ただ自分の兄弟に対して
害を与えるものという認識、冷たい視線しか投げていなかった。
そして、アンコンの目の前はプツリと真っ暗になった。

DD3「兄貴…少しは俺のことも考えてくれ…」
DD「俺に遅れているようじゃあ、まだまだ力不足だな」

遅れてDD3が息をきらしてやってきた。
ぜえぜえという声が大きく聞こえる。

DD「VOIDDDと、あのシュッシュオーイの野郎はどこに行った」
VOIDDD「クソォ! あんな最凶曲とやってられるか、逃げるぞ!」

そう言うとVOIDDDは、ポケットから丸い筒状の何かを取り出して
DDのほうに向かって投げた。
キーンという、耳鳴りする独特の音と同時に
視界が真っ白になった。


DD3「なんだよコレは! 全然見えねーよ!」
DD「軍用の閃光手投弾か、用意のいい連中だ。
   DD4、足止め任せたぞ!」

138 :あの人 ◆h99PAc1wKg :2006/12/17(日) 11:35:17 ID:s1PWivZL0
同じ倉庫街にて、DD4。
別の倉庫街の中で他の建物や倉庫より少し高い建物から。

DD2「…だってさ」
DD4「簡単に言ってくれるわね。
    DD2兄、あなたは囚われのお姫様を助けてあげて。
    今は多分、全員逃げ出しているから」
DD2「わかった」

DDからの伝言を伝えたDD2は回れ右をして、ビルの屋上から1階に続く階段を下りていった。
DD4は、右肩に乗せている、黒いバッグから何か取り出した。
取り出したのは、PSG−1、狙撃銃だ。
細かく言うと、H&K社が対テロ特殊部隊向けに同社のG3(G3SG/1)をベースに開発した、セミオートマチックの狙撃銃である。
と言っても、中身は実弾ではない。
実際には大規模な暴動、テロの鎮圧などに使われるゴム弾である。
だが、ゴムだからといって、痛くないわけではない。
これは彼女の趣味ではなく、彼女の兄、DD3の趣味であったりする。

DD4「逃がしはしないわよ」

銃を構える。よく見るとスコープがない。
いや、必要ないのだ。
彼女の目が、目標を捉えている。
そこにはかまぼこ型の倉庫の隙間を逃げるMAD BLASTがいた。

逃げるマドブラ。
彼は、彼女の目に捉えられていることを知らない。
彼が右足を前に一つ出した瞬間。
カンッ。
靴に何か当たったような音がした。
足元を見ると、黒い筒状のものが見える。
右足にある靴を見ると、靴の表面が一部白くなっていて、
白い煙がプスプスと音をたてている。

――狙われている。

彼の本能がそう言った。
一歩、二歩、後ろに後ずさる。
クルッと向きを変えて、一目散に逃げだそうとした瞬間。
鼻の頭、目の前を黒い塊が一瞬、横切った。
倉庫の壁の一部、黒い塊が埋め込まれている。
MAD BLAST、彼の鼻の頭はその黒い塊によって、一つ切り傷を増やされていた。
傷から流れる血に、彼は全く気付いていない。
当然、後ろから来る半漁人の姿をした者にも。

DD5「やっと見つけた、全く、いろんなところグルグルしちゃって…。
    面倒だったんのに…」

DD5だった。
MAD BLASTの体は、DD5の片腕によって
地面から浮き上がっていた。彼は、それにも気付いていない。
何も気付いていない、もう、あまりの恐怖に
意識があることすら、気付いていない。


139 :あの人 ◆h99PAc1wKg :2006/12/17(日) 11:37:57 ID:s1PWivZL0
VOIDDD「何てこった! アンナ最凶曲に追われるなんて!」

別の倉庫の隙間を逃げるヴォイド。
逃げられないということは分かっていても、逃げてしまう。

DD3「遅いねぇ、遅いよ」
VOIDDD「ク、来るんじゃねえ!」

振り向き、ヴォイドはDD3に黒いL字の形をしたものを向ける。
そう、銃だ。

VOIDDD「ちゃんと弾も入ってる、いいか、来たら、テメェのド弾にぶち込むぞ!!」
DD3「当たれば、の話だけどな」

DD3は、ヴォイドの言ったことなど全く気にしない様子で
一歩ずつ彼に近づいた。
ヴォイドの銃を持った手は、ガタガタ震えている。
そして、引き金が引かれた。


バァン。

響く銃声。しかし銃弾は奥にある倉庫の壁へと一直線。
DD3はヴォイドの懐に飛び込んでいた。

DD3「当たらなきゃ、意味は無いんだよ」
VOIDDD「…クソッ…」

ヴォイドは、DD3のパンチを受けた。
その一瞬で、全てを悟った。

勝てるはずなどない、この白昼夢たちに、と。      (続)

140 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/17(日) 13:22:46 ID:QPmLfyyq0
>>136-139
かっこいい!gj!

141 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/17(日) 18:56:12 ID:BFXkLCtd0
見てて鳥肌立った。
めっちゃGJ!!

142 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/17(日) 19:35:41 ID:7kkWMYnrO
>>130さん
期待してくれてあざーすm(_ _)m
では 続かせていただきますw

鈴木一家
誰を雇うかで話し込む3人
正論「誰がいいんだろ?
とりあえずお茶でも飲んで考えよっか…」
蒼白「>>126さんありがと」
そっと「別に返事忘れてたんじゃないんだからね」
正「別に言わなきゃいいものを…」
>>126さん忘れて本当に申し訳ない…orz
さて話に戻ります
正「誰ならやってくれるのかなぁ…」
蒼「兄さん」
正「何?蒼白」
蒼「雇った人には給料とかどうするの?」
正(そんな生々しい話を…)
正「そうだね…働いてくれそうな人が見つかったら決めるよ」
蒼「ふーん」
正(質問しといてその態度かよ…)
そ「兄さん」
正「何?そっと」
そ「小野さん所のなら働いてくれるんじゃない?
生活ギリギリらしいし」
正(何で僕の妹達は生々しい事ばかり言うんだか…)
正「そうだね。それがいいかもしれないな」
そ「じゃぁ…林檎さんがいい」
正「何で林檎さんがいいの?」
そ「小野さん所で一番色気がありそうだから」
正「確かに…って、色気で決めるのかよ?!」
蒼「いいんじゃない?
後、スイマーズさんとかもいいと思う」
正(何で亜熱帯から離れないんだろ)
正「わかったよ。じゃぁ2人共呼んできてくれる?」
そ・蒼「はぁ?!てめぇが呼んでこいよ!指図すんな!!」
正「はい…呼んできます…orz」
こんな調子で大丈夫なのか正論
次回へ続くw

143 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/17(日) 20:33:31 ID:ZaWnCQUT0
オレンジラウンジ(ふなきっさ期間中)

カゴノトリ「遅くなったけど>>126さんお茶、ありがとう」
フリフリ「大変だ・・・・クリスマスなのに何もネタが浮かばない。
   浮かんでも落ちまで書けない・・・・・これがスランプかぁぁぁ!?」
ランジュ「お姉ちゃん落ち着いて!」
マーマレード「誰か乗り移ってるよ!」
フリフリ「はぅっ!ごめん!つい中の人が・・・・」
カゴノトリ「ていうかね、クリスマスより正月の方が楽しみだったりするのかなー。
    ふなきっさにとっては」
フリフリ「まぁね」
ポプリ「ところでクリスマスはどうするの?」
フリフリ「そりゃあ、ふなきっさクリスマス期間は設けるさ。うちに休業の余裕はないんだよ!」
3人「えぇー・・・・」


144 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/17(日) 20:36:01 ID:JgGMLj3G0
>>142
正論にワラタwマジSKA曲は確かにMAKI嬢で色気が増してますよねw
林檎と蜂蜜は確かに私も好きです。スイマーズはまだ聞いたこと無いんですよね…orz
最後のそっとと蒼白のキレっぷりも凄いw次回マジで期待してます。

桃色カプセル

ヘリコ「…家族会議ー。はーい二人ともちょっとこっち来て」
ひと「如何したんですかヘリ姉様」
こた「おねーちゃん?真剣な顔してどーしたの?」
ヘリコ「今どこでも喫茶店だの何だのやってるのは知ってるわよね?」
ひと・こた「うん」
ヘリコ「そ・こ・で。私達も何か…
  や ら n」
ひと・こた「だが断る」
ヘリコ「ちょっとー!最後まで言わせてくれてもいいじゃないー!」
ひと「嫌ですってば。そんな事考えてる暇が有るなら夕飯にチャーハン以外の物を作れるようになって下さい」
ヘリコ「…うっ…痛い所を…でも厨房はひとりかみかちゃんがやってくれればいいじゃない。私ウェイトレスやりたい!」
ひと「この時点で喫茶店決定ですか…やりたいなら勝手にヘリ姉様一人でやって下さい。私は御免です」
こた「あのさー…別に無理して何かすること無いんじゃ…」
ヘリコ「ちょっと静かにしててみかちゃん」
ひと「だから私は嫌だって先刻から言ってるじゃないですか。みかん姉様もヘリ姉様に何か言ってやって下さい」
こた「おねーちゃん、別に無理して喫茶店開くこと無いんだよ?
   第一開くとしたら最低でもキッチンに一人、ウェイトレスに一人、宣伝に一人、客引き込みに一人」
ヘリコ「宣伝と引き込みは一人で十分じゃ…」
こた「まだ話は終わってないよおねーちゃん。それでも三人ギリギリだよ?うちには鈴木一家さんたちと違って誰かを雇う金もコネもないし…
   …じゃあこうする。企画だの予算だの店の設計だの品物だのおねーちゃんが全部考えて、
   なおかつ問題が起きたときに責任を取ってくれるのがおねーちゃんなら私は反対しないよ」
ヘリコ「…わかったよ、じゃあ喫茶店はやめにしようか」
ひと(喫茶店「は」…じゃあ一体何をやるんでs)
ヘリコ「喫茶店はやめて、他に何かやろーよ!やっぱ何かやらないとつまんないじゃん!」
ひと(…ヘリお姉様の言い出したら聞かない性分が出て来た。大体こうなると何かしらやる事になるから私達が何時も困るのに)
こた「………ひとり、心の中だけじゃなくて実際におねーちゃんにそれ、言うべきだと思うよ」
ひと「…!ずっと心を読んでたんですか?みかん姉様…」
こた「いや、ひとりの顔見てたら何となくそう思っただけだけど。
   こういう風におねーちゃんが何か言い出してそれを始めて、失敗しなかったことって無いじゃん。
   いい加減におねーちゃん、諦めるか成功してくれるかしてほしいんだよね…
   まあ、これは私達絡みのことだけじゃなくてあっちのほうもなんだけど。」
ひと「あっちの方…って何の事です?」
こた「ん?あぁ、これ以上言っちゃうとおねーちゃんに起こられそうだし、やめとく」
ヘリコ「………………………みかちゃんが私のことそう思ってたなんて、知らなかった。ごめん。
  でも、私は…三人で何かしたいな、って思っただけだったの。
  よく考えてみれば…二人が嫌がるとかすぐわかることだったのにね。
  私、無責任で何にも出来ないし、料理だって適当にしか作れないのに喫茶店だなんて…」
ひと「ヘリ姉様…申し訳ありませんでした。でも…思い入れのあるこの家を改装したり、もし店を開いたとして御客様に汚されたらと思うと…」
こた「実際、おねーちゃん最近忙しいでしょ?お店やるにしても身が持たないと思う」
ヘリコ「…そうね。心配してくれて…ありがとう」
こた「わかってくれたならいいの。これからもまったり暮らしてこうよ!」
ひと「クリスマスに…年末のB-1…年が明ければいい人も見つかりますよヘリ姉様」
ヘリコ「いい人…そんな簡単に見つかったら苦労しないわよorz」
こた「まあいいじゃん。恋とかなんて人生でそこまで重要なことじゃないし」






何か予定より随分長くなってしまった。とにかくキャラの性格が未だにつかめてない;
ヘリコなんて滅茶苦茶性格が変わってるorz

145 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/17(日) 22:41:09 ID:VtX8EZLxO
>>144
そんなほのぼの具合もいいですね。
あの人氏が書くようものも好きですけど、こういったものもよいかと思います。

自分が書けないだけあって、羨ましい。

146 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/17(日) 23:30:08 ID:Q2LBQAIpO
>>136-139あの人氏
GJです!かっこいい!
DD兄弟好きなんでwktkしながら続き待ってます。

他のネタ氏の皆様も乙です。


自分もちょっとネタ置いていきますね。

147 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/17(日) 23:31:13 ID:Q2LBQAIpO
正論「皆さんギタドキング予選乙でしたー」
アレナ「ギターの人にも結構プレイして貰えて良かったなあ…」
ヘヴン57「お前はまだドラムでプレイされるだけいいじゃないか…俺なんか('A`)」
悪アガキ「んじゃ先輩達、決勝頑張って下さいね」
ダブトラ「まかしときー!」
ワンフレ「僕らのホーンズサウンドを全国に響かせるぞ!な、新入り」
エンワル「…はじめまして…Endless Waltzと申します…」
ギタドラ「おう、宜しく」
ダブトラ「新入り!早速指名が入ったで!」
エンワル「…あ…はい…いってきます…」

プレイヤ-A「なんだまたTAISHO名義かよー」
プレイヤ-B「しかも何だこの糞譜面繋がんねー!」
プレイヤ-C「あー予選頑張って損したぜ」
プレイヤ-D「『決勝』に相応しくないよな」

エンワル「(´;ω;`)ウッ…」
ワンフレ「な、泣くなよエンワル、きっとお前のことを認めてくれる人だっているはずさ」
アビュ-「そうさ弟者、俺に比べたら全然叩かれてない方だぞ」
一同「…誰?」

アビュ-「みんなひでえや(´;ω;`)」

148 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/18(月) 01:22:07 ID:Y5iUn7olO
思いついたんでネタ初投下。


エルドラ「うーん。何だっけなぁ…」
アビュー「何だろうなぁ…」
フロウ「どうした?二人で話し込んで」
エルドラ「あ、フロウさん。アビューさんの兄弟について聞いてたら親友のAXISとか月光蝶さんとかが思い浮かんで…」
アビュー「それでさらに何故か明鏡さんまで思い浮かんできて…。この4人に何か共通点ありそうな気がするんですよ」
フロウ「AXIS、明鏡、エンワル、月光蝶の共通点か…。…あ、もしかしてアレか?」
エルドラ「え?」
アビュー「アレって…何ですか?」
フロウ「某機動戦士」
エルドラ&アビュー『それだ。』


※補足
 AXIS(ZZ)、明鏡(G)、エンワル(W)、月光蝶(∀)

このネタ分かる人どれだけいるんだろうか…
駄文でスンマセンorz

149 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/18(月) 01:49:58 ID:lWFNk3A20
しっ○団ネタが分かる人も居るスレだから結構居ると思われ

150 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/18(月) 02:33:09 ID:otB/KM8xO
>>148それなんてマリーメイア?

151 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/18(月) 03:29:52 ID:jIbb4EpTO
>>144さん
期待ありがとですw
後 密かに使っていただかせてもらいありがとですw

鈴木一家(1/2
妹2人に強制的に亜熱帯の2人を交渉しに行く正論
正論「何でいつも妹2人に負けるんだろなぁ…」
三軒隣の亜熱帯宅へ向かってる正論
正「近所何だから呼んできてくれてもいいのになぁ…」
愚痴ってる間に亜熱帯宅に着く
シャンシャン
正(何でここのチャイムはシンバルなのかなぁ…)
ガチャ
悪アカギ「はい。正論様。何用ですか?」
正「あの…林檎さんとスイマーズさんはいらっしゃいませんか?」
悪「林檎様ですか?居ますよ。では、お入りください」
正「では、お邪魔します」
正(相変わらず外だけは立派な家だなぁ。中はボロ屋敷だよ)
スタスタ
悪「林檎様。お客様です」
林檎と蜂蜜「誰かしら?
あら、正論いらっしゃい」
正「お邪魔します。
いきなりで申し訳ないんですが…」
林檎「何?」
正「今度僕の所でカレー屋をするんですが、何せ僕の所は3人d」
林檎「断る」
正「全部言わせてくれても…orz」
林檎「大まかの検討はつくわよ。
私は夜の仕事で忙しいし、私しか働いて無いから無理ね」
正(やっぱり夜の仕事やってたんだ…)
正「そうですか」
林檎「スイマーズは暇だから連れてけばいいわよ」
正「今は猫の手も借りたい状況なんで、有り難いです」
林檎「それは良かったわ。
悪アカギ。スイマーズ呼んできてくれる?」
悪「かしこまりました」
スッ彡
正(えっ?!消えた?!)
正「林檎さん」
林檎「何?正論」
正「悪アカギさんって、一体何者ですか?」
林檎「貴方には教えない」
正「酷い…orz」
林檎「まぁ冗談よ」ガチャ

152 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/18(月) 04:02:12 ID:jIbb4EpTO
鈴木一家(2/2
悪「林檎様。スイマーズ様を連れて参りました」
林檎「ありがとう。悪アカギ」
悪「では失礼致します」
スッ彡
スイマーズ「悪さんに、いきなりスモール信号で呼ばれてびっくりしたよ」
正(何故スモール信号??)
林檎「ごめんね。でも用事があるのは正論だから」
ス「そうだったんだ。
正論さん。何用ですか?」
正「実は、今度カレー屋を開く事にしてね。それで僕の所は3人だから人手不足でしょ? だからお手伝いしてくれる人を探しに来たんだよ」
ス「なるほど…じゃぁ私手伝うよ。
お役に立てるか分からないけど頑張る」正「ありがとう。スイマーズちゃん」
林檎「正論。ちょっと…」
正「林檎さん。何ですか?」
林檎『スイマーズに手出したら殺すわよ?』
正『肝に銘じておきます…』
ス「何2人で話してるの?」
林檎「私からもちゃんとお願いしてただけよ」
正「そ…そうだよ。スイマーズちゃん」
正(林檎さん怖すぎ…orz)
ス「そっか。じゃぁ早く行きましょ正論さん」
正「じゃぁ行こうか。
では 林檎さん。スイマーズちゃん借りますね」
林檎「わかったわ。呉々も…だからね」
正「わ…わかってます!」
林檎「じゃぁ頑張って来てねスイマーズ」
ス「うん。頑張るよ。行ってきまーす
早く行くよ?正論さん」
正「うん」
スタスタ
林檎「行ったわね…」
林檎(正論が奥手じゃなかったら楽しいんだけどなぁ…)
悪「林檎様。顔がにやけてますよ?」
林檎「あら…そんな事…あるわねw」

続く

153 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/18(月) 09:24:56 ID:v7gkb8BPO
>>148
知ってる人多い





はずだよ

154 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/18(月) 18:48:46 ID:llAn/5c2O
>>148
某機動戦士ネタなら大丈夫だろ…


蠍嘆スレだと、某キャベツネタが投下されてたし

155 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/18(月) 20:50:42 ID:Ta+iXrl60
>>145
勿体無いくらいのお褒めの言葉光栄です、
自分ではものすごいgdgdな感が否めなかったので…

>>151-152
毎日wktkしてますw正論には色んな意味で頑張って欲しいですねw
勝手に使っちゃって失礼かもしれないな…と思ったのですが
そんな心配は無用だったようで良かったですw



桃色カプセル


ひと「只今…帰りました。…御姉様方…」
ヘリコ「お、ひとりお帰りー。お疲れー。今日の夕飯はチャーハ」

…バタッ

ヘリコ「ひとり!ひとり!大丈夫!?…熱が凄い高い…みかちゃん、ひとりの布団敷いてあげて!」
こた「わかった!」


ひと「…ケフッ…ゲフゲフッ」
こた「働きすぎかな…ひとり、大丈夫?」
ヘリコ「よかった…今日の夕飯がたまたまチャーハンじゃなくて…」
こた「カレーは余計にダメなんじゃないかなおねーちゃん…」
ひと「…(ムク」
ヘリコ「あ、ひとり起きた。…大丈夫?」
ひと(こくこく)
こた「喋れる?」
ひと「…ゲフ…大丈夫です御姉様方…クリスマスが近づいて来て…恋人も友達も居ない淋しい人達が
   揃いも揃って私を選曲して…かなり忙しくて殆ど休み無く働いていたので…」
こた「そう…確かに…ルーザーさんも連奏続きで忙しいって言ってたな。…でもひとり働きすぎ。
   お休み貰おうよ、こんな状態じゃどんどん皆にクリアされちゃう
   …本来クリアできないであろう人たちにまでクリアされるのは嫌でしょ?」
ひと「別に平気です…普段誰も選んでくれないし、たまには忙しいほうが面白味が有るって物ですし」
ヘリコ「コト…)お粥。食べれそう?」
ひと「大丈夫です…ケホッ!」
こた「咳き込んでるところを見ると、1日くらいは休んだほうがよさそうだね…
   今日明日は基本的にプレイヤーの人たちは休日じゃないし、選曲率も昨日今日よりは下がるでしょう」
ヘリコ「何かあったらすぐ言ってね、ハイスピMAXでかけつけるから!」
ひと「カタ)御粥御馳走様でしたヘリ姉様。御粥食べたんで少し落ち着きました。
   ちょっと寝てれば良くなると思うんで御姉様方そろそろお休みになった方が」
こた「…うん、何かあったらすぐ言ってよ?…でもやっぱり心配だな。おねーちゃん、私ここ残るね」
ヘリコ「じゃあ、ひとりをよろしく。クリスマスなんてHappy Manが出しゃばるだけだと思ってたのにこんな事になるなんて…」


……実際クリスマスは、二人はラブラブ(仮)とHappy Man、ひとりぼっちとI'm loserでランキング上位を埋めることになりそうだ……



そんな私もひとりぼっちやりまくったクチですが。
やっぱり曲も選ばれまくると忙しいでしょうね…と思いこのネタを投下。
相変わらず駄文ですがお許しください;

156 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/18(月) 22:39:45 ID:v7gkb8BPO
ごめんよひとり
ルーザーとハンサムジェットプロジェクト曲と共にやりまくっている………

157 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/18(月) 23:34:53 ID:UwuXn9Ek0
>>148
アクシズ吹いたw

158 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/19(火) 00:01:09 ID:/ij2nfBy0
サダメ「さあ、あと一週間だぞ、too!」
too「んー、そーだな('A`)」
サダメ「何だ何だテンションが低いぞ!クリスマスは冬系、恋愛系の他に我ら失恋系の楽曲も忙しくなるんだぞ」
too「…それホントか?俺去年全然忙しくなかったんだが('A`)」
サダメ「本当だ!我らしっ○団員はクリスマスを一人で過ごすプレイヤーに引っ張りだこなのだ!」
too「…はあ。で、どんなことやらかすの?『クリスマスをクルシミ(ry作戦』で('A`)」
サダメ「まずは恋愛系の曲に我らが変装する」
too「ふむふむ」
サダメ「そして、『セッションしようよ○男く〜ん』『いいぜ×子ちゃんHAHAHA』とか言ってるカップルや!」
too「…」
サダメ「バトルモードで彼女に『俺TUEEEEE!!』な所を見せたいナンパヤロー共に!」
too「…('A`)」
サダメ「変装し赤譜面武装した我々がHSMAXアーンドステルスで突撃!」
団員「レッツハルマゲド〜ン!」
too「…俺抜けていいか?」
サダメ「残念却下だー!」
too「…('A`)」
too(どうせクリスマスなんかファンキーに捕まっていつも通りうへころ荘でぶっ倒れるまで飲み会だぜ?)

サダメ「さーてでは、ひとりぼっちが回復したらしっ○団に勧誘しにいk」
too「やめんか」

159 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/19(火) 00:14:58 ID:rZ30f4CDO
>>155さん
いやはや嬉しいですw
正論はきっといつか頑張ってくれるでしょうww

鈴木一家
とりあえずスイマーズだけは連れて帰って来た正論
蒼白「兄さん。スイマーズさんだけしか無理だったの?」
そっと「兄さんの事だからこんな事だと思ってたけどね」
正論「2人共酷いよ…orz」
正「で…でも1人増えて良かったでしょ?」
蒼「まぁ、兄さんにしては上出来かなぁ」
そ「そうね」
正「酷いよね…orz」
スイマーズ「まぁまぁ、喧嘩しないでこれからの事を話ましょ」
蒼「そうね。スイマーズさんは頼りになるわね」
そ「誰かとは違うわね」
正(まだ言うか…orz)
正「と…とりあえずこれで、調理2人、フロア2人になったね」
ス「後はレジですか?」
正「レジ兼フロアは僕がするから、後1人は客引き兼フロアとして1人欲しいんだよ」
ス「そぉなんですか。誰かやってくれそうな人は居ないんですか?」
蒼「居ないわね」
そ「兄さんは役立たずだし」
正(もう僕を虐めるのは止めて…orz)
正「でも…後1人どうするかなぁ…」
ドキューン!(扉が開く蒼「ん?誰か来たよ?兄さん頼んだ」
正「自分で行かないのかよ…」
蒼「一番玄関に近いでしょ?ぐだぐだ言わずに早く行けよ!」
正(もう少し、優しい妹が欲しかった…orz)
正「わかったよ…」
相変わらずの正論
はてさて今来たのは誰なのか………続くw

160 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/19(火) 02:15:58 ID:1UIATxsXO
>>159
正論カワイソス(´・ω・`)
毎回楽しみにしてますよ


ハイツJ-POP

天体「町並みも随分とクリスマスの色になって来たな」
リライト「ホワイトクリスマスにならないかな…(´・ω・`)」
天体「雪は勘弁w次の日凍って危ねぇよw」
リライト「ロマンがぶち壊しだよ… orz」
天体「悪ぃ悪ぃ、そう言えばツリーは買わないのか?」
リライト「モンツリさんが良い奴をくれるって、今日辺り来るんじゃないかな?」
天体「おぉ、そうか楽しみだな」

―ガシャーン(インターホン)
天体(作者ふざけてるだろ…)
天体「ほいほい、今出るよ」
ガチャ
モンツリ「あ、天体観測じゃん♪ ハイ、リライトに頼まれてたクリスマスツリー」
天体「デカっww」
リライト「ありがとう、モンツリさん」



天体「予想外な大きさだなw」
リライト「中に置くのは厳しいから外に置くね」
―30分後

リライト「飾り付け終了♪後はクリスマスを待つだけだね」
天体「センス良いなお前…」
イノセント「おっ、クリスマスツリーか綺麗だな」
カルマ「しかし、デカいなコレw」
天体「それはそうと、世間ではそろそろ冬休みだ…厨が増えるかもしれんが皆頑張ろうぜ」
一同「orz」

161 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/19(火) 09:19:15 ID:rZ30f4CDO
>>160さん
楽しみにしてくれてありがとですm(_ _)mw

鈴木一家
突如として鳴り響くインターホン
はてさて一体誰なのか?
ガチャ
正論「どなたですか?」
???「すみません正論さん…いきなりですが助けてください!」
正「何?!どうしたのワンフレ君」
One Phrase Blues「実は…」
正「長くなりそうなら中で話そうか?」
ワンフレ「そうして貰えると有り難いです」
そうして2人は中へ(・ω・)/
そ「ワンフレさん。お久しぶりです」
ワンフレ「そっとちゃん。お久しぶり」
正「で…何があったんだい?」
ワンフレ「実は…家の厳しい家計のせいでみんな家から追い出されてしまって…」
正「行く当てもなく、近くの僕の所へ?」
ワンフレ「はい…全くその通りです」
正「他のみんなは?」
ワンフレ「行方知れずです…」
正「可哀想に…」
そ「なら、見つかるまでうちで働けば?」
ス「それがいいですよ」
ワンフレ「いいんですか?」
蒼「もちろんいいわよ。これも何者かの陰謀を感じる縁だし」
正(言わなきゃいいのに…)
正「ワンフレ君がいいなら、もちろん大歓迎だよ」
ワンフレ「有難う御座います。では御言葉に甘えて…」
正「ありがとね。これで最低限の人数はそろったぞ」
蒼「一時は出来るかも危うかったのに良くやるわね」
正「僕だってやる時はやるさ」
蒼「ほめてる訳じゃないよ?」
正「そんな事だと思ったよ…orz」
正「まぁ…後は、明日か明後日ぐらいには終わる改装工事が終われば…」
そ「皿や材料や家具の準備は?」
正「あっ…忘れてた…」
そ「全く…これだから役立たずの兄さんは…」
正「酷いよ…orz」
ス「皿や家具は私とワンフレさんで、明日買いに行ってきますよ」
蒼「じゃぁ材料はそっとと2人で行くわ」
正「僕は?」
そ「宣伝の準備とかでもしてろ!」
正「はい…」
こんな調子で開店できるのかなぁ…続くw

162 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/19(火) 17:08:00 ID:J57lNSBTO
エンクルデザロ期待してる俺ガイル

163 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/19(火) 17:43:15 ID:g9LwMTwuO
クリスマス前で盛り上がって来ましたね。

久々に絵を投下。鬼姫です
http://p.pita.st/?k3s46d5m

164 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/19(火) 21:12:41 ID:Kdxxk2PI0
>>161
正論の駄目っぷりもさることながら、妹達のカカア天下っぷりがw

誰も期待してないだろう桃色カプセルなんですが、
今日は時間が無いのでまた明日に…orz
ネタが切れた訳でもないのでまた時間が出来たら書き込みます;

165 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/20(水) 02:08:04 ID:jA8gnbOl0
オレンジラウンジ(ふなきっさ開店期間中)

カゴノトリ「姉さん、手紙来てるよー」
フリフリ「うぃー、どれどれ?」

UDXトモスケ曲一同
『未だ会ったことの無いギタドラの姉妹達へ。
 今度弐寺国の方でクリスマスの催し物をやるそうなので、
 一度遊びにいらっしゃいませ。
 みんな会えるの楽しみにしています』

ランジュ「すごーい!弐寺国にいけるんだ!」
マーマレード「私も他の子とあってみたいなー!」
777「EeL曲にもあえるでしゅね〜」
ティゾナ「久しぶりに帰れマスかね?」
フリフリ「さて・・・・向こうの子達は、うちらがカフェやってるの知ってるのかな」
一同『あ』
カゴノトリ「てことは、行くとしたら休業中にしなきゃね」
フリフリ「・・・・・むしろ向こうのやつらをこっちに呼ぶとか」
??「おおっとそれはできないぜ!」
一同『誰だ!?』
TOMOSUKE「俺だ」
Flow「親父かよ!また変な登場しやがって・・・」
TOMO「親父というな。
   なぜできないかというとだな、各国へ行くためのゲートがあるだろ?
   それは必要時以外には開かないんだよ」
カゴノトリ「お父様、それはどうして?」
TOMO「・・・お父様もいいけど、パパと呼べ。
   向こうとは世界が違うということ以外にも、時間や年代がほとんど違う。
   そのため時空を渡ることになる。
   時空の扉が開いたままだとどうなると思う?その扉を通して互いの世界が歪んでいく。
   そのため、スタッフが話に話し合った上で、扉は開かれる」
フリフリ「じゃあ親父〜、アタシらのために扉開いてよ」
TOMO「親父じゃない。パパだ。
   残念ながら俺一人の力では開けない。ゼクトバッハやサカナ野郎の力も必要だ」
カゴノトリ「そうなんだ・・・・・って全部同一人物じゃない!」
TOMO「はははははは。なんのことだ?
   ともかく、移植以外に君達は他国に行けないってことだ。

   まあ、全部今作った話なんだけどね」

一同『フィクションかよ!』
TOMO「確かにギタドラ曲が必要以上に他の国に行くのはご法度だけどな、
   そのクリスマスのには行ける様になってる。安心しろ
   さ〜て、次は弐寺国の娘達に挨拶にいくかな」
フリフリ「おい!気になるから本当のこと話せ!待たんかい親父ー!!」
TOMO「親父じゃない、パパだ!」

166 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/21(木) 00:23:34 ID:mWBo2YEQ0
呼称にこだわるともちんバロスwww

167 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/21(木) 17:29:41 ID:1oNIjsYb0
when I come back「…」
when「2006年が終わる…
   公式サイトではプレアンのFT2まで紹介されている
   稼動してからもう4、5ヶ月…
   …だというのに…
   一体いつになったら俺の曲紹介は出るんだあーーーっ!!」
when「…はあっはあっ…」
when「教えてくれコンマイ神!俺は一体誰に作られたんだー!俺は一体誰なんだー!」

いい加減曲コメ更新するべきだと思うんだ


168 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/21(木) 18:25:11 ID:/ZC1gE0fO
>>164さん
いやはや妹とは怖いものですww
桃色期待してますよw

鈴木一家
とりあえず 妹2人は材料の買い出し、スイマーズとOne Phrase Bluesは食器などの買い出しに行き、正論1人で広告作成中。
正論「どんなのがいいんだろ…」
1人考えこむ正論
正「リニューアルオープン。美味しいからみんな来てね。」
正(カレー屋とはわかんないじゃん…orz)
正「新規開店。真心こもった美味しいカレーを食べるならここへ。」
正(本当に真心がこもってるのか?(汗)
正「やっぱり1人じゃいいの思い付かないや…どうしたらいいのかなぁ…」
全くダメダメな正論w
???「兄ちゃん。一杯お茶くれや」
正「サンドラさん。いいですよ」
サンドラ「なんだい?みんな居ないのかい?」
正「ええ。みんな買い出しに行ったので」
サンドラ「そうかい。で、兄ちゃんは何してんだい?」
正「広告を作ってるんです」
サンドラ「造花とかの準備は大丈夫かい?」
正「あっ…してなかったや…orz」
サンドラ「そんな事だろうと思って、明日持ってきてもらうように頼んどいたよ」
正「ありがとうございます。サンドラさん」
サンドラ「まぁ、いいってことよ」
正「もう一つ頼みたいんですけど…」
サンドラ「どうせ広告の事だろ?」
正「全くもってその通りです…」
サンドラ「広告なんてもんは、みんなに美味しく食べて欲しい、って気持ちが伝わればいいもんさ」
正「なるほど…頑張ります」
サンドラ「頑張れよ、兄ちゃん。
こっちも今日中に工事終わらしてやっから」
正「是非ともお願いします」
ペコリ(一礼する
サンドラ「まかしとけって。じゃぁ、もう戻らないとみんなに起こられちまうからなw」
正「頑張ってくださいね。出来たら手料理御馳走しますから」
サンドラ「それは楽しみだな。じゃぁ、行ってくるわ。お茶ありがとな」
正「いえいえ、此方こそ」
正(みんなに美味しく食べて欲しい、って気持ちが伝わるもの…かぁ…)
蒼白「たっだいまー」
ズカッ!!
正「ぐはっ…Σ(゚д゚)…いきなり後頭部にbpm300のラリアットは…_o__」
蒼「HSMAXは強すぎたかなぁ?ww」
そっと「早すぎwww兄さん生きてる?」
だが返事は無い。ただの屍のようだ

続けれる?ww

169 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/21(木) 20:02:37 ID:sLXMsr5dO
 

170 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/21(木) 22:01:07 ID:0CujFB8+O
久々です。皆様相変わらずGJです!


〜デパチャ&αρχηの日常1/2〜

デパチャ「………」
アルケー「デパチャさん、どうしたんですか黙って」
デパチャ「あぁ…ちょっと考え事してた」
アルケー「考え事…ですか?」
デパチャ「あぁ」
アルケー「何を考えてたんですか?…もしかして嫌なことあったんですか…?」
デパチャ「……ちょっと出かけてくる」
パタン
アルケー「デパチャさん?待ってください、私も行きます!」
パタン


デパチャ「…親父…あんたは今どこにいる?」
アルケー「待ってくださいデパチャさん!どうしたんですか!?」


〜数年前〜

佐々木博史「デパチャ、とっても大事な話があるんだ。こっちにきてくれないか?」
デパチャ「何だい父さん?大事な話って」
佐々木「……しばらく家を空けようと思うんだ」
デパチャ「え?それってどういう…」
佐々木「……疲れたんだ。何から何まで」
デパチャ「父さん……?」
佐々木「静かに聞いてくれ……僕はもうコンマイ神にも言ってきた。…もうギタドラの曲は作らないって」
デパチャ「!!」


171 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/21(木) 22:02:10 ID:0CujFB8+O
〜デパチャ&αρχηの日常2/2〜

佐々木「そして僕はここから出ていくと言ってきた」
デパチャ「そんな…どうして父さん!!」
佐々木「何故かは言うことは出来ない。言えば…僕はデパチャ達の親でなくなってしまう。僕はデパチャ達のことを誰よりも愛している…」
デパチャ「じゃあ行かないで!僕のことが好きなら行かないでよ父さん!!」
佐々木「デパチャ…お前の名前の意味、知っているかい?」
デパチャ「え…それは……」
佐々木「DEPARTURE…意味は出発。僕はもう行かなくちゃならない。……デパチャ、僕の出発に花を添えてくれ」
デパチャ「………」
佐々木「……みんなのこと、よろしく頼むデパチャ。お前がしっかり面倒を見てやってくれ」
デパチャ「………本当に行っちゃうんだね」
佐々木「……ごめんな」
デパチャ「……必ず帰ってくるって約束して。じゃないと歌わない」
佐々木「……約束だデパチャ!」
デパチャ「…………分かった」
佐々木「…友人のために作った曲が、まさか自分の出発に花を添える曲になるとは……これも何かの縁…かな……」

〜回想終わり〜

デパチャ「(親父…どこで油売ってるんだよ…)」
アルケー「デパチャさん!!」
デパチャ「!!……アルケー」
アルケー「もう、どうしちゃったんですか?ボーッとして」
デパチャ「……アルケー」
アルケー「デパチャさん?」
デパチャ「俺、頑張るから。お前に俺の歌を聞かせなくて済むように……」
アルケー「デパチャさん…」
デパチャ「(Time is never die never stop…時は死ぬことも止まることもない、か。…親父、俺はあんたが帰ってくるまで精一杯生きるよ。あんたが行っちゃったあの日から、出発しているんだからな。……俺は)」



歌詞を仕事中に和訳してた私最悪(´・ω・`)
てか分かりにくくてすいませんorz

172 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/21(木) 22:19:39 ID:IUaNJPdXO
>172こういう話、結構好きです。自分もよく授業中にネタ考えてたり…

〜あさきっさ〜1/2

魔笛「お姉様方、他の喫茶店ではクリスマスに向けて店内を模様替えしておりましたわ」
蛹「ふ〜ん、それで?」
魔笛「うちもクリスマスに向けて模様替えをした方がよろしいかと…」
七「だって、あたしら基本的に和風だしなぁ」
蛍「洋風なのはアニュスさんと魔笛さんぐらいですし」
鬼「うむ、無理に周りに合わせる必要はないのじゃ」
月「…右翼万歳…」
魔笛「全く…そんなことだからほとんど客が入らないんですわ!」
ツミ「ま、魔笛ちゃん、怒らないで〜」
魔笛「怒ってなんていません!私はただ…」
いやーっはははーい!(注:ドアの開く音です)
鈴「あら、いらっしゃいませ〜」
FT2「お兄ちゃん、何なのこのうす気味悪いお店は!?」
デイドリ「何言ってんだ、ささきっさ以外にも連れてってくれって言ったのはお前だろ?」
FT2「そうだけど…他にもオレンジラウンジとかあるじゃない」
デイドリ「あそこは今ジェッ娘達が受験勉強忙しいらしくてな」
魔笛「デイドリさん!何なんですの!?この態度の悪いお子様は!?」
FT2「誰がお子様よ!?本当のことを言っただけじゃない!」
デイドリ「あ〜こら、お前もいちいち突っ掛かるな。悪いな、こいつはMODEL FT2。俺達の妹で今回のプレアンだ」
姫「ほう、お主が今回のプレアンか。私は10&11のプレアンの鬼姫じゃ」
FT2「まぁ!貴方が鬼姫さんですか!?お会いできて光栄です」
姫「そ、そうか。それで注文は何にするのじゃ?」
FT2「ああ、この五連ハイハット…憧れちゃうなぁ。とりあえず正論ティーと真超パフェで」
ツミ「は、はい、かしこまりました」
魔笛「随分さっきと態度が違いますわね」
FT2「何よ?呼んでないんだけど」
魔笛「この腹立たしい態度…FT2…は!まさか貴方FAIRY TALESの妹ですわね!?」
FT「そうよ。それが何か?」
魔笛「FAIRY TALES…私からエンシェントさんを奪った泥棒妖精…絶対に許しませんわ!」
蛹「魔笛ちゃん年上好きだったんだ…」
月「…神楽坂明〇菜…」
蛍「ダメだよお姉ちゃん、それ以上言ったらコンマイ神に消されちゃうよ」
魔笛「うるさいですわ皆さん!私は今この泥棒妖精の妹と話をしてるんですの!」

173 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/21(木) 22:22:47 ID:IUaNJPdXO
〜あさきっさ〜2/2

FT2「ああ、貴方もしかして魔笛?」
魔笛「そうですわ。それより、先輩には敬語を使うべきでは無いかしら?」
FT2「元プレアンにもかかわらず80代に下げられた曲なんかに敬語なんて使う必要ないわ」
魔笛「あら、貴方も80代じゃない」
FT2「ぐっ…うるさい黙れぇ!」
ー赤DM化ー
魔笛「あら、やる気ですの?」
ー赤DM化ー
七「おーい、注文の品持って来t」
FT2・魔笛「死にさらせ!」
ータム連打とサビ前連打発動ー
七「ぶべら!」
魔笛「はぁ…はぁ…なかなかやりますわね」
FT2「貴方こそ…80代にしてはなかなK」
鬼姫「そうじゃのぉ、私にパフェをぶっかけてくれるとはなかなかやるのう」
魔笛「あ…あう…これはその…」
FT2「あはははは、何考えてるんだか。鬼姫様を怒らして…どうなっても知r」
デイドリ「そうだよなぁ、俺に正論ティーをぶっかけたんだからどうなっても文句言えないよなぁ」
FT2「あ…こ、これはその…」
デイドリ・姫「いいからさっさと謝らんかい!!!!」
ーシンバル連打とサビ前タム連打発動ー
FT2・魔笛「みぎゃあぁぁぁぁぁぁぁ!」
デイドリ「全く…妹の教育ぐらいしっかりしてくれよ」
鬼姫「そっちこそ、頼むのじゃ」
魔笛「お互い……怖い家族を持つと苦労しますわね…」
FT2「うん…でも普段はみんな凄く優しいんだよ…」
魔笛「鬼姫お姉様も…普段は凄く優しいですわ」
FT2「なんか…ごめんね」
魔笛「こちらこそ…申し訳ありませんでしたわ」
蛹「あ、仲直りすんだなら二人で掃除よろしくね」
FT2・魔笛「そんなぁ…」


なんか微妙なオチでスマソorz


174 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/21(木) 22:42:15 ID:m+OtYzRuO
>>173和んだwwwwGJ

175 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/21(木) 23:45:03 ID:wVe6NymVO
>>172-173
どう考えてもGJです。本当にありがとうございました。


他の職人さんもGJ!

176 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/22(金) 00:40:19 ID:adZ466380
>>173
FT2と魔笛のキャラがいいね

177 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/22(金) 01:15:10 ID:hko19DyW0
>>167
ワロタ。公式見たら確かにのってなかった・・・カワイソス

178 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/22(金) 07:24:10 ID:1rkrT8gXO
チラ裏で久しぶりに見てみるかと書いたものだが全部読んだらこんな時間になってしまった

鬼百スレのせいで人生薔薇色です
ほんとに、もう。

179 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/22(金) 19:08:03 ID:s79jcHxyO
皆様方本当に乙です。
自分はネタ思い付かないんで見てるだけですが、とても楽しみにしてます。
ノロ流行ってるので、体には気をつけてくださいね。

180 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/22(金) 19:45:34 ID:DPXoJjDG0
オレンジラウンジ(ふなきっさ開店期間中)

カゴノトリ「さ、さぶいぃ・・・・・ごほごほっ」
フリフリ「あー・・・だるい・・・・死ぬ・・」
ランジュ「まさかお姉ちゃん達が風邪で倒れちゃうなんてね」
マーマレード「うん、今年の風邪は怖いな〜」
トゥインクル「あ〜・・・ポプリ姉妹・・・・私もちょっと休m・・・」
バタッ
ポプリ「トゥ、トゥインクルさん!?」
リーチン「ごほっ・・・なんか姉さん風邪みたいで・・・・でも私も調子悪・・・・」
ランジュ「二人とも休んでて!」
マーマレード「ねっ、ホールの様子見てこなきゃ!」

にゃん「ど、どうしようにゃ!アルケーちゃんが倒れちゃったにゃ〜!」
アルケー「に、兄さま・・・・私は大丈夫・・・・・はぅ〜」
ランジュ「えーっ、アルケーも!?」
マーマレード「あれ?ジェッ娘、もしかして調子悪い?」
ジェッ娘「う〜ん・・・・勉強のしすぎかなぁ・・・・頭がくらくらする・・・」
ヒュプノ兄「な、なぁ・・・・ここの店員大丈夫か?」
ランジュ「心配かけさせてごめんなさい、お客様!」
ヒュプノ弟「もしかして今流行の「Riffウィルス」に感染したんじゃないの?」
ポプリ「Riffウィルス?」
ヒュプノ兄「知らないのか?ギタドラ曲にだけ感染する曲で、手強い曲ほど感染しやすいんだ」
ヒュプノ弟「僕たち、麻酔専門だけど医者やってるからよかったら病状見てあげようか?」
ランジュ「あ、お願いします!」
マーマレード「う〜ん、そんな怖い病気があったなんて・・・」

ランジュ「で、ヒュプノさん達に見てもらって、働けるのは私とマーマレードと」
ジャイアン「俺と」
にゃん「ボクと」
Rebirth「あたしと」
チョコフィロ「アタシと〜」
空言「・・・・私と・・・・」
777「ぼくと」
rebirth「・・・私と」
マリーゴールド「わたしですよ?」
ランジュ「う〜ん、一気に人手減ったね・・・・」
マーマレード「ほとんど子供とか調理場担当だし・・・」
ジャイアン「ていうか、なんで俺風邪うつってないんだ?」
Rebirth「ほらアレだ。バカは風邪ひかないっていうし」
ジャイアン「てめー!誰がバカだと!?」
マリーゴールド「喧嘩はだめだめですよ〜!」
ランジュ「そ、そうだよ。今、うち休業にする余裕もないんだし。」
マーマレード「しょうがない・・・・この人数でなんとかしよう!幸い調理は大丈夫だし!」

(続)

なんとかネタのスランプ脱したみたいなんで、
ちょっとずつネタを書いていこうと思います。
他の職人さんも乙です。

181 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/22(金) 23:45:08 ID:VkqRDxRVO
他の職人の皆様
本当に上手で尊敬します…
僕の何かちっぽけな作品ですが 心良く見守って頂けると光栄です…orz

鈴木一家
妹のきつい一撃を喰らった正論
そこへ…
スイマーズ「ただいま〜」
One Phrase Blues「ただいまです」
食器などの買い出しから帰って来たスイマーズとワンフレ
蒼白「2人共お帰り」
ス「ところで正論さんは何処ですか?」
そっと「兄さんなら、蒼h(ry」
蒼「兄さんこんな所で寝てちゃ駄目だよ? しょうがない私が運んでってあげるよ」
ズバー
ス「何だか凄い速さでいっちゃった…」
ワンフレ「きっとHSMAXですね。流石bpm300は速いですね」
そ「そんなに速い理y(ry」
蒼「そっと?」
密かに握り拳を込め、顔をひきつらせる蒼白
そ「怖いよ…蒼白…」
蒼「何にも怖くないよ? 私はいつも通りだよ?」
そ(そんなに、自分が兄さんを殴り倒したのが、知られたくないのかなぁ…)
そ「そうだね」
ス「あの?」
そ「何? スイマーズちゃん?」
ス「話は戻りますが、開店前の準備はもう全部出来たんですか?」
そ「多分完璧だよ。後は、兄さんの広告が出来たかどうかかな?」
ス「そうですか?」
ワンフレ「じゃぁ僕らだけで決めてしまいませんか?」
ス「そうしましょ」
そ「そうね。それがいいかな。蒼白もそれでいいかな?」
蒼「うん。全然OK。さぁ早く、兎に角、即ち決めましょ」
そ「蒼白? 大丈夫?」
ス「ろれつも回ってませんよ?」
ワンフレ「気分が優れないんですか?」
ス「まさか…噂のにょろウイルスですか?!」
蒼「そんな事は全然、全く、まじで関係ないよ。それにノロウイルスでしょ?」
そ(蒼白は、いつも焦ると無駄に言葉を発するからね)
そ「まぁ蒼白が、何でもない、って言ってるから大丈夫よ。早くみんなで決めましょ」
ス「そうですね」
ワンフレ「早く決めて、開店の準備を万端にしときましょう」
蒼「じゃぁ…早く、テキパキ、早速やりましょ」
そ(そんなに焦らなくても、殺害した訳じゃないんだから大丈夫なのに…)

続くw

182 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/23(土) 00:28:15 ID:emcVv6gGO
ポップン曲の閉じ込めスレ立ったよ

“ポップン曲”を2回閉じこめてみた
http://game11.2ch.net/test/read.cgi/otoge/1166747323/

183 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/23(土) 02:21:46 ID:h1jDMrKi0
パースト「はい今日も始まりました!
    ギタドラの流行や巷で噂のアレやあの人を紹介する番組、「MIDNIGHT SPECIAL」!
    司会はワタクシ、Purple stormと、番組を盛り上げてくれるのはこの人、Ring!」
Ring「た〜ると〜、た〜ると〜、た〜っぷり、た〜ると〜・・・・Ringです!」
パースト「前回は私事に走っちゃってすみませんでした。少し反省しています」
Ring「まったくだ。今日は大丈夫なの?・・・・ていうか今日の特集は何?」
パースト「今日はさ、あの泉 陸奥彦先生のアルバム発売日ってことでさ、
    泉曲に何人かインタビュー申し込んでみたんだよ」
Ring「あ〜、そういやそうだっけ。FT2ミラクルも出たし、今日は記念すべき日だね」
パースト「では、そろそろ登場してもらいますか。
    MIDNIGHT SUN氏、HEAVEN INSIDEさん、そして我がV3の癒し、WISH姐さん!どうぞ!」
ミドサン「こんばんは」
ヘヴン「本日はお願いします〜」
WISH「二人とも、今日はよろしくね」
パースト「3人とも、アルバム発売おめでとうございます!」
Ring「・・・・あ、おめでとうございます。なんか、貫禄があるっていうか、神々しい感じですね」
ミドサン「あははは、俺から見たら二人とも若くて初々しいなぁって思うぜ」
WISH「貫禄があるなんて・・・・。私、貴方達二人と同期じゃない」
Ring「いや、なんか・・・アルバム出てから変わってません?雰囲気とか」
ヘヴン「やはり、父のおかげでしょうね・・・・。ここまで父の思いが伝わってくると、生まれてきたことに感謝・・・です」
ミドサン「ほんと親父に感謝だな!俺なんか削除されたり隠しになったりでアルバムに選ばれるわけないと思ってたのにさ」
パースト「あ、そろそろインタビューにいってもいいですか?その前に、CMです」

リグレット「もし、たった一つ願いがかなうのなら
          あの日に帰ってやり直したいの―――――」
過去の恋、悔やむしかないあの出来事、頬を伝う涙・・・
純愛ドラマ「涙のregret」
毎週水曜10時 絶賛放送中!

パースト「では最初に、一言ずつどうぞ」
ヘヴン「・・・・まさか、私がアルバムの中心のようなものになるとは思っていませんでした。
   最初を飾るのももったいないくらいで・・・皆さん、聞いてくださりありがとうございます」
ミドサン「アルバム買ってくれた皆様、聞いていただき感謝感激です!
    みんなの記憶には残ってくれたかな。いや、何かを感じてくれただけでも俺らには嬉しいことだな!」
WISH「平和3部作の末っ子ですが、聞いて何かを感じ、何かを考え、何かを思っていただけましたか?
   少しでも、皆様が平和について歩みだす助力になったなら、私にとってこれより幸せなことはありません」

184 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/23(土) 02:22:28 ID:h1jDMrKi0
Ring「うーん・・・・やっぱ泉曲は言うことが違うな〜」
パースト「今回は俺の個人的な判断ですが、平和や哀愁っぽいのが目立つような気がしましたが、
    インスト曲のミドサンさんはそういう感じの曲と会ってどう思いましたか?」
ミドサン「良い意味で衝撃受けたなぁ。正直RISEとDD8くらいしか話が合わんと思ってたが、
    いざ話してみると、やっぱ根底にあるものが通ずるのかね、みんな気が合う奴らだったよ」
パースト「それが兄弟というものなんでしょうかね・・・。
    悲しいことが多いこの世の中ですから、アルバム曲のみなさんのように、心が通じ合うことができたらいいですよね」
ヘヴン「・・・・厳しいことを言いますが、それが出来れば争いなどこの世にありません。
   それはつまり・・・・人はそれぞれ違う。それゆえに、理解しあえず争いが起こる・・・・ということです・・・・」
WISH「姉の言うとおりね。ギタドラ曲の中でもいろいろな曲があって、たまにそんなことで衝突しあったりする。
   私、争いは繰り返されることじゃないと思ってるし、それをするのもつまらないと思ってるわ」
パースト「いろいろ考えさせられますね〜。・・・・・あれ?Ring、どうした?」
Ring「なんか、TV局に変な厨が入ったらしくて、今スタッフが対処してるけど・・・・」
ミドサン「おい、番組は大丈夫なのか?」
Ring「多分、どうにかなるかと・・・・・」
秋風「う、うわぁーーー!!(ガシャン)」
パースト「やばい!スタッフが・・・」
厨プレイヤー「よっしゃー!こいつもクリアだ!あと・・・お前らを倒せば俺のスキルが700になる!」
Ring「・・・・・半端なレベルだな」
厨「あぁ?何か言ったかてめぇ!?ぶっ倒してやる!!」
Ring「こんなやつ、赤レベにすれば・・・」
ミドサン「Ring、下がってろ!」
Ring「え?」
ヘヴン・WISH「・・・・厄介ごとを持ち込むんじゃねぇぇええぇぇ!!!」
―高速スネア+タム地帯―
厨「うぎゃぁぁぁ!!(ガシャン)」
パースト・Ring「・・・・・・・・・・」
ミドサン「いやー、危ない。あいつら平和を愛するあまり、厄介なものを自らの手で駆除する傾向があるからな」
ヘヴン「・・・・・はぁ。何故、争いはなくならないのでしょうか・・・・・(憂い顔)」
パースト「・・・・そ、それでは時間になりました。今日は3人ともありがとうございます。
    来週は新年特大号となっております!」
Ring「今週のEDもMagical Jet Tourで「MASTER PIECE」です。
   3人とも、お疲れ様でした!では、また来週〜」

(ガシャン)
ゴーイング(視聴者)「・・・・・途中までまともだと思ったら・・・・」

185 :あの人 ◆h99PAc1wKg :2006/12/23(土) 09:03:01 ID:NfyoGHVt0
えー、なんとかクリスマスネタに間に合わせるため
がんばってます。

Little Courage 8



落書き帳「ちょっと、どうなってるのよ!」
DD2「ま、まぁ、落ち着いてください、説明しますから」

彼女の目の前の光景。
殴られ蹴られ、傷だらけのDD7。
脚がガクガクと震えている、今回の事件の張本人であるVOIDDD。
その二人を囲むようにしている、白昼夢兄弟たち。
異様としか言葉のない光景であった。



DD3がヴォイドに一つのパンチを与えたあと。

DD2「ちょっと待って!」
DD3「な、なんだ?」
DD2「実は、ちょっとした話があってね。
    ああ、そこの人も、いいね?」
VOIDDD「……ァ…」

ヴォイドは殴られた痛みで、言葉を発するのさえも一苦労している。

DD2「…ということで、DD3、この人を運んで」
DD3「へいへい」
DD2「言っておくけど、拒否権なんてもの、はなっから無いからね」

DD2は、ヴォイドにそう突き放すように言い放った。


186 :あの人 ◆h99PAc1wKg :2006/12/23(土) 09:04:37 ID:NfyoGHVt0
DD2「…いいですか、落書き帳さん。
    あいつは、DD7はあなたを守ると『約束』したんです。
    その約束を、あいつは最後まで守りきるんです。
    僕や兄さん、他の人たちが手出ししてしまうと
    あいつは、あなたに誓った『約束』を破ってしまうんです」
落書き帳「…その、ヤクソクって何なの?」
DD2「『あなたを守る、そのためなら、私は傷ついてもかまわない』という
    単純な内容です」

落書き帳はしばらく口を閉ざしていた。
そして突然、鼻でフンと笑って、

落書き帳「バカな奴ね、それであんなひどい顔に…」
DD2「あいつの、小さな勇気を貫き通してあげたい。
    だから、手出し『できない』んです」
落書き帳「わかったわ、なら、私も手出しはしないわ」


DD7の考えが伝わったのか、彼女は諦めたようだった。


DD「…DD6か、どうした?」
DD6『ちょっとさっきね、コンマイ社の中区のコンピューターに忍び込んだらさ。
    何故か、DD7と落書き帳さんだけベーシック状態にしかなれないバグがあってさ。
    修正しておいたよ、以上』
DD「……DD7、今のお前なら、まぁそいつを大気圏外にぶっ飛ばせるな」

DDの冗談は、小さな勇者の耳には届いていない。

VOIDDD「こうなりゃ、ヤケだ!」

ヴォイドはDD7に向かって走っていく。
DD7の右の頬に、ヴォイドの拳が当たる。
鈍い音と共に、DD7の向きがグイっと変わる。
だが、妙だった。
首から下は全く動いていない、動いたのは目線のみだった。
やがてDD7はゆっくりと視線を
ヴォイドに戻していった。

VOIDDD「なんだってんだよーッ!」

腹を蹴った、スネをも蹴った、顔も殴った。
なのにDD7は動じない。動かない。

DD7「どうしたの? それでおしまい?」

普段の彼からの声とは全く違う。
機械的に発せられるような、温かみが微塵たりともない声。


187 :あの人 ◆h99PAc1wKg :2006/12/23(土) 09:06:58 ID:NfyoGHVt0
DD3(もしかして、俺たちが)
DD4(理不尽な要求を突きつけたりしたから)
DD5(いわゆる、マゾヒストに…)
DD(なったのか)

そんな彼を見た兄妹たちも、ほとんど感情を表していない。
むしろ、アメリカンジョークでも言い出しかねないと感じた。

DD7「じゃあ、ぼくからいくよ。 いいね?」
VOIDDD「く、来るな! 来るんじゃない!
       俺が悪かった、だ、だだ、だから、許してくれ!」


――誰が許すものか。
―――お前は、ゆるさない。
――――ゆるさない。

ヴォイドに一歩、また一歩近づくDD7。
大魔人のように大きく、死神のように怖く。
ヴォイドはしりもちをつき、動けなくなっていた。
全身は震え、口はガクガクと音をたて、あまつには
股間が湿ってさえいた。

DD7「誰が、誰がゆるすものか」
VOIDDD「ヒ、ヒィィィィィィィィィ!!」


DD7が握りこぶしをヴォイドに向けた瞬間だった。

――――待つんだ!


