5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

鬼姫と100秒を同じ部屋に5回閉じ込めてみた

1 :爆音で名前が聞こえません:2007/01/01(月) 04:55:49 ID:Q27fvyF60
鬼姫はオートチップを解除するようにきつく注意されたとさ

・前スレ(容量オーバーの予定)
 http://game11.2ch.net/test/read.cgi/otoge/1164713733

○過去ログ
・初代スレ(容量オーバー)
 http://game10.2ch.net/test/read.cgi/otoge/1146584414/

・二代目(容量オーバー)
 http://game10.2ch.net/test/read.cgi/otoge/1156274043/

・三代目(停止)
 http://game10.2ch.net/test/read.cgi/otoge/1164383055/

○まとめサイト
 http://f1.aaa.livedoor.jp/~ecole/gfdm573/matome.html

○避難所
http://mx.minx.jp/gfdm573


○このスレの空気
・絵とか設定は自由。freedom。俺たちは自由だ。
・希望とかありだけど、スルーされても怒らない。泣かない。いじけない。しつこくしない。
・えっちなSSはうpロダに上げてからアドレスだけ貼り、という配慮をお願いします。
・ギタドラ以外はだめじゃないけど控えめに。


○姉妹スレ
・蠍火と嘆きの樹を同じ部屋に10回閉じ込めてみた
 http://game11.2ch.net/test/read.cgi/otoge/1167047029
・SEIYAと1048を同じ部屋に閉じ込めてみた (停止)
 http://game10.2ch.net/test/read.cgi/otoge/1145014441/
・ポップンキャラを同じ部屋に2回閉じ込めてみた(ゲームキャラ板)
 http://game11.2ch.net/test/read.cgi/gamechara/1161009442/
・“ポップン曲”を2回閉じこめてみた
 http://game11.2ch.net/test/read.cgi/otoge/1166747323/


254 :door(5):2007/01/17(水) 12:00:57 ID:rk7vrXfrO
お茶はまだあるかな?
>>228の続き投下します。


ここは何処?
僕は誰?

<<目を覚ませ…>>

僕を呼ぶあなたは、誰?


独りだった。
赤い壁の部屋に、独りぼっち。
扉には鍵がかけられ、自力で開けるなど到底無理だった。

誰か!誰かここから出して!

扉を叩いても、泣いても叫んでも、その「誰か」が来ることはなくて。

「お前には、そこにいてもらわないと困る」
「ごめんなさい。本当はこんなことしたくないのだけれど…」
「いずれ出られる。だから少しだけ待って頂戴」
扉の向こうに三人の女。僕の護衛だと彼女たちは言った。

護衛たちは強く、僕は滅多に外には出られなかった。
しかし神にも失敗があるらしい。部屋の隅に抜け穴があることがわかった。
それからはたまに護衛の目を盗んで、外に出て人間と遊んでいた。

人間と遊ぶのはとても楽しかった。
僕に勝ったときはもちろん、僕に負けても人間は笑っていた。

「今度は負けないからな」
「いずれ、また会おう」

しかしそんな自由もそれほど長くは続かなかった。
神が抜け穴に気付いた。
僕も護衛もきつく叱られ、抜け穴は塞がれた。


また、独りになってしまった。

寂しい、寂しい、寂しい…。

誰か、来て…。

………。

255 :door(6):2007/01/17(水) 12:03:10 ID:rk7vrXfrO
「ゼアさんはすごく強いんですよ」
そう言った少年の声は、青年に対する憧れと尊敬に満ちていた。
「少し前まで、ある部屋に閉じ込められていたって言ってました。『特別な曲』と呼ばれて…今のあなたと同じですね」
「私と同じ…」

一息おいて、少年は語り出す。


僕たちの仕事は、部屋に閉じ込められたあなたを守ること。
この国の伝統なんだそうです。
あなたは『特別な曲』。
そして僕たちは、あなたに会わせる人間を見極める『護衛』として、『神』から選ばれました。
人間の中には力の足りない者や無粋な輩もいます。
誰彼構わず会わせるわけにはいきませんから。
だから、僕たちがしっかりしないとダメなんです。


私はただ黙って少年の話を聞いていた。
『特別な曲』と『護衛』のあるべき姿。
それをこの少年は、心に確かととどめている。

ふぅ…と少年は息を吐き
「僕、ゼアさんみたいに強くなりたい」
ぽつりと呟く。
その声はまだ幼い。
しかしその落ち着いた口調には、推し量ることの出来ない、まっすぐな何かがあった。


続く。

502 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)