5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

幕とキャバレーを同じ部屋に2回閉じ込めてみた

1 :爆音で名前が聞こえません:2007/10/04(木) 03:54:21 ID:2dvatdYV0
キャバレーは早すぎだと叱ったそうな

○前スレ
http://game11.2ch.net/test/read.cgi/otoge/1166747323/

○PCまとめサイト
http://poptoji.xxxxxxxx.jp/
○携帯まとめサイト
http://pksp.jp/popn-tojikome/
○各閉じ込めスレ総合まとめサイト
http://pksp.jp/cardinal-pop/

○このスレの空気
・絵とか設定は自由。freedom。俺たちは自由だ。
・希望とかありだけど、スルーされても怒らない。泣かない。いじけない。しつこくしない。
・えっちなSSはうpロダに上げてからアドレスだけ貼り、という配慮をお願いします。
・ポップン以外はだめじゃないけど控えめに。

○姉妹スレ
蠍火と嘆きの樹を同じ部屋に16回閉じ込めてみた
http://game11.2ch.net/test/read.cgi/otoge/1186153676/
鬼姫と100秒を同じ部屋に7回閉じ込めてみた
http://game11.2ch.net/test/read.cgi/otoge/1179501125/
FAXXとCHAOSを同じ部屋に閉じ込めてみた
http://game11.2ch.net/test/read.cgi/otoge

2 :爆音で名前が聞こえません:2007/10/04(木) 04:33:35 ID:PkzbhNbaO
鮮やかに2げと

3 :爆音で名前が聞こえません:2007/10/04(木) 05:14:12 ID:Ahh9WdiPO
ニエンテ(>>1さん、乙です。)...φ

4 :爆音で名前が聞こえません:2007/10/04(木) 06:37:15 ID:W0F8o3RRO
Chaos Age「(´・ω・`)やあ、久しぶりだね。

Chaos Ageです」

Age「>>1さん乙です。
まさか曲名が入るとは思っていなかったから、一瞬頭の中が全白ポップ君になってたよ(笑)」

何はともあれ、熱帯も無事始まっている事だし、このスレもより盛り上がりを見せる事を期待しているよ」

Age「(´・ω・`)ノシ それじゃあまた。

Let's アドベンチャー!!!」



5 :爆音で名前が聞こえません:2007/10/04(木) 10:13:52 ID:OfhEwP2EO
>>1さん乙です!


ウォートラン「ハッハァ!>>1、乙だぜぇ!?しかもタイトルまでしつらえやがって!どうだ?オレの軍に入 ら な い か ?」
ミュートロニカ「何を言う!>>1は我と共に宇宙の真理を解き明かすのだ!貴様のような筋肉馬鹿の相手をする暇は――」

君のとなりに……「呼 ん だ か ?」
二曲「国へ帰れっ!」

ウォートラン「貴様にも家族がいるだろう………」
ミュートロニカ「そのネタはいい加減にしろ。兎に角、>>1、乙だ」

6 :爆音で名前が聞こえません:2007/10/04(木) 11:40:21 ID:xNlirwRU0
>>1さん乙!


「(゚∀゚)>>1オツ! ヨクヤッタ! カンドーシタ!」
 また貴方は……もう少し丁寧な言葉遣いは出来ないの?
「(゚∀゚)ムリゲー」
 全くもう……あ、>>1さん乙ですww これからもこのスレ楽しみにしてます、との事です。
ケルティック「姉さん、それは誰からですか?」
 え? え〜っと…………いわゆる天の声?
ケルティック「ふぅん……? まあともかく、>>1さん乙ですw」


フォレスト「>>1乙。では、私はこれで」


 …………今どこかで誰か何か言わなかった?
ケルティック「さあ……空耳じゃないですか?」

7 :爆音で名前が聞こえません:2007/10/04(木) 12:48:34 ID:kkVt4iK+O
>>1
乙です

8 :爆音で名前が聞こえません:2007/10/04(木) 13:07:08 ID:OfhEwP2EO
闇の城、光の城。
出口が交差した位置に、見えた扉。
初めは純粋な好奇心。
でも、今ではほの暖かい義務感から僕――Prince on a Starはその扉を開いて、中へとその身をくぐらせたんだ。