心の中でもう一人、いや。
真実の一人が叫んだ。

そして、


小さな勇者は、その場にパタリと倒れてしまった。      (続)

188 :あの人 ◆h99PAc1wKg :2006/12/23(土) 19:29:57 ID:NfyoGHVt0
Little Courage 9



白昼夢兄弟と一切関係ない三人組。
彼らは流れていたクイズ番組の再放送を見終えたところだった。

RISE「思い出した!」
FIRE「何だよいきなり…」
RISE「DD5は…そうそう、力持ちだったんだ、すごく。
     DD6の奴はな、アイツ機械にめっちゃくちゃ強いんだわ」
ライトン「じゃあ、あの末っ子は?」
RISE「まだ知らない」
FIRE「最後の最後で…」


ギタドラ市内、とある病院にて。
303号室という病室に、DD7はいた。


DD7「お医者さんは何て言ってた?」
DD2「しばらく安静にしていれば、すぐに退院できるって」
DD7「よかった…」


ベッドの上で横になっているDD7はホッとした息を吐いた。
DD7の周りには、同じ白昼夢兄弟が彼を囲んでいる。
長髪の似合う美女や、どう考えても半漁人としか思えない人。
その他、様々な人が並んだ光景は、異様としか思えないものだった。


DD「コンマイ社にはしばらく出れないと連絡しておいた。
   しばらくゆっくりしてろや」
DD4「それまでは、DD6に雑用を任せるから」
DD6「は、はやく退院しろよ!」

すっかりこのことを忘れていたDD6は、動揺してしまった。
DDが窓の近くへ行き、窓を開けた。
もう秋の終わり近い風が吹いていて、少し涼しさがあった。
そして彼は、胸ポケットからライターとタバコを取り出した。


189 :あの人 ◆h99PAc1wKg :2006/12/23(土) 19:30:40 ID:NfyoGHVt0
DD3「病院は禁煙だろ、兄貴」
DD「どうせ個別の部屋だ」


気にもしない様子で、タバコをふかし始めた。
他の兄妹達は、呆れた様子だった。
言葉のたとえでなく、本当の意味でタバコが主食の彼にとっては
タバコをどこでもふかすのは当然ではあると思っていたが
まさか誰しもが、病院でタバコをふかすとは思っていなかった。


DD5「はい、灰皿」
DD「あんがとよ」
DD5「はい、ニコレット」
DD「嫌味か?」

灰皿と同時にガムを出したDD5。
DD2が何か音に気付いたらしい。
ドアの方向へと向かっていった。

DD2「じゃあ、僕達は席を外すとしようか」
DD「…そうだな」
DD5「タバコは預かっておくよ、廊下でふかしちゃ困るし」
DD3「ライターも没収な、兄貴」
DD4「DD6、行くわよ」
DD6「え、なんで?」
DD2・3・4・5(空 気 読 め よ)

空気の読めないDD6を引っ張るDD5。
部屋にはDD7、ただ一人残っていた。

DD7(何でまた、ヴォイドさんやマドブラ、アンコンさんがあんなことしたんだろう?
    絶対、何か理由があるはずだ。
    退院したら必ずその理由を聞いてみよう)


190 :あの人 ◆h99PAc1wKg :2006/12/23(土) 19:32:20 ID:NfyoGHVt0
廊下にて。
落書き帳「303号室…あ、あそこだわ」
DD(曲名が曲名とはいえ)
DD6(どう考えても、ヨウジョってもんだよな、あの人)
DD5(もしかして生みの親の趣味なのか? そうなのか? 答えてくれないか?)

病室を探す落書き帳を全く気にしない白昼夢兄妹達。
彼女が病室に入っていっても、少しも気にしない様子だった。


DD6「なんで部屋から出たんだよ?」
DD4「ここは病院よ、静かにしなさい」


303号室。

DD7「落書き帳さん…」
落書き帳「いい加減、『さん』をつけるのはやめたら?」

落書き帳の右手には、果物がセットになった
よくあるお見舞い品があった。

DD7「えっと、じゃあ、落書き帳……」
落書き帳「そう、それでいいのよ」

彼女はそう答えると、DD7が横になっているベッドに
座ってきた。
DD7は、彼女の行動に内心驚いていた。
心の中でピシリと電流が走ったような感触だった。


落書き帳「……ごめんなさいね、あんなことになっちゃって」
DD7「い、いえ、そんな」
落書き帳「こんなものしか用意できなかったけど」
DD7「気にしないでください、僕は大丈夫ですから」

落書き帳「そんな怪我なのに?」

彼女は小さく呟いた。

DD7「え?」
落書き帳「ううん、いいの、気にしないで」
DD7「落書き帳さん」
落書き帳「『さん』はいらない」

彼の失言に、彼女はピシャリと答えた。

191 :あの人 ◆h99PAc1wKg :2006/12/23(土) 19:36:07 ID:NfyoGHVt0
落書き帳「ねぇ、目、閉じててくれる?」
DD7「…はい」


彼は言われるままに、目を閉じた。
彼の右の頬に、暖かく、やわらかいものがあたった。
今まで一度も感じたことのない、暖かさ。
これから二度と味わうことのない、やわらかさ。


落書き帳「目、開けていいわよ」


彼は目を開いた。
彼と彼女の顔は、ほんの数ミリほどの距離しかなかった。
おたがいに顔を赤らめて、サッと距離をおく。

DD7「落書き…帳…」
落書き帳「また今度来るわね」


彼女はクルリと向きを変えて、ドアのほうへ歩いていった。
ドアを開けた先にいた白昼夢兄弟たちは、無表情で立っていた。
ただ一人、例外を除いて。


DD2(成長したね、DD7♪)



小さな勇気でしかない。
小さな勇者でしかない。
そんな彼は、小さな者は
小さな勇気で、愛するものを助けた。
小さな勇気が、大きな結果を生んだ。
小さな勇者が、一つの伝説を残した。
後世に伝わらない、小さな伝説と、大きな結果を。



Little Courage 完

192 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/23(土) 19:40:25 ID:7IW5Kf1CO
全俺が泣いた

193 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/23(土) 19:54:49 ID:q5qQqaphO
同じく。
家族の前じゃ無かったら……(;ω;`)

194 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/23(土) 20:11:20 ID:5GpA19/gO
>あの人氏
今回も超大作ありがとうございました。
心からお疲れ様です!

195 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/23(土) 20:41:33 ID:8bk0SYZP0
>>185-191
すげぇ・・・・鳥肌立ったよ。
投下乙&GJ!

196 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/23(土) 20:49:21 ID:y0qZVpo70
お久しぶりな桃色カプセルです。
あの人氏の壮大な作品の裏で
余計にちっぽけに見えますがこれからもよろしくお願いいたします。


桃色カプセル

ヘリコ「メリークルシミマース!!(自棄」
 パアンっ(クラッカーの音)
こた「ちょっとおねーちゃん!このクラッカー糸が離れる奴じゃん!誰が片付けると思ってるの?!」
ひと「耳に響く…」
ヘリコ「ひとり大丈夫?やっぱりクルシミマス会止める?」
ひと「平気ですけど…何故クリスマスイブでも当日でも無い今日に会を開こうと…?」
こた「え?だって明日明後日はケーキ買うのに混むかなー…って思ったから」
ヘリコ「どこの家もイブか当日やるじゃない。パーティって。
  当日が月曜の今年は余計に明日は混むと思ってね。
  でもやっぱり当日にやる家庭も多いでしょ?だからなの」
ひと「…今日やる理由はわかりましたがなぜ家で三人で淋s」
こた「家から出たらまたプレイヤーに捕まっちゃうじゃない、ひとりが」
ヘリコ「そうだよ〜私達はいつでも暇だから何てこと無いけど。ひとりが」
ヘリコ・こた「過労死したら…と思うと怖くてねえ…w」
ひと(御姉様方の日頃のストレスが全て私に向かってる…?('A`))
ひと「…で。家でやる理由もわかりました。……ですが…」
ヘリコ「?」
ひと「何で「クリスマス会」じゃなくて「クルシミマス会」なんですか」
こた「…あ、ホントだ…そういやさっきもメリークリスマスとは言ってなかった…」
ひと「これじゃあ楽しむ物も楽しめないですよ…ヘリ姉様?( #゚Д゚)」
―赤DM化―
ヘリコ「…ごめんなさいorz」
こた(やっぱ一家最強の譜面の威力は恐ろしい…)
※参考までにヘリコ最強:赤OP51、こた最強:赤DM58、ひと最強赤DM69
 ちなみにひとはB黄で既にヘリコを追い抜いている(黄B52)
ひと「…折角姉妹三人でゆっくり楽しみたいと思ったのに…今すぐ直しますねこれ」
ヘリコ「あ、いいよひとり私がやったんだし私が直すね!」
こた「おねーちゃん…やっぱり世のカップル達を僻んでるの…?」
ひと(…どうしてこう家の家族って恋愛が絡むと弱いんだろう…(´・ω・))

ヘリコ「気を取り直して。メリークリスマース!」
こた「乾杯ー!」
ヘリコ・ひと「乾杯!」

かしゃん

それから、やれ酒だやれケーキだと夜通し盛り上がったそうな。

…………

自分が今日でした。クリスマス会まがいの物。
…といってもいつもより食事が豪華になるだけですがね(´・ω・`)

197 :ささきっさの人:2006/12/23(土) 20:55:30 ID:Qv4W2NU5O
>>185-191
大作乙&GJです!
落書き帳がヨウジョなのはどう考えても自分の妄想です。本当に(ry

198 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/23(土) 21:01:05 ID:7IW5Kf1CO
>>196
全俺が泣いた

多分我が家もメリークルシミマスの予定…

199 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/23(土) 22:58:45 ID:i4Esmb+uO
>>185-191さん
長編乙&GJですw

>>196さん
お帰りなさいw
ヘリコはDMレベル上がりましたよ?w

鈴木一家
とりあえず正論抜きで頑張って広告作成する4人
そっと「はい。完成」
スイマーズ「皆さん御苦労様です」
One Phrase Blues「これで明日から開店出来ますね」
蒼白「良かったよ」
ガチャ
正論「あれ?みんな何時の間に帰って来たの?」
ス「一時間前ぐらいに帰って来ましたよ」
ワンフレ「さっき下で寝てm」
蒼「そんな事はかなり、全然、全く関係ないですよ?」
そ(また焦ってるよ…全く…)
そ「兄さんは疲れて寝てたんだよ」
蒼「そ…そうだよ」
正「いや…僕は下で考えてた気が…」
蒼「そ ん な こ と な い の」
正「そっか…」
そ(相変わらず弱い兄さん)
ドカドカ
サンデードライバー「兄ちゃん!」
正「あっ…サンドラさん。工事終わりましたか?」
サンドラ「終わったよ。兄ちゃん例の準備は?」
正「例の準備?」
サンドラ「昼間に仕事終わったら、飯作ってくれるって…」
正「そうでしたっけ? 何だか時間が跳躍した気が…」
サンドラ「また兄妹喧k」
蒼「そんな事無い!」
サンドラ「お嬢ちゃん。まぁ仕方ないさ。一番強いからしょうがないかなww」
蒼「そうよ。そうなのよ。兄さんはいくら神の御加護を受けた癖に弱いから」
正「そんな…orz」
そ「ギターでも弱いし、OP無いし」
正「そっとまで…orz」
サンドラ「まぁ、兄妹喧嘩はいいから、今からでもいいから飯作ってくれるかな?」
正「分かりました」
ス「じゃぁ、今から料理で勝負しませんか?」
そ「へっ?」
ス「上位2名が調理場に立つって事にしませんか?」
そ「もしかして…スイちゃんも調理場に立ちたかったの?」
ス「えぇ…まぁ…//」
蒼「その勝負乗ったぁぁ!!」
正「蒼白!?」
蒼「まぁ私勝負事好きだし、負ける気しないし」
正「ならいいけど…負けてもだだこねるなよ?」
蒼「もちろんじゃん」
サンドラ「もしや俺らは審査員か?」
正「願いします」
サンドラ「美味しい料理を待ってるよ」
正「じゃぁ今から2時間以内に自分の得意料理作る事でいいね?」
蒼「いいよ。じゃぁ始め!」

そんなこんなで料理対決をお楽しみに…続く

クリスマスネタは無いです…季節外れですみません…orz

200 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/24(日) 00:09:50 ID:OwDz5sMSO
〜泉家のクリスマス〜@
The fairytales in the miracle night

デイドリ「え〜、それでは、親父様アルバム発売記念&クリスマスイブ記念パーティを始めようと思う。お前ら!今日は無礼講だー!」
泉曲一同「うぉーっ!!」
DD2「はぁ…本来でしたらイブはコンチェ様とオールナイトセッションを楽しむつもりでしたのに…」
DD7「僕も落書き帳さんと…」
DD3「おいおい、俺達に新しい妹が生まれたんだからそんな暗い顔してんじゃねえよ」
DD2「酒臭い…DD3最初から飛ばしすぎですよ」
DD3「だーいじょぶだって」
FT「あのぅ、FT2見ませんでした?」
DD2「ああ、あの子ならあちらで」
RIZE「いやぁ、なかなか良いタムしてるねぇ」
FIRE「それにとっても可愛いし」
FT2「あはは…どうもありがとうございます」
FT「うわぁ、大人気です…」
DD5「実は泉家からは初のプレアンだからな。あの人気もうなずける」
FT2「お姉ちゃん、もう疲れた…」
FT「あらまぁ、まだパーティは始まったばかりなんだけど…」
FT2「でも、もう疲れたの!あの雑魚供しつこいんだもん!」
DD4「あらあら、確かに貴方よりレベルは低いけど先輩方を雑魚呼ばわりは良くないわねぇ」
ホワトル「だね。君だって僕達から見れば雑魚なんだし」
FT2「む〜、もういいもん!パースト、帰るよ!」
パースト「…でも先輩達に失礼だと思いますが…」
FT2「また先輩先輩って…エクストラ曲は大人しく私に従いなさい!」
パースト「申し訳ありませんが…」
ー赤OP化ー
FT2「ッ!何するのよ!」
パースト「…私は先日エクストラを解任されました…私はもう貴方の家来ではありません…」
FT2「何よ…ここに私の味方はいないっていうの?…だったら一人でもこんなつまらないパーティ抜け出してやるわよ!」
DD6「そうはいかないね」
ー赤B化ー
FT2「どいてっ!」
DD6「ったく、もう…少し大人しくしてな!」
FT2「きゃあ!」
DD6「やばっ、やりすぎた…ごめんFT2、大丈夫?」
FT2(私はプレアンなのに…アンコールのこいつらに負けるなんて…)


201 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/24(日) 00:10:58 ID:D9ufao70O
ルーザー『ついに今日と言う日が来てしまいましたね皆さん』

ロマンス『愛を教えてくださ(ry』

わすれもの『もーやってらんない』

コリゴリラ『こりごりこりごりコリゴリラ』

瞬的『取り消し取り消し取り消し取り消し』

SA・DA・ME『君の部屋の男もの確かに増えた これは僕のじゃな(ry』

ひとりぼっち『……………』

ミザル『見よこの肉体をー……』


ルーザー『街ではアベックどもがうじゃうじゃしてますが、一人寂しくギタドラをプレイしているプレイヤーに変わって私たちがアベックどもにハルマゲドンしてやりましょう』

一同『オーーーッ』


二人『付き合ったってどーせ別れるんだけどね』


駄文すみませんでした

宮本隊長達に一番近いのはミザルのクリップな気がするのは私だけでしょうか?

202 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/24(日) 00:12:44 ID:OwDz5sMSO
〜泉家のクリスマス〜A

DD6「ま、これに懲りたら先輩の言うことはちゃんと聞くことだね。たかだか『御伽話』が私達『白昼夢』に勝とうなんて『奇跡』でも起こらないかぎり有り得ないんだし」
FT2(たかだか御伽話?…奇跡?…)「だったら起こしてやるわよ、その『奇跡』ってやつを!!」
トーマス『プレミアムステージ!』
DD6「な、何だよそれ!?」
FT2M「死んじゃえ」
ータム連打発動ー
DD6「きゃあぁぁぁぁぁぁ!」
ピチュン
DD5「な、何が起きたんだ!?アッー!」
ピチュン
FT「FT2!?貴方いったいDD6さん達に何したの!?お姉ちゃん怒らないから言ってみなさい!」
FT2M「嘘だね。本当のこといったらお姉ちゃん絶対怒るもん。だからDD6をハザード落ちさせたなんて絶対言わないもん」
DD4「DD6を…よくも!」
ー赤DM化ー
FT2M「?お姉ちゃん私と遊んでくれるの?」
ータム連打発動ー
DD4「な、何なのこの譜面…きゃあぁぁぁぁぁぁ!」
ピチュン
DD3「DD4!クソッ…何なんだよこいつは…ぎゃあぁぁぁぁ!」
ピチュン
FT2M「私?私はMODEL FT2micleだよ」
DD7「モデルFT2ミクル!?」
FT2M「あるー晴れーた日ーの事ーって、違うもん!コンマイクオリティめ…あれ?」
DD2「はい、すいませんコンチェ様…」
FT2M「お姉ちゃんも一緒に遊ぼ?」
DD2「コンチェ様…あら?FT2さん?」
FT2M「ねぇ、遊んでよ」
ータム連打発動ー
DD2「え、FT2さん!?コンチェ様、失礼します。アッー!」
ピチュン
DD7「DD2姉さん!」
FT2M「さぁ…後残ってるのはお兄ちゃんだけだよ?隠れんぼにする?それとも鬼ごっこ?」
DD7「あ…あ…」
デイドリ「こらFT2、あんまり暴れるとお仕置するぞ?おい、DD7、酒が無くなったから買ってこい」
DD7「は、はい(そうか…デイドリ兄さんは僕を逃がす為に)」



203 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/24(日) 00:16:32 ID:OwDz5sMSO
〜泉家のクリスマス〜B

FT2M「お兄ちゃんが私と遊んでくれるの?」
デイドリ「2…3…4…5…6…ああ、たっぷりと遊んでやるよ…例え『奇跡』が起きたとしてもなぁ…それは所詮ただの『御伽話』だったんだよ!!妹達をハザード落ちさせといて…腕の一本ぐらいは覚悟してもらうぜ!?」
FT2M「?お兄ちゃん何でそんな怖い顔してるの?早く遊ぼうよ」
ータム連打発動ー
デイドリ「ほう…なかなかやるな…だが!」
ーシンバル連打発動ー
FT2M「きゃあぁぁぁぁぁぁ」
ピチュン
デイドリ「俺や100secに比べたらまだまだだな」
FT2「ん…んぅ…」
デイドリ(どうやら元に戻ったみたいだな…
しかし親父様はなんちゅうクリスマスプレゼントをくれたんだか…
聖なる夜の素敵な『奇跡』ってか?)

(終)


204 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/24(日) 00:18:51 ID:r0FDAtctO
>>あの人氏
続きが待ち遠しくてまとめサイトで1から読み直してたら何時の間にか最終話が投下されてて驚いたw
超乙です!DD7かわいいよDD7。

絵描きたいけど昨日の模試で氏んだからそれどころではない罠orz

205 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/24(日) 00:22:21 ID:D9ufao70O
泉家のクリスマスの邪魔してしまってすみませんでしたm(_ _)m

206 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/24(日) 00:57:58 ID:YTyH1TUC0
オレンジラウンジ(ふなきっさ開店期間中)

にゃん「いらっしゃいませにゃ〜」
月光蝶「きゃ〜!!猫猫猫猫猫!!はぅ〜かゎぃぃ〜っ!!(ぎゅうううう)」
にゃん「ふにゃぁぁぁ!!」
Rebirth「にゃんだふるー!生きてるー!?」
月光蝶「あ、ごめんなさい!私、猫見るとキャラ変わるんで・・・・」
にゃん「こ、怖かったにゃぁぁぁ・・・・」
Rebirth「で、今日はどうしたの?」
月光蝶「なんか噂で聞いたんですけど・・・・そっちも風邪で大変だそうで、お見舞いに来ました。
    まぁ・・・うちもお姉やお兄達が風邪で寝込んじゃって、暇だから来たのもあるんですけど。
    あ、これお見舞いの月光蝶です・・・・よかったら皆さんで食べてください・・・・」
ジャイアン「月光蝶って、あの貴重な食材の!?すげぇなお前。・・・ていうか、お前もレベル高いのに風邪大丈夫なのか?」
月光蝶「え・・・・私?・・・そういや・・・・なんでだろ・・・・?
    ・・・多分バカだからひかないんですよ・・・・アハァハ」
ジャイアン「・・・・・・・・・」
ガチャ
マリーゴールド「いらっしゃいませですよ〜」
デパチャ「こんちは。あの、アルケーいるかな?」
ジャイアン「あぁ、アルケーなら今風邪で寝てるぜ」
デパチャ「え・・・・風邪!?大丈夫なんですか!?
    ・・・・はぁ、せっかくのクリスマスだから一緒に過ごしたかったんだけどな」
ダダダダダ
アルケー「デデ、デパチャさん!!わ、わわ私ならだいじょーぶですっ!」
マリーゴールド「・・・・・・でも、フラフラですよ?」
アルケー「これは、その、アレですよ。ちょっと10回連続アンコールで出てただけで」
デパチャ「いや・・・・風邪なら無理しない方が」
アルケー「いえ、私、デパチャさんとクリスマス過ごしたいんです。
   それに比べたらこんな風邪どうってことないですから」
デパチャ「・・・・・・・アルケー、しんどくなったらいつでも言えよ?」
アルケー「はい♪と、いうわけで、ちょっと出かけてきますね。あ、ご飯までに戻ります」

ジャイアン「・・・・・・・・・・・あのカップルは・・・・」
月光蝶「・・・・・いいものを見せていただきました・・・・・」
にゃんだふる「・・・・・いいものにゃ?」

(続)

クリスマスなのにリアルで風邪引いてしまった・・・・みなさん気をつけてください。

207 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/24(日) 01:08:15 ID:Mltla+TyO
DD4「晩ご飯完成っと…ご飯ですよー!」

「ん」「はいよ」「うぃー」
「オッス」「おぅ」「わかったぁ」
「今行く」「はーい」「はーい」

DD4「(あれ、返事がひとつ多い…)」

――DD一家集合――

DD3「俺ご飯大盛りね」
DD6「あ、俺も」
DD4「はい」
DD「漬物はないのか?」
DD4「ワナビー漬けならありますよ」
DD7・FT「ふりかけー」
DD4「おかずがあるでしょう。そっちから食べなさい」
DD5「B-1の特番見てもいい?」
DD2「えー。無情署密着24時にしようよ」
DD4「ご飯どきにテレビなんてつけないで下さい!」

ピチュン

FT2「お姉ちゃん怖ぁい…」
FT2「お姉ちゃん怖ぁい…」

DD4「ちょ、なんでツーちゃんが二人…?」
DD5「姉ちゃん知らなかったの?」
FT2「あたしはFT2でー」
FT2M「あたしはミラクルバージョン!」
DD「DD4には言ってなかったな。こいつらは双子。この子はコンマイ神によって隠されていた、ツーの妹だ」
DD4「じゃあミラちゃんね。しかし本当よく似てる…」
DD2「見分けつくように、ミラには赤いリボンを髪に結んでおいたけど…」
DD4「本当だわ!」
FT2M「へへ…可愛いでしょ」FT2「ミラちゃんいいなぁー」
DD3「へぇ。それなんてろりk」

――最終シンバル滝発動――

DD2「ミラも気に入ってることだし、いいじゃないか^^」
DD3「ほうらぇ…」(訳:そうだね…)
FT2「リボン…」
DD6「ツーには後で俺が買ってあげるよ。な?」
FT2「うん!ピンクのやつ!」
FT「本当にロクくんはお人好しね」
DD4「ツーちゃん良かったわね。ミラちゃんも、よく似合ってますよ」
FT2M「ありがとー」
DD「さぁ、まずは飯だ。話は後でしよう」
一同「はい!」



長文&勝手な設定作って済まない。

208 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/24(日) 01:48:24 ID:zVgNqlycO
>>207温かくて好きだぜこーゆーのb

209 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/24(日) 02:59:58 ID:usNA3Q9tO
皆様GJ
最近風邪が流行っているみたいなので住人の皆様気を付けて下さいね


リライト「今日はクリスマスイブだね」
天体「そうだな、お前が飾りとか色々用意したんだったな」
リライト「あ、ケーキ受け取って来るね」
天体「おう、頼んだ」

リライト「街はクリスマスムード一色だなぁ…(´・ω・`)」

VITALIZE「フライドチキンいかがですか〜、2本買うごとに20円割引ですよ〜」

リライト「さて、ケーキも受け取った事だし帰るかな」
FT「こんばんは、リライトさん。パーティーの準備ですか?」
リライト「あ、Fairy Talesさんこんばんは…あれ?FT2さんが二人居るような…?(´・ω・`)」
FT「こっちの方は新プレアンのFT2ミラクルですよ」
リライト「あ、この前出たって言う…」
FT2&FT2M「お姉ちゃん…この人は?」
FT「あなた達の先輩のリライトさんよ、ほら挨拶しなさい」
リライト「僕はリライト、しがない版権曲だけど宜しくね(´・ω・`)」
FT2「私がMODEL FT2です…宜しくお願いします」ペコッ
FT2M「アタシがFT2ミラクルver、宜しくお兄ちゃん」
リライト「こちらこそ宜しくお願いします」
FT「リライトさんって相変わらず腰が低いのね クスッ」
リライト「僕は新参のしがない版権曲ですから…あ、天体君達が待ってるのでこれで」
FT「でも、あなた達版権曲がこのギタドラを支えてるんだからもっと自信

210 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/24(日) 03:11:02 ID:usNA3Q9tO
あれ?途中で切れてしまった orz

FT「でも、あなた達版権曲達がギタドラを支えてるんだからもっと自信を持ちなさいね」
FT2&FT2M「お姉ちゃん、はんけんきょくって何?」
FT「別の世界からココに来た曲達の事よ、版権曲達はこの世界には欠かせない存在なのよ」
FT2&FT2M「ふ〜ん、じゃあとっても大切な曲なんだね」
FT「そうね、悪いプレーヤー達から私達を守ったりしてますからね」
FT2「じゃあ…私達も」
FT2M「全力で頑張らなきゃね」
FT「そうね」

211 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/24(日) 08:21:06 ID:r0FDAtctO
なんかミラクルネタが大量に投下されてる!皆さんGJです。
二重人格型も双子型もどっちもかわいい。

212 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/24(日) 11:11:36 ID:ldxSKbiNO
【あさき家のX'mas】
魔笛「飾り付け終わりましたわ」
この子「うむ、何故か日本人形の様な物までぶら下がってるが…」
ツミ子「あ、それ私…」
この子「理解」

Ru-Ru-Ru「姉や様…パーパは?」

この子「父上の事だから、サンタの格好でもしてやって来るさ」

幸せ「ちょ、ちょっと!それ言っちゃっていいの!?」

この子「流石に判るだろう。サンタの正体は父上や家族だと」

Ru-Ru-Ru「サンタ・クルーズの真似をなさるの?サンタ・クルーズがやっていらっしゃるのに?」

この子「…」

蛹「じゃーん!私とマッシュルームボーイお手製のマッシュルームボーイピザと蛹ケー(ry」

この子「紫のキノコ混じってるが、食べて大丈夫なのか?
ケーキは却下。Agnusに作り直させる」


今、時間無いのでまた帰り次第投下します。

213 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/24(日) 15:24:24 ID:EwzWCMJo0
〜ささきっさ?〜1/2

落書き張「やっぱり女性向け商品の導入は正解だったわ
     予想外の売り上げね。
     さてトイレ済ませて新商品をアップするとしますかな。」

コンチェ「参ったな〜CDプレイヤーが壊れてCD聞けなくなっちゃった。
    落書き張にパソコンかりて聞こうっと。

    落書き張〜Get set GO!!聞きたいからパソコンかして〜
    ・・と、いないみたいね。まあいいか勝手に使ってもいいよね
    あれ?なんだろこのサイト・・・」

┌──────────────────────────────────────────────┐
   落書き張の通販サイト

        落書きムービーズ

  11月売り上げトップ3

     第3位
     アルケーちゃんとFT2ちゃんの生写真セット
      商品説明 二人のかわいさを全て詰め込んでいます
     全20枚組  価格:2000円
 
                    
     第2位
     激レア コンチェ×DD2
      商品説明 コンちゃんの発言を勘違いし百合に目覚めたDD2。
           2人の絡みをとことん堪能してください。
     全120分  価格:8000円


     第1位
     over thereスパラン放置動画(女性向け)
      商品説明 普段はあまたのプレイヤーを糞オルタで撃破する彼も
           オートプレイの手にかかれば形無し、スパランでエクセされちゃってます。
     全60分   価格:5000円


└──────────────────────────────────────────────┘


214 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/24(日) 15:25:48 ID:EwzWCMJo0
2/2

コンチェ「・・・・・」

落書き張「さてと、トイレも済ませたし新商品をアップすると
     ってコ、コンちゃん!!」
コンチェ「ふ〜ん、こういうやつがよく売れるんだ〜。知らなかったな〜」
落書き張「・・・・・」
コンチェ「まさかこんなものまで作ってたなんてしらなかったな〜」
落書き張「え・・えと・・・あの・・・・その・・・」 ダッl彡
コンチェ「逃がすかあ!!」
落書き張「まずいまずいまずいまずいまずい、死んでも逃げ切らないと・・ひぃ」
コンチェ「見つけたぁ!臓物をブチ撒けろ!!」

―赤OP発狂+スパラン発動―
ぐしゃぁぁぁぁ

落書き張「イタイ・・イタイ・・・イ・・タ・・・イ」


コンチェ「・・・私、今スパランを?
     ・・・いける。これならB-1優勝も夢じゃない!
     ありがとう、落書き張。あなたのおかげで私はさらに強くなれたわ。
     でも許さないからね。」



なんかもうほんといろいろとごめんなさい。

215 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/24(日) 16:06:07 ID:OwDz5sMSO
〜ささきっさのクリスマス〜落書き帳編1/2

ー今は、ささきっさクリスマスパーティの真っ最中ー
百「あら、もうジュースが無くなっちゃったわ…落書き帳、悪いんだけど買ってきてくれないかしら?」
落「別に良いけど、私の分のケーキ食べちゃダメだよ!?」
百「分かってるわよ。それじゃあよろしく頼むわ」
ケチャ
落「あ〜寒い…パーティ終わったら新しく買った『えんじぇる☆まじっく♪』をやらないと…」
DD7「あれ、落書き帳さん?」
落「セブン君?セブン君も買い出し?」
セブン「ええまぁ、落書き帳さんもですか?」
落「うん。ねぇ、少しお話しない?」
DD7「え…」
(・ω・)つそして
落「へぇ、そんなことがあったんだ。大変だったねぇ」
DD7「ええ、まさかいきなりFT2が暴走するなんて…デイドリ兄さんのおかげで何とか食い止めましたが…DD4姉さんが倒された時は正直驚きました」
落「まぁセブン君が無事で良かったよ」
DD7「本当に…生きているのが『奇跡』ですよ」
万華「イルミネーションが綺麗だねブラストちゃん」
マドブラ「シュッシュオーイ」
万華「でもブラストちゃんの方がもっと綺麗だよ」
マドブラ「シュッシュオーイ!」
落「よく見たら…」
DD7「カップルだらけですね」
落「まぁイブだしねぇ。それに私達だってカップルじゃない」
DD7「え!?い、いや、そんなことは…」
落「ふ〜ん、セブン君は私のことが好きじゃないんだ」
DD7「え!?い、いや、そういうわけじゃ…その…まだ早いっていうか…」
落「(ふふっ、やっぱりからかうと面白いなぁセブン君)私はセブン君のこと立派な彼氏だと思っているんだけどなぁ」
DD7「え…」
プルルルルルル
DD7「あ、兄さんから電話…」
デイドリ『おいDD7!酒買ってくるのにいつまでかかってやがる!ガキの使いやあらへんで!?』
DD7「あ、はい!すぐ戻ります!」
デイドリ『ったく…早く帰って来ないと片手シンバル…』
FT2M『お兄ちゃん遊んでー!』
デイドリ『グハァッ…と、とにかく早く帰って…』
FT2M『お兄ちゃんってばー!』
デイドリ『ギャボー!』
ピチュン



216 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/24(日) 16:10:55 ID:OwDz5sMSO
〜ささきっさのクリスマス〜落書き帳編2/2

落「な、なかなか元気な子だねFT2ちゃん…」
DD7「すいません落書き帳さん。それじゃあ失礼しまS」
落「待って!」
DD7「はい?」
落「(あ…)あ、えっと…その…ねぇ、セブン君は私のこと好き?」
DD7「も、もちろんです!」
落「じゃあキスしてよ」
DD7「ああキスですか…って、ええ!?キス!?そんな…まだ早…」
落「ふ〜ん、私はしてあげたのにセブン君はしてくれないんだ」
DD7「わ、わかりましたよ!でも本当に良いんですか落書き帳さん?」
落「うん…良いよ、セブン君なら…」
DD7「でも僕なんかで…」
落「もう!私が良いって言ってるんだから早くしてよ!私だって…その…恥ずかしいんだから…」
DD7「それじゃあ…し、失礼します!」
チュッ
落「ん…」
DD7「はぁ…は、恥ずかしくてハザード落ちしそうです…」
落「ふふっ、いきなり唇を奪うなんて積極的だねセブン君♪私はほっぺただったのに」
DD7「す、すいません!」
落「謝らないの。私はそのくらい積極的なセブン君の方が好きだよ」
DD7「落書き帳さん…それじゃあ、今度こそ失礼します。あ、その前に…」
落「な、何!?」
DD7「メリークリスマス」
落「うん、メリークリスマス」


落書き帳編とは書いてありますが他の曲の話は正直今日中には無理そうですorz
なるべく今日中に投下できるよう頑張りますが…

217 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/24(日) 16:54:04 ID:usNA3Q9tO
大量にネタが投下されてるw
皆様乙&GJ

ハイツJ-POP

リライト「ただいま、遅くなってゴメン」
天体「待ちわびたぞ、んじゃ早速始めるか」
セイリング「待ってました、今日明日とオールナイトパーティーで行くぜ」
リライト「あれ?ロビンソン君は?」
天体「ルッキンとデートだとさ('A`)」
リライト「あ、マイクロ君にオバゼ君も来てるね」
マイクロ&オバゼ「どうも〜」
全力「このチキン美味いな」
天体「全力…お前食い過ぎ」
リライト「マイクロ君もオバゼ君も遠慮しないでね」
オバゼ「ありがとう、頂きま〜す」
マイクロ「僕達も誘って貰って何だか悪いなぁ」
リライト「まぁ、気にしないで」
セイリング「そう言えばリライトとオバゼは同期なんだっけ?」
天体「…」
全力「どうしたんだ?天体?」
天体「何かマナーの悪い厨が外に居るみたいなんだが…」
リライト「冬厨かな…?(´・ω・`)」
グラスカ「ちょっと見て来ますね」
ベイサイド「あ、グラスカちゃん私も行く」
全力「ちょ、気をつけろよ」



ベイサイド「キャアア…ガシャン」
グラスカ「え?結構強い…イヤァァ ガシャン」
リライト「大変だ!ちょっと行って来る」

リライト「うわぁぁぁ… ガシャン」

ガチャ
冬厨「お?こんな所に曲が居るじゃん、こいつらもクリアしちゃえwww」
天体「クソッ、マナーの欠片も無いのか…」
―エクストリーム!!

オバゼ「天体さん、少し下がって下さい…」
―エクストリーム!!
赤OP光速滝+SRAN発動
冬厨「あぎゃあぁぁ…」ガシャン
全力「やり過ぎw」
マイクロ「そこまでしなくても…(´・ω・`)」

リライト「う…何かパーティーが台無しになっちゃったね」
マイクロ&オバゼ「仕方ないよ、まさかあんなのが来るとは思わなかったし…」
グラスカ「オバゼさん、ありがとうございます…」
ベイサイド「痛たた…あんなのは忘れて、仕切り直ししようよ!」
一同「おう!」

218 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/24(日) 17:02:45 ID:IKl0CrVB0
清純なDD7って良いなぁ。
GJ!

DD7と他の曲の絡みのネタを考えていたんだが
DD7×落書き帳が浸透してて少し焦った。

219 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/24(日) 17:04:34 ID:Uyg+cRo20
つ○このスレの空気
・絵とか設定は自由。freedom。俺たちは自由だ。

220 :漫才「クリスマス」:2006/12/24(日) 17:36:04 ID:9gpSsdGn0
フィールジ「FEEL THE EARTHです」
キャプテン「CAPTAIN'S VOYAGEです」
二人「二人あわせて地球一周です」
フィールジ「まぁ、地球と旅だからという安直なネーミングですが」
キャプテン「よろしくお願いいたします」
フィールジ「今世間はクリスマスだと騒がれているわけですが」
キャプテン「こちらでもメリークリスマスといった称号が出ていますね」
フィールジ「まぁ、選ばれる回数が増えるのでこちらとしてもメリークビシマルといった感じですが」
キャプテン「何を言っているんですか」
フィールジ「あ、あまり選ばれないから関係ありませんでしたね」
キャプテン「事実ですけども。でも忙しい中でもなにかパーティなどして楽しんでるようですよ」
フィールジ「あまりパーティなどはしたことがないんですよね」
キャプテン「あ、そうなんですか」

221 :漫才「クリスマス」:2006/12/24(日) 17:40:07 ID:9gpSsdGn0
sage忘れてたorz

フィールジ「たとえばどんなことをするんですか?」
キャプテン「クリスマスツリーを飾りますね」
フィールジ「普通の木に飾りつけをするんですか?」
キャプテン「まぁそういった感じです」
フィールジ「では願い事をかいた紙を飾りましょう」
キャプテン「それは5ヶ月前です。まだ稼動されてません」
フィールジ「もう削除されませんように」
キャプテン「切実すぎますよ」
フィールジ「ではどんな物を飾るんですか」
キャプテン「靴下とか人形とか」
フィールジ「ではリカちゃん人形を」
キャプテン「少しばかり大きすぎますかね」
フィールジ「毎日髪が伸びていきます」
キャプテン「怪奇現象じゃないですか」
フィールジ「なんかこの子の七つのお祝いにさんがそういうのを持ってました」
キャプテン「確かにそういうイメージありますけども」

222 :漫才「クリスマス」:2006/12/24(日) 17:45:10 ID:9gpSsdGn0
フィールジ「他にはどんな物を飾りますか」
キャプテン「てっぺんに星を飾りますね」
フィールジ「では曲から星を奪い取ってきましょう」
キャプテン「なんでそんなことする必要があるんですか」
フィールジ「hinin」
キャプテン「☆以外もとってるじゃないですか。んでsとgとったら否認って何を認めないんですか」
フィールジ「今のレベルに納得がいかないんじゃないでしょうか」
キャプテン「じゃぁそういうことにしましょう」
フィールジ「他にはどんなことをしますか」
キャプテン「ケーキを食べます」
フィールジ「食べるよりぶつけるほうがいいと思うんですがね」
キャプテン「パーティの度がすぎてます」
フィールジ「ハイパー パイ投げ 選手権!」
キャプテン「別のゲームです。それに選手権を行うほどケーキはありません」

223 :漫才「クリスマス」:2006/12/24(日) 17:51:03 ID:9gpSsdGn0
フィールジ「ではどんなケーキを食べるんですか」
キャプテン「ショートケーキです。まぁ飾りつけはするかもしれませんが」
フィールジ「じゃあ願い事をかいた紙を」
キャプテン「5ヶ月前です」
フィールジ「この耳鼻口目髪の毛一本誰にも取られませんように」
キャプテン「この子の七つのお祝いにじゃないですか」
フィールジ「ではどんなものを飾り付けるのですか」
キャプテン「メリークリスマスと書かれたチョコプレートを飾ります」
フィールジ「ボールペンで」
キャプテン「いいえ」
フィールジ「鉛筆で」
キャプテン「いいえ」
フィールジ「木刀で」
キャプテン「もはや書き方がわかりません。デコレーション専用のペンがあるんですよ」
フィールジ「じゃあデコレーション専用の木刀があってもいいなじゃないですか」
キャプテン「あなたの主観は知りませんよ」

224 :漫才「クリスマス」:2006/12/24(日) 18:01:40 ID:9gpSsdGn0
フィールジ「他にはどんなことをしますか?」
キャプテン「七面鳥を食べます」
フィールジ「食べるよりぶつけるほうが」
キャプテン「利益が無いです」
フィールジ「で、その七面鳥にも飾り付けをするんですか」
キャプテン「いや、あまりしないですね」
フィールジ「プロペラでもつけたら面白そうなんですけどね」
キャプテン「野生に返す気ですか。飛びませんし利益がありません」
フィールジ「では魔法の粉を」
キャプテン「ずいぶんとファンタジーになりましたね」
フィールジ「吸うと気持ちよくなるんですよ」
キャプテン「やめたほうがいいですよ、それ」
フィールジ「フェアリーテイルさんが持ってたんですが」
キャプテン「題名が題名だけに信じてもよさそうな気がします」

225 :漫才「クリスマス」:2006/12/24(日) 18:07:09 ID:9gpSsdGn0
フィールジ「パーティはこんなものですか」
キャプテン「まぁ、そうですかね。後は夜があければ枕元に」
フィールジ「髪の伸びた人形が」
キャプテン「怪奇現象ですよ」
フィールジ「願い事の書いた紙が貼られてあって」
キャプテン「なんでですか」
フィールジ「『呪』と一文字」
キャプテン「封印されてるんですか、もういいです」
二人「ありがとうございましたー」


M−1に間に合わせたかった。よかったよかった

226 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/24(日) 18:11:20 ID:pcNFA19g0
ワロタwww GJ!

227 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/24(日) 18:43:52 ID:X/Dx6w8s0
Jimmy一家のクリスマス 1/2


コクピ「そういや今日はクリスマスだったな・・・」
ヘリング「ついにこの日がやってきたか・・・('A`)」
ベロシティ「オッパイ・・・」
ミラージュ「アルケーちゃんもパーストちゃんもいないからツマンネ('A`)」
アクロス「みんな暗いっすねwwwwwwwwあ、クリスマスだからかwwwww」
アクロス「俺だけっすか忙しいのwwwwww人気曲でサーセンwwwwwwww」
コクピ「へー、すごいね」
ヘリング「帰っていいよ」
━高速刻み+タム回し━
アクロス「ちょwwwwwwサーセンwwwwwwwアッ、アッー!!11」
ピチュン
コクピ「はぁ、今頃アニュスの奴はタイピちゃんとあんなことやこんなことしてるんだろうな・・・('A`)」
ミラージュ「性夜をすごすってか?」
ヘリング「誰が上手いこといえと・・・」
ベロシティ「ホカノミンナ、ドウシタ?」

ワームズ「あれ?暖房つけてるのに寒いよ?」
アネモネ「気になるあの曲も厨曲とズゴバコ」
ジョーカー「やあ(´・ω・`) 」
ワンダフル「キャラバトルの時との温度差はなに?('A`)」
ケイコ「ケイコ・・・(´・ω・`) 」
ワザ「ああ・・・次はハイハット連打だ・・・」
ケンタ「アッー!」

ヘリング「全コナミが泣いた」
コクピ「なんか一部おかしいのがいるけどな」
ミラージュ「ってかこんなに兄弟いたんだ」
ベロシティ「クウキキョク・・・」


228 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/24(日) 18:45:51 ID:X/Dx6w8s0
Jimmy一家のクリスマス 2/2


万華鏡「あれ?なにやってるんすか兄貴達www」
マドブラ「シュッシュオーイ」
ヘリング「そういやこいつがいたな・・・('A`)」
コクピ「なんでこいつにできて俺にできないんだよ・・・('A`)」
ミラージュ「ニア ころしてでも うばいとる」
ベロシティ「オッパイ・・・」
万華鏡「もしかして彼女いないんですか?wwwwどどんまいwwww」
マドブラ「シュッシュオーイ」
ヘリング「殺意の波動に目覚めそうだぜ('A`)」
ミラージュ「こんな奴にすら彼女がいるのに・・・くやしいっ・・・」
万華鏡「つーかお前達って童貞だよなwwww兄弟しっかりしてくれよwwww」
マドブラ「シュッシュオーイ」 (えーマジ童貞!?キモーイ)
万華鏡「童貞が許されるのは削除曲だけだよねーフヒヒ」
万華鏡「さ、行こうかブラスコちゃん」

ヘリング「ぶるぁぁぁぁああああ!111」
ベロシティ「オッパァァァアアアイ!1」
ミラージュ「初めてですよ・・・ここまでコケにしたおバカさんたちは・・・」
コクピ「ゆ、ゆるさん・・・絶対にゆるさんぞ虫ケラども!!11」
万華鏡「な、なに怒ってるんですか?は!もしかして僕とブラスコちゃんの仲に嫉妬してるんですか!?」
ヘリング「死ね。氏ねじゃなくて死ね」
━高速刻み+タム回し+高速シンバル連打+その他━
万華鏡「ちょwwwケツになに入れてるんですwwwアッ、らめぇ・・・アッ、アッー!!!11」
マドブラ「シュッシュオーイ・・・」
ピチュン

ミラージュ「プログレ兄弟に生まれたかったな・・・('A`)」
ヘリング「100秒姉さんは振り向いてくれないし・・・('A`)」
コクピ「タイピちゃんはアニュスの奴に夢中だし・・・('A`)」
ベロシティ「オッパイ・・・('A`)」

一同「クリスマスなんて消えればいいのに('A`)」



反省はしてない

229 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/24(日) 19:36:22 ID:4aVRUfXFO
>>227-228

久しぶりに吹いたwww

230 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/24(日) 19:52:58 ID:KlFn/BHJO
職人の方々御苦労様です
クリスマスネタ多いなぁ…(゚д゚)w
僕はクリスマスネタが思い付かない…orz

鈴木一家
何だかんだで料理対決をする事になった正論達
そっと「全く…世の中はクリスマスなのに、何でこんなとこで料理作ってるんだろ…」
正論「そんなに嘆くなよそっと…」
〜嘆きの樹「何処かで嘆きが…」〜
蒼白「2人共こそこそしてないで、早く始めるよ!」
正「分かったよ。じゃぁ、よーい始め!」
スイマーズ「頑張って勝つぞぉ〜」
One Phrase Blues「僕勝てるかな…」
蒼「そこ!ごちゃごちゃ言わないと作んなさい!」
正(何でそんなに張り切ってるんだろ?)
そ(また蒼白の負けず嫌いか…)
そして2時間後…(・ω・)/
正「サンドラさん。出来ましたよ」
サンデードライバー「やっと出来たか…腹減って死にそ…」
正「とりあえずみんなの料理が出来ました。この5品の中で一番美味しいのを決めてください」
サンドラ「分かったよ。兄ちゃん。
でもな…一つこの世の食いもんなのか分からんものがあるんだが…」
正「気にしないでください」
サンドラ「食えるのか?」
正「きっと大丈夫です」
サンドラ「不安だな…まぁ食べてみるよ」
正「お願いします」
とりあえず例のものを残し4品完食
サンドラ「4品ともどれも美味しかったよ」
正「それはありがとうございます」
サンドラ「今日は、いいものを食べさせて頂いたよ。じゃぁわしは帰るよ」
蒼「ちょいまち!私の料理だけ食べて無いじゃないの!?」
サンドラ「だって色がおかしいし、臭いが生g」
蒼「五月蝿い!てめぇはつべこべ言わずに食えよ!!」
サンドラ「は…はい…」
正(蒼白…怖っ…)
パクッ
サンドラ「ん…意外と…」
蒼「でしょー」
サンドラ「良くは無かったようだ…orz」
正「サンドラさん!大丈夫ですか?!」
サンドラ「…」
返事は無い だだの屍のようだ…
そ「全く破壊神な妹を持つと大変だなぁ…」

続く

231 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/24(日) 19:58:03 ID:0qGAhiiS0
ケンタ「クリスマスはもういいや。正月の準備しよう」
ヘリング「正月…おせち…(ピッピッピッ)もしもし、最高級数の子を10箱…」
ワザ「俺もう数の子だけのおせち食べたくない…」

232 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/24(日) 21:41:46 ID:Pf4NCpXC0
>>230
クリスマスネタじゃなくてもおもしろいです。続きに期待。

オレンジラウンジ(ふなきっさ開店期間中)

1/2
Rebirth「前回の続きです。一応ね。」

チョコフィロ「ふぇ〜、疲れたよぉ・・・」
ジャイアン「やっぱりクリスマスだし、日曜だから人が多いんだろうな」
カゴノトリ「みんな・・・ごめんね。まかせっきりで。私ももう、よくなったから・・・」
rebirth「・・・・無理をするな。私達だけでも大丈夫じゃ」
カゴノトリ「・・・・せっかくのクリスマスだから、みんなで過ごしたかったのにな」
Rebirth「え?」
カゴノトリ「今双子も姉さんもいないから言えるけど、去年のクリスマスは寂しかったんだよ」

〜回想〜
ランジュ「カゴノトリお姉ちゃんメリクリ!」
マーマレード「ねーねー、プレゼントないの?」
カゴノトリ「クスクス・・・・プレゼントならちゃんと用意してるよ?
    ほら、欲しがってたブーツ。二人とも似たようなの欲しがってたから買うのが楽だったよ」
ランジュ「やったー!お姉ちゃんありがとー!・・・・どうしたの?マーマレード」
マーマレード「・・・・ブーツも欲しかったんだけど、私、新しい曲が欲しい!」
カゴノトリ「・・・・え?」
マーマレード「パパがポップン国に行っちゃうし、私からずっとオレンジラウンジの曲がないから、
     無理だってのはわかってるけど、オレンジラウンジの新しい曲が欲しい!」
カゴノトリ「・・・・マーマレード」
ランジュ「マーマレード、何言ってるの?そんなのカゴノトリお姉ちゃんにできるわけないじゃん!」
マーマレード「わかってるよ!でも、もう3人だけじゃ寂しいの!!」
ランジュ「マーマレード・・・・私だって、二人もお姉ちゃんなくして寂しいよ!でも、もう・・・・ひっく・・・」
カゴノトリ「ラ、ランジュ、泣かないで!」
マーマレード「うえぇ・・・お姉ちゃぁん・・・・・ひっく・・・・」
???「新曲じゃないのはだめ?」
3人「え?」
フリフリ「こんばんは。いや・・・初めましてかな?
   私はオレンジラウンジ曲の次女、FuriFuri60'っていうんだ」
カゴノトリ「あなたが・・・・あの、削除されたという・・・?」
ランジュ「でも、削除されたのに何で?」
フリフリ「実は今作の復活曲に選ばれたわけよ。
   あ、本当は3月場所で出るんだけど、コンマイに頼んで、クリスマスだけ帰れるようにしてもらったの」
カゴノトリ「なんでわざわざクリスマスに?」
フリフリ「やっぱり、家族で過ごしたかったしね。私、クリスマスなんて姉貴としか迎えたことなかったし、
   4人で過ごせたらどんなに楽しいかなって来年が待ちきれなくって。あはは、迷惑な姉だよねー・・・」
ぎゅっ
マーマレード「迷惑なんかじゃないもん!すっごい嬉しい!フリフリお姉ちゃんは最高のクリスマスプレゼントだよ!」
カゴノトリ「マーマレード・・・抱きつくほど嬉しかったの?ほら、フリフリ姉さんも入って、一緒にパーティしよ」
フリフリ「言われなくっても、入るつもりだったよーだ」

233 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/24(日) 21:42:26 ID:Pf4NCpXC0
2/2

Rebirth「へぇ、去年にそんなことがあったんだ・・・・」
カゴノトリ「うん。だから、今年もTOMOSUKE曲とクリスマスを迎えられて、
    楽しくできるって思ったんだけどね・・・・みんな風邪だし」
フリフリ「なーに言ってるの!カゴノトリ、みんな起こしてクリスマスパーティやるに決まってるでしょ!」
カゴノトリ「ね、姉さん!そんな、みんな風邪なんだし・・・・」
Infinite「僕なら、ちょっと寝たら大丈夫になったよ」
リーチン「私もね。みんなまかせっきりでごめんなさい」
アルケー「ただいま〜」
空言「・・・・ただいま・・・・」
Rebirth「あ、おかえり・・・って空言、いつの間に外に?」
空言「・・・・螺子と会ってた・・・・・そこに・・・・フリフリが・・・・」
アルケー「フリフリ姉さまがクリスマスパーティをやると電話してきたので、パーティの用意を買ってきたんですよ」
カゴノトリ「ね、姉さん・・・・そんな用意周到な。でも、料理は?」
ランジュ「そんなの!もう作ってるに決まってんじゃん?」
マーマレード「うちら2日前から準備してたもんね〜」
フリフリ「よーし!それじゃみんなでクリスマスパーティだ!」

カゴノトリ(姉さんが帰ってきてから、すべてこうなったんだろうな・・・・。
    FuriFuri60'姉さん、いつも素敵なプレゼントをありがとう・・・!)

