5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

鬼姫と100秒を同じ部屋に5回閉じ込めてみた

1 :爆音で名前が聞こえません:2007/01/01(月) 04:55:49 ID:Q27fvyF60
鬼姫はオートチップを解除するようにきつく注意されたとさ

・前スレ(容量オーバーの予定)
 http://game11.2ch.net/test/read.cgi/otoge/1164713733

○過去ログ
・初代スレ(容量オーバー)
 http://game10.2ch.net/test/read.cgi/otoge/1146584414/

・二代目(容量オーバー)
 http://game10.2ch.net/test/read.cgi/otoge/1156274043/

・三代目(停止)
 http://game10.2ch.net/test/read.cgi/otoge/1164383055/

○まとめサイト
 http://f1.aaa.livedoor.jp/~ecole/gfdm573/matome.html

○避難所
http://mx.minx.jp/gfdm573


○このスレの空気
・絵とか設定は自由。freedom。俺たちは自由だ。
・希望とかありだけど、スルーされても怒らない。泣かない。いじけない。しつこくしない。
・えっちなSSはうpロダに上げてからアドレスだけ貼り、という配慮をお願いします。
・ギタドラ以外はだめじゃないけど控えめに。


○姉妹スレ
・蠍火と嘆きの樹を同じ部屋に10回閉じ込めてみた
 http://game11.2ch.net/test/read.cgi/otoge/1167047029
・SEIYAと1048を同じ部屋に閉じ込めてみた (停止)
 http://game10.2ch.net/test/read.cgi/otoge/1145014441/
・ポップンキャラを同じ部屋に2回閉じ込めてみた(ゲームキャラ板)
 http://game11.2ch.net/test/read.cgi/gamechara/1161009442/
・“ポップン曲”を2回閉じこめてみた
 http://game11.2ch.net/test/read.cgi/otoge/1166747323/


115 :爆音で名前が聞こえません:2007/01/09(火) 10:47:32 ID:Tw2/w5lLO
米「では2回戦最終試合。ふなきっさ×桃色カプセルの試合です」
スカ「どうなる事でしょうw」
米「先ずは赤コーナー。パパさんは偽名が多いし、ポプに逃げ込む。ふなきっさの入場です」
わぁー
明鏡「2回戦のトリだなぁ」
籠「だね」
α「勝ちましょうね」
米「続きまして青コーナー。敗者復活より見事に復活。ここから先にはいけるのか? 桃色カプセルの入場です」
わぁー
ヘリコ「うぅ…orz」
こた&ひと「またですか…」
米「先鋒前へ」
ヘリコ「はい…orz」
明鏡「はい(大丈夫なのか?)」
米「先鋒戦始め!」
明鏡「いっていいのか?」
ヘリコ「うぅぅ…」
こた「姉さん! 頑張って!」
ひと「落ち着けば勝てるから、リラックスだよ」
ヘリコ「………そうだね…私頑張るよ」
こた&ひと「いけー!」
ヘリコ「やぁぁぁ!!」
明鏡「ぬっ?! やはり赤譜面相手は…」ピチュン
米「試合終了! やはり赤譜面は有利なのか?w」
スカ「当たり前w」
ヘリコ「やったよ! 私がちょっと本気を出せばこんなもんよ」
こた「あんな事いってますよ」コソコソ
ひと「まぁ勝てたんだから、言わせてあげましょ」コソコソ
ヘリコ「何2人で話してるの?」
こた&ひと「別に何でもないよ。勝てて良かったね姉さん」
米「美しき姉妹愛ですか?w」
スカ「ちゃかさないの」
米「ですね。続きまして中堅前へ」
こた「はい(勝てば3回戦ね)」
籠「はい(負けられないのね)」
米「中堅戦始め!」
こた「いくよ! やぁぁぁ!!」
籠「ぐっ…やはり赤譜面は…」
こた「まだまだ! やぁぁぁ!!」
籠「やばい…負けそう…」
α「お姉ちゃん!負けるなー」
籠「だよね…負けたらね(姉さん達もやかましいだろうし…)」
こた「これで決める!」
籠「やられはしない! やぁぁぁ!!」
こた「ふぇっ?! これで黄譜面なの?! きゃぁぁぁっ!!」ピチュン
米「KO! カゴノトリ選手。見事な逆転劇を見せてくれました」
スカ「流石ラス殺しw」
米「これで全ては大将戦に持ち越されましたw」


次へ

116 :爆音で名前が聞こえません:2007/01/09(火) 10:54:09 ID:ycd1mDN5O
>>83
甘ロリだと、こんな感じか?
よくワカランからグーグルで調べて描いてみたよ。

http://p2.ms/6h3p1


117 :ハイツJ-POP”管理”人:2007/01/09(火) 11:35:22 ID:ZNhTEtB3O
>>116
GJ
俺のイメージとほとんどぴったりで驚きましたw

ハイツJ-POP

ベイサイド「うふふ、良く撮れてる♪」
アンダンテ「ねぇ、ちょっと見せてよ☆」
さくらんぼ「予想外の人気だったんだぉ」

>>116

アンダンテ「うわぁ…か〜い〜お持ち帰りしたいよ〜(*´∀`)」
ベイサイド「今度は4人でやろうよ☆」
アンダンテ「あ、良いね!」
さくらんぼ「今度はツインテのゴスロリっ娘とかどぉかなぁ?」
アンダンテ「リライト君はロリ系路線が良さそうだね〜」

―キャイキャイ

リライト「何だか寒気がする…(´・ω・`;)」
天体「風邪か?薬飲んで寝とけ」
カルマ「ノロには気をつけろよ」


118 :爆音で名前が聞こえません:2007/01/09(火) 16:51:41 ID:/r6476c40
差無来!!はヤヴァイな

Desラー杯開始5分前
FsW「うーん…もう始まっちまうぞ」
TS「落ち着いて落ち着いて。大見解さんのことですから遅れませんよ」
FsW「真超は何か聞いてねーのか」
真「ひゅー…」
FsW「そうか…」

ガラガラ

大「済まない。遅くなった。決勝曲を連れて来たでござる」
FsW「おせーぞ大見解!…で、決勝曲っつーのは」
大「こちらに来なさい、差無来」
差無来「皆様初めまして。差無来と申します。以後、お見知りおきを」
FsW「なっ…」
侍「どうかなされまして?」
FsW「か…か、か、かわ」
エンクル「…川?…まさか、姉貴」
FsW「か、かわい〜(*´∀`)」
ギューッ
侍「い、如何いたしましたの?」
FsW「こんな妹が欲しかったんだよー!ウチの奴らみんな男だから寂しくて」
10:00
TS「ヤバい、始まっちゃった。それじゃあ僕たちはこれd」
DMプレイヤー「おらおら新曲出てこいやー」
エンクル「うわ、もうかよ!?」
侍「…なめられたものですわね。たかがSP800代が私の赤譜面を選ぶとは」
プレイヤー「へ?」
加速後発狂発動
プレイヤー「のおおおお!?これはファンキー並みの糞譜mぎゃあああ」ピチュン
一同「( д ) ゜゜」
侍「出直してらっしゃい」
大「…親父様。何故この家の女子はこんなにたくましくなったのでござるか?orz」

119 :爆音で名前が聞こえません:2007/01/09(火) 17:56:24 ID:lF0a4x0J0
>>118
GJ&激しく同意
差無来!!赤DMやった後の感想
「こ れ は 酷 い」
詐欺もいいとこですね…91かよあれ…。
SP1050だが60%対象外orz

120 :爆音で名前が聞こえません:2007/01/09(火) 18:32:29 ID:/r6476c40
侍「ふう…」
FsW「どうした?疲れたか?」
侍「あ、いえ、違いますわ。ギタドラ国ってすごいとこですのね、お姉様」
FsW「(*´∀`)そんな、お姉様だなんて、そんな堅苦しくなくていいんだぜ?」
侍「これは性分でございますから。今日一日で私も結構の数のプレイヤー方々にクリアされましたわ」
FsW「俺がいなくても十分苦しめてるぜ、その譜面」
侍「おほめいただいて光栄ですわ♪」
大「…拙者はもっとお主に落ち着いてほしいでござる」
侍「まあ!これはお父様が私にくださった力ですわ。それを否定なさるおつもり?」
大「ああいや、そういうわけでは…」
侍「大体兄様こそ、もっとお強くなられて下さい!兄様はポプ国のヒップロック兄弟の筆頭ですのよ。
  それのみならず、我らDes-ROW・組曲の長男なのですから、もっと堂々となさってもらわないと」
大「orz」
FsW(可愛い見た目とは裏腹にかなりしっかりしてるんだな…大見解が言いくるめられてる)

曲をプレイしてすごく暑苦しい青年としっかりしすぎた極道幼女が出てきたw
面白そうだから後者を採用

121 :爆音で名前が聞こえません:2007/01/09(火) 21:43:22 ID:m6Z75zLw0
>>118>>120
決勝曲ktkr?
キングはまともにやる時間も金も場所もスキルも無いOTZ
解禁されるのを指折り数えて待つことにしますね
>>112
…多分一緒だと思います。
よく「大事は方言だからな」と言われますしw
でもごぢゃっぺは聞いたこと無いですorz

桃色カプセル

こた「なんか知らないうちに方言の話になってるね」
ヘリコ「裏はこの間数学の時に聞いたって中の人が言ってたね」
ひと「如何でも良い事でしょうけど何故数学で方言の話が出たんですか…」
こた「中の人いわく
  『問題を解く時間があった時の暇つぶしに話題になった』からだって」
ヘリコ「『この◎■県の人は皆自分達の使っている言葉が正しいと思っている。
   だから間違いをよく指摘される』って中の人が」
ひと(今日はやけに中の人が出しゃばる日ですね…何かあったんでしょうか)
こた「まぁ田舎者のざれ言なんて気にしない気にしない」
ヘリコ「そんなこと言ってるといろんな人に失礼じゃないかな…」
ひと(間違い無く失礼だと思うんですが御姉様方は気付いていないんですかね…)

……

「◎■県って北関東じゃなくて南東北じゃね?」
そんな風に言われた事のある県に住む一人。
県外に親戚や知り合い等全くいないから余計方言てことに気付かないorz

122 :爆音で名前が聞こえません:2007/01/09(火) 22:32:38 ID:xRAqxF1L0
Jimmy一家 数の子男 1


ヘリング「俺の愛(ハイハット刻み)を受け取ってくれええええ!!」
百秒「だが断る^^」
━虹色の滝発動━
ヘリング「アッー!!!111」

ヘリング「はぁ・・・orz」
コクピ「兄貴の奴どうしたんだ?」
万華鏡「女にでも振られたんじゃねえの?wwwwwwww」
ミラージュ「そのまさかみたいだよ('A`)」
ベロシティ「ドドンマイwwwww」
ヘリング「どうして百秒の姉御は俺のことを認めてくれないんだ・・・?(´;ω;`)」
コクピ「性癖おかしいからだろ」
ミラージュ「顔でしょ」
ベロシティ「カズノコダカラダロ」
万華鏡「臭いじゃねえの?」
ヘリング「お前等みたいな藻男に相談しても無駄だな・・・('A`)」
コクピ「これは酷い・・・('A`)」
万華鏡「ちょwww俺をお前等と一緒の負け組みにすんなwwwwwwww」
ミラージュ「こいつ以下ってのがすごく悔しい・・・('A`)」
ベロシティ「アレ?アニキハドコイッタ・・・?」
コクピ「どーせまた変なことでも考えてるんだろ・・・」

ヘリング「くそ・・・こうなったら醜くていやだが奥の手だ・・・('A`)」
カチッ

1 :恋する名無しさん [sage] :2007/01/09(火) 20:30:45 ID:Roe/Dm97

  最近、気になる女性がいるんだがまったく相手にしてくれないんだ・・・
  なんかアドバイスをしてくれないか・・・?


ヘリング「さて・・・どうくるかな・・・('A`;)」

333秒後・・・

123 :爆音で名前が聞こえません:2007/01/09(火) 22:34:42 ID:xRAqxF1L0
Jimmy一家 数の子男 2


2 :幼女 [sage >>3 m9] :2007/01/09(火) 20:30:55 ID:ChiLdrEN

  2げと^^

3 :恋する名無しさん [sage >>3 m9] :2007/01/09(火) 20:30:56 ID:MunEcity

  2ゲト!!!!111
  >>3ドドンマイwwwwwwwww

4 :恋する名無しさん [sage] :2007/01/09(火) 20:33:25 ID:SinKIRoU

  人生初の2げと!!!!11

5 :百合に目覚めた白昼夢 [晒しage] :2007/01/09(火) 20:33:45 ID:DD2/Bule

  >>3>>4 これは酷い・・・
  >>1とりあえず情報もなしにどうやってアドバイスしたらいいのかしら・・・? 
  
6 :恋する名無しさん [sage] :2007/01/09(火) 20:33:52 ID:tP2Tp2TP

  >>1 とりあえず>>1さんと気になる女性のスペックを晒してもらわないと・・・


ヘリング「そういやそうだな・・・カチカチッ・・・っと・・・(´・ω・`)」


7 :1[sage] :2007/01/09(火) 20:35:01 ID:Roe/Dm97

  えっと・・・気になる女性は某プログレ一家の長女って言ったほうがわかりやすいな。
  俺のスペックは・・・一言で言うと・・・数の子だな・・・

8 :恋する名無しさん [sage] :2007/01/09(火) 20:35:30 ID:tP2Tp2TP

  えっと・・・ぶっちゃけ力になれません・・・ごめんなさい><
  ってかあの人はやめといたほうがいいと思いますよ・・鬼だし・・・
  数の子だったら尚更・・・

9 :恋する名無しさん [sage] :2007/01/09(火) 20:35:49 ID:TsuNOp99

  >>8 鬼じゃないです悪魔ですぅ・・・

124 :爆音で名前が聞こえません:2007/01/09(火) 22:36:35 ID:xRAqxF1L0
Jimmy一家 数の子男 3


10 :恋する名無しさん [sage] :2007/01/09(火) 20:36:18 ID:rAiNBow/

  >>8->>9 お前等あとでささっきさの裏に集合な
  >>1 顔がイケメンでギタドラ共にレベルが高ければおk


ヘリング「くそ・・・こいつら俺のこと馬鹿にしやがって・・・ん?」


11 :恋する名無しさん [sage] :2007/01/09(火) 20:35:30 ID:aPxHLOVE

  >>1 HT→HH→HT→HT この魔法の言葉を2回唱えるんだ
  それで彼女の前でじっとしてればおkだ。あんた顔はいいからな
  >>9 いい加減sage覚えろ

ヘリング「なるほど・・・カチッ・・・」


12 :数の子男 ◆Herringroe [sage] :2007/01/09(火) 20:36:00 ID:Roe/Dm97

  >>11 なるほど・・・その手があったか・・・恩にきるぜ!!!11
  あ、一応コテ付けてみた。明日頑張ってみるわ

13 :恋する名無しさん [sage] :2007/01/09(火) 20:36:59 ID:aPxHLOVE

  >>1 気にするな。あいつにもいい加減男作って欲しいしな・・・
  つーか、じゃねえと俺が八つ当たりを食らう・・・('A`)
  とにかく頑張れよ!!11


続きはまた後ほど・・・><

125 :爆音で名前が聞こえません:2007/01/09(火) 23:35:27 ID:TRmmSs5d0
へリングの恋ktkr

126 :爆音で名前が聞こえません:2007/01/09(火) 23:42:46 ID:18+eWRV1O
>>124
魔法の言葉ってオトハイかよww
ヘリングがんがれ!

127 :爆音で名前が聞こえません:2007/01/10(水) 00:09:25 ID:28KhYu7jO
>>

128 :爆音で名前が聞こえません:2007/01/10(水) 00:17:21 ID:28KhYu7jO
みすた…
>>122-124 数の子男吹いたw
百秒本人が降臨してるしwww

129 :爆音で名前が聞こえません:2007/01/10(水) 01:08:38 ID:PNWey0Z3O
IDバレバレでワロスw

ここ読んでると自分も何か書きたくなってくるな
まぁ文才ない上に携帯厨だから書けんけど(´・ω・`)

130 :爆音で名前が聞こえません:2007/01/10(水) 01:53:47 ID:Mi/Bhn2wO
>>122-124さん
数の子頑張ってw

米「さて、運命の大将戦です。大将前へ」
α「はい(みんなの為にも負けられない)」
ひと「はい(相手が違う…)」
米「大将戦始め!」
α「負けませんよ! やぁ!」
ひと「前半なら私の方が有利なのよ!! はぁ!!」
α「きゃっ!」
ひと「発狂までに蹴りつければ勝てる筈! はぁぁ!!」
ヘリコ「そうよ。私達の中での最強譜面の実力を見せるのよ!」
こた「頑張れー!」
ひと「2人共…頑張るよ! これで終わりだぁぁ!!」
α「きゃぁぁっ!!」
籠「アルケー! 頑張って!」
ジェッ娘「負けちゃ駄目だよ。せっかく願ったのが意味なくなるでしょ!!」
明鏡(そこなのか?)
α「でも…こんなの…」
ひと「これで決まれば私の勝ちよ! やぁぁぁ!!」
α「きゃぁぁぁ!! もう…だm…」
?「アルケー!! しっかりしろ!!」
α「…この声は…デパチャさん?!」
デパチャ「アルケー。まだ負けちゃ駄目だ。俺の所と当たるまで負けずに勝ち上がって来てくれ」
α「デパチャさん…はい! まだ負けません!」
ひと「まだ決まらないのかしら…」
α「…みんなやデパチャさんの為…まだ私は負けません!」
ひと「えっ?! さっきので決まらないの!?」
α「この思いをのせ、さっきのお返しです! やぁぁぁ!!」
ひと「こんな発狂らめぇぇぇ!!」ピチュン
米「KO! アルケーたんの逆転勝ちにより、ふなきっさ3回戦の最後のキップを手にしました!」
スカ「何故あなたがたん付けなの?」
米「それは気にしないw 後3回戦の対戦表をw」
スカ「早いw」

3回戦
1試合目 ささきっさ×jimmy一家
2試合目 ふなきっさ×あさきっさ
3試合目 うへころ荘×蒼そ論

米「いよいよ次は3回戦ですねw」
スカ「各試合前や後の話とか書いてくれると非常に嬉しいですw」
米「準決でまた敗者復活が欲しくなりますねw」
スカ「ここでローホーですが…準決にはシード枠の選手が来るそうですよ?」
米「シード枠ですか。手際良い事ww」
スカ「そのベールを脱がないまま準決に上がれるのはどのチームでしょうか? 非常に楽しみですw」

次へw

131 :爆音で名前が聞こえません:2007/01/10(水) 02:10:28 ID:k8/pzEN10
>>129
携帯からネタ投下している人もそれなりにいるぜ。俺もやったことあるし
あと必要なのは自信と勇気だ
>>122-124
ワラタ

Tail Spinと同窓会
削除界
山「…誰か来た」
涙「マジか」
TS「ふう(´・ω・`)…あ、いた。マウンテン、涙!」
涙「Tail Spin…」
山「…何の用だ」
TS「実はこれこれしかじか…」

デパチャ一曲分程お待ちください

TS「というわけなんだ。ちょっとの間来ない?」
山「だが断る」
ドリアゲ「そこをなんとか。みんな待ってるんだぜ?」
山「ふん!同じ版権がここを恐れず訪れたのならわかるが、お前らはこことは縁がない曲だろうが!
  そんな奴らがいくら言っても説得力のかけらもない。俺たちは…邪魔なんだよ」
涙「…なあ、マウンテン。行ってみないか?一晩だけ」
山「な!?何を言っている!こいつらは削除の恐怖もなくのうのうと暮らしているんだぞ!そんな奴らと」
涙「ドリアゲはお前と同じ提供曲だよ!ここが怖くない訳ないじゃないか」
山「!!」
涙「それに…こんなところまで来てくれたんだ。たとえ削除されない曲でも、俺は…」
山「…」
ドラブレ「ドゥーン!」
TS「ホントだ、もうこんな時間」
ドリアゲ「ホントはもっと普通に連れてきたかったが…しょうがない」
グン
山「うわ!?離せ!」
ドリアゲ「離すかよ!Tail、走るぞ」
TS「うん!涙も、行くよ?」
涙「…ああ!」

削除界入り口付近
LL「…涙」
涙「ライアーさん」
LL「いい友を持ったな」
涙「…はい」
LL「さあ、彼奴らから遅れるぞ。行ってこい」
涙「はい!」

続く

132 :爆音で名前が聞こえません:2007/01/10(水) 02:13:06 ID:Mi/Bhn2wO
>>129さん
僕も文才無いし 携帯厨だよ(´・ω・`)
でも 思いついたら書いてみようww

さて 私の所の正論描きましたw
授業の合間の暇つぶし程度だから手を全然付けてないww
http://p2.ms/xyfc1

133 :爆音で名前が聞こえません:2007/01/10(水) 02:57:29 ID:0RlH4nBD0
>>122-124
ヘリング…
赤G96/赤G84だし顔もいいらしいからな…

…問題はやっぱ性格か

134 :爆音で名前が聞こえません:2007/01/10(水) 04:13:59 ID:O94sGYhY0
>>122-124
IDワロスwwwww
本人のレスなら、案外まんざらでもなかったり?