――――――

今まで、思うままに様々な場所を旅してきた。茸だらけのおとぎ話の町。大都会の交差点、虹の門が入り口である雲の上の国――。
そして、様々な人に出会った。ここでは書き表せないほど、様々な人に。これはその中でも、特に心に残った人に会うまでの物語――。

―――――

世界を表現した国の一角、蛍石の煌めく洞窟で、僕以外の旅人と出会った。死と生を行き交う彼は、面白い伝説を聞かせてくれた。

『闇の王と光の女王、二人の謁見が叶ったものは、二人が閉じていた世界に行くことが出来る、らしいよ』

リンセイと名乗る、線の細い青年だった。――まぁそれを言ったら、僕だって外見は子供なんだけどね。
いけないいけない。話がずれちゃった。

閉じられた世界。
そこに何があるか、当然ながら誰も知らない。その存在すら、知らない人が多いのだ。
なら――。

「――旅人だからね」

僕は『二つの城』へ向けて歩き出した。
これが、一ヶ月も前のことだ。
―――

ドアを開け、降り立った場所には――何も無かった。地面すら、僕の目には映らなかった。ただ――落ちている感覚もなかった。
恐る恐る脚を伸ばして進んでみる。足音すら無い場所を、ただひたすら、僕は歩いていた。

ほわ………。

ふと、僕の前を何か光の玉のようなものが通り過ぎていった。そちらに視界を動かした僕は、光の向かう先に、一人の子供がいるのを発見したんだ――。

―――――――

『ほう、坊主。ンな所に一人で来るとは、案外肝は据わってンだな?』
目の前にいるのは闇の盟主、近代絶頂音楽氏。『長いから天庭とでも呼ンでくれヤ』とは氏の言葉だ。
僕は正直戸惑っていた。
考えてみて。
目の前に、僕の身長の二倍はある相手が、どっしりと構えながらフランクに話しかけてくる。こんな不釣り合いな状況、慣れたくても慣れるわけがないじゃんか。しかも相手は闇の盟主と言うおまけ付き。
「は、はい……」
僕は相手との距離を掴みかねていたので敬語で返した。
天庭さんは、『グワッハハハ』と豪快に笑うと、おもむろに椅子から立ち上がり、その巨大な手で僕の頭をわしゃわしゃとかき回した。
「はわわっ!」

9 :爆音で名前が聞こえません:2007/10/04(木) 13:08:23 ID:OfhEwP2EO
突然のことで驚く僕に、氏は笑顔でこう返した。
『坊主、かしこまンな。肩の力抜いて行こうヤ』
無理な相談です、天庭さん。
『っつっても無理だよな、いきなりは――』
そう天庭さんはうつ向くと――いきなり手をぽん、と打ち合わせた。何かを思い付いたらしい。
『――ンならいきなりじゃなきゃイイ。おい坊主!オレが'楽園'案内してやる!着いて来な!』
と、そのまま僕の腕をひっ掴んで城の外に――って痛い痛い痛い!
「い、痛、いあ、ああぁあっ!」
そのままへし折られちゃうんじゃないかって言う程の力で握られたまま引きずられながら、僕は城を後にしたのだった………。

『坊主………これが楽園だ』
引きずられて五分。途中で意識が飛んだからかなり時間が経ってたのかもしれないけど、とりあえず生きて楽園に到着した。
けど――。
「……本当に、ここが'楽園'なんですか………?」
目の前の光景は、とてもじゃないけど僕の想像する――ううん、みんなが想像するような'楽園'の姿じゃなかった。寧ろこれは――。
『正確には、'楽園'の成れの果て、だな。今のここは――』

「『――地獄』」

木々が枯れ、大地は皹割れ腐り、流れる川は血の赤色。太陽は照り続き、風は優しく吹き続けるが、その恩恵を受けるものは、最早存在していなかった。
僕が視界の端に捉えた白色の物体。あれも恐らく――。