一同『Joyeux Noël!』

234 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/24(日) 21:45:58 ID:06S5TwiX0
>>230
蒼白が料理駄目だったとはw
>>231
数の子おせち…駄目だ想像しただけで吐き気が…orz
偏食なんで普通のでも苦手です、サーセン。


桃色カプセル

こた「やっぱり昨日やっておいてよかったね。どこの家もクリスマス一色だし」
ヘリコ「どこのカップルもラブラブな奴等ばっかりだし」
ひと(如何しよう…ヘリ姉様から異様な怨念を感じる……)
こた「ところで、お父さんたちって何してるんかな?」
ひと「確かに…顔も見せて下さらないし…」
ヘリコ「久美子母さんと斎永(Yuei)父さん、あとあさき父さん?
  何してるかまではわかんないけど…この間、あさき父さんが
  『クリスマス楽しみにしてて』って言ってたよ」
ひと「クリスマス…明日じゃないですか。早く言ってくださいよ」
こた「そうだよ、どうすんの今来たりしたら」

あさき(やっぱりこの格好変じゃないかな…)
久美子(大丈夫じゃないですか?似合ってますよ♪サンタの格好)


ギューン(チャイムの音)

ヘリコ「誰か来たよ、はーい!今出ます!」
ガチャ
あさき「メリークリスマス。はいこれ。」
ヘリコ「おとうs…」
久美子「サンタとトナカイから3人にプレゼントよw」
久美子(私たちだって黙ってて、あの二人がいろいろと騒ぐから)
ヘリコ(うん…あれ、Yuei父さんは…?)
あさき(自分の曲の方に行ってる。僕はもう済ませてきたからこっちに来たというわけさ)
こた「誰ー?」
ヘリコ「ん?あ、ちょっとね。」
ひと「?」
あさき「じゃあ、僕たちはそろそろ次のところに行こうか」
久美子「そうですね、じゃあ、メリークリスマス♪」
|ミ サッ
ヘリコ「…みかちゃん、ひとり。喜んでねw今サンタが来てね…」

……

コンポザは出すまいと思ってたがやってしまった。反省はしている

235 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/24(日) 22:04:44 ID:KlFn/BHJO
M-1笑い飯落ちた…orz

鈴木一家

蒼白「兄さん。サンドラさんを運んどいてね」
正論「何で僕が?」
蒼「私寒いの嫌だし」
正「僕もさm」
蒼「つべこべ言わずにさっさと連れてけよ!」
正「はい…」
そ(全く…負けたからって、八つ当たりしなくてもいいのにね)
スイマーズ「私が一緒にいきましょうか?」
正「いいよ。慣れてるから」
One Phrase Blues「本当に大丈夫ですか?」
正「ワンフレくん。大丈夫だから、2人で明日から開店する為の準備しててね」
ス「じゃぁ…そうしますね。頑張ってカレー作る事にします」
ワンフレ「仕込みはばっちりしときますね」
正「じゃぁ頼んだよ。いってきます」
ス・ワンフレ「いってらっしゃい」
〜サンドラを送った帰り道(・ω・)〜
正「サンドラさん、一言も喋らなかったし、動きもしなかったけど大丈夫かな?」
とか心配してると…
?「あの…」
正「ん?」
振り向く正論
正「あれ?誰も居ない…気のせいかな?」
?「あのぉ…」
正「はい?」
また振り向く
「ん?また誰も居ないや…」
正(何だかんだ薄気味悪いや…)
?「あのぉ…下です…」
正「へっ?! 下…ってあなた誰ですか?!」
?「私は三毛猫ロックっていいます…一晩でもいいから助けてください…」
正「別に構いませんよ」
三毛猫「あっ…ありがとうございます」
正「お礼なんかいいですよ」
三毛猫「このお礼は何で…あっ…ちょっとしゃがんでもらえますか?」
正「何ですか?」
スッ…チュッ…
正「へ?!はぁ!?な…な、な、何ですか!??いきなり?!!//」
三毛猫「お礼です…//」
正「いやはや…そんな…//」
三毛猫「じゃぁ早く行きましょ//」
正「じゃぁ行こうか…//」

続く…w

クリスマス的なネタを書いてみたが全然無理…orz

236 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/24(日) 22:19:31 ID:x5Oi8YfD0
大量投下されててビックリ&GJ
>>162
お待たせいたしました
ラストまで一気に行きます

12/24 17:00 うへころ荘

洟「すれ違いと勘違いで切り裂かれるエンクルとデザロ。
  この性夜、もとい聖夜に一体どんな結末が二人を待つのか?」
too「ぶつくさ言ってねーでパーティの準備手伝いやがれ」
洟「へいへい。ところでさ、プレイヤーの皆さんの時間軸とうへころ荘の時間軸がずれてるのは何故?」
too「中の人の都合だ」
洟「…中の人?チミは何言うとりますか」
too「そんなこたどうでもいい。一人役立たずが居るんだから手伝え。ファンキーが怒るぞ」
洟「そいつは危険だ。よし、何すればいい?」

エンクル('A`)←役立たず一人

エンクル「パーティ…か」
エンクル「俺何やってんだ」

237 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/24(日) 22:20:16 ID:x5Oi8YfD0
12/24 18:00 うへころ荘
FsW「ヤロー共!宴だー!」
ヴォイ「ヴォオオオイ!!」
大「乾杯!」
too「かんぱーい」
洟「かんぱい」
TS「カンパーイ」
真「うひょー!」
エンクル「…('A`)」

FsW「よーし飲め飲め!…ところでVOIDDD。DD7と落書き帳に何かしてたな」
ヴォイ「な、なななな何のことかな?」
FsW「しらばっくれてんじゃねー!全く、アパートの管理してる奴が何やってんだ」
ヴォイ「あ、あああれは、そう!陰謀だ!何者かが俺を」
FsW「言い訳は聞かーん」
ヴォイ「ひぎぃっ」
ピチュン

真「キョキョキョキョキョーーーーーーッ!!」
大「誰でござるか!?真超に酒飲ませたの」
洟「ハーイ、僕でーす」
大「(ブチィ)天誅!!」
洟「あべし」

too「弐寺国のクリスマスパーティには行かないのか?」
TS「これが終わったら行く予定だよ。tooさんは行かない?」
too「俺はどうせファンキーにつぶされるだろうから大さんでも連れてけ」
TS「うん、そうします。それよりtooさんは、SA-DA-MEさんたちt」
too「それ以上は言うな」

238 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/24(日) 22:21:25 ID:x5Oi8YfD0
エンクル「…はあ('A`)」
FsW「…あーやだやだ!空気読めない奴は最低だな」
大「ファンキー殿?今はそっとしておいた方が…」
FsW「いいんだよこんなヘタレ。振られた方がこいつのためだ」
エンクル「…うるせーよ。姉貴には関係ねーだろ」
ドン!
エンクル「ぐはっ!…いっつ…何しやがる!」
FsW「あーもー我慢の限界だ!せっかくへこんでるお前を慰めるべく振る舞って来たっつーのにこれかよ!」
ドン!!
エンクル「がふっ!…余計なお世話だ」
ドン!!!
FsW「ヘタレなお前を見てこっちがどれだけストレスたまったと思ってやがる」
ドン!!!!
エンクル「く…俺だって…チャンスさえ作れれば…チクショー!!」
FsW「!?」
ドン!!
FsW「くっ」
エンクル「…はあ、はあ…」
大「エンクル殿が反撃した…」
FsW「…」
エンクル「…」
FsW「…たく、これ以上は助けてやらねーからな」
エンクル「…へ?」
FsW「デザロを7時にギタドタワー前に待たせてある。さっさと行きな」
エンクル「!!…でも、俺は…」
FsW「チャンスがあればいいんだろ?行って決着着けてきな」
エンクル「…わかった」
ダッ

239 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/24(日) 22:22:19 ID:x5Oi8YfD0
第3話
大「お疲れさま」
FsW「猿芝居も楽じゃねーな」
too「ブラコンのファンキーが弟に冷たく当たるなんてな。本当はすぐにでも教えたk」
FsW「何か言ったか?」
too「その笑顔が恐アッー!」
ピチュン

12/24 19:05 ギタドタワー前
デザロ「…寒い…ファンキーさんが言ってたのって誰だろ…」
エンクル「はあ、はあ…いた!デザロ!」
デザロ「!!ウソ…なんで…?」
エンクル「なんでって…はあ…お前に…はあ…話が…」
デザロ「だって、エンクルには花の唄さんが…」
エンクル「?何の話だ?それよりも聞いてくr」
デザロ「イヤ!!聞かない!…聞きたくないよ…」
エンクル「…お前が耳を塞ごうとしても遠くへ逃げようとしても聞こえるように叫んでやる」

エンクル「俺はお前のことが好きだ!!」

240 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/24(日) 22:23:07 ID:x5Oi8YfD0
ギタドタワー前
ざわざわ…
ラブメリ「え?なになに?」
幸男「しー!今いいところなんだから」
ざわざわ…
デザロ「…え?」
エンクル「…なんか誤解されてるし、レベルも低いからお前がジミー曲に手ぇ出されても負けるかもしれん」
デザロ「…」
エンクル「それでも、俺はお前と一緒にいたいんだ。この一週間近くで痛い程分かった」
デザロ「…」
エンクル「デザロ?」
デザロ「…わたし、好きな人がいるの」
エンクル「…え?」
デザロ「その人とはナンパされて初めてまともに会話して。
    2回もナンパされてね。糞譜面のお姉さんがいて。
    不真面目そうに見えて実は真面目で。勢いで恥ずかしいこともやっちゃって。
    誤解されやすくて。自分がジミー曲に負けるかも、なんて言ってる人…」
エンクル「…」
デザロ「…すう…はあ…」

デザロ「お前のことだーーーーっ!!」

241 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/24(日) 22:24:44 ID:x5Oi8YfD0
エンクル「…デザロ!」
デザロ「いっつもやきもきさせて。遅いのよ、エンクル」
ギュッ
ざわざわ…
ラブラブ「いつ見てもあの二人はすごいお」
さくらんぼ「そーねえ。お幸せにぃ」
ざわざわ…
デザロ「//…ど、どこか行かない?」
エンクル「そうだな。あ、そうだ!これ、お前にプレゼント」
デザロ「うわあ…可愛い手袋」
エンクル「どんなのがいいか分かんなくてさ。花の唄さんに見立ててもらったんだ」
デザロ「あ。(…あのときってそうだったんだ…)ごめんエンクル、誤解してた」
エンクル「いいんだよ。される方が悪いんだし」
つ手袋左
エンクル「?これは?」
デザロ「わたしの左の手袋は、エンクルの右手だよ」
エンクル「…バーカ//」
キュッ

〜あとしまつ〜
12/25 0:20 うへころ荘
エンクル「…ただいま〜。もう皆寝たかな?」
FsW「…帰ってくるんなら遅いし、朝帰りなら早すぎるぜ」
エンクル「姉貴…起きてたのか」
FsW「みんなもう寝ちまったぞ。風呂わかしてあるから、さっさと入れ」
エンクル「…ありがとな、姉貴」
FsW「…お前が礼なんて気持ちわりいっつーの。さっさと風呂入れ」
エンクル「へいへい」
FsW「…おめでと、エンクル」
(了)

長っ!

242 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/24(日) 22:43:16 ID:Pf4NCpXC0
>>236-241
待ってたよー。GJ!

カップルネタが多くて自分もしっと団に入りそうな勢いだ。

243 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/24(日) 23:48:22 ID:KlFn/BHJO
>>232さん
こんな奴の駄文を期待して頂きありがとですm(_ _)m

>>234さん
蒼白は下手ですw
それに怖いですww

今日3本目(正直ネタが尽きて来た感じが…(汗
鈴木一家
とりあえず三毛猫ロックと一緒に帰ってきた正論
正「ただいまー」
三毛猫「お邪魔します…」
スイマーズ「正論さん。おかえ…えっ?! み…三毛猫?!」
三毛猫「あっ…スイ姉ちゃん…」
ス「どうして貴女がいるのよ!?」
三毛猫「いやぁ…拾って貰って…」
正「ちょっと! 2人共知り合い?」
ス「知り合いも何も 私の妹ですよ!」
正「そうだったの?!」
ス「そうですよ。ってか何で三毛猫がいるのよ! それに何で正論さんにくっ付いてんのよ!?」
三毛猫「何でって…s」
ス「ふざけんじゃないのよ!」
三毛猫「スイ姉ちゃん?!」
ス「貴女は何様の積もりよ! いきなり横から現れて! 貴女なんか知らない!」
正「ちょっと! スイマーズさん! 待って!」
ス「ほっといてください!」
奥の部屋へ逃げ込むスイマーズ
正「一体どうしたんだろ…」
三毛猫「私が悪いんですよ…スイ姉ちゃんの気持ちも知らずに…」
正「そうなの?」
そっと「兄さん。鈍いよ…もっとスイちゃんの事考えてあげなよ」
正「そっと…」
そ「これだから奥手の餓鬼はいけないんだね。女の子の気持ちぐらい考えてあげなよ。結果的にどっちを取るかは自由だけど、傷つけて手に入れるもの何かけしていいものでは無いって事だよ。後は自分で考えてね」
正「そっか…ありがとうそっと。ちょっと話にけりをつけるよ。三毛猫ちゃんもちょっと来て」
三毛猫「は、はい」
スタスタ
そ「いったか…手の掛かる兄さんだ事…」
蒼白「あれ〜そっと起きてたのぉ〜?」
そ「蒼白。眠いなら早く寝たら?」
蒼「う〜ん。そぉ〜するよぉ〜。おやすみぃ〜zzZ」
そ(兄さんも夜だから、蒼白に邪魔されなくて良かったわね。でも明日になったら知らないけどね)
そ「はてさてどうなるやら…」




One Phrase Blues「僕の出番は…(´;ω;`)」

続くw

クリスマスの勢いで書いてみたが…
こういう展開は期待してるのかな?
明日で恋愛もんは完結…の筈ww

244 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/25(月) 00:29:36 ID:fwOXCkIQO
クリスマスネタが大量に投下されとる…!
職人の皆さんGJ乙です。


そういやB-1ってミラクルも出るんですかね?一応レベルは足りてるし…

245 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/25(月) 01:24:11 ID:KqNR5bDH0
Jimmy棟のJimmy一家
ミラージュ「大晦日どうする?B-1見に行くか?」
ベロシティ「それいいな。俺たち招待状届いてないもんな。ハードルが高いな…」
ワザ「俺、昔の難易度なら招待状届いてたかな…」
ヘリング「届いてねーよwwwwそれに出たって恥さらしだぞwww」
コクピ「超逆詐欺乙www俺より高い表記つけられてたとか信じられねえwww」
ワームズ「ケンタも衰えてるからな…ヘリングはギターで引っかかったし」
ケンタ「俺気になったんだけどよ…昔参加資格満たしてた時でも参加できたのかな…」
ヘリング「無理じゃね?wwwwそもそもギターないしwww」
コクピ「ジジィの戯言乙wwwww」
ケンタ「お前ら後でシンバル連打決定な…万華鏡どこ行った?」
ワザ「ああ、「マドブラたんと愛の逃避行www」とか叫んでどっか行った」
ベロシティ「とりあえずヤツにはあとできついお仕置きが必要だな」
ミラージュ「異議なし」

こうして一家の夜は暮れていく…

(WazaはDM5thの時だけ赤93でした しりとり赤も91…)
(初投稿だったりする もうちょっと鍛えて出直すか…)

246 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/25(月) 02:16:24 ID:Dk1Hld5MO
>>244
B-1トーナメント予選締切の後に判明したから出られないでしょうね。
詳しくは蠍嘆スレで。

247 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/25(月) 02:55:45 ID:iTqIpbDzO
職人の皆様乙です!
クリスマスネタに乗じてコソーリ絵投下。
タイピです。

http://p.pita.st/?m=9lia6yqs

248 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/25(月) 03:32:08 ID:AshIX6YhO
>>247
俺の携帯から見えない… orz
後で見てみますね


ハイツJ-POP
天体「見えない物を見ようとして〜♪」
リライト「皆のってるね♪」
マイクロ「明日迄体力もつかな(^^;)」
オバゼ「イヤッホゥイブチアゲてくぜ」
―赤OP滝発動
天体「悪乗りし過ぎwアッー」ピチュン
全力「無礼講イヤッホゥイ!!」
グラスカ「皆酷いわよw」リライト「グラスカさん飲み過ぎですよw」
―ガチャ
カルマ「ただいm…って何かスゲェ事になってるなw」
リライト「あ、カルマ君お帰り」
ベイサイド「合コンどうだったの!?」
カルマ「いや、俺只の数合わせだったし…」
セイリング「しかし、お前が肩に抱えてる女の子は何だよ…('A`)」
カルマ「あぁ…Venusの馬鹿が飲ませまくってこの子潰しちゃったんよ」
セイリング「何でお前がその子を連れて帰ってんだよ…」
カルマ「可哀想だから俺が介抱しようと思ってな、コイツに変な事したらブチ殺すぞ…」
セイリング「サーセンwwww」
グラスカ「あら…この子ZENITHちゃんじゃない」
カルマ「そうなんだよ…悪いけどちょっとベッド迄運んで貰えるか?」
グラスカ「分かった」
ゼニス「ん…あれ?ココは…?」
カルマ「俺の家だ、悪いけどお前の家が分からんから俺の家に連れて来た」
ゼニス「…もしかしてカルマ君がココまで担いで来たの?」
カルマ「あぁ、悪い事したな」
ゼニス「申し訳ありません…//」
カルマ「Venusの馬鹿が悪いから気にするな、取りあえず楽になるまで横になっとけ」
ゼニス「ハイ… バタッ」
グラスカ「あらあら…よっぽど飲まされたのね」
カルマ「アイツは後でハザード落ちさせなきゃな…」
グラスカ「でもアイツは貴方より強いわよ」
カルマ「orz」
マイクロ「Venus君は女癖悪いし、こう言う事ばっかりしてるような…?(´・ω・`)」
カルマ「女に関して以外は普通なんだがなぁ…しかもコイツ以外の面子が酒に強くてなターゲットを絞ってたみたいだわ」
マイクロ「で?Venus君はどうなったの?」
カルマ「あの馬鹿トンズラこきやがった orz」
オバゼ「あ、カルマさん心配しなくても良いッスよ、DD4さんとかと協力して二度とこう言う事しないように粛正しますからwww」
カルマ「Venusご愁傷様…」

249 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/25(月) 08:51:00 ID:0yMbsZ3MO
>>212です。
続き投下します。
 〜その弐〜

蛹「えー?Agnusぅ??だってAgnusはタイピとデキてるぢゃん!
X'masはきっと家にいないよ〜」

この子「父上が唯一
いらっしゃる時だ、それにX'masに皆揃っていなければ、父上の事だ…TOMOSUKE殿と変態ピアノ兄弟演奏を始めるぞ…」

月光蝶「そういえば、お父さんってなんで元旦とかは来ないんだろうね?」

この子「多分お年玉渡したくないだけだろう」

幸せ「人数多いものね…納得」

(・ω・)つその夜

あさき「ぁはぁは☆
メリークリスマス〜♪」

この子「クリスマスツリーの格好できたか…」

蛍「かっこいい…」

あさき「可愛い僕の子供達!僕からのプレゼントだょ〜☆
受け取りたまへ☆
(・ω・)つ〜◆」



250 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/25(月) 09:46:50 ID:0yMbsZ3MO
【あさき家のX'mas】
 〜その参〜

蛹「あ!コンチェお姉様の4/1フィギュア!!
欲しかったんだ〜コレッw」

ツミ子「ロマンスの生ブロマイド…」

月光蝶「蝶の標本…」
幸せ「指輪…?
お父様ったら…///」

この子「なんで五寸釘と藁人形…orz」

赤い鈴「壱ノ妙人形?」
螺子ノ人「ウ゛ァァァ!!」
この子「ん?オートバス禁止札?」

鬼姫&ツミ子「私にそれ下さい(寄越すがいい)」
蛹「必死だなwwww」

蛍「わぁ…FIRE BALL人形だぁ。可愛いなぁ☆


FIRE BALL「あべしっ!誰かワシの噂しとるな…ずずっ」


鬼姫「妾は新しい衣のようじゃ。色合いも悪くは無い。
お父上殿も女心がよく知っておられるわ」

明鏡止水「…木刀?ですか」

この子「…なんか男女差酷くないか?」

あさき「気のせいだょ、この子。
あ、そろそろAgnusへのプレゼントも来る頃だよぉ(*´ω`*)」

Agnus「え?私にですか??」

???「離すですー!!変な所触るなです!!」
Agnus「タ、タイピちゃん?!」

タイピ「しかもこんな服を着せて、変態!
TOMOすけべですっ!!」
TOMO「TOMOすけべは酷いなぁ、タイピちゃん」

あさき「あ、TOMO君お疲れ(・ω)ノシ」

251 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/25(月) 10:35:22 ID:0yMbsZ3MO
【あさき家のX'mas】
 〜その四〜

明鏡止水「親父様!
そんな人さらいの
様な真似を…」

TOMO「久方振りだね、
止水。こんな形で再び
会うなんて想定外だけどね(笑)」

あさき「Agnusには弐寺界・ギタドラ界共に頑張ってくれてるからねぇ、
ちょっとしたご褒美さw
大人になってきたまえ、Agnus播(・ω<)」

Agnus「ちょwww」

タイピ「勝手に話進めるなですっ!
それに今時レースのカーテンでドレスみたいに体を包むってどんな頭してるですか!」

蛍「タイピお姉ちゃん
…綺麗」

Agnus「幾ら父さんでも、許しませんよ…」
ゴゴゴゴ…

あさき「ん?Agnusじゃない気配も察知…」
jet coaster☆girl「お父さん…人様に迷惑掛けて…」

コンチェ「ウチの妹を連れ去って…」

jet&コンチェ「この変態共がぁっ!!」

ガコォォン!!

あさき&TOMO「ぶべらっ!!」

この子「X'mas台無しだな…」

あさき「ふっふっふ…コンポーザーは無敵なのだよ」



252 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/25(月) 10:45:15 ID:0yMbsZ3MO
蛹「流石お父さん!」
Ru-Ru-Ru「パーパ…」
あさき「はっ、ルル…」

Ru-Ru-Ru「パーパ、兄や様達いじめちゃダメっ!」

ハイハット連打+DARK+リバース
あさき「えりんぎぃぃぃ!!」

Agnus「ごめんね、タイピちゃん。私があさき家出身だから…」

タイピ「そんなの最初から覚悟してたです。
私はAgnusが居れば周りは眼中にないです」
Agnus「タイピちゃん…」

この子「なんか…居づらい雰囲気だな…」

幸せ「貴女も彼氏が出来れば慣れるわよ」

Ru-Ru-Ru「あ…雪…」
Agnus「white X'mas…か」
タイピ「最後の最後だけ役に立ったコンポーザーです」


・今日の反省会
泉「あさき君、あんまりはっちゃけ過ぎると又アンチあさき派増やす事になりかねないから、気を付けてよ」

あさき「むぅ、久しぶりのギタドラ界だったからはしゃいでしまったのだよ、むっちゃ〜ん」

肥塚「TOMO君、君まであさき君の様な行動はよしなさい」

TOMO「すみませんm(__)m
調子にノリ過ぎました」

泉「罰として、二人で一週間以内に曲を3曲作りなさい」

あさき&TOMO「勘弁して下さい…orz」


すみません、なんか酷い内容になってしまった。…orz

253 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/25(月) 11:03:47 ID:0yMbsZ3MO
つ お口直しに

サンデードライバー「X'masイウ゛は外食にしよっかな」

正論「車だと危ないわよ。サンデードライバーじゃ、何処かにぶつけかねないわ」

スタァの恋人「イウ゛だと目立ち過ぎちゃうから嫌になるわ」

ファミレスボンバー「年末年始は芸能人忙しいんでは?(ファミレスも年末年始忙しい…orz)」


254 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/25(月) 16:21:20 ID:dOs4u//I0
クリスマスとは全く関係ない話題投下

〜エキストラ部屋〜

パプスト「とうとう僕も通常曲か」
アルケー「パプストさんお疲れ様です」
ミラージュ(エキストラ部屋はアルケーちゃんと二人っきりか…ニヤニヤ)
FT2「何ミラージュ君にやけてるの?」
ミラージュ「え?な、なんでもないよ…。ところで引継ぎの人は?」
????「あ、僕ですけど…」
一同「えええ〜〜〜〜っ!?」
MODEL FT2(Mirecle Version)「どうかしましたか?」
FT2「だ、だってあなた私とそっくり、ってかそのまんまじゃない!」
パプスト「もしかして双子?」
ミラクル「ええ。そうですよ」
FT2「私に双子がいるなんてお父様から聞いてないわよ!」
ミラクル「ああ、それは父上が僕を今まで隠してたからですよ。ネタバレになるといけないから」
パプスト(FT2もネタバレしてたんだがなあ…)
オバゼア「あれ、君がプレアンかい?」
ミラージュ「オバゼアさん!?確かあなたはもうこの部屋には…」
オバゼア「コンマイ神の許可はもらったよ。1度プレアンを見たいと思ってたから」
アルケー「びっくりしましたぁ〜。無断で入ったのかと思いましたよ」
オバゼア「というわけでミラクル君、プレアンは思いのほか大変だけど頑張れ。この部屋の仲間とも仲良くな」
ミラクル「はいっ!」
ミラーユ「そうそうみんな仲良くね」
ワシッ
FT2「きゃっ!」
ミラクル「僕の双子に手を出すな!!」
―DM譜面発動―
ミラージュ「ちょ、何sぎゃぁぁぁぁぁぁ!!」
ピチュン
一同「「( Д)      ゚ ゚」
FT2「ほ、本当にこれが私の双子なのかしら…?」
オバゼア「ま、まあ、双子でも差はあるよ…(まずい…俺のプレアン最強説が…)」
アルケー「これに懲りてミラージュ君もこんな事やめてくれるといいですねぇ」
パプスト「まあ懲りないだろうけど…」


マイクロ「この文章gdgd感作者に代わりお詫び申し上げます…って出番ここだけorz」

255 :254:2006/12/25(月) 16:27:35 ID:dOs4u//I0
誤 ミラーユ「そうそうみんな仲良くね」
正 ミラージュ「そうそうみんな仲良くね」
orz

256 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/25(月) 18:14:02 ID:uixe7Y120
218の野郎です。
とりあえず投下します。


  ――聖夜のLIVE――

FT2「今日はクリスマスだね♪」
FT2M「そうだねー♪」
DD3「二人とも、楽しそうだな」
DD6「喜んでいられるのも子供の時だけだよ?どうせサンタもいないんだし、プレゼントだっt」
DD3「ちょっと表に出ようか、DD6君^^」
―サビ発狂発動―
DD6「アッ−−−!!」
ピチュン
DD「さて、DD3が懲らしめてる間にパーティの準備をするか・・・
   おいDD7、ケーキとシャンパン、それにジュースも持って来い!」
DD7「う、うん!」

DD7「えっーと、シャンパンはっと・・・」
FT「DD7君、大変でしょう?手伝うよ」
DD7「あ、いや、大丈夫だよ!」
FT2「私も手伝うー」
FT2M「私もー!」
DD7「・・はは、ありがとう」

ガラガラガラ(ドアの開く音)
DD4「皆さん、ケン○ッキーを買って参りました」
DD5「50ピースだデケデン!」
FT2「わぁー、おいしそう!」
DD4「・・一家団欒でこうしてクリスマスを過ごすのもいいですね」
FT「そうだね、去年は騒がしいクリスマスだったけど、楽しかったよね」
FT2M「何々、何があったの??」
DD7「・・それは、僕が教えてあげるよ」

そう、忘れもしない、あの日の事を・・・


今時間が無いので続きは後で投下します。

257 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/25(月) 19:15:00 ID:JVEtYdvuO
職人の皆様御苦労様ですm(_ _)m

昨日の続き行きまふw
鈴木一家
修羅場と化した鈴木一家
果たして無事にすむのであろうか?
そっと(別にこんなに引っ張らなくても…)
ノックをする正論
正「スイマーズちゃん。入るよ?」
ス「入って来ないで!」
正「話がしt」
ス「結構です!1人にしてください!!」
正「そうですか…」
三毛猫ロック「正論さん。落ち込む事ないでしゅよ。私が慰めてあげますよ…//」
正「三毛猫さん?!何を!?」
三毛猫「いい事でしゅよ…// 引きこもって自分の気持ちも上手く出せない姉何かほっといて、さっさと正論さんの部屋に行きましょ。今日はクリスマスでしゅよぉ?」
正「三毛猫さん?!」
三毛猫「さぁ、行きましょ〜」
ドカッと鈍い音がして扉が開いた
ス「ちょっと待てぇ! 三毛猫!! 貴女一体何様のつもりよ!!!」
三毛猫「あら?スイ姉ちゃん。ヒッキーになったのでは無いのでしゅかぁ?」
ス「誰がヒッキーよ!」
三毛猫「そこでうじうじ泣いてたお嬢ちゃんの事でしゅよ」
ス「貴女は本当に腹立だしい子ね!」
三毛猫「姉ちゃんが勝手に僻んでるだけでしょ? 取られるのが厭なのに、力ずくでも奪わないの? そんなんだからいつまでたっても片思いのままなんだよ?」
ス「うっ…」
三毛猫「姉ちゃんはいつもそう。気持ちを伝えられずに自分で勝手に整理しちゃう。失敗を恐れてたらいつまでたっても前には進まないんだよ? 勇気を出して一歩進む、って考えはないの? そんなんだからいつまでも縮まらないんだよ!」
ス「うっ…グスッ…だって…私…」
三毛猫「うじうじ泣いてたって意味泣いたんだよ!」
ス「だって…グスッ…」
正「三毛猫さん、もうそれ位にしてあげて」
三毛猫「でも…」
正「いいから!」
三毛猫「うん…」

長くなるから分けます…

258 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/25(月) 19:43:34 ID:JVEtYdvuO
257の続き

正「スイマーズちゃんも早く泣くのをやめなよ。せっかくの可愛い顔が台無しだよ?」
ス「グスッ…さんが…です…」
正「えっ? 何っていったの?」
ス「正論さんが悪いんですよ!」
正「えっ?!」
ス「そんなに優しく慰めないでください! 自分で抑えてる感情が表に出ちゃうじゃないですか!」
正「そう言われても…」
ス「じゃぁ責任取ってください…」
正「責任?」
ス「私と…付き合ってください!!//」
正「えっ?!」
ス「…駄目何ですか?…グスッ…」
正「駄目では無いけど…僕何かでいいの?」
ス「もちろんいいに決まってます! 正論さんじゃないと駄目です!!」
正「そっか…僕じゃないと厭なんだ…」
ス「そうです! 私じゃぁ駄目ですか?」
正「………いいよ…」
ス「えっ?! 聞き間違いじゃないですよね? もう一度言ってください」
正「不甲斐ない彼氏かも知れないけど、よろしくねスイマーズちゃん」
ス「正論さん…!!」
抱きつくスイマーズ
正「スイマーズちゃん?! ちょっと?!」
ス「嬉しいです…今はこのままで居させてください…//」
正「いいよ…」
三毛猫「あぁ〜冬なのにあついでしゅね〜」
正「三毛猫さんごめんね…」
三毛猫「いいんでしゅよ。元々これが目的なので」
ス「えっ?!」
三毛猫「いつまでたっても踏み出せない姉ちゃんへのクリスマスでしゅよ」
そっと「そうよ」
正「そっと?!」
そ「可哀想なスイマーズちゃんの為、私も一肌脱いだ訳よ。ごめんね三毛猫ちゃん。あんな所で待たせちゃって」
三毛猫「大丈夫でしゅよ。やっと姉ちゃんも踏み出せた事でしゅし」
ス「三毛猫…だからあんな強い発言を?」
三毛猫「そうでしゅ。強く言ってごめんなさいでしゅ」
ス「いいの…ありがとね三毛猫…」
そ「上手くやんなよ兄さん。林檎さんに殺されない程度に…w」
正「厭な事思い出させるなよ…orz」
三毛猫「何はともあれ良かったでしゅね」
そ「そうね。じゃぁ明日からの開店は頑張ってね」
正「明日からいよいよ開店か…色々あったけど…沢山人来るといいなぁ」
ス「きっと沢山来ますよ!」
正「だといいなぁ…じゃぁ明日に備えて寝ようかスイマーズちゃん?」
ス「はい…//」





One Phrase Blues「蒼白さんと僕は…(´;ω;`)」
続くw

この後2人はどうなったかは御想像にお任せします(´艸`)w
後ぐだぐだですまそm(_ _)m

259 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/25(月) 21:24:57 ID:uixe7Y120
256の続きです

――聖夜のLIVE――

僕の名はMODEL DD7。ギタドラV2初出場でいきなりアンコール曲を任された。
僕の家族はみんな過去にボス曲を任されていて、幾度となくプレイヤーを苦しめてきた。
そして僕も今回ボス曲となった。
だから僕も一生懸命戦って、その名に恥じないようにと決めたんだけど・・・
プレイヤーA「うわ、アンコールまたDDかよwツマンネwww」
プレイヤーB「しかも難易度低っ!本当にDDシリーズなのかよwww」
プレイヤーC「曲自体意味分からんしw御大どうしたよwww」

DD兄さん達は、難易度やそのカリスマ性から、多くのプレイヤーに好まれ、
またギタドラで戦う曲達からも尊敬されている。
・・でも、僕はどうなんだろう?
皆、同じ反応をして目の前から去っていく。
僕が戦闘体制に入ってすぐに、わざと降参されてすぐに落とされた事もあった。
そんなの、あんまりだよ・・・

DD7「・・・はぁ」
アタランテ「こーらっ!DD7!出番だぞっ!」
DD7「え、は、はいっすぐに行きますっ!」

アタランテ「どーしちゃったんだろ、アイツ?」
オバゼア「アタランテさん、どうかしたの?」
アタランテ「オバゼア!実は・・・」

オバゼア「そっかぁ・・DD7君が・・」
アタランテ「ったく、アイツも一応アンコール曲なのに、あんな調子だと
守護のアタシ達まで気が滅入っちゃうよ」
オバゼア「そうだよね、DD7君が元気ないと私も・・・」
アタランテ「私も・・・?」
オバゼア「な、何でもないよっ///と、とにかく、何とかしてDD7君を元気にしたいなぁ」
アタランテ「でも、どうやって?」
オバゼア「うーん・・・・あ、そうだっ!」
アタランテ「何か思いついたのかい?」
オバゼア「うんっ!早速あの人に電話しないとっ!
    あとアタランテさん、裁きさんや魔笛さんにも連絡して!」
アタランテ「あいよ、お姫様」


続きます

260 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/25(月) 23:04:42 ID:ktZr9Nai0
Jimmy一家のクリスマス ぱーと2  1/3


クリスマス、結局やることのないJimmy一家はささっきさに遊びにいったとさ。

ヘリング「・・・んでなんで覗いてるだけで入らないんだ?」
ベロシティ「サムイ、オッパイモミタイ。オレカエル」
ミラージュ「アルケーちゃんいないのー?('A`)」
コクピ「まー待て。俺達はささきっさでいろいろやってきただろ?高速刻みやらタム回しやらオッパイやら・・・。それにあいつらA-1とかBー1とかM-1とかでイライラしてるだろ?」
ヘリング「なんだ、出禁にでもなったのか?」
コクピ「んなこたーない。たださ・・・楽しんでるあいつらの邪魔をするのはよくないだろ・・・(´・ω・`) 」
ミラージュ「んじゃなにしに来たの?」
ベロシティ「オッパイミセロォォォオオ!!1」
コクピ「家で自分のハイハットいじりながら過ごすのはいやだろ?だから覗きに来たわけさ」
ミラージュ「話の繋がりがよくわからないけどコクピ=田代でFA?」
ヘリング「流石の俺でもそれは引くわ・・・」
コクピ「う、うるさい!!どーせ家にいても暇なんだ。どうせなら気になるあの子でもヲチしようぜ?」
ヘリング「しょうがねーな・・・('A`)」(100秒の姉御 (;´Д`)ハァハァ)
ミラージュ「ま、暇だし・・・('A`)」 (アルケーちゃんがいるしね (;´Д`))
ベロシティ「タマユラサマノオッパイウp!!!1」
ヘリング「そーいや家が留守だけどどーした?」
コクピ「他の兄弟達に任せてるぜ?」
ミラージュ「あの何人いるかわからない兄弟達か('A`)」
ベロシティ「クウキキョクダナ・・・」
ヘリング「あいつらレベル低いけど大丈夫なのか?」
コクピ「空気曲の初見は辛いんだぜ?」
ヘリング「うはwwwwww把握したwwwwww」

261 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/25(月) 23:06:45 ID:ktZr9Nai0
Jimmy一家のクリスマス ぱーと2 2/3


デパチャ「アルケー、君のためにチョコフィロを作ってみたんだ。食べてみてくれないか?」
アルケー「デパチャさん・・・すごく美味しいですよ・・・」

アニュス「タイピちゃんの作ったチョコフィロ・・・すごく美味しいよ・・・」
タイピ「べ、べつにアニュスのために作ったんじゃないですぅ!」

100秒(こいつら・・・人目気にせずイチャイチャしやがって・・・('A`))
たまゆら「あらあら・・・」

コクピ(アニュス許すまじ('A`))
ヘリング(100秒の姉御はいつ見ても美しい (;´Д`))
ミラージュ(デパチャの奴削除されねーかなー?('A`))
ベロシティ(ジャキガンヲモツオレニハワカル・・・91、60、89・・・)
天体「男4人でなにやってるんだあいつらwwwwwwきめえwwwwwww」
さくらんぼ「きんもー☆」
コクピ「く・・・くやしいっ・・・」
ミラージュ(Jimmy一家に生まれなかったらなぁ・・・('A`))
ヘリング「なあ、お前らに相談したいことがあるんだが・・・」
コクピ「奇遇だな、実は俺もなんだ」
ベロシティ「オレモダ・・・」
ミラージュ「僕もなんだ。みんなで一斉に言おうよ」
一同「せーの」
ヘリング「100秒の姉御を俺の虜にするにはどうすればいいと思う?」
コクピ「タイピちゃんを俺の嫁にするにはどうしたらいいと思う?」
ベロシティ「タマユラサマノオッパイモミモミシタインダガドウスレバイイトオモウ?」
ミラージュ「デパチャを削除に追い込むにはどうすればいいと思う?('A`)」
ヘリング「・・・帰ろうぜ・・・('A`)」
コクピ「僕も帰ろうお家へ帰ろう」
ミラージュ「でんでんでんぐりがえって」
ベロシティ「バイバイバイ」

262 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/25(月) 23:08:30 ID:ktZr9Nai0
Jimmy一家のクリスマス ぱーと2 3/3

コンチェ「あれー?Jimmyエロ一家じゃない?なにやってんの?」
DD2「こんばんわー」
ヘリング(げ・・・ま、まずい・・・)
コクピ(ささっきさで一番凶暴なコンチェとDD一家の長女DD2かよ・・・まずいぜオイ・・・('A`))
コンチェ「はは、もしかして落書き帳姉さんからエッチなビデオ買えなくなったから直接見にきたのかしら?」
ヘリング「バーロwwwwwクリスマスにそれはねーってwwww」
コクピ(その発想はなかった・・・('A`))
ミラージュ(プログレ姉妹のエッチなビデオ・・・すっげー気になる件について・・・('A`))
ヘリング「んじゃ俺等は帰るんで・・・」
ベロシティ「ヤッパタマユラネエサンノオッパイハデケエナ・・・」
ミラージュ「へ?」
コクピ「おいwwww」
コンチェ「へー、やっぱ私達のことそういう目で見てたんだ・・・」
DD2「男って不潔・・・」
ヘリング「ちょwwwwまて、話せばわかるwwwwだからケツだけはwwww」
コンチェ&DD2「だーめ^^」
━赤O発狂+シンバル高速連打━
ヘリング「ちょwwwwそんな早く指動かさないでwwwwwアッ、だめ、そこはダメ、ゼッタイ!ア、アッー!!!」
コクピ「ちょwwww壊れるwwwwだめwwwwアッ、らめぇ・・・そこだけは・・・アッー!」
ミラージュ「ちょ、子供相手にそんな高速連打は・・・らめぇ・・・」
ベロシティ「レンダダメェ・・・ケツノアナガコワレル・・・アッー!!」
コンチェ「てめーらの敗因はただひとつ。てめーらは私を怒らせた」
DD2「やれやれです・・・」
ピチュン


コクピ「ケツが・・・らめぇ・・・」
ヘリング「クリスマスなんて消えろよ・・・」
ミラージュ「つーかなんでこいつは一目見ただけでスリーサイズがわかるんだ・・・?」
ベロシティ「ジャキガンヲモタナイモノニハワカルマイ・・・」



もちろん反省はしてない

263 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/25(月) 23:15:26 ID:rh+Rw1cnO
>>262
ベロシティは邪気眼の持ち主だったのかwwwwww
GJ

264 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/25(月) 23:52:55 ID:I+5EV2kFO
やべwww邪気眼欲しくなってきたw

265 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/26(火) 00:20:15 ID:63cQvtOi0
ケンタ「今俺をバカにした声が聞こえたような気がするんだが」
ワザ「気のせいだと思う。はやくお節だけでも作っとこう」
ジョーカー「ヘリングに任せたら3段重箱の中身全部数の子だったからな…」

万華鏡「フヒヒwwww正月はマドブラたんの晴れ着姿wwwそして姫始めwww」
ケイコ「ああ、お前には俺の知り合いがいる相撲部屋の正月合宿に入れさせといたから。みんな喜んでOKしてたぞ」
万華鏡「ちょwwwww」

266 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/26(火) 00:58:16 ID:UvPh1gXS0
Jimmy一家タノシスwwwwww

267 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/26(火) 01:19:30 ID:aZrOrfmCO
jimmy一家イイwww

久しぶりに絵投下。FT2twinsですw
http://p.pita.st/?xqmkpvae

268 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/26(火) 08:55:58 ID:Y8xp/AKsO
コンマイ「ヒットチャートに入れたのはキングのお陰、って言われた時どう思った?」

アレナロハ「…」
悪アガキ「…」
エンドレスワルツ「…」



269 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/26(火) 14:31:33 ID:7T0gLhDT0
うへころ荘

too「他、たたたたた大変だみんな(;´д`)!」
エンクル「な、なんだよtooさん血相変えて」
too「こ、こ、これを見ろ!」

第3回ギタドキング-Desラー・G1杯-
予選曲
01 - When I come back
02 - too late two
03 - Endless cruising
04 - VOIDDD
05 - Tail Spin

一同「ΩΩ Ω<な、なんだって!?」
ヴォィ「俺の時代が来たということか」
too「これから忙しくなるじゃん…('A`)」
TS「僕もなのか。頑張ります」
FsW「なんで俺じゃねーんだよ!糞譜面だからか!?そうなのか!?」
デザロ「頑張ってねエンクル」
エンクル「…何故ナチュラルにお前がいる。まあOKだけど」
洟「あのー、僕疑問なんですけど」
一同「何?(゜д゜)ミ」
洟「こっち見るな。…When come I backって…誰?」
FsW「…あれ?誰だ?」
???「Hello.」
一同「はい?(゜д゜)ミ」
???「Do not look me!」

エキサイト翻訳を駆使して続きます

270 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/26(火) 15:01:47 ID:7T0gLhDT0
When「I'm "When I come back". I'll live here.Nice to meet you!」
洟「日本語でおk」
too「全くだ」
エンクル「…あんたら少しは分かろうとせんのか」
デザロ「ならエンクルはわかる?」
エンクル「…今のところは分かるがこの調子でいかれると分かんなくなるな」
FsW「こういうときは頭を使え。おい真超」
真「ヒョッ?」
FsW「あれ頼む」
真「ヒョー!」

そして―
FsW「これはお近づきのしるしに。真超パフェです」
When「Oh!Thank you!Let's eat...ぐ!」
エンクル「な、なんだ」
When「Noooooooohくぁwせdrftgyふじこlp!」
ヴォィ「一体どうしたというんだ」
FsW「大見解が飲んでる『真超語ペラペラ人参』って漢方薬混ぜてみた」
too「うぉい!大丈夫かWhen」
When「…はあ、はあ、死ぬかと思った」
一同「( д ) ゜゜」
When「ん?一体どうし…ってあれ?日本語話してる?」
エンクル「…んなアホな」
デザロ「…効いちゃった」
FsW「こんなにうまくいくとは思わなかったなあ、あっはっは」
When「まあいいか。こっちの方が話しやすいしな。改めて紹介するぜ。V3のWhenだ。よろしくな先輩方」
TS「こ、こちらこそよろしく」
デザロ「わたしはDesert Rose。Des曲じゃないけど、よろしくね」
When「(う、美しい!)デザロさん、これからドライブに出k」
エンクル「(#^ω^)」ゴゴゴゴゴ…
FsW「やめとけWhen。デザロは弟のコレ(小指を立てて)だから」
When「…ちぇっ」

うん、めんどくさいから途中で無理矢理日本語にしたw

271 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/26(火) 15:12:44 ID:7T0gLhDT0
おまけと訂正

When「あらかた紹介してもらったが…あの隅でいじけてるのは?」
FsW「ああ、あいつが親父の代表曲、大見解なんだが…ちょっとB-1でな」

大「我ら右寺曲一族は…強くないのでござるか?…何故雪上は…ブツブツ…」

ヴォィ「そういえばアンコンたちも残念だったな」
FsW「しかたねえよ。アンコンが弱いんじゃねえ。あいつらが強過ぎたんだ」
エンクル「実は姉貴のセコンドがマズかったからじゃ…」
FsW「歯ぁ食いしばれぇーっ!」
エンクル「ぎゃばん」
ピチュン
too「ファンキーに失言するとああなるから気をつけろよ」
When「…あ、ああ、わかったよ…」

一カ所『When I come back』じゃなくて『When come I back』になってた
脳内変換よろしく

272 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/26(火) 17:50:26 ID:kDKP6InL0
when I come backネタかぶったけど投下。口調違うので注意。ちなみに>>220-225です

when「・・・」
ハローユー「・・・」
when「・・・なんだ」
ハローユー「同じにおいがします」
when「・・・は?」
ハローユー「貴方と私と焼肉のテッチャンが同じにおいがします」
when「どういう意味だ」
ハローユー「分からなければ結構です」
when「じゃあわざわざ呼び出すな。こっちはなんか予選曲に選ばれて忙しいんだ」
ハローユー「好きです」
when「・・・は?」
ハローユー「焼肉のテッチャンが」
when「・・・っあ゛ー!もう訳わかんねー!帰る!」
ハローユー「・・・」
ストラン「あ、こんなとこにいた」
ハローユー「あ、お姉ちゃん」
ストラン「なんかフィールが呼んでるから帰るよ」
ハローユー「わかった」
ストラン「ああ、せっかくの冬休みだって言うのになんなのよもう・・・」
ハローユー「もちろん貴方もね・・・クスクス」
ストラン「何か言った?」
ハローユー「いいえ別に」

273 :あの人 ◆h99PAc1wKg :2006/12/26(火) 20:55:39 ID:7OaM4dSi0
クリスマスネタに間に合わせるとか言っておきながら、ごめんなさい。
間に合ってません、心からお詫び申し上げます。
そして、こちらをどうぞ。

ttp://up.spawn.jp/file/up61401.jpg

恐らく、携帯から見るのは絶望的かなと。

274 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/26(火) 21:45:43 ID:LSOJI0FSO
職人の皆様 本当にご苦労様ですm(_ _)m
特にjimmy一家が良かったですw

鈴木一家
正論「やっと店準備がすんだや」
スイマーズ「そうですね」
そっと「みんなご苦労様」
One Phrase Blues「後は開店時間を待つだけですね(久々だなぁ…)」
三毛猫ロック「ところで、蒼白しゃんはどこに行ったんでしゅかぁ?」
そ「きっと研究室だよ」
正「研究室か…また何やってんだか…」
ス「正論さん。研究室なんかあったんですか?」
正「あるよ。蒼白の部屋から続いてるんだよ」
ス「そうなんですかぁ」
ボッキャーン
蒼白「みんなー終わったー?」
正「終わったよ。ってかドアを壊してくるのh…」
蒼「気にすんな!」
正「(最後まで言わせてくれても…)ところで何をしてたの?」
蒼「よくぞ聞いた少年。いでよ、今週のビックリドッキリメカ」
そ(その台詞やめれ…)
蒼「ジャジャーン。スーパー愛pot君2号〜略してポニ君」
そ(なんだそのネーミングは…)
正「で?そのメカはなんなの?」
蒼「これはね。レベル80以上の曲を半径5m以内で感知したら、その曲をハザード落ちさせる、と言う特殊能力をもったメカなのだぁー」
正「メカなのだぁー、じゃないよ。そんなんじゃレベルが高い客h」
蒼「私より高いレベルの曲は別に来なくていいの!」
そ(我が儘…)
正「そんな理由で、そんなメカ作るなよ」
蒼「そんな理由…兄さん…イッペンシンデミル?」
正「ちょww何に影響されてんの!?」
蒼「地〇少女に決まってろうがぁー!! 殺っちゃえポニ君ー!!」
正「ま、まて!はなs」
蒼「ゆ・る・さ・な・い・ぞ・ポチッ!」
bpm400+滝シンバル+虹色の滝+連バス
正「ウギャー!!」
ス「正論さん!大丈夫ですかぁ?!」
返事はない…正論はただの屍のようだ…
蒼「見よこの威力。流石私の傑作品」
そ「蒼白…やりすぎ…」
蒼「さて、取り付けしよっと♪」
三毛猫「手伝いましゅよ♪」
蒼「ありがと三毛猫ちゃん。開店前に早く付けちゃいましょ♪」
三毛猫「はい♪」
そ「2人共、意気投合しちゃってるわね…」
ワンフレ「開店前までに正論さんは生き返れるのかなぁ…」

続くw

275 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/26(火) 22:08:41 ID:SJ5v2JhE0
>あの人氏
ネタ投下楽しみにしてます。頑張って下さい。
そしてクリスマスが過ぎたのにまだ話を完結させてない馬鹿が一人orz

259の続きです。
――聖夜のLIVE――

12月25日、今日はクリスマスだ。
といっても、別にいつもと変わらない日になるだろう。
僕は朝早くからアンコール部屋に待機いていた。
そういえば、部屋の隅に、昨日までは無かった小さなクリスマスツリーが置いてあった。
コンマイ神のささやかな気配りだろうか?
僕は出番を待ってる間、そのツリーをぼんやりと見つめていた。
誰もいない部屋。静寂が響き渡る。
いつもは隣のエクストラ部屋から、アタランテさんや裁きさんの騒がしい声が聞こえるのに、
今日は何も聞こえない。
本当は禁止されてるのに、プレアン部屋からこっそりと抜け出して、僕の所に話をしにやってくる
オバゼアさんも、今日は来ない。
まるで・・・
DD7「僕一人が取り残されたみたいだなぁ・・・」
そう思うと、何故か急に眠気が襲ってきた。
どうせ出番は無いと思い、僕はそのまま眠る事にした。

276 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/26(火) 22:44:10 ID:SJ5v2JhE0
――午後11時――
DD7「・・・はっ!もうこんな時間じゃないか・・」
気がついたら半日以上時が経っていた。
にも関わらず、出番は一度も無かったようだった。
DD7「はぁ・・・せっかくのクリスマスなのに、出番が一度も無いってのもさみしいなぁ・・・ん?」
机の上を見ると、二枚の紙が置いてあるのに気づいた。
その内一枚は手紙で、もう一枚は、
DD7「プレミアムアンコールチケット・・・オバゼアさん?」
訳が分からないので手紙を見てみた。
オバゼア「DD7君へ
今日午後11時までに、このプレアンチケットを持って、私の部屋まで来てください。
忘れないで下さいね。」
DD7「午後11時って・・・やばいっ!遅刻だ!!!」
僕はHSをMAXにして、プレアン部屋へ向かった。

――プレアン部屋――
DD7「ハァ、ハァ・・・」
オバゼア「3分遅刻だよ、DD7君♪」
DD7「す、すいません・・・って、オバゼアさん!?そ、その格好は・・・」
オバゼア「へへへ・・・似合うかな?」
プレアン部屋に駆け込んだ僕の目に飛び込んできたのは、
いつもプレイヤーと会う時とは違う衣装を着ていたオバゼアさんだった。
いつもは紫や淡い青を基調とした服を着ているのだが、
今日は白を基調とした、そしてその白い服や彼女の髪に似合う、橙色の花の髪飾りをしていた。
正九角形をモデルとしたネックレスにも目をひく。
いつもと少しだけ違う彼女の雰囲気に、僕は少しだけ見とれていた。
オバゼア「さ、DD7君、ボヤッとしてないで、早く行こうっ!」
DD7「え、え、あ、はい・・・って、えっ!?」
ボーッと立っていた僕の方へやってきて、いきなり僕の右手を掴んで走り出した。
オバゼア「早くしないと間に合わなくなるよー!」
DD7「間に合わなくなるって、何処に行くんですか?」
オバゼア「それはまた後で・・・あ、DD7君」
DD7「あ、はいっ!」
オバゼア「メリークリスマスっ!」
僕の方を見た彼女の屈託のない笑顔を見て、僕は顔を赤らめてしまった。

オバゼア「あ、いたいた。JJ−roadさーん!」
JJ「待ってたよ二人とも、それじゃ、HSMAXで行くからね。」
何の説明もされないまま、僕はオバゼアさんとJJさんに
無理やり車の後部座席に押し込まれ、車は跡を去った。

続きます。長くてすいません。

277 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/26(火) 22:50:47 ID:EUaXynAn0
ゆら「始まりましたねB-1」
デパチャ「これで姉貴たち5人がしばらく店を空けるわけか…」
ボビス&イスト(何で僕たちこんなに弱い譜面で生まれてきたんだろ…orz)
〜嘆きの樹「どこかで嘆きが…」〜
蒼「まさかお姉ちゃんと2回戦で当たるなんて…」
百「仕方ないでしょ。全力でこないと承知しないからね」
落「それに出場条件変更でタイピちゃんも出れるようになったからね」
(DM、GF内最強の両方ともLv95以上→DM+GF内最強が190以上)
タイピ「赤Oが99で出れないなんて恥ずかしくて仕方が無かったです」
蒼「にしても今回の組み合わせは私たちにとって厳しくないかなぁ?」
.            Blue River━┓                              ┏━Cycletron
                    ┣━┓                      ┏━┫
           Jet World━┛  ┃                      ┃  ┗━ブタパンチのテーマ
            FAKETIME━┓  ┣━┓              ┏━┫  ┏━冥
                    ┣━┛  ┃              ┃  ┗━┫
.           REFERENCE━┛      ┃              ┃      ┗━The legend of MAX
            MODEL DD6━┓      ┣━┓      ┏━┫      ┏━The Least 100 sec
                    ┣━┓  ┃  ┃      ┃  ┃  ┏━┫
            Line Times━┛  ┣━┛  ┃      ┃  ┗━┫  ┗━Presto
                    AA━┓  ┃      ┃      ┃      ┃  ┏━Concertiono in Blue
                    ┣━┛      ┃      ┃      ┗━┫
            Ubertreffen━┛          ┣━┻━┫          ┗━Carezza
          New World━┓          ┃      ┃          ┏━嘆きの樹
                    ┣━┓      ┃      ┃      ┏━┫
       One More Lovely━┛  ┃      ┃      ┃      ┃  ┗━Hell? or Heaven?
.      Fascination MAXX━┓  ┣━┓  ┃      ┃  ┏━┫  ┏━RE-ROOTS
                    ┣━┛  ┃  ┃      ┃  ┃  ┗━┫
.       Timepiece phase II━┛      ┣━┛      ┗━┫      ┗━CHAOS
           over there━┓      ┃              ┃      ┏━ピアノ協奏曲第1番"蠍火"
                    ┣━┓  ┃              ┃  ┏━┫
GALAXY FOREST 11.6&12━┛  ┣━┛              ┗━┫  ┗━LUV TO ME (english version)
         IMPLANTAION━┓  ┃                      ┃  ┏━PARANOIA survivor MAX
                    ┣━┛                      ┗━┫
.          DAY DREAM━┛                              ┗━Gamelan de Couple
百「私たちのブロックには冥がいるし」
タイピ「私は勝ち進んでもデイドリさんかオバゼアと当たるみたいです…」
落「もっともオバゼア君は最初からポプ最強一角スクリーンと当たってるから厳しいだろうけどね」
ゆら「あとはDD6君ですかねぇ…。でも勝ち進んでも次は顎バロックですか」
(嘆きスレで1回戦第2、4試合の中継あり。○フェイク-リファ×、×AA-顎バロ○)
蒼「弐寺の試合実況しかしないから他の試合の行方が分からないのよねぇ…」
百「とにかく、ギタドラの意地を存分に見せ付けましょ」
一同「オーッ!!」

278 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/26(火) 23:02:47 ID:EUaXynAn0
追加
第1試合○Blue River-Jet World×
第5試合×New World-One More Lovely○
第10試合○冥-The legend of MAX×
第13試合○嘆きの樹-Hell? or Heaven?×
第15試合○ピアノ協奏曲第1番"蠍火"-LUV TO ME (english version)×
嘆きスレ内の情報による

ってか弐寺曲AA以外全勝って…。

279 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/26(火) 23:40:22 ID:63cQvtOi0
.                                                   ┏━Cycletron
            .Blue River━━┓                      ┏━┫
                      ┃                      ┃  ┗━ブタパンチのテーマ
                       ┣━┓              ┏━┫
           FAKE TIME━━┛  ┃              ┃  ┗━━冥
.                            ┃              ┃     
            MODEL DD6━┓      ┣━┓      ┏━┫      ┏━The Least 100 sec
                    ┣━┓  ┃  ┃      ┃  ┃  ┏━┫
            Line Times━┛  ┣━┛  ┃      ┃  ┗━┫  ┗━Presto
                          .┃      ┃      ┃      ┃  ┏━Concertiono in Blue
           .Ubertreffen━━┛      ┃      ┃      ┗━┫
                                ┣━┻━┫          ┗━Carezza
                              ┃      ┃         
        One More Lovely━━┓      ┃      ┃      ┏━━嘆きの樹
                       ┃      ┃      ┃      ┃ 
.      Fascination MAXX━┓  ┣━┓  ┃      ┃  ┏━┫  ┏━RE-ROOTS
                    ┣━┛  ┃  ┃      ┃  ┃  ┗━┫
.       Timepiece phase II━┛      ┣━┛      ┗━┫      ┗━CHAOS
           over there━┓      ┃              ┃     
                    ┣━┓  ┃              ┃  ┏━━ピアノ協奏曲第1番"蠍火"
GALAXY FOREST 11.6&12━┛  ┣━┛              ┗━┫ 
         IMPLANTAION━┓  ┃                      ┃  ┏━PARANOIA survivor MAX
                    ┣━┛                      ┗━┫
.          DAY DREAM━┛                              ┗━Gamelan de Couple

ケンタ「おーい、終わったぞー」
ワザ「わざわざやったのか。熱心だな」
ヘリング「俺たち出場できなかったからな。もうちょっとギターで本気出せばよかったぜ(D96+G84=180)」
コクピ「それは俺もだぜ。甘すぎたかな…(D92+G58=150)」
ケンタ「俺も最初のころは資格あったんだけどな。みんな強くなったもんだ(D85×2=170)」
ワザ「俺はこの位置に落ち着いてよかったと思ってるけどな。家族みんなで年越せるし」
コクピ「まあな。しかしケンタ、よく途中経過書く気になったな」
ケンタ「あー、それは万華鏡のヤツが…」

ベロシティ「オレニマドブラタンノオッパイモミモミサセルカ、コレヲサイゴマデヤルカドッチカエラベ!!」
万華鏡「どっちもイヤスwwwwwマドブラたんとの楽しい時間を返せwww」

というわけで途中までのトーナメント表を更新しました
自分が書くと万華鏡がオチキャラに…

280 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/26(火) 23:51:28 ID:d0W2zoKhO
とうとうB-1始まりましたね

ハイツJ-POP

天体「お、ココが会場だな…」
リライト「何だか凄い熱気だなぁ…(´・ω・`)」
カルマ「凄いね〜」

EDEN「チケット拝見しま〜す」
カルマ「あ、ハイハ〜イ」
つチケット
EDEN「どうぞ」
カルマ「俺の気のせいかもしれませんが、ギタドラ帝国に親戚か誰か居ませんか?」
EDEN「はぁ…居ますけど…エスケープとかウィーアーとか…」
カルマ「あぁ、やっぱり…」
EDEN「私の親戚達がどうかしましたか?」
カルマ「いや、何でも無いです」
EDEN「?(変な人…)」
リライト「カルマ君〜早く行こう」
カルマ「あぁ、スマンな」
天体「しかしスゲェな…」
セイリング「なぁ、カルマさっきの受付さんと知り合いなのか?」
カルマ「いや、ゼニスさんに似てたから聞いてみただけ」
一同「そう言われれば」

青龍「そこのお兄さん達!ワラビモーチいかが?(・∀・)」

リライト「あ、美味しそうですね。じゃあ、10個下さい」

青龍「お兄さん、ありがと〜♪(・∀・)ワラビモーチ」

カルマ「お?美味そうだな、俺も5つくれ」
青龍「はいは〜い、ありがとね〜(・∀・)」

天体「何やってんだお前ら…」
セイリング「まぁ、兄貴指定席だから焦るな」
天体「だな、んじゃ行くか」






反省はしていない

281 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/26(火) 23:56:15 ID:hHyK047i0
>>278
まぁ中の人ギタドラやんない人っぽいし仕方ないかと


デイドリがんばれ超ガンバレ

282 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/26(火) 23:59:51 ID:eqI/UUGRO
嘆きスレ見てないからよくわからないんだけどアンコン、鬼姫、DD3は駄目だったんですか?