オレンジラウンジ(ふなきっさ開店期間中)

チャリンチャリンチャリン・・・・・
カゴノトリ(とりあえず今年も無事に過ごせますように・・・・・と)
ランジュ「マーマレード何お願いした?」
マーマレード「えー、秘密〜♪」
Rebirth「500円分の勤めはちゃんとしてよね〜、コンマイ神!」
ジェッ娘「もっかい願ったけど・・・・倍払ったから大丈夫大丈夫!!」
にゃん「フリフリだけお酒飲んでずるいにゃ〜、ボクも何か食べるにゃ〜」
フリフリ「あははは〜、食べてきなよ〜。あははは〜」
魔笛「Ich gehe es gut, und es ist auch dieses Jahr・・・・っと♪」
ミンキャン「・・・・・・・・・・・」
カゴノトリ「・・・ミンキャン、まだお願いしてるの?」
ミンキャン「・・・・・・・あ、ごめんね」
カゴノトリ「いいけど、何をそんなにお願いしたの?」
ミンキャン「うん、いろいろ・・・・・・7つくらい」
カゴノトリ「多っ!一体何なんだろう・・・・」
フリフリ「じゃ〜次、おみくじおみくじ!」
Rebirth「よし、待ってました!」

赤い鈴「あら、また会いましたね〜。今度は何か?」
カゴノトリ「あ、はい。おみくじしたいんですけど・・・・」
赤い鈴「おみくじね。はい、この筒を振ったら棒が出てくるので、
     くれぐれも人と交換せず、私に下さいね」
カゴノトリ「は、はい・・・・?」
ジャラジャラジャラ
赤い鈴「はい、皆さんちゃんとくれましたね」
カゴノトリ「あの〜、なんで交換しちゃだめで・・・・」
赤い鈴「そりゃあ、交換するということは自分の運命を変えるということになるからよ。
     ちゃんと運命に従わなきゃだめよ?
     まあ、今まで棒を交換するのは見たことないけどねぇ・・・・・」
カゴノトリ「なら別に注意しなくても・・・・・」
赤い鈴「まあ、便宜上ってことで。はい、カゴノトリのおみくじよ」
カゴノトリ「あ・・・・・・中吉。まぁまぁか」
ミンキャン「カゴノトリ!私大吉出たよ!!」
カゴノトリ「え〜、すごい!」
ランジュ「じゃあ、ミンキャン今年いい年じゃない?」
マーマレード「だよね!私なんか吉だったよ〜」
フリフリ「ぎゃーーー!!大凶!?最悪ー!」
Rebirth「向こうは向こうで運が・・・・・」
にゃん「ミンキャンが運を取ったんだにゃ!」
ミンキャン「うそ・・・ごめんなさいフリフリさん・・・」
赤い鈴「あらら、残念ね〜。でも、悪いおみくじは木にくくると悪いことがなくなるらしいわよ」
フリフリ「まじで!?よっしゃ括ってくる・・・・うわっ」
ズコー
カゴノトリ「ちょ、姉さん!大丈夫!?」
フリフリ「・・・・さっそく書いてることがあたったよ・・・・」
<生活>MIND YOUR STEP!
カゴノトリ「効き目すごいなぁ・・・・」
赤い鈴「この神社のおみくじはよく当たるらしいわよ・・・くすくす」

(続)

なんでこんな真夜中に書いてるんだ自分・・・。

135 :爆音で名前が聞こえません:2007/01/10(水) 09:13:04 ID:Mi/Bhn2wO
米「はてさて、只今より3回戦の始まりだよ。みんなまだ元気あるかい?」
わぁー
米「ならよしw では最初の1試合目。ささきっさ×jimmy一家の試合を始めるぜ」
スカ「やっと試合も終盤ね」
米「そうですねw では先ず赤コーナーから入りますは、ここまで勝ち上がって来てる実力は折り紙付き、あさきっさの入場です」
わぁー
デパチャ「これに勝てば準決勝だな」
ボビス「そうだね。兄さん」
ゆら「なんとしてでも勝ちましょうね」
米「続きまして青コーナー。エロさ=強さなのか? ここまで全てストレート勝ち。jimmy一家の入場です」
わぁー
鏡「デパチャをぶっ潰して…ww」
数の子「姉御の所か…」
健太「回って来たら勝てないよ…」
米「出揃いましたね。では先鋒前へ」
デパチャ「はい(アルケー。俺は負けないからな)」
鏡「はい(お前に勝ってアルケーちゃんは俺が…ww)」
米「先鋒前始め!」
鏡「死ねぇぇぇ!!」
デパチャ「ぐはっ…」
鏡「てめぇ何か敵じゃねぇんだよ!!」
デパチャ「ぐへっ…」
鏡「これで堕ちやがれぇ!!」
デパチャ「ぐはっ…」ピチュン
米「終了! ミラージュ選手。相変わらずお早い決着ですw」
鏡「よっしゃ! これでアルk…」
α「デパチャさん! 大丈夫ですか!?」
デパチャ「あぁ…どうにか大丈夫だ」
α「なら良かった…」
デパチャ「…ごめんな、アルケー…」
α「いいですよ。私はデパチャさんが無事であれば…//」
デパチャ「アルケー」ギュッ
落書き「熱い熱いw」
鏡「何でこうなるんだ…orz」
コクピ(やっぱりお前はこうなる運命なんだよww)

次へw

136 :爆音で名前が聞こえません:2007/01/10(水) 09:47:32 ID:43QXylNiO
>>135
ささきっさがあさきっさになってますよー

137 :爆音で名前が聞こえません:2007/01/10(水) 10:57:53 ID:Mi/Bhn2wO
>>136さん
指摘ありがとうですm(_ _)m
また間違えた…orz

米「次は中堅戦です」
スカ「また、あさきっさとささきっさの違う誤報でしたw」
米「中の人を虐めないでww それでは中堅前へ」
ボビス「はい(負けたらおしまいだぁ…)」
数の子「はい(負けねー)」
米「中堅戦始め!」
ボビス「死ねぇぇぇ!!」
数の子「お前こそ死ねぇぇぇ!!」
米「試合早々、とっても怖いですw」
スカ「怖がってる?w」
米「全然w」
スカ「でしょうねw」
ボビス「てめぇに負けると、おしまいなんだよ!!」
数の子「俺は勝ちてぇんだよ!!」
〜終盤〜
米「只今の所、互角ですねw」
スカ「甲乙つけがたい所ねw」
ボビス&数の子「死ねぇぇぇ!!!」
ドゥーンw
米「試合終了です。結果は…」
スカ「引き分け〜w」
米「ちょwwスカさんwww」
スカ「その方が楽しいよw」
米「じゃぁ引き分けでいいですw」
ボビス&数の子「何でだよ…orz」
米「さて、次は大将戦です。大将前へ」
ゆら「はい(私が勝って延長戦に持ち込めば勝てるわ)」
健太「はい」
ベロシティ「ケンタ。チョット…」
健太「何?」
ベロシティ「コノシアイ。オレトカワレ」コソコソ
健太「ちょwwやっとの俺の出b…」コソコソ
ベロシティ「タマユラサマニ、フレルチャンスハ、コンナトキシカナインダヨ!」コソコソ
健太「ちょwwそれ諦めれb…」コソコソ
ベロシティ「ツベコベイワズニカワレ!!」4連タム発動
健太「あべぎゃ!!」ピチュン
ベロシティ「コレデ、オレトタマユラサマノマエヲ、サエギルモノハナイwww」
〜しばらくして〜
米「おっと? 只今の情報によりますと、大将の健太選手が何らかのもめ事で負傷して欠場の為、代理でベロシティ選手が出るそうですw」
スカ「他の曲の方がいいのでは?w」
米「本人の強い志望だそうですw」

次へ

138 :爆音で名前が聞こえません:2007/01/10(水) 17:02:00 ID:8EprS5SWO
>>122-124
IDでバレバレシリーズ第2弾ktkrwwwww
続き期待してます。

139 :爆音で名前が聞こえません:2007/01/10(水) 17:56:01 ID:Mi/Bhn2wO
米「そういえば、途中で選手交代はありなんですかね?」
スカ「面白ければ何でもありよww」
米「すんごく優柔不断ww 考えて頂いた方に突如の変更は失礼なのでは?」
スカ「それは…」
米「早く謝るべきです」
米&スカ「この度は、ベロ大好き中の人せいにより、急遽の変更非常に申し訳ありません。中の人共々、この場を借りて、深くお詫び申し上げたいと思いますm(_ _)m」
スカ「これでよい筈w」
米「さて、話は切り替わりまして…改めて、大将戦を始めたいと思います。大将前へ」
ゆら「はい(何だか嫌な感じがする…)」
ベロ「ハイ(コレゾユメニミタタマユラサマww)」
米「では、大将戦始め!」
ベロ「ハァァァー!」
ゆら「えっ?! 何で叫びながら寄ってくるの!?」
ベロ「マテェェェ!」
ゆら「まだ、本領発揮できないから待って!」
ベロ「ソンナノマッタラ、オレノユメガジツゲンデキナイカライヤダw」
ゆら「そんなの知らないわよ!」
米「…非常に本能丸出しですねw」
スカ「これだから変態曲は…」
コンチェ「ゆらさん! 自分が攻撃出来るようになるまで逃げて!」
ゆら「わかってるけど…きゃっ」ドテッ
ベロ「トウトウツカマエタww」
ゆら「いや…待って…そんな…」
米「たまゆら選手。非常にピンチですw」
スカ「何か趣旨変わってない?」
米「気にしないww」
ベロ「デハ、イタダキマースwww」
ゆら「………ったく………調子乗ってんじゃねえぞ!こらぁ!!」
ベロ「グベッ! タマユラサマ…オチツキマショ?」
ゆら「そんな事言える立場かぁ!! 死にさらせぇ!!!」
ベロ「モ…モウ…スネア…ワアァァァ!!!」ピチュン
米「試合終了! ベロ選手惜しくも夢儚く散りましたww」
スカ「まぁ変態はいじられるだけいじられる運命なのよw」
米「これにより、1勝1敗1引き分けのドローにより延長戦です。さて、両組共誰を選抜するのでしょうか?w」
〜ささきっさ〜
コンチェ「私出たい」
タイピ「私も出たいです」
落書き「私も出たーい」
ゆら「皆さん出たいんですね…」
百「じゃぁ…代表で私が出るわ。文句は無いよね?」ニヤニヤ
コンチェ&タイピ&落書き「はい(虹色の滝を準備しながら言わなくても…)」
〜一方変態共〜
コクピ「タイピちゃんなら俺出るw」
技「いや、普通に百秒だろ?」
数の子「じゃぁ俺いくぜ!」
他一同「どうぞどうぞw」

次へw

140 :爆音で名前が聞こえません:2007/01/10(水) 18:28:22 ID:28KhYu7jO
>>139ヘリング死亡フラグ立ってるwww

141 :爆音で名前が聞こえません:2007/01/10(水) 18:55:41 ID:cww6zONZ0
ヘリング祭り?の流れを切って申し訳ない。
前スレ>>473の続きです。

――聖夜のLIVE――

――10分後――
DD3「ふぅ・・・ちょっとしたアクシデントもあったが、今度こそ最後の曲といこうか。
準備は良いか、お前ら!」
DD「ん」
ホワトル「いいともー♪」
DD4「私は大丈夫です」
インフィニ「僕も大丈夫です」
DD7「・・・大丈夫!」
DD3「よーし、それじゃ、ミュージック・・・スタート!!!」
DD7は意識を集中し始めた。
DD7(大丈夫、きっと・・・自分を信じてっ!」
普段はプレイヤー個人と戦っている彼らだが、
これほど多くの曲達の前で演奏をするという事は、並大抵の曲なら不可能であろう。
だが、今ステージに立っている彼らは違う。
ギタドラ界最強とも言える元初代アンコール曲。
そしてその血を継ぐ9th時代のアンコール曲。
かつてのアンコールのイメージを覆した、爽やかなアンコール曲。
そして今、自分の意志に弾みがついた、白昼夢七人目のアンコール曲。
DD7は思い思いにベースを弾いた。
横でホワトルがそれを見て、ギターを弾く。
後ろでデイドリが見守りながら、ドラムを弾みよく叩く。
DD4がそれらを聴き、音を馴染ませていく。彼らの音が交じり合う。
彼らの奏でる音は観客の心に響きかけ、感覚を研ぎ澄ます。
そして彼らは、リズムに合わせて跳ね始めた。
熱気と振動がLIVE会場を包み込む。

142 :爆音で名前が聞こえません:2007/01/10(水) 19:05:48 ID:cww6zONZ0
FT「・・・DD7、結構サマになってますね」
ステージ脇で見ていたのはフェアリーと魔笛だった。
魔笛「短時間ですぐに演奏に合わせれるとはな・・・」
フッ、と魔笛はDD7を見て、乾いた笑いを浮かべる。
何故なら・・・
オバゼア「DD7君、笑ってる・・・」
彼は観客達を見ながら笑っている。とても楽しそうに。
ホワトルも、インフィニも、DD4も、デイドリも・・・。
DD7の目に映っているのは、普段はあまり見ない他の曲達の楽しそうな笑顔。
高レベルの曲、版権曲、人気曲・・・その誰もが、ステージに立っている彼らに向かって腕を振って答える。
ステージで見守るDD3も、それを見ているフェアリーも、魔笛も、最初に歌った裁きも・・・


ラストステージは、無限に続くかのような盛り上がりに包まれながら、幕を閉じた。

143 :爆音で名前が聞こえません:2007/01/10(水) 20:52:19 ID:cww6zONZ0
――LIVEが終わり、舞台裏――
DD3「いやー、こんなに盛り上がるとは思わなかったわー」
ホワトル「皆、お疲れ様♪」
DD4「思わず熱くなってしまいました・・・」
DD「そうだな」
DD7「・・・でも、なんでこんなLIVEを開いたの?それに僕の為ってどういう・・・」
アタランテ「それは、その子が全て知ってるよ」
DD7「アタランテさん?」
アタランテ「アンタの隣に座ってる、オバゼアが計画した事なんだよ」
DD7「え・・・!?」
DD7はオバゼアを見た。
心なしか、顔が少し赤らんでいた。
DD3「ビックリしたぜ。一週間前に突然連絡が来てな」
DD4「私達にバンド演奏の依頼が来たんですよ」
ホワトル「DD7君の為にライブを開きたいから、是非やってほしい、てね」
アタランテ「アタシも大変だったよ。ライブで歌ってくれる曲を探す為に、ギタドラ市の中を走り回って、
企画とか会場の設計もしたりして・・・そりゃもう大忙しさ」
魔笛「事前に観客の姿を消しておいたり、オープニングの演出は俺とフェアリーに任されたのさ」
DD6「まぁ、皆ギタドラで働きながら、その間に皆ライブの準備をしていたんだよ」
DD7「DD6兄さん!体は大丈夫?」
DD6「これも演出の内だった、て聞いたらどうする?」
DD7「え!?じゃあ・・・」
DD6「まぁ早い話、お前に自信をつけてもらいたかったんだよ、俺らはな」
DD「そういう事だ」
DD6「舞台裏でお前の演奏を聞いてたが・・・物凄く生き生きとしていたぜ」
DD7「・・・・・」
DD3「お前はここ最近えらく元気が無かったらしいからな。そこで、俺らギタドラ曲総出でお前の為のライブを開いたんだよ。
ま、本当はそこの嬢ちゃんの純粋な気持ちから始まったんだがな」
オバゼア「・・・・・/////」
オバゼアはずっと下を向いていた。
そんな彼女に、DD7はゆっくりと近づき、

DD7「オバゼアさん・・・ありがとう」
優しく笑い、オバゼアの頭を撫でた。
オバゼア「・・・・・!!!!!//////」

144 :爆音で名前が聞こえません:2007/01/10(水) 21:03:06 ID:cww6zONZ0
アタランテ「おやおや・・・」
裁き「アツアツですねぇ」
DD4「あらあら、DD7ったら」
魔笛「全く、見てられんな」
DD7「ち、違うよ!これは」
DD3「DD7くーん、ちょっと悪ノリしすぎじゃないかなぁー?」
DD6「クリスマスだもんねー、仕方ないんだね、きっと(ビキビキ)」
―赤D化―
―赤B化―
DD7「に、兄さん落ち着いt」
DD3・6「黙れ小僧っ!!!!!!!!」
DD7「・・・こうなったら!!」
オバゼア「えっ・・・えっ!?」
DD7はオバゼアの手を引き走り出した。
DD3・6「待てーーー!!!!!!」

DD4「行っちゃいましたね・・・」
ホワトル「最速逃避行だね♪」
アタランテ「誰が上手い事言えと!」
裁き「あら、雪が・・・」



オバゼア「あ、あの、DD7君・・・あのね・・・」
DD7「このまま・・・」
オバゼア「え!?」
DD7「このまま二人で何処かに行こうか?」
オバゼア「・・・うんっ!!」


二人の走る道に、白く細かな雪が降り積もる。
それは次第に街や建物を幻想的な風景に変えていく。
二人は手を握ったまま、そのまま街の方へ駆けていった。

145 :爆音で名前が聞こえません:2007/01/10(水) 21:19:39 ID:cww6zONZ0
――そして現在――
DD7「・・・という事があったんだよ」
FT2M「へぇー、聖夜のライブなんてステキだね」
DD4「あの時は本当に楽しかったです。もう一年経つんですね・・・」
FT「と  こ  ろ  で」
DD7「うわっ!?何!?」
FT「オバゼアちゃんとはその後どうなってるのかなー?」
DD7「へ・・・?」
DD4「そうですよ、あの後どうなったか気になります」
FT2「私も気になる!」
DD7「うぅ・・・それは・・・」
DD「おいお前ら、そこで何やってんだ?」
FT「(チッ・・・邪魔が入った・・・)」
DD7「デイドリ兄さん、助かったよ」
DD「・・・??とりあえずパーティの準備をするぞ、ほら、早くしろ」
FT2&M「はーい!」
DD4「残念です・・・」
FT「今度はちゃんと教えてねー」


