5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

鬼姫と100秒を同じ部屋に5回閉じ込めてみた

291 :door(8):2007/01/20(土) 00:52:58 ID:rpmu6V0qO
<<EXTRA STAGE…Micro fin、配置ニ着ケ。レベルEXTREME…>>
再び、ブザーと機械的な誰かの声。
「ほら、フィン。お前の出番だ」
「はい。…では、行ってきます」
軽い足音を立てて、少年は何処かへ駆けて行った。

「護衛って忙しいんですね」
私は扉の向こうにいる青年に話しかけた。
「人間たちは君に会いたがってるからね」
「あなたのときも、そうだったんですか?」
「………」
青年は黙り込んでしまった。
何か悪いことでも聞いてしまったのだろうか。
「…ゼアさん?」
「パースト」
青年が私の名を呼ぶ。棘のある声。
「はい…」
「部屋の居心地はどうだい」
まったく唐突な話題だった。
「えぇ、まぁ…悪くはないですよ」
「…そうか」
それから青年は一言も口を利かなかった。

私はこの青年が機嫌を損ねた理由を知らない。
何故だろう。
何故この青年は…。


続く。

502 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)