283 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/27(水) 00:09:04 ID:BRBnEmrVO
>>282
DD3はレベル足りてない
アンコン、鬼姫は…大人の事情だろ…

284 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/27(水) 00:29:27 ID:V3FzywgKO
ちなみにDD6は一回戦敗退みたい。蔵8は…相手が悪すぎた。

285 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/27(水) 00:46:57 ID:vdmhF4T70
ちなみにあちらのルールを持ち込むのなら、ここで独自の勝敗・独自の選手で進めても良い。
サウンドノベルで言う選択肢分岐。攻殻機動隊でいうGHOST IN THE SHELLとSTAND ALONE COMPLEX。
鬼姫やアンコンが出場、DD6が一回戦勝利という「if」がやりたいのならご自由に、だ。

むしろそういうのがあった方が楽しいと思う。俺たちは自由だぜ。

286 :ささきっさの人:2006/12/27(水) 01:12:47 ID:hJb6Jkt6O
ifのストーリーの許可が降りたので早速投下しますw

1/2
百「遂に始まったわねB-1ダイナマイツ…」
コンチェ「うん、絶対優勝しようねお姉ちゃん(待っててください蠍火さん…)」
タイピ「何言ってるですか姉さん達。優勝は初代プレアンの私に決まってるです」
百「あら、タイピもやる気ね」
コンチェ「あ、お姉ちゃん試合始まるよ!」
U gotta groove「よーし、それじゃあ第一回戦を始めるぞお前ら!トイレはきちんと済ませてきたか!?」
観客「うぉおおおーっ!!」
U「それじゃあ曲紹介行くぜ!まずは赤コーナー、ギタドラ国代表…誰もあたしを止められない…邪魔するやつはブッコロス!暴走ビック〇イパー!MODEL DD6!!」
観客「ヴォーーーーイ!!!!」
U「そして青コーナーポップン国CS地区からやってきた『魔王』の異名を持つ男LINE TIMES!」
観客「ザワ…ザワ…」
コンチェ「お姉ちゃんあの曲知ってる?」
百「ん〜、どこかで見たような気はするんだけどなぁ…たしかクラシックシリーズの…」
タイピ「まぁDD6がそう簡単に負けるわけ無いですよ」
デイドリ「だな。なんたって俺の妹だしな」
オバゼア「嫌な予感がするのは僕だけでしょうか…」
百「何よ?自分の仲間が信じられないの?」
オバゼア「いえ、皆さんの強さは充分に熟知してます。ただ…」
デイドリ「まぁ俺達がとやかく言っても始まらねえさ。ほら、試合が始まるぜ」
U「READY…FIGHT!!」
カーン!
DD6「何だか不気味な奴だな…フード被ってて顔見えないし…でも関係無いか…いくよ!!」
ー赤B発狂発動ー
デイドリ「決まりだな、全く反応できてない。おい100sec…」
LINE「…」
ー魔王縦連打発動ー
DD6「きゃあぁぁぁぁぁぁ!」
デイドリ「な!?…何が起こったんだよ!?」
オバゼア「やっぱり…嫌な予感が当たっちゃったか…」
タイピ「何なんですかあの縦連打…DMでやるのとはわけが違うんですよ?…」
コンチェ「本当に…筐体を壊す勢いだよあれ…」


287 :ささきっさの人:2006/12/27(水) 01:16:32 ID:hJb6Jkt6O
2/2

百「思い出した!」
デイドリ「誰なんだあいつは!?」
百「LINE TIMES…通称クラシック8…筐体に悪いからという理由でEX譜面をCSに封印された伝説の『魔王』…レベルはポップン国最強の43…まさかEX譜面が復活してるなんて…」
タイピ「それよりDD6は大丈夫なんですか!?」
デイドリ「DD6!」
DD6「ごめん…兄貴…あたしったら…あんな一撃で…ゲホッ!」
デイドリ「いや、お前はよく闘ったよ。ただ相手が悪かったな…クラシック8か…面白い…縦連打なら俺も負けてないからな」
百「貴方のは縦連打とはまた別物でしょう」
コンチェ「嘆きちゃんや冥ちゃん以外にも…こんなに強い曲達がいるなんて…」
オバゼア「怖いんですか?」
コンチェ「ううん、逆。DD6には悪いけど…私今すっごいワクワクしてる。弐寺の譜面じゃレベル12には絶対勝てないけど…私の赤OPなら…もしかしたら蠍火さんにだって…」
蠍火「ふぅん、なかなか面白いこと言ってくれるわねコンチェ」
コンチェ「さ、蠍火さん!?」
蠍火「あらあら、今の強気発言はどこに行ったのよ?私も全力でいかせてもらうわ。コンチェの本気、見せてちょうだい。赫く儚く散らせてあげるから」
コンチェ「弐寺での私と同じとは思わない方が良いですよ。こっちも…蒼く…力強く…散らせてあげます!」
蠍火「ふぅん、私の決め台詞をパクるなんて…ま、楽しみにしてるわ」
コンチェ「はい!」


ていうか試合のシーンほとんど書けてないじゃんorz

288 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/27(水) 01:22:31 ID:ODSRgvQFO
B-1盛り上がってますが 僕はマイペースに話を続けます(空気読めw

鈴木一家
もうじき開店の時間がやって来る頃…
正論「…」
スイマーズ「正論さん!開店までもう少しですよ?早く起きてくださいよ!」
One Phrase Blues「まるで返事が無いですね…」
そっと「(いい事思いついた…)スイマーズちゃん。ちょっと…」
ス「何ですか?」
そ『きっとキスしたら起きてくれるよ』
ス『ちょwwwキスは…///』
そ『それぐらいの刺激を与え無いと、折角の彼氏が尊い人になっちゃうぞ?』
ス『それはそうですけど…』
そ『そうと決まれば後は貴女の気持ち次第。頑張って!』
ス『じゃぁ…頑張ってみます!』
ワンフレ「何こそこそしてるの?」
そ「何でも無いわよ?さっ、スイマーズちゃん頑張って(楽しくなって来た♪)」
ス「正論さん…// いきますよ…///」
チュッ(唇にキスをする
そ(結構大胆ねぇ)
正「ん…んっ?!(ス、ス、スイマーズちゃん?!)」
ス(どれくらいやってればいいんだろ…)
そ(舌とか入れればもっと楽しいんだけど、兄さんがそんな事しないよね)
正「んっ…ぷはっ…ス、スイマーズちゃん。いきなりどうしたの?!」
ス「何って…正論さんがなかなか起きないから起こしてあげたんですよ//」
正「そっか…ありがと…//」
ス「いえいえ…当たり前の事ですよ…//」
そ(初々しいわね♪)
ワンフレ「あのぉ…お取り込み中悪いですが…」
そ「今邪魔しないで!」
ワンフレ「時間が…」
そ「時間?………?!ヤバい開店5分前じゃん!!」
ワンフレ「早く皆さん持ち場につきましょ?」
そ「そうね。そこのあつあつ組。早く準備しなさい」
正「もうそんな時間?! スイマーズちゃん。頑張って仕事するよ」
ス「あっ、はい!」
蒼白「早く〜みんな着替えたぁ?」
正「もう大丈夫だよ」
三毛猫ロック「ではドア開きましゅよ」
正「いいよ」
バン!
全員「せーの…この度は本日より営業させていただきます。何卒宜しく御願い致します!」





正「って、誰も外居ないじゃん!!orz」
そ「まぁこんなもんよ」
蒼「ぼちぼち少しずつ来るでしょ」
正「そうだといいなぁ…」

続く

とりあえず客の曲を決めてなかった罠…orzw

289 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/27(水) 01:23:18 ID:9dZwKgzH0
>百「貴方のは縦連打とはまた別物でしょう」

吹いたwww

個人的にギタドラ以外やらないからもの凄く期待

290 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/27(水) 08:35:54 ID:LaUS1r+n0
B-1開始しましたね。ギタドラ曲の勝敗に期待。

桃色カプセル

こた「B-1かぁ…みんな頑張ってるかな?」
ひと「当たり前じゃないですか。国を代表して戦うんですから」
ヘリコ「そう言えばこの三人の中で一人だけ他国に移植された人がいるんだったねー」
こた「私のこと?ポプ国にいったことは確かだけど…
  同期の人で出られそうな人(ヒプロ3)は予選落ちしちゃったし、
  思いっきりギタド曲を応援できるよ」
ひと「とりあえずギタド曲で結果が出てるのってDD6さんだけですかね?」
ヘリコ「多分そうじゃないかな?…で、倉8…
  …もとい『Line Times』さんてどのくらい強いのか知ってる?」
こた「わかんない…ほら。私が移植された先ってACじゃない。Line Timesさんは
  CS限定の曲…いや、曲自体はACにもあるけど…あの譜面は確か
  筐体を破壊する恐れがあるからACでは出来ない譜面のはず」
ひと「つまり、相手が悪かった……と」
ヘリコ「そういうことになるね。でも私たちの望みは消えたわけじゃない。
  最凶シンバルのデイドリさんや、プログレ姉妹…みんな頑張ってる」
こた「私たちは応援しか出来ないけど。それでも精一杯応援しようね」
ひと「そうですね…負けてしまったDD6さん、予選落ちで出られなかった皆さん…
  そしてハナから出られない私たちの気持ちを無駄にしないでほしいです」

………

どこの最強曲もぜんぜんクリア出来ないのに色々でしゃばってすいませんorz
でもギタドの曲には勝ってほしいです。DD6の敵を取ってほしい…そんな感じで。

291 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/27(水) 12:48:14 ID:ODSRgvQFO
>>287-288さん
いやはや今後も期待させて貰います(ドラムメインの僕としては…w

鈴木一家
開店したのはいいものの、人が来ない 蒼そ論(店の名前w
蒼白「暇だね…」
そっと「そうだね…」
蒼「兄さん! これ来て客寄せして来て!」
正論「これは…あのコンチェさんの」

292 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/27(水) 13:23:45 ID:ODSRgvQFO
寝ぼけて途中で投稿してた…orz
>>291の続き

鈴木一家
正論「青い子のバイオリン!」
そっと(どっから持ってきたんだか…)
蒼白「そうよ。それを弾いて人を勧誘してくるのよ」
正「いや、僕バイオリンは弾けないから…」
蒼「仕方ないわね。じゃぁ、これよ」
正「これは…タイピさんの太陽のきぐるみ!」
蒼「これで客引きすればくる事間違い無し!」
そ(余計に来ない気が…)
正「いや…きぐるみは…」
蒼「つべこべ言わずに客引いて来いや!!」
正「はい…」
そ「(兄さんも相変わらずね…あら?)誰か来る…」
ガチャ
林檎と蜂蜜「みんな元気にしてる?………って客居ないわねww」
正「あっ…林檎さん」
スイマーズ「お姉ちゃん。どうしたの?」
林檎「正論が頑張ってるか見に来たの。この様子じゃ頑張ってるも何もないかもしれないけどね」
正「全くもってその通りですよ…orz」
林檎「じゃぁ、私がお客第一号として頼んであげるわ。じゃぁ…O JIYAカレーを一つと珈琲」
そ(組み合わせが何とも…)
正「かしこまりました。ワンフレ君カレー宜しくね」
One Phrase Blues「分かりました」
正「さて、珈琲でも作るかな…」
林檎「さて…お味はどんなもんかなね。時にスイマーズ」
ス「何お姉ちゃん?」
林檎「正論とくっついたって話は本当?」
ス「な、何故それを?!」
林檎「三毛猫から」
ス「そっか…うん。付き合ってるよ」
林檎「なら良かったわね。頑張りなさい」
ス「うん!」

蒼「兄さんいつの間に…これはお仕置きが必要だわ…」
続く

293 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/27(水) 20:03:21 ID:/lfEk6Rf0
オレンジラウンジ(ふなきっさ開店期間中)

フリフリ「・・・・突然だが、家族会議だ」
一同「・・・・・・・・・」
Flow「本当に突然だな」
フリフリ「黙って空気読め!!
   ここで集まってもらったのは他でもない、B-1のことだ
   今、B-1に我がTOMOSUKE曲次女、IMPLANTATION姉貴が出ているのは知っているな
   ・・・そのことについて、アタシはこう考えている」
一同「ゴクッ・・・・・」
フリフリ「なんでまずうちに挨拶に来ねぇんだよ!!」
ズコー
カゴノトリ「そんなことで家族会議!?」
フリフリ「そんなこと言うな!だってギタドラで削除されて以来、
   多機種に移住して何やってんのか連絡もなしで、その上突然B-1出場とかしやがって!
   これは自分がギタドラに兄弟がいるってことを忘れてるに違いねぇ!」
ジャイアン「5鍵国にも兄弟がいるしなぁ」
トゥウィンクル「まったく、お父様はいろんな国に子供作りすぎなのよ」
マリーゴールド「どうでもいいんですが、フリフリさんキャラ変わってるですよ?」
フリフリ「何も言わずにB-1出てりゃキレたくもなるわぁぁ!!」
カゴノトリ「ね、姉さん落ち着いて!」
Infinite「・・・・要するに、同じ兄弟なのに連絡してくれないなんて寂しいってことですか?」
フリフリ「なっ・・・・べ、別にそんなんじゃないし!!」
ジェッ娘「え〜素直にインプラさん応援すればいいじゃないですか!」
チョコフィロ「そうだよぉ。唯一のTOMOSUKE曲出場者なんだしぃ〜」
フリフリ「そんな、別にがんばって優勝して欲しいとか思ってないんだからね!」

(トーナメント表見てる人達)
ランジュ「・・・インプラさん第1試合の相手がデイドリさんかぁ・・・・」
マーマレード「手ごわいなぁ。私5鍵の強さ知らないからどうなるかわかんないなぁ」
ラバーズ「・・・ていうかみんなさ、Gamelan de CoupleもTOMOSUKE曲って知ってるの?」

一同「・・・・・え?」

ぶっちゃけぐぐるまで知りませんでしたorz

294 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/27(水) 22:13:41 ID:ODSRgvQFO
>>293さん
かなり良かったですw 僕もそれぐらい書きたいなぁ…(ぁw

鈴木一家(蒼そ論
蒼白「にーさん!」
正論「あっ、蒼白丁度y」
蒼「何も言わず喰らいやがれ!!」HSMAX+鈴木愛譜面
正「あべしっ!!orz」
蒼「てめぇ! いつの間にかラブラブしてんじゃねぇよ! 月に変わって成敗してくれるわ!!」
そっと(何だかパロった部分がある…)
正「ま、待て…はなs」
蒼「問・答・無・用」HSMAX+OP譜面
正「ギャー_o__」
そ(相当怒ってるわね)パタン(仕切りを越える
スイマーズ「そろそろ出来ましたかぁ…って正論さん?! 一体何が!?」
そ「それは蒼白が余りにもの怒りに寄って…」
ス「蒼白さんがですか?」
そ「そうなの」
ス「蒼白さんは何でそんなに怒ってるんですか?」
そ「それは…」
蒼「スイマーズちゃん。それは家族の事情なの。だから聞かないでね」
そ「スイマーズちゃんには教えてm…」
蒼「黙らないと貴女にもOP譜面喰らわすわよ?」
そ「それは遠慮しとく」
蒼「ならいいわ。ってな訳でスイマーズちゃんには悪いけど、家族の事情なの」
ス「は…はい」
One Phrase Blues「カレー出来ましたよ」
そ「出来たみたいね。じゃぁスイマーズちゃん頼むわね」
ス「はい」スタスタ(注文の品を運んで行く
そ「で…蒼白」
蒼「何?」
そ「あんまり暴れ過ぎないでね。私、ごまかすの好きじゃないから」
蒼「うん…分かったよ…」
そ「分かったならいいわ」バン
三毛猫ロック「たしゅけてくだしゃい〜」
蒼「どうしたの私の可愛い三毛猫ちゃん?」
そ(いつから蒼白のものに?)
三毛猫「追跡者が追っかけくるんでしゅ」
蒼「ストーカー? もしかして…」
MODEL DD3「三毛猫〜待ってくれ〜」
蒼・そ「あ・い・つ・か」
蒼「三毛猫ちゃん。ここに入れはポニ君が守ってくれるから大丈夫よ」
三毛猫「それは安心でしゅ」
DD3「三毛猫〜」
ガランガラン。ポニ君効果発動
DD3「な、何これ?!やっ、そ、そこは…アッー!」ピチュン
蒼「流石ポニ君。DD家のもんでも容赦ないわねw」
正(僕は蒼白の方が怖いよ…)
蒼「兄さん?何かいった?!」
正「いえ!何もいっておりませんよ?」
そ(地獄耳…)

続くw

295 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/27(水) 22:19:29 ID:nDj75JhO0
Jimmy一家のお話 1/2


コクピ「晒しageっと・・・」
カチッ
ヘリング「なにやってるんだ弟よ?」
コクピ「うわ、兄貴か。見ての通りまんぷくちゃんねるを見てるんだぜ?」
ヘリング「まんぷくちゃんねる?なにそれ?うめえのか?」
コクピ「インターネットの掲示板だぜ?しらなかったのか?」
ヘリング「初耳だな。とりあえず俺にもやらせろ」
コクピ(こいつまんぷくちゃんねる知らないのに用語使ってたのか・・・('A`))

100秒後・・・

ヘリング「うっはwwwwwwwネ申スレ発見wwwwwwww」
コクピ「ちょww理解するの速すぎだろ・・・常識的に考えて・・・」
ヘリング「なんで早く教えてくれなかったんだよwwwwwwおもすれーwwww」
コクピ「既出かと思ったんだwwwwはまりすぎるなよwwwwやめられないからww」
ヘリング「把握したwwwwwwww」

(´・ω・`)次の日・・・

ヘリング「さーって、今日もGFDM曲板でも見るとするお( ^ω^)」
ヘリング「ん?なんだこのスレは・・・」

1: 【嫉妬】100秒アンチスレ【虹色】 (11)

ヘリング「なんだこのスレ・・・とりあえず見てみるか・・・」
カチッ

296 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/27(水) 22:22:24 ID:nDj75JhO0
Jimmy一家のお話 2/3


1 :名無し可愛いよ名無し [sage] :2006/12/27(水) 18:10:25 ID:DepA//DM

  彼女とイチャイチャしてるとすぐ八つ当たりしてくる嫉妬女をたたくスレだ。
  ホント、どうにかしてくれ・・・('A`)

2 :幼女 [sage] :2006/12/27(水) 18:11:26 ID:KoDOMO98

  2げと^^
  
3 :名無し可愛いよ名無し [sage] :2006/12/27(水) 18:11:27 ID:opPaiiiI

  2ゲト!!1
  オッパイモナイクセニセイカクワルイトカサイアクダナ・・・

4 :名無し可愛いよ名無し [sage] :2006/12/27(木) 18:12:23 ID:TsunDErE

  彼氏と仲良くしてるとすぐ虹色の滝で攻撃してくるのはやめてほしいですぅ

5 :名無し可愛いよ名無し [アンチ乙wwww] :2006/12/27(水) 18:13:00 ID:3WOrMEro

  おまえら、100秒の姉御が美しいからって嫉妬してるんだろ?wwww
  このしっと団めwwwwwww

6 :名無し可愛いよ名無し [晒しage] :2006/12/27(水) 18:14:35 ID:AirIst//

  >>5 本人乙wwww
  
7 :百合に目覚めたプログレ [sage信者必死w] :2006/12/27(水) 18:15:51 ID:AkAOP/99

  >>6 >>5は本人じゃないと思うよwwww
  本人だったら虹色の滝で筐体を壊してそうwwww

297 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/27(水) 22:23:30 ID:nDj75JhO0
Jimmy一家のお話 3/3


8 :名無し可愛いよ名無し [>>5] :2006/12/27(水) 18:16:49 ID:SmWaZADm

  >>5 しゃぶれよ
  
9 :名無し可愛いよ名無し [>>5] :2006/12/27(水) 18:16:49 ID:SmCeNTDm

  >>5 俺のハイハットを見てくれ・・・どう思う?

10 :名無し可愛いよ名無し [sage] :2006/12/27(木) 18:17:23 ID:RodM92Ri

  >>8-9 ちょwwwwwIDと時間とメル欄wwwwww結婚しろよwwwww

11 :名無し可愛いよ名無し [age] :2006/12/27(木) 18:17:59 ID:Tp2/lOVe

  あの人の妹と付き合ってる物だけど・・・
  いつ虹色の滝飛ばされるかわからないから怖いね・・・


ヘリング「・・・」
コクピ「ん?どうした兄貴?」
ヘリング「ぶるぁぁぁあぁぁあああああ!!!!!!」
━ハイハット高速刻み━
ガシャーン
コクピ「ちょwwww筐体壊すなよwwwwww」
ヘリング「まんぷくちゃんねるなんて2度々見てやるもんかぁちくしょおおおぉ!!!」
コクピ「あ・・・兄貴?('A`;)」




なんっつーか・・・ごめん・・・><

298 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/27(水) 22:51:04 ID:gYJVd54XO
>>297 ちょwww糞ワラタwww
ちゃっかりIDがw

299 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/27(水) 23:29:17 ID:L7T7yj8KO
>>294-297
バロスwwww
IDで誰が投稿したかバレバレじゃねぇかwwww

300 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/27(水) 23:46:25 ID:hJb6Jkt6O
>>294-297ワロタwwwGJ

とりあえず『進行ペース早すぎでない?』というツッコミとかは無視する方向で投下。あくまで『if』の話ということを忘れずに
1/3

コンチェ「いよいよ…蠍火さんと」
蠍火「コンチェ」
コンチェ「あ、蠍火さん。いよいよですね…」
蠍火「ええ、お互い全力を出し切りましょう」
コンチェ「そうですね。それじゃあ失礼します」
ゆら「あ、コンチェさん、蠍火さんの譜面を考えるとノーツが少ない前半の内に…」
コンチェ「ごめんゆらさん。この試合だけは…私の好きなようにやらせて」
ゆら「そうですね。私なんかよりもコンチェさんの方が蠍火さんのことを御存じですものね」
コンチェ「ありがとう。それじゃあ行こうか」
ジェノ「おい蠍火そろそろ…って、うわっ熱っ!」
蠍火「そうね、それじゃあいきましょうか」
ジェノ「なぁ蠍火、お前が本気出したら可愛い後輩ちゃんが立ち直れなくなっちまうかもしれねえぞ?」
蠍火「わかってるわ。それでも…本気でいかないとこっちがヤられちゃうしね」
ジェノ「そうか。まぁお前のやりたいようにヤれば良いさ」
蠍火(コンチェ…私と同じような譜面を持つ可愛い後輩…でも、可愛い後輩だからこそ…)
コンチェ(蠍火さん…弐寺に来て右も左もわからなかった私に優しく声をかけてくれた憧れの先輩…でも、憧れの先輩だからこそ…)
蠍火・コンチェ(全力で叩き潰す!!)
U gotta groove「いよいよ始まるぜ、誰もが待ち望んだ対決だ!それじゃあ曲紹介行くぜ!赤コーナー!黄道に輝く天蠍宮…その中心で赫く燃える星Antiares…美しく、儚く散りな!赫の女王!ピアノ協奏曲第1番"蠍火"!!」
観客「うおぉぉぉぉぉ!」
U「続いて青コーナー!振り止まぬ雪が風に舞い、それは蒼き協奏曲となって冬の空に鳴り響く!蒼の姫君!Concertino in Blue!!」
観客「うおぉぉぉぉぉ!」
百「コンチェ―!負けたら承知しないわよ―!」
DD2「100secさん、それは余計な心配というものですよ」
百「そうだけどね。気持ちの問題よ」
DD2「コンチェ様のあの目…ああなったコンチェ様は無敵です」


301 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/27(水) 23:50:15 ID:hJb6Jkt6O
2/3

U「それじゃあ行くぜ!READY…FIGHT!!」
カーン!
コンチェ「いきます…」
シャーンシャーンシャーン、シャシャシャ、シャーンシャーンシャシャーン
蠍火「これは…雪?」
ジェノ「落ち着け蠍火!」
ゆら「残念ですけど、もう遅いです。雪のように休むことなく降り注ぐチップ…今はまだ大人しいですが…」
蠍火「来る!」
タラララ、タンターン!タラッター!
蠍火「きゃあぁぁぁぁぁぁ!」
ジェノ「耐えろ蠍火!何とか階段地帯まで持ち堪えろ!」
ゆら「それは突如荒れ狂う吹雪となってプレイヤーに襲いかかる…まぁ、今は蠍火さんにですけど」
U「おおっと!コンチェ選手いきなり激しい攻撃だ!しかも息一つ乱してない!蠍火は防戦一方だぞ!?」
蠍火「はぁ…はぁ…これが貴方の本気なのねコンチェ…面白いじゃない!」
タタンタタンタタンタタン、タタンタタンタタンタタン
コンチェ「くっ…削り切れなかったか…でも…まだまだだよ!」
蠍火「私だって…まだまだこれからよ!」
U「おおっと!遂に蠍火選手も階段地帯に突入!しかしコンチェ選手の攻撃もさらに激しさを増しているぜ!赫と蒼のぶつかりあい!これはあの懐かしのポリ〇ン現象の再来かー!?」
百「また随分懐かしいたとえを持ってくるわね…」
タイピ「でもこの試合…本当に見てるだけで失神しそうです…」
DD2「それでも…この試合だけは絶対に見逃せません」
蠍火「ハァ…ハァ…」コンチェ「ハアァァァァァァァ!!」
蠍火「行くわよ!!」
ー階段+皿発動ー
コンチェ「残念ですけど…それくらいじゃ私の吹雪は止められませんよ。でも約束ですからね、最後まで全力でいきます!」
ーDM同時押し連打発動ー
蠍火「これで終わりよ!」
ー縦連打発動ー
U「おおっと!最後は凄まじい縦連打対決!リングが一気に煙に包まれる!最後に立っているのは…」



302 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/27(水) 23:55:12 ID:hJb6Jkt6O
3/3

蠍火「ハァ…ハァ…これじゃあ…判定で勝つのもキツいかしら…」
コンチェ「蠍火さん、まだ終わりじゃないですよ」
蠍火「あ…」
シャラララララララララ、シャラン
コンチェ「私の…勝ちです!」
ダダッタッタラッタッタダンダン!!
ダラララ、ダンダーンダラッター!
蠍火「きゃあぁぁぁぁぁぁ!」
ドサッ!
チャララ、チャララ、チャラララン、シャラララ
U「3…2…1…この勝負、Concertino in Blue選手のKO勝ち!」
コンチェ「あ、あはははは、勝っちゃった…蠍火さんに…」
ゆら「やりましたねコンチェさん。これで次はいよいよ…」
百「私が相手ね。おめでとうコンチェ」
コンチェ「お姉ちゃん…うん、よろしくね。あ、でもその前にお姉ちゃんの次の相手って…」
冥「うふふふふ、うふふふふ、次はいよいよあの女…DM最強の曲…あはははははははは、二度と人前に出られないくらいケチャケチャにしてあげるんだから…アーッハッハッハ」


ちなみに作者はDMメインでポプと弐寺を微妙にやってる程度なのであしからず


303 :鈴木の人:2006/12/28(木) 01:50:14 ID:9jPIVOk/O
B-1に見習って 参加出来なかった曲達の大会を開きますw
個人的にやりたいだけなので叩きは御勘弁m(_ _)mw
手伝いはしてもらうととても喜びますw
とりあえず…
あさき,TOMOSUKE,泉,小野,中村,Des,亜熱帯,トリトラ,ピンクカプセル,佐々木,ハンサム,NAOKI,jimmy,鈴木愛,くにたけ,古川,王子,Kevin,Thomas,版権
の20種の楽曲から各1曲ずつ代表曲を決め決勝を…って感じでやります(本当は3曲ずつがいいんだけど…書くのを断念しそうなので1曲にさせていただきますw
なので 各1曲の代表曲などを意見を出してして手助けして欲しいです…(ぁw
手助け無しでも勝手にやりますから期待してくれる方には感謝感激雨霰ですww
ギタドラ限定でやります(ただ中の人が他のには詳しくないが為ですwww
本当に身勝手な行動ですが何卒温かく見守ってもらえると至極光栄ですw
決勝曲を増やして欲しい方がいるなら言ってください(その代わり手伝ってくださいねwww
wの使いすぎかも知れませんが悪しからず…
本編の方も何卒よろしく御願い致します(宣伝やめれw
予選曲が決まり次第決勝をするので時間とかは気にしない方向でww
文が滅茶苦茶なのは気にしないでくださいorz
では後程…

304 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/28(木) 02:13:44 ID:w1FLAsNrO
>>300-302
乙&GJ
冥コワス(・ω・;)


ハイツJ-POP

天体「あ、席発見♪」
カルマ「そろそろDD6さんの試合かな?」
リライト「相手のLINE TIMESって何者なんだろう…(´・ω・`)」
グラスカ「他国の選手は良く分からないわね…」
天体(…どっかで聞いた事があるような名前なんだが、思い出せん…)
セイリング「どうした?兄貴?」
ベイサイド「折角だから楽しまなきゃダメだよぉ〜」
天体「いや…何かさ、あの相手ヤバそうな感じなんだよな…」
カルマ「まぁ、今は応援しようぜ」
天体「だな…」


U「READY GO!!」

―カーン

リライト「あ、始まったみたいだよ」
カルマ「うはwDD6さん飛ばすなw」
ベイサイド「流石DD6さんだねぇ〜」
セイリング「行っけぇぇ!」

DD6「これで終わりだよ!」
―赤B発狂発動

ベイサイド「これで決まr…え?」
天体「…!」
その他「(д) ゚ ゚」

LINE「…」
―魔王縦連打地帯発動
DD6「キャアアアッッ!!」 ガシャン

カルマ「何なんだあの糞連打は!?」
グラスカ「筐体に悪そうね…」
天体「…思い出した、あれは通称クラシック8、俺も人づてにしか聞いた事が無いんだけど…あまりにも筐体に悪い譜面だからACにはEX、つまり俺達で言えば赤譜面が無いんだよ」
一同「うゎ…そんなにヤバいのか」

カルマ「しかし、兄貴は詳しいな」
天体「まぁ、結構この世界長いからな…」

リライト「次の試合が始まる前にトイレに行って置こうっと…」


続きます

305 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/28(木) 02:14:34 ID:9O7ZSKw+O
>>303
どちらも期待。泉はDD、FTシリーズを入れると反則負け

306 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/28(木) 02:57:10 ID:w1FLAsNrO
>>303
NAOKIはGLIDE辺りが有力かな…
シナリオはドラムは強いけどギターが…
版権はパナソニックがかなり強そうですね

307 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/28(木) 03:01:55 ID:UM0A+PJ+O
トリトラ兄弟はどっちに行くかな…一応肥塚王子作曲だが…
小野さんは三毛猫か火の玉を推したい。

308 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/28(木) 09:58:39 ID:ZlgGpxpw0
>>303
とりあえずピンカプ名義曲出場者はこちらで勝手に決めさせていただきますw(こらこら

桃色カプセル

ヘリコ「…さて、>>303とのことだけど…どうする?誰か出たい人挙手!」
しーん
こた「って言われても私勝てないだろうから無理。
   ひとりがこの家では最強なんだしひとり出たらいいんじゃないかな」
ひと「そうですね…でも、ヘリ姉様、みかん姉様宜しいのですか?」
ヘリコ「うん、DM赤がちょっと上がったけどそれでもひとりには勝てないし。
  …ひとり、頑張ってきてねw」
こた「私がでて一家が弱く見られちゃ嫌だし。…いってらっしゃいな」
ひと「はい、一家最強の赤OP、赤DM譜面を武器に頑張ってきます!」
ヘリコ「ところでさ、あさき父さんたちのところからは誰が出るのかな?」
こた「さぁ?…あさき名義でなくてもアリなら鬼姫さんだとおもうけど」
ひと「鬼姫さん相手じゃ絶対今回出る殆どの人が勝てませんってば。
   だって赤OP98の赤DM95ですよ?何故B−1に出場出来なかったのか
   中の人に聞いてみたい位強い方じゃないですかorz」
ヘリコ「まあしょげないで。どっちにしろ出られなかったけど強い曲は
  ほかの家にもごまんといるからね。あきらめちゃだめだよ」
ひと「…そうですね。では、応援よろしくお願いしますね御姉様方」
ヘリコ・こた「了解!」

……

不満ありましたら言ってください。変更しますので。
とりあえずwktkしてますねw

309 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/28(木) 10:29:54 ID:QCfbO49AO
>>295-297
IDにめっちゃ噴いたwww
是非またやって欲しい。


>>303
王子とトリトラ、泉とくにたけ、小野とマジスカと鈴木でそれぞれ枠があることに噴いたw
DDFTが反則ならオバゼアも反則かな?FT1はそんなに反則な気もしないけど…
佐々木枠にはキッチン組の誰かを推したい。

310 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/28(木) 11:21:36 ID:NG3DmLAW0
>>309
オバゼアはB-1出てる件
>>303
あさき:月光蝶
TOMOSUKE:カゴノトリ(弐寺B-1予選落ちたし)
泉:LUCKY?STAFF
小野:ancient breeze
中村:Dragon Blade
Des:Endless cruising
亜熱帯:三毛猫ロック
トリトラ:Black horizon (個人的にはホワトルだが強杉か)
佐々木:BOBBY SUE AND SKINNY JIM
ハンサム:わすれもの
NAOKI:GLIDE
jimmy:Keiko my love(ミラージュを推したいがレベルが…)
鈴木愛:正論
くにたけ:My Friend
古川:TOCCATA(版権だというツッコミはお控えくださいorz)
王子:Yellow Panic Time
Kevin:VOIDDD
Thomas:STOP SPINNING ME IN CIRCLES
版権:Gently,the rain sings for me
とりあえず俺の希望。どう考えても偏りすぎです本当に(ry
ピンクカプセルは>>308でおk

311 :鈴木の人:2006/12/28(木) 11:24:36 ID:9jPIVOk/O
今日目覚めたらいいと思うアイデアが浮かびましたw
とりあえず3曲1組みで組みを作り 一番レベルの近いもの同士が戦うという形でいきます(単に鈴木愛曲を全部出したいが為です(ぁw
原則としてレベル90以上は参加無しです(最高は89ですw
ってな事で 代表曲が増えたので誰か助けてください(死w

312 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/28(木) 11:42:57 ID:NG3DmLAW0
>>311
>>とりあえず3曲1組みで組みを作り 一番レベルの近いもの同士が戦うという形でいきます
>>レベル90以上は参加無しです
Trick Trap「あの〜、僕達どうすればいいんでしょうか…?」
(White tornado赤O97、Purple storm赤O96)
例外だとしてもあまりにも有利杉ですよね?

313 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/28(木) 12:03:52 ID:9jPIVOk/O
>>312さん
蒼白が言う通り90越えの譜面は無しになりますw

鈴木一家(蒼そ論
正論「それにしても、まだ林檎さんしか来てないとか店として…orz」
そっと「兄さん。元気だしなよ」
正「気遣い有難う。でもさっきから店に人は入っても迎撃されてばかりだよ…」
Panasonic Youth「おっ!カレー屋出来てんじゃん!!」
グ〇ンガラン、ポニ君効果発動
パナソニ「な、何?! 駄目のんな…アッー」ピチュン
正「ってあんな感じで…」
そ「まぁいずれ入ってくる人も来るよ」
正「だといいけど…」
蒼白「にーさん!」
正「今度は何?」
蒼「これ見て!」
正「何々、この度は…………であるからして>>303な大会を開きます」
そ「某ビーマニ界の大会のパクリね」
蒼「参加資格はあるんだし、丁度3人じゃん。だから出ようよ〜」
正「でもこれだと鬼姫さんとかDD家には勝てないぞ?」
蒼「>>311を見て」
正「何々?90以上は無しなのかい? なら少しは見込みがあるけど、片方が90超えてる人はどうするんだろ」
蒼「きっと片方使用禁止よw」
正「滅茶苦茶な…」
蒼「だから出ましょ。目指すは優勝!♪」
そ「蒼白。凄い張り切りよう…」
正「多分、日頃のうs」
蒼「な・ん・か・言・っ・た・?」
正「いいえ、何も言っておりません!」
蒼「ならよし。それに出れば店の宣伝にもいいよね」
正「そっか…なら出てみるか」
蒼「そうよ。じゃぁ応募してくるね〜」ピュー
そ「自分のしたい事は早いわね」
正「そうだね。でも店の宣伝には持ってこいだから頑張るよ」
そ「(いつになく張り切ってるわね)まぁ頑張ろっか兄さん」
正「うん。頑張ろ」

続く

314 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/28(木) 12:20:27 ID:WeR9bqi5O
>>303期待してます
出場曲の希望は
鈴木愛:蒼白
あさき:鬼姫
佐々木:落書き帳
Kevin:アンコン
Des:ファンキー
TOMOSUKE:明鏡止水
王子:グリーンライム
Jimmy:ヘリング
トリトラ:ホワトル
古川:YOU CAN'T DO it

で、とりあえずお願いします


315 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/28(木) 12:44:41 ID:WeR9bqi5O
すいません、90以上の譜面は無しというのを読んでませんでしたorz
スルーしといてください

316 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/28(木) 13:10:32 ID:kS5A3SeCO
3曲1組ならKevinは悪3部曲でお願いしたい。
VOIDDDはデスロ側からも出れるわけだし、ここはKevin兼妹尾さん枠ってことで…

FIRE IN THE DARK「まぁアンコンには勝てない上に空気なわけだが。」
plastic imitations「言うな兄貴、虚しくなるorz」

317 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/28(木) 14:03:32 ID:tsu6K8U/0
おk便乗だw

ヴォイ「…というわけだが」
大「とりあえず、レベルの低い拙者と洟殿、高過ぎて上限超えたファンキー殿は除外として」
FsW「純粋に強さの順でいくと真超、TS、VOIDDDの3人だな。出たい奴いるか?」
When「ちょっと待った。VOIDDD氏はKevin曲の方は大丈夫なのか?」
ヴォイ「…大丈夫な様だ」
When「(ちっ…空きがあったら出ようと思ったんだが)ならそれでいいんじゃないか?」
FsW「…真超とTSはいいか」
TS「僕は大丈夫だよ」
真「ひょーっ」
大「OK、だそうでござる」
FsW「tooとエンクルはいいのか?」
too「メドイ」
エンクル「別に出ろといわれれば出るが、ここはベストメンバーでいくべきだと」
FsW「そうだな、よし!この3人で今度こそDes曲糞譜面の強さを教えてやろうじゃねえか」
エンクル「…言ってて悲しくねーか?姉貴」

真超どうする?

318 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/28(木) 14:22:09 ID:QCfbO49AO
>>311>>312
・ギタドラ合計189以下にする
・トリトラ枠を色兄妹に広げる
・赤譜面使用禁止
とか。

色兄妹はかなり好きだから活躍してほしいところ。

あと中の人にも試合はちゃんと公正な目で見て頂かないとB-1みたいに勝ち抜きが殆ど弐寺曲…みたいなことになってもつまらないし。

あとB-1にはない面白さを追求する為に各枠代表曲をいくつかドッキンコさせてチームバトルにしてみるとか(ノンストっぽく?)
昨日古本屋でコ○ッケ!を立ち読みしてきた香具師が言ってみる。

319 :B-1パクリの中の人w:2006/12/28(木) 14:42:18 ID:9jPIVOk/O
色々意見あざーすw
>>317さん
真超はあさきでもDesでも出したい方でokw
>>318さん
その意見参考にさせていただきますw

とりあえず3曲1組みで 各赤,黄,緑と一曲ずつ選曲します(例として 蒼白赤,そっと黄,正論緑 みたいに選曲します
それでレベル合計190以下までって形にしたいと思いますw
アーティストがかぶってるのはどちらにも出場権がありますが 片方だけ出場って形で…
試合は一試合3回戦の総当たり戦で進めたいと思いますw
決勝曲の組み合わせの話は書きませんが書きたい方はお書きくださいw
とりあえず選曲したい方は レベル制限は無しで3曲合計は190以下でB-1参加者は無しの選曲で御願いしますw
とりあえずこの形でいいですか?

320 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/28(木) 15:21:31 ID:HTAgCtIF0
>>319
OKだと思いますよ
とりあえず色兄弟だけでも決めてきますね
全パートやるから計算大変ですがorz


321 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/28(木) 15:33:55 ID:9jPIVOk/O
>>320さん
DMを基本で考えて頂ければ幸いですm(_ _)m
僕がDMの知識しか殆ど無い為 GFはなかなか組み込め無いので…w

322 :1/2:2006/12/28(木) 16:04:37 ID:2mPTKa2z0
久しぶりの色兄弟です。投稿者はいつもと違いますがorz

ホワトル「>>318>>319だって」
パプスト「じゃあちょっと全員のレベルを見てみましょうか」
Drum(左からBSC,ADV,EXT)
黄 34 48 65
黒 33 51 77
白 35 54 88
緑 25 41 66
紫 37 56 82
Guitar
黄 25 43 63
黒 35 51 64
白 43 72 95
緑 33 60 81
紫 47 75 94
Bass
黄 25 29 --
黒 35 48 59
白 47 72 89
緑 34 53 64
紫 26 53 78
Openpick
黒 33 54 66
白 48 74 97
緑 37 62 84
紫 50 76 96

323 :2/2:2006/12/28(木) 16:08:16 ID:2mPTKa2z0
イエパニ「こう見ると本当にホワトルとパプストが強いのがよく分かる。そしてOPENに俺の名が無いorz」
ライム「とりあえず各パートで最強を作ったらどうなるのかな?」
D 黄34 紫56 白88 178
G 黒35 紫75 白95 205
B 黒35 緑or紫53 白89 177
O 緑37 紫76 白97 210
ブラホラ「おいおい、EXT全部ホワトルって…」
ホワトル「でもギターとオープンは基準値越えてるね」
パプスト「どう調整すればいいのかしら…?」

〜しばらくお待ちください〜

イエパニ「一つ問題を残して完成っと」
D 黄34 紫56 白88 178
G 黒35 緑60 白95 190
B 黒35 緑53 白89 177
O1 緑37 黒54 白97 188
O2 紫50 黒54 緑84 188
O3 白48 紫76 黒66 190
O4 紫50 白74 黒66 190
ホワトル「オープンは4通り、か」
ライム「でもO3とO4は反則でしょ。ADV>EXTはさすがに無いわよ」
ブラホラ「まあ190ちょうどだからこっちのほうが有利なんだがな…。で、残りは?」
パプスト「O1とO2ね。Totalは同じ…ね」
イエパニ「これは俺たちで決めるのは難しそうだな…」

個人的にはやはりEXTを高くしたいのでO1なんですが…。
他の方の意見も聞いてみたいと思うのであえて決めません。


…と>>321を見ないでやった結果ですorz
努力を無駄にするのもどうかと思うので一応自己満足で書きましたorz

324 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/28(木) 16:16:07 ID:9jPIVOk/O
>>323さん
あなたの参考にさせていただきますよw
とりあえず総合力ならトリトラは強いですね…w

325 :1/2:2006/12/28(木) 17:21:29 ID:po1HKZvm0
〜ささきっさ〜
ボビス&イスト「>>319俺たちに光をありがとう!!」
落「何もそこまで喜ばなくたって…」
デパチャ「まあ今までが今までだからな…」
ゆら「じゃあ>>322と同様にやりましょうか」
ゆら(でも気になるのは…やっぱりあれが足りないのよね…)
Drum(上からボビス、落、デパチャ、イスト、ゆら)
24 63 74
67 89 98
30 63 88
22 42 56
25 67 92
Guitar
23 31 81
44 62 90
24 29 62
17 37 59
47 60 74
Bass
26 43 --
60 78 89
-- -- --
17 21 --
25 58 --
Openpick
-- -- --
-- -- --
-- -- --
28 47 67
49 62 78
他の人がifやるときのためGFも書きます。俺はif書けませんww

ゆら除く4人「アッー!」
ゆら(これはあの二人に頼むしかありませんね)
落「ちょっと!OP足りないじゃない!ってゆらさんどこに行くの!?」
ゆら「ちょっと待っててくださいね」
デパチャ「お、おい!って行っちゃたか…。俺もロングじゃなけりゃOPあったんだがなぁ…」
イスト「とりあえず他の決めない?」
ボビス「そうしようか」

326 :2/2:2006/12/28(木) 17:22:51 ID:po1HKZvm0
前回同様最強は以下の通り
D デパチャ30 落89 ゆら92 211
G ゆら47 落62 ボビス81 190
B ボビス26 ゆら58 落89 173
イスト「ドラムだけ超えたね…」
落「こうすればいいんじゃない?」
D デパチャ30 ゆら67 落98 195
デパチャ「うーん、まだ超えてるな」
D ボビス24 ゆら67 落98 189
ボビス「あ、これならいいんじゃない?」
デパチャ(おいおい、俺を落とすなよ…orz)
ゆら「あらかた決まりました?」
落「あ、ゆらさん。あれ?」
蒼「やっほー♪」
イスト「蒼姉さん!?それにタイピまで!?」
デパチャ「B-1はどうしたんだよ!?」
タイピ「今日はあっちの都合で試合無しです」
蒼「それより聞いたわよ〜>>303。OP足りないらしいじゃない」
ゆら「だからOPのある二人に協力してもらおうと思って」
〜一方B-1会場〜
百「どうして…どうしてこの私にOPが無いのよ…orz」
嘆き「あら、いい嘆きっぷりね」
青龍「とりあえず(・∀・)ワラビモーチ食べる?」
白虎「やめておけ」

タイピ「でも問題はBSC<ADV<EXTが原則ですから私たちがEXTにならなければいけないです」
蒼「それに二人とも99…。190に合うかしら?」
ゆら「大丈夫です」
O イスト28 ゆら62 蒼orタイピ99 189
タイピ「とてもギリギリですぅ」
ゆら「前もって計算してましたから。あとはどちらが出るかですが、それはB-1の後ですね」

B-1で先に負けた方で宜しくお願いします。
本人たちには言わないで下さい。
本人たちに言うとやる気を削がれるでしょう。

え、聞こえてる?うわ、二人の赤Oがこっちに飛んd(ピチュン

327 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/28(木) 17:42:28 ID:ZlgGpxpw0
糞…書いたの消しちゃった…orzまた書き直そう、うん。
ってことで↓桃色カプセル1/2

こた「>>319だって。ひとりちょっとDM譜面難易度持ってきて」
ひと「はい、これですね(公式より)」

左から緑 黄 赤
ヘリコ 16 30 56
こた23 37 58
ひと24 42 69

ヘリコ「合計190っての忘れないでね。さっきは素で忘れて書いてたけど。
  消えてやり直してよかったのかもね。」
こた「でも時間かかるじゃん…
   で。ひとりは赤で出るんでしょ?ほかはどうする?」
ひと「…電卓で計算してみたところ、御姉様方がどちらがどちらの譜面で出ても
   一家の合計は122で変わらないので、御自由にお決め下さい」
ヘリコ「っていうか合計が122てwやっぱ家はLv低いわねえw」
こた「ちょっとひとり電卓貸してねっ!」
かしょかしょん
ひと「…?みかん姉様どうしたんですか?」
こた「やっぱりだめか…」
ヘリコ「?」
こた「何?…ああ、今ね、もしひとりが赤以外でやるとして計算してみたの。
  そしたらね、やっぱりだめだった。どう計算してもひとりが赤で
  私たちがどっちにつくかが決まれば決定なんだよね。」
ひと「どうなったかkwsk」
こた「…うん、ひとりが赤でない場合の最高合計は121。
   おねーちゃんが緑、私が赤、ひとりが黄。」
ヘリコ「…大して変わりないね。じゃあ、私緑行くからみかちゃん黄色よろしく」
こた「わかった」

続きにはGF難易度での話。

328 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/28(木) 17:43:47 ID:po1HKZvm0
>>326の補足
どうしてもB-1参加者はダメ!というならこういう手があります
O ゆら49 ゆら62 イスト67 178
本当はこっちが良いんですが…。↓
O ゆら49 ゆら62 ゆら78 189
絶対ダメでしょうorz

329 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/28(木) 17:46:32 ID:9jPIVOk/O
とりあえず計算が難しい+強くなるとこはかなり強いので…
レベル制限95,DMとGFは別々にやる形にします(計算してくれた方々本当にすみませんorz
後 B-1本戦に出た曲は無しの形で御願いしますm(_ _)m

330 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/28(木) 17:57:07 ID:R22v/RTT0
GFの方、ベースやOPは関係なし?