『――理想の世界、誰もが苦しまない世界を作ろうとして、結局誰も苦しまなくなっちまったワケだ――みンなあの世に逝ってな』
天庭さんは吐き捨てるようにそう呟くと、楽園の残骸をただ眺めていた。
――ふと僕の中に、ある一つの疑問が浮かんだ。
「――あの。どうして僕にこれを見せたのでしょうか?」
別に嫌なわけじゃない。醜い場面は慣れる事はないにしろ、何度も見てはいる。
だが、その事を知らない筈の天庭さんが、このような風景を何故僕に見せたのか、その意図が気になったのだ。
天庭さんは、僕の方に顔を向けると、静かに語り出した。
『――世の中には、綺麗だけじゃないことを、坊主は知ってンだろ?こいつらはそれを認めず、『ナラバ創ルマデ!』と自分達だけの世界を創り、そこに永住しようとしたンだ。けったいにも'楽園'と名付けて、な。
俺は何もせず、ただ物資の援助だけ軽くヤってたさ。もしこの世界に楽園が来ようなら、面白いことになっからな。

10 :爆音で名前が聞こえません:2007/10/04(木) 13:09:14 ID:OfhEwP2EO
――だがな、時が経つにつれ狂ってきヤがった。いや、初めっから狂ってたンだろうさ。その歪みを時の歯車が拡げたに過ぎン』
そこで一度言葉を切り、天庭さんは僕に告げた。
『坊主、お前が'無の扉'を開けてぇンだったら、これだけは覚えとけヤ。

――自らに不都合な事を完全に否定すンな。或る程度は受け入れな。それが、俺が'開く'ための条件だ。

誓えるか?』
僕は悟った。嗚呼、これが謁見の内容なのだ――と。
嘗てこの'楽園'を作り上げた人物達は、現実を完全に拒絶し、虚飾の世界の中に生きた――囚われたのだ。
完全な拒絶は、知った後では出来やしない。その事を僕に確認させ、改めて認識させようとしている――。

「………勿論です」
僕の返事に、天庭さんは今まで見せなかった――静かな笑みを向けた。
『その言葉、忘れンなよ』

その後、僕の血判を押し、闇の城での謁見は終了した。

『おう、そうそう、坊主』
「?何でしょうか?」
『次に謁見に行く光の盟主のIDM、あいつはな――』

――――――

11 :爆音で名前が聞こえません:2007/10/04(木) 13:16:10 ID:OfhEwP2EO
まだ続きます。暫しお待ちを…………。


グラテク「…………ん」
マーマー「「わ〜い!おっきー!」」
ハイテンション「キャッホー」


アントラ「………止めた方がいいかな?」
チテタン「\(´・ω・`)/モグー?」
エレフラ「あらあら………大丈夫ですよぉ。だって彼――」

グラテク「…………ん///」

エレフラ「――嬉しそうですしぃ」
アントラ「どうして分かるんですか…………」
チテタン「/(´・ω・`)\モグー」

12 :爆音で名前が聞こえません:2007/10/04(木) 13:27:05 ID:OfhEwP2EO
………今回はここまでです。
まだ続きます。


デスロ「俺らって、実際ほとんど変わらなくね?」
ヒプロ4「歌の量とメローな部分の量の差だけじゃん」

13 :爆音で名前が聞こえません:2007/10/04(木) 14:32:08 ID:xP1N/A1FO
>>1のタイトルに
・無理やり感がある
・看板曲として威厳がない

まだ定番のファンタジーとスクリーンか前タイトルのが良かった

14 :爆音で名前が聞こえません:2007/10/04(木) 15:31:16 ID:0t0JQnUiO
ヒプロ2「つーか、よ」
ヒプロ3「このスレ3スレ目だから、3回閉じ込めてみた、が正しくねぇか?」
デスロック「じゃあ俺はヒプロ4だな」
ヒプロ123「ねぇよ!!!」

15 :爆音で名前が聞こえません:2007/10/04(木) 16:21:46 ID:ccUfznsZO
キャバレー「スレッドのタイトルに名前が!
嫌だわ、目立っちゃうじない…」


16 :爆音で名前が聞こえません:2007/10/04(木) 16:30:32 ID:kkVt4iK+O
>>14
初代スレはポップン「キャラ」の閉じ込めだから別
ポップン曲の閉じ込めは実質2スレ目