DD7「ふぅ・・・」
FTらが去った後、DD7の携帯にメールが届いた。
DD7「あっ・・・」


オバゼア「メリークリスマス、DD7君。明日のデート、楽しみにしてるからね」


DD7「・・・・・」
DD「おいDD7、早く来いよ、皆待ってるぜ」
DD7「あ、うんっ!」
DD7は返事を送った後、ケーキを持って、兄弟達の待ってる居間に向かった。



DD7「ありがとう、僕も楽しみにしているよ」



あの頃の僕は、自分が色々な人から非難されたのをいい事に、自分の殻に引きこもっていたのかもしれない。
そんな僕を殻から出してくれたのは、僕の家族、同期の仲間、そして、僕を想ってくれた大事な人・・・

僕の仲間が僕の背中を後押しし、「彼女」が僕の手を引っ張ってくれた。
今度は・・・僕が彼女を引っ張る番だ。


夢のような出来事だった、聖夜のLIVE・・・
それは僕が生まれて初めて体験した、一夜限りのクリスマスプレゼントだった。

――聖夜のLIVE――  〜fin〜

146 :爆音で名前が聞こえません:2007/01/10(水) 21:21:02 ID:cww6zONZ0
やっと投下し終わりました。
色々オリジナル設定がありますが、気にしないで下さい。
お粗末様でした。

147 :爆音で名前が聞こえません:2007/01/10(水) 21:42:38 ID:ahORTxou0
>>141-145
長編乙です!感動しました。

148 :爆音で名前が聞こえません:2007/01/10(水) 21:57:06 ID:i4LdzMyW0
>>139野獣なベロシティ吹いたwwwww
>>141泣ける・・・DD7うらやましす・・・(´・ω・`)

Jimmy一家 MPG発売決定・・・


ヘリング「そういやもうすぐMPGの発売だな・・・」
コクピ「もうそんな季節か・・・」
ベロシティ「イイカゲン、オレヲシュウロクシヤガレ!!11」←未収録
万華鏡「ブラスコちゃんをアンコールで僕をエキストラで再収録汁!!1」←Vに収録済み
ミラージュ「ま、どーせ僕はV3新曲だし収録されないだろうけど('A`)」←未収録(新曲)
ヘリング「どーせ俺には関係のない話だよ('A`)」←MPSに収録済み
コクピ「同じくどーでもいいぜ・・・('A`)」←MPSに収録済み
ヘリング(どうして百秒の姉御と一緒じゃねえんだよ・・・('A`))
コクピ(タイピちゃんと二人っきりかと思ったらアニュスめ・・・許すまじ・・・('A`))
ミラージュ「ま、僕にはCSV3があるからどうでもいいんだけどね」
ミラージュ(その時はパーストちゃんやアルケーちゃんを独り占め・・・ (;´Д`)ハァハァ・・・)
ベロシティ「オレトタマユラサマヲエキストラ、オニヒメサマヲアンコールニシヤガレ!!1」
ヘリング「そいつらは既に収録済みなんだぜ?」
万華鏡「だから僕とブラスコちゃんを収録しろと何度言えば・・・」
コクピ「お前既に収録済みだろwwwwww女と離れ離れwwww哀れだなwwww」
ミラージュ(ってかCSV3出るのかな・・・?('A`;))

ワザ「もちろん俺達真の漢は・・・」←初代DMに収録済み
ケンタ「とっくの昔に収録済みだよな?」←3&2に収録済み
アクロス「やっぱ俺もてるからなwwww収録されてて当然wwww」←初代GFに収録済み

ワーム「MPGだって・・・俺達空気には関係ないよな・・・」
ケイコ「ケイコ・・・(´・ω・`) 」
アネモネ「お前達空気曲と」←4&3に収録済み
ジョーカ「一緒にしないで」←MPSに収録済み
ワーカー「くれないかな?」←Vに収録済み
ワーム「ちょwwwwおまえらwwwwひどすぎるぜ・・・」
ケイコ「ケイコ・・・(´;ω;`) 」


149 :爆音で名前が聞こえません:2007/01/10(水) 22:01:18 ID:Mi/Bhn2wO
米「これより、ささきっさ×jimmy一家 1試合目延長戦を始めます」
わぁわぁわぁー
米「先ずは赤コーナー。プログレ一家の長女かつ、DM最強譜面のひとり。The Least 100sec選手の入場です」
わぁーわぁーわぁー
コンチェ「姉さん頑張って」
タイピ「変態何かに負けるなぁ!」
落書き「私出れなかったんだから頑張ってよ!!」
米「続きまして青コーナー。変態曲のオオボスにして、尚且つ糞譜面。Herring roe選手の入場です」
わぁーわぁー
コクピ「負けると思うが頑張れよ!」
鏡「無理だろうが頑張れよ!」
技「ヘリング。無理すんなよ!」
米「片方は華やか、片方は汚れですねw では両者前へ」
百&数の子「はい」
米「では、時間無制限完全決着延長戦始め!」
数の子「姉御! 話がある!」
百「こんな時に何よ?」
数の子「これで…もし…俺が姉御に勝てるような事があったら…俺と…仲良くする事から始めてくれ!」
コクピ(何故付き合ってと言わない…)
百「ふーん? もし私に勝てるような事があるなら構わないわよ。でも、勝てるのかしら?」
数の子「わかったぜ! じゃぁ試合再開だ!」
百「わかったわ。いくわよ」
数の子「絶対負けねぇ!!」
鏡(ちょwwマジ過ぎwww)
百「ぐっ…やっぱり最初は不利ね…」
数の子「滝の前に決めれば勝てる! 飛ばすぜ!!」
百「ちょっと…手加減無しなの…」
数の子「俺の為、絶対勝つんだよ! 手加減何か無しだぁぁ!!!」
百「うぅっ…やばい…朦朧としてきた…」
数の子「そのまま堕ちやがれぇ!!」
百「あぁ…もう少し耐えれば…でも…」
?「お前はそれでも俺と同じレベルなのか?」
百「えっ? デイドリ? 何で…あんたがいるのよ…」
泥鳥「何でって…お前が試合に出るって聞いたからだ」
百「そうなんだ…でも…私…だm…」
泥鳥「弱音をはくな!!」
百「!?」
泥鳥「俺と同じレベル何だろ? DMで俺以外に負けるな!!」
百「…デイドリ…あなた…」
泥鳥「一々最後まで言わせる気か? 負けたら承知しないからな」
百「…デイドリ…」

次へ

150 :爆音で名前が聞こえません:2007/01/10(水) 22:32:20 ID:Mi/Bhn2wO
>>148さん
数の子期待してますよw
でも今から書くのは…ww

タイピ「お姉ちゃん立てー!!」
コンチェ「姉さん。もう少しで虹だよ」
落書き「立つんだ姉さん!」
泥鳥「俺以外に負けるお前じゃないよな? 頑張れ!」
百「…みんな…うん………私は……………………………数の子野郎何かに負けねぇ!」
数の子「へっ!? 俺の見せ場のシンバルが…」
百「ここまで来たらもう負けねぇ!!」
数の子「に、虹色の滝…あべぎゃ!!」
コクピ「兄貴! 負けてもいいのかよ?」
ジョーカー「負けたら駄目だよ!!」
鏡「なんであんたが?」
ジョーカー「orz」
数の子「…だな………負けたら………俺の希望が…夢が…全てがなくなる…だから………………俺は絶対勝つ!!!」
百「なっ?! 滝を耐えてる!?」
数の子「…姉御…俺は……あんたに絶対勝つからな!!」
百「滝を半分も耐えるなんて…」
タイピ「滝を抜けられたら…」
コンチェ「そんな事は考えないの!」
ゆら「でも…抜けられたら、もう武器が…」
泥鳥(百秒…)
数の子「絶対ここを抜けて勝つ!!」
コクピ「ここまで来たら、絶対勝てよ兄貴!」
技「滝を抜ければお前の勝ちじゃ!」
数の子「みんな…ありがとう…俺は負けねえから! はぁぁぁ!!」
百「やばいやばいやばい…始めて抜けられるの…」
泥鳥「百秒!」
百「デイドリ!?」
泥鳥「落ち着け! 焦って集中を乱したら、勝てるものも勝てなくなるぞ! 今は目の前の敵に集中しろ!!」
百「…はい! わかったわ! やぁぁぁ!!」
数の子「なっ?! 滝の終盤で息を吹き返しやがった…だが…負ける訳には行けねぇんだよ!!」
百「こっちだって負けられないんだ!!」
百&数の子「はぁぁぁ!!!」
ズバドバボキャーンwバババババwwwモクモクモクwwwww

次へ

151 :爆音で名前が聞こえません:2007/01/10(水) 22:32:41 ID:Kjnzgp7S0
>>141-146
感動した!お疲れ様でした

Tail Spinと同窓会
居酒屋MAKI前
山「いい加減離せ!」
ドリアゲ「うわっ!」
山「行きたくないんだよ!!みんな俺のことを笑ってるに決まってる!!」
TS「そんなこと入ってみなきゃわからないよ。ほら」
ガラッドン
DD6「お、連れて来たな!」
明鏡「全員集合だな」
こたみか「やっほー、二人とも元気してた?」
涙「え…あ、うん」
Puzzle「久しぶりだね」
My Friend「ねえ、まず始めない?」
鬼姫「そうであったな。よし、皆の者、これよりギタドラ11&10楽曲の新年会及び同窓会を始める!」
1000t「うおおおおおお!」
RALLY「すまなかったね、二人とも」
ラブメリ「ホントは私たちが行けばよかったんだけど」
sailing day「んなこと言って、怖かったくせに」
ラブメリ「あんただって怖がってたくせに」
山「…何でだ…何でこんなみんな…」
TS「『自分のことを受け入れてるんだ?』」
山「!!」
TS「答えは簡単だよ。みんな11&10で一緒だったから、それだけさ」
山「…それだけ?」
TS「そう、僕らはその一作で巡り会って、譜面を貰って、プレイされて。
  そこにオリジナルも版権も提供も、厨曲も糞譜面も、削除も何も無い。
  僕たちがそこに一緒にいたことだけがここにはあるから」
山「…グス…」
TS「さあ、あの輪に交わろうよ。いつか時間が来るその時まで、みんなと楽しむ権利が僕たちにはあるから」
山「う…Tail…ありがとう…」

赤い鈴「お疲れ〜。まあ飲め」
TS「それほどでも。あ、ありがとう」
赤「しかし、お前があんなこと考えてるなんて」
TS「ほとんどドリアゲの受け売りだよ。ボクたちオリジナルも削除されていた時があったことを忘れちゃダメだよね」
赤「そうだな。それよりなんでこんな離れたところにいるんだ?お前は今回の同窓会の功労者なんだぜ」
TS「そんな、当然のことをしたまでで…」
赤「いいのいいの。ほら来いよ」
TS「…うん!今行くよ」



152 :爆音で名前が聞こえません:2007/01/10(水) 22:52:13 ID:GeB/ZahhO
>>141-146長編乙&GJです!

落「突然ですが私達」
アルケー「新グループ」
FT2「ロリータLET'S(ら)」
ライム「ゴーゴーでーす♪」
タイピ「何で私まで入ってるですか!」
落「ふ〜ん、じゃあタイピちゃんは自分が幼女じゃないとでも?」
タイピ「当り前です!少なくとも落書き帳姉さんよりはしっかりしてるです!」
ライム「それじゃあこの方に判定してもらいましょう」
アルケー「どうぞ!」
コクピ「うおぉぉぉぉぉ!ここは俺のエルドラドか!?それともエデンか!?そう!(゜Д゜)彡」
FT2「こっち見んな。それじゃあコクピさん。ここにいる曲達みんな大好きですよね?」
コクピ「当り前だろw小さいやつなら男女関係ないからな俺はwオバゼアでもDD7でも蛍でもバッチコイだぜw」
落「セブン君はダメー!!」
ー最終発狂発動ー
コクピ「ぎゃぼおぉぉぉぉぉ!」
タイピ「うぅ〜、アニュスぅ…私は幼女じゃないですよね?」
アニュス「タイピちゃんが幼女だろうとそうじゃなかろうと、僕の『タイピちゃんが好き』っていう気持ちは変わらないよ」
タイピ「アニュスぅ…嬉しいです!」
チュッ
ライム「アニュスさんて」
FT2「本当にタイピちゃんの扱いが上手いよね」
落「それに比べて…」
アルケー「デパチャさんは私のこと幼女だって思ってます?」
デパチャ「え!?いきなり何…う〜む…まぁ大きくは無いよな」
アルケー「デパチャさんのバカぁ!」
ーサビ連打発動ー
デパチャ「え!?何故!?ぎゃあぁぁぁぁ!」
ライム「あれはいただけないね」
FT2「バカ正直なのはちょっとねぇ…」



153 :爆音で名前が聞こえません:2007/01/10(水) 23:25:37 ID:0l7PYY4T0
突然ですが初代スレのログ見つけました!
ttp://namahage.dip.jp/public/2ch_s/read.asp?x=501&d=1146584414

154 :爆音で名前が聞こえません:2007/01/11(木) 01:02:33 ID:MHLcc40CO
>>141-146さん
ご苦労様ですm(_ _)m
いい話おらも書きたいなぁ…(ぁww

>>151さん
TSに感動しました(´;ω;)w

さておらの書く数の子の運命はいかにww

シュワシュワ…
米「濃い霧がようやく晴れてきました」
スカ「まだ中盤過ぎなのになんという事か」
米「人影が見えます………なんと……………まだ両者とも立っています」
スカ「この根性は素晴らしい」
数の子「はぁ…はぁ…流石は姉御…DM最強の名は…伊達じゃないな…」
百「はぁ…はぁ…あなただって…その最強に楯突くだけすごいわ…」
米「両者共立ってるのがやっとです」
スカ「ここは先手をかけたら勝てますね」
ゆら「ここまで来たら、後は気合ですよ!」
泥鳥「負けたら最強の名が折れるぞ? だから負けるな!」
技「ヘリング! もう虹色の滝は終わったんだ! 後は自分の残り全ての力を振り絞れば勝てる!」
コクピ「兄貴! ここまで来て負けんじゃねえぞ!!」
鏡「兄貴の弟で良かったと思った…だから勝ってくれ!」
わぁーわぁー
米「会場が割れんばかりの歓声です。この延長戦の司会が出来て至極光栄です」
百「はぁ…はぁ…」
数の子「はぁ…はぁ…どうやら…まだ動けないようだな…ならこれで全てを決m…」バタン
jimmy曲一同「兄貴!!(ヘリング!!)」
数の子「ぐはっ…どうやら…俺…の…方が…体に…こたえ…てた…らし…い…な…」ピチュン
米「試合終了! 何という幕切れ!! 数の子選手。虹色の滝を抜けたが、体に異常な負担がかかって負けました。これによりささきっさ代表の百秒選手がこの延長戦に勝ち、ささきっさが準決勝進出決定です」
スカ「おっと、只今数の子選手、病院に運ばれるようです」
レットミ「どいてね。運んでくよ」
数の子「ちょっと待ってくれ…」
レットミ「急いでな」
数の子「姉御…俺は負けたよ…だから潔く身を引くわ…デイドリの旦那と上手くやりな…」
百「本当に…諦めるの?」
数の子「こんな恥さらせな奴は嫌だろ?」
百「いや…今日のあんたはカッコ良かったよ…諦めるなら止めはしないよ…」
数の子「姉御…」グズッ
百「泣くなよ…」
数の子「汗が出ただけさ…じゃぁいつかは迎えにいくわ…」
百「その時またカッコ良いあんただったらいいよ…」
数の子「あぁ…」バタッ
レットミ「じゃぁ運んでくわ」スタスタ
百(あんな奴でも本気になれば…か…)

次へ

155 :爆音で名前が聞こえません:2007/01/11(木) 01:25:45 ID:MHLcc40CO
米「1試合目は非常に波乱でしたねw」
スカ「多分2試合目からおちゃらけですw」
米「それは駄目でしょwww さて、2試合目。ふなきっさ×あさきっさの試合です」
わぁー
米「先ずは赤コーナー。兄弟姉妹みんな仲良し。ふなきっさの入場です」
わぁー
明鏡「いよいよ3回戦ですね」
籠「負けれないですね」
α「がんばりましょう」
米「続きまして青コーナー。基本的にレベルが高い曲は強さの象徴か? あさきっさの入場です」
わぁー
螺「ウヒョヒョーイ」
アニュス「タイピちゃんの応援があれば負けないよ」
この子(回をおう度五月蝿くなる…)
米「両者出揃いましたね? では、先鋒前へ」
明鏡「はい(幸先よく勝たなければ)」
螺「ウヒョヒョーイ」
米「先鋒戦始め!」
明鏡「いくでござる! はぁぁぁ!!」
螺「ウヒョ…」
明鏡「まだまだ!!」
螺「ウヒョー」ピチュン
米「KO! 螺子選手何故かあっさりやられました」
スカ「情報によりますと、さっきの延長戦での応援疲れだそうですw」
米「何してんだかww 次、中堅前へ」
籠「はい(勝てば準決)」
アニュス「はい(負けれなくなった…)」
米「では中堅戦始め!」
アニュス「負けないよ!」
籠「こっちだって!」
アニュス「はぁ!」
籠「やぁ!」
米「何やらオブジェが白と青のみになりましたよ?」
スカ「両者弐寺譜面になっとるwww」
米「あらほんとwww たまにはこんな試合もいいじゃないw」
アニュス「何で弐寺譜面なんだよ? それも穴譜面」
籠「あなただって穴譜面じゃない!」
アニュス&籠「絶対負けないからな!!」
米「さて行方はどうなるのか?」
籠「もうラストよ? 私の勝ちね」
アニュス「いくら11だからって、僕だってそんな簡単に負けないぞ!」
籠「どこまでそんな強気でいれるのかしら? はぁぁぁ!!」
アニュス「ふぇ?! あぁぁぁ!?」ガシャン
米「試合終了!! 弐寺譜面試合と変わった試合になりましたが、これを制したのは、カゴノトリ選手です。これによりふなきっさ準決勝進出です」
α「やりましたね♪」
籠「まさか弐寺譜面になるとは思ってなかったけど、勝てたから良かったわ」
明鏡「そうですな」
米「さて、次は早くも3回戦最終試合。うへころ荘×蒼そ論の試合です」
スカ「皆さんちゃんとみてねww」

次へww

156 :まとめの人の携帯電話:2007/01/11(木) 01:32:46 ID:KliPGzO9O
皆さん乙です。

>>153
超thx!これでまとめサイトの補完が出来ます。
ありがとう。本当にありがとう。

初代ログを読み返して、あまりの懐かしさに泣いた。

157 :爆音で名前が聞こえません:2007/01/11(木) 02:09:06 ID:7WOZj6EQO
皆様乙&GJでございます

ハイツJ-POP

リライト「うぅ…寒気がするよ(´・ω・`;)」
N.G.S「どうした?風邪か…?」
リライト「うん…多分そうかも」
N.G.S「…プッ…まぁ、この時期にあんな恰好させられちゃ仕方無いなww」
リライト「…兄さん…もう忘れさせて orz」
N.G.S「悪い悪い、病院連れてってやるから怒るな」
リライト「ありがと…」バタッ
N.G.S「…こりゃヤバいな…」