331 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/28(木) 18:04:44 ID:9jPIVOk/O
GFの方はGとBとOPの赤の合計が210以下で御願いしますm(_ _)m

332 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/28(木) 18:07:07 ID:tmsozgUm0
ケンタ「俺らどうなるんだろうな」
ワザ「ギターないから参加できないんじゃね?」

というわけで、GF専用・DM専用の曲の参加はどうでしょう

333 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/28(木) 18:07:30 ID:ZlgGpxpw0
桃色カプセル2/2

ひと「それではGF譜面で考えて見ましょうか」

左からG緑 黄 赤 B緑 黄 (赤) O緑 黄 赤
ヘリコ 20 32 44 19 35 - 23 37 51
こた15 29 46 29 35 - 16 33 50
ひと31 41 68 34 52 - 32 41 69

こた「これってどうするんだろう?パート全部ひっくるめて
   譜面難易度で一括してやるのかな?」
(ヘリコB黄 こたB緑 ひとO赤、ヘリコB黄 こたO緑 ひとG赤とかのように)
ヘリコ「どうなんだろうね。ifの話なんだし別に深く考えなくていいと思うけど」
ひと「流れ切ってパート別で考えてみるとするとこれがベストですね」

G譜面
ヘリコ緑 こた黄 ひとり赤
B譜面は全員(ってかこの一家に限らず殆どが多分)赤なしなので保留

O譜面
ヘリコ緑 こた黄 ひと赤

こた「…って、全部一緒じゃないーっ!みんながB赤譜面もちだったらよかったのにorz」
ひと「とりあえずこれでG譜面の合計は117。O譜面は125…ですね」
ヘリコ「じゃあこれでおk?」
こた「だね。なんでみんなしてB赤ないのかなぁー…あったら私が緑だったのに」
ひと「みかん姉様そういう事いうんだったらDMで黄色嫌だって言えばよかったんでは」
ヘリコ「まーまーまーまー…ここで喧嘩してないで。
  そういう熱気は大会に取っておこうよ」
こた「…そうだねぇ…うん、ごめんねひとり」

…ということでおながいします

334 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/28(木) 18:18:59 ID:ZlgGpxpw0
…と思ったら案が出ていたorz
じゃあこうします↓(実質桃色カプセル3/2

こた「赤の合計で決めるんだ?」
ひと「…みたいです」
ヘリコ「じゃあこうなるね」

G B Oの赤のみ抜粋
ヘリコ 44 - 51
こた46 - 50
ひと68 - 69

こた「どうあがいても重複しちゃうね」
ヘリコ「しょーがない、B黄だけ持って来てひとり」
ひと「はい」

ということで真ん中は黄譜面です
ヘリコ 44 35 51
こた46 35 50
ひと68 52 69

こた「…210以内だったっけ。まあ私たちLv低いから関係ないだろうけど」
ひと「ヘリ姉様がO、みかん姉様がB、私がGで154ですか」
ヘリコ「…で、私がBのみかちゃんがG、ひとりがOにすると185。
  圧倒的にこっちの方が合計Lvあがるね」
こた「じゃあそれで」

…今回えらく早く決まった気がry

335 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/28(木) 18:23:18 ID:6HG4ouPx0
〜色兄弟家〜
イエパニ「>>329が俺のDM出場の可能性を0%にした件」
ホワトル「落ち着いて兄さん。でも分けてくれたのは感謝してます>>329さん」
パプスト「そうでないと私たちがDMで出れなかったですから」
ライム「イエパニお兄ちゃん元気出して。またいつか活躍できる日が来るよ」
パプスト「で、あとは出場者ですね」
イエパニ「うう…、ありがとう二人とも。で、強さで行くならDMはトリトラの3人だな」
ライム「ホワトルお兄ちゃんが88、パプストちゃんが82、ブラホラお兄ちゃんが77ね」
ブラホラ「GFはホワトル赤G95、パプスト赤G94、ライム赤O84、で決まりか」


〜ささきっさ〜
イスト「>>329呪ってやる〜一生かけて呪ってやる〜…」
蒼「さっきまでの元気はどこへやら、ね」
タイピ「じゃあ私たちはB-1会場に戻るです」
ボビス「気をつけて下さいね〜」
ゆら「じゃあ仕切りなおしで誰が出るか調べましょうか」
落「DMは私はレベル超過ね…。だからゆらさんの92、デパチャの88、ボビスの74ね」
デパチャ「GFは姉貴の赤G90、ボビスの赤G81、ゆらさんの赤O78…か」

俺の書いた>>322>>325はBEMANIwikiからのレベル表記です。

>>329
計算は確かに大変でしたがあまり苦にはならなかったですよ。
あまり気にしないで下さい。


336 :335:2006/12/28(木) 18:26:02 ID:6HG4ouPx0
ごめん、この流れ全く見てなかったorz
GF書き直してくくるから待っててorz


337 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/28(木) 18:34:56 ID:QCfbO49AO
ちょwwなんだこのカオスっぷりwww

小野枠の話でも書いてみようかと思ったけどDM白ネGF紫ネで高レベル譜面はフィーリングでしかわからない自分が書いてしまっていいものなのか…

338 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/28(木) 18:46:22 ID:T74J16g30
〜色兄弟家〜
ライム「また訂正!?何度呼べば気が済むのよ!」
ブラホラ「こら、中の人攻撃するのはよせ」
ホワトル「GFだけなんだしさぁ…。で、どうしようか」
イエパニ「ちょっと>>322から赤だけ持って来る」
Guitar
黄63 黒64 白95 緑81 紫94
Bass
黒59 白89 緑64 紫78
Openpick
黒66 白97 緑84 紫96
パプスト「合計210以内…前回の案だと273…超オーバーね」
ブラホラ「しかも今回はGBOそれぞれで分けるらしいからな。ちなみに平均70か」
ホワトル「これだと僕は出れないね。B89で頑張っても無理だ」
イエパニ「kwsk」
ホワトル「イエパニ兄さんGで63、ブラホラ兄さんOで66。合計218。僕がGかOならなおさら無理だよ」
ライム「イエパニお兄ちゃんがGで63、ブラホラお兄ちゃんがBで59、あたしがOで84。合計206。どう?」
パプスト「今のとこそれでおkでしょう。もっといいのがあったら誰か教えてくれると助かります」
ただ計算がいやなだけな罠orz
ささきっさはもう少し待ってて下さい。

>>336
>>書き直してくくるから
「く」一個多い…。慌て杉俺乙orz

339 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/28(木) 18:49:40 ID:9jPIVOk/O
大会選曲ルール(まだ改良の余地あり…orz
原則としてレベル95以上(95も含む とはB-1本戦参加曲は参加不可
DM,GF別々に大会選曲がある
DMの参加曲は 緑,黄赤を一曲ずつ選曲し 更に3曲のレベル合計は190以下(最大190
GFの参加曲は G,B,OPを一曲ずつ(各レベルは何でも良い 更に3曲の合計は190以下(やはり190にさせていただきますm(_ _)m
DMの選曲とGFの選曲は別に同じでなくて構わない(両方に出るのも構いません
後 アーティストがかぶる曲はどちらかで選ばれたら もう片方には出れない
どうしても出したい曲がある方は要相談w
後 中の人はGFに詳しくが無い為 先にDM先書かせて頂くので悪しからず…orz
このルールでやらせて頂きますw
大晦日までに自分の選曲を通したい方は お申し付けくださいm(_ _)mw

340 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/28(木) 18:52:06 ID:R22v/RTT0
オレンジラウンジ(ふなきっさ開店期間中)

1/2
フリフリ「突然だが、家族会議だ」
一同「・・・・・・・・・・」
Flow「またかよ」
フリフリ「うるせぇ!だから黙ってろって!
   ・・・・ごほん。みんな>>303を見た?
   これは「初心者専門曲」と言われるTOMOSUKE曲の強さを知らしめる大会だ!!」
カゴノトリ「そんな異名いつ付いたの?」
フリフリ「今つけた。とりあえず、今日は店は臨時休業!
   今から「ギタドラ王座決定戦」の出場者3組を決めるよ!!」
カゴノトリ「また勝手に名前つけたよこの人」
空言「・・・・・ちょっと・・・・ありきたり・・・・・・」
フリフリ「そこ、突っ込むな!!」
Infinite「強さで考えたら明鏡・ジェッ娘・アルケーだな」
トゥウィンクル「それだったらみんなDM・GFのどっちかは80越えだしね」
ジェッ娘「あ、あたし今回はパス〜・・・・みたいな」
ランジュ「えぇっ!なんで!?」
マーマレード「あんた結構強いのに、もったいないじゃん!」
ジェッ娘「だってー、受験までもう1ヶ月ないんだよ!!
    年末だって楽しく過ごせるわけないのに、そんな大会に出たら・・・・勉強が・・・・」
カゴノトリ「あぁ、そっか・・・・。負けてもいいって考えで出たら相手にも失礼だしね」
ミンキャン(まだその設定生きてたんだ・・・・)
Flow「えー、俺だったら絶対受験そっちのけで出るぞー」
Infinite「お前はちゃんと勉強しろ!」
フリフリ「じゃあ、代わりに誰を入れようか・・・・」
カゴノトリ「ブラジリさんは?一応ドラム80越えてるし」
ブラジリ「でもワタシ、オープンピックないデスよ?」
ジャイアン「ん?オープンピックも備えなきゃだめなのか?」
ランジュ「ルールというか、規則には書いてないみたいだよ」
マーマレード「B-1の方見てもわかんないし・・・・」
リーチン「ちょっとまとめてみたら、DMで強いのは明鏡、GFで強いのはジェッ娘なんだけどねぇ・・・・」
ジェッ娘「あはは、ごめん・・・・」


341 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/28(木) 18:53:16 ID:R22v/RTT0
フリフリ「・・・・・じゃ、こういうチームはどうよ?
   D ブラジリ緑(46)+アルケー黄(66)+明鏡赤(87) 
   G ジャイアン緑(46)+ティゾナ黄(59)+明鏡赤(77)
   B ティゾナ緑(35)+カゴノトリ黄(53)+明鏡赤(58)
   OP リーチン緑(37)+アルケー黄(58)+明鏡赤(80)   」
明鏡「・・・全部拙者が赤でござるか」
フリフリ「だってジェッ娘がいないし、それ以外で強いの明鏡しかいないもん」
Infinite「・・・・あー、だめだ。計算したらDだけ190越えるよ」
ジャイアン「同じ87ならアルケーの方が強いと思うぞ。逆詐欺と詐欺の違いがあるし」
ラバーズ「黄色に明鏡入れたらちょっとは190に近づくね」
フリフリ「・・・・いや、ここは明鏡を緑担当にして、その強さを緑担当のやつらに知らしめるべきよ!」
ランジュ「そしたら、黄に56以下の人入れると丁度だね!」
マーマレード「じゃあリーチンさんは?55だし。」
リーチン「あぁ悪いけど、参戦するのは興味ないのよ・・・。
   私はカゴノトリがいいと思うわ。ドラムが凶悪らしいじゃない」
フリフリ「よっしゃ!カゴノトリは黄にいけ!」
カゴノトリ「え、わ、私が!?勝てるかなぁ・・・」
フリフリ「あ、アルケー、明鏡、二人ともどう?」
明鏡「・・・拙者に異論はない」
アルケー「私も・・・みなさんが言ってくださるんでしたら・・・」
フリフリ「じゃ、Dチームは明鏡、カゴノトリ、アルケーで決まりね!
   次はGチームを・・・・といいたいところだけど」
一同「?」
フリフリ「いったん夕飯にしよー」
ズコー
ジャイアン「別にあとでもいいじゃねーか!」
フリフリ「だめ!そろそろ食べないと脳に栄養がいかなくてGチームがめちゃくちゃになるって!」


というわけで、GFの方はあとで考えてきます・・・。

342 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/28(木) 19:12:05 ID:tmsozgUm0
ケンタ「俺たちは数揃ってるからまああまり悩む必要はないな」
ワザ「俺も出場したいな…」
コクピ「冗談はよせwwwどうせ出てもボコボコがオチだwww」
ヘリング「そうそうwww」
ジョーカー「とりあえず俺たちは応援な」
ケイコ「参加できないしな…」

ミラージュ「えっと…最強を集めるとコクピ赤92+ヘリング黄60+俺緑45で…197か」
ワザ「オーバーか…俺が入るとなると低すぎるな…(60→46 計183)」
ケンタ「待て。赤に俺を入れてみたらどうなる?」
コクピ「ちょwwwwww俺の活躍の場がなくなるwww」
ミラージュ「ケンタ85+ヘリング黄60+俺緑45…ちょうど190だ」
ケンタ「よし、これで俺も出場できるな!元97の意地を見せてやるぞ!」
ヘリング「うはwwwがんがんるおwww」

アネモネ「ワザはあれでいいのか?お前参加したがってたが…」
ワザ「…いいんだ。俺は裏方が似合うからな…俺セコンドやる。おいお前ら!絶対勝てよ!」

GFは別なJimmy党の人たちに任せます
自分が勝手に決めてもいいのだろうか…

343 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/28(木) 19:13:02 ID:yzMmtjpr0
流れ無視。>>220-225>>272の続きみたいな感じ

ストラン「はい、HELLOつれてきたよー」
フィール「ありがとうございます。これで全員ですかね」
スマイル「あのさぁ、家族同士なんだから敬語やめない?」
キャプテン「しょうがないだろう。前の削除のときから急に腰低くなって癖になってしまってるんだ」
ダンフォ「削除って怖い・・・」
サムハー「あれ、Save a little somethingとかJust In My Heartは?」
フィール「そういったボーカル曲の皆様には関係のない話ですので」
ハローユー「寒い」
ストラン「じゃあ服着なさいよ!」
ユーキャン「ま、曲が曲だからしょうがねぇんだろ。で、そろそろ本題に入れよ」
スマイル「ゲットレディとシューティングスターがいないけど・・・まぁいいか」
キャプテン「とりあえずこれを見てほしい」
サムハー「・・・漫才?」
ストラン「しかも貴方たちがやってるじゃない」
フィール「今は空前の喫茶ブームとなっています。ブームの火付け役となったささきっさ。それに乗せられるように色々な店が喫茶店以外でも建っております」
キャプテン「しかし、こちらは料理の腕もなく、これといった特徴もない」
ユーキャン「あるのは詐欺要素だけってか」
フィール「そんなところですね」
ストラン「え、認めるの?」
キャプテン「というわけでだ。ブームとはまた違うが古川お笑い事務所をたちあげようと思う」
スマイル・ストラン「えー!!」
スマイル「喫茶店何も関係ないじゃない!」
ストラン「・・・いや、ここは一同えー!ってなるところでしょう!」
サムハー「いいんじゃない?楽しそうだし」
スマイル「でもネタとか誰が作るのよ」
ダンフォ「あ、それは僕が・・・」
フィール「実は私たちがやった漫才もDANCEさんが考えてくれたのですよ」
ユーキャン「誰にでも変な才能はあるもんだな」



344 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/28(木) 19:21:42 ID:yzMmtjpr0
フィール「とりあえずくじで組を決めようと思うんですが・・・」
キャプテン「今までの流れでツッコミは決まったようなもんだな」
スマイル「・・・私たちってこと?」
ストラン「勝手に話進めないでよ!大体、今いない二人はどうするのよ!」
ダンフォ「あ、その二人なら今講演いってます・・・」
スマイル「もう一組決まっちゃってるの!?」
ハローユー「お腹すいた」
ストラン「今この状況で言えることじゃないでしょ!」
サムハー「まぁとりあえずやってみようよ。ボーカル曲と違って僕ら収入入らないんだし」
ユーキャン「しかも選曲されないから安月給だ」
スマイル「痛いところつくわね・・・」
ストラン「分かったわよ。やればいいんでしょう?もうやり直せないし、別にいいわ」
キャプテン「じゃぁとりあえずくじ引きは明日するからもうご飯食べよう」
ダンフォ「えっと、今日の係だれでしたっけ・・・」
ハローユー「私ー」
スマイル「じゃあお願いね。ああ、ツッコミすぎて疲れた・・・」
ストラン「私もー・・・」

345 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/28(木) 19:46:06 ID:gN0O+OC70
〜ささきっさ〜
ゆら「今日3度目です。まあもっと多い日もありましたけど」
イスト「色兄弟家はかわいそうだね、こんなに多いのは慣れてないだろうし」
アルケー「デパチャさ〜ん♪遊びにきました〜」
落「あ、いらっしゃいアルケーちゃん」
ボビス「おっと、それより>>325から赤譜面を、と」
Guitar
ボビス81 落90 デパチャ62 イスト59 ゆら74
Bass
ボビス黄43 落89 イスト黄21 ゆら黄58
Openpick
イスト67 ゆら78
落「うーん、私が出るにはGだけね。Bはボビス黄43、Oはイスト67で200。あ!惜しい〜!」
ゆら「どうかしましたか?」
落「Bがボビス黄43、Oがゆらさんの78。合計が211。私がBだとGデパチャ62のOイスト67で218なの」
アルケー「?…皆さん何やってるんですか?」
デパチャ「これはな、>>303なんだ」
アルケー「へー、模擬B-1ですか。お姉さまたちにも伝えておこうっと」
デパチャ「まあ、色々制限あるから(>>329>>331)気をつけてくれ」
ボビス(本当アンカーって便利だよな…)
落「私は出ないほうが良いわね。Gがボビス81、Bがゆらさんの黄58、Oがイスト67で206ね」
ゆら「私がOだと…。落書き帳さんがGで90、イストさんが黄Bで21だから…189。やっぱりOはイストさんですね」
デパチャ「じゃあ姉貴の言った案で決定だな」
アルケー「あれ…?デパチャさん出ないんですか?」
デパチャ「ああ。それにもう俺はDMで出ることが決定してる。あとひとつ言っておきたい」
アルケー「何ですか?」
デパチャ「アルケーは確かTOMOSUKE曲内DMが一番だから出ることになるだろうけど…」
アルケー「デパチャさん…?」
デパチャ「頼む!試合で俺と当たった時はに遠慮せずに発狂をかましてくれ!」
アルケー「えっ!?無理ですよそんなの!私の大切な人にそんな事出来ません!!」
落「お願いアルケーちゃん。デパチャの言うとおりにしてやって」
アルケー「え、そ、そんな…」
ゆら「大丈夫ですよ。これでもデパチャは赤88なんですから。それに…」
イスト「百姉さんや蒼姉さんの発狂を乗り越えた底力もあるしね」
百&蒼「ヘックシ!」
タイピ「姉さんたち風邪ですか?休まないと試合に響くです」
デパチャ「だからFT2の時みたいに全力で頼む。いいかな?」
アルケー「………分かりました。その代わり、デパチャさんも本気出してくださいね」
デパチャ「えっ!?…そ、それは……分かった。その時だけは正々堂々と、だ」
ゆら「いいですねぇ。そう言ってくれる彼氏がいるなんて」
落(DDシリーズは反則だから出られないけど、私はDD7を攻撃できるかしら…)
ゆら「大丈夫ですよ。試合のときはそんな事思わないはずです」
落「ゆ、ゆらさん!?何で分かったの!?」
ゆら「顔を見れば分かるものですよ」

最後はバリエーション増やす為アルケーわざわざ入れたらこんなに長くなって…orz

346 :345:2006/12/28(木) 19:47:40 ID:gN0O+OC70
また会話見てなかった…
スルー宜しく。orz

347 :345:2006/12/28(木) 20:29:37 ID:JdWWB6Ae0
190が上限なら
DM(左からBSC,ADV,EXT,Total)
色兄弟 黄34 紫56 白88 178
ささきっさ ボビス24 ゆら67 落98 189
GF
色兄弟(仮) G黄63 B黒59 O緑ADV62 184
ささきっさ G落90 BイストADV21 Oゆら78 189
もうネタがないorz

348 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/28(木) 20:43:13 ID:9jPIVOk/O
>>337さん
書けばいいと思いますよ(僕は水色と白ですからwww

>>342さん
jimmyのはそれで全然okですよw

>>347さん
最大94までですよw
決まったのはピンカプ,鈴木愛,jimmyですねw
後決めたい方は早く決めてくださいねw

349 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/28(木) 20:59:38 ID:9jPIVOk/O
>>335さん
そう言って貰えると有り難いですm(_ _)m

350 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/28(木) 21:43:31 ID:HvFlUMti0
B−1祭り真っ最中ですね。
そんな流れを無視しての投下スマソ

――聖夜のLIVE――
僕を無理矢理乗せたJJ-roadさんの車は、あっという間に目的地に着いた。
JJ「さ、着いたぞ二人とも」
オバゼア「ありがとうございました。さ、DD7君、行こう!」
手を掴まれて車から降ろされると、僕等の目の前に黒いマントを羽織った男が現れた。
???「やぁ、二人の到着を待っていたよ」
オバゼア「あ、どうも。今日は宜しく御願いします」
???「こちらこそ。さぁ行こうかDD7」
DD7「!?どうして僕の名前を!?」
男は答えずに、僕とオバゼアさんを案内した。
僕はこの短期間ですっかり混乱していて、オバゼアさんがずっと僕の手を握っていた事に気付いていなかった。

案内されたのは、広場のような場所だった。辺りは暗かったが、真ん前に大きなステージがうっすら見えた。
???「ここで待ってて」
僕とオバゼアさんをステージの一番前に残し、男は軽い身のこなしでステージに上がり、マイクを手にした。
DD7「何をする気なんだろう・・・?」
オバゼア「それはね・・・あ、始まるよ!」
オバゼアさんがそう口にした瞬間、男は勢いよく叫んだ。
???「おい野郎共!!待たせたなぁっ!!!」
曲達「ウオォォォォォォ――――!!!」
DD7「うわあっ!?」
僕は慌てて後ろを振り向いた。そこには、ギタドラV2で活動している曲達が集まっていた。
それもすごい数だ。恐らくほぼ全員だろう。
DD7「何で・・・入った時は誰もいなかった筈なのに・・・?」
???「驚いたか、わが弟よ」
DD7「えっ!?」
すると男は羽織っていたマントを剥いだ。
DD3「よぉDD7、久しぶりだな」
DD7「DD3兄さん!!??え、どうしてっ!?」
DD3「まぁ落ち着け、後で説明してやる。とりあえず・・・
それじゃあお前等!!今から今晩だけのV2最大のイベント、
ギタドラの曲によるギタドラの為の、そして我らのV2ボス曲、MODEL DD7の為の!!
SPCIAL ギタドLIVE―CHRSTMAS ver―を開催するぜっ!!!」
曲達「ウオオオォォォォォ―――――!!!!!!」
DD7「・・・へ・・・えぇぇぇぇ!!???」
DD7の驚きをよそに、オバゼアはDD7を見て微笑んでいた。

(続)
早く終わらせます。時期ネタなのでw

351 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/28(木) 21:56:37 ID:nEWh6ERmO
Des曲明日の朝くらいまで待ってくれ
今計算しようとしたらちょっとたてこんでて投下できん><

352 :347:2006/12/28(木) 22:07:40 ID:PHXckVQR0
>>348
しまったぁぁぁ!!
DMささきっさだけですね引っかかってるのは
デパチャ30 ボビス63 ゆら92 185
もっといいのがあったらうpしますね
ちなみに色兄弟はおkですよね?

353 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/28(木) 22:34:46 ID:R22v/RTT0
>>340-341の続き

1/2

フリフリ「さて、諸君。会議の続きだ」
ランジュ「みんなー、オレンジケーキあるけど食べる?」
にゃん「食べるにゃー!」
フリフリ「こらー!食後のデザートタイムに入るな!
   はい次!GFの方のチーム決めるよ!」
カゴノトリ「私たちがごはんに入る前にルールちょっと変わったみたいだね」
Infinite「G・B・Oで一曲ずつ、でも合計190以内か。これだったら強い人も選べるね」
トゥウィンクル「>>341の中から選んだ方がいいわね」
ジャイアン「だとしたら・・・・俺・明鏡・アルケーか?」
Infinite「だめだ。それだと200を越える」
フリフリ「ベースは赤で一番強い明鏡に頼みたいんだけど、明鏡、GFも大丈夫だよね?」
明鏡「・・・承知した」
カゴノトリ「じゃ、あとはGとOPかぁ・・・・あんまり高いと190越すし、
    偏るのもあれかな・・・・ほどほどなレベルでいく?」
フリフリ「いや、ギターは弱くても変わった譜面の子で、OPを高めにしようと思うのよ」
カゴノトリ「なるほど・・・ギターは技巧派でいくんだね」
フリフリ「まずはOPから決めよ!OPで強い子は・・・ジェッ娘か。
   おいジェッ娘!GFくらいは出な!」
ジェッ娘「えー!?だからアタシは受験が・・・・・・」
フリフリ「どーせ出なくても家で試合観戦してるでしょ。ここは家族のためを思って出場してよ!」
カゴノトリ「姉さんはちょっと強引な言い方だけど・・・・、息抜きに出てみるのもいいんじゃない?
    あんまり勉強勉強って根詰めしても上手くいかないだろうし・・・・」
ジェッ娘「う〜・・・・しょうがない。カゴノトリさんに免じて出てあげるよ!
    えへへ、本当は出たくてうずうずしてたし!」
Rebirth「やっぱ出るのね。がんばりなよ!」
ジェッ娘「はいはい!」

354 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/28(木) 22:39:36 ID:R22v/RTT0
2/2

フリフリ「あとはギターか・・・・TOMOSUKE曲の特徴はやっぱ「運指」と思うのよ。
   みんな、誰の譜面が特徴的だと思う?Lv43以内で」
一同「・・・・・うーん」
ラバーズ「そんな急に言われても思い出せないし・・・・」
カゴノトリ「姉さんは誰だと思うの?」
フリフリ「あたし?・・・・Flowかなぁ」
Flow「えっ、俺!?」
フリフリ「うん。40代の中では結構難しいし、それに詐欺だし」
Flow「詐欺だって言われても・・・それに本当に特徴的かわかんねーぞ?」
オレンジジェット「そう言われてみりゃあ、嫌な運指だし」
ジェッ娘「オルタきついし」
Rebirth「変な譜面だよね」
Flow「うるせー!そんなこと言われたって俺なんか・・・・」
Inifinite「出たくないのか?」
Flow「いや、出たいよ!」
フリフリ「じゃ、決定ね!出場する子!死ぬ気でがんばりなよ!?」

ランジュ「もぐもぐ・・・・あれ?もう決まったの?」
にゃん「これ美味しいにゃー」
ティゾナ「魔法のチェリータルトも美味しいデスヨ」
チョコフィロ「あ、紅茶おかわりぃ〜」
フリフリ「あんたらずっとデザートだったの!?」

というわけで、
DM→明鏡47・カゴノトリ53・アルケー87
GF→Flow43・明鏡58・ジェッ娘89
です。
時間があったら他のコンポーザーのも考えてみる。

355 :354:2006/12/28(木) 22:43:53 ID:R22v/RTT0
あ、GFの方、
Flow→ギター 明鏡→ベース ジェッ娘→OPで。

356 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/28(木) 22:45:18 ID:9jPIVOk/O
>>351さん
わかりましたw

鈴木一家(蒼そ正
蒼白「ローホーローホー」
そっと「何?」
蒼「噂の大会の出場者がちょくちょく決まってるよ」
正論「だから? 僕達は頑張っても3人だk」
蒼「だまらっしゃい!」
正「なっ…(いつも最後まで言わせてくれない…)」
蒼「大会に必ず優勝する為に作戦を練るべきよ!」
そ(他の選曲話に影響されたな…)
正「作戦って言ってもどうするの?」
蒼「とりあえず、勝ちを必ず1人は確保しなきゃいけないのよ?」
正「そりゃそうだけど…」
そ(私達全員稼ぎだけど勝てるのかな?)
蒼「私が赤、そっとが黄、兄さんが緑が一番理想なの」
正「でもレベル上の話で難易度なら…赤蒼白、黄僕、緑そっとがいいんじゃないの?」
蒼「そんな気もするわね」
そ(私達はどんな組み合わせでも越えないのね…)
正「じゃぁ、僕があk」
蒼「それは嫌!」
正「何で…orz」
そ「(赤を捨てて緑と黄で勝ちを取る作戦もいいのでは?)とりあえずこの話よりお客来たから仕事しましょ?」
ガラガラ
Libra「すいません。ヤラタムカレー一つください」
正「わかりました。ワンフレ君よろしく」
One Phrase Blues「はーい(僕の出番ってこれだけかな?)」
スイマーズ「Libraさん。お水どうぞ」
Libra「どうも」
正「それにしても客は1人ずつしか来ないな…」
そ「別に兄妹3人で人出足りてるよね…」
蒼「ならひとまずワンフレ君とスイマーズちゃんには家に戻ってて貰いましょ」
ワンフレ「わかりました。なら兄弟を探す旅をして来ます」
正「うん。頑張ってね。いつでも戻って来てもいいですから」
ワンフレ「それは有難う御座います。では行って来ます」
正・そ・蒼・ス「行ってらっしゃい」ガランガラン、てくてくてく
正「スイマーズちゃんはどうする?」
ス「とりあえず家に戻って家事の手伝いをします。忙しくなったら呼んでください」
正「わかったよ。スイマーズちゃん」
ス「ちょくちょく来るとは思いますが、頑張ってくださいね」ガラガラ、すたすたすた
正「さて3人になったけど、頑張るぞ」
そ「まぁ頑張ろか」
蒼「うん♪」

続くw

357 :マジスカ枠を考えてみました:2006/12/28(木) 23:36:13 ID:QCfbO49AO
三毛猫「で」
ダブトラ「マジスカ名義が結構少なかった件。」
三「小野曲は30曲越えてるのにニャー」
DT「10曲しかいないとは俺もびっくりやで」
三「ていうかおミャーは空気曲の分際でなぜ偉そうにこんなとこにいるのニャ」
DT「失礼な!俺かてHornsLover杯決勝曲やで!」
三「まあとりあえずマジスカ枠の曲を決めるニャ。とりあえずDM赤とオープンはニャーに決定ニャ!」
DT「ばーかwDMはお前より七福神ちゃんのほうが強いし、お前はオープンよりギターの方が強いやろ」
三「そニャ!七福神ちゃんのこと忘れてたニャ!」
DT「お前はDM緑が俺らん中で最強やから緑やれ。黄は…カサンドラ先輩が最強みたいやから後で頼んでみるわ。合計163。決まりやな。」
三「GFのほうはどうするかニャー…ギターはニャーで、オープンがおミャー…」
DT「ちょwwww俺!?」
三「強さでいったらおミャーしかいないニャ。」
DT「あ、ほんまや。あとはベースが39以下の曲か…」
三「じゃあVのアニマル杯で一緒だった琉球ちゃんに頼んでみるニャ。」
DT「ほな決まりやな。次は小野枠や!」

358 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/28(木) 23:37:15 ID:fQ26ETYHO
ハンサムジェットは
誰?
純勉歌
ギタードライブ
あたりがいいんすかね?
携帯なので難易度わかりません
すみませんm(_ _)m

359 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/29(金) 00:08:01 ID:nwaTnS8JO
100秒とヘリングの進展期待age!!!

360 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/29(金) 00:18:09 ID:Iv636e+yO
うわ、凄い盛り上がりようw皆さんお疲れ様です。
『if』の話なので出られたのに出てない曲を闘わせてみました

U「さぁ、この試合はなかなか面白いことになりそうだぜ!赤コーナー!降る雪は、月明りに照らされて、それは舞い散る花のように…ポコポンスクラッチ!雪月花!ちなみにセコンドはロリコン和服生足フェチことinnocent wallsだ!」
雪月花「ポコポンポーン!」
観客「うおぉぉぉぉぉ!」
ロリ壁「ちょっと待て!誰がロリコンか!普通そこは白壁…って、名前変わってるしorz」
U「続いて青コーナー!気付いた時には貴方はもう支配されている…バカボンウィルソン!UNDER CONTROL!ちなみにセコンドは最速糞譜面ことFunky Sonic Worldだ!」
アンコン「クワァシテッポイ!!」
観客「ヴォオォオオオォイ!!」
FSW「よっしゃあアンコン!気合いいれてけ!」
U「それじゃあ準備は良いか?READY…FIGHT!」
カーン!
アンコン「バァチャン!バァ!バァ!ウワァ!」
雪月花「ポコー!」
ロリ壁「序盤は耐えろ雪!終盤まで耐えれば勝てない相手じゃない!」
アンコン「クワァシテッポイ!」
FSW「よっしゃあ!良いぞアンコン!その調子!」
U「さぁいきなり激しい攻防が繰り広げられてるぜ!この勝負もどちらが勝つか予測不能だぜ!」
アンコン「バカボンウィルソン!」
雪「ポコポンポン!」
U「え、えーと…」
アンコン「クワァシテッポイ!」
雪「ポコポコポッポン!」
アンコン「バアァァァァァァァァ!」
U「えと…試合終了?…判定は…赤1青2よってUNDER CONTROL選手の勝ち?」
アンコン「バアァァァァァァァァ!」
FSW「やったなアンコン!今夜はロースにユンケルあと一杯だ!」
嘆きの樹「あ〜あ、残念だったわね雪ちゃん。まぁセコンドがロリ壁じゃねえ…」
ロリ壁「俺のせいかよ…orz」
100sec「ていうか…」
観客「両方とも何喋ってるかわからない…」


361 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/29(金) 00:36:04 ID:XJpGOx+80
〜色兄弟家〜
ブラホラ「ライムとパプストはもう寝たようだな」
ホワトル「もう深夜だしね。で、GFどうする?」
イエパニ「どっちみち誰かがADVにする必要があるらしいな…」
ホワトル「イエパニ兄さんG63、ブラホラ兄さんB59、ライムちゃんO84、計206。ダメか」
ブラホラ「兄貴G63、ライムB64、俺O66、計193。惜しいorz」
イエパニ「どうせなら親父には悪いがBを捨ててG、Oのオルタ勝負ってのはどうだ?」
ブラホラ「ホワトルとパプストをADV以下に…か。確かにまだオルタが残ってる」
ホワトル「でも僕はBSCじゃ迫力が無いな…」
イエパニ「ホワトルGADV72、パプストOADV76、するとBは42以下…ブラホラのBSC35で計183だ」
ブラホラ「パプストはBSCでもいいだろ。あのオルタ速度ほぼオバゼアと変わらないんだし」
ホワトル「僕のGADV72、パプストちゃんのOBSC50、これならBが68以下になるね」
イエパニ「ライムを入れればいいんじゃないか…?B64で合計が186だ」
ホワトル「これならあの仮案より高いしね。これでいこう」

362 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/29(金) 00:51:44 ID:XJpGOx+80
まとめます。(左からBSC,ADV,EXT,Total)
色兄弟
黄34 紫56 白88 178
G白ADV72 B緑64 O紫BSC50 186
ささきっさ
デパチャ30 ボビス63 ゆら92 185
G落90 BイストADV21 Oゆら78 189
Jimmy(DM)
ミラージュ45 ヘリング60 健太85 190
TOMOSUKE
明鏡47 カゴノトリ53 アルケー87 187
GFlow43 B明鏡58 Oジェッ娘89 190
マジ-SKA
三毛33 カサンドラ50 七福70 153
G三毛79 B琉球ADV38 Oダブトラ72 189


363 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/29(金) 00:52:19 ID:icDGFwkTO
ハイツJ-POP

天体「B-1まがい大会があるらしいけど、俺らはどうするよ」
リライト「まがい物扱いは失礼だよ…」
セイリング「俺達レベル低いからなぁ… orz」
天体「パナソニックさん呼んで来たぜ」
パナソ「ヘイ、ボーイ達どうした?」
リライト「あ、実はね…>>303の事なんだけど」
パナソ「ほうほう…なるほど…」
天体「緑担当と黄担当どうするよ…他に比べたら弱いぜ…俺達('A`)」
リライト「う〜ん…ドラムの緑でそれなりに戦えそうなのはパナソニックさんや僕辺りか…」
天体「Gentlyの奴を忘れるな…」
カルマ「ギターの方が決め易くね?」
天体「だな…」
パナソ「て言うかブラサン達呼んで良いか…?」
天体「リライト、ついでに南風達も呼んで来てくれ
リライト「あ、わかった」

―そして
南風「これが初出演な件」
天体「知るか糞詐欺曲、お前赤GとOのレベル幾つだっけ?」
南風「orz 70越えてんのOだけなんだけど…」
天体「把握した、他の人は?」
メタクイ「ワタシハ、Gガ75、Oガ76ヨ」
パナソ「俺はGが80、Oが85だ」
ブラシー「俺ハGガ77、Oガ81ダナ」
ブラサン「Yeah!俺はGが78、Oが79だZe ( ゚д゚ )彡」
ハンサム「ウヒョー( ゚д゚ )彡俺はOが引っかかってるがGはギリギリ94だぜぃ」
天体「ウゼェよ、貴様らこっちみんな」
カルマ「まずはGとOから決めようか」

G
緑担当 STAY 32
黄担当 1000t 59
赤担当 ハンサム兄弟 95

計186

O
緑担当 黒羊 47
黄担当 シンガウェ 54
赤担当 パナソニック 85
計 186

天体「まぁ、こんなもんか」
シンガウェ「やべ、責任重大だなw」
1000t「兄弟で同じチームかよw」
STAY「僕でいいのかなぁ?」
リライト「ドラムはどうする?」
天体「あ〜、後で決めるわ」

ドラムは後程…

364 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/29(金) 01:03:02 ID:icDGFwkTO
うわ…DMの選び方してもた orz

すみません、考え直します…



天体「ったく…しっかりしろよ…」
リライト「誰に言ってるの?」
カルマ「まぁ、中の人が馬鹿だから仕方n」
天体「それ以上言うな」


365 :小野枠を考えてみました1/2:2006/12/29(金) 01:27:19 ID:7LbkjUUAO
オバゼア「たいへんだー!じっちゃん!」
エンシェ「どうしたんじゃオバゼア」
アレナロハ「若?トイレに暗黒騎士でも出たんですか?」
ゼア「違うよじっちゃんとアレナ!『>>303』だってよ!」
エン「ほぉ」
アレナ「でもB-1参加者は出られないみたいじゃないですか。だから若は…」
ゼア「だから僕、一生懸命じっちゃんとアレナのこと応援するからね!」
エン「またお前は早合点して…わしらが出ると決まった訳じゃなかろうに」
ゼア「でもアレナはDM赤僕の次に強いし、じっちゃんだってDM緑は僕の次に強いじゃないか!」
エン「そうか…そこまで言うなら出ようかの…」
アレナ「え、エンシェさん!つか僕稼ぎですよいいんですか!?」
ゼア「だってこうでもしないとアレナみたいな空気曲は活躍できないじゃないか!」
アレナ「orz」
エン「それではDM黄はどうするのかの…」
ゼア「えっとね、(電卓を叩く)66以下の曲に頼めばいいんだけど…」
アレナ「あっ、クラトラさんがDM黄ちょうどぴったり66ですよ」
エン「…じゃがクラトラは演奏会で忙しいんじゃなかったかのー」

366 :小野枠を考えてみました2/2:2006/12/29(金) 01:29:31 ID:7LbkjUUAO
ゼア「中の人が動かしにくいかもしんないよ」
アレナ「ちょwwwww」
ゼア「じゃあクラトラ先輩に一応頼んで、駄目だったらその次のワンフレ先輩にお願いしてみるね」
エン「うむ、頼んだぞ。GFはどうするかの」
ゼア「そんなの楽勝だよ!赤OP92のカクテル先輩がいるんだもん!」
アレナ「なるほど!で、残りの98の振り分けはどうするんですか?」
ゼア「ん…」

エンワル「♪どうせ僕は空気曲〜たったったったーったった…」

ゼア「おい、そこの空気曲」
EW「(´・ω・`)」
アレナ「そっそれ酷くね!?」
ゼア「>>303、出るよね?」
EW「僕でいいんですか?空気曲糞譜面の…」
ゼア「はい決定」
アレナ「随分適当だな!」
ゼア「えっと…ワルツがベースだと残りが71だから…」
EW「しかもベース…(´・ω・`)」
ゼア「ん、じっちゃんでいいや」
アレナ「ちょっと若ぁぁ!そんなんでいいんですか!」
ゼア「いーんだよ」
EW「アイ-ンダヨ-」
エン「まあもし都合が悪かったら代わってもらえばええからのう…」

367 :小野枠を考えてみました後書:2006/12/29(金) 01:32:41 ID:7LbkjUUAO
携帯からだと長文が投下出来なくて辛い…
とりあえず適当に埋めてみた。
小野ギタ枠はベースがバラつき杉故に完璧にネタ選曲になってしまったのでこれよりもっといい選曲あれば他のネタ師の方にお任せします。
ツッコミがアレナなのは…なんとなくです。。

>>360
謎語対決噴いたwセコンドの馬鹿っぷりもこうしてみるといいw
あっ馬鹿っていうのは…ちがっ高速連バスはらめぇぇガシャン

>>362
まとめ乙です。
レベルがばらついてて面白そうだw

>>鈴木の中の人
クラパシリーズは濃過ぎて動かしにくいと思うんで、ワンフレと好きな方選んじゃっていいです

368 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/29(金) 01:37:59 ID:icDGFwkTO
パナソ「そんじゃ、俺はドラムの為に体力温存したいからギターは他に任せるぞ」
リライト「そうですね、改めて」

G黒羊 77
BベイサイドADV 47
Oシンガウェ 62
計 186
天体「コレで行くか…黒羊が引っ張る形になるが」
黒羊「俺ノオルタトリセットデボコボコニシテヤンヨ」
ハンサム「ウヒョー俺は出場無しか( ゚д゚ )彡」
カルマ「だから、こっちみんな」
1000t「中の人の馬鹿…(´;ω;`)」
シンガウェ「まぁ、頑張ろう…」
ベイサイド「アタシ…頑張らなきゃ!!」
天体「宜しくな」
リライト「頑張ってね」
カルマ「ドラムはどうするよ?」
天体「赤はパナソニックかブラサンだろう…」
リライト「黄担当が問題だよね…」
カルマ「黄は1000tが良いかも?」
天体「取りあえずそうするか」

赤担当 パナソ 89
黄担当 1000t 58 緑担当 星のカケラ 32
計179
1000t「あ、良かった〜」
カケラ「わ…私ですか?」
パナソ「俺達版権は黄以下になると大変だよな…」

他に良い案があれば教えて下さい (´・ω・`)

369 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/29(金) 02:24:47 ID:mzEfquN4O
>>353-354さん
御協力有難う御座いますm(_ _)m

>>362さん
まとめて頂き非常に有難う御座いますm(_ _)m

>>367さん
僕は小野さんでクラパは使う気無しですw
倉3Gとかヤバいですし…(何w
とりあえず 決めてくださるなら文句は言いませんから 出来たらわかりやすく選曲名とレベルと合計を書いてくださると非常に有り難いですm(_ _)m

>>368さん
版権は扱いづらいですね(´・ω・`)
僕も似たようなのしか思いつきませんね…orz


とりあえずチーム戦の総当たり戦なので 極端に勝ちを必ず取れる曲で引っ張るって形の組み合わせもいいと思いますよw
それに 書く人の苦手曲なら意外性が出ますよ(多分w
僕の場合そこを配慮しますので悪しからず…w

370 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/29(金) 02:32:28 ID:pVXzCs0P0
>>360
ロリ壁吹いたwwおもしれぇwwww

くにたけ曲達
ミスユー「・・・・>>303ね」
エンジェル「おもしろそー!!あ、くにたけ曲も出場できるよ!」
ビープラ「私、戦いは好まないので、遠慮いたします・・・・」
デスラバ「遠慮しなくても、どうせレベル低いから出れないって!」
バランス「ね、姉さん、言いすぎだよ・・・・(おろおろ)」
スタア「やっぱ出場権があるなら、出なきゃ損だよ☆」
リグレット「そうね・・・。姉さん、どう?」
ミスユー「私は・・・・あの人が見てくれないんだったら出ても意味がないわ!ううぅぅ・・・・(泣)」
デスラバ「もー、姉ちゃんったらまだ未練たらしいなぁ」
リグレット「はぁ・・・まとめられそうにない姉に代わって、私が出場者をまとめるわ。まず、出たい人」
エンジェル「はいっ!」
スタア「は〜い☆」
デスラバ「はーい」
リグレット「あら、3人だけ?他は?」
水晶「私は・・・・・どちらでも」
マイフレ「あたしは友達が出るんだったら出るよー」
バランス「わ、私は・・・・みんなの意見が一致するんだったら出ても・・・」
リグレット「あ、そう・・・それじゃまず意見を尊重して・・・・
    エンジェル、スタア、デスラバはDMにしましょ。バランス、合計に合うように配置して」
バランス「あ、はい。えぇと・・・緑はスタア姉さん、エンジェルは黄色、
     そしてデスラバ姉さんは赤・・・・で大丈夫?問題ない?」
リグレット「いいわ。三人ともいいわね?次にGFの方決めましょ。
    こっちは強者で決めさせてもらうわよ。・・・・まず、ギターにマイフレ!(ビシッ)
    それからベースは私!最後にオープンピックはデスラバ姉!(ビシッ)」
マイフレ「え?呼んだ?メールしてて聞いてなかった・・・」
デスラバ「えー、OP?あれダルいのになぁ。ま、いいや」
リグレット「これで合計は188。いけるわね!」
ビープラ「姉さん流石ね・・・・」
水晶「日頃のドライブでの判断力や明晰さが生かされたのかしら・・・」

DM→スタア16・エンジェル38・デスラバ74 (128)
GF→マイフレ赤61・リグレB55・デスラバO72 (188)

レベルだけ見て決めたんで、実際の譜面はどれも緑しか知らなかったりorz
なのでこれが不適だと思った方は勝手に変えてください。

371 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/29(金) 02:46:55 ID:mzEfquN4O
>>370さん
くにたけ曲で最高はDMなら 緑,リグレ 黄,デスラバ 赤,バランス
GFは…しりませんw
とりあえず僕の選曲の意見は鈴木愛以外全て後回しで考えますので 他に名乗り出ない限り>>370さんので行きますよw

372 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/29(金) 02:54:37 ID:6u4oKoeq0
too「VOIDDDさん、ファンキー、ルール変更の知らせが届いたぞ」
FsW「なになに…?…俺も出られるのか!?よっしゃー!!」
ヴォイ「じゃあ早速ルールに則って作戦の立て直しだな。TS、レベル表もってきてくれ」
TS「はいは〜い」

パートは左からD、G、B、O。レベルは左から緑、黄、赤
ヴォイ 34 58 78:35 42 70:42 78 --:なし
too 21 37 60:21 29 68:28 38 --:38 45 74
大見 18 40 64:21 30 42:20 31 --:22 47 59
FsW 36 58 93:28 53 85:29 50 --:35 64 88
Tail 32 52 74:35 52 73:36 53 --:48 57 75
エンクル 17 46 73:24 38 55:22 30 60:29 38 60
真超 28 60 78:46 68 83:39 61 --:43 66 85
When 25 43 65:23 40 63:20 38 --:25 41 65
洟月 21 43 78:17 32 46:19 33 --:19 34 47

ヴォイ「ギターはGにTS黄、Bに大見解黄、Oに真超と言ったところか」
FsW「異論は?」
洟「ありませーん」
FsW「ドラム赤は俺でいいとして…緑は?」
ヴォイ「緑は俺がやろう。黄はどうする?これだけ曲がいるんだからかぶらないようにしたい」
When「なら俺にやらしてくれ。みんな似たようなレベルだからいいだろ?」
エンクル 「…いや、俺が出る。Whenにこんな舞台はまだ荷が重いとおm」
When「何?そんなことやってみないとわかんねーだろ!レベルと年だけ食ってるからと偉そうに」
エンクル 「…やれやれ。なら、やってみるか?」
When「上等だ。あんただけは好きになれなかったからな」

単にやりたかったw
続きます

373 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/29(金) 03:17:56 ID:6u4oKoeq0
too「おいおいマジか?止めたらどうだVOIDDDさん」
ヴォイ「二人がやると行ったんだ。とことんぶつかって納得してもらう」

エンクル「…なあ、俺の何が気にいらねーんだ?」
When「全部だよ。譜面が似てるとこもキャラがかぶることも…デザロさんの彼氏だということも」
エンクル「最後のは関係ねーだろ」
When「大有りだ!…これであんたに勝ったら、デザロさんに告白してあんたから奪ってやる」
エンクル「やれやれ…んじゃ、はじめっか」
大「いざ、尋常に…勝負!!」

デュクシ!

デュクシ!!
デュクシ!!!

エンクル「くっ…」
When「はあ、はあ、これで終わりか?」
エンクル「くそ…俺が…負ける…のか?」
FsW「エンクル!!それでも俺の弟か!?」
エンクル「!!!!」
エンクル(そうだ…俺は…天下の糞譜面)
When「とどめだぁーっ!」
エンクル「Funky sonic Worldの…弟だ!」

ガキィッ!!
When「何!?」
エンクル「俺の本気…受けやがれ!」
ズドガッ!
When「ぐあああっ!?」
ドサッ
When「っつう…ちきしょう…」ガクッ
エンクル「伊達に糞譜面の弟やってねーよ」

ヴォイ「じゃあドラムは緑俺、黄エンクル、赤ファンキーの糞譜面チームで良いな?」
FsW「糞譜面は余計だ」
When「…ちきしょう…ちきしょー!」
エンクル「お前…強いんだな。また戦おうぜ」
When「!!…ふん」
エンクル「おい待てって…行っちまった」

というわけでよろしく頼む

374 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/29(金) 03:24:47 ID:6u4oKoeq0
連投すまん
ついでに修正

うへころ荘チーム
DM.LV173
VOIDDD緑34:Endless cruising黄46:Funky sonic World赤93
GF.LV189
G-Tail Spin赤73:B-大見解黄31:O-¥真超深tion¥赤85

最初の奴でTS黄って書いたけどTS赤の間違いです

375 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/29(金) 03:39:23 ID:mzEfquN4O
>>372-374さん
話良かった+御協力感謝ですm(_ _)m
無事エンクルがでるので 中村枠でデザロいかせていただきまーすww


それにしても 佐々木とDesは強い…w
後は あさきとむっちゃんを考えてくれる方に期待(DDは2,3が使えますよw
自分で考えたのよりいい選曲待ちしておりますww
後 自分だとトーマスとケビンが只今脳内で2曲しか出てこない状況ですwww

376 :まとめの人の携帯:2006/12/29(金) 04:14:51 ID:talYBWI5O
なんかしばらく見ないうちにえらい流れになってますな。
ネタ師絵師の皆さん&ギタドラB-1運営の皆さん乙です。
サイトの更新が滞り気味でごめんなさい。
年が明けたら一気に更新します。

377 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/29(金) 04:28:23 ID:PMFJPSnCO
>>376
更新ガンガッテくださいな

ギタドラB-1をG-1と呼べb
…あれ?どっかで聞いたことある気がする

378 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/29(金) 07:01:41 ID:lwRRtQXWO
>まとめの人
乙&オメです。

ケビンなら計算だけはしたから昼に書けたら書きますよ。
昼が無理でも夕方ごろには書けるかと。


379 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/29(金) 08:41:44 ID:q6xQeQAh0
>>344の続き

ハローユー「できたよー」
スマイル「・・・何これ」
ハローユー「もやし炒め」
ストラン「あんた寒いって言ってたじゃない」
スマイル「で、笑いに走るなら冷奴とかそういったもの作るでしょ。で、何より」
二人「ギタドラに関連付けなさいよ」
キャプテン「はい、お見事」
サムハー「まぁ、おいしいんだからいいじゃん」
オーシャン「そうそう」
ストラン「・・・貴方いたっけ?」
オーシャン「いや、忘れ去られてた。ちょっと出かけていいもの見つけた」
フィール「あら、何を見つけてきてくれたんですか?」
オーシャン「これ>>303
スマイル「へぇ、こんなのやるんだ」
ダンフォ「B−1はこちら側は出れませんでしたが・・・」
ユーキャン「まぁ出てみっか。誰かレベル表」
キャプテン「はいよー」

380 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/29(金) 09:01:41 ID:q6xQeQAh0
キャプテン「まずはギターからね」

左から緑G、黄G、赤G、緑B、黄B、赤B、緑O、黄O、赤O
キャプテン 39 61 67 26 28 -- -- -- --
フィール  25 38 47 30 43 -- -- -- --
サムハー  37 60 83 -- -- -- -- -- --
すてき 15 34 46 22 29 -- 26 35 44
スマイル  26 34 53 22 44 -- 30 35 55
オーシャン  26 27 39 21 35 68 28 39 55
ブランニュ 19 31 39 18 40 -- 26 34 47
ゲトレディ 22 38 65 32 42 -- 32 46 72
ユーキャン  25 48 76 34 62 76 33 56 80
ダンフォ  20 30 42 20 45 -- 24 34 46
セバリル  15 30 63 19 35 -- 21 37 65
ジャスティン 20 31 49 19 42 -- 21 32 52
ビュリフォ 14 36 52 -- -- -- -- -- --
シュ-スタ  16 38 46 16 43 -- 26 37 56
ハローユー  25 36 66 29 35 38 27 38 69

キャプテン「来てない人のもまとめたよ」
ユーキャン「しかし見づれぇな」
サムハー「まぁ、そこは気にしなくていいんじゃない?」
スマイル「で、単純に大きいのでいくと・・・緑キャプテン、黄ユーキャン、赤サムハーね」
ストラン「で、計算すると・・・184。可能だね」
フィール「じゃあそれで確定ですね」
GF キャプテン(緑G) ユーキャン(黄B) サムハー(赤G)  


381 :小野枠を考えてみましたまとめ:2006/12/29(金) 09:09:31 ID:7LbkjUUAO
今沖田産業。まとめてみました

マジスカDM
三毛猫緑33 カサンドラ黄50 七福神赤70 163
マジスカGF
三毛猫赤G79 琉球黄B38 ダブトラ赤O72 189
隊長DM
エンシェ緑42 ワンフレ黄58 アレナロハ赤82 182
隊長GF
エンシェ赤G67 エンワル黄B26 カクテル赤O92 185

スキルシュミレータさんとこのレベル表見たんで違ってるとことかあったら指摘して下さい。
中の人、ギター譜面がわからないのであればPagerさんとこで見てくるのもひとつの手かと。


>>376まとめの人
元気そうでよかったです。
更新頑張って下さいね!

382 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/29(金) 09:14:54 ID:q6xQeQAh0
キャプテン「で、次がドラムね」

左から緑、黄、赤
フィール  24 36 58
すてき 23 32 68
スマイル  40 46 62
オーシャン  14 32 46
ブランニュ 14 42 65
ゲトレディ 23 36 60
ダンフォ  17 30 60
セバリル  24 33 69
ジャスティン 19 45 67
ビュリフォ 18 45 67
シュースタ  28 50 67
ハローユー  18 32 56

キャプテン「GFで行った僕と二人は除外ね」
ユーキャン「んあー、ドラム弱そうだな」
スマイル「これも単純に行くと、緑が私、黄がシューティングスター、赤が詐欺」
ダンフォ「そう呼ばなくてもいいでしょ・・・」
ストラン「これを計算すると・・・159ってずいぶん低いわね
サムハー「まぁ、しょうがないよ。ユーキャン抜けたんだし」
スマイル「ユーキャンをドラムにするとちょっとややこしくなるのよね・・・」
フィール「じゃあこれで確定で」
DM スマイル(緑) シューティング(黄) セバリル(赤)
ハローユー「じゃあ私伝えてくるー」
キャプテン「うん、行ってらっしゃい」
ストラン「・・・あれ?」
ユーキャン「どうした」
ストラン「セーブはいつものライブハウスだから分かるとして、シューティングスターの講演場所分かるの?」
一同「あ」
スマイル「でも躊躇無くいってたわね・・・」
キャプテン「あの妙な確信はなんだろう」


383 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/29(金) 11:18:12 ID:q0i7cJzH0
まとめます。その2(上:DM…左からBSC,ADV,EXT 下:GF…左からGuitar,Bass,Openpick 右端がTotal)
色兄弟
黄34 紫56 白88 178
白ADV72 緑64 紫BSC50 186
ささきっさ
デパチャ30 ボビス63 ゆら92 185
落90 イストADV21 ゆら78 189
Jimmy(DM)
ミラージュ45 ヘリング60 健太85 190
TOMOSUKE
明鏡47 カゴノトリ53 アルケー87 187
Flow43 明鏡58 ジェッ娘89 190
マジ-SKA
三毛33 カサンドラ50 七福70 153
三毛79 琉球ADV38 ダブトラ72 189
隊長
エンシェ42 ワンフレ58 アレナルハ82 182
エンシェ67 エンワルADV26 カクテル92 185
くにたけ
リグレ31 デスラバ59 バランス90 180
マイフレ61 リグレ55 デスラバ72 188
うへころ荘
ヴォイド34 エンクル46 FsW93 173
TS73 大見解ADV31 真超85 189
古川(DM)
スマイル40 シューティング50 セバリル69 159
GFはちょっと違いますね…。BGO一曲ずつです。
>>381
どうでもいいことですがマジ-SKADMのTotal違いません?