17 :爆音で名前が聞こえません:2007/10/04(木) 20:18:48 ID:2iuNmVJ+0
カレッジポップ「あなたは私の敵よっ!」

ハートフル「えっ!なんで!?」

18 :爆音で名前が聞こえません:2007/10/04(木) 21:01:48 ID:zBP1Nk5ZO
オルタナティブロック「兄さん」
スカ(BM)「ん?」
オルタナティブロック「ボク、旅に出ようと思うんです」
スカ(BM)「・・・・いきなりどうした」
オルタナティブロック「ボク、やっと気付いたんです」
スカ(BM)「何にだ・・・・」
オルタナティブロック「ボク、変わっちゃったから皆に色々言われて落ち込んでたけど、それでもボクを好きだといってくれる人がいるってことに・・・」
スカ(BM)「そうか」
オルタナティブロック「それは置いていて・・・」
スカ(BM)「今のは関係ないのか・・・;」
オルタナティブロック「新しい歌を作る為のアイディアを求めて旅をしようと思って・・・」
スカ(BM)「へぇ・・・・」
オルタナティブロック「それで兄さんに頼みたいことがあって・・・・」
スカ(BM)「何だ?」
オルタナティブロック「これを預かって欲しいんだ」
スカ(BM)「ガラスケースに入ったバラ?」
オルタナティブロック「本当は持って行きたいんだけど、無くしちゃいそうだから・・・」
スカ(BM)「わかった、責任もって預かる」
オルタナティブロック「ありがとう、兄さん!?(ぎゅ)」
スカ(BM)「まったく世話の焼ける弟だな・・・・」

ラウンジ「・・・何で、あいつは僕にいわずにスカ兄さんに頼るんだ」
ボーナストラック「あんたが頼りないからよ」
ラウンジ「( ゚д゚ )」
ポップラップ「何で俺の方を見る」

19 :爆音で名前が聞こえません:2007/10/06(土) 02:06:16 ID:wEIY072yO
メッセージソング「前スレ埋まりましたよ」

20 :爆音で名前が聞こえません:2007/10/06(土) 02:16:03 ID:dt2+BbIX0
近代「つ、疲れた・・・。」
アンリミ「はい、お疲れサマー。」
IDM「近代、譜面は大丈夫ですか?」
近代「寝ぼけてEX化した時は 発狂まで潰れるかと思った…。」
IDM「ノーツ数の増加が半端じゃありませんもの。重くもなります。」
アンリミ「でも、耐えた辺りは流石42って感じだね。」

IDM「移動も終わりましたし、前スレも埋まりましたし。私たちも寝ましょうか…」
アンリミ「だね。さぁて、夜が明ければまた忙しくなるぞー」
近代「IR2よろしくー」
ニエンテ(すー・・・)

前スレ埋め乙

21 :爆音で名前が聞こえません:2007/10/06(土) 02:59:11 ID:DclzvnEX0
とあるプレイヤーのMyBestフォルダにて。


ダークネス2「なぁ……どうして、俺にはEX譜面が無いんだろう……兄貴にも弟にも、親戚にすらあるってのに…………」
ダークネス3「何言ってるんですか兄さん。貴方ほどインパクトのある譜面なんてそうそうありませんよ?」
ダークネス2「ん? そ、そうかな……?」
ダークネス3「そうですよ。途中の二重階段なんか一度見たら絶対忘れられませんよ」
ダークネス2「う、うん……いや、どうだろうな//」
ダークネス3「大体ポップン曲と言うのはプレーしてもらってなんぼじゃないですか。兄さんは今でも割とプレーしてもらえてる方だし、熱帯でも武器曲として需要があるし。もっと自信を持って良いと思いますよ」
ダークネス2「そうか……そうだよな! なんかやる気出てきたぜ! 悪かったなQuiet、愚痴なんかこぼしちまって」
ダークネス3「いえいえ、必要でしたらいくらでも付き合いますよ。兄弟じゃないですか」
ダークネス2「……そっか。へへ、ありがとな!
ダークネス3(ふぅ…………これで兄さんに凶悪な追加譜面が出て来でもしたら、私の影が薄くなってしまいますからね。ここは是が非でもそのままで居てもらわねば ;)


プレイヤー「さーて、今日こそダークネス2をフルコンしてやるぞ!」
ダークネス2「おう! どっからでもかかって来い!」


ネタ神「ダークネス2とダークネス3がMyBsstフォルダで人生相談」

ネタ神は意外と難題を吹きかけてこられますな(;

22 :爆音で名前が聞こえません:2007/10/06(土) 07:23:23 ID:B/tmZxYsO
いきなり良作者が増えてうれしい。みんなGJ!