(´・ω・)っ そして
Dr.Love「あらあら…これは酷いわね、肺炎になりかけてるわよ」
N.G.S「そうですか…どうすれば良いですか?」
Dr.Love「薬を出して置くから安静にさせる事ね」
N.G.S「ありがとうございました」

リライト「…う、あれ?僕倒れてどうなったんだっけ?」
天体「やっと気付いたか…お前の兄貴がもの凄い形相でお前を抱えてな『腕の良い医者は何処だ?』とか聞いて来てな…」
リライト「兄さん…」
天体「俺が調べてる間に『弐寺国の病院行って来る』とか叫んであっという間にお前担いで行ったよ」
リライト「え?弐寺国迄…?」
天体「ああ、腕の良い女医が居るらしくてな」
リライト「あれ…?兄さんは?」
天体「お前の事を俺に頼んで寝てるよ…疲れてたんだろうな」
リライト「そうなんだ…(いつもネトゲばっかりしてて頼り無い兄さんだと思ってたけど)」
天体「あ、2・3日は安静にしとけってさ」
リライト「…うん、分かった」
天体「N.G.Sに感謝しとけよ、肺炎になりかけてたみたいだからな」

リライト「う…ん…(ありがとう、兄さん)」パタッ
天体「寝たか…(しかし可愛い寝顔してるなコイツは)…って俺はウホッの人かよ!」
N.G.S「フワァ…スマンな天体さん」
天体「いや、気にしなくて良いよ」
N.G.S「コイツは結構無理する所があるからな…」
天体「確かに…初心者プレーヤーに人気があるし、クリスマスや正月の時も一人で張り切ってたからな…」
N.G.S「もう少し早く気付いてやれば良かったんだがな」
天体「いや、アンタ凄ぇよ…俺が同じ立場になってもこんな事出来る自信は無いな」
N.G.S「誉めても何も出無いぞ…取りあえず弟も寝た事だ、一緒に飲まないか?」
天体「あ!『大吟醸 雪上断火』じゃねぇか是非飲ませてくれwww」
N.G.S「把握した」

N.G.Sを中心に書いて見たけど上手くいかなかった…orz


158 :爆音で名前が聞こえません:2007/01/11(木) 02:36:59 ID:XiwWN/xt0
>>156
頑張って下さいな
>>157
エンクル「N.G.Sっていい兄貴だな。それに引きk」
FsW「その続きを言ってみな」
エンクル「…ウチの姉貴もとってもいい姉貴だなあもうN.G.Sと引けを取らないくらいに」←棒読み
FsW「なんで棒読みなんだお仕置きだー!」
エンクル「すとらごすっ」

Forever free「ついに君の曲紹介が届いたよ」
When「マジか!?どれどれ…
    …(´・ω・`)…
    …orz…」
侍「どうなされました?お義兄様」
When「親父いい!この名義の時まで壊れてるぞ!一体何があったんだー!」
Ff「何言ってるの。あの家の出身なんだからこれくらいは覚悟しなきゃ」
侍(私の曲紹介は確実に読みにくそうですわね)

もはや名義変えるのが無意味なくらい壊れているMTOの時のコメントw

159 :爆音で名前が聞こえません:2007/01/11(木) 02:45:40 ID:GDFYVKkqO
ミラージュ「僕ら似てるね」
エンドレスワルツ「え、ドコが?確かに親は互いにマジSKAメンバーだけど…」
ミラ「製作過程が」←クリップに合わせて曲をつけた
EW「君が言うと生々しく聞こえるのは何故だろうね」←クリップに合わせて曲をつけた
ミラ「で、何で僕だけ『変わった経緯』なんだろう」
EW「それは自分の親に聞いてよ」


小野さんを忘れてたとは言わせないぞtQyさん(´;ω;)

160 :爆音で名前が聞こえません:2007/01/11(木) 04:25:58 ID:lJHL3y+l0
公式ページにて
千本松「さて今回が初のお披露目となるこの曲ですが、
    テーマは宇宙。ギターを通して音とお話してたらこんなん出来ました!」

AXIS「・・・ていうことは、俺のおかんはギターなのか!?」

161 :爆音で名前が聞こえません:2007/01/11(木) 09:50:55 ID:MHLcc40CO
米「今から、3回戦最終試合。うへころ荘×蒼そ論の試合です」
スカ「もう最終試合とはお早い限りでw」
米「先ずは赤コーナー。最速糞譜面の姉を筆頭に、ここまでまっしぐら、うへころ荘の入場です」
わぁー
FsW「ここまで来たら、狙うは優勝だな」
エンクル「そうだな姉貴」
ボイド「ボォーイド」
米「続きまして青コーナー。いつも避難を浴びる兄は大丈夫なのか? 蒼そ論の入場です」
わぁー
蒼「絶対負けないよ!」
そ「無理だよ…」
正「そうだね…」
米「さて、先鋒前へ」
ボイド「はい(負けん)」
正「はい(苦手な相手だなぁ…)」
米「先鋒戦始め!」
正「やぁ!」
ボイド「ぐっ…負けるか! はぁ!」
正「ぐっ…こっちだって負けれない! やぁ!」
正&ボイド「負けると妹(姉貴)に殺されるんだよ!!」
米「両者一緒な考えww」
正「ぐっ…負けない!」
ボイド「やっぱり…レベルの差はきついな…」ピチュン
米「KO。接戦を制したのは正論選手でした」
スカ「よかったわw」

次へw

162 :爆音で名前が聞こえません:2007/01/11(木) 13:37:28 ID:MHLcc40CO
米「続きまして中堅前へ」
エンクル「はい(勝てるのか?)」
そ「はい(負けれないわね)」
米「中堅戦始め!」
エンクル「はぁぁぁ!」
そ「きゃっ…手加減なしだね…じゃぁ私も…やぁぁぁ!!」
エンクル「あべぎゃ!!」
FsW「エンクル!!」
エンクル「ぐっ…」
そ「まだ耐えれるんだ? でも、どこまで耐えれるんだろうね」
エンクル「ぐっ…まじ…もう…だm…」
?「エンクルー!!」
エンクル「その声は…」
デザロ「まだ負けちゃ駄目!」
エンクル「デザロ……だよな…まだ…負けねぇ!」
そ「ほぇ? まだ耐えれるんだ…私、そういう強い子は嫌いじゃないけど、今はごめんね。やぁぁぁ!!」
エンクル「えっ?! うわぁぁぁ!!」ピチュン
米「KO! エンクル選手。とうとう耐えきれず、ここで負けました。これにより蒼そ論が準決勝の最終枠を手にしました」
スカ「大将戦まで回ってたら、展開は変わったのにねw」
米「そうですねw……………………それでは、たった今出来た準決勝の対戦表を見てみましょう」
スカ「相変わらず早いわねw」

準決勝
1試合目 ふなきっさ×蒼そ論
2試合目 ささきっさ×特別指定組

米「このようになりました」
スカ「特別指定組って何かしら?」
米「これは、今大会未参加曲と敗者チームから各代表を決める指定選手の事ですw」
スカ「メンバーは誰かしら?」
米「未だに未定ですww」
スカ「ちょww」

次へw

163 :爆音で名前が聞こえません:2007/01/11(木) 17:16:06 ID:sGCm7RrBO
〜あさきっさ〜1/2

蛹「合コンをしよう!」
一同「は?」
蛹「だ〜か〜ら〜、合コンだってば!ほら、うちってささきっさと違って全然浮いた話が無いじゃない」
月「…それは…仕方ないっちゃぁ仕方ない…」
七つ「よっしゃあ!あたしは行くよ合コン!今年こそは…」
鈴「それじゃあ私も行こうかしら」
魔笛「ところで、どちら様とやる気なんですのお姉様?」
蛹「ひ・み・つ♪」
魔笛「怪しいですわね…私は遠慮しておきますわ」
七つ「そういえば何人でやるの?」
蛹「4人よ。後一人…ツミ子は彼氏持ちだし…蛍、女装して参加しない?」
蛍「全力で断ります。姫様は行かないの?」
鬼姫「わ、私か!?ううむ…興味が無いわけではないが…」
蛹「じゃあ決定〜」
(・ω・)つそして
一同「よろしくお願いしまーす」
七つ(おい姉ちゃん!なんでJimmy一家となんだよ!?)
蛹(えー、みんな格好良いじゃない)
コクピ(おい兄貴!なんであさき一家となんだよ!?)
ヘリング(良いじゃねえかみんな可愛いし)「えーと、それじゃあまずはお互いの自己紹介から…」
ベロシティ「オニヒメサマノオッパイィィィィィ!!!!」
コクピ「ちょwwww落ち着けバカwwww」
鬼姫「死にさらせ下郎が!」
ーサビ前タム連打発動ー
ベロシティ「ギョエエェェェエエ!!…オニヒメ…サマ…ノ…オッ…パイ…」
ピチュン
鬼姫「おい明鏡止水!こやつを燃えるゴミに捨てておけ!私は帰る!」
明鏡「ハッ!(゜Д゜)彡」
蛹「もう、姫ちゃんてば…あ、でも、ちょうど3対3か」
ヘリング「それじゃあ改めて自己紹介と行こうか。じゃあまずはそちらの熊の縫いぐるみを持った子から」
蛹「はい!蛹です!趣味は毎晩お月様にお祈りすることです♪」
ミラージュ「へぇ、なかなかロマンティックだね。僕と気が合いそうだ」
ヘリング「それじゃあ次は…」
ミラージュ「はい。ミラージュレジデンスだよ。一応今回のアンコールだったんだけど、今はエクストラなんだ。よろしくね」
七つ「はい!あたしはこの子の七つのお祝いに!長いから『七』とか『この子』とかって呼んでね☆趣味は…夜な夜な子守唄を口ずさむことだよ♪」


164 :爆音で名前が聞こえません:2007/01/11(木) 17:17:38 ID:sGCm7RrBO
〜あさきっさ〜2/2

ジミー一家「え…?」
七つ「あ、あはは、冗談冗談!本当は料理かなぁ?お稲荷さんとか」
ヘリング「へぇ、七ちゃんて料理できるんだ。あ、俺はHerring Roeね。俺もよく料理するよ。数の子とか」
鈴「はじめまして、赤い鈴といいます…あの…趣味は…」
コクピ「あれ?鈴さんてこういうの初めて?あんまり緊張しなくて良いって、あ、俺はCockpitね。よろしく。」
鈴「あ、はい。改めまして赤い鈴です。趣味は…嘘をつくキサマラの舌をチョン切って捨ててやることです♪」
ジミー一家「え…?」
ヘリング「ま、まぁとりあえず乾杯しないか?な?」
一同「かんぱーい!」
(・ω・)つそして
蛹「それじゃあ解散〜。行こっ、ミラージュ君」
ミラージュ「う、うん(僕の時代キターーー(゜∀゜)ーーー)」
七「キモ゛チワルイ…」
ヘリング「あーあー、飲み過ぎだって…大丈夫K」
七「耳、鼻、目、口、髪の毛一本誰にもやらぬ!」
ー赤DMイントロ発狂発動ー
ヘリング「ちょ、何する、やm」
ピチュン
(・ω・)つその頃
鈴「送ってくださってどうもありがとうございました」
コクピ「あー、気にするなって、男として当然だから。(成り行き上こうなったけど、こいつ別にツルペタしてないしな('A`))」
(・ω・)つその頃
ミラージュ「ちょ、蛹さん!?何する気なの!?」
蛹「えー?お月様へのお祈りだよ?ほら、熊さんもこんなに喜んでるし。今日はいつもより多めにニギニギしています」
ミラージュ「ちょ、やめて!離して!」
蛹「ハネハハエマシター?」
ミラージュ「誰か助けてえぇぇぇ!」
ピチュン
魔笛「ところで鈴お姉様、蛹お姉様と七お姉様は?」
鈴「さぁ?嬉し恥ずかし朝帰りかしら?」
鬼姫「全く…もうあんな所に行くのはウンザリなのじゃ」



165 :爆音で名前が聞こえません:2007/01/11(木) 18:02:24 ID:MHLcc40CO
たまには本編をww

鈴木一家(蒼そ論
〜定休日の朝〜
蒼白「………」
ポカーン…
正論「そっと?」
そっと「何?兄さん」
正「何で蒼白は上の空なんだ?」
そ「ん〜また発明が上手く行かないだけじゃないの?」
正「ならいいけど…」
そ「心配しなくたって大丈夫だよ。もし何かあったら私が何とかするし」
正「それは助かるよ。じゃぁ窓磨いてるわ」
そ「兄さん頑張ってね」
正「そっとは今からお出掛け?」
そ「何でわかったの?!」
正「服装見ればわかるよ…あからさまにいつもよりおしゃr…」
そ「そ、そんな事ないよ? あっ! もう時間だから行くね。じゃぁ行って来まーす!」
正「あっ! ちょっと?!……HSMAXで行かなくても…まぁいっか。さて、窓磨こ」
〜しばらくして〜
蒼「……………そうだ!これよ!!」バッ
正「?! どうしたの蒼白?」
蒼「何でもないよ? こっちの話よ」
正「そう…」
蒼「じゃぁ、私研究室戻るから、呉・々・も、来ないでね?」
正「わ、わかったよ。じゃぁお茶や和菓子とかはどうする?」
蒼「カウンターにおいといて。後で取りに来るし」
正「わかったよ。じゃぁ頑張ってね」
蒼「うん」

続く

蒼白とそっとの各メインの話を少ししますw
気に入ってもらえると嬉しいですw

166 :爆音で名前が聞こえません:2007/01/11(木) 19:58:06 ID:OHlWExYr0
>>163-164
合コンワラタwwwwGJ!

オレンジラウンジ(ふなきっさ開店期間中

―――E-1、ふなきっさ×あさきっさが始まる数時間前。

空言「・・・・・・・・(おろおろ)」
ラバーズ「ん?空ちゃんどうしたの?」
空言「・・・・・え、えっと・・・・・どうしよぉ・・・・・・」
ジャイアン「まず落ち着け。それからゆっくり話すんだ」
空言「・・・・・・あのね・・・・(TV欄を指さす)」
ラバーズ「・・・・新聞?」

E-1・3回戦生中継!・・・・・
2試合目
ふなきっさ×あさきっさ

ラバーズ「あ、そういうことか〜」
空言「・・・・・・・・コクリ(頷き)」
ジャイアン「は?どういうことだ?」
ラバーズ「つまり、空ちゃんはどっちを応援すればいいか迷ってるわけ。
     家族であるふなきっさを応援したいけど、あさきっさには螺子が出てる。
     だから、どっちを応援したらいいか迷ってる。そうでしょ?」
空言「・・・・・コクコク(頷き)」
ジャイアン「あぁ、そういうことか。・・・しかしこの試合複雑だよな〜。
     明鏡はあさきが親でもあるし、カゴノトリはこの子と仲が良い。
     んでもって空言と螺子・・・・・か」
トゥウィンクル「空言、応援に行きたかったでしょ?なのに店番なんてね・・・・」
空言「・・・・・それは・・・・・しょうがない・・・・・・
    ・・・・でも・・・・TVあるから・・・・・見れる・・・・・」
ティゾナ「そうデスネ!TVでみなさん応援シマショウ!」
ラバーズ「そうだ、空ちゃんは螺子の応援しなよ!
     大丈夫、一人くらい向こう応援したってうちのチームが負けるわけ・・・・あ、勝ったらだめか」
空言「・・・・・ごめん・・・・・私・・・・螺子の応援・・・・・・するね・・・・・」
ジャイアン「おう!普段よりでけぇ声で応援しろ!!」
にゃん「ジャイアントさんより大きい声出すにゃ!」
空言「・・・・・・・・・くすっ」

―――そして。

空言「・・・・・・・・・・・・・・・・・・」
ラバーズ「・・・・あさきっさ、負けちゃったね」
空言「・・・・でも・・・・・螺子・・・・・がんばってた・・・・・」
ジャイアン「・・・・そうか?」
ラバーズ&トゥウィンクル「そこは肯定しときなさい!」
空言「・・・・あとで・・・・お疲れ様・・・・って言わなきゃ・・・・・」
トゥウィンクル「ふふふ、そうね!」

一同(・・・・・しかし、何故カゴノトリ「弐式」が発動したんだ?)


今書いてるやつの続きはまた後ほど・・・。

167 :爆音で名前が聞こえません:2007/01/11(木) 20:42:14 ID:MhhoEswQ0
桃色カプセル

ひと「E−1もとうとう準決勝。どこが優勝するんでしょうかね」
こた「う〜…んやっぱり正当なトコとしては蒼そ論かなぁ…?」
ヘリコ「何を言ってるのかなぁ?wここはひとつ、
  私達を倒していったふなきっさの人々に勝って欲しいでしょ?」
ひと「(でしょ?って言われましても…)でもやっぱり、最強の一族と名高い、
   ささきっさが有力だと思いますが」
こた「特別指定組も誰が出てくるかわかんないし、ホントにどうなるかわかんないね」

ガシャン

一同「何?!」
?「あちゃー、割っちゃった。どうも夜分遅くいきなり窓割ってすんません」


続く…といいな。物覚え悪いから忘れ(ry

168 :爆音で名前が聞こえません:2007/01/11(木) 21:28:36 ID:MHLcc40CO
>>163-164さん
合コン良かったですw
ベロシティ可哀想www

>>166さん
弐式になった理由は…あさきっさを勝たそうとしたが、あさきっさでのネタ切れの為、ふなきっさを勝たす為ですwww
螺子負かしてごめんよ空言(´・ω・`)

1/2
鈴木一家(蒼そ論
〜出かけたそっと編〜
そ「さて、勢いで出てきたけど…」
?「そこの彼女。これから暇?」
そ「げっ?! コクピ!?」
コクピ「なんだよ…その反応…」
そ「まぁいいわ…私は、今からささきっさ行くから忙しいの。じゃぁね」
コクピ「奇遇だなww俺もいくとこだよwww」
そ「何で来るのよ!?」
コクピ「タイピちゃんに会いに行くに決まってるじゃねぇかw」
そ「そう…(またタイピちゃんですか…このロリオタ…)」
〜ささきっさにて〜
ガランガラン
ゆら「いらっしゃいませ」
そ「あっ、ゆらさん。お久しぶりです」
ゆら「あら、そっとちゃん? 久し振りね」
そ「とりあえず、チョコフィロ一つでお願いします」
ゆら「そこにいるコクピは何がいい?」
コクピ「扱い変わってない?」
ゆら「気のせい。早く決めろ」
コクピ「じゃぁタイピちy…」
ゆら「死ね!!」緑タム発動
コクピ「アギャー」ピチュン
そ(あの試合以来、変態共が更に嫌になったのね)
ゆら「あんなのと付き合ったら駄目よ?」
そ「あれは勝手についてきただけです」
ゆら「そう。じゃぁチョコフィロはイスト君に作って貰う?」ニヤニヤ
そ「からかわないでください! でも、イスト君にお願いします//」
ゆら「相変わらずね。じゃぁちょっと待っててね」スタスタ
そ「はぁ…」
落書き「恋ですな」
そ「うわっ!? 落書きさん。脅かさないでくださいよ」
落書き「でも、恋してるでしょ?」
そ「そうですけど…」
落書き「では、秘伝の技を伝授しt…」
そ「結構です。それより自分の方を頑張ってください。あんまりほっとくと、7さん取られますよ?」
落書き「痛い所を…」
そ「それに、あなたは本気なんだか…」
落書き「うぅ…それは…」
そ「彼奥手だから、自分からもっといくべきです」
落書き「だって…」
そ「泣くなら部屋でどうぞ。それか彼に慰めて貰ってください」
落書き「うぅ…」
百(落書きが押さえられてる…)
?「そっとさん。出来ましたよ」