384 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/29(金) 11:33:16 ID:q0i7cJzH0
連投ですがすみません。B-1の結果です。
1回戦
第1試合・Blue River対Jet World……Blue RiverのKO勝ち
第2試合・FAKE TIME対REFERENCE……FAKE TIMEの判定勝ち
第3試合・MODEL DD6対Line Times……Line Timesの判定勝ち
第4試合・AA対Ubertreffen……UbertreffenのKO勝ち
第5試合・New World対One More Lovely……One More LovelyのKO勝ち
第6試合・Fascination MAXX対Timepiece phase II……Fascination MAXXのKO勝ち
第7試合・over there対GALAXY FOREST 11.6&12……GALAXY FOREST 11.6&12の判定勝ち
第8試合・IMPLANTAION対DAY DREAM……DAY DREAMの判定勝ち
第9試合・Cycletron対ブタパンチのテーマ……ブタパンチのテーマのKO勝ち
第10試合・冥対The legend of MAX……冥のKO勝ち
第11試合・The Least 100 sec対Presto……The Least 100 secのKO勝ち
第12試合・Concertiono in Blue対Carezza……Concertiono in BlueのKO勝ち
第13試合・嘆きの樹対Hell? or Heaven?……嘆きの樹のKO勝ち
第14試合・RE-ROOTS対CHAOS……RE-ROOTSの判定勝ち
第15試合・ピアノ協奏曲第1番"蠍火"対LUV TO ME (english version)……ピアノ協奏曲第1番"蠍火"のKO勝ち
第16試合・PARANOIA survivor MAX対Gamelan de Couple……PARANOIA survivor MAXのKO勝ち
2回戦
第1試合・Blue River対FAKE TIME……Blue RiverのKO勝ち
第2試合・Line Times対Ubertreffen……Line Timesの判定勝ち
第3試合・One More Lovely対Fascination MAXX……One More Lovelyの判定勝ち
第4試合・GALAXY FOREST 11.6&12対DAY DREAM……DAY DREAMのKO勝ち
第5試合・ブタパンチのテーマ対冥……冥のKO勝ち
第6試合・The Least 100 sec対Concertiono in Blue……Concertiono in Blueの判定勝ち
第7試合・嘆きの樹対RE-ROOTS……嘆きの樹のKO勝ち
第8試合・ピアノ協奏曲第1番"蠍火"対PARANOIA survivor MAX……ピアノ協奏曲第1番"蠍火"の判定勝ち
3回戦
第1試合・Blue River対Line Times……Line Timesの勝ち(詳細不明)
第2試合・One More Lovely対DAY DREAM……DAY DREAMのTKO勝ち
第3試合・冥対Concertiono in Blue……Concertiono in Blueの試合続行不可能・ギブアップにより冥の勝ち
第4試合・嘆きの樹対ピアノ協奏曲第1番"蠍火"……ピアノ協奏曲第1番"蠍火"の勝ち(詳細不明)
ギタドラ曲の残りはデイドリのみですね。
それより1回戦で3人負けてるなんて…。

385 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/29(金) 11:40:07 ID:q0i7cJzH0
ttp://up.mugitya.com/img/Lv.1_up69424.png.html
ポプ曲スレで作られたトーナメント表です。

386 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/29(金) 11:42:11 ID:q6xQeQAh0
>>383
ユーキャン「中のやつ出て来い」
サムハー「まぁまぁ、落ち着いて」
スマイル「じゃあユーキャンの黄B,サムハーの赤Gはそのままとして・・・緑OはGET READYね」
キャプテン「結局出られなかったかぁ。まぁいいや」
ストラン「じゃあハローに伝えないと」
ハローユー「連れてきたよー」
セバリル「どうも」
シュースタ「やぁ」
ゲットレディ「やあ」
スマイル「・・・なんで」
ユーキャン「聞いても無駄だ。多分才能だ、才能」
ダンフォ「えっと、お二人お疲れ様でした・・・」
ゲットレディ「楽しかったー」
シュースタ「僕もー」
ハローユー「疲れたー」
ストラン「あんたは迎えにいっただけでしょ」
フィール「ではお六方がんばってきてください」
ユーキャン「で、くじはどうすんだ?」
キャプテン「あー、まだできてない。もうちょっと待ってて」

うやむやに終


387 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/29(金) 11:52:42 ID:6u4oKoeq0
FsW「>>383まとめ乙!褒美に俺を好きにて良いぞ」
エンクル(色気ねえ!姉貴が言うと逆に怖え!)
ヴォイ「すまない>>383。あとでしっかり言っとくから」

うへころ荘 12/29
FsW「ほらほらさっさと片付けろ!掃除機かけれねーだろーが」
エンクル「自分の部屋くらい自分でかけるから他んとこやれ」
TS「姐さん廊下の拭き掃除終わったよ」
FsW「お疲れ!よし、次は…」
too「風呂は終わったぜ」
ヴォイ「管理人室も終わったぞ」
大「庭先は終わりでござる」
洟「トイレも終わりー」
FsW「…あらかた終わっちまったな。やっぱりここはエンクルのh」
エンクル「残念だが今しがた終わった」
FsW「ちぇっ。エンクルのおかずを発見してデザロにちくろうと」
エンクル「やめんか。まあやましいモノなんかねーけどよ」
FsW「ホントかー?ニヤニヤ(・∀・)」
too「それより…Whenのバカヤローはどこで油売ってやがる」
TS「部屋は綺麗だったから良いけど」
エンクル「…ちょっと探してくる」
ヴォイ「やめとけ。お前が行っても神経逆なでするだけだ」
エンクル「でも俺が関係してるんだ。何もしないなんてのは御免だ。じゃノシ」
FsW「あ、おい…」

カウントダウンとか考えたけど大晦日と元旦はPC開かないからムリだ

388 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/29(金) 12:08:05 ID:7LbkjUUAO
>>383
慌てて打ったんでミスりましたorz
DMはできないからGF赤でその3曲に殺されてくる。

389 :まとめます。の中の人:2006/12/29(金) 12:16:14 ID:xVkwz0qo0
これ入れてなかった…すみません。
ハイツJ-POP&提供曲連合
星のカケラ32 1000t58 パナソ89 179
黒羊77 ベイサイドADV47 シンガウェ62 186
>>383
それでも構いませんが、GFは緑黄赤については制限が無いのでもっと強く出来ます。
>>387
GJです。
うーん、とりあえず喜んでみるか…あれ?
FsW「嘘ツク貴様ノ舌ナンテチョン切ッテ捨テテヤル!!」
な、何でその技を!?ちょ、痛い、やめtアッーーー!


390 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/29(金) 12:23:08 ID:xVkwz0qo0
安価ミス
>>383>>382
俺自身に安価してどうするorz
>>388
早まらない早まらない。
ミスは誰にだってあります。
ほら、>>300以降の色兄弟とささきっさのネタだって俺が書いたんですが、
ほとんどミスor直前の流れ読めずで何度も何度も書き直してますからねorz

391 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/29(金) 12:32:49 ID:xVkwz0qo0
爆音で名前が聞こえません「上の安価ミスの>>382って>>386のことなんじゃないの?」
そうですその通りです。
GF青ネだけど上の曲全部やって死んd(ry

392 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/29(金) 15:12:30 ID:icDGFwkTO
>>まとめの人
内定おめでとうございます

ハイツJ-POP

天体「2回戦まで終わったが…」
カルマ「二寺国の選手強すぎね?」
リライト「ギタドラはデイドリさんだけか…」
ベイサイド「こうなったらデイドリさんに頑張ってもらわないとね」
グラスカ「それにしても…あの冥とかいう選手は異常ね」
リライト「デイドリさんと良い勝負じゃないですか?」
カルマ「ちょっと喉乾いたからジュース買って来る ノシ」
天体「気をつけろよ〜」

カルマ「売店は…混んでるな…確かどっかに自販機があった筈」
青龍「あ、さっきのお兄さんじゃないか(・∀・)」
カルマ「あ、どうもワラビモーチ美味しかったですよ」
青龍「それは良かった、お兄さんはギタドラ国の人?」
カルマ「そうですよ」
青龍「ギタドラ国で残ってるのはデイドリちんだけだったね〜」
カルマ「(デイドリちんって…)まぁ、俺達は応援するしか無いですよ」
朱雀「コラー!青龍、こんな所で油売ってんじゃない」
青龍「(・∀・;)エ…エサマス」
カルマ(不思議な人だなぁ…)


カルマ「あれ?迷ったかなぁ…?何か変な所に来てしまった…」
冥「あら…?スタッフの人?」
カルマ「!?」
冥「違うみたいね…何でこんな所に?」
カルマ「(うわぁ…冥さんだ…)どうやら道に迷ってしまったようです」
冥「迷子の子羊さんね クスッ 観客席はあっちの角を右に行ってしばらく行けば良いわ」
カルマ「あ、どうもありがとうございます」
冥「あ…本来この辺りは関係者以外立ち入り禁止なの、貴方一人で歩いてたらガンボルとかが五月蝿そうだから途中まで付き添うわ」
カルマ「え?良いんですか?」
冥「次の試合迄は時間もあるから気にしないで」
カルマ「何か、すみません」
冥「ココは広いですから仕方ないですよ」


ガンボル「あ、冥様お疲れ様です…そちらの方はスタッフですか?」
冥「ええ、そうよ(私が付いて正解ね…)」
カルマ(あの人がガンボルかな?)


冥「後はココを道なりに進めば観客席よ」
カルマ「ありがとうございました、試合頑張って下さい」
冥「そう言えば貴方の名前を聞いて無かったわね」
カルマ「あ、俺はギタドラ帝国の版権曲のカルマです」
冥「カルマ君ね、覚えて置くわ」

カルマ「それでは失礼します」

天体「遅かったな、道に迷ったか?」
カルマ「ああ、そうだよ」
天体「まぁ、仕方ないよな」

393 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/29(金) 15:52:39 ID:KJSqXFHC0
>>384
3回戦第一試合・Blue River対Line Times……Blue Riverの勝ち(詳細不明)
…に脳内変換しといてくださいorz

394 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/29(金) 16:42:58 ID:tRFYAFcp0
〜ささきっさ〜
百蒼「ただいま〜」
タイピ「ただいまです〜」
ゆら「お帰りなさい。だいぶ疲れてるようですからお風呂でもどうですか?」
百「ありがと、気が利くわね」
落「あんな相手に対して全力尽くしてる姉さんたちへのせめてもの手伝いだよ」
タイピ「ありがとうです。でもこれでささきっさ組は全滅ですから…」
蒼「ごめんねみんな。私なんか最後にギブアップなんかしちゃって」
デパチャ「気にするなよ…。なにせ相手はIIDX最強らしいじゃないか」
イスト「それにしてもあの冥って人…ノーツの数が半端じゃないね」
百「まあ、向こうは7鍵+皿でDMには無い全押しまであるし」
蒼「でも全押しばっかで強いとは限らないけど」
ダーティー「ヘックシ!」
Xepher「どうした?風邪か?」
ボビス「それにあの中の人弐寺に肩入れしすg」
ゆら「削除されたくなかったらそれ以上言わない事ですね」
タイピ「これからはギタドラの最後の望みのデイドリさんを精一杯応援するのが私たちの努めです」
デパチャ「そういえばオバゼアさんも…」
落「スクリーンの階段にはやっぱ勝てなかったみたいね。SRANがあればGF最強といったって過言じゃないのに」
蒼「うん、あのオルタだけは私もかなわないよ…」
タイピ「私なんて赤OPSRANされたってほとんど何も変わらないです」
イスト「ところで次のデイドリさんの対戦相手ってBlue Riverさんだっけ?」
百「そうね。しかもあの『魔王』Line Times…通称倉8…を倒した強豪よね」
ゆら「あのDD6さんの赤Bでも倒せなかったあの人を倒したってことはかなり手ごわいって事ですね」
ボビス「大丈夫だよ…。デイドリさんはスクリーンもワンモアもKOで倒したんだし」
蒼「それに彼は冥ちゃんに『決勝戦で合おう』って言ったじゃない」
デパチャ「その冥さんは次が同じ弐寺の嘆きの樹さんが相手…か」
ゆら「ここまでくれば勝敗は全く予測できませんが私たちのすることはただ一つ、ですね」
一同「頑張れ!『白昼夢』DAY DREAM!!」

395 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/29(金) 17:03:08 ID:tRFYAFcp0
『決勝戦で合おう』→『決勝戦で会おう』orz

396 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/29(金) 17:41:18 ID:6u4oKoeq0
>>387の続き

When「…くそ…」
デザロ「…?あれ、君は…Whenくんじゃない!どうしてこんなところに?」
When「デザロさん!?」
デザロ「今日はうへころ荘の大掃除だってエンクルが言ってたけど」
When「…ちょっと居づらくて…実は…」

-NONSTOP1プレイ分お待ちください-

When「…てなわけで」
デザロ「…ふ〜ん。エンクル、強かったでしょ?」
When「いや、そう特別には…レベル以上の感じはしなかったし、事実もう少しで勝てるところで…」
デザロ「そうじゃなくて、気持ちというか姿勢というか」
When「?」
デザロ「本当に強い人はね、ほんのちょっとの言葉や仕草が引き金になって実力以上を出せたりするの」
When「…」
デザロ「それに、君が負けたのは実力だけじゃないよ。姿勢の問題。
   少なくともわたしの知ってるエンクルはもし負けたとしても逃げたりしない。
   多分、次その人に勝つために努力してると思う。
   今のあなたのようにいじけてたりしないもの」
When「…デザロさんはやっぱりすげーよ。あいつをそんなに信じてるなんて」
デザロ「当然よ。いつも見てるから」
When「やっぱ諦められねーや。きっとあいつを倒してあなたを迎えにきます」
デザロ「ふふ、エンクルがわたしに愛想つかしたらね♪わたしから愛想つかすことはほとんどないしね」
When「恥ずかしいこと言うなあ。次あいつとあったら幻滅させ」
エンクル「ほう( ^ω^)」
When「て…」
エンクル「プチ殺すぞ?(#^ω^)」
When「…うおおおおりゃあああああ」←ヤケクソ
エンクル「人の彼女に手ぇ出そうなんざ…一万年と二千年早いわー!!」
When「あくえりおんっ」
ピチュン

デザロ「…やりすぎよwなあに、妬いてたの?」
エンクル「…悪いかよ//」
When「や…ら…れ…損…ゲフゥ」

397 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/29(金) 18:11:06 ID:mzEfquN4O
とりあえず 選曲の案を出してくださった方々 非常に有難う御座いますm(_ _)m
ナオキ,トーマス,ハンサム,あさき,泉,ケビン,中村,王子 を選曲したい方はお早めに…w
期限は30日の23時59分までで御願いします(大晦日入ったら書き出しますw

>>376さん
まとめ頑張ってくださいm(_ _)m

さて大会(まだ大会名未定w が始まるまで本編の方を御楽しみくださいm(_ _)mw
鈴木一家(蒼そ論
蒼白「家族会議をとっぱじめるぞ。コノヤロー!」
そっと(またパクリ…)
正論「とりあえず、浮舟さんに琉球風味カレーを出して来てからにしないかな?」
蒼「分かったよ…」ズサーッ「はい。琉球風味カレー1つお待ち」ピューッ
浮舟「早い…なのにこぼれてない…」
蒼「これでいいでしょ?」
正「(流石bpm300…)まぁいいけど…家族会議って一体何を?」
蒼「決まってるじゃない。>>303の大会で必ず勝つ方法よ」
正「必ず勝つって…赤はまずたまゆらさんやファンキーさんには勝てないよ?」
そ(苦手曲しか言わないんだね…)
蒼「そんなの、裏工作してぶつけちゃえば問題無しよ」
正「そんなのは駄目だろ? 公平にしないと…」
蒼「いいの!私達が優勝せずに誰が優勝すんのよ!」
正「Desさん所とかじゃないの?」
蒼「そんな甘ったるい答えは聞きとうないわぁ!!」
正「そんな…」
そ(相変わらず無茶苦茶ね…)
蒼「まぁ、確かに優勝は無理かな…」
正「でしょ?」
蒼「でも、TOMO曲にだけは負けたく無い!」
正「何故?!」
そ(どうせまた、中の人の苦手曲よ)
蒼「カゴノトリが出るのよ?! これは私に勝つなと言ってるのと同じ!」
正「なんだよ。その因縁付けるのは…」
そ(どうせ中の人が、オートありでも黄がギリギリだからでしょ)
蒼「とりあえず、それより、何より、すなわち、TOMOのグループには負けないわよ!」
正「はいはい…分かったよ…」
蒼「元気だせ!!」HSMAX+鈴木愛譜面
正「あ…やめ…はや…ぐはぁっ…_o__」そ(兄さん相変わらず…)
ガランゴロン(ドアが開く
スイマーズ「正論さーん…って大丈夫ですか?!」
正「あっ…スイマーズちゃん…僕お花畑が見えるよ…」
ス「正論さん!それは渡っちゃ駄目ですよ!?」
そ(兄さんも大変ね…)

続くw

398 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/29(金) 19:36:00 ID:icDGFwkTO
撫子「>>303だって〜」
ブレダン「は?マジであり(ry」
グライド「出場選手はどうします?」
シナリオ「ドラムの赤はアタシでしょ」
shining「だね〜、ギターはどうする?」
ゼニス「Oが私で良いのでは?」
チカラ「それでも良いんだけど、バランスを考えた方が良いと思うよ〜」
ウィーアー「そうねぇ…」
ヒマワリ「ドラムの黄は私がやりた〜い!」
shining「それじゃあ、ドラムから決めちゃおうか♪」
緑担当 チカラ26
黄担当 ヒマワリ53
赤担当 シナリオ83
計162

エスケプ「ゼニスちゃんかヒマワリちゃんかで迷ったんだけどね〜」
グライド「ゼニスは稼ぎ扱いされてますしね…」
ゼニス「(´・ω・`)」
シナリオ「ギターはどうする?」

ヒマワリ「そうだね…」

Gエスケプ75
Bグライド 45
Oゼニス 80
計190
ヒマワリ「コレでどうかな?」
グライド「悪く無いと思います…でも…」
shining「ん?どうしたの?」
グライド「ギターは恐らく強い方が来ると思うんです」
エスケプ「ん〜確かにね…少しギターとオープン落としてベースにブレダンちゃんかブラックちゃん入れる?」
シナリオ「でも取りあえず、コレで良いと思うよ」
shining「そうだね〜」
一同「まぁ、コレで行きますか」


他に良い案があれば教えてくだしあ (´・ω・`)

399 :378:2006/12/29(金) 19:48:56 ID:lwRRtQXWO
昼休みに書こうとしたら携帯忘れたorz

FIRE IN THE DARK「というわけで集まってもらったわけだが。」
r.p.m.RED「しかしアンコン氏が規定上赤譜面禁止、VOIDDD氏はデスロ枠出場…厳しいな。」
BRING BACK「俺なんて元一発消え曲だしorz」
plastic imitations「いやそれ関係ないし。」
under control「ソウ ロース!」
闇炎「んでプライミの奴が計算してきてくれた。」
RED「ご苦労様です。」
プライミ「まぁ他チームに比べたら比較的楽だったと思うぜ。
 まずDMだが赤はアンコンが出れねえから、その次に高い84のREDさん。」
RED「私…ですか。」
プライミ「で、黄でアンコン。63だな。」
アンコン「バカボン!ウィルソン!」
プライミ「緑だが…残りの俺らの中で高いのは33のブリングさんだな。」
ブリング「え、僕?ロング曲なのに?」
闇炎「いやそれも関係ねーから。」
RED「計180か…いいところだな」

400 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/29(金) 19:55:32 ID:lwRRtQXWO
プライミ「んで次がGFだが…OがアンコンとREDさんしかいないし例によってアンコンは赤がダメだ。」
RED「ということは…Oも私の赤…と。」
プライミ「そそ。んでBだが、アンコンの緑でいこうと思う。」
ブリング「え、黄じゃなくて?確かに70だけど…」
プライミ「そしてGは兄貴の黄でいく。」
闇炎「え、俺47しかねーよ?」
プライミ「この3つを合計すると…」
ブリング「ちょうど190!?」
闇炎「ktkr」
RED「すごいな…」
プライミ「まあこんなところだが…どうだ?」RED「責任重大だな…だがやらせてもらうよ。」
ブリング「僕も全力でいかせてもらうよ!」
アンコン「クワァシテッポイ!」
闇炎「ん?…あ、本当だ。
 プライミ、お前いねーじゃん。」
RED(わかるのか…さすが兄弟)
プライミ「しゃーないよ、勝負の世界だしね。
 俺は裏方に回ることにするよ。」
闇炎「そうか…まあお前がそれでいーならいーけど。」
プライミ「あ、でもブリングさんが中村枠に出るなら行っていいよ、俺出るからw」
ブリング「本音出やがった!」

レベルだけで考えたので譜面は考慮してません、あしからず。

401 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/29(金) 20:46:20 ID:8CG1XuuZ0
話がつかめないほど進んでる…w
どうも、桃色カプセルでございます
うちらはこの前決めたあれで大丈夫でしょうかね?
ルールがよくわかってなくて…orz

とりあえず本編

こた「とりあえずB−1すごいことになってるよね」
ひと「そうですね…ギタドラ曲は
   DAY DREAMさん以外勝ち残っていないなんて」
ヘリコ「って言ってももう準決勝だし、やっぱりBEMANI代表の
  4機種で各1曲ずつ残るのが筋ってもんじゃないかな」
こた「Blue Riverさんかぁ…たしかいろはで一緒だったな。
   詳しくは知らないけどやっぱり人外譜面て言われてたよ」
ヘリコ「でもデイドリさんが負けるとは思えないよ。初代人外譜面なんだし」
ひと(実際に見たことないのによくこんなことをやすやすと言えますね中の人は…)
こた「誰が勝つか賭けようか」
ヘリコ「そんなのデイドリさんに決まってるよ!あの最強のシンバル+バスドラ…はぁ…かっk」
ひと「(もしかして惚れたかな)でもあっちの中の人の都合からして
   何となく弐寺国の方が勝つ気がします…DAY DREAMさんに失礼ですけど」
こた「…まあ今後の対戦に期待だね」
ひと(ところでこれ勝ったとして何を賭けるんだろう…
   しかもみかん姉様誰が勝つか宣言してないし)


どの機種でも最強譜面なんて出来ないからわからないけど、
やっぱりこのスレの住人としてデイドリには勝ってほしかったりする。

402 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/29(金) 21:20:12 ID:2H3P7CFu0
まとめます。その3(左からDM(BSC,ADV,EXT,Total),GF(Guitar,Bass,Openpick,Total))
色兄弟
 イエパニ34 パプスト56 ホワトル88 178 ホワトルADV72 ライム64 パプストBSC50 186
ささきっさ
 デパチャ30 ボビス63 ゆら92 185 落90 イストADV21 ゆら78 189
Jimmy(DM)
 ミラージュ45 ヘリング60 健太85 190
TOMOSUKE
 明鏡47 カゴノトリ53 アルケー87 187 Flow43 明鏡58 ジェッ娘89 190
マジ-SKA
 三毛33 カサンドラ50 七福70 153 三毛79 琉球ADV38 ダブトラ72 189
隊長
 エンシェ42 ワンフレ58 アレナルハ82 182 エンシェ67 エンワルADV26 カクテル92 185
くにたけ
 リグレ31 デスラバ59 バランス90 180 マイフレ61 リグレ55 デスラバ72 188
うへころ荘
 ヴォイド34 エンクル46 FsW93 173 TS73 大見解ADV31 真超85 189
古川(GF仮決定)
 スマイル40 シューティング50 セバリル69 159 サムハー83 ユーキャンADV62 ゲットレBSC32 177
NAOKI
 チカラ26 ヒマワリ53 シナリオ83 162 エスケプ75 グライド45 ゼニス 80 190
Kevin
 ブリング33 アンコン63 rpm84 180 闇炎ADV47 アンコンBSC70 rpm73 190
ピンクカプセル
 ヘリコ16 こた37 ひとり69 122 こた46 ヘリコADV35 ひとり69 185
蒼そ論
 蒼白のわがままで未だ決まらず…。
あさきっさ
 誰もネタ書かず…。(俺もなんか書きづれぇww)
泉家
 誰m(ry

403 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/29(金) 22:25:27 ID:gvPjAs8N0
〜色兄弟家(喧嘩編)〜
ライム「ちょっと!>>361ってどういうことよ!!」
ブラホラ「お願いだから赤OP片手に詰め寄らないで」
ホワトル「ライムちゃんどうしたの!?」
パプスト「あ、ホワトル兄様…。お姉様ったら自分の出した案を勝手に変えられて怒ってるのよ…」
ホワトル「でもライムちゃんはBassで出てるのに…?」
ライム「いやだ!あたしOpenpickで出たい!!」
イエパニ「ライム落ち着け!出れないブラホラの気持ちも考えてみろ!」
ライム「黙れへたれ兄」
-赤OP発動-
イエパニ「ちょ、それはやmうわぁぁぁぁぁ!!」
ピチュン
ブラホラ(俺を引き合いに出すなよorz…まああまり気にしてないけど)
ホワトル「(ブチッ♯)いい加減に落ち着くんだ!!!」
-赤OP滝&SRAN発動-
ライム「ちょ、SRANはひdいやぁぁぁ!」
ピチュン
ホワトル「ふう、やれやれ…。あれ?二人ともどうしたの?」
ブラホラ「こ、怖え……ガクガクブルブル(AA略」
パプスト「ホワトル兄様…いつもはあんなにやさしいのに…」

後日談

ライム「でもSRANは酷すぎるわよホワトルお兄ちゃん」
ホワトル「ごめんね…ついカッとなって…。でもあれで納得してくれる?」
ライム「うん。いいよ(もうお兄ちゃんを二度と怒らせたくない…)」
パプスト「やっぱりホワトル兄様は優しい方が似合ってますね。クスッ」



イエパニ「妹にまでへたれだなんて……orz」
ブラホラ「兄貴………」

やっぱ兄弟たるもの喧嘩はつきものですね。
P.S.
一同「DAY DREAMさん!B-1優勝目指して頑張ってください!!」

404 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/29(金) 22:39:05 ID:mzEfquN4O
>>402さん
まとめて頂き非常に助かってますm(_ _)m

とりあえず後は泉,あさき,ハンサム,王子,Thomas,中村
ですね(とりあえず中村とThomasとハンサムと鈴木愛は考えてありますw
皆さん案が出ないようなら B-1の雰囲気が終わる前に書き始めておきたいもので…w
後大会名も募集中です(自分で考えろw

405 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/29(金) 22:45:37 ID:gvPjAs8N0
>>402
ピンカプGF合計間違えた…150ねorz

406 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/29(金) 22:51:30 ID:mzEfquN4O
書き忘れましたが…
ナオキGFの合計200になります(´・ω・`)

407 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/29(金) 23:04:49 ID:Iv636e+yO
皆さん乙&まとめの人内定オメ
流れぶった切ってまたまた『if』の話いきます


U「う〜む、正直この試合が準々決勝で良いのか疑問なんだが…これも宿命!曲紹介行くぜ!赤コーナー!幸せな空を抜けた先…どこまでも暗い闇にたたずむ一輪の花…ヒューマンシーケンサー!冥!通称たかしゅ!」
たかしゅ「その名前で呼ぶなぁっ!」
U「続いて青コーナー!数多の国を渡り歩き、虹色に輝く剣を持った白亜の戦乙女!ギタド国最強のプログレ姉妹の長女!The least100sec!」
落「お姉ちゃん頑張ってー!」
百「よろしくね冥ちゃん」
冥「はい、こちらこそ」
U「それじゃあ行くぜ!READY…FIGHT!」
カーン!
百「いくわよ!」
冥「ふふ…」
U「さぁ遂に始まったDM最強曲対弐寺最強曲。容赦を知らない2000ノーツを100sec選手がどう捌きつつ一撃必殺の虹色の滝を叩き込むかが見所だぜ!」
落「お姉ちゃん落ち着いてー!序盤は耐えて!『アレ』を決めれば決まりなんだから!」
冥「バカね…今さら隠したところで無駄なのよ!」
百「きゃあぁ!正直…2000ノーツとか…有り得ないってば!」
冥「へぇ…まだ反撃できるんだ…だったら…このぐらいやっても平気だよね?」
ー低速地帯突入ー
百「ぐ…何なの…これ…」
冥「もう終わりね。2000ノーツの花びらは、決してあなたを逃さないわ」
落「お姉ちゃん今だよ!」
百「ええ…食らいなさい!」
ー虹色の滝発動ー
冥「な、何!?私の低速地帯のチップを全て消し去るなんて…」
U「キターー!!!100sec選手!虹色の滝で冥選手のチップを全て消し去ってしまったぜ!ここから反撃か!?」
落「いっちゃえお姉ちゃん!2発目の滝!冥ちゃんが驚いてる今しかないよ!」
百「いっ…けえぇぇえ!!!!」
ー虹色の滝発動ー
冥「残念ね…楽しかったけど…これでお終いみたい」
ー32分階段発動ー
百「くっ…32分とか…この人外譜面め!」
冥「くっ…譜面はわかっているのに…捌ききれない!」
冥・百「きゃあぁぁぁぁぁぁ!」



408 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/29(金) 23:05:04 ID:6v4iA0Ln0
AXIS「みんな楽しそうでいいなぁ・・・」
エルドラ「ぼくら新人組だから出れないしね・・・」

ペパーミント「wacは3曲丁度いるよ!出場しよー!」
リトプリ「多分だめだと思うです・・・・」
繚乱「出ても意味なんか無い」
ペパーミント「もー、みんな頭固いなー!」

中古車「・・・・・・」
カウガール「・・・・・・」
アウブレ「・・・・・・」
セイワッチュ「どうしたお前ら?言わなきゃわかんねぇよ。状況が」
カウガール「・・・・>>303、私も出たいんだけど」
アウブレ「うぅ・・・・僕なんかトーマス曲にも忘れられて・・・」
セイワッチュ「安心しろ。俺もだ。
    そういや桜井曲書いてねぇな・・・・」

パズル「むぅ・・・・樽木曲もきっちり三つなのに」
ルーザー「いーよいーよ。どうせ俺ら負けるんだから・・・・orz」
bobby「はっはっはっは」
パズル「ヒゲをさすりながら微笑むだけじゃなくて、なんか言ってくれ・・・」

409 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/29(金) 23:11:06 ID:Iv636e+yO
>>407の続きです
2/3

U「な、何だこれはぁぁぁぁ!?虹色の滝と32分階段がぶつかってリングを煙が包むこんじまった!毎度毎度勘弁してほしいぜ…さて、この煙の中立っているのは…」
百「はぁ…はぁ…」
冥「くっ…私をここまで追い詰めるなんて…」
U「な、何と!二人ともあの衝撃の中、まだ立っていたぁぁぁぁ!これはもう…意地と意地のぶつかりあいだぁ!」
冥「なかなかやるわね、貴方」
百「色々背負っているからね…最強曲のプライド…長女の意地…ギタドラの威信…とにかく私は負けられないのよ!」
ーハイハット刻み発動ー
冥「その心意気は見事だわ…でも…私を倒すことは叶わない…嘆きの樹とあたるまでは使いたくなかったんだけど…さようなら」
ー最終発狂発動ー
百「きゃあぁぁぁぁぁぁ!」
U「おおっと!遂にベールを脱いだ冥選手の最終発狂!100sec選手がリング際まで吹っ飛んだぁ!」
落「お姉ちゃん!負けちゃヤダ!」
百「コンチェ…コンチェはいるかしら…?」
コンチェ「え?私?」
百「ごめんねコンチェ…貴方との約束…守れなくて…お姉ちゃん失格…よね?」
バタン
落「お姉ちゃん!立って!立ってよお姉ちゃん!」
U「3…2…1…」
カンカンカンカーン!
コンチェ「お姉ちゃん!大丈夫!?」
百「何とかね」
U「決まったあぁぁ!冥選手のKO勝ち!やはり2000ノーツの猛攻を止められるのは2000ノーツだけなのか!?はたまた終わる事のない白昼夢がそれを止めるのか!?それとも蒼き協奏曲が止めるのか!?お前らぁ!これからの試合も見逃すんじゃねぇぞ!」
観客「うおぉぉぉぉぉ!」



410 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/29(金) 23:15:29 ID:PMFJPSnCO
サンデードライバー「出たい?」
ドリアゲ「別に」
真実「つーか出場資格ねーよ」
サンドラ「あ、本当だ」
真実「大体勝てると思ってんのか?」
ドリアゲ「真実は厳しいなあ」

411 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/29(金) 23:21:15 ID:Iv636e+yO
3/3

スッ…
百「冥…ちゃん…?」
冥「楽しかったわ。また闘いましょう。」
百「そうね…」
冥「それじゃあ失礼させてもらうわ」
百「はぁ…負けちゃったかぁ…ま、しょうがない…ひっぐ…わよね…なんたって2000…うえっ…ノーツだし…あんなの捌けるわけ…」
落「お姉ちゃん…泣きたい時ぐらい、無理してお姉ちゃんらしくしなくても良いんだよ」
百「うわぁぁぁぁぁん!うっ…次こそは…絶対…」
(・ω・)つそして
コンチェ「ふぅ…トイレ行ってたらお姉ちゃんに会いにいくのすっかり遅くなっちゃった…」
冥「コンチェ」
コンチェ「わぁ!?何?冥ちゃん」
冥「次は貴方よ…」
コンチェ「え…」
冥「ふふっ…あはは…アーッハッハッハ」
カッカッカッカッ
コンチェ「冥ちゃんって…あんな子だったっけ…でももし私が冥ちゃんに勝ったら…」
デイドリ『無駄無駄無駄無駄ぁ!』
嘆き『コンチェ…私にたて突くなんて良い度胸ね…』
コンチェ「どっちにしても勝ち目ないよ…正直冥ちゃんにも勝てる気しないし…」
タイピ「何弱気になってるですか」
コンチェ「タイピちゃん…」
タイピ「蒼姉さんは私の姉なんですし、私と同じレベルのOPを持っているんだからもっと自信を持つです!」
コンチェ「でも…お姉ちゃんですら勝てなかったのに…」
百「何言ってるのよ」
コンチェ「お姉ちゃん!?大丈夫なの!?」
百「歩くくらいはね。それよりコンチェ、あなたが佐々木家最後の希望なんだから頑張りなさいよ!?あの蠍火と闘う前の自信を取り戻しなさい!」
コンチェ「うん…ごめんお姉ちゃん…そうだよね…私には…このOP譜面があるんだもん…絶対勝つよお姉ちゃん!!」
百「良い目ね。それじゃあみんな気合いをいれるわよ」
一同「ささきっさ!ファイ!オーッ!」


わからない人の為に補足しておくと、冥がたかしゅなのはプレイ時にディスプレイの下に表示される文字から。作曲者のTatshとTAKAをたしたものです


412 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/29(金) 23:44:00 ID:mzEfquN4O
>>408さん
出したい曲があるなら,ちゃんと統一された組み合わせを考えてくれるのなら出しますよww
とりあえず色んな曲を出したいと思って20楽器っていいましたが ギタドラ内であればwacだろうとなんだろうと全然構いませんw
皆さんも色んな組み合わせを考えてみましょw

413 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/29(金) 23:46:50 ID:q6xQeQAh0
ハローユー「というわけで」
ゲットレディ「時間を巻き戻して」
シュースタ「最初からー」

オーシャン「・・・つけた」
フィール「あら、何を見つけてきてくれたんですか?」
オーシャン「これ>>303
スマイル「へぇ、こんなのやるんだ」
ダンフォ「B−1はこちら側は出れませんでしたが・・・」
ユーキャン「まぁ出てみっか。誰かレベル表」
キャプテン「はいよー まずはギターからね」

ゲットレディ「レベル表しょーりゃく!」
シュースタ「しょーりゃく!」

キャプテン「来てない人のもまとめたよ」
ユーキャン「しかし見づれぇな」
サムハー「まぁ、そこは気にしなくていいんじゃない?」
スマイル「で、単純に大きいのでいくと・・・」
ハローユー「ぱーんち」
スマイル「(延髄に命中、倒れる)」
ストラン「ちょっ、何してるの!?」
ハローユー「規定よくみてみてー」
ダンフォ「あ、G、B、O1曲ずつになっていますね・・・」
ユーキャン「つーかんなもんよくみれたな」
ハローユー「えへ」
フィール「ギターとベースはそれぞれ高いもので行きますとサムハードさんとオーシャンさんになりますね」
ストラン「二人を合計すると・・・151だからOで出れるのは39以下か」
キャプテン「となると・・・ハローが38で一番か」
ハローユー「あれ、こんなはずじゃ」
スマイル「(なんとか回復)ええと、ちょっと聞こえてたけど本当にそれでいいの?」
サムハー「まぁいいんじゃない?」

GF サムハー(赤G) オーシャン(赤B) ハローユー(黄O)

414 :NAOKIまとめた人:2006/12/29(金) 23:47:04 ID:icDGFwkTO
>>406
…スンマセン
その3曲にSRANかけて氏んで来ます('A`)



ヒマワリ「じゃあ…気をとり直して」

G ZENITH EXT77
B シナリオ ADV46
O チカラ EXT67
計190

シナリオ&チカラ「ギターとドラム両方出るのか〜」
グライド「頑張って下さいね」
シャイニング「もう、中の人しっかりしてよ!」
ブレダン「全く、ケンカ売ってんの?」
ゼニス「言い過ぎですよ…二人共」

415 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/29(金) 23:51:47 ID:q6xQeQAh0
キャプテン「で、次は」

ゲットレディ「しょーりゃく!」
シュースタ「しょーりゃく!」

キャプテン「さっき出た人は除外ね」
ユーキャン「・・・俺のレベルがないきがするんだが」
キャプテン「気のせいじゃない?」
スマイル「で、単純に大きいの・・・でいいのよね?これは」
ダンフォ「そうみたいです・・・」
スマイル「じゃあ緑が私、黄がシュースタ、赤がユーキャンね」
ストラン「合計すると・・・180。結構強いわね」
ハローユー「よかった」

DM 緑スマイル 黄シューティングスター 赤ユーキャン

ゲットレディ「その他しょーりゃく!」
シュースタ「しょーりゃく!」
ハローユー「省略。」

416 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/30(土) 00:29:23 ID:2fElE/ULO
むっちゃん「隠していたけどお前には実はお姉ちゃんがいるんだよ」
ET2「え!?お姉ちゃん!?」
ガラッ
MODEL FT2 M VER.
プレイヤー「ちょ、なにこrアッー!」ピチュン
FT2「お姉ちゃん凄い…」

ピップエレキバンのCM見てついかっとなってやった

417 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/30(土) 01:59:38 ID:vQexT2crO
こたつ「最近出番多過ぎ、みんなにょろにょろしすぎ」
みかん「もう冬真っ盛りだもんね」

418 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/30(土) 02:05:16 ID:Q2VBhaQrO
何だか誰も考えてくれない泉を書きますw

鈴木一家(蒼そ論
ガラングワン
?「やってるか?」
正論「もちろんやってますよ。JETさん」
JET WORLD「そりゃ良かった。じゃぁアレナカレー1つ」
正「かしこまりました。少々お待ちくださいね」
JET「承知した」
正論が調理場に向かうと…
蒼白「(兄さん行ったわね)JETさーん」
JET「なんだい、蒼白ちゃん?」
蒼「JETさんは>>303の大会出るの?」
JET「わしはB-1出てるから出場権は無いんだよ」
そっと「5鍵で出てましたね」
JET「そうだよ。だから他の奴が出るんだよ」
蒼「なるほど…じゃぁ誰が出るか分かる?」
JET「GFの方は忘れたが、DMの方は赤,2と黄,3と緑,ルーパだったと思うがな…」
蒼「DD家出るの?!」
JET「一応泉家の一員だしなぁ…」
そ(中の人も無理やっちゃったわね…)蒼「そんなの優勝したも同然じゃない?」
JET「はっはっは。蒼白ちゃん。勝負の世界に絶対は無いんじゃよ? 勝負は時の運だ。だから蒼白ちゃん達にも勝ち目はあるよ」
蒼「そっか…そうだね。低くても可能性はあるもんね。頑張ってみるよJETさん!」
JET「そう。その意気じゃよ」
スタスタ
正「JETさん。アレナカレーお待ちしました」
JET「正論。ありがとう。大会頑張ってな」
正「蒼白から聞きましたか?」
JET「聞いたよ。泉家の家計からはつわものが出るから気をつけてな」
正「お気遣い有難う御座います」
JET「さて わしはそろそろ行くわ。ありがとな正論」
正「JETさん? まだカレーに手ついてませんけど?」
JET「これは失敬。さて頂くとしますかな」
そ(JETさんって大丈夫かな? もう歳なんじゃ…)

続くw

泉家が異常なのはDD好きな者の為です…orz

419 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/30(土) 02:46:48 ID:Q2VBhaQrO
更に同じ要領で中村も書きますw

鈴木一家(蒼そ論
ガコンガラン
?「ドゥーン」
正論「ドラブレさん。いらっしゃい」
Dragon Blade「ドゥーン♪」
正「蒼白ー」
蒼「何、兄さん?」
正「ドラブレさんが来たから、あれ御願い」
蒼「あれね、待ってて」ガサゴソ
そっと(何故、蒼白が〇次元〇ケットを?)
蒼「あった。バウリンガル解〜」
そ(何で改じゃ無いんだろ?)
蒼「はい。兄さん」
正「ありがと蒼白。ドラブレさん。これ頭にかぶってください」
ドラ「ドゥーン?」カポッ
正「かぶりましたね。では注文をどうぞ」
ドラ「FIREカレーガヒトツホシイノデアル」
そ(口調がwww)
正「かしこまりました。少々お待ちくださいね」
ドラ「ワカッタノデアル」
正論が調理場に向かうと…また…
蒼「さて話せるようになった所でドラブレさんに質問!」
そ(またか…)
ドラ「ナンデアルカ?」
蒼「お宅は>>303の大会に出るの?」
ドラ「モチロンデアル」
蒼「おぉー、なら誰が出るのかしら?」ドラ「DMハワタシト,デザロネェト,アタランテネェガデルノデアル」
蒼「GFは?」
ドラ「マダカゾクカイギチュウナノデアル」
蒼「なる程…レベルはどうするの?」
ドラ「ワタシガミドリ,デザロネェガキイロ,アタランテネェガアカデイクノデアル」
蒼「ふむふむ…答えてくれてありかとドラブレさん」
ドラ「レイニハオヨバナイノデアル」
バタン
正「注文の品お持ちしましたよ」
ドラ「アリガトウナノデアル。イタダキマスナノデアル」パックンチョ
そ「食べるの早い…」
ドラ「ジャストイップッンナノデアル。ゴチソウサマデアル」
そ(ちょw奪〇屋パロってるww)
ドラ「セイロンサン。タイヘンオイシカッタノデマタクルノデアル」
正「それは良かった。次はもっと美味しい物を作りますよ」
ドラ「ソレハタノシミデアル。デハ,ワタシハソロソロカエルデアル。コノボウシヲカエスノデアル」カポッ
正「そこに置いといてください」
ドラ「ドゥーン」
そ(戻った)
ドラ「ドゥーン♪」ガラリンリン
正「有難う御座いました。又のお越しを」
そ(外したら何言ってるか全然わかんない。何で中村家の方達は分かるのかな?)

続くw

中村曲に文句がある方は案をくださいw

420 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/30(土) 11:21:29 ID:PFrj/05R0
まとめます。その4(左からDM(BSC,ADV,EXT,Total),GF(Guitar,Bass,Openpick,Total))
色兄弟
 イエパニ34 パプスト56 ホワトル88 178 ホワトルADV72 ライム64 パプストBSC50 186
ささきっさ
 デパチャ30 ボビス63 ゆら92 185 落90 イストADV21 ゆら78 189
TOMOSUKE
 明鏡47 カゴノトリ53 アルケー87 187 Flow43 明鏡58 ジェッ娘89 190
マジ-SKA
 三毛33 カサンドラ50 七福70 153 三毛79 琉球ADV38 ダブトラ72 189
隊長
 エンシェ42 ワンフレ58 アレナルハ82 182 エンシェ67 エンワルADV26 カクテル92 185
くにたけ
 リグレ31 デスラバ59 バランス90 180 マイフレ61 リグレ55 デスラバ72 188
うへころ荘
 ヴォイド34 エンクル46 FsW93 173 TS73 大見解ADV31 真超85 189
古川
 スマイル40 シューティング50 ユーキャン90 180 サムハー83 オーシャン68 ハローユーADV38 189
NAOKI
 チカラ26 ヒマワリ53 シナリオ83 162 ゼニス77 シナリオADV46 チカラ67 190
Kevin
 ブリング33 アンコン63 rpm84 180 闇炎ADV47 アンコンBSC70 rpm73 190
ピンクカプセル
 ヘリコ16 こた37 ひとり69 122 こた46 ヘリコADV35 ひとり69 150
Jimmy(DM)
 ミラージュ45 ヘリング60 健太85 190
泉家(DM)
 ルーパ15 DD381 DD294 190
Teamドゥーン(DM)
 ドラブレ30 デザロ42 アタランテ71 143
Cafe Thomas
 中の人お願いしますww
JET団(しっと団?)
 中の人おn(ry
蒼そ論
 蒼白のわがままで未だ決まらず…。
あさきっさ
 誰もネタ書かず…。(俺もなんか書きづれぇww)
王家
 誰m(ry
カップルで当たってるのはエンクル×デザロ(DMADV)のみですね。
デパチャ×アルケーはレベルが違いますね。(デパチャ緑,アルケー赤)
ブラホラ×DD4…ブラホラ出ないしDD4B-1参加権あったし…。(D98+O92=190)
期待してたけどwww

421 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/30(土) 12:43:23 ID:2WnrdzJB0
書きづれぇwwwとか言っておきながらも書きますwwww
〜あさきっさ〜
魔笛「>>303らしいですわ」
アニュス「へぇ〜。あ、姫様は出れないのか」
鬼姫「仕方ないじゃろう。それではかなり有利じゃからの」
この子「ルールがしち面倒臭くないか中の人…?」
蛹「この子ちゃんそれ以上言っちゃダメ」
蛍「とりあえずBEMANIwikiさんのとこ行ってレベル取ってくる」
Drum(左からBS マイクロ「それ何度目だよ…」
RuRuRu26 46 59
Micro 33 44 57
花の唄20 43 60
蛍 32 50 61
ユーキャン 28 41 60
プラアン 25 43 67
マッシュ 25 38 57
魔笛 55 75 87
螺子 32 62 77
赤い鈴40 64 87
この子43 65 87
アニュス 43 65 88
月光蝶31 56 68
ツミ子50 68 81
蛹 47 77 86
RuRuRu「とりあえずドラムだけ…。見づらい…なんて言わないでね…」
赤い鈴「真超と明鏡は他枠なので書きません。またユーキャンはYou can't do it if you tryです。」
ユーキャン「くれぐれもあの空気の方と間違えんなよ!」
プラアン(あなたそんなこと言える立場にないでしょ)
月光蝶「他の兄弟たちっていたかしら…?中の人記憶力悪いから…」
螺子「…いたら教えてくれよ」
魔笛「空言ちゃんと付き合ってからまともにしゃべれるようになって…よかったですわ」
マッシュ「それより早く本題に…」
蛹「あれ?あんたもまともにしゃべれないんじゃ?」
この子「父上のあさき汁を飲ませた」
マイクロ「確かに音は良くなってるけど…そんな効果だっけ?」
鬼姫(どうせ中の人が書きづらいだけなんじゃろうに…)
赤い鈴「まず厳しく行きますが、レベルの低い7人(表の上から数えて)と」
アニュス「逆詐欺の魔笛は最後の数合わせだからね」
魔笛「orz」
蛍「まず黄は詐欺のアニュス兄さんかこの子姉さんで決まりかな。両方65だ」
蛹「そうすれば赤はどれとっても黄以上だね」
プラアン「月姉さん入れてみない?繋ぎ難度かなり高いよ」
マッシュ「だが家の緑は総じてあまり強くない。赤に重点をおくべきでは…?」
花の唄(そうかなぁ…?ただ中の人がDM緑ネだからっていう偏見じゃ…?)
ユーキャン「なら、赤はこの子姉のほうがいいね…87か」
月光蝶「では緑38以下で強いのは…誰かしら?」
魔笛「結局私出れなかったじゃない…GFも強くないのに…orz」
マイクロ「レベルなら僕だけど、アンコールのために緑やる厨も多かったし、あまり通用しないと思うよ」
螺子「なら俺か…。まあ芋の狭間にいただけあまり知られてないという利点はあるが…」
アニュス「なら決まり。合計は184だね」
赤い鈴「じゃあ『まとめます。』の中の人のために下に書きましょう」
RuRuRu(えっ?この文章の中の人と同一人物でしょ?)
螺子32 アニュス65 この子87 184
GFは後ほど…。

422 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/30(土) 13:43:18 ID:UiOQauDB0
アニュス「一応言っとくけど、さっきの姫様が出られないって言うのは赤譜面限定での話だからね」
鬼姫「いずれにせよ黄も逆詐欺で緑では計算が合わぬからよいんじゃが」
蛹「じゃ、気を取り直してGFやっちゃいましょ♪」
RuRuRu23 43 67 19 31 -- 25 46 70
マイクロ 34 41 46 22 28 39 35 42 47
螺子 41 56 71 35 50 -- 41 60 72
蛍 21 45 72 -- -- -- -- -- --
ユーキャン 22 43 73 15 45 -- 18 42 75
プラアン 24 39 44 17 35 -- 32 42 47
マッシュ 25 35 45 24 37 -- 22 39 42
魔笛 47 61 77 22 44 49 52 60 79
鬼姫 59 75 -- 39 63 80 64 77 --
赤い鈴61 74 89 -- -- -- -- -- --
この子46 57 85 45 51 -- 45 56 88
アニュス 42 61 75 31 37 42 43 62 77
花の唄25 41 59 24 41 -- 28 46 60
月光蝶48 63 74 31 54 -- 50 65 79
ツミ子45 62 75 32 41 -- 55 65 76
蛹 56 66 77 55 78 -- 60 66 78
この子「姫の赤GOはオーバーなので無記入…と。そういえばこの家には高速オルタが少なくないか?」
月光蝶「あってもアニュスGOか姫…。他はダウンでも…押し切れちゃいますね…」
マイクロ(いやただ中の人が全部ダウンでできるからってそれは…)
赤い鈴「じゃあOrange loungeと同じく運指勝負ね。どうしよっか?」
RuRuRu「姫様の緑B…絶対39じゃない…。詐欺だと思う」
花の唄(中の人私情入れすぎじゃないの…?青ネのくせに…)
アニュス「月姉さんの黄Bは結構癖あるんじゃない?」
魔笛「それにアニュス兄様の赤Oも運指きついですわね」
ツミ子「月子54のアニュス77…今131ね」
ユーキャン「59以下…姫様の緑Gがぴったりだね」
螺子「最終決定は以下の通り…だ」
鬼姫BSC59 月光蝶ADV54 アニュス77 190
マッシュ「我らは全力で出場者をサポートするぞ。いいな?」
蛹「もちろん!」


一同「遅くなったけど、『優勝する』って言う約束、守ってくださいねDAY DREAMさん!!」
プラアン(破ったら赤鈴姉さんの『例のアレ』があるしなぁ…)

423 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/30(土) 14:57:21 ID:UICSYfmS0
>>419
GFの方考えてみるぜ
>>420
まとめ乙
>>421-422
あさきっさGJ!