23 :爆音で名前が聞こえません:2007/10/06(土) 07:57:10 ID:dXvS50qLO
みんなGJ!!


ニエンテ(久々ね、無の世界に来たのも。……ここには、誰も、来ない?)


緑の風「呼びました〜?」
ニエンテ「φカキカキ!!!(どこから入ってきたの!?しかも何で貴女が!?)」


ニエンテ(気を取り直して………。全てを無に、か………)


Xepher「呼んだか?」
ニエンテ「φカキカキ……(………貴方、誰?)」


ニエンテ(………無の世界も限界、か)

24 :爆音で名前が聞こえません:2007/10/06(土) 09:18:13 ID:9R/ZGRt90
プレリュードLONG「何故人は―――――

プロバロ「ニエンテよ。無の世界というのはどういうことなのだ?」

ニエンテ「そうだな…強いて言えばこの空間が無の世界と言ってもいいな。」

プロバロ「どういうことか私には理解できないな。」

ニエンテ「音も無い、降るものもない。無の世界とはそういうものだよ。」

プロバロ「なるほどそういうことか。」

――――――豆をまくのでしょうか?」

ニエンテ「あ。消えましたね」

25 :爆音で名前が聞こえません:2007/10/06(土) 11:11:50 ID:axYWr3saO
メルト(EX)「>>1乙」

サニー「おはy…何でメルトちゃん機嫌悪いの?マジガル姉さん」

マジガル「スキップがまたピンポンダッシュしたの。今度はオオサカさん家に」

ケルト「その時頭下げたのがメルトちゃんでねー。
ネチネチ言われたみたいで不機嫌なのよ」

サニー「はぁ…で、当のスキップは…」

マジガル「メルトにフルボッコされて
泡吹いてノビちゃったからウィッシュが介抱してるわよ」

ケルト「トゥイートに頼んで機嫌取ってもらおうかしら?
全くウチの男は使えないよねー」

サニー「あれれ、フレッシュとボヤージュは?」

マジガル「ボヤージュはトーキョーと紺碧の彼方(実際は秋葉原)に旅行中。
フレッシュはスキップ説教中のメルトに「笑うしかないよねーw」
とかふざけた事言ったのが原因で一緒に干されてるわ」

ケルト「スカイちゃんもピンキッシュちゃんもキテレツちゃんも熱帯行ってるし
モードちゃんはハロウィンさんと月末に備えて打ち合わせ。
キャロルちゃんはクリスマスのためにウィンターダンスさん達と会議。」

マジガル「あーあ、あたし等暇人なのよねー…
ハートフルの所にでも遊びに行こうかしら」
ケルト「サニーもそろそろ熱帯行くんじゃないの?
何かトラブルに巻き込まれない内に行った方が良いよー」

サニー「うーん…そうね。
今日は土曜日で忙しそうだし、行ってくるね」

ケルト「はーい行ってらっしゃい。
私はトゥイート起こしてからウィッシュの手伝いするわ。マジガルは?」

マジガル「あたしはハートフルの所に遊びに行ってくる。
お土産にペパーミントでももらってくるわ。

じゃノシ」

ケルト「行ってらっしゃーいノシ」
メルト「行ってらっしゃーいノシ」

ケルト「ちょっとメルトちゃん並ばないでよ!
名前紛らわしいんだから!(ていうか機嫌直ったんだ…)」

メルト「(´・ω・`)」


26 :爆音で名前が聞こえません:2007/10/06(土) 23:05:44 ID:SYUsL55i0
43の部屋
スクリーン「そういえば、フィーバーで芋1が、
アドベンチャーで芋2がプレイできるようなったわね。」
クラシック9「そういえば。」
もうしま「ってことは16でCSの曲達が全部、
あるいは触れないになった新堂とか?」
カウボーイ「CS全部がいいな〜なんせAC出れなかったからな」
クラシック8「そうなれば私のEXもプレイでき・・・・」
43全員「それはない!」

クラシック8「そんな〜(´・ω・`)」

27 :爆音で名前が聞こえません:2007/10/06(土) 23:15:18 ID:otLNxzv5O
スクリーン「でもカウボーイやもうしまがAC来てもでEXは封印されそうな感じが・・・」
クラシック8「私のEXが封印された例がありますからね・・・・」
カウボーイ&もうしま「・・・ありそうで怖い(´・ω・`)」