169 :爆音で名前が聞こえません:2007/01/11(木) 21:38:07 ID:TBOiwsOkO
明けてましたね。スレの住人の皆さん、今年もよろしくお願いします。

流れをぶった切ります。
それとちょっとうへころ荘借ります。長いですごめんなさい(´・ω・`)


〜デパチャ&αρχηの日常1/3〜

アルケー「デパチャさん、今日暇ですか?」
デパチャ「?暇って言えば暇だけど、どうしたよ?」
アルケー「うへころ荘に行きたいんですけど、どこにあるか分かりますか?」
デパチャ「ゔ、うへころ荘・・・」
アルケー「?どうかしたんですか?」
デパチャ「いや、一回用事があってあそこに行ったんだ。そしたらファンキーさん酒飲んでてね。いきなり連バス食らった後に永遠と酒を飲まされてそれ以来ちょっと・・・ね」
アルケー「へぇー・・・あの、一つお願いがあるんですけど、いいですか?」
デパチャ「・・・何だ?」
アルケー「私、うへころ荘の差無来さんに用事があるんですよ、道案内ってか一緒に行きましょう♪」
デパチャ「ゔ・・・い、いや俺はちょっと」
アルケー「大丈夫ですよ、もし連バスが飛んできたらデパチャさんの連バスで対抗すれば大丈夫ですよ!」
デパチャ「いや、だけd」
アルケー「はい、万事解決ですね♪それじゃあ行きましょう!」
デパチャ「うわぁぁぁぁぁ・・」
(・ω・)っ うへころ荘到着
デパチャ「着いちまった・・・orz」
アルケー「大丈夫ですって!じゃあ行きましょう♪」
デパチャ「(何で今日のアルケーはこんなにノリがいいのだろう)」
ピンポーン ケチャ
エンクル「はーい、どちら様ってアルケーちゃん」
アルケー「あの、差無来さんに用事があるんですが、差無来さんはいますか?」
エンクル「あぁ、いるよ。上がりなよ」
アルケー「はい、ありがとうございまーす♪」
エンクル「・・・あれ?デパチャさん?」
デパチャ「(しまった、バレた!)」
アルケー「デパチャさーん?」
デパチャ「うぅ、分かったよ、逝くよ・・(´・ω・`)」
アルケー「うふふ、ありがとうございます♪」
デパチャ「何だろうこの感情・・・(´;ω;`)」

アルケー「差無来さーん。この前言っていたCD持ってきましたよー♪」
FsW「うぉーー!!その声はアルケーかぁぁぁーー!!(*´∀`*)」
アルケー「わわ、ファンキーさん!?どうしたんですか!?」
FsW「うちに来てくれよー、俺んとこ本当に野郎ばっかでよ、やっぱり華がないとやってらんねーんだよー(*´∀`*)」
エンクル「悪かったな野郎ばっかで」
デパチャ「あわわ・・・出た鬼神降臨・・・(((。д゚;)))))」
FsW「あぁー?って、デパチャじゃねぇか!相変わらずヘタレてやがんなー?こいつー!www」

170 :爆音で名前が聞こえません:2007/01/11(木) 21:38:51 ID:TBOiwsOkO
〜デパチャ&αρχηの日常2/3〜

デパチャ「う、うるせぇ!!自分の思い通りにならないとすぐに連バス発動させるような曲より全然マシだ!」
FsW「!!このヤロー、いい根性してんじゃねぇかゴラァ!!」
━連バス発動━
デパチャ「甘い!俺だってあんたと同じ速さの連バス持ってるんだぜ!?」
━終盤連バス発動━
FsW「このヤロー!!」
デパチャ「このヤロー!!」
FsW・デパチャ「「ぶっとばす!!!!」」
アルケー「あわあわあわ・・」
エンクル「まぁ・・あの二人はほっといて、アルケーちゃんはさっさと用事済ませちゃえば?」
アルケー「そ、そうですね。・・・喧嘩するほど仲がいいって言うことですね♪」
エンクル「全くだ」
GAMBOL「全くだ」
エンクル「弐寺国に帰れ」
(・ω・)っ そして
アルケー「差無来さん、本貸してくれてありがとうございます♪」
侍「いいえ、同じV3期のよしみ、いつでも言ってくだされば」
アルケー「ありがとうございます!・・ところでデパチャさんは?」
侍「まだ殺り合ってますわ」

デパチャ「大体あんたは自己中すぎんだよ!!」
━中盤タム発狂発動━
FsW「てめぇこそ!そんなにヘタレてるからプレイヤー共に選ばれねぇんだよ!!」
━高速タム回し発動━

アルケー「もぅ・・・」
侍「お姉様はああなってしまったら夜まで止まりませんし、先に帰ったらどうですか?彼には伝えておきますけど?」
アルケー「・・・分かりました。それじゃあデパチャさんに本当にごめんなさいって言っておいて下さい」
侍「分かりました」
アルケー「それじゃあ、さようなら♪」
侍「お気を付けてー」
(・ω・)っ 夜
FsW「けっ、や、やるじゃねぇか」
デパチャ「そういう、お前もな」
FsW「・・・何だよ、全然大丈夫そうだな」
デパチャ「何がだよ」

171 :爆音で名前が聞こえません:2007/01/11(木) 21:39:33 ID:TBOiwsOkO
〜デパチャ&αρχηの日常3/3〜


FsW「お前、何か悩んでるだろ」
デパチャ「はぁ?別に悩んでなんか」
FsW「大方分かるさ。・・・お前の親父さんのことだろ?」
デパチャ「・・・」
FsW「確かに待つのは辛いと思う。だがな、待ってやることしか俺たち曲には出来ねぇ」
デパチャ「そんなことは分かってるよ」
FsW「だったら待つことに負けんな。俺に勝ったんだ、いいな!1oでも負けたら承知しねぇぞ!」
デパチャ「あはは・・なぁ、俺が悩んでるって誰から聞いたんだ?」
FsW「鈍いなぁ、お前をいつも慕ってくれてる奴が一人いるだろ?」
デパチャ「・・・そっか」
FsW「ありがとうぐらいは言っておけよ?」
デパチャ「うるせー。・・サンキュな、ファンキー」
FsW「へ、いいってことよ」

(・ω・)っ 次の日
アルケー「あっ、デパチャさん!あの、昨日は勝手に先に帰っちゃってすいませんでした!」
デパチャ「いいよ。こっちこそごめんな。心配かけちゃったみたいで」
GAMBOL「全くだ」
デパチャ「帰れ!!」


何か、本当にごめんなさい(´・ω・`)

172 :爆音で名前が聞こえません:2007/01/11(木) 21:43:49 ID:sGCm7RrBO
弐式とか見るとどうしても…

アニュス「うおぉぉぉぉぉ!」
カゴノトリ「わしの弐寺譜面は百八式まであるぞ。弐拾参式籠ノ鳥!」
アニュス「ちょwwwwテニP」
ズドーン!
あさきっさ一同「アニュス!」

みたいな感じのが浮かんでくるから困るw

173 :爆音で名前が聞こえません:2007/01/11(木) 23:08:57 ID:MHLcc40CO
>>169-171さん
デパチャいいよw
鈴木家も親待ちですよw

>>172さん
ちょwwテニpwww

2/2
鈴木一家(蒼そ論
そっと「その声は、イスト君?!」
イスト「僕が作ったので良かったのかな?」
そ「うん。全然いいよ。美味しいよ//」
イスト「それは良かった。じゃぁ僕行くね」
そ「うん。頑張ってね」
イスト「頑張って来るよ」スタスタ
そ(イスト君…)
ゆら「相変わらずですね」
そ「ゆらさん…」
ゆら「いつ告白するんですか?」
そ「私何かでいいのかな…」
ゆら「十分魅力的ですよ? 後は勇気だけですよ」
そ「でもね…私…まだ自分に自信はないし、面向かって上手く喋れないし…」
ゆら「そんな弱気じゃ駄目! 大丈夫。貴女は知識も経験もあるんだから、そんなくよくよしちゃ駄目。失敗を恐れてたら前に進めませんよ?」
そ「ゆらさん。その言葉…昔、私が兄さんに言ったのと一緒です。そうですよね。他の人を助けてあげる事で、自分が逃げようとしてましたね…頑張って少しずつ前に進む事にします!」
ゆら「やっぱり貴女は強いわね。頑張ってね」
そ「はい。ひとまず今日はもう帰ります」
ゆら「今言わないの?」
そ「今はまだ、大会の事もありますし…でも、ちゃんと面向かって話せるようになったらいきます」
ゆら「そうね。それがいいわ」
そ「ゆらさん。ありがとうございます。後、イスト君に、とっても美味しかったよ。言っておいてください。では、失礼します」
ゆら「今日はわざわざありがとね。頑張って実らせてね」
そ「はい。頑張ります」ガラガラ
ゆら「行ったわね。さて、イスト君」

イスト「何?ゆらさん」
ゆら「頑張ってね」
イスト「何をですか?」
ゆら「後にわかるわよ」
イスト「そうですか」
ゆら「そうなの。ところで…落書き姉さん?」
落書き「な、何!?」
ゆら「盗み聞きはいけませんよ?」
落書き「そんな事はけして…そっとちんがイスト君を…あっ…」
ゆら「天罰ですね」スネア連打発動
落書き「あぎゃぁ!!」ピチュン

続くw

ささきっさの住民を勝手に使ってすみませんorz

174 :爆音で名前が聞こえません:2007/01/11(木) 23:50:41 ID:MHLcc40CO
米「さて準決勝だぜ!! みんな元気かい?」
わぁー
米「なら良かったぜww」
スカ「ノリノリですねw」
米「はいw 準決勝第1試合目は、ふなきっさ×蒼そ論だ!」
わぁー
米「まずは赤コーナー。この大会はこのチームの為にあったのか? 順当に強敵共をなぎ倒し準決勝へ。ふなきっさの入場だ!」
わぁー
明鏡「流石は準決勝…」
籠「熱気が違う…」
α「でも、勝ちましょうね」
米「続きまして青コーナー。準決勝まですべてストレート勝ち。大将は未だに神秘のベールに包まれたまま。蒼そ論の入場だ!」
わぁー
蒼「勝負は先2勝で決まるんだから、うちのとこは絶対有利!」
そ「そうだね」
正「ここでもストレート勝ちしたいな…」
米「さて、先鋒前へ」
明鏡「はい(レベルは僅差だか拙者が上…負けれない!)」
正「はい(レベルは僅かながら僕が下…けど負けない!)」
米「先鋒戦始め!!」
正「負けない! はぁぁぁ!!」
明鏡「それはこちらとて同じ事! はぁぁぁ!!」
米「凄く白熱しております」
スカ「右に偏った譜面と左に偏った譜面の対決はいかに」
明鏡「負けん! やぁぁぁ!!」
正「僕だって! はぁぁぁ!!」
明鏡「ぐっ…やはりあまりレベルの差がない為、簡単には勝たせてくれませんね」
正「それはお互い様です…でも、僕には貴女に無いものがあります!」
明鏡「何?!」
正「緑のでは珍しいタム回しを喰らえぇぇ!!」
明鏡「ぬぉ!? 確かに…緑のくせに…だかこちとて、シンバルにタム混合だぁぁ!!」
正「ぐっ…流石…でも妹達の為、店の為、負けれる訳にはいけないんだぁ!!」
明鏡「なっ…どこからそんな力が…うわぁぁぁ!!」ピチュン
米「終了! まさかの明鏡選手の負けにより、蒼そ論。決勝に王手をかけました」
スカ「正論よくやった! 小野とDesとjimmyが携わってるだけあるなww」
明鏡「すまぬ…負けてしまった…」
籠「大丈夫よ。後2勝すれば勝てるんだから」
α「後は私達に任せて、ゆっくりしていてください」
明鏡「かたじけない…」
籠「レベル差はだいぶあるけど…負ける訳には行かない…」

次へ

175 :爆音で名前が聞こえません:2007/01/12(金) 00:33:31 ID:r7e2EfKxO
米「さて中堅前へ」
籠「はい(ラストまで耐えれば勝てる筈…)」
そ「はい(速攻で決める!)」
米「では、中堅戦始め!!」
そ「負けないよ! やぁぁぁ!!」
籠「ぐっ…やっぱり最初に来るわよね…」
そ「当たり前よ。まだまだ!!」
籠「きゃっ?!」
α「まだ負けちゃ駄目」
フリフリ「頑張りなさいカゴノトリ!! 負けたら駄目よ!!」
籠「そう言われても…」
そ「しぶといわね…」
蒼「何ぼやってしてんのよ?! そっと!! さっさと決めなさい!!」
そ「わかってるよ(相変わらずカゴノトリさんは嫌いなのね…)」
籠「やっぱりもう駄目…」
ジェッ娘「お姉ちゃん! 頑張ってよ!」
マーマレード「まだ負けちゃ駄目!」
フロウ「負けちゃ駄目だよ! 次まで回さないと!」
他一同「負けるな!カゴノトリ!!」
籠「み…みんな…」
そ「お宅はいい家族持ちましたね…でも、こっちだって家族の絆なら負けませんよ? いつもは喧嘩ばかりしてるけど…みんな分かり合えてるんだから! 負けない!!」
籠「休みは無いの…」
そ「そんな有余は与えません! これで決める!! やぁぁぁ!!」
籠「きゃぁぁっ!!」ピチュン
米「KO! カゴノトリ選手。健闘虚しく敗れてしまいました。これにより蒼そ論決勝進出です」
正「やったね。良く頑張ったね。そっと」
そ「やっぱり先攻逃げ切りは強いのね…」
蒼「このままの勢いで決勝も勝って優勝よ!」
〜一方ふなきっさ〜
籠「ごめん…もう少し耐えれば勝てたかもしれないのに…」
フリフリ「負けてしまったのは仕方ない」
α「そうですよ。みんなが全力を尽くせた。それでいいじゃないですか」
ジェッ娘「そうだよ」
籠「みんな…ありがとう…私ここの家族で本当に良かった…」グスッ
フリフリ「ほら。泣かないで」
フロウ「そうですよ。笑ってる姉さんがみんな大好きですよ」
籠「ありがとう…みんな…」

米「さて、いい話をぶった切って朗報ですw」
スカ「もしかして…」
米「特別組の組み合わせが出来ました」
スカ「早く教えて」
米「緑エンワル、黄アクシズ、赤侍の組み合わせになりました」
スカ「キング決勝曲の新曲達ですかw」
米「そうですww さて、このチームと当たるささきっさは勝てるのでしょうか? 次の試合を御楽しみにw」

次へw

176 :爆音で名前が聞こえません:2007/01/12(金) 01:28:48 ID:3J567TR7O
スレが活性化して良い感じですね


ハイツJ-POP

―ドンチューノードンチューノー(チャイム)
N.G.S(中の人マジ死ね…氏ねじゃなくて死ね)「はいは〜い」
オバゼ&DD7&マイクロ「こんにちは〜」
N.G.S「お、どうした?リライトのお見舞いか?」
オバゼ「うん、心配になってお見舞いに来たんだ」
N.G.S「今は大分落ち着いて来たよ、まぁ上がってくれ」
オバゼ&DD7&マイクロ「お邪魔しま〜す」

―ケチャ

リライト「あ、皆いらっしゃい♪」
オバゼ「リライト君大丈夫?(´・ω・)」
DD7「風邪でダウンしたって聞いた時は驚いたよ…」
マイクロ「見た感じ元気そうで良かったよ〜」
リライト「うん、大分回復して来たから明日には走り回れそうかな?」オバゼ「あんまり無理しちゃ駄目だよ(´・ω・`)」
リライト「ありがとう、また今度皆で遊ぼうね」マイクロ「DD7君は彼女がいるからあんまし邪魔しちゃ駄目だよw」
DD7「///…もう、マイクロ君…」
一同「アハハハハ」

さくらんぼ&ベイサイド&アンダンテ「ねぇねぇ!今可愛い子達がココに来なかった!?」
天体「帰れ、お前らに近付けたらナニするか分からんからな」
アンダンテ「天体君…殺すよ^ ^」赤G+SRAN構え
天体「ほう…ならば死ぬが良い、シナリオさん…頼みますわ」
シナリオ「了解♪」
―DM赤HZD発動
さくらんぼ&アンダンテ&ベイサイド「イヤァァァ何でシナリオさんがぁぁぁ!!!!???」
ピチュン×3
天体「たまたま遊びに来てくれてて助かったよ」
シナリオ「この子達最近おかしくない?」
天体「元々だから気にしない方が良い…リライトに女装させてから更n…ヤベ口が滑った orz」
シナリオ「リライト君の女装…wwww ねぇ詳しく教えてよ♪」
天体「誰にも言うなよ?お前の姉妹口軽いから…」
シナリオ「ハイハイ…」
天体「これこれしかじかで…」


シナリオ「アッハハハwww可哀想にwwしかも風邪の原因それなんだw」
天体「本人はトラウマに近いみたいだから触れるなよw」
シナリオ「分かったわw あ、テ〇ルズ貸してくれてありがとね♪」
天体「まぁ、好きな時に返せば良いさ」ノシ

オバゼ「ねぇ、リライト君…下が騒がしいよ?」
リライト「いつもの事だよ、最近ベイサイドさん達が暴走気味だから…」
マイクロ&DD7「へぇ〜」


177 :爆音で名前が聞こえません:2007/01/12(金) 02:47:26 ID:a42lOyF90
>>169-171
借りたり長くなった分、いい話だったので全然おkです。GJ!