Ring「姉さん!さっさとGF決めようよ」
デザロ「そうね。決めましょ!アタランテ、レベル表!」
アタランテ「は〜い」

WILD 4564 79:55 65 --:49 68 83
ドラブレ 32 48 75:31 50 --:33 54 78
デザロ 2746 60:33 42 58:30 48 62
アタランテ 30 57 80:36 45 65:34 58 83
Ring 33 55 74:28 46 50:36 57 76
アイトン 15 37 73:17 26 --:19 41 75

デザロ「わたしたちドラム組以外で行く?」
アタランテ 「そうだね。わたし以外はそんなレベル高くないし」
ドラブレ「ドゥーン!」
WILD「怒るな怒るな」
Ring「平均的に強くいく?それとも一強ないしは二強でいく?」
WILD「二強でいくぞ。俺がOで」
Ring「じゃあ俺がGだね」
アイトン「…僕のBは数合わせ?」
アタランテ「大丈夫だよ。二人が必ず勝つから」
デザロ「まあ、もし負けたら」
ドラブレ「ドゥーン」
WILD「わ、分かったよ…(負けられないなRingよ)」
Ring(…正直ギリギリの戦いがあるよね、兄さん…)

もっと良いのあったら誰か頼む

おまけ
ドラブレ「一粒…二粒…三粒…四粒…五粒…六粒」
デザロ「返してきましょうね姉さん」
アイトン「僕がお豆の哀歌さんに返してくるよ…大変な事なってるだろうし」

424 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/30(土) 15:11:19 ID:pg3oKMvj0
Jimmy一家

ヘリング「そういや俺達、DMのほうは決ってるみたいだがGFのほうはまだらしいな」
コクピ「うはwwwwどーせ暇なんだし今決めちゃおうぜwwww」
ベロシティ「トリアエズボウショカラレベルヒョウモッテキタゼ」

オニオン − − −  − − −  − − −
ロード  − − −  − − −  − − −
ケンタ  − − −  − − −  − − −
ワザ   − − −  − − −  − − −
アクロス 34 42 50  − − −  − − −
アネモネ 35 71 73  33 40 −  − − −
ワームズ 47 64 70  49 55 −  − − −
ヘリング 47 61 84  47 54 −  − − −
ケイコ  22 39 53  32 48 −  26 43 55
万華鏡  38 48 62  39 46 55  41 50 65
コクピ  33 40 47  35 51 58  38 44 51
ジョーカ 20 28 37  25 33 −  23 30 38
ベロシティ37 54 73  35 42 61  38 57 76
ワーカーズ23 45 51  38 44 −  24 46 52
ミラージュ45 73 96  35 51 63  45 75 97

ミラージュ「んでオニオンとロードってなにさ?」
コクピ「しらんがな」
ベロシティ「イツモノクウキダロ・・・」
アクロス「うはwwwww俺ギターしかねえじゃんwwww人生オワタ」
ケンタ「俺等にいたっては」
ワザ 「ギターパートすらないんだぜ?」
アネモネ「とりあえず期待age・・・」
ケイコ「期待するだけ無駄だよ・・・(´・ω・`)」
ジョーカ「その時は一杯飲もうぜ・・・('A`)」
万華鏡「うはwww出られるかもwwwwwktkwktk・・・」

425 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/30(土) 15:13:24 ID:pg3oKMvj0
Jimmy一家

ヘリング「とりあえずミラージュの赤Gと赤Oはアウトな」
ミラージュ「ツマンネ('A`)」
ヘリング「んで一番高いのは俺の赤G84とミラージュの赤B63とベロシティの赤O76で・・・」
コクピ「223だ。うん、どう見てもオーバーしてるな。本当にありがとうございました」
万華鏡「ベロシティの赤Oは逆詐欺なんだからやめろよwwwww俺に汁www」
ヘリング「んと俺の赤G84とミラージュの赤B63と万華の赤O65で・・・」
コクピ「212だ。うん、11しか変わってないな」
ベロシティ「ツーカ、ヘリングノアニキトミラージュはDMデテルンダガラジチョウシロヨ・・・」
ミラージュ「ちぇ('A`)」
コクピ「俺DMに入れなかったんだから入れろよな・・・俺のベース・・・けっこう難いんだぜ?」
ヘリング「しょうがねえな・・・んじゃコクピの赤B58と万華の赤O65を足して・・・123か・・・」
ベロシティ「オレヲアカオープンニダセェェェェェェ!!11」
万華鏡「逆詐欺は黙っとけよwwwwww」
ベロシティ「クソサギハダマットケヨwwwwww」
ヘリング「あーもううるせぇ・・・俺が勝手に決めるぜ!!」
コクピ「お前の頭で決められるのか?」
ヘリング「んと俺の赤G84と万華の赤B55とコクピの赤O51を足すとぴったり190なんだぜ?」
ミラージュ「ただ兄貴が出たかっただけじゃないのか?」
コクピ「兄貴セコスwwwwwwでもいいんじゃねーの?」
万華鏡「うはwwwwwwktkr!!!!11」
ヘリング「んじゃ俺等は ヘリング赤G84 万華赤B55 コクピ赤O51 で決定な」
ベロシティ「オッパイ・・・」
ミラージュ「なんでそんなに出たかったんだ?('A`)」
ベロシティ「タマユラサマトアタレルカラ・・・」

アネモネ「まー僕等はいつものごとく」
ワームズ「相手にされなかったわけだが・・・」
ワーカー「つーか俺等のこと話題にもしてなかったぜ・・・」
ジョーカ「まああれだ。大人の事情って奴だろ・・・」
ケイコ「ケイコ・・・(´・ω・`) 」


426 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/30(土) 15:17:46 ID:pg3oKMvj0
言いわすれた。俺が対象にしたのはJimmy名義の曲だけなんで。
ってか他の曲はめんどくさ(ry

一応、ヘリング赤G、万華赤B、コクピ赤O って勝手に決めちゃったけど
他にいい組み合わせがあったらよろしく><
それじゃまとめの人は頑張ってくださいね(´・ω・`)
Jimmy一家のほうもよろしくっ><

427 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/30(土) 15:19:13 ID:UICSYfmS0
>>423のまとめ
G-Ring:74、B-Aithon:26、O-WILD RIDE:83
計183
あまりにもB勝つ気ないメンバーだなこれ

428 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/30(土) 16:28:21 ID:UICSYfmS0
うへころ荘 12/30

FsW「おーい、餅つくぞー。庭に出てこいよー!」
ヴォイ「今いk…(;゜д゜)」
TS「餅かあ。いいですn…!!」
too「ったくしかt…( д )゜゜」
大「正月の餅をつくんd…?」
真「う…ひょー?」
洟「僕はインドア派だからつk…!?」
デザロ「こんにちはー、餅つくって聞い…え゛?」
When「…なんだこれは」
FsW「ん?どーしたみんな」
エンクル「姉貴。一つ聞きたいんだが、何故ドラムセットのバスが臼になっている?」
FsW「だって手でやるの面倒くさい上に一律に叩けねーし」
エンクル「にしたっておかしいだろーが!バスクラッシャーじゃねーとつけねーよ」
FsW「甘い甘い、Sweet Illusionより甘いぜ。俺に任せな」
バス連打発動
ドガガガガガガガガガガガ
FsW「これでよしっと」
エンクル「どこがよしだー!餅も臼も跡形もねーじゃねーか」
FsW「アルエー?まあ、細かいことは気にすんな」
一同「気にしろ」

そんなこんなで柴田百貨店まで餅を買いに行くハメになった

429 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/30(土) 16:58:52 ID:UICSYfmS0
柴田百貨店にて

エンクル「悪いな、付き合ってもらって」
デザロ「何言ってるのよ。あーなっちゃたら仕方ないでしょ。うちの分も買わなきゃ」
エンクル「…なんかさらに悪い気がしてきた」
洟「エンクルくーん、佐○の切り餅?越○製菓?」
エンクル「(際どいなあもう)○藤の切り餅でよろしく」
デザロ「ウチは○後製菓かな。姉さんが好きなの」
エンクル「意外だな。何つーか餅とか嫌いそうなイメージがあるが」
When「明日の準備も今のうちにしておこうか?」
デザロ「明日の準備?」
エンクル「年明けまで飲むんだよ」
デザロ「ふーん。B-1とか見ながら?」
エンクル「いろいろ見ながらだな。B-1の合間にポプ国のお笑い番組とかな」
デザロ「それわたしも見たいなーw」
エンクル「ビデオ録っといてやる」
When「ストロヴェリってないで手伝ってくれ」

伝説「2500円のお買い上げになります。ありがとうございました」

洟「さて、さっさと帰ろー」
エンクル「…デザロ、元旦暇か?」
デザロ「元旦?」
エンクル「初詣に行かないか?」
デザロ「もちろん!一緒に行こう!」
When「…おいコラ。二人っきりにはさせねーぞ」
エンクル「お前は…空気嫁」
When「読んだからこそ!これ以上進展されてたまるか」
洟(もう君に付け入る隙なんかないと思うよ?)
When「よし、ファンキー氏やVOIDDD氏とかみんなで行こう」
デザロ「それでもいいんじゃない?いっぱいいた方が楽しいよ」
エンクル「…そっか。じゃあそうすっか(せっかくそのあとデートに誘おうと思ったのにorz)」

明日と元旦に投下できるかは微妙だが出来れば投下予定
ギタドラB-1と時系列がかぶっても気にしない

430 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/30(土) 17:18:01 ID:mte2k/uz0
時期ネタなので年内には終わらせたい・・・
――聖夜のLIVE――
DD7「僕の為の・・・LIVEだって!?」
DD3の突然の発言に更に混乱するDD7。
DD3「それじゃ、先ずは華麗なオープニングと参ろうか。それじゃ二人とも、頼むぜ!!」
Fairy Tales「はーい!準備は良いですか、魔笛さま?」
魔笛「勿論だ。DD7!しっかりと見ておけよ!」
DD7「魔笛さん・・・フェアリー姉さん・・・」
魔笛「行くぞっ!」
魔笛がそう言った瞬間、暗い夜空に色鮮やかな七色の光が現れた。魔笛は魔法という不思議な力を使う事が出来る。
その光はどんどん巨大な火花となって散っていく。まるで花火のように。
FT「よーし、行くよー。みんなー、集まれー!!!」
フェアリーは仲間である他の妖精を呼び出し、空へ飛んでいく。
空を照らす花火と一緒に夜空を華麗に舞った。妖精達のパレードのように。
DD7「すごい・・・」
オバゼア「とっても綺麗・・・」
幻想的な光景を見て、僕はいつのまにか落ち着きを取り戻していた。
DD3「YEAHっ!!すげぇ感動的なオープニングだったぜ!そうだよなお前等!!」
曲達「ウオォォォ−−−−!!」
DD3「よーし、それじゃあ最初の曲といこうか!最初は・・・コイツだぁ!」
裁き「皆さん、そしてDD7君、こんばんは。メリー、クリスマス!」
DD7「裁きさん!」
DD3「そして次はバンドメンバーの紹介だ!先ずはドラム・・・赤ネも黙る最凶譜面・・・DAY DREAM!!」
曲達「イエェェェーイ!!」
DD「バンドなんて久々だな・・・いっちょやってやるか。」
DD3「そしてベース・・・レベルの高さで他を圧巻!MODEL DD6!」
DD6「トイレに行っておけば良かった・・・」
DD3「そしてギターは・・・超高速オルタが痺れるWhite tornedo!」
ホワトル「みんな、ヨロシク♪」
DD3「そしてピアノ、その他の伴奏のサポートをするのは我らDDシリーズで最も可憐で美しい、MODEL DD4!!」
DD4「皆さん、宜しくお願いします。」
曲達「イエェェェーーイ!!」
DD7「・・・って、殆ど僕の兄さん達じゃないか!?」
DD3「それじゃ、ミュージックスタート!」
会場がシンと静まりかえる。
裁き「ララララ・・・ララ・・ラララララ・・・」
裁きの透明感のある声で始まり、デイドリはイントロの超高速タム刻みを見事に叩き上げる。
そこに絡む、ギターとベース・・・伴奏は一度穏やかになり、サビで歌は激しく変わる。
裁き「裁かれるー!!」
高度な技術を要するギターとベースをDD6とホワトルは歌声に綺麗に馴染ませる。
エフェクト、エコーはDD4が上手く調節し、音楽として一番良い形としていく。
彼女は音に関する能力が優れていて、その不思議な力をもって音の波長を変えているのだ。
フィニッシュの超高速タム刻みもデイドリが鮮やかに仕上げた。
DD7「すごい・・・・・」
DD7が発した言葉は、たったそれだけであった。

(続)

431 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/30(土) 17:25:02 ID:UICSYfmS0
>>430
ガンガレ。期待してます

432 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/30(土) 17:40:23 ID:wOoNwcxV0
まとめます。その5(左からDM(BSC,ADV,EXT,Total),GF(Guitar,Bass,Openpick,Total))
色兄弟
 イエパニ/34 パプスト/56 ホワトル/88 178 ホワトルADV/72 ライム/64 パプストBSC/50 186
ささきっさ
 デパチャ/30 ボビス/63 ゆら/92 185 落/90 イストADV/21 ゆら/78 189
オレンジラウンジ
 明鏡/47 カゴノトリ/53 アルケー/87 187 Flow/43 明鏡/58 ジェッ娘/89 190
マジ-SKA
 三毛/33 カサンドラ/50 七福/70 153 三毛/79 琉球ADV/38 ダブトラ/72 189
vox隊長(オバゼいないけどorz)
 エンシェ/42 ワンフレ/58 アレナルハ/82 182 エンシェ/67 エンワルADV/26 カクテル/92 185
悲しみとまらぬみゆきっさ
 リグレ/31 デスラバ/59 バランス/90 180 マイフレ/61 リグレ/55 デスラバ/72 188
うへころ荘
 ヴォイド/34 エンクル/46 FsW/93 173 TS/73 大見解ADV/31 真超/85 189
古川お笑い事務所
 スマイル/40 シューティング/50 ユーキャン/90 180 サムハー/83 オーシャン/68 ハローユーADV/38 189
Produced by NAOKI
 チカラ/26 ヒマワリ/53 シナリオ/83 162 ゼニス/77 シナリオADV/46 チカラ/67 190
妹尾 feat. Kevin
 ブリング/33 アンコン/63 rpm/84 180 闇炎ADV/47 アンコンBSC/70 rpm/73 190
ピンクカプセル
 ヘリコ/16 こた/37 ひとり/69 122 こた/46 ヘリコADV/35 ひとり/69 150
あさきっさ
 螺子/32 アニュス/65 この子/87 184 鬼姫BSC/59 月光蝶ADV/54 アニュス/77 190
Jimmy Weckl
 ミラージュ/45 ヘリング/60 健太/85 190 ヘリング/84 万華/55 コクピ/51 190
Teamドゥーン
 ドラブレ/30 デザロ/42 アタランテ/71 143 Ring/74 アイトンADV/26 ワイライ/83 183
Mutsuhiko Izumi(DM)
 ルーパ/15 DD3/81 DD2/94 190
Cafe Thomas
 蒼そ論の人が決めてるらしいのでそれでお願いします。
JET団(しっと団?)
 上同。
蒼そ論
 蒼白のわがままで未だ決まらず…。
王家
 ネタ待ち(だって曲多すぎるんだもん…orz)
>>423
イスト&エンワル「正々堂々と戦おうね…」
アイトン「……ああ」
>>425
無常「痴漢予告容疑で逮捕する」
裁き「受けるがいい!赤ベースハザードHS1.0の裁き!」
ベロシティ「チョ、HS1.0ッテミキレnギャアァァァ!」
>>428
カルマ「うわっ!!何だこの揺れ!?」
セイリング「地震だ!早く机の下に!」
リライト「……何か地震にしてはおかしくないか?」
南風「揺れと同時にすごい音だったけど?」
K(これ『音のソノリティ〜世界で一つの音〜』に出してみたいな)
No.9「どうやら隣のうへころ荘かで何かが起こったみたい」
グラスカ「そうね……って布寅曲は家に呼んだ覚えないわよ?」
No.9「どうせ空気さ…orz」

433 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/30(土) 18:02:45 ID:Q2VBhaQrO
さて あさきやジミーGFなどが決まりだして良かったですw
今夜ぐらいから書き出す予定ですw
進行はDMが終わり次第GFに流れます(試合を書きたい方は組み合わせは両方発表するので御自由にどうぞww
王子,Thomasは未だ未定(トリトラいるし王子枠は外してその他枠を2組ぐらいいれるかも…w

さてハンサムの話w
鈴木一家(蒼そ論
バコーン
?「はいるぞ!」
ポニ君始動
?「なっ…こんなの…僕の筋肉が…らめぇ…」
蒼白「君とな。入りたかったらあんたの所の>>303の大会のメンバーを吐きなさい」
君のとなりに…「そんな事は口が裂けてもいいません」
蒼「ふーん」カリカリ(調整レベルを上げる
君「あっ…僕の筋肉…筋肉がぁ…」
蒼「さぁ吐け!」
君「わ、わかりました…言いますから早く止めてください…じゃないと僕の筋肉が…」
蒼「(筋肉がそんなに大事か?)わかったわよ。じゃぁ止めたげるから答えなさいよ?」
君「はい…」
ピタッ(ポニ君停止
蒼「まずはDMメンバーは誰か答えなさい」
君「DMは緑が哀愁、黄が誰、赤が僕…」
蒼「ふむふむ…(赤がこいつとはきついな…)はい、次はGFを答えなさい」
君「GFは…G瞬的、Bわすれもの、OPラブラブ…」
蒼「もっと強い組み合わせあるでしょ?」
君「CS組が喚いたからこうなった…」
蒼「(どうせ中の人の事情と数合わせの為ね…)そっか、お宅も大変ね。用事は済んだしさっさと帰んな!」
君「カレー食いに来たのに…orz」
蒼「しょうがない…なら私のさっき作った試作カレーを教えてくれたお礼として食わしてあげる♪」
君「それは有り難い。腹減ってたから嬉しいなぁ」パクッ
蒼(反応はどうだろ?)
君「う…う…うっ…」
蒼「そんなに泣いて…よっぽど美味しかったの?♪」
君「うぇー! こっ…こん…な…生き…地獄…を味わ…う…ぐら…いなら…いっその…こと…殺して…くれ…」
蒼「そう…そんなに殺して欲しいんだ…なら死ねぇぇぇ!!」HSMAX+最後のスネア+タム
君「ウギャァー!!!_o__」
少しして…
正論「ただいまー」
そっと「蒼白ー元気にしてた?」
蒼「兄さん。そっと。おかえりー」
正「蒼白? 留守番中に誰か来た?」
蒼「来なかったよ?」
正「なら良かった」そ(でもあこに転がってる物はなんなんだろ?)
君(なんでこんな役回り…orz)

続くw

434 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/30(土) 18:26:40 ID:37nzq6yo0
勝手に>>429の続き
帰り道
エンクル(はぁ…、いざ言う段になると緊張するなぁ…)
デザロ(こんなこといってもOKしてくれるかしら…)
二人の頭の中〜昼ドラ『デパチャ×αρχηの日常』〜(>>345からの引用)
デパチャ「頼む!試合で俺と当たった時はに遠慮せずに発狂をかましてくれ!」
アルケー「えっ!?無理ですよそんなの!私の大切な人にそんな事出来ません!!」
落「お願いアルケーちゃん。デパチャの言うとおりにしてやって」
アルケー「え、そ、そんな…」
ゆら「大丈夫ですよ。これでもデパチャは赤88なんですから。それに…」
イスト「百姉さんや蒼姉さんの発狂を乗り越えた底力もあるしね」
百&蒼「ヘックシ!」
タイピ「姉さんたち風邪ですか?休まないと試合に響くです」
デパチャ「だからFT2の時みたいに全力で頼む。いいかな?」
アルケー「………分かりました。その代わり、デパチャさんも本気出してくださいね」
デパチャ「えっ!?…そ、それは……分かった。その時だけは正々堂々と、だ」

洟(なんでこの中の人は自分のネタをそのまま他に使うのか…)
エンクル「あのさデザロ…」デザロ「あのねエンクル…」
二人「あっ……//」
デザロ「いいよ、先に言ってエンクル」
エンクル「そうか…でさ、近々ギタドラB-1見たいのやるみたいじゃん」
デザロ「そ、そうね(やば、話題被るじゃない//)」
エンクル「で、>>432って見た?」
デサロ「ええ。私のとこBass捨てなんだけどね(もしかしてもしかしてこれは…///)」
When(何気酷い事言うなデザロさんも…でもそれもいいな)
エンクル「頼む!試合で俺と当たった時は手加減しないでくれ!」
デザロ「(アルケーの口調をさりげなく真似て)えっ!?無理ですよそんなの!私の大s」
エンクル「ちょっと待て。お前まさか…」

〜Endless cruisingの間奏の間お待ちください〜

エンクル「やっぱ見てたか…。でもセリフそのまんまってのはいいのかよ」
デザロ「あなたが見てるだろうと思ったのよ。流れ的に。でもね…」
エンクル「どうした?」
デザロ「1番いいとこぐらい言わせてよ。『私の大切な人にそんな事出来ません!!』って」
エンクル「…それは俺がお前に『お前は俺の大切な人だ』って言ってからな//」
デザロ「やめてよ。照れるじゃない///」
エンクル「…結局結末知ってるなら言う事は一つしかないな」
デザロ「そうね。正々堂々と戦いましょ♪」
エンクル「おう、よろしくな」

When(絶対に言わせてたまるか…。『お前は俺の大切な人だ』だなんて…)
洟(あきらめろWhen。もうこの二人は止まらないだろう)

435 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/30(土) 19:24:14 ID:Nxbo3OQkO
ブリング「>>432さんまとめ乙です。
 でも僕とREDは妹尾さん曲じゃないんですが…」
RED「まぁ中の人が『ある意味都合がいい』とか内心ガッツポーズとってたから
 それはそのままでもいいみたいだがな。」

無粋でスマン、しかし突っ込まずにはいられなかったんだ。

436 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/30(土) 20:21:29 ID:EN8Yloq90
>>435
マジ-SKA!?
ならVo. KevinっていうTeam名ならいいですよね。
他にいいTeam名あるならどんどんお待ちしてます。
あと最新情報もまとめときます。
しっと団(名前こっちにしますww)
コリゴリラ/27 誰/44 君とな/82 153 瞬的/49 わすれものADV/40 ラブラブ/63 152
新Team名
Jimmy Weckl→H-ERO(ちょww
Mutsuhiko Izumi→誰か決めて…。思いつかないorz

437 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/30(土) 20:26:59 ID:rUV6q88U0
>>435
妹尾ではなくKevin曲で出場するのでは?
>>432は多分悪3部作がメインだからだと思う。

オレンジラウンジ(ふなきっさ開店期間中)

カゴノトリ「姉さん、今暇?」
フリフリ「ういー、超ひまー」
カゴノトリ「・・・・微塵も仕事してないのかよ。
    まぁいいや、暇ならちょっと付き合ってよ。
    今から「ギタドラ王座決定戦(仮)」の作戦会議するから」
フリフリ「あー、はいはい。まかして!」

カゴノトリ「みんなー、姉さん呼んできたよ!」
ジェッ娘「どどどどう、どうしようううう、
    ノリで言っちゃったけどマジで受験まで日がないじゃんどうしよう(ガクガク)」
Flow「ややややべぇ、俺も受験だったの忘れてたたたた・・・・。
   しかもこんなかで一番弱いから特訓もしなきゃいけないしどうしよう(ブルブル)」
カゴノトリ「・・・・まだ後悔してるの?」
アルケー「どうしようどうしようデパチャさんに本気で行くって言っちゃったけど
   私87で向こう30って絶対倒しちゃうってどうしよう・・・」
カゴノトリ「アルケーまで伝染るな!!」
フリフリ「まったく、みんな意気込み足りないよ!!
   だいたい後悔するなら出るなってんだ!
   ま、アンタたちが言ったからには変更する気ないんだけどね〜」
カゴノトリ「そうだよみんな、私も不安だけどがんばらなきゃいけないし。   
    受験は・・・・まぁ、ジェッ娘なら大丈夫だよ!
    Flowはまだ時間があるじゃない。
    アルケーも、向こうとはレベル違うから対戦相手になれないよ」
ジェッ娘「本当に?カゴノトリさん、信じるからね!」
Flow「ま、終わってから死ぬ気でやりゃぁいいか」
アルケー「そうなんですか?てっきり、対戦もランダムだと思ってました」
明鏡「・・・二人とも、流石でござる」
フリフリ「・・・・・なんか本番が心配になってくるんだけど」
カゴノトリ「あはは・・・・姉さん、私も心配だよ・・・・」

438 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/30(土) 20:28:13 ID:rUV6q88U0
うは、書いてる間にチーム名直してたwwスマソorz

439 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/30(土) 21:09:31 ID:2fElE/ULO
>>434
エンクル「でもさ、俺らの場合デパチャ達と違って俺のほうが強いんだよな」
デザロ「あ…い、いいのよこういうのは雰囲気が大事なの!手抜いたらダメだからね!」

自分で書いたのはたいした恥ずかしさないけど
>>434は恥ずかしさ爆発w
文才の為せるものか?

440 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/30(土) 22:07:44 ID:VqCT+DZCO
B-1、デイドリ負けたか…

441 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/30(土) 22:11:23 ID:Bb/CGerBO
ま、弐寺スレだしな。決勝行けただけマシだろ

442 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/30(土) 22:28:16 ID:ecDZP5g4O
何気にデイドリだけ出番多かったりB-1でも特別な存在っぽくしてくれてたから自分的には満足してる

健闘記念にまたDD兄弟でも描くおwww
初代スレに投下した落描きデイドリだけじゃなくてちゃんとしたヤツwwwww

443 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/30(土) 22:29:16 ID:6Ki/xBOiO
しっと団の赤OPは、ギタードライブ78の方がいい気がする……

444 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/30(土) 22:47:58 ID:Q2VBhaQrO
>>436さん
まとめ+チーム名有難う御座いますm(_ _)m
泉はDD組とお荷物でいいと思いますww

>>437さん
ランダムいいかも…(ぁw

さてThomas選挙のお話しですw
鈴木一家(蒼そ論
ガルンゴラン
?「誰か居ますか?」
正論「いらっしゃい。ディペンドさん」
Depend on me「正論君。頑張ってるかい?」
正「頑張ってますよ。周りを見ての通り繁盛はしてませんがね…」
ディペンド「まぁ落ち込まないで正論君。とりあえずストトレカレーを1つ御願い出来るかな?」
正「かしこまりました。出来るまで少々待ってくださいね」
ディペンド「わかってるよ」
正論移動
蒼白「ディペンド叔父様〜」
そっと(またこのパターン…ネタ切れか?)
ディペンド「なんだい? 蒼白ちゃん。」
蒼「ディペンド叔父様の所は>>303の大会出るんでしょ? 誰が出るの?」
ディペンド「まぁ出るさ。もしかして知りたいのかな?」
蒼「えぇ…まぁ…」
ディペンド「可愛い蒼白ちゃんの頼みだし、教えてあげるよ」
蒼「有難うディペンド叔父様♪」
ディペンド「礼には及ばんよ。とりあえずDMは緑がプライマル、黄がストスピ、赤がわしじゃ」
蒼「なるほど…GFは?」
そ(ってか何故ロッキンが出ないのかなぁ?)
ディベンド「GFは、Gがストトレ、Bが壁、OPがセバリトルだったかな?」
そ(壁さんは緑なんだ…B捨てたんだ…)
蒼「なるほど…有難うディペンド叔父様♪」
ガタン
正「(蒼白…本当にあの大会で優勝する気なんだ…無理なのに…)ディペンドさん。出来ましたよ」
ディペンド「有難う。もぐもぐ…美味しい」
正「それは有難う御座います」
ディペンド「美味しかったよ。じゃぁ有難う。大会ではよろしくね」
正「では、またのお越しを」
ガランズラン
蒼「さて…にーさん…」
正「蒼白?どうしたの?」
蒼「優勝は無理じゃぁねぇよ! 中の人にでも頼んでこいやぁ!!」
正「何で心まで読める?!」
蒼「てめぇの考えなんかお見通しじゃボケぇぇぇ!!」HSMAX+OP譜面
正「OPは…耐性が…アーッ」
そ(相変わらずね…)

続くw

Thomasが弱いのはディペンドをどうして出したかった為…w

445 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/30(土) 22:54:02 ID:i5Ge42iQO
ぶっちゃけ弐寺のノマゲ形式だったらデイドリの圧勝だよな

446 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/30(土) 23:17:38 ID:pLux4iJy0
逆にギタドラのゲージ方式だと冥が強くならないか?

447 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/30(土) 23:29:54 ID:GvCLCaW60
>>446
ヒント:Battle

448 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/30(土) 23:34:52 ID:pg3oKMvj0
Jimmy一家 コミケ編 1/4

コクピ「B−1やらM−1やらH−1やらで忙しいが俺達、明日はもっと忙しいぜ?」
ベロシティ「シハツダロ?オレハハヤメニネルゼ」
ヘリング「そういやケンタとワザはどうした?」
コクピ「あいつらは徹夜組wwwww頑張りすぎだろwwwww」
ミラージュ「明日なにかあるのか?('A`)」
ヘリング「そういやお前はまだ行ったことないのかwww明日連れてってやるよ」
ミラージュ「wktkwktk」
コクピ「そういや万華の奴どうした?」
ヘリング「あいつは大会に出られるとか喜んで女のとこに遊びにいったぜwwww」
コクピ「うはwwwwwしねよwwwwww」

(´・ω・`)次の日・・・

わいわいがやがや・・・

ミラージュ「あーすっげー眠いぃぃ・・・HZD落ちしそう・・・」
ヘリング「そう言いつつもハイハットのほうは元気だな」
コクピ「朝からなに上手いこと言ってるんだよwww」
ミラージュ「朝からなんでこんなにたくさんの曲が並んでるんだ?ってか留守番は?」
ベロシティ「クウキキョクガヒトバンデヤッテクレマシタ」
ヘリング「とりあえず最初は例のところにいくぜwww」

アネモネ「あれ?今誰か僕等の噂しなかった?」
ワーカー「気のせいだろ?」
ジョーカ「空気なだけに気のせいってか?」
ケイコ「ケイコ・・・(´・ω・`)」

449 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/30(土) 23:35:27 ID:pg3oKMvj0
Jimmy一家 コミケ編 2/4

(´・ω・) つそして

落「あーエロ一家〜遅いよー」
コクピ「悪い悪いwww例のブツは残ってるよな?」
落「もちろんだよーはい」
コクピ「うはwwwwタイピちゃんのオートプレイモノげっとwwww」
ベロシティ「タマユラサマノオートバスモノキタコレ!!」
ヘリング「あれ?俺にくれるはずの100秒姉さんのDM多人数プレイモノは?」
ミラージュ「話の流れがよくわからないけどアルケーちゃんの分はないの?('A`)」
落「お姉ちゃんの分は全部君達の兄弟のミミズに買い占められたんだ・・・」
ヘリング「なんだと・・・あいつ姉御儲だったのか・・・ゆるせん・・・あとで没収してくれる・・・」
落「アルケーちゃんのはデパチャ君のガートが厳しくて・・・他のTOMOSUKE曲を扱ってるサークルに行けばあるんじゃないかな?」
ミラージュ「んとよくわからないけどアルケーちゃんの兄弟がいるところにいけばいいのね。あ、もしかしてパーストちゃんのとかもあったりするの?」
落「んー色兄弟はレアだからどーだろ・・・」
コクピ「あーこれで落書き帳ちゃんのHZD落ちモノもあったら最高なのになぁ・・・」
落「ラス発狂見たい?タイピちゃんとアニュス君のセッションモノならあるよ^^」
コクピ「サーセンwwwwwwwwアニュスじゃなくて俺にしろよ・・・('A`)」
ヘリング「つーか一旦、解散しねえか?他に見たいところあるだろ?」
ベロシティ「タシカニ・・・」
ミラージュ「よくわからないけど自由行動でおk?」
ヘリング「んじゃ後で集合な」
コクピ「そういやイーストの奴はどうした?」
落「そういや珍しくいないねぇ・・・」

450 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/30(土) 23:36:25 ID:pg3oKMvj0
Jimmy一家 コミケ編 3/4

(´・ω・)つそして

蛹「あら、ベロシティ君じゃない」
ベロシティ「オニヒメサマノグッズキボンヌ。アレハイイムネダ・・・」
蛹「姫様のオートバスやら和尚プレイでおk?」
ベロシティ「ウハwwwwオkwwwwホカニナニカナイカ?」
蛹「月光蝶ちゃんのSRAフルコンモノやらアニュス君とタイピちゃんのセッションモノやら・・・」
ベロシティ「ウハwwwwコクピヘノオミヤゲニカウゼwwww」

ワザ「俺達の絡みを扱ってるサークルが無い件について」
ケンタ「時代はコンチェ×DD2らしいぞ兄者・・・」
ワザ「時代はホモより百合か・・・」
ケンタ「腐人気で話題になると思ったんだが・・・」

コクピ「やっぱ色兄弟のはねーか・・・パーストちゃんとライムちゃんには期待してたんだがな・・・」
ミラージュ「アルケーちゃんのことを扱ってるサークルはないのか?」
コクピ「アルケーちゃんはお前が生まれる前にデパチャの奴が独占しちゃったからな・・・」
ミラージュ「アルケーちゃんは奪われるしパーストちゃんは落とす前に通常曲落ちで会えなくなるし・・・('A`)」
コクピ「どどんまいwwwwそういや月光蝶ちゃんのを探してねーや」

ヘリング「きさまぁぁぁああ!!!100秒の姉御は俺の嫁だあああああ!!1」
ミミズ「ちょwwwハイハット連打はらめぇwwwwやめれぇええええ!!!1」

451 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/30(土) 23:37:43 ID:pg3oKMvj0
Jimmy一家 コミケ編 4/4

(´・ω・)つそして・・・

ミラージュ「あー疲れたー」
コクピ「まあそれなりに楽しかっただろ?」
ミラージュ「まあね。欲しいモノがなかったけど('A`)」
ベロシティ「V4マデマツンダナ・・・オニヒメサマトタマユラサマサイコオオオオオウ!!」
コクピ「まあタイピちゃんのオートプレイモノげっとでkたし満足かなwwwwつーかギタドラ国にはロリが足りねえよww」
ベロシティ「ソウイヤコクピガワスレテカモシレナイカラゲッコウチョウノSRAフルコンモノカッテキタゼ」
コクピ「うはwwwwwwwGJwwwwwww」
ミラージュ「そういやヘリング兄貴はどうしたんだ?」
コクピ「さあ?迷子にでもなったんじゃね?wwww」
ベロシティ「サァーテキョウハオニヒメサマデナニシテネルトスルカナ」

ヘリング「ミミズの奴から奪ったのはいいとするが・・・重すぎる・・・」
コンチェ「あれ?ヘリングさんだー・・・こんな夜遅くまでなにやってるのかな?」
タイピ「深夜徘徊ですかぁ?」
ヘリング「って・・・こんな夜遅くまでなにやってるんだ・・・?('A`;)」(やべえなオイ・・・)
百秒「落書き帳が迷子になったから探しにきたのよ。ってかなにかしらその荷物?」
ヘリング「あー迷子探しか・・・この荷物は・・・数の子料理だよwww」(ちょwww姉御ってwwwばれたらヤバスwww)
タイピ「気になるです・・・勝手に見ちゃうですね」
ヘリング「あ、ちょwwwwwwやめれwwwwwww」
タイピ「なんですかこれ・・・とりあえずポッチとなです!」
百秒『だめぇ・・・虹色を多人数だなんて・・・ひどすぎるよぉ・・・ビクッ』
コンチェ「ちょwwwwwww」
タイピ「・・・なんですかこれ?」
百秒「へー・・・そんなに虹色の滝を見たかったんだ・・・」
ヘリング「ちょwwww百秒の姉御・・・これにはふ、深いわけが・・・」
百秒「なーにぃ?聞えんなぁ^^」
━虹色の滝━
ヘリング「ちょwwwwwwひwwwwひでぶっ!!11」


なんっつーかオチが思いつかなかった><

452 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/31(日) 00:08:23 ID:L9CrAFQ/0
―ちょっと前

百秒「ねぇコンチェ!さっきB-1のエキシビジョンマッチで弐寺DP最強譜面同士の対決をやっていたのよ!」
コンチェ「へぇ、そうなんですか」
百秒「でね、私考えたんだけど、弐寺やDDRでDP譜面がアリなら
私達ギタドラ曲はGF+dmの譜面をいっぺんに出せばそれはもう向かうところ敵無s」
コンチェ「無理ですからね」

453 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/31(日) 00:28:44 ID:/OkTNPDxO
オバゼア赤SRANが出なかったのが残念だ

454 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/31(日) 00:43:23 ID:bFJttCkWO
>>432
うへころ荘は近所でしたかw
ノクタンの事はすっかり忘れてました orz
>>448-451
Jimmy一家テラタノシスww


ハイツJ-POP

天体「う〜ん…デイドリさん惜しかったなぁ」
リライト「仕方ないよ…あんな糞譜面相手じゃあね(´・ω・`)」
セイリング「まぁ、どの試合も見てて面白かったな」
天体「それにしても弐寺国の連中は異常だった…話には聞いていたがこれ程とはな」
リライト「変な子も居たよね、ワラビモーチワラビモーチ叫んでる子とか」
カルマ「でも、あれ美味かったぜ?」
リライト「お土産に買って帰りたいけど、まだ売ってるかなぁ…(´・ω・`)」
カルマ「悪い、ちょっとトイレ行って来るわ」
天体「また迷うなよw」
カルマ「自信ねぇwww」


カルマ「さて…用も済ませたし戻るか…」


カルマ「…また迷った orz」
???「あら…貴方はさっきの?」
カルマ「…あ、冥さんじゃないですか…優勝おめでとうございます」
冥「フフ ありがとう、貴方の国のデイドリさんもかなり強かったよ…」
カルマ「もう歩き回っても大丈夫なんですか?」
冥「伊達にB-1に出てる訳じゃないからね…また迷子かしら?」
カルマ「その通りです…orz」
デイドリ「ん…?カルマじゃねぇか、何してんだこんな所で」
カルマ「道に(ry」
デイドリ「ハッハッハ、それはエライこったな」
冥「一般用の出口まではココからだと遠いから、関係者用の出口から出ましょうか」



カルマ「すみません…重ね重ね迷惑かけて orz」
デイドリ「気にすんな、じゃあ気をつけて帰れよ」
冥「もう迷子になったらダメよ クスッ」
カルマ「ハイ…気をつけます…」

天体「また迷ったかwww」
リライト「カルマ君方向音痴なの…?」
グラスカ「ったくしっかりしなさいよ!」
ベイサイド「あ〜ん、もうお腹空いた〜」
偶然「結局、俺はココしか出番無いのか…」
天体「つ〜かお前ほとんど出て無いじゃん」
偶然「orz」
カルマ(冥さんやデイドリさんに会って来たとは言わない方が良いかな…)
リライト「早く帰ってご飯にしよ〜(´・ω・`)」

455 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/31(日) 00:47:46 ID:8Ju5rajSO
某〇〇月××日(日にちに突っ込みはなしw

RISE「こんばんは。この度はこの大会の進行司会を勤めさせていただきます。RISEと…」
SKA SKA No.1「かの私、SKA SKA No.1が…」
米&スカ「お送りします。皆様どうか心ゆくまでお楽しみください!!」
ワァーッ!!!
米「似てるからって名前が米にされたが、そんなの気にしない」
ワァーッww
米「さてだいぶ中の人も手助けされようやく開かれた大会。未だに大会名未定のまま始まってるが気にするなよ!」
ワァーww
米「それじゃ大会参加選挙入場!!」
バン(扉が開く
ワァァァッ!
米「さて、まず最初に入場して来たのは、jimmy一家の方々です。Wazaさんを筆頭にずらずらと来ました!」
技「わぁ…緊張するなぁ…(())」
米「非常に緊張しております技さん」
スカ「に対して…」
ヘリング「ここで目立って姉御に…ww」
コクピ「ここでアニュスをつぶして…ww」
ミラージュ「デパチャつぶして…ww」
米「緊張のカケラも見あたりませんねw」
スカ「何だか違うものと勘違いしてるのでは?」
米「気を取り直しましょう。続きまして、TOMOSUKE系列のふなきっさの面々の登場です!」
リフリフ「みんなちゃんとついてきなさいよ?」
ジェッ娘「ひゃぁーたくさんいるよ…」
明鏡「これは凄い…」
リフリフ「あんたら、感心してないで早くきなさい!」
スカ「大変ですね。これで受験の重圧対策になるといいですね」
米「ですね…って何でそんな細かい設定を?」
スカ「一々気にしなさんなw」
米「(相変わらず分からん人だ…)さてお次は…あさきっさの御方々です!」
わぁ〜!
蛹「私先頭だよー? ヤッホー」
この子「何でそんなに元気なのかしら…」
鬼「全くだ…」
スカ「試合に出ない人が元気ですね」
米「スカさん。それは言わないお約束ですよ?」
スカ「それはすまんなw」

次へw

456 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/31(日) 01:03:22 ID:uhSptUFe0
おそらく嘆きスレでは書かれないであろうB-1後のデイドリ
DD1「……………すまない」
DD2「兄貴……」
DD7「そんな顔しないでよ兄さん」
DD5「兄貴のそんな悲しい顔なんて見たくないぜ」
DD4「お兄様は立派に戦いました…。私たち…いや、ギタドラの曲全員がそう思ってるはずです」
DD6「そうだよ。僕なんて1回戦敗退…。兄さんの凄さは僕らが1番分かってる」
DD3「兄貴、いやDD6お前も、いやB-1に出た全員がそれを誇りに思って良いはずだぜ、兄貴」
FT2「そうよ、ただでさえあそこにいくだけでBEMANI界TOPクラスなのよ」
FT1「私たちだって参考にしたいくらいうらやましい譜面ですよ、兄様」
FT2M「それにまだ冥さんがずっと最強、って決まったわけじゃないのよ」
DD2「チャンスが完全になくなったわけじゃない。しようと思えばいつだってリベンジできるさ」
DD5「もちろん、こんなところに甘んじる兄貴じゃないだろ?」
DD1「……当然だ……恩にきる、皆の者…」
DD7「じゃ、ギタドラ帝国に帰ろう。みんなが待ってるよ…兄さんのこと」

〜帰国後〜

百「帰ってきたわね」
DD1「ああ、……すまんな、同じ99として…」
百「私なんかじゃあなたに勝てっこないわよ…2回戦で負けちゃったし」
DD1「…しかし……」
ゆら「もう暗い顔しないで下さい。あなたは私たちの誇りですから」
蒼「あなたは凄いですよ。わたしも冥ちゃんと戦いましたが、途中で負けましたから」
タイピ「最後にあなたが立ってたのを見ただけで涙が出ちゃったです」
落「元気出しましょ、戻れないはずの冥王星から戻ってきたんですから」
DD1「…冥王星から戻ってきた……か。そうだな」
百「…じゃ、そろそろやりましょうか」
デパチャ「こっちは準備完了だ」
DD1「何だ、また冥王星に連れて行ってくれるとでも?」
蒼「ふふっ、そんな冗談いえるくらいならもう大丈夫ですね」
ゆら「でも、あれはある意味冥さんよりすごいですね。じゃ、こっちへ」

……………

バーーーーーーーーン!!!!!!!!

DD1「な!?いきなり鼓膜破る気か?」
タイピ「まだまだ驚くには早いです。あれを見るです」

『我等がギタドラ帝国の誇り、DAY DREAM、B-1ダイナマイツ準優勝で凱旋!!』

DD1「……大袈裟な、だが今は素直に喜ぶべき時、だな」
百「さあ、あなたからの言葉をみんな心待ちにしてるわ」

デパチャ「さあ、本日の主役の登場だ!みんな、一言一句漏らさず聞けよ!!」
ギタドラ曲全員「うおおーーーーーっ!!!!」

457 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/31(日) 01:05:45 ID:uhSptUFe0
>>456の続き

DD1「……ありがとう…皆の者、私のためにこんなことを…。

本来ならばここには『準優勝』という文字は書かれるはずは無かった。
いや、書かれるなんて私は思っても見なかった。
だが現実は今の通り。私の実力は現段階ではこんなもの、だと。
言い訳ならいくらだって出来るだろう。
中の人が弐寺に偏りすぎだっただの、休息地帯にギターが入っていないだの、だな。
もちろん私はこの結果に満足などしていない。
そしてこの結果によって皆を落胆させ、失意に陥らせたのもまた事実。
…本当に申し訳なかった。…だが、これでまた私も変われるだろう。
いや、私だけと言ってはいかんな。これに影響を受けたものもいるはずだ。
私の力に失望し、私を凌駕しようとするもの、
はたまた尊敬を覚え、私に近づこうと努力するもの、
そしてまだ見ぬ兄弟に私を超える秘められた力を期待するもの…。
それらがあることに、まず私は感謝したい。
そして、是非とも私を超えてもらいたいものだ。
そうすれば私は、更なる進化を遂げるべく、さらに強くなるであろう。
また、曲だけではない。プレーヤーも同じように成長する。
当初私をクリアするのには『NATI奏法』が必須だと言われた。
それが今は見事に片手でやりのける者まで現れた。
そう、こうだからこそ我々の存在価値がある。
初心者向けの曲、ある技術に特化した曲、そしてランカー仕様の曲…。
全てが存在を誇りに思い、喜ぶべきものだ。
これは何もギタドラに限った事ではない。BEMANI、いやこの世全てに言えること。
…さあ、これで一つの祭りが終わりを告げた…。
結果はどうあれ、これからも戦いは続いていくだろう。
……長々と話して申し訳ない。これでは私を冥王星まで連れて行けんな。
最後に、ここまで応援をしてくれた皆に、感謝の意をささげたい。

さあ、皆、思う存分にこの時を楽しんでくれ」

ギタドラ曲一同「うおおーーーーーーーーーーっ!!!!!」
デパチャ「聞いたかお前ら!これが『DAY DREAM』だ!…やべぇ、俺、…うっ、もう…喋れねぇ…」
ゆら「感激してるのはみんなそうです。後は私がするから思いっきり泣いてきていいですよ」
デパチャ「すまねぇ…ゆらさん…う、うわあぁぁぁん!」
ゆら「ではみなさん、このわれらの誇りの『白昼夢』に、乾杯!」
一同「乾杯!!!!!」

ほんとに長くてすみません。

458 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/31(日) 01:17:48 ID:MJ+rFPaUO
>>457
感動した!GJ!

459 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/31(日) 01:28:25 ID:8Ju5rajSO
米「はてさてお次は、赤譜面は鬼ばかりささきっさの入場です!」
ワァァァ〜!
100秒「入場の先頭にだけ呼ばれるなんてね」
ゆら「まぁいいじゃないですか。長女何ですから」
落書き「そうだよー」
スカ「怖いです…私何かイチコロですよw」
米「僕もですよ?w」
スカ「そりゃそうだw」
米「続きましては、色兄弟で有名、尚且つ、5色の戦体ものを思う浮かばせるトリトラ組の御来店です!」
わぁ〜〜〜〜!
黒「俺だけ試合出れないのに先頭とかね…orz」
白「まぁまぁ、僕達が頑張ってくるから応援よろしくね〜」黒「はいはい」
スカ「私も色兄弟に生まれたかったですよ」
米「あなたの時はまだトリトラ自体居なかったでしょ?」
スカ「そうだったw」
米「こんなボケたのはさておき、次は、我等が泉一家で御座います!」
わぁぁぁぁぁ!!
幸男「俺面倒くさいな…」
3「つべこべ言わずにさっさと歩け!」
2「コンチェ様どうか見ていてください。私は頑張ります」
スカ「むっちゃんとこってまだGF決まってないんでしょ?」
米「DMの準決当たりが始まったら決めるそうです」
スカ「あらそう(中の人の知識がないのね…)」
米「続きましては、只今キングで予選中、うへころ荘からDes組の登場です!」
わぁ…
too「何で静まる?!」
FSW「お前が予選でしか目立たない曲だからだ!!」連バス発動
too「姉貴…ここは会場だから落ち着け…」
スカ「手加減されてるようですが、あれじゃ時期にtoo君ハザード落ちですね」
米「可哀想なtoo君は置いといて…続きまして、クラパシリーズを手掛けてる小野一家の登場だ!!」
わぁー!
オバゼア「おじいちゃん達早くついておいでよ」
古風「早いぞ、わし等に合わせてくれ」
スカ「孫は生き生きしてますなぁ」
米「ですねぇ(多分向こうはスカさんわかんねーだろうな…)」
スカ「もしや次は?」
米「よくわかりましたね。次は小野一家系列の亜熱帯の入場です!」
わぁーわぁー
林檎「さぁ行くわよ」
三毛猫「優勝行くにゃー」
DT「言われんでもわかってるわ!」
スカ「三毛猫とDTは相変わらず仲がいいのぉ〜」
米(そうは見えないですけど?)

次へw

460 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/31(日) 01:53:19 ID:uhSptUFe0
>>439
いやあ、文才あるなんて//
その分時間かけすぎなのがもったいないですね
>>456-457なんて書くの1時間もかかったんですからorz

461 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/31(日) 01:59:56 ID:8Ju5rajSO
米「続いて登場しますは、平均bpm数約289、早いし似たもの譜面のもの同士、鈴木一家の入場です!」
わぁー
正「皆さん。蒼そ論もよろしく御願いします」
蒼「全く…お店第一なのね」
そ「兄さんだから仕方ないさ」
スカ「bpmは早いですね。譜面は簡単なのに…w」
米「そんな事言ってたらハザード落ちされますよ?」
スカ「確かにw」
米「続いて登場しますは、今大会唯一の女の子集団ピンクカプセルの入場です」
キャーキャー
ヘリコ「この大会は私達の大会よ!」
ひとり「それ、本気?」
こたみか「まず無理だよ」
スカ「女の子集団とは涎が垂れますなぁw」
米「無常の星さんと裁きさん呼びましょうか?」
スカ「それは勘弁してくださいorz」
米「さて、隣の変態はさておき、続いては、詐欺と逆詐欺の差が激しいレベルが合わない古川家の登場です」
ジャスト「私達って人気無いよね…」
スマイル「ちょwwこんな所でそんな事言うなよwww」
スカ「確かにそんなに人気がありませんね」
米「詐欺が多い為ですね」
スカ「頑張れよ詐欺達w」
米「罵声はほどほどにし、次の紹介です。悲しい曲ならこの人ってぐらい悲しい曲ばかり。涙無しにはいれないよ?くにたけ組の入場です!」
ぐすっ…ぐすっ…
スタァ「私達が入って来たら何で会場が湿っぽい雰囲気になんのよ?!」
リグレ「明るいのはあんただけなのよ!」
スカ「さっきピンカプで紅一点とか言ってたが…」
米「すいません間違えました…orz」
スカ「でもおなごはいくらいてもいいがなw」
米「後で裁きさんに裁かれる事でしょうw さてお次は、叩かれなんぼじゃナオキ系列の入場です」
ヒプノ「僕密かにナオキだけど…」
チカラ「影薄いから忘れてたw」
スカ「またおなご組…じゅる…」
米「スカさん? 今すぐに行きますか?」
スカ「遠慮しときます…orz」
米「このお隣どうにかしたいですw」

462 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/31(日) 04:15:22 ID:EZtMYsobO
>>457
GJ!!!!
デイドリの存在価値に感動した。
次行ったら絶対やってくる

463 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/31(日) 08:53:36 ID:+WXUuAZcO
>>448-451
コミケ吹いたw

カゴ「超長探端…」
フリ「…最後尾ドコー?」

464 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/31(日) 13:50:22 ID:8Ju5rajSO
米「続きましては、ハンサム集団の入場です!」
ワァァァー
しかられ「何で僕等は詳しい解説無いの?」
瞬的「きっとわかんないんだろ?」
スカ「きっとそうですねw」
米「中の人はハンサムが好きでは無いせいでしょw では、続きまして ギタドラ界のアンティークな集団。トーマス組の入場です!」
わぁぁーわぁぁー!
ロッキン「古いと言いたいんだね…」
ディペンド「気にするな! 古い事に自身を持て!」
ストスピ「そうなのかな…」
スカ「確かに古いですねw」
米「やはり大御所ですからw さてお次は 色々な所の音楽界を盛り上げてる版権組の入場です!」
わぁわぁわぁ!!
天体「いやぁ凄いですね」
カルマ「確かに…道迷いそう…」
その他諸々「ま・た・か・w」
スカ「版権組はいいですね…人気があって…」
米「でも厨房やクラッシャーばかりですよ?」
スカ「それも嫌だな…」
米「さて、次は…あれ? ここで緊急の朗報です。王子組は辞退だそうです。これは困りましたね」
スカ「会場にいる奴適当に集めてくるわ」
米「ちょwwスカさん無茶k」
スカ「私に任せろ!!」
米「その自信は…」

3クレ分お待ちくださいm(_ _)m

スカ「連れて来たぜ!」
ルーザー「僕等にチャンスが?」
スカ「そうだ!頑張ってくれたまえw」
DD4「じゃぁ私達を呼んだ理由は?」
スカ「君達も頑張ってくれたまえw」
米「ちょwwDD4とDD5とDD7ってどんな組み合わせだよwwwレベルオーバーじゃねぇかwwww」
スカ「まぁ中にはこんなのあったっていいじゃないかww」
米「や・め・ろ」
スカ「残念…」
米「出すならここにいる王子曲やwac曲を呼んで来い!」
スカ「じゃぁ…B-1組を…」
米「さ・ら・に・や・め・ろ」
スカ「じゃぁ王子曲探して来ます…」
米「頑張ってな」
スカ「はい…」

次へw

王子曲決めなきゃなぁ…(ぁw

465 :あの人 ◆h99PAc1wKg :2006/12/31(日) 13:57:35 ID:J6dYcSWr0
大会で盛り上がってる流れをぶった切って
今年最後のネタ投下。

〜どっちがうえ?〜

DD兄妹家にて。

DD4「あら、いらっしゃい。 二人とも」
FT2「こんにちわ」
FT2M「こんにちわ」
DD5(…見分け、つかん!)
DD6(どっちがどっちなんだよ…)
DD2「それで、二人とも相談って何?」
FT2「実はね」
FT2M「私と、FT2のどっちが」
FT2「姉かってことを」
FT2M「聞きにきたの」
DD(頼むから…いっぺんに喋るな…)
DD3「そんなの、FTに聞けばよかったんじゃないのか?」
FT2「FT姉ちゃんは、『自分たちで決めなさい』って」
FT2M「でも、決まらないから相談に来たの」
DD4「なるほどね」

466 :あの人 ◆h99PAc1wKg :2006/12/31(日) 14:09:22 ID:J6dYcSWr0
DD2「で、みんなの意見としては?」
DD「難易度の高い、FT2Mが姉かと思うが…」
DD3「同感だな」
DD5(そもそも、こういう双子キャラって
    不幸なオチしか用意されてないんだよな。大丈夫か?)
DD6「でも、ちゃんと納得できる理由がないと」
FT2「そうだよね…」
FT2M「そうよね…」
DD4「…ちょっと難しい話になるけどね。
    双子っていうのは、先に生まれるのは
    双子の中ではね、妹なの。
    後から生まれた子は、姉になるのよ」
FT2「なんで?」
FT2M「なんで?」
DD4「それはね…」
DD(頼む、DD4!)
DD2(性的な意味を上手にカバーしてくれ!)
DD3(それでもDD4なら…)
DD7(それでもDD7なら何とかしてくれる…!)

DD4「妹は、先に姉になりたいって、姉よりも先に生まれちゃうの。
    でもね、先に出来たのは、奥に追いやられた子なの。
    だから、先に生まれた子は妹で
    後から生まれた子は姉になるの」

DD6(GJ!)
DD5(流石、仙…じゃなくて、姉さん!)

DD「つまり、FT2Mが姉で、FT2が妹になるのか?」
DD2「そういうことだね」
FT2「そうなんだ」
FT2M「私が姉で」
FT2「私が妹ね、これからは姉ちゃんって呼ぶわ!」
FT2M「よろしくね、FT2」


DD4「これにて、一件落着ね」
DD「しっかし、上手いこと誤魔化したな」
DD4「私もちょっと、頭をひねったわ」
DD3「でさぁ、結局、どっちがFT2でどっちがFT2Mだったの?」

―――どっちだっけ?

(終)

467 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/31(日) 14:30:31 ID:2/bRtViY0
例の如くPCでリアルタイム投下できないっぽい
とりあえず導入だけPCで投下

うへころ荘 12/31 18:00
FsW「晩飯の準備オッケー!」
ヴォイ「おせちも完成、と」
FsW「よしみんな、いk」
ピーーーーーーーー
FsW「…今大事なところなのに、年明けに誰だよ」
エンクル「俺が出る。はいはい」
デザロ「こんばんは♪」
エンクル「!!」
ドラブレ「ドゥーン♪」
ヴォイ「何だ何だ」
WILD「デザロから忘年会やってると聞いて飛び入りで参加しようと思ってな」
FsW「おーおー、いいじゃねーか。入れ入れ」
too「中村家乱入とな?」
When「まあいいじゃないか(うは、み な ぎ っ て き た)」
大「When殿の考えてることが丸分かりでござる…」
アタランテ「おじゃましまーす。真ちゃん元気してたー?」
真「キョー♪」
アイトン「久しぶりだね、洟。…ところで半年前に貸した4000円返s」
洟「あーあーあー、聞ーこーえーなーい!」
エンクル(この人にも借りてんのか!?)
Ring「君の様なプレイボーイを絵に描いたような奴がここの人だったとは驚きだよ」
When「…今でも親父からの正式なコメントはねえよ」
Ring「まあ予選頑張って。あ、そうだ。君の好みは年上だったけど」
When「な、なんだよ」
Ring「姉さんたちに手を出したら、そ の と き は」
When「わーったよ(何だ!?俺の恋路は敵ばかりか!?そうなのか!?)」

エンクル「…いつもよりさらに騒がしくなりそうだな」
デザロ「あら、騒がしいのはお嫌い?」
エンクル「んなこたねーよ。祭騒ぎは基本的には好きだ。…それに、お前もいるし」
デザロ「うわっ、クサwエンクルって時々唐突に恥ずかしいセリフやら行動するよねw」
エンクル「うるせー、本音を吐いて何が悪い//」
デザロ「…でも嬉しい。アリガト♪」

When「ストロベリッてんじゃねー!!( `;ω;´)ブワ」
too「今日ばかりはお前に賛同だ!バカップルに制裁をーーーー!!」
ドラブレ「ドゥーン!」
TS「落ち着いてー!みんな赤O武装しないでー!!」

どんどんバカップル化w
あとは携帯で21:00から年明けまで一時間毎にカウントダウン投下予定

468 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/31(日) 15:41:35 ID:bFJttCkWO
>>大会の人
頑張って下さいね
カルマの方向音痴設定生かしてくれるとはww

ハイツJ-POP
天体「今年ももう終わりか…」
リライト「早いものだね〜」
グラスカ「そうね…私達は秋にココへ来たから物凄くあっという間感じたわ」
カルマ「来年は厨が寄り付きませんように…」
一同「そ れ は 無 い」
カルマ「orz」
リライト「あ…そう言えば大分前にコクピ君に借りた双〇まだ返して無いや」
カルマ「イマイチ面白く無かったよな〜」
天体「MPSの方が面白いよな」
リライト「キャラは可愛いんだけどね…」
グラスカ「あんなの何処が楽しいのかしら…?」
セイリング「イヤ、面白いやん!」
一同「お 前 だ け だ」
セイリング「サーセンwwwwwww」
リライト「取りあえず返しに行って来るね(´・ω・`)」
天体「ついでに餅を買って貰えんか?」
リライト「分かった〜」


リライト「ここがJimmy一家か…何か変な雰囲気だなぁ」
―シュッシュオーイ(注:チャイムです)

アネモネ「どちら様ですか?」
リライト「コクピ君に借りてたゲームを返しに来たんですけど…」
アネモネ「コクピか…あいつらは今出かけてるから俺が預るよ」
リライト「お願いしますね」


天体「そう言えばさ…リライトって人脈広くね?」
一同「確かに」
セイリング「まぁ…アイツはDD7やオバゼと仲が良いしな、その繋がりだろ」
グラスカ「でも…考えて見ると凄い方達と仲が良いんですね」
天体「前作のアンコとプレアンか…」
南風「まぁ、二人とも穏やか方だからリライト君とも気が合うのでしょう」
一同「あれ?お前いつの間に居たんだ?」
南風「orz」
天体「仕方無かろう…中の人は南風苦手なんだから」
南風「詐欺ですみません…」
カルマ「あんまし中の人の事は言わない方が…」

リライト「ただいま〜」
天体「お?リライトも帰って来たな、丁度良い」
セイリング「んじゃ、行きますか」

一同「鬼百住人の皆様、良いお年を!」

皆様風邪等体調に気をつけて下さいね… orz

469 :あの人 ◆h99PAc1wKg :2006/12/31(日) 16:02:44 ID:J6dYcSWr0
〜予告みたいなの〜

正月特別番組「ギタドラ烈火のチャレンジャー
           〜これが出来たら10万円〜」

主催 あの人
スポンサー 気合
      根性

参加曲(予定)
MODEL DD2
MODEL DD3
MODEL DD4
MODEL DD7 (むっちゃんチーム)

子供の落書き帳
たまゆら
Concertino in Blue
DEPARTURE    (モッキーSasamotoチーム)

カルマ
リライト
天体観測
そばかす (版権チーム)

cookpit
Heriing roe
Orbital Velocity
Wonderful Workers (jimmyチーム)

月光蝶
この子の七つのお祝いに

Agnus Dei (こねこさま軍勢)

Micro fin
αρχη
Purple storm
ミラージュ・レジデンス (EXTRA MUSICチーム)

放送日時 一月の第一週のいつの日か

470 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/31(日) 16:19:31 ID:xosVP5T+O
>>大会運営の方
頑張って下さい!
毎日楽しみにしてますw

>>469
楽しみに待ってますw

大会中なのに流れ読まずに絵投下。
B-1の健闘を讃えてDAY DREAM氏。
カコヨクならんかったorz
http://p.pita.st/?m=fcz5xqr5

投下も済んだので今年最後のバイトに行ってきますノシ
皆様、良いお年を。

471 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/31(日) 16:24:00 ID:2/bRtViY0
>>470
おっさんカッケエエ!!GJ!

