5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

鬼姫と100秒を同じ部屋に6回閉じ込めてみた

243 :爆音で名前が聞こえません:2007/03/06(火) 03:21:58 ID:nF4p/yLd0
>>242

デパチャの深い悲しみ

数日前

デパチャ「昼が過ぎて客が減ったな。ちょっと休むか。」
昨日は忙しく、前日の疲れが溜まっていたデパチャは少し休むことにした。
トゥルルルルルル
椅子に座り、ぼーっとしているときに電話が鳴った。
ケチャ
デパチャ「もしもし?」
???「デパチャさん〜」
デパチャ「おぉアルケーか。どうしたんだ?」
アルケー「久しぶりにデパチャさんのチョコフィロが食べたくなったのでもうちょっとしたら行っていいですか?」
デパチャ「もちろんいいぞ。それじゃあ準備して待ってるな。気をつけてこいよ。」
アルケー「はい!」
ケチャ
デパチャ「さて、アルケーが来るまでに準備を済ませないとな。」
深呼吸をして、勢い良く立ち上がって準備に取り掛かった。

数十分後

アルケー「こんばんは〜」
デパチャ「よし、来たな。おーいアルケー」
アルケー「デパチャさん!」
デパチャ「チョコフィロはもう出来てるぞ。まぁとりあえず座ってくれ。」
アルケー「はい!」
デパチャ「なんか久しぶりにこんな風に一緒に座ったな」
アルケー「ですね〜」
アルケーはエキストラに降格されて解禁祭りだったため、あまり自由に行動する時間が無かった。
なのでこうして会うのは1週間振りである。
アルケー「ミラージュ君がバグで解禁されないって嘆いてました・・・。」
デパチャ「あいつもとことん付いてないなー。」
二人ともリラックスした感じで話した。
エキストラ部屋でのことや兄弟のこと、日常生活の中に思ったことなどだ。
周りから見ると面白くない話かもしれない。でも二人はそんなことを楽しそうに話した。
二人は笑っていた。


501 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)