うへころ荘
侍「ふう、疲れましたわ」
TS「決勝も大変だね」
侍「いえ、これもギタドキング隠し曲である私の役目ですから」
ドリアゲ「随分責任感が強いんだな。でも、たまには肩の力抜けよ」
侍「これはご親切に。…ところで、どなたでしょうか?」
ドリアゲ「おっと、自己紹介がまだだったな。Dream Again…だ、よろしく」
TS「僕と同期で、柴田百貨店の副社長なんだ」
ドリアゲ「副社長なんて形だけさ。…それより差無来ちゃん」
侍「何でしょう?」
ドリアゲ「俺は商売の関係上ごぉーくたまに弐寺国に行くことがあるんだが」
侍「はあ」
ドリアゲ「そこで君とそっくりな奴を見たことがあるんだ。知ってるかい?」
侍「いえ、全z」
DUE「呼んだ?」
一同「…」

ドリアゲGの最後のノートからリザルトに行くまでの間程お待ちください

TS「お呼びじゃないので帰って下さい」
侍「失礼ですが私とは似てない気が」
FsW「ただいm…!!何だお前は」
連バス発動
DUE「甘い!」
ドリアゲ「bpm400!?こ、こいつだ!こいつの穴譜面と差無来ちゃんの最終発狂が」
TS「それよりもこのままじゃアパートが壊れちゃうよ」
侍「お二方、落ち着きください!」
最終発狂発動
FsW「ぎゃん!」ピチュン
DUE「この譜面、まさかあなたはわたしのお母さん!?」
侍「そんなわけございませんわ!!お眠りなさい!」
DUE「おぷしゅっ」ガシャーン

TS「…この曲どうするの?」
ドリアゲ「…アニュスかmemoriesにでも連れてって貰おうか」

続かない

178 :爆音で名前が聞こえません:2007/01/12(金) 02:52:36 ID:rMPHV8FvO
とうとう書いてみた。文才皆無なので何かとおかしいだろうけど、目をつぶってくだしあ。


落書き「ふぁ〜…。おはよぉ〜…。」
コンチェ「あ、おはよ〜。」タイピ「定休日だからって起きるの遅過ぎですよ」
デパチャ「朝食の準備するから、新聞でも読んでてくれ。」
落書き「は〜い。」
ガサガサ…
落書き「ふむふむ…あ、ポン太お母さんに会えたのか〜。よかったよかった♪」
ハラリ
落書き「ん、チラシがはさまって……なになに?」
ゆら「ただいま戻りました。」
百「ふぅ〜、重かったぁ」
コンチェ「あ、二人ともおかえり〜。」
デパチャ「買い出し頼んじゃって悪かったな。」
ゆら「いえいえ、百秒さんも一緒でしたから。」
百「ゆらったら、安くすむからってまとめて買うもんだから…疲れた…。」
落書き「ゆらさんゆらさん!」
ゆら「なんです?」
落書き「これ、出てみない?」
ゆら「はい?」
コンチェ「なになに…ギタドラ界一着物美人決定選手権?」
タイピ「優勝賞品はBEMANI世界一周旅行…ですか。」
落書き「ゆらさんが出れば優勝間違いなしだよ!」
百「確かに、ゆらほどのスペックとスタイルなら優勝できそうね。」
ゆら「ふふ、皆さんで褒めても何も出ませんよ。でも、少し興味ありますね…。」
デパチャ「おお、ゆらさんが乗り気なんて珍しいな。」
ゆら「普段からこの格好ですから、他の方には負けたくないですよ。」
落書き「それじゃあ、気が変わらないうちに参加しちゃおう!」
コンチェ「そして私たちを!」
タイピ「世界一周旅行に!」
百「連れて行きなさいよ!」
ゆら「ふふ、お任せ下さい♪」



デビューでいきなり長編とか俺アホス
しかも正月も成人式も終わり着物や晴れ着シーズン終了後に投下とか(・ω・`)
なんかかなり長くなりそうですか、お付き合いいただけたら幸いです。


179 :爆音で名前が聞こえません:2007/01/12(金) 08:33:24 ID:r7e2EfKxO
米「準決勝最終試合。ささきっさ×特別指定組の試合をおこないます」
わぁー
米「まずは赤コーナー。危なげながらも、いくつもの混戦を戦い抜き、勝ち上がって来ました。ささきっさの入場です」
わぁー
デパチャ「準決勝だな…」
ボビス「負けれないよね」
ゆら「頑張りましょ」
米「続きまして青コーナー。今大会初にして準決勝シードの大役を果たします。特別指定組の入場です」
わぁー
エンワル「僕場違い…orz」
アクシズ「まぁそう言わずに…」
侍「緊張する…」
米「特別指定組はやはりこの重圧に耐えるのは無理だったか?w さて、先鋒前へ」
デパチャ「はい(もう負けない!)」
エンワル「はい…(強そう…)」
米「先鋒戦始め!!」
エンワル「負けるのは嫌だぁ!!」
デパチャ「なっ…」
エンワル「やぁぁぁ!!」
デパチャ「…」
エンワル「はぁぁぁ!!」
デパチャ「…エンワル君?」
エンワル「おりゃぁぁ!!」
デパチャ「少しは話を聞けぇぇ!!」
エンワル「ふぇっ?! あぁぁぁ!」ピチュン
米「KO! 流石と言うか、妥当と言うかはさせおき、まずはデパチャ選手が勝ってささきっさが先に1勝しました」
スカ「エンワル…いくら赤しかまともじゃないからって…w」

次へw

180 :爆音で名前が聞こえません:2007/01/12(金) 13:52:23 ID:r7e2EfKxO
米「中堅前へ」
ボビス「はい(負けない)」
アクシズ「はい(負けれない…)」
米「中堅戦始め!!」
ボビス「堕ちやがれぇぇ!!」
アクシズ「怖っ!! けど…負けないよ!!」
ボビス「ぐっ…なかなかやるやんけ…」
アクシズ「あなたこそ…」
米「結構いい試合になって来ましたよw」
ボビス「やぁぁぁ!!」
アクシズ「はぁぁぁ!!」
ドゥーンww
米「毎度同じみなりました。煙幕ですw」
スカ「そうねw おや? 一人だけ立ってますね」
米「あれは…どうやらアクシズ選手がこの試合を制しました!」
わぁー
アクシズ「俺の勝ち…よっしゃー!」
米「さて、これにより全ては大将戦に持ち越されましたw」
スカ「どうなる事やら大将戦w」

次へ

181 :爆音で名前が聞こえません:2007/01/12(金) 17:55:14 ID:r7e2EfKxO
米「さて、決勝に出れるのはどっちなのか?」
スカ「いやぁ〜どっちでもいいですw」
米「ちょww 話は戻して、大将前へ」
ゆら「はい(お父様の名誉の為、負けれない)」
侍「はい(最近引っ張りだこだなぁ私…)」
米「大将戦始め!!」
侍「先輩のたまゆらさんですね」
ゆら「如何にも。後輩だからって手加減しないわよ?」
侍「勝負の世界なので分かってます。負けませんよ」
ゆら「こっちだって負けませんよ」
米「何やら討論が始まりましたよ?w」
スカ「きっと 自分の一番の発狂部分に力を溜めてるんでしょw」
ゆら「さて、そろそろ私は動けるわね」
侍「来るなら来なさい! あなたの連打を耐えれば、私は勝てる!」
ゆら「そんな強がった発言していいのかしら?」
侍「どういう意味?」
ゆら「こういう意味よ…はぁぁぁ!!」
侍「なっ?! いつも見てるのとは違う!?」
ゆら「遠目から見るのと、実際は違うものよ? やぁぁぁ!!」
侍「きゃっ…こんな…」
ゆら「もうおしまいなの? 残念ね。やぁぁぁ!!」
侍「きゃぁぁっ!!」ピチュン
米「KO! 侍選手。自分の武器が出せず終いで終わりました。これによりささきっさが決勝進出です」
スカ「どうも決勝の組み合わせは、ささきっさ×蒼そ論になりましたねw」
米「ここで緊急朗報ですw」
スカ「何ですか!?w」
米「決勝は両チーム共。代表赤5曲で、レベル合計は420以下で御願いしますw」
スカ「最高420ですねw んっ…………所で…」
米「何でしょう?」
スカ「蒼そ論は3名しか居ませんよ?」
米「ん〜……………そこは………………あっ! 出たい曲は蒼そ論の曲達に申し出てくださいww」
スカ「何それww」
米「後レベル制限は消え、B-1も終わりましたので、誰でも参加可能ですww」
スカ「それはいい試合になるかもですねw」
米「では、ささきっさの皆さんも、蒼そ論の皆さんも、いい決勝の組み合わせで来てくださいねw」
次へw

誰かささきっさと蒼そ論の他2曲に候補がある方はよろしく御願いしますm(_ _)mw

182 :あの人 ◆h99PAc1wKg :2007/01/12(金) 18:59:22 ID:GfKyT3t40
>>178
期待してます。

今日でやっと公開できることになりました。
クリスマスネタです。
クリスマスネタなのに正月もスルーしてますが。
こちらからダウンロードできます。

ttp://www.megaupload.com/jp/?d=6GPJ1DWC

183 :爆音で名前が聞こえません:2007/01/12(金) 20:43:58 ID:8DYciluQ0
オレンジラウンジ(ふなきっさ開店期間中)

Rebirth「>134の続きでーす」

フリフリ「あー、さっきので酔い覚めちゃったよ・・・・」
カゴノトリ「まぁ、おみくじもちゃんと木に結んできたんだから、大丈夫だよ」
ランジュ「そういえば、魔笛ちゃんは?」
Rebirth「あれ?そういや姿が・・・・・」
魔笛「みなさんみなさーん!」
にゃん「あ、魔笛にゃ」
カゴノトリ「・・・・何、その格好?」
魔笛「巫女しょーぞくですよ!月光蝶ちゃんに頼んで着せてもらったんです!Past es gut zusammen??」
ミンキャン「かわいい・・・・」
月光蝶「魔笛・・・・そんなに動いたらはだける・・・・」
魔笛「え?巫女しょーぞくってはだけさせる服じゃないんですか?
    それに下着もなんか窮屈ですし・・・・・」
カゴノトリ「・・・・どこでそんな間違った知識手に入れたの」
Rebirth「いいな〜。あたしも着たいかも」
月光蝶「・・・・着れますよ?」
Rebirth「マジ?いいの?」
カゴノトリ「あ、あんまり邪魔しちゃだめだよ・・・仕事中なんだし」
月光蝶「・・・・私は別にかまわないけど」
フリフリ「そうだ!みんなで巫女になって神社手伝えばいーじゃん!
    そしたら邪魔じゃないし、服着れるし〜」
カゴノトリ「そ、そんな急に言ってもだめでしょ!ねぇ、月光蝶?」
月光蝶「・・・・にゃんだふるがいるからいいよ・・・・
    (くるっ)にゃんだふるもお着替えしよー!!(ぎゅぅぅ)」
にゃん「ぼ、ぼくは遠慮しゅ・・・・・にゃー!!」
ランジュ「にゃんだふるに免じてって・・・・」
マーマレード「流石猫好き・・・・」
魔笛「それじゃあみなさん着替えましょう!・・・あぁ、カメラを持ってくれば・・・・・」
カゴノトリ「とっ、撮らなくていいから!!」

カゴノトリ(はぁ・・・・お父様、今年も落ち着けそうにない年になりそうです・・・・)

(終)

やっと正月モノネタが終わった・・・・。

184 :爆音で名前が聞こえません:2007/01/12(金) 20:56:52 ID:TLDoLPmN0
桃色カプセル1/2
>>167の続き


ひと「誰です…か?…あ…あぁ、もしかしてtoo late twoさんですか?」
too「…ってここピンクカプセル家だったんか。気付かなかった。
  んで。よぉ、クリスマス大忙しだったぼっちさん」
ヘリコ(tooさんカコイイ//)
こた(…まずい。おねーちゃんのこの眼はもしかしたら)
ひと「ぼっちとは呼ばないで下さいって何時も言ってるじゃないですか。
   …で、いきなり来て家の窓ガラス割るなんて、一体如何したんですか」
ヘリコ「まぁまぁそんなのはどうでもいいじゃないwtooさん、座ってお茶でもどうぞw」
too「いや…そういう訳には」

ガッシャーーンっ

こた「また!?今度は誰!?」
FsW「やっべ…ひとんちの窓割っちったorz
  ( ゚д゚ )彡あっ、どーもすんません、窓割っといて何ですがこちらに
  too late two来てませんかね?」
ひと「こっち見ないで下さいFunky sonic Worldさん…
   とりあえずtooさんならここに」
こた(寒がりのひとりが良くこの窓半壊の状況で平気でいられるなぁ…
   私のが寒がりになったのかな?寒い…)
ヘリコ「居ませんよ?w(tooさん隠れててくださいw)」
too「ちょ、苦し…むごむご」
FsW「(ヘリコちゃん隠してるつもりなのかな…)わかってるね?too…」
―赤DM発動+HSMAX―
too「死ぬ…」ピチュン

185 :爆音で名前が聞こえません:2007/01/12(金) 20:57:34 ID:TLDoLPmN0
2/2

ひと「とりあえず御二方が家の窓を割ってしまうと言う、
   普通まず有り得ない状況になってしまったのは何故です?」
こた(窓が小さい窓で良かった…ちょうどいい板もあって良かった…もう寒くない)
FsW「いや…ちょっと家出…違った家でコイツともめてな…」
ひと「大体の事情は分かりましたが…確かうへころ荘と家はそんなに近くない筈では」
too「(ムク…)HSMAXで姉貴に追いつかれないように逃げてる内に、
  気がついたらこの辺まで逃げて来てたんだ」
ヘリコ「tooさん…大丈夫ですか?無理しないで下さいね」
too「俺は大丈夫。それよりも、君達の家の窓…」
ひと「それは何とかなります。何があるか解らないので保険に入ってましたから」
こた「つまり要約すると、tooさんとファンキーさんで喧嘩?になって、それで
   tooさんが逃げ出し、ファンキーさんが追いかけてきて、
   tooさんとファンキーさんの不注意で家の窓が割れたと。これで合ってますか?」
FsW「…まぁそんな所だな」
ヘリコ「お二人さん、今晩はどうするおつもりですか?もう夜も遅いですし…」
too「んや、どうせ姉貴に捕まっちまったんだしうへころ荘に戻るよ。
  じゃあな、ヘリコさんにこたみか、それにぼっち。窓…悪かったな」
FsW「長居してしまったな。窓の件も含めて、夜分遅くに申し訳ない。後でtooにはキツく言っとくよ」
こた「うん、じゃあまた。二人とも風邪とかひかないようにしてくださいね」
ひと「今し方連絡した処、窓は今日中にコンマイネ申が
   修復して下さるそうですんで、お二人は心配為さらずに」
ヘリコ「(行っちゃう…)おやすみなさい。…あの、tooさん」
too「何?ヘリコさん」
ヘリコ「…窓とか関係なしに…また来てくださいねっ//」
too「わかった。またいつかな。それじゃ」


………

なんだかやたら長くなってしまって申し訳ないorz
まぁ、どうせ今回もきっとヘリコの片思いd(赤DM発動

ヘリコ「作者がそういうこと言っていいのかなあ?」
こた「まあまあおねーちゃん…」



186 :爆音で名前が聞こえません:2007/01/12(金) 21:18:02 ID:dVCm6FmTO
何か投下ラッシュが…
自分も久々にいきます

〜ささきっさ〜1/2

落「そういえば、ゆらさんって誰か好きな曲とかいないの?」
ゆら「え!?ら、落書き帳さん?何言ってるんですか急に!」
落「だって姉妹で彼氏がいないのゆらさんだけだし」
コンチェ「え?お姉ちゃん私もいないんだけd」
DD2「コンチェ様〜!マスターピースゴールド収録おめでとうございます!」
コンチェ「で、DD2…ありがと…」
DD2「本来なら私がアンコールでコンチェ様がプレアンという正にゴールドに相応しいゴールデンコンビで行きたかったのですが生憎私はシルバーに収録されてしまいまして…ペラペラペラペラ…というわけで早速お祝い致しましょう!」
コンチェ「え!?ちょ!まだ仕事ch…ハイスピMAXはやめてえぇぇぇぇぇ!」
落「行っちゃった…相変わらずだなぁツーちゃん…ゆらさんも早く彼氏見つけないとあんな風になっちゃうよ?」
ゆら「そうは言いましても…私に相応しい方がいらっしゃらないんです…ほら、私ドラムだと緑と赤で結構レベルに開きがあるじゃないですか」
百「たまゆら、相手の事を好きになっちゃえばレベルなんて関係ないわ」
タイピ「去年まで『彼氏はいねぇがー!』な感じで私達に八つ当たりしてた曲の台詞とは思えないですぅ」
デパチャ「全くだ」
百「黙りなさい」
ー虹色の滝発動ー
デパチャ・タイピ「アッー!」
ピチュン
百「大事なのは相手を思う気持ちよ。そうでしょデイドリ?」
デイドリ「そうだな。後は相手に気持ちをぶつける少しの勇気か…その点DD7は大した奴だ」
ゆら「大切なのは…相手を思う気持ちと…少しの勇気…ですか」
落「そうそう。それじゃあゆらさん、買い物よろしく」
ゆら「はい。それじゃあ行ってきますね」
(・ω・)つそして
ゆら「はぁ…とは言ったものの…なかなか良い曲は見つからないものですねぇ…」
ベロシティ「タ、タマユラサマ!カミコウリンktkr!」
ゆら「好きになってしまえば…って、貴方は絶対好きにはなれません!」
ベロシティ「タマユラサマノオッパイハァハァ(;´Д`)」
ゆら「懲りませんねぇ貴方も…そこをどいてください」
ベロシティ「タマユラサマノオッパイィィィィィ!」
ゆら「は!しまった!買い物の荷物で両手が…きゃあぁぁぁぁぁぁ!」
ベロシティ「ヤッパリタマユラサマノオッパイハサイコウダゼw」
ゆら「くっ…いい加減にしないと…」


187 :爆音で名前が聞こえません:2007/01/12(金) 21:19:44 ID:dVCm6FmTO
〜ささきっさ〜2/2

?「やめぬか下郎!」
ベロシティ「アアン?ナンダテメェハ?ミナイカオダナ。ダガ、ダレデアロウトオレトタマユラサマノセッションヲジャマスルナラ…」
?「どうやら実力行使が必要なようだな…ハァッ!」
ータム連打発動ー
ベロシティ「ギョエエェェェエエ!」
ゆら「あ、ありがとうございました。あの…お名前は…」
差無来「当然のことをしたまでだ。礼には及ばん。名は差無来と申す」
ゆら「サムライさんですか…あの…何かお礼を…」
侍「礼には及ばんと言っただろう。それに拙者は今急いでいてな。一刻も早く『ぎたどきんぐ決勝戦会場』なる所に行かねばならぬのだが…どうにもこの『じーぴーえす』という機械の使い方がわからなくてな」
ゆら「あ、そこでしたら案内出来ますよ。一緒に行きませんか?」
侍「そうか、かたじけない。そなたの名は?」
ゆら「はい、たまゆらと申します…あの、本当に何かお礼を…」
サムライ「礼ならこの道案内で充分だ。それにしてもこの国はなかなか物騒だな…あのような輩がいるとは…」
ゆら「ああいう方はほんの一部です。基本的には皆さんとても良い方ばかりですよ。あ、着きました」
侍「おお、そうか。そなたは良い曲のようだな。ありがとう、たまゆら」
ゆら「どう致しまして。あ、あの!」
侍「何だ?」
ゆら「あの!私達家族で喫茶店をやってるんです!その…ギタドキングが終わったら…是非いらしてください!」
侍「そうか、この戦いが終わったら是非立ち寄らせてもらおう。ではサラバだ」
ゆら「はい、お待ちしております」
ファンキー「お、やっと着いたか。ん?あれは佐々木の…ふぅん…面白いことになりそうだな…」
ゆら「(サムライさんかぁ…かっこよかったなぁ…)ただいま戻りました」
落「ゆらさん遅ーい。あ、ひょっとして誰かとデートしてきたとか?」
ゆら「で、デートだなんてそんな…」
百「でも、その様子だと好きな曲を見つけたようね」
ゆら「え!?い、いえ、そんなことは…」
タイピ「無いとは言わせないですよ?頑張るです」
百「そうそう。応援してるわよ」
落「私も応援してるよ!大事なのは少しの勇気だよ!」
ゆら「皆さん…はい、私頑張ります!」


188 :爆音で名前が聞こえません:2007/01/13(土) 00:15:06 ID:vVPxPxhHO
>>181
前から思ってたんだけど主観だけで書いてない?
自分の好きな曲を活躍させたい気持ちはわかるけど、なんかすっごい必死に見えるよ。
あと「w」の意味はわかってて使ってるんだよね?異様に多いから気になった。

189 :door:2007/01/13(土) 00:26:17 ID:6oHJxBZ4O
長編の予定。今度こそ断筆しないぞ…!
少しずつ投下していきます。
V3初期のEXTRA部屋とENCOREの話。



<<…目を覚ませ…>>

私を呼ぶ声が聞こえる。
とても厳かな、声が。


【door】


気付けば、緑一色の部屋にいた。
壁も、床も、扉も、家具も。何もかも緑色。
天井の隅の方で、換気扇が低い音を立てて回っている。
私の記憶はここから始まっている。
それまでどうしていたのかは知らない。眠っていたのだろうか。

ここは何処だろう。
暖かくて、いい香りがする。とても居心地がいい。
部屋の外からは、音楽と楽しげな人の声が聞こえる。

何気なく部屋を見渡して気付いた。
この部屋には窓がない。
そして小さな棚の上にテレビがひとつ、ぽつんと置かれている。
テレビには外の様子が映っている。それが何処かはわからない。
人間と、彼らと戯れる曲。わかるのはそれくらい。
私はしばしそれに見入った。

初心者、上級者、ランカー。
いろんな人がいる。
ポップ、ロック、プログレ。
いろんな曲がいる。

190 :爆音で名前が聞こえません:2007/01/13(土) 00:27:25 ID:+Q7D1NgO0
>>188
つ「絵とか設定は自由。freedom。俺たちは自由だ。」

191 :爆音で名前が聞こえません:2007/01/13(土) 00:38:48 ID:wIqe6SthO
>>190
ここ5日程のチラシの裏のログ見てみな
避難所に持って行くほどの意見が出てるから

192 :爆音で名前が聞こえません:2007/01/13(土) 00:40:05 ID:vVPxPxhHO
>>189
期待してます!