コンコン

ん、誰だ?こんな時間にうわシンバルはらめくぁwせdrftgyふじこlp

472 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/31(日) 16:36:26 ID:HQiW3fMt0
>>469
楽しみにしてますよ。
>>431
レストンクス。でも結局年内には終われそうにない・・・orz
とりあえず投下。
――聖夜のLIVE―― 1/2
裁き「皆さん、ありがとうございましたぁー!」
曲達「イエェェェーーーイ!!」
DD3「よーし、それじゃあ、次の曲といこうかぁっ!!」

その後のLIVEも大いに盛り上がった。
あさきさん一家総出のメドレーや、BPM400のファンキーさん率いるDes-rowリレー、
そしてアンコンさん率いる発狂LIVEも行った(流石にこれは盛り下がったなぁ・・・)
そして、どの曲に対しても完璧な物に仕上げるDD兄さん達がとてもカッコよく見えた。
きっと僕じゃ、あんな素晴らしい演奏は出来ないだろうなぁ・・・
DD3「YEAH!最高潮に盛り上がってるこのライブも残念ながら次の一で終わりだぜ!
そんなラストを締めくくる曲は・・・コイツだぁ!!」
Infinite「皆さん、こんばんは。ラストにふさわしいかどうか分かりませんが、
一生懸命唄いますので宜しくお願いします。」
曲達「イエェェェーーイ!!」
DD3「ラストは俺と同期のインフィニだ!コイツの爽やかなメロディでシメようぜ!!
それじゃ、ミュージック、スター・・・」
ドサッ
DD6「うっ・・・・・はぁ・・・」
DD7「DD6兄さんっ!!」
DD3「(タイミングばっちりだな・・・DD6)・・・緊急事態だ!少しの間中止するぜ!」


473 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/31(日) 16:38:38 ID:HQiW3fMt0
――聖夜のLIVE――2/2
ザワザワ、ザワザワ・・・・・
DD7「DD6兄さん!大丈夫!?」
DD6「ハァ・・・ハァ・・・スマン、実は二日前からウイルスによる胃腸炎にかかっててな・・・
今日はムリしてLIVEに臨んだんだけど、どうやらもう限界っぽいな・・・」
DD7「そんな・・・」
DD3「今救急隊が来るぜ。しっかしどうするんだ?ベースがいなきゃ曲が成り立たないぜ?」
DD6「DD7・・・頼みがある・・・」
DD7「な、何っ!?」
DD6「俺の代わりに・・・ベースを弾いてくれないか?」
DD7「・・・えっ!?」
DD6「頼む・・・お前に頼みたいんだ・・・」
DD7「そんな・・・僕なんかに出来る訳ないよ・・・無理に決まってる!!
僕なんかには・・・出来っこないよ・・・」
その時、後ろから一部始終を見守っていたデイドリが、DD7の所にやってきた。
タバコを加え、いつも以上にするどい眼光をしている。
DD7「DD兄さん・・・!」
きっと起こられる。僕はそう思った。
DDシリーズの中で一番意気地なしで、弱気な僕を見て、きっと腹が立ったに違いない。
そしてデイドリがDD7の正面に立つと、右手を高く振り上げた。
DD7「(!!!!・・・殴られるっ!!!!!)」
僕は覚悟して目をつぶった。

DD7「・・・・・・・あれっ?」
痛みは無かった。
デイドリはさっきの鋭い目つきとは真逆に、穏やかな目つきで、高く上げた右手をDD7の肩にポンっと当てた。
DD「DD7・・・お前なら出来る。やれるだけ、やってみろ。お前は俺の弟だろう?」
DD7「・・・!!!!!!!」
デイドリ兄さんのこんな言葉を聞いたのは、初めてだった。
いつもはデイドリ兄さんとはまともに話す事さえ出来なかったのに・・・
DD「自信を持て。」
デイドリは最後にそれだけ言い、ドラムの方へ戻った。
DD7「・・・・・・・」
DD6「DD7・・・どうだ・・・?やってくれるか・・・?」
少し沈黙した後、ついに、決意したように、
DD7「みんな・・・僕、やってみるっ!!」
さっきまで迷子になった少年のような目つきのが、今はもう別人な者となっていた。
DD3「そうこなくちゃなっ!!」
ホワトル「よーし、頑張ろうね♪」
DD4「DD7、頑張りましょう」
僕はDD6兄さんからベースを預かり、舞台裏へ回ろうとした、その時。
オバゼア「DD7君!頑張って!」
ステージの下で見ていたオバゼアさんが、笑顔で手を振りながら、僕を見た。
僕は、彼女に少しだけ手を振った後、拳を強く握り締めて、ベースの音を確認する為、ホワトルさんと舞台裏へ回った。

(続)
後少しで終わるのにorz
続きは来年になりそうです・・・

474 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/31(日) 17:48:26 ID:ZCg6/mwR0
>>457の続き
〜デイドリ凱旋記念会〜
ゆら「…デイドリさん。そろそろ皆さんのところへご挨拶に」
DD「…そうだな。まあ、ここから冥王星への旅が始まる、といったところかな」
ゆら「以前とは違う形でですね。私が案内しますよ。行きましょうか」
……………
@色兄弟の座席にて
ホワトル「デイドリさん、試合お疲れ様です!!」
ブラホラ「俺らの親父の凄さを知らしめてくれて感謝してます!!」
DD「そういえばお主たちのギターは親父担当だったな…。ありがとう」
パプスト「最近までエキストラ部屋にいたから、こんなに強い方がいるなんて知りませんでした」
DD「しかしエキストラ部屋にはオバゼアもいたはずだが…?」
パプスト「確かにそうですが、一緒にいた時間が短かったですから…」
DD「…確かに彼は自分の譜面を必要以上に行使しないからな。謙虚な奴だよ」
ライム「でもそれならホワトルお兄ちゃんもそうよね…。私たちの中で一番強いのに」
ホワトル「はは…。でもそんなに人を傷つけるなんて性に合わないからね…」
イエパニ「そんな弟たちで助かってるよ…。腕白だったら俺の体が持たない…」
DD「家とは正反対な兄弟だな…。家ではしょっちゅう譜面が飛びまくりで落ち着けないんだが」
ブラホラ「…あなたの家を尋ねる際はご用心、ですね」
DD「そういうことになるな。ドアをあけた次の瞬間はベットの上…なんてな」
……………
DD「…いい兄弟たちだったな」
ゆら「あなたの兄弟だって引けを取りませんよ」
DD「それを言うならお主の姉妹だってそうであろう。ところで…」
ゆら「…何でしょうか?」
DD「お主も姉妹のところへ戻った方が良いのでは…?心配してるかもしれん」
ゆら「大丈夫です。この記念会の主催は私たちですから。どっちにしろみんな散らばってます」
DD「……そうか。ならばお言葉に甘えさせていただくとしよう。宜しく頼む」
ゆら「こちらこそ宜しくお願いします」

デイドリの会話時の表記をDDに直しました。
これもしばらく続けますが大きな展開は期待しないで下さいorz
しかも俺も終わりが見えないこの話…。

475 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/31(日) 18:46:35 ID:JNukC/je0
裁き「450KBを超えましたね」
浄化「そろそろ次スレですか」
誓い「一応テンプレ作りました。参考にして下さい」
裁き・浄化「あんたまだいないはずでしょ」
誓い「orz」
CaptivAte〜誓い〜:IIDX14 GOLD 収録予定の新曲。

鬼姫と100秒を同じ部屋に5回閉じ込めてみた

鬼姫はオートチップを解除するようにきつく注意されたとさ

・前スレ(容量オーバーの予定)
 http://game11.2ch.net/test/read.cgi/otoge/1164713733

○過去ログ
・初代スレ(容量オーバー)
 http://game10.2ch.net/test/read.cgi/otoge/1146584414/

・二代目(容量オーバー)
 http://game10.2ch.net/test/read.cgi/otoge/1156274043/

・三代目(停止)
 http://game10.2ch.net/test/read.cgi/otoge/1164383055/

○まとめサイト
 http://f1.aaa.livedoor.jp/~ecole/gfdm573/matome.html

○避難所
http://mx.minx.jp/gfdm573


○このスレの空気
・絵とか設定は自由。freedom。俺たちは自由だ。
・希望とかありだけど、スルーされても怒らない。泣かない。いじけない。しつこくしない。
・えっちなSSはうpロダに上げてからアドレスだけ貼り、という配慮をお願いします。
・ギタドラ以外はだめじゃないけど控えめに。


○姉妹スレ
・蠍火と嘆きの樹を同じ部屋に10回閉じ込めてみた
 http://game11.2ch.net/test/read.cgi/otoge/1167047029
・SEIYAと1048を同じ部屋に閉じ込めてみた (停止)
 http://game10.2ch.net/test/read.cgi/otoge/1145014441/
・ポップンキャラを同じ部屋に2回閉じ込めてみた(ゲームキャラ板)
 http://game11.2ch.net/test/read.cgi/gamechara/1161009442/
・“ポップン曲”を2回閉じこめてみた
 http://game11.2ch.net/test/read.cgi/otoge/1166747323/

476 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/31(日) 19:09:40 ID:s5Vn4bMNO
自分も今年最後のネタを…
〜ささきっさ〜

落「たっだいま〜」
ゆら「お帰りなさい落書き帳さん。もうすぐ年越しソバが届くと思うので待っててくださいね」
落「は〜い」
コンチェ「それにしても今年も色々あったねぇ」
百「ええ…私がDDR国に行ったり、コンチェが弐寺国に行ったり」
ゆら「V3が始まったり」
コンチェ「CSギタドラが復活したりね」
落「あ〜、そうだね…マスターピースゴールドに収録決まってる人は良いよねぇ…」
コンチェ「お、お姉ちゃん…大丈夫!きっとコンマイ様なら…」
落「DD3なんて…DD3なんて…DD3なんて…」
タイピ「とりあえず落ち着けです」
ータム連打発動ー
落「ごめんなひゃい…」
イスト「後は兄さんに彼女が出来たりとかw」
デパチャ「こっ、こら!」
落「あ〜あ、そんなに照れなくたって良いのに」
タイピ「そういえば落書き姉さんにも彼氏が出来たですぅ」
落「え!?あ、うん、そうだね…えへへ」
百「何が『えへへ』よ…今さらピュアぶった所でもう遅いっての…私なんて、私なんて…」
ゆら「はいはい、落ち着いてくださいね」
ーラストタム連打発動ー
百「ご、ごめんなひゃい…」
落「後は…あ、そうそう、コンちゃんが百合…」


477 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/31(日) 19:09:49 ID:8Ju5rajSO
米「スカさん。今度は連れて来た?」
スカ「連れて来たよw」
ルックス「私達が王子代表?」
最速「なんで私達なのかな?」
タルト「彼氏見てるといいなぁw」
米「これまた女の子ばかりw」
スカ「いいでしょーw 後この集団も連れて来たよ」
マウンテン「おひさですRISEさん」
初キス「負けねーよ!」
ヒカリ「無理だし…」
米「削除組かよwww よくこんなの見つけたなww」
スカ「私をなめんじゃないわよ?」
米「別に罵らなくても… さて、代表選手も揃いましたし、これからE-1大会を開催したいと思います!!」

わぁーわぁーわぁーわぁーわぁー!

スカ「なんでE-1?」
米「よくぞ聞いた! Bの次がEだからだよ」
スカ「中の人適当過ぎない?」
米「気にしちゃ行けませんよw さてここで気になる大会の対戦相手でしょーw」

そーですね!

スカ「い〇ともかよ!」
米「これも気にしてはいけませんw さて、その気になる組み合わせはこれだ!!」

各第一試合目
jimmy一家×みゆきっさ
爆音kevin家×ささきっさ
ふなきっさ×produced by NAOKI
DDと一匹×年配Thomas組
うへころ荘×teamドゥーン♪
お姫様っ子×蒼そ論
桃色カプセル×ハイツJ-POP
亜熱帯地域×しっと団
vox隊長×古川お笑

478 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/31(日) 19:30:39 ID:8Ju5rajSO
米「大会の試合のルールの説明〜」
スカ「さっきの開会式にしとけよw」
米「忘れてたんだよww」
スカ「流石は米ww」
米「馬鹿にしてるだろ?」
スカ「当たり前w」
米「後で…なw ではルール説明します」

試合ルール
各色、パートの曲同士が戦います
総当たり戦なので先に2勝した方、又は勝ちが多い方が勝ちです
勝ちの条件はKO、TKO、判定、相手の反則負けの4つですw
ドローもあります
もし3試合後の結果がドローの場合、同じ家計の曲を1人選抜し決着着くまでのサドンデスです
サドンデス時の選抜曲は家計内ならどの曲でも良い(大会未参加曲でもいいし、レベル制限無しになるから95以上も参加可能w
ハンデとしてレベル合計160以下は以下のどれかを一試合で一度発動可能
・HSMAX(自分のみ
・レベル変換(自分でも相手でも化
・一カ所オート演奏(相手のみ、タムもスネアも化
・S乱(GF専用 自分も相手も化
以上のルールで御願いしますm(_ _)m

ではそろそろ第一試合のjimmy一家×みゆきっさの試合が始まりますw

479 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/31(日) 19:39:15 ID:ZmcFvejYO
I'm gonna get you「…弟達他2曲はいつ入場したのかしら」
MAD BLAST「シュオーイ…」
BREAK OUT「あれ、E-MAIL ME!の奴は?」
Dance the Night Away「HAPPY MANがいるからって泉チーム応援に行ったぜ〜?」
GET IT ALL「相変わらずですなァ…」
ちゃんと試合組み込まれててホッとした俺ガイル
ささきっさと対戦とか死亡フラグktkrwww


480 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/31(日) 19:41:16 ID:8Ju5rajSO
トーナメント表切れててすまそ…orz
続きは…
vox隊長×古川お笑い事務所
亜熱帯地域×しっと団(仮)
蒼そ論×お姫様's
色兄弟×ささぐれ版権削除団
あさきっさ×ひっそり樽木組
です(GFも一試合目は組み合わせは一緒ですw

481 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/31(日) 19:43:02 ID:s5Vn4bMNO
うわ…書き途中で投下してしまったorz
476は無かったことにしといてください

482 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/31(日) 19:51:32 ID:1JLGQMCe0

Heaven is a(ry「よーし!俺様のメタリックグレイちゃんでご来光拝みに行くぜー!!」
FIREBALL&ギタードライブ「イエーイ!!」
57's「野郎共!富士山のてっぺんまでブッチギリだぜぇ!!!」


LA ARENA ROJA「…五合目までしか、車、入れないのに…」


スレ住民のみんな、よいお年を。



つオマケ
ミラージュ・レジデンス「ねぇねぇ!DJ ×ZMA ち○こだすかなぁ? ほしの×きのオパーイは??」
Purple Storm「…やっぱりJimmy一族の血を血をひいてるのか…orz」

下ネタスマソ

483 :あの人 ◆h99PAc1wKg :2006/12/31(日) 20:11:09 ID:J6dYcSWr0
DD「今年も終わりか…」
DD2「いろいろあったねぇ」
DD7「そうだねぇ」
DD3(…ビキビキ)
DD5(…ビキビキ)
DD6(…この幸せ者がッ…!)

DD4「年越しそば、できたわよ」
DD「さーて、食うとするか」
DD3「そうだな(ビキビキ)」
DD5「そうしよっか(ビキビキ)」
DD2「後は紅白でも見て、どうしよっか」
DD6(ビキビキ)
DD7「…あ、もしもし、落書き帳さん?」
DD3「セイヤーッ!!」
DD7「兄さん、電話が!」
DD5「電話だと、そんなもん無かったわ!」
DD6「この幸せ者がぁぁ!!」
DD7「うわぁぁ…ぁぁぁ…」

DD4「…あの…馬鹿…」
DD2「何はともあれ、まぁ言うべきことは一つだね」
DD4「みなさん、よいお年を!」
DD2「よいお年を!」

スレ住人の皆様、よいお年を。
また来年、お会いしましょう。
               あの人

484 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/31(日) 20:33:28 ID:8Ju5rajSO
米「さて、DMから始まります…第一試合がまもなく始まりますよw」
スカ「エロと湿り気ですか」
米「そんないい方やめなさいw」
スカ「きっと今頃は、中の人はいつオーバーするかハラハラで書いてる筈w」
米「そんな事情は言わんでいいw」
スカ「そろそろ始まるようですよ」
米「本当だ…では…」
米、ステージ中央へ移動
米「さてさてE-1第一試合の初戦1回目。jimmy一家×みゆきっさの試合です」
わぁー
米「赤コーナーより入りますは、変態、変態、尚変態と続きます。jimmy一家代表の入場です!」
わぁー
ミラージュ「いい言われようだな…」
ヘリング「気にするな(姉御はどこにいるんだろ?)」
健太「相手は女か…」
米「続きまして、青コーナーより入りますは、悲しみの余り、場の雰囲気までもを湿らせるみゆきっさ代表の入場です!」
涙「変態相手?嫌だなぁ…」
バランス「そうでも無いわよ? かっこいいじゃない」
デスラバ「顔だけかよ…(それでどれだけ泣いてるのだか…)」
米「両者共異様な雰囲気ですが気にしないw さて両者先方前へ」
ミラージュ「へーい(涙さんは微妙だよね)」
涙「はい(新曲の変態か…)」
米「では始め!」
ミラージュ「始まったな! まずはかるーく…死ねぇぇぇ!!」
涙「あぁ…そんな…こんなの…最初からなんて…あぁぁぁっ!!」ピチュン
スカ「早っ!!w」
米「流石は先攻押し切りな譜面ですね」
スカ「やはりもとアンコールね」
米「流石は変態。女には容赦無いのは気に入らなかったんでしょうかね?w」

次へw

485 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/31(日) 21:02:27 ID:MJ+rFPaUO
E-1始まりましたね
あと誰か次スレよろしく
まあ蠍嘆スレが結構長く前スレ書き込めたから
まだ大丈夫かもしれませんが

うへころ荘 12/31 21:00
FsW「ごくごくごく…」
ヴォイ「ごくごくごく…」
WILD「ごくごくごく…」
三人「ぷはー!」
FsW「なんだお前らイケる口じゃねーか」
ヴォイ「おめーとは何回も飲んでるだろーが」
WILD「大体先輩に向かってお前はねーだろ」
FsW「あ、やっぱり?w」
三人「わーっはっはっはっ」
アタランテ「…壊れてる」
真「きょきょきょきょーーー!」
アタランテ「ええ!?真ちゃんも!?真ちゃーん!!」
too「うっぷ」
Ring「リバースオプションどーぞ」
When「…デザロさーん…ぐー…こっち見てー…」
Ring「やっぱり狙ってたか。よりによってデサ姉さんか。これは起きたらエンクルさんとお仕置きだな」

2007年まであと3時間

486 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/31(日) 21:11:09 ID:3JDf4tkm0
>>大会の方

ちゃんと桃色カプセルになっててうれしい限りですw
ってかうちら女性オンリーが珍しいチームだったなんて知りませんでしたw
みゆきっさもそうかな、と思ったらデスラバが男性だったとはw

今年最後の桃色カプセル

こた「B−1すごかったらしいね」
ヘリコ「うんwもうね、デイドリさんカッコよかったよーw」
ひと(絶対惚れt)
ヘリコ「何か言った?ひ・と・り?w」
ひと「いっ、いえ何も…(やっぱヘリ姉様のこういう黒い笑いは苦手…)」
こた「とりあえず、私たちがE−1で唯一の女性のみのチームという件について」
ヘリコ「変態に狙われないといいねw」
ひと「…Jimmy一家さんすみませんorz」
こた「最初に戦うのって…あぁ、ハイツJ−POPの人たちだね」
ヘリコ「版権曲の人だよね。強いかどうかはわかんないけど油断しても勝てる相手ではないよね」
ひと「そうですね…まぁそれは弱小チームの私たちはどこと戦うとしてもそうですが」

………

…結果はどうでもこの3人にはとにかく善戦してほしかったりする。
中の人頑張ってくださいね。
そして誰か次スレお願いします、私なんかがいえたことじゃないかもしれませんが

487 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/31(日) 22:07:10 ID:8Ju5rajSO
米「では、中堅前へ」
ヘリング「へーい(姉御見ていてください!)」
デスラバ「はい(変態の親玉かよ…)」
米「中堅戦始め!」
ヘリング「負けないぜ!」
ワザ「お前は中盤まで特にないだろ? まずは落ち着け!」
ヘリング「外野は黙ってろ! いくぜこの糞野郎! はぁぁぁ!」
デスラバ「気合だけは認めてあげる…でも…俺は男じゃねぇよ! 馬鹿野郎!!」
ヘリング「なっ?! 見た目や口調は男じゃねぇ?」
デスラバ「見た目で判断すんじゃねぇよ!!」
米「どうも譜面って言うか口喧嘩になってますねw」
スカ「こんなのもいいのでは?w」
ヘリング「そろそろ中盤だな…滝シンバル喰らいな!!」
デスラバ「てめぇのシンバルなんかきかねぇ!」
ヘリング「なっ?!」
デスラバ「最後のシンバル喰らいな!」
ヘリング「終わったと思ったのに…」
米「これは判定に持ち込まれました…」スカ「ん〜どうなるんでしょうね?」
米「おっ、結果が出ました…2対1でヘリングの勝ちです。この時点でjimmy一家が2回戦突破が決まりましたー」
わぁー!
ヘリング「よっしゃ!!」
デスラバ「負けた…こんな変態親玉に…」
ヘリング「いい試合だったぜデスラバ。さっきはすまんな。気に障ったなら謝るから」
デスラバ「もういいよ…こっちもいい過ぎたよ…」
ヘリング「いいや…こっちがいい過ぎたすまん」
デスラバ「もういいよ…じゃぁ…//」
スタスタ(かけさる…
ヘリング「なんだあいつ?」
ワザ(わかってねぇな…)
ジョーカー「羨ましいなあいつ…」
健太「お前いたのか?」
ジョーカー「orz」
健太「さて次は俺か、もう決まってるがまぁいいだろ」
米「さて、次の一戦目の第2試合は、ささきっさ×爆音kevinですw」
健太「ちょww俺の出番は?」
米「2勝した時点で終わりですよ?」
健太「何?!」
米「2回戦目で頑張ってくださいw」
健太「orz」




バランス「私出番無しに敗退?orz」

次へw

488 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/31(日) 22:12:02 ID:MJ+rFPaUO
紅白のさそり座の女2006が神曲だった件

うへころ荘 12/31 22:00
『コンチェ選手、ギブアップ!!これにより冥選手決勝出場決定!!
 決勝は…DAY DREAMと…冥の頂上決戦だ!!一体どんな結末が待つのか!?
CMのあと、ついに決勝です』

FsW「…」
エンクル「…」
アタランテ「…」
大「…ゴク」
デザロ「…チャンネルかえていい?」
アイトン「CM終わるまでだよ」

ピッ

『エイポーフー「先生、腹痛が痛いのだ」
ポプドト「ほうほう、どれどれ、ハアハア(;´д`)」
エイポーフー「セクサルハラーは死ねよ」
ポプドト「突っ込みひどすぎだぞ」
わはははは…』
デザロ「…ぷはw」
エンクル「…くw」

ピッ

『さあ、遂に、遂にBEMANI界最強が今夜!…』
デザロ「ちょっとアイトン、何でいいとこで変えるのよ!」
アイトン「僕らはB-1が見たいの!」
デザロ「あっちだって見てたのわたしだけじゃないの!」
アイトン「姉ちゃんとエンクルさんだけだよ!」
エンクル「…ビデオ撮ってるから大丈夫だって」
二人「ギャーギャー」
エンクル「…聞いてねえ。テレビ聞こえねーから少し黙れ」

2007年まであと二時間
ちょっとずれたけど

489 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/31(日) 22:25:59 ID:svPeQ4dgO
>>大会の方
すんません桃色の者です
男性はデスラバじゃ無いんですね。失礼しましたorz

490 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/31(日) 23:00:31 ID:MJ+rFPaUO
打つの遅くてつらいけど頑張ります

うへころ荘 12/31 23:00
『わあああああああ
u「今、初代、B-1王者が、誕生しました!
その名は!冥!弐寺の、冥だ!」
わあああああああ…』
ドラブレ「ドゥーン…」
TS「デイドリさん、負けちゃったね…」
アタランテ「でもデイドリさん、かっこよかったわ〜//」
FsW「さて、そろそろ年越し蕎麦作るか」
デザロ「あ…ファンキーさん手伝います」

デザロ「ファンキーさん、教えてほしいことがあるんですが」
FsW「ん?なんだ?」
デザロ「ファンキーさんの作る年越し蕎麦って汁からこだわってるって聞いたから…」
FsW「エンクルから聞いたのか。で、作り方が知りたいのか」
デザロ「はい!お願いします!」
FsW「いいぜ」
デザロ「あ、ありがとうございます!」
FsW「エンクルも幸せ者だぜ。こんな可愛い彼女が尽くしてくれるんだから」
デザロ「もう!やめてください//」

2007年まであと一時間

491 :爆音で名前が聞こえません:2006/12/31(日) 23:44:48 ID:8Ju5rajSO
>>489さん
そんな時もありますw

米「さて第一試合2戦目。爆音kevin家×ささきっさの試合です。赤コーナーより入りますは、轟音、雑音、糞譜面の三拍子、爆音kevin家の入場です!」
わぁーw
ブリング「緊張する…」
アンコン「バカボン!」
rpm「やかましい!」
米「やかましいですw 続きまして、青コーナーより入りますは、ピアノの旋律が全てを物語る、ささきっさの入場です!」
わぁぁぁーw
デパチャ「負けないられないな(アルケー見てるか?)」
ボビス「僕不安だよ…」
ゆら「元気だしなさいよ」
米「さて、入場し終わりました。2戦目開始します。先方前へ」
デパチャ「はい(アルケーの前じゃ負けられんな)」
ブリング「はい(緊張する…)」
米「先方戦始め!」
ブリング「最初はいきますよ」
デパチャ「ぐっ…序盤はきついな…」
米「デパチャ氏は前半何もないですからね。前半耐えたら優先になれますよ」
スカ「ロング同士のいい勝負になるといいですねw」
プライミ「せめろ! 序盤で稼ぐんだよ!」
ブリング「わかったよ」
デパチャ「あぁぁ…やばい…お花畑が…」
ボビス「頑張れ! 僕勝てないんだから負けちゃ駄目だよ!」
ゆら(ボビス勝負捨ててる…)
デパチャ「心配すんな! もう少し耐えれば行けるから…」
プライミ「ブリング! ここで決めれないなら中村家に追放だからな!」
ブリング「ちょwwそれは待て! 今決めr」
デパチャ「巻き返し来たぜ!!」
ブリング「ギャァァァー!」
プライミ「ブリング生きろ!」
rpm「負けちゃ駄目だ!」
アンコン「ソウ ロース!」
ブリング「そうだよ…プライミはわざわざ自分の出番を抜かして僕に…ここで負けたら男が廃る!」
デパチャ「まだ耐えるか…しつこいな…だが、これで決める!」
ブリング「こっちだって負けない!」
米「両者最後のぶつかり合いだー! 勝つのはどっちだ?!」
デパチャ「行けぇぇ!!」
ブリング「負けるかぁぁ!!」
ドーン

492 :爆音で名前が聞こえません:2007/01/01(月) 00:12:42 ID:w+QmjbIUO
2006年から2007年へ

うへころ荘 12/31 23:45
アタランテ「ふー、おいしかった」
FsW「すげーぜデザロは。ちょっとコツ教えただけなんだけどな」
大「ファンキー殿と比べても遜色ないでござるな」
When「来年も来てほしいな」
洟「んまぁーーい」
真「ひょー♪」
エンクル「うん。凄く美味しかったぜ」
デザロ「…(ボッ)やだ、そんな誉めても何も出ないわよ//」
WILD「かーっ、初々しいねぇーw」
デザロ「もう!お兄さん!!」

12/31 23:57
エンクル「今年も色々あったな」
デザロ「V3も稼働したし。何より…」
エンクル「こういう関係になれたってわけで//」
デザロ「…//」
TS「二人とも、カウントダウン始まるよ?そっちもさっさと起きる」
too・When「ん〜…吐きそ」
ヴォイ「さあ、始まるぞ。10」
ドラブレ「ドゥーン!」
WILD大「9」
真「ひょー」
TSアイトン「8」
アタランテ「7」
洟Ring「6」
too「…5」
When「4」
FsW「3!」
デザロ「2」
エンクル「1」

2007 1/1 0:00

全員「あけまして、おめでとうございます!」

デザロ「エンクル」
エンクル「ん?」

チュッ

エンクル「なっ!?」
デザロ「今年もよろしくね//」
Whentoo「ヴアアアアアアアア」
FsW「あついあつい。まったく、見せ付けてくれるぜ」
エンクル「ちょ、やめろ!俺は悪くねえー!」

新年あけましておめでとうございます
今年もこんなラブコメ書いて行きそうですがよろしくお願い致しますw

493 :爆音で名前が聞こえません:2007/01/01(月) 00:22:14 ID:gLId1tIFO
あけましておめでとうございます

そんなわけで絵投下
http://p.pita.st/?wvvxyzea

494 :爆音で名前が聞こえません:2007/01/01(月) 00:23:22 ID:9XWfGNuYO
皆様明けましておめでとうございます

ルーザー「今年もメゲズにレッツハルマゲドン
目標はバレンタイ(ry」


今年も良い年でありますように

495 :爆音で名前が聞こえません:2007/01/01(月) 00:28:48 ID:P2SmZgXqO
皆様、あけましておめでとうございます

天体「夕方に出たばっかなんだがな」
カルマ「まぁまぁ、細かい事は気にするな」
ベイサイド「じゃあ、皆行くよ〜」

リライト「新年あけまして…」
一同「おめでとうございます、そしてハイツJ-POPを宜しくお願いします!」

496 :爆音で名前が聞こえません:2007/01/01(月) 00:31:10 ID:sWuYLHcfO
モクモク…
米「煙ですね」
スカ「冷静に判断し過ぎw」
米「晴れてきましたね。おぉっ!」
スカ「なななんと!」
米「ダブルノックダウンです!」
スカ「珍事キタ━━(゚∀゚)━━!!w」
米「喜ばないのw さてどちらが10カウントとる前に立てるのかぁ?」
1…2…3…
ボビス「立てデパチャ!」
ゆら「立てくださいデパチャさん!」
4…5…6…
プライミ「ブリング立て!」
rpm「立たないと私がぶっ飛ばすわよ!」
7…8…9…
米「このままどちらも立たないのかぁ?」
10!! カンカンカン!!
米「残念! 勝敗はドロー。いきなり波乱の幕開けの2戦目先方戦!」
デパチャ「うーん…はっ?! 試合は?!」
ゆら「ダブルノックダウンのドローよ」デパチャ「そっか…すまん!」
ボビス「いいよ。兄さんはよく頑張ったよ。僕も頑張ってみるよ」
デパチャ「頑張れよボビス」
ボビス「うん」
一方kevin側…
ブリング「引き分けか…もう少し時間があればなぁ…」
プライミ「よくやったよブリング。俺は感動した!」
rpm「仇はアンコンがと私で取るからゆっくりしてなさい」
アンコン「ソウ ロース♪」
ブリング「そうさせてもらうよ」
米「さて、お次は中堅戦だ! 中堅前へ」
アンコン「バカボン!」
ボビス「はい(何言ってるかわかんないよ…)」
米「では中堅戦始め!」
ボビス「お手柔らかに…」ペコッ
ゆら(真面目ね)
アンコン「バカボン…」ペコッ
rpm(意外だなww)
ボビス「じゃぁ、いきます………シネャァァァ!!」
アンコン「ソウ ロース?!」
ボビス「俺様に黄で勝とうなんか一万年はぇーよ!ボケがぁ!!」
アンコン「ア…バ…」
rpm「ちょwwあのアンコンが押されてるよ?」
プライミ「ボビスおっかねぇ!!」
ボビス「これで終わりだよ!!死にさらせぇぇぇ!!」
アンコン「バ…_o__」
カンカンカン
米「ボビスまさかのKO勝ちです!」
スカ「ボビス怖いよ…」
ボビス「試合怖かったなぁ…」
ゆら(ボビス怖い…)

次へw

497 :爆音で名前が聞こえません:2007/01/01(月) 00:45:20 ID:sWuYLHcfO
正論「年越した…」
そっと「明けましておめでとうございます」
蒼白「今年もぐだぐだな私たちをよろしくお願いします」

さて E-1続き書きますw

498 :爆音で名前が聞こえません:2007/01/01(月) 01:24:51 ID:sWuYLHcfO
米「ささきっさが一歩リードで勝敗は大将戦に委ねられた! 果たしてこのままささきっさが勝つのか? それともkevin家が延長戦へ持ち込むのか? では大将前へ」
rpm「はい(負けられない…)」
ゆら「はい(負けてたまるもんですか!)」
米「大将戦始め!」
rpm「はぁぁぁ!」
ゆら「きゃっ! 何?!」
プライミ「スネア前の立ち上がりの間に静めろよ? じゃぁ無いと勝てないからな!」
rpm「わかってるよ!」
ボビス「ゆらさん!もう少しで勝てるから耐えて!」
ゆら「わかってるわよ! でも…ちょっときつい…」
rpm「このハットで鎮める!いけぇぇぇぇぇ!」
ゆら「ぐっ…だ…だめ…」
ボビス「ゆらさん?!」
100「たまゆら!私の滝よりきつい筈は無いのよ?! 勝ちなさい!!」
ゆら「100秒姉さん…そうよ! 負けるもんですかぁ!!」
rpm「なっ?! 弾かれた!?」
ゆら「ではお返しさせてもらいますよ? いけぇぇ!!」
rpm「ぅっ…スネアは…そんな…らめぇぇぇぇ!!」ピチュン
カンカンカン
米「KO! たまゆら氏がなんと逆転KO勝ちでささきっさが2回戦へ駒を進めた!!」
ゆら「はぁ…はぁ…」
ボビス「やったねゆらさん!」
100「よくやったわね。たまゆら」
ゆら「100秒姉さんの声が無かったらあのまま負けてたかも…ありがと100秒姉さん」
100「礼には及ばないわよ。次も頑張ってね」
ゆら「はい」

プライミ「相手が悪かったな…」
rpm「そうね…」
ブリング「またの機会に頑張ろ…」

米「さて、次は1回戦第3試合目。ふなきっさ×produced by NAOKIの試合です。しばらくお待ちくださいね」
スカ「ねーw」

次へw

499 : 【だん吉】 【1864円】 :2007/01/01(月) 03:44:56 ID:9uU9bCaMO
あけおめです。 
職人のみなさま頑張ってください、いつもwktkしてます。

500 :爆音で名前が聞こえません:2007/01/01(月) 04:57:06 ID:Q27fvyF60
皆様あけましておめでとう
めでたいついでに新スレ立ててきました。

http://game11.2ch.net/test/read.cgi/otoge/1167594949/l50

501 :爆音で名前が聞こえません:2007/01/01(月) 05:09:16 ID:wEOzc8k90
もう書けないか?

502 :爆音で名前が聞こえません:2007/01/01(月) 10:37:04 ID:CxZi1HVp0
誓い「>>501さんまだギリギリ大丈夫です」
浄化「だからあんたはまだ出てn」
〜糞トリル発動〜
浄化「きゃあぁぁぁぁぁぁ!」
ガアァァン!
裁き(てか中の人誓いの譜面見てないのによくそんな事書けるわね…)
というわけであけましておめでとうございます。
2日〜4日は中の人が祖父母の実家に帰省するので、
その間デイドリ凱旋記念会はかけませんので悪しからず。
誰も期待してないだろうけどorz


503 :爆音で名前が聞こえません:2007/01/01(月) 11:38:15 ID:5tI2r4sqO
なんで誓いと浄化が居るんだ?
この二曲って弐寺曲じゃないっけ

504 :爆音で名前が聞こえません:2007/01/01(月) 13:08:17 ID:0VC830+CO
裁きの姉妹として浄化とかがいるんだろうけど
3姉妹中寺曲の方が多いからその3曲を使いたいなら裁きを蠍嘆スレに出張させた方がいいと思う

505 :爆音で名前が聞こえません:2007/01/01(月) 13:33:12 ID:XPHgAlXB0
>>503>>504
失礼しました。以後気をつけます。

これは黒歴史とでもしといてくださいorz

506 :爆音で名前が聞こえません:2007/01/01(月) 13:38:50 ID:sWuYLHcfO
米「とうとう3試合目です」
スカ「です〜w」
米「試合展開が早いのは、中の人の長文能力の不足なので悪しからず…」
スカ「悪しからずw」
米「スカさん。繰り返すのはいいです。さて、3試合目はふなきっさ×produced by NAOKIです。まずは赤コーナー。家族の多さなら他には負けない! ふなきっさの入場です!」
わぁー
明鏡(別に多いだけがね…)
籠「多いだけだし、むっちゃんのとかの方が多いし…」
アルケー「デパチャさん。見ていてくださいね」
米「続きまして青コーナーより入りますわ、他人の曲ばかり作曲のproduced by NAOKIの入場です」
わぁー
チカラ「沢山いるよ」
ヒマワリ「目立てば彼氏出来るかな?」
シナリオ「お黙りなさい!」
米「では先鋒前へ」
スカ「先鋒の漢字が間違えてたのは 中の人の知識不足ですw」
明鏡「はい(負けないと思うけど油断大敵ね)」
チカラ「はーい(勝てなーい)」
米「では、先鋒戦始め!」
チカラ「ギブアップ!」
明鏡「えっ?」
米「早いw いきなり棄権しましたチカラ選手」
スカ「女の子ですからw」
ヒマワリ「なんでいきなり棄権すんのよ?!」
チカラ「だって勝てないもん〜」
シナリオ「まぁまぁ…残りを勝てばいいだけよ」
ヒマワリ「私次きついんだけど…」
シナリオ「頑張りな」
ヒマワリ「はい…」

507 :爆音で名前が聞こえません:2007/01/01(月) 17:05:53 ID:sWuYLHcfO
米「続いて中堅前へ」
籠「はい(レベル近いわ)」
ヒマワリ「はい(勝てなさそう…)」
米「では、中堅戦始め!」
ヒマワリ「序盤いくわ! はぁぁぁ!」
籠「きゃっ?! 序盤…こんなのきつい…」
ヒマワリ「一気に決めれば私の勝ちよ! いけぇぇぇ!」
シナリオ「ヒマワリ!決めなさい!」
ヒマワリ「わかってるわよ…これで終わりよ!」
籠「なんのこれしき…負けるかぁぁ!」
米「いい勝負になって来ましたね」
スカ「でも、ここからは籠ちゃんは鬼門の始まりですよw」
明鏡「カゴノトリ。ここからだぞ。ここで鎮めろ!」
籠「わかってるよ! 最後だ! いけぇぇぇ!!」
ヒマワリ「ちょっと…これ…で私と…同じレベ…ルなんて…あぁぁっ…」ピチュン
米「K・O。流石カゴノトリ選手。自慢のラス発狂ばだでじゃない!」
スカ「ただ中の人が非常に苦手なだけでしょ?」
米「気にしないw この勝ちによりふなきっさ2回戦進出です」
フリフリ「良くやった!」
アルケー「私も出たかったなぁ…」
籠「次も出させないわよw」
アルケー「そんな…」
米「次は4試合目のDDと一匹×年配Thomas組ですw」

次へw

508 :爆音で名前が聞こえません:2007/01/02(火) 17:34:42 ID:Z0KjDEdWO
埋め

509 :356611001351646:2007/01/03(水) 00:56:35 ID:3xaAOi7fO
あと少しだ

510 :爆音で名前が聞こえません:2007/01/03(水) 16:08:39 ID:Gz4DGXLWO
>>1000>>1000>>1000>>1000>>1000

511 :爆音で名前が聞こえません:2007/01/04(木) 01:17:30 ID:PXOEj1/jO
今何kb?
携帯だから分からない

512 :爆音で名前が聞こえません:2007/01/04(木) 01:36:38 ID:tchxqYE70
>>511
大体490KB
もうちょっと

513 :埋め:2007/01/05(金) 17:07:57 ID:3W5F7A3gO
    /\___/ヽ   ヽ
   /    ::::::::::::::::\ つ
  . |  ,,-‐‐   ‐‐-、 .:::| わ
  |  、_(o)_,:  _(o)_, :::|ぁぁ
.   |    ::<      .::|あぁ
   \  /( [三] )ヽ ::/ああ
   /`ー‐--‐‐―´\ぁあ
    /\___/ヽ   ヽ
   /    ::::::::::::::::\ つ
  . |  ,,-‐‐   ‐‐-、 .:::| わ
  |  、_(o)_,:  _(o)_, :::|ぁぁ
.   |    ::<      .::|あぁ
   \  /( [三] )ヽ ::/ああ
   /`ー‐--‐‐―´\ぁあ
    /\___/ヽ   ヽ
   /    ::::::::::::::::\ つ
  . |  ,,-‐‐   ‐‐-、 .:::| わ
  |  、_(o)_,:  _(o)_, :::|ぁぁ
.   |    ::<      .::|あぁ
   \  /( [三] )ヽ ::/ああ
   /`ー‐--‐‐―´\ぁあ
    /\___/ヽ   ヽ
   /    ::::::::::::::::\ つ
  . |  ,,-‐‐   ‐‐-、 .:::| わ
  |  、_(o)_,:  _(o)_, :::|ぁぁ
.   |    ::<      .::|あぁ
   \  /( [三] )ヽ ::/ああ
   /`ー‐--‐‐―´\ぁあ
    /\___/ヽ   ヽ
   /    ::::::::::::::::\ つ
  . |  ,,-‐‐   ‐‐-、 .:::| わ
  |  、_(o)_,:  _(o)_, :::|ぁぁ
.   |    ::<      .::|あぁ
   \  /( [三] )ヽ ::/ああ
   /`ー‐--‐‐―´\ぁあ
    /\___/ヽ   ヽ
   /    ::::::::::::::::\ つ
  . |  ,,-‐‐   ‐‐-、 .:::| わ
  |  、_(o)_,:  _(o)_, :::|ぁぁ
.   |    ::<      .::|あぁ
   \  /( [三] )ヽ ::/ああ
   /`ー‐--‐‐―´\ぁあ

埋め

514 :埋め:2007/01/05(金) 17:09:37 ID:3W5F7A3gO
    /\___/ヽ   ヽ
   /    ::::::::::::::::\ つ
  . |  ,,-‐‐   ‐‐-、 .:::| わ
  |  、_(o)_,:  _(o)_, :::|ぁぁ
.   |    ::<      .::|あぁ
   \  /( [三] )ヽ ::/ああ
   /`ー‐--‐‐―´\ぁあ
    /\___/ヽ   ヽ
   /    ::::::::::::::::\ つ
  . |  ,,-‐‐   ‐‐-、 .:::| わ
  |  、_(o)_,:  _(o)_, :::|ぁぁ
.   |    ::<      .::|あぁ
   \  /( [三] )ヽ ::/ああ
   /`ー‐--‐‐―´\ぁあ
    /\___/ヽ   ヽ
   /    ::::::::::::::::\ つ
  . |  ,,-‐‐   ‐‐-、 .:::| わ
  |  、_(o)_,:  _(o)_, :::|ぁぁ
.   |    ::<      .::|あぁ
   \  /( [三] )ヽ ::/ああ
   /`ー‐--‐‐―´\ぁあ
    /\___/ヽ   ヽ
   /    ::::::::::::::::\ つ
  . |  ,,-‐‐   ‐‐-、 .:::| わ
  |  、_(o)_,:  _(o)_, :::|ぁぁ
.   |    ::<      .::|あぁ
   \  /( [三] )ヽ ::/ああ
   /`ー‐--‐‐―´\ぁあ
    /\___/ヽ   ヽ
   /    ::::::::::::::::\ つ
  . |  ,,-‐‐   ‐‐-、 .:::| わ
  |  、_(o)_,:  _(o)_, :::|ぁぁ
.   |    ::<      .::|あぁ
   \  /( [三] )ヽ ::/ああ
   /`ー‐--‐‐―´\ぁあ
    /\___/ヽ   ヽ
   /    ::::::::::::::::\ つ
  . |  ,,-‐‐   ‐‐-、 .:::| わ
  |  、_(o)_,:  _(o)_, :::|ぁぁ
.   |    ::<      .::|あぁ
   \  /( [三] )ヽ ::/ああ
   /`ー‐--‐‐―´\ぁあ

埋め

515 :埋め:2007/01/05(金) 17:10:38 ID:3W5F7A3gO
    /\___/ヽ   ヽ
   /    ::::::::::::::::\ つ
  . |  ,,-‐‐   ‐‐-、 .:::| わ
  |  、_(o)_,:  _(o)_, :::|ぁぁ
.   |    ::<      .::|あぁ
   \  /( [三] )ヽ ::/ああ
   /`ー‐--‐‐―´\ぁあ
    /\___/ヽ   ヽ
   /    ::::::::::::::::\ つ
  . |  ,,-‐‐   ‐‐-、 .:::| わ
  |  、_(o)_,:  _(o)_, :::|ぁぁ
.   |    ::<      .::|あぁ
   \  /( [三] )ヽ ::/ああ
   /`ー‐--‐‐―´\ぁあ
    /\___/ヽ   ヽ
   /    ::::::::::::::::\ つ
  . |  ,,-‐‐   ‐‐-、 .:::| わ
  |  、_(o)_,:  _(o)_, :::|ぁぁ
.   |    ::<      .::|あぁ
   \  /( [三] )ヽ ::/ああ
   /`ー‐--‐‐―´\ぁあ
    /\___/ヽ   ヽ
   /    ::::::::::::::::\ つ
  . |  ,,-‐‐   ‐‐-、 .:::| わ
  |  、_(o)_,:  _(o)_, :::|ぁぁ
.   |    ::<      .::|あぁ
   \  /( [三] )ヽ ::/ああ
   /`ー‐--‐‐―´\ぁあ
    /\___/ヽ   ヽ
   /    ::::::::::::::::\ つ
  . |  ,,-‐‐   ‐‐-、 .:::| わ
  |  、_(o)_,:  _(o)_, :::|ぁぁ
.   |    ::<      .::|あぁ
   \  /( [三] )ヽ ::/ああ
   /`ー‐--‐‐―´\ぁあ
    /\___/ヽ   ヽ
   /    ::::::::::::::::\ つ
  . |  ,,-‐‐   ‐‐-、 .:::| わ
  |  、_(o)_,:  _(o)_, :::|ぁぁ
.   |    ::<      .::|あぁ
   \  /( [三] )ヽ ::/ああ
   /`ー‐--‐‐―´\ぁあ

埋め

516 :埋め:2007/01/05(金) 17:12:03 ID:3W5F7A3gO
    /\___/ヽ   ヽ
   /    ::::::::::::::::\ つ
  . |  ,,-‐‐   ‐‐-、 .:::| わ
  |  、_(o)_,:  _(o)_, :::|ぁぁ
.   |    ::<      .::|あぁ
   \  /( [三] )ヽ ::/ああ
   /`ー‐--‐‐―´\ぁあ
    /\___/ヽ   ヽ
   /    ::::::::::::::::\ つ
  . |  ,,-‐‐   ‐‐-、 .:::| わ
  |  、_(o)_,:  _(o)_, :::|ぁぁ
.   |    ::<      .::|あぁ
   \  /( [三] )ヽ ::/ああ
   /`ー‐--‐‐―´\ぁあ
    /\___/ヽ   ヽ
   /    ::::::::::::::::\ つ
  . |  ,,-‐‐   ‐‐-、 .:::| わ
  |  、_(o)_,:  _(o)_, :::|ぁぁ
.   |    ::<      .::|あぁ
   \  /( [三] )ヽ ::/ああ
   /`ー‐--‐‐―´\ぁあ
    /\___/ヽ   ヽ
   /    ::::::::::::::::\ つ
  . |  ,,-‐‐   ‐‐-、 .:::| わ
  |  、_(o)_,:  _(o)_, :::|ぁぁ
.   |    ::<      .::|あぁ
   \  /( [三] )ヽ ::/ああ
   /`ー‐--‐‐―´\ぁあ
    /\___/ヽ   ヽ
   /    ::::::::::::::::\ つ
  . |  ,,-‐‐   ‐‐-、 .:::| わ
  |  、_(o)_,:  _(o)_, :::|ぁぁ
.   |    ::<      .::|あぁ
   \  /( [三] )ヽ ::/ああ
   /`ー‐--‐‐―´\ぁあ
    /\___/ヽ   ヽ
   /    ::::::::::::::::\ つ
  . |  ,,-‐‐   ‐‐-、 .:::| わ
  |  、_(o)_,:  _(o)_, :::|ぁぁ
.   |    ::<      .::|あぁ
   \  /( [三] )ヽ ::/ああ
   /`ー‐--‐‐―´\ぁあ

埋め

517 :埋め:2007/01/05(金) 17:13:04 ID:3W5F7A3gO
    /\___/ヽ   ヽ
   /    ::::::::::::::::\ つ
  . |  ,,-‐‐   ‐‐-、 .:::| わ
  |  、_(o)_,:  _(o)_, :::|ぁぁ
.   |    ::<      .::|あぁ
   \  /( [三] )ヽ ::/ああ
   /`ー‐--‐‐―´\ぁあ
    /\___/ヽ   ヽ
   /    ::::::::::::::::\ つ
  . |  ,,-‐‐   ‐‐-、 .:::| わ
  |  、_(o)_,:  _(o)_, :::|ぁぁ
.   |    ::<      .::|あぁ
   \  /( [三] )ヽ ::/ああ
   /`ー‐--‐‐―´\ぁあ
    /\___/ヽ   ヽ
   /    ::::::::::::::::\ つ
  . |  ,,-‐‐   ‐‐-、 .:::| わ
  |  、_(o)_,:  _(o)_, :::|ぁぁ
.   |    ::<      .::|あぁ
   \  /( [三] )ヽ ::/ああ
   /`ー‐--‐‐―´\ぁあ
    /\___/ヽ   ヽ
   /    ::::::::::::::::\ つ
  . |  ,,-‐‐   ‐‐-、 .:::| わ
  |  、_(o)_,:  _(o)_, :::|ぁぁ
.   |    ::<      .::|あぁ
   \  /( [三] )ヽ ::/ああ
   /`ー‐--‐‐―´\ぁあ
    /\___/ヽ   ヽ
   /    ::::::::::::::::\ つ
  . |  ,,-‐‐   ‐‐-、 .:::| わ
  |  、_(o)_,:  _(o)_, :::|ぁぁ
.   |    ::<      .::|あぁ
   \  /( [三] )ヽ ::/ああ
   /`ー‐--‐‐―´\ぁあ
    /\___/ヽ   ヽ
   /    ::::::::::::::::\ つ
  . |  ,,-‐‐   ‐‐-、 .:::| わ
  |  、_(o)_,:  _(o)_, :::|ぁぁ
.   |    ::<      .::|あぁ
   \  /( [三] )ヽ ::/ああ
   /`ー‐--‐‐―´\ぁあ

埋め

518 :埋め:2007/01/05(金) 17:14:33 ID:3W5F7A3gO
    /\___/ヽ   ヽ
   /    ::::::::::::::::\ つ
  . |  ,,-‐‐   ‐‐-、 .:::| わ
  |  、_(o)_,:  _(o)_, :::|ぁぁ
.   |    ::<      .::|あぁ
   \  /( [三] )ヽ ::/ああ
   /`ー‐--‐‐―´\ぁあ
    /\___/ヽ   ヽ
   /    ::::::::::::::::\ つ
  . |  ,,-‐‐   ‐‐-、 .:::| わ
  |  、_(o)_,:  _(o)_, :::|ぁぁ
.   |    ::<      .::|あぁ
   \  /( [三] )ヽ ::/ああ
   /`ー‐--‐‐―´\ぁあ
    /\___/ヽ   ヽ
   /    ::::::::::::::::\ つ
  . |  ,,-‐‐   ‐‐-、 .:::| わ
  |  、_(o)_,:  _(o)_, :::|ぁぁ
.   |    ::<      .::|あぁ
   \  /( [三] )ヽ ::/ああ
   /`ー‐--‐‐―´\ぁあ
    /\___/ヽ   ヽ
   /    ::::::::::::::::\ つ
  . |  ,,-‐‐   ‐‐-、 .:::| わ
  |  、_(o)_,:  _(o)_, :::|ぁぁ
.   |    ::<      .::|あぁ
   \  /( [三] )ヽ ::/ああ
   /`ー‐--‐‐―´\ぁあ
    /\___/ヽ   ヽ
   /    ::::::::::::::::\ つ
  . |  ,,-‐‐   ‐‐-、 .:::| わ
  |  、_(o)_,:  _(o)_, :::|ぁぁ
.   |    ::<      .::|あぁ
   \  /( [三] )ヽ ::/ああ
   /`ー‐--‐‐―´\ぁあ
    /\___/ヽ   ヽ
   /    ::::::::::::::::\ つ
  . |  ,,-‐‐   ‐‐-、 .:::| わ
  |  、_(o)_,:  _(o)_, :::|ぁぁ
.   |    ::<      .::|あぁ
   \  /( [三] )ヽ ::/ああ
   /`ー‐--‐‐―´\ぁあ

>>1000>>1000>>1000>>1000>>1000埋め!

501 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

>>894(厄神様)>>961(魔理沙)>>999(チルノ)>>1000(お願い事)
          i'´  /    ′    イ、、,  '"ノ
          |  /-‐''''  ̄     / ,' ゝー ´!        【幻想郷へのリンク集】
..         し,'  \     /  ′ ゙,  !        ☆前スレ:ttp://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1264381373/
          / l   ` 、  ´   i、  ゙,   !       ☆VIP東方あpろだ:ttp://viptoho.ps.land.to/uploader/upload.html
.         /  ',          ''〉   ゙,  .!        ☆リプレイうpろだ:ttp://replay.royalflare.net/
        、rく   ',         ./ 〉   ゙、 -ト=/test/read.cgi/otoge/1164713733/">★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)