>>190
絵にも設定にも触れていませんが。
これ以上言うと荒れるので引っ込みます…

193 :door(2):2007/01/13(土) 00:45:30 ID:6oHJxBZ4O
どれくらいその画面に見入っていただろう。少し飽きてきた。
そういえばここには時計もないらしい。
そもそもこの場所に「時間」という概念があるかどうかも謎だけど。

外に出よう。
そう思ってドアノブに手を掛けた。

ガチン。

金属質の音がした。
何度もドアノブをひねってみる。
ガタガタと音がするだけで、扉が開くことはなかった。

「そこ、鍵かかってるから」
扉の向こうから、青年の声が聞こえる。
「勝手に出歩かれたら困るって。コンマイ神からの言いつけです」
先程の声よりも幼い、少年の声がした。

コンマイ神…。
初めて聞く単語。だけど知っている。
私たちを創る、唯一絶対の存在。
生まれるも消えるも、この「神」が決める。

「あなた達は、誰…です?」
扉一枚隔てたそこにいる二人に尋ねた。
「僕はover there、君の護衛だ」
青年が応えた。明るい声だ。
「僕は…Micro finです。ゼアさんと一緒に、あなたの護衛を…」
少年が応えた。しかし最後の方は口ごもったせいか、何を言ったか聞き取れなかった。
「そうですか。私は…」

そこまで口にして、私の意識は止まった。

私は…私は…。
私は、誰?

脳の中で、きゅう、と何かが絞り出された。

「私はPurple storm…父は泉陸奥彦、母は肥塚良彦…」
ただ脳から溢れたものを、淡々と言葉にしていく。
知らないはずなのに何故か知っている。
何か、すごく…変だ。

194 :爆音で名前が聞こえません:2007/01/13(土) 00:56:43 ID:+Q7D1NgO0
>>191 >>192
流れ読んでなかったのは自分でした。あの書き込みは忘れてください。
スレ汚してすまんかった。


195 :爆音で名前が聞こえません:2007/01/13(土) 01:11:46 ID:P9hHQMhnO
>>188さん
僕の主観だけで書いてるので 気に喰わなかったのなら本当すみませんorz
「w」は分かってますが 多様が癖になってるので 知らず知らずに付けちゃいますので スルーして貰うと至極光栄ですorz

>>190さん
フォローありがとうございますm(_ _)m

鈴木一家(蒼そ論
蒼白「大会決勝進出に乾杯!」
正論&そっと「乾杯〜」
蒼「ぷはぁー やっぱり勝利の後の酒はうめぇ!」
そ(何もしてないでしょうに…)
正「よくお酒飲めるね…」
蒼「お酒は美味しいわよ? 飲む?」
正「僕弱いし、遠慮しとく…」
そ「私もパス」
蒼「なんだい2曲共…まぁ飲めよ。あそこでスイマーズちゃんとかは飲んでるよ?」
ス「ひゃっひゃっひゃっ、ほーら、早く次持ってこいや!」
正「スイマーズちゃん?!」
そ「壊れてる…」
蒼「ほら、兄さん早く一緒に飲みなよー」
正「いやいい! 今はスイマーズちゃんを早く家まで送ってくから!」ピュー
そ「早いわね…」
蒼「所で…そっと…」
そ「何?」
蒼「イスト君にはいつ告るの?」
そ「ぶっ!…うへっ…おわっ…げほっ…な、何いい出すのさいきなり」
蒼「その慌てっぷり、まだ面向かって話せないんだ。何で他の曲となら普通に居れるし、毒まで吐くってのにさ。何でイスト君だけには弱いんだか」
そ「イスト君は別なの!」
蒼「まぁいいけどね。ほどほどに頑張ってね〜」
そ「まぁ頑張るよ。そういう蒼白はまだなの?」
蒼「わ、私には、そ、そ、そんな…不釣り合いな奴ばっかりだしさー」
そ「へぇー 好きになる子がすべておn…」
蒼「それはいうな!」
そ「はいはい。それにいい加減、カゴノトリさんと仲直りしたら? ずっと意地はってたって仕方ないでしょ?」
蒼「うぅっ…分かってるよ…でも…」
そ「でもは無し。ちゃんと謝って仲直りしなよ? 同期なんだし」
蒼「わかったよ…」
ガランガラン
正「ただいま…って、蒼白。何か雰囲気暗くない?」
蒼「そんな事ないよ? 全く持って元気溌剌だよ」
正「ならいいけどね。良かったよ。いつもの元気だけが取り柄の蒼白にm…」
蒼「それはどういう意味じゃぁボケ!!」dm赤譜面+HSMAX
正「ギャァー」ピチュン
そ(馬鹿正直に言わなきゃいいのに…)

続くw

196 :爆音で名前が聞こえません:2007/01/13(土) 01:49:29 ID:7H6AwwvaO
>>178の続き。


―――ニ刻程前、あさきっさにて――――

ツミ「そういえばこの子、このチラシ見た?」
この子「む、どれどれ…?」
蝶「……着物美人決定選手権…?」
蛹「まさにあさきっさの為にあるような企画だと思わない?出てみなよ〜♪」
この子「うーむ…あまり私はこういうのは…」
蛹「まぁまぁそう言わずに〜、そうだ!姫も出てみなよ!」
姫「ん、なんじゃ?」
蛹「かくかくしかじか…」
姫「なるほど…面白そうじゃの」
鈴「あら、姫ちゃんはOKみたいね」
姫「“和”と言えば我しか居らぬであろう。のう、兄者」
アニュス「えっ!あ、うん…そうだね…ハハハ」
姫「…兄者。今タイピ殿のことを考えておったな?」
アニュス「…あー、えーと…」
姫「…妹が晴れの舞台に立つというのに、少しは真面目に考えぬか!」
――サビ前タム回し発動――
アニュス「そんな!まだ明日のデートの予定が決まってnアーッ!」
ピチュン
姫「まったく…。それで、姉者は出られるのか?」
この子「まぁ、皆が出ろと言うのであれば…」
魔笛「お姉様自身がイヤなら出なくてm…」
蛹「じゃあお姉ちゃん命令!出なさい!」
一同「ちょwww」
この子「…しかたない、姉上の命令は絶対だからな…」
ツミ「大丈夫なの?」
この子「大丈夫じゃないとは言えぬだろう。ああなってしまった姉上の前では…」
蛹「やったー!これで世界一周旅行獲得は間違い無し…フフフ…♪」
蝶「…確かに…」
魔笛「ま、まぁ何はともあれ…」
一同「二人とも頑張って!」
この子「自信は無いが…しかたない、最善は尽くそう!」
姫「ふふ、我に任せておくのじゃ!」



197 :爆音で名前が聞こえません:2007/01/13(土) 02:16:35 ID:ECpALvco0
パースト「はい今日も始まりました!
    ギタドラの流行や巷で噂のアレやあの人を紹介する番組、「MIDNIGHT SPECIAL」!
    司会はワタクシ、Purple stormと、番組を盛り上げてくれるのはこの人、Ring!」
Ring「MS10thstyleおめでとう。Ringです!」
パースト「いや〜、おかげさまで10回目だよ!よく続いたなぁ」
Ring「僕も不思議でなりません。
    あれだけ苦情の嵐だったのに、なんでここまで続いたんだろう・・・・」
パースト「なんか記念ってことで今日で終わったりしてな。あっはっはっは」
Ring「縁起でもないこというなよ・・・・」
パースト「冗談だって。
    それはさておき、今回で10回目となるため、
    キリがいいので視聴者からの質問に答える「ミドスペ放送10回目記念特番」をお送りします。
    みなさん!拍手〜!(パチパチ)」
わぁぁぁーーーー!パチパチパチパチパチ!!!
Ring「そんな大げさにやらなくても・・・っていうか誰だ!その歓声!」
パースト「Ringのツッコミも板についてきたな・・・・。
    えー、質問はこの日のために視聴者から募集してもらったものや、
    日ごろ送られてきたものの、答えられなかった質問などを採用しています。
    ちなみに、俺らのプライベェトな質問は答えられません☆」
Ring「で、これが質問の入った箱?」
パースト「そう。この箱の穴に手を入れて、出てきた質問をRingに読んでもらう。
     そゆことで、さっそくRing、ひいてみよー!」
Ring「はいはい。・・・・・ん〜・・・(ガサゴソ)これだ!・・・・って抜けねー!?」
パースト「うわっはっはっはっは!!ひっかかった!!
    実はそれはドッキリBOXで、本物はこっち。俺がひきまーす」
Ring「ちょwwwwどうやって手抜くんだよこれ!!」
パースト「知らねー」
Ring「ざけんな!!・・・いったんCMCM!」

「卒業までに、ここに何かを残したいんだ!」
――3月に卒業する生徒会長「DD6」と、
          彼に惹きこまれていく人々。
――交差する 感情     愛情
          友情
切なくも輝く青春ドラマ「青春狂騒曲」
毎週土曜夜9時に放送中。

198 :爆音で名前が聞こえません:2007/01/13(土) 02:17:24 ID:ECpALvco0
Ring「あー、やっと抜けた・・・・・よかった・・・・」
パースト「ちっ、つまんねーなぁ。そこは放送中ずっと嵌めとくもんだぜRing。
    ・・・じゃ、まず一つ目の質問「タイトルの[MIDNIGHT SPECIAL]はどういう意味でつけたんですか?」
    Jimmy区の「P.N.大嫌いだよ。」さんからの質問です。お、いい質問するね〜。」
Ring「確か、みんなが覚えやすくて、それでいて人気の出そうなタイトルってことで、
    かの有名なパンク曲のミドスペさんから名前をいただきました。
    あと深夜放送ってことでもあるしね。「深夜にあなただけに送る『特別』」・・・・って感じで」
パースト「まぁ、ある意味マイナーな番組だから、見てるやつは特別な人なんだろ。
    次の質問。「なんでPurple stormとRingの二人が司会なんですか?」
    提供版権区の「P.N.DHA」さんからです。・・・なんでですか?Ring」
Ring「何でも僕に言わせるのかよ。
    一応ギタドラの人気とか流行を紹介する番組だから、司会もそれに合わせて新曲を、ってことで、僕らが選ばれました。
    ちなみに僕は司会じゃなくて、解説とかアシスタントみたいなものです。
    パーストが明らか司会してないからそう見られるんだよなぁ・・・・・」
パースト「なんだよ。ちゃんとやってるじゃねーか。
    じゃ、次。「先週のパーストVSRingの結果はどうなったんですか?」
    Yuei区の「P.N.にょろロック」さんからです。ん、この人毎週見てるみたいだな。にょろロックさんあざっす!」
Ring「先週は途中で放送放棄してすいませんでした。
    結果はパーストの勝ちです。元々レベル差があった上、結構パーストが戦略派だったから、
    僕が負けるのは当たり前だったんですけど」
パースト「いや、結構お前も強かったぜ。何回か俺やべぇって思ったし。
    ・・・・つかお年玉・・・、なんで中村肥塚インスト合同なのに1万円なんだよ・・・もっと出せよ・・・・。
    えー、次の質問。「もっとパーストさんやRingさんの兄弟を番組に出してください!」
    佐々木区の「P.N.ビー玉。」さんからです。あ、これ質問じゃなくて要望だな。なんで入ってるんだ?」
Ring「先週は僕の兄やイエパニさんが出てたけどなぁ、色兄弟は全員タレントだから出る確率高いかもしれません。
    ・・・来たら来たで騒がしそうだけどね。」
パースト「もう親類がくるのはコリゴリラだよ!こないだも番組の後に色々と・・・・・・はぁ・・・。
    次で名残惜しいけど最後の質問です。「EDの曲は誰が決めてるんですか?」
    移植区の「P.N.ホームシックにかかってます」さんから。」
Ring「主に裏の方で勝手に決まってますね。新曲をよく選んでるので、気になった人も多いでしょうね〜」
パースト「では、記念すべき10回目の終わりということで、
    今週のED「滑り込み勝ち組!」を歌っているバンド、「ino-koi組」に、なんとEDの生演奏をしてもらいます!」
「1・2、1・2・3・4!」〜〜♪〜〜〜♪
Ring「な、生演奏はやっぱ迫力があるなぁ・・・・。
    来週の特集は「突撃隣の夜ご飯!」僕、RingがTVの前の貴方の家に突然お邪魔します!
    ではみなさんさようなら〜!」
パースト「さようなら〜!」

ガシャン
ゴーイング(視聴者)「・・・・募集告知とか聞いてなかったぞ」

199 :爆音で名前が聞こえません:2007/01/13(土) 02:51:58 ID:uW2YJuv80
>>193
>>196
続きwktk

うへころ荘
TS「まったく、昨夜の喧嘩みたいなのはもうゴメンだよ」
FsW「でも重要だぜ?bpmが速いほうがいいかどうかは」
too「速けりゃいいってもんじゃないけどな…」
エンクル「んなこたどっちでもいい。悪いのはすぐ手が出る姉貴だからな。反省しろ」
FsW「人様に迷惑かけちゃ反省しないわけにはいかないもんな。スマン!…ところでtoo」
too「あ?」
FsW「ピンクカプセルの家には行ってみるのか?ニヤニヤ」
too「…んー…メドイ」
ヴォイ「おいおいそれはねーんじゃねーの?またいつかって言ったやつが」
too「うるせーな…まあ、どっか行くついでによる気だよ」
ピーーーーーーーー
デザロ「ごめんくださーい♪」
エンクル「お、来たか」
侍「貴方がDesert Rose様ですね。お初にお目にかかります。差無来と申します」
デザロ「はじめまして。エンクルから話は聞いてるよ」
侍「よろしくお願いします、お義姉様」
エンクル「お、お義姉様?」
侍「はい、エンクル様がお兄様ですので将来結ばれるデザロ様はお義姉様でございます」
二人「//」
侍「ところで質問なのですが…人を好きになるとはどういうことでしょう?」
エンクル「へ?」
侍「私の知り合いに『かっぷる』があまりいないものですから…アルケー殿に聞くのも不躾かと思い…」
エンクル「俺らでも十分不躾だ」
デザロ「うーん、こればっかりは口では教えられないなあ。いつかきっとわかる日が来るわ」
侍「お義姉様は意地悪なのですね」
エンクル「こら、差無来!」
デザロ「君の為だよ、悩め少女!それじゃ、いこっか!」
エンクル「ああ、じゃあ行ってきます」
侍「行ってらっしゃいませ、お兄様。……いつか、わかるときが、来る…ですか」

ぶっちゃけここまで書いといてフラグなど1mmも立てる気はしないw

200 :爆音で名前が聞こえません:2007/01/13(土) 09:51:45 ID:vVPxPxhHO
>>193
「母は肥塚良彦」噴いたw


>>195
曲の設定とかはfreedomだから別に主観オンリーでも誰も何も言わない。
でもE-1ネタは他の人が考えてくれた組み合わせや他の人が補足してくれたルールを借りてやってる訳なんだから多少キャラ設定のズレはあってもその辺は考慮しないと。
ルールを途中で変えるなら最初から全部自力でやるぐらいでなきゃ。
今回変えるんだって佐々木組と真向からぶつかって勝てる訳が無いから変えるとしか私には取れない。
1mmでも客観を考慮して書くべきだと思うよ。


引っ込むとか言っときながら本当すみません。

201 :爆音で名前が聞こえません:2007/01/13(土) 12:30:16 ID:P9hHQMhnO
>>200さん
全く持ってその通りですね。自分が悪いのは否定出来ません…orz
この場をかり皆様には謝罪したいと思います。自分が不甲斐ないばかりですいませんでした
皆様。暗い雰囲気にさせて本当に申し訳ないです…orz
でも最後までは書かして貰いますので、厭な方はスルーしてってください

202 :爆音で名前が聞こえません:2007/01/13(土) 18:26:10 ID:qa+VDd3g0
>>182
DD3のメモで盛大に吹いたw
面白かったよ!GJ!

203 :爆音で名前が聞こえません:2007/01/13(土) 20:09:09 ID:puRzq6w70
ギターの方のトーナメントを皆でリレー形式で書きませんか?
せっかく、組み合わせ考えてあるのにもったいないような気が。

204 :爆音で名前が聞こえません:2007/01/13(土) 20:36:42 ID:vVPxPxhHO
>>203
リレー方式いいかも!それこそみんなで作ってる感じがするしw
試合の順番が決まってるとオープンに力を入れてるチーム(ex.小野チーム)は大幅に不利な気がするから、
試合するパートの順番は前の試合の書き込みの秒数で決めるとかいろいろ考えてたんですがどうでしょう?
あ、避難所は秒数出ないのかorz

205 :爆音で名前が聞こえません:2007/01/13(土) 21:00:05 ID:oeJXLhMH0
>>199
お構いなくwヘリコ=方恋として書いてるので。
たまに話の関係で出てくるかもしれませんが。
>>197-198
にょろロックさんのくだり、ネタにさせて頂きます。
募集に気付いてなかったゴーイングにワラタw

桃色カプセル

ヘリコ「あぁ…ねえ二人ともtooさんいつ来るかなぁ…w」
こた(やばい、重度だね今回…)こそこそ
ひと(軽度も重度も在った物じゃ無いですが)こそこそ
こた・ひと「さぁ?」
ヘリコ「何も二人で声もトーンもそろえて言うこと無いんじゃ…」
ひと「あまり恋愛で頭を埋め尽くさないようにして下さいよヘリ姉様」
ヘリコ「へーきへーきwあー…やっぱりカッコいいよなぁ、うん//」
こた「(ひとりの気がおねーちゃんに向いてるうちに)あ、私そろそろ風呂に」
ひと「(そうは行きません)ちょっと待って下さいみかん姉様。
   >>197-198…私に内緒で夜更かしとは…如何言うつもりでしょうか」
こた「(ばれたか…)や、別にひとりに内緒にしててもいいじゃない!
   あの番組って深夜枠ではかなり視聴率高いほうで…」
ヘリコ「あれ?なんだみかんもあの番組見てたんだw」
こた「ってか、ひとりが知ってるって事はひとりも見てるってことじゃない!」
ひと「流石に気付きましたか…あの番組、凄いじゃないですか色々と」
ヘリコ(色々って何だ色々って…)
こた「来週が楽しみだなwねー二人とも」
ひと「それより…一家全員で見ているって事は、
   テレビはこの部屋のと後はヘリ姉様の部屋に一つしか在りませんから、
   みかん姉様がこの部屋で見てるんですね?」
ヘリコ・こた(強く頷く)
こた「けど、じゃあひとりは…」
ヘリコ「そうだよ、ひとりが見るテレビないじゃん」
ひと「これです…//」
つ[ワンセグ携帯]
ヘリコ・こた(いつの間に買ったんだこんなの…)
ひと(だから見せるの嫌だったのにorz)
こた「ということは?はい、ここから先はひとりがどうぞ」
ひと「…何故私に振るのですか。別にいいですが…
   えー、これからは、電気代も携帯を充電する金…まぁ要するに電池代、
   その他色々と掛かるので。今後は一家で何か見る場合は全員でこの部屋に集まる。
   これでいいですか、御姉様方?」
ヘリコ「意義なーし」
こた「私もー」


ヘリコ(しっかし、ひとりってかなりのケチだったのかな?)
こた(っていうか携帯買い換える金なんてあったっけ…)
ひと(如何しよう…携帯やあのパソコンの為に節約してるなんて気付かれたら…)

………

ケチは最低 節約は天才
どっかのお笑い芸人の祖母の名言ですか。
ドラマでも映画でもなく本で知ったクチだったりするw
まぁそこそこ古い話ですけど。とスレ違いスマソ

206 :爆音で名前が聞こえません:2007/01/14(日) 00:06:35 ID:TBhFNWJ7O
>>205
書き方が悪かったですね。
>>199の最後の行は差無来に対して自分でカップリングを考えないって事なので
むしろtooはどんどんやっちゃってくださいw自分もそれネタにできるし

ギタド通り
too「さて、用事も終わったし…」
too(そういえばピンクカプセルの連中の家はここから近いんだっけ…)
サダメ「む、そこに見えるはしっとマスク2号ではないか」
too「誰がしっとマスクか!…で、何の用だ?」
サダメ「いや、特に用は…む!貴様!!」
too「何だよ」
サダメ「最近女の子だらけの家に行ったな!」
too「何故わかるんだ!?」
ルーザー「説明しよう。しっとマスク1号であるSA-DA-MEは、カップルへのしっとのあまり男に付いた女の子の匂いを嗅ぎ分けられるようになったのだ
    Xボタンでセンスを研ぎ澄ましデート後の一人きりの男を奇襲するために大変役立っている」
too「そんな説明も能力もいらん」
サダメ「…そうか。貴様、しっと団の事を忘れのうのうと」
too「俺はしっと団に入った覚えはない」
サダメ「問答無用!天誅!」
too「やかましい!」
サダメ「ぶるぅあああぁぁぁっ」
ピチュン

207 :爆音で名前が聞こえません:2007/01/14(日) 01:45:43 ID:C0v6JNJEO
何となく思いついたので投下してみる。

コンビニgf/dm
エルドラ「ふぅ、ギタドキングの仕事も終わったから暇だな…」
パサッ
エルドラ「ん?何だこのチラシ」
『アルバイト急募!レベル不問!詳細は店長:繚乱まで。《コンビニ gf/dm ギタド通り店》』

エルドラ「コンビニか…。暇だしやってみようかな。じゃあまず電話か」

トゥルルルル

繚乱「はい、いつもありがとうございます。gf/dmギタド通り店、店長の繚乱です」
エルドラ「ええと、バイト募集のチラシを見て電話したんですけど、まだ募集してますか?」
繚乱「あ、はい。まだ募集してますよ。じゃあ面接をしますんでお名前をお願いします」
エルドラ「El Doradoです」
繚乱「El Doradoさん…と。それでは明日面接しますので、履歴書を持って店に来て下さい」
エルドラ「あ、はい。分かりました。」
繚乱「それでは失礼します」
エルドラ「はい。よろしくお願いします」

エルドラ「…さて、履歴書書いて寝よ」



続く。

208 :爆音で名前が聞こえません:2007/01/14(日) 16:23:59 ID:hrueMgke0
たまにはJimmyのいい話もと思って書いてみました。
結構長編になると思いますが、頑張ります。
ちなみに今回はミラージュはエロではない設定です。

コクピの苦い思い出 1st

1/2
俺はミラージュ・レジデンス。V3の3番目のアンコール曲。
親はJimmy Wecklで、俺の兄弟たちはみんなエロと呼ばれている。

ある日、俺は兄貴のcockpitと一緒にささきっさに向かった。
兄貴は9&10のエキストラ曲の1人だった。
ささきっさとは、親が佐々木博史である曲たちの家で、
プログレ5姉妹と4人の兄弟たちが喫茶店を営んでる場所である。
兄貴は、5姉妹の末っ子、Timepiece phase IIに会いに行っている。
別にこの2人は付き合ってるわけでもなんでもない。
ただ兄貴がツルペタロリッ娘好みで、彼女はそれに完全に一致してる…らしい。
俺には全く分からないんだけどもなぁ…。

落「いらっしゃいませ〜」
コクピ「い〜ねぇ、お出迎えから落書き帳ちゃんとはね」
落「そんなに最終発狂受けたい?」
-最終発狂発動-
コクピ「いきなりそれh…らめぇ!」
ピチュン

…俺はあまりここへ行きたくない。
なぜなら、ここに限らず俺たちがJimmyというだけで(特に女性から)攻撃を受けるからだ。
しかも、5姉妹はギタドラ界に名を轟かす難譜面の持ち主ばかりだ。
俺たちもなかなか強いとはいえ、さすがにこれだけは耐え切れない。

ミラージュ「すみません、いつもこの馬鹿兄貴が…」
蒼「気にしないで。悪いのはあなたじゃないわ」
百「そうそう、Jimmy曲みんながあなたを見習ってくれればどんなにいいか…」

俺はJimmy曲にしては珍しくエロではないらしい。…譜面は別としても。
しかし、兄貴たちのせいで巻き添いを食らう事も少なくない。

ゆら「何かご注文は?」
ミラージュ「チョコフィロとデパ茶をお願いします」

209 :爆音で名前が聞こえません:2007/01/14(日) 16:25:28 ID:hrueMgke0
2/2
その帰り道。俺は兄貴に素朴な質問をしてみた。

ミラージュ「何で兄貴はそんなに彼女にこだわるんだ?
    彼氏もいるし、顔もそんなに可愛くないn」

次の瞬間、俺は壁に叩きつけられ、兄貴に胸倉を掴まれていた。

コクピ「……もう一度言ってみろ」

俺はその瞳に宿る怒りを見て、恐怖からか全身が震え出した。
それを見た兄貴は瞳の怒りを消し、胸倉から手を離してどこかへ去っていった。
俺はしばらくその場を動けなかった。
(何故そんなに怒ったんだ…?)
その思いは今日の晩まで消えなかった。そう、今日の晩までは。

夕暮れ頃に俺は家に帰り、部屋に入った。俺の部屋は兄貴との2人部屋だ。
俺の兄弟は空気曲を含め大勢いるので、1人部屋にするほどの余裕は無いからだ。
その時、兄貴の机の上にある一冊の本が俺の目に留まった。
その本の表紙にはこう書かれてある。
「Diary」
兄貴が日記を…?と思いつつ、俺は中身に興味をそそられた。
今日は兄貴は夜勤で帰ってこない。そこで、俺は思い切って中を見てみた。

to be continued...

210 :爆音で名前が聞こえません:2007/01/14(日) 19:12:16 ID:6I2ilP2A0
コクピの苦い思い出 2nd

1/2
日記の最初のページには兄貴のプロフィールが書いてある。

名前:cockpit(通称コクピ)
誕生:drummania9thMIX&GUITARFREAKS10thMIX (Extra)
…………

その他諸々が質問形式に並んでいる。結構まじめに答えているみたいだ。
そうして俺は眺めているうちに1箇所黒く塗られた場所に気づいた。『好きな人』の欄だ。
どうやらここには誰かの名前が書いてあったらしい。
だが、かなり念入りに消されてて読めない。
仕方が無いので、ページをめくって本文を読み始めた。

『今日は9&10の稼働日。なので俺は曲たちに挨拶回りをした。
みんな個性あふれる曲たちだった。
そして稼動して、俺も早速仕事に入った。
中でもプレアンのタイピの仕事っぷりは凄かった。
アンコールのDD5に指摘されなかったら、ずっと彼女を見続けてたんだろうか…?』

ミラージュ「おいおい、この頃からもう目をつけてたのか…」

俺はそんな事を呟きながらしばらくページをぱらぱらめくって流し読みした。
決して文才があるとはいえない兄貴だが、それなりに思った事を素直に書いている。
そこで俺はある異変に気づいた。あるページだけが水に湿った後のようにしわくちゃな事を。
雨に降られたのなら全ページがこうなってるはずだ。ジュースでもこぼしたのだろうか?
気になりつつもそのページを開けてみた。中には短く3行でこう書かれていた。

『タイピとアニュスが付き合い始めた…。
嬉しい事だ。曲同士仲良くやってきたことの証拠なのだから。
でも…何故だろう…俺の胸のうちが苦しい…』

211 :爆音で名前が聞こえません:2007/01/14(日) 19:12:55 ID:6I2ilP2A0
2/2
アニュス…正式な名前はAgnus Dei。9&10のもう1人のExtra。そして…タイピの彼氏。
その瞬間俺は気づいた。あの黒く塗りつぶされた欄に何が書かれてたのか。
『Timepiece phase II』…よく見れば長さ的にもピッタリだ。
どうやら兄貴は彼女をただのツルペタロリッ娘とは思ってなかったらしい。
だからあんなに怒ったのか…。確かに自分の好きな人をそう言われては腹が立つ。
どうやら兄貴は、涙を流しながらこの文章を書いていたのだろう。
…だが、ますます謎が深まる。タイピのどこが兄貴にとってよかったのか。
こればかりはやはり兄貴に聞かないと分からないのだろうか…?

…待てよ、エキストラ部屋の奴らは基本的に仲が良い。
だが、タイピやアニュスにそんなこと兄貴が言ってるはずがない。
…だとすれば、残りはMODEL DD5…。
DD5…彼は自分の顔にコンプレックスを抱いていた。
…もしかしたら傷ついた兄貴と彼は話が合うかもしれない…
もしそうならば、自分の胸のうちを打ち明けてるかもしれない。
そう思った俺は、もう暗くなりかけだったが、DD一家の所へHSMAXで行った。

デケデケン デン デン デデン(インターホン)
ミラージュ「すみませーん」
FT2M「はぁーい…ってミラージュ君じゃないの」
ミラージュ「おう、FT2M。そっか、お前もここに住んでるんだったな。奇遇だぜ」
FT2M「あら、私の顔は職場だけじゃ見足りないの?いつも私を見つめてるくせに?」
ミラージュ「うるさい。…まあ、いいじゃないか。で、DD5さんいるか?」
FT2M「ちょっと待っててね。…あっ、ミラージュ君も上がりなよ。外寒いわよ?」
ミラージュ「ありがと」

333秒後、DD5がやってきた。そこで俺は今日の出来事を話した。
…………
DD5「…まあ奴ならそうするだろう」
ミラージュ「それで兄貴の日記も見たんですが、結局分からなくて…。
    なので教えていただけませんか?9&10時代の兄貴を」
DD5「…分かった。少々長くなるぞ」

to be continued...

212 :爆音で名前が聞こえません:2007/01/14(日) 20:12:42 ID:QmBJ8o2C0
コクピの苦い思い出 3rd

1/2
DD5「あれはエキストラ・アンコール・プレアンの顔合わせの時だった…。
…………
タイピ「あなたたちが私の護衛ですね。一人ずつ自己紹介してもらっていいですか?」
アニュス「はい。僕はエキストラのAgnus Deiです。宜しくお願いします」
コクピ「同じくエキストラのcockpit。宜しく」
DD5「護衛とは関係ないアンコールだが俺はMODEL DD5。宜しくな」
タイピ「こちらこそです。あ、失礼したです。私はTimepiece phase IIです。宜しくです」
アニュス「じゃあ、タイピちゃんだね」
DD5「佐々木家か…兄弟から色々噂は聞いてるよ。何でもとても強いらしいな」
タイピ「そういうあなたもDD家の出身ですか。凄い伝統家出身ですね」
アニュス「あれ…コクピ君?」
コクピ「………えっ?な、何?」
アニュス「何って…どうしたのそんなにぼーっとして」
コクピ「な、何でもないぜ…。ただちょっと考え事を…」
DD5(タイピをずーっと見つめてたな…こりゃ一発でズキュンされたらしい)
タイピ「…?あっ、そろそろ稼動の時間ですね」
コクピ「おっと大変だ、速攻で来る奴もいるから早く準備しないと」
アニュス「よし、頑張ろう」

稼動後数時間経過…

タイピ「ほら、もっと精進してから来るです!」
DD5「さすがはプレアン、といったところだろうな、あの仕事っぷりは」
アニュス「ごめんなさい、僕がこんなに弱いせいで…」
タイピ「気にするなですよ。あ、コクピが帰ってきたです」
コクピ「強えなあのプレイヤー…。DD5、出番だぜ」
DD5「よし、行ってくる」
タイピ「…凄いですね、まだ私のところには誰もたどり着かせてないです」
コクピ「え?い、いやぁ、それほどでも…//」
タイピ「照れ屋さんですね。あれ?もうDD5帰ってきたですか?」
DD5「捨てプレイされた…orzもう17回目だ…」
アニュス「元気出してください。大丈夫ですよ…おっと、また指名だ」
タイピ「頑張るですよ」
DD5「(おいコクピ、見つめ続けるなよ。怪しまれるぞ)」
コクピ「(なっ!べ、別に見つめてなんか…//)」
…………

213 :爆音で名前が聞こえません:2007/01/14(日) 20:13:27 ID:QmBJ8o2C0
2/2
  このときのコクピの顔は、君らが見慣れてる、コクピがロリッ娘を見たときの顔とは全然違った。
  後で聞いた話だが、あの時はただ『可愛い…』の一言しか出なかったらしい」
ミラージュ「…意外ですね、そんな事があったなんて…。
    兄貴はいつも『やべwwwwめっちゃタイプだぜハァハァ』としか言わないのに」
DD5「俺もまさかあいつがああなるとは思わなかったんだがな…。
  じゃ、話を続けるぞ…。
…………
タイピ「お帰りでs…ってアニュス!?」
アニュス「た、ただいまタイピちゃん…。」
DD5「ど、どうしたんだその傷は!」
コクピ「あれは…プレイヤーたち?もしかしてお前まさか…」
アニュス「たまにはちゃんと仕事しなきゃ…」
タイピ「何やってるですか!そんなに傷だらけになって!
   私はプレイヤーにやられるより、あなたが傷つく方が…悲しいですよ…」
アニュス「ちょっ、タイピちゃん泣かないで…。ごめん、こんな僕で…」
タイピ「アニュスは悪くないです!あなたが良かれと思ってやった事ですから…」
アニュス「タイピちゃん…」
タイピ「アニュス…」
…………
  これがきっかけで2人は付き合い始めた。
  コクピはその時、呆然としてた。俺は奴を早めに帰らせてやった。
  もうあの2人がいる空間にはいたくないだろうからな」
ミラージュ「でも何でその後しっかり9&10で仕事をこなしたのだろう…?
    俺なら立ち直れずにいたかもしれないのに…」
DD5「それが奴の強いところだ。この続きは本人に聞いた方がよいだろう」
ミラージュ「…分かりました。では失礼します」
FT2M「あれ?もう帰っちゃうの?」
ミラージュ「お前は俺にもう少しいて欲しいと思ってるのか?」
FT2M「ううん、そういうんじゃないけど…。じゃあね」
ミラージュ「ああ、また職場でな」

(兄貴は強い奴…か。そうかもしれない。この話の続き、聞いてみたいな)
そう思いながら俺は、家に戻った。
可愛い…。それが兄貴にとって全てだったのだろう。
これでやっと謎が分かり出したような気がした。

to be continued...
今日はここまでです。

214 :爆音で名前が聞こえません:2007/01/14(日) 20:23:43 ID:QmBJ8o2C0
>>186
無常署内にて。
無常「次やったら刑務所行きだからね」
裁き「今度は赤B+HZD+SRAN+HSMAX+HID+SUDがいいかしら?」
ベロシティ「オネガイデスカラソレダケハカンベンシテクダサイ…orz」

215 :爆音で名前が聞こえません:2007/01/14(日) 20:59:17 ID:lzFtFtD/0
>>206
そうでしたか。勘違いしてしまってスミマセンorz
しっと団…ひとりが入って(入れられて)そうだw

桃色カプセル

こた「>>206だってさ、おねーちゃん、今回は頑張ってねw」
ヘリコ「今回『は』って何なのよ…orz
  …でも俄然勇気が出てきた(*´∀`)」
ひと「家同士でギクシャクしたりしなければ良いのですが…
   Des−ROWさんとあさき御父様は一緒に曲を作ったこともある仲ですから大丈夫でしょうかね」
こた「一緒に曲を作った?何それ、初めて聞いたよ」
ヘリコ「みかちゃん知らなかったんだ?V2の時にポプ国から来たんだよ」
ひと「うへころ荘に居るじゃないですか、¥真超深TION¥さん。あの方です」
こた「何と無く解った気がする。…じゃあさ、私達とあの人は親戚だね(・∀・)」
ヘリコ「まぁあさき父さん繋がりで考えるとそうなるね…」
こた「ところでひとり、しっと団て何かな?w」
ひと「私は見た事があるだけです。入ってる訳じゃ有りません」
ヘリコ「ホントにそうかなぁ?クリスマスの近い日にサダメさんたちと出かけるの見たけど?」
ひと「時効です、忘れて下さい。それにあれはしっと団では無くて、
   クリスマス商戦で誰が一番選曲されるか勝負しようって話になっただけです」
こた「(だからあんなに働いてたのか…)結局はソレ誰が勝ったの?」
ひと「ルーザーさん以外に誰が居ると思ってるんですか。確かに皆さん選曲されてましたけど…」
ヘリコ「でも結局あれってヒットチャートに誰も入れなかったって聞いたよ?」
ひと「そうです。私は下の方でしたorz」
こた「今度はバレンタイン…またやるの?それって」
ヘリコ「バレンタインかぁ…wtooさんに何あげよう…」
ひと「(ヘリ姉様…話が摩り替わってます…)もう私はあの様な選曲続きは懲り懲りですけどね…」
こた「(バレンタイン…中の人はどうする気なのかな)倒れるほどだったもんね〜あれは」
ヘリコ「ねぇ二人とも、バレンタインあげるなら何がいいと思う?」
こた「(早速来た)さぁ?人に寄るでしょ。一番良いとしたらチョコだろうけど」
ひと「材料買う時は必ず私に言ってくださいね。ヘリ姉様はそう言った時絶対何かは間違えて買って来ますし」
ヘリコ「うっ…痛いところを;…間違えかねないってのは否定できないからね;
  そのときはちゃんとおいしいもの作れるようにおねがいね」
こた(これだからおねーちゃんはいつまでも料理できないんだと思うけどな…)
ひと「解りました。…でもまだ後丁度一ヶ月ありますよ?まだ早過ぎませんか?」
ヘリコ「いーのいーの!早い内から準備しておくに越したことは無いの!明日買出しに行こ!」
こた「おねーちゃん…まだ流石に早いって…時期が近くなったらチョコとか安くなるしそれまで待とうよ」
ひと「安 く な っ て か ら 買 い ま す よ 。良いですね?」
ヘリコ「ハイ…(((( ;゚д゚)))(やっぱり金が絡むとひとりは怖いなぁ…)」

………

何も出来ないバレンタインなんか嫌いだ(;ω;`)
けどどうせ女友達だけにあげて糸冬なんだろうな…orz
…と一ヶ月も先の話をしてしまったΣ(゚Д゚)

502 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)