28 :爆音で名前が聞こえません:2007/10/06(土) 23:26:17 ID:/+VK71sP0
ニエンテ「でも、筐体が壊れるほどの譜面だったら」
プロバロ「我ら2曲がいる」
カウボーイ&もうしま「一体自分ら2曲のEXの運命は…?」

カウボーイはやった事あるけどもうしまとクラ8はやった事ないから譜面しらない…
ニエンテの後半発狂もあるからカウボーイはEX含め収録ありえるに1票

29 :爆音で名前が聞こえません:2007/10/06(土) 23:34:11 ID:cxWweCZS0
>>28
つ【http://www.nicovideo.jp/watch/sm105691
封印された理由はわからないけど、総ノート数1000未満でこんな譜面作るのは凄いと思う…;

30 :爆音で名前が聞こえません:2007/10/07(日) 00:19:58 ID:vrfS+m040
プレリュードLONG「もうしまの話が本当なら16になったら僕も


         出てくるのかなぁ?」

アバンギャルド「あくまでももうしまの憶測だろ?確立低いぜ。つうか無いに決まってる。」

プレリュードLONG「ひどいな。ACにいるからって


       調子にのっちゃって」

アバンギャルド「へっ仕方ないだろ〜選ばれたんだからさ。」

幕「でも貴方をプレイする人なんてそうそういないんじゃない?」

アバンギャルド「うっ…ああ…なめんなよ!!」

31 :爆音で名前が聞こえません:2007/10/07(日) 01:37:11 ID:ARzNyAZt0
さな曲「僕は神山満月ちゃん!」

32 :爆音で名前が聞こえません:2007/10/07(日) 01:50:47 ID:F++V7S7P0
>>18の続き
オルタナティブロック「それじゃあ、行って来ます」
スカ「行って来いよ」
ボーナストラック「恋しくなったら帰ってきてもいいわよ」
オルタナティブロック「姉さん…」
ポップラップ「帰るときは極上の土産と酒を買って来いよー」
オルタナティブロック「み、見つけたら買ってくるよ、兄さん。」
スカ「そろそろ、時間じゃないのか?」
オルタナティブロック「あっ、早くしないと電車が来る!?」
ボーナストラック「じゃあ、いってらっしゃい」
オルタナティブロック「いってきまーす」

ガチャン

ボーナストラック「あの子、最後までやり遂げるといいわね」
スカ「そうだな…」

ガチャ
ポップラップ「いきなり戻ってきて、どうした?」
オルタナティブロック「ギター忘れちゃってました・・・;」

ズコーッ!?

ボーナストラック「さ、先が思いやられるわね…」
スカ「俺もだ・・・;」
ポップラップ「前途多難だな・・・」
オルタナティブロック「ご、ごめんなさい!?」

33 :爆音で名前が聞こえません:2007/10/07(日) 02:30:38 ID:F++V7S7P0
オルタナティブロック「それじゃあ、改めて行って来ますー」
スカ「頑張れよ」
オルタナティブロック「はい」
ボーナストラック「体に気をつけなさいよ」
オルタナティブロック「はい」
ポップラップ「電車に乗って置忘れとかするなよ、さっきみたいに」
オルタナティブロック「うっ、気をつけます;」

(電車内)
オルタナティブロック「ふぅ、何とか座れたかな…?」
青春ロック「となり良いっすか?」
オルタナティブロック「いいですよー」
青春ロック「どうもー」

青春ロック「気になったんっすが」
オルタナティブロック「何でしょう?」
青春ロック「そのギター…ライブでもするんすか?」
オルタナティブロック「違いますよ、ちょっと弾き語りのをしたり曲を作るのに使うんですよ」
青春ロック「へぇ・・・、どんな曲っすか?」
オルタナティブロック「弾いてみますか?」
青春ロック「是非!?」
オルタナティブロック「♪〜♪♪〜♪〜♪♪♪♪♪♪(演奏中)」
青春ロック「めくるめーくる、僕は歯車ーのようにー♪(じゃんじゃん!?)」
オルタナティブロック「…♪♪♪♪♪〜♪♪♪(演奏中)」
青春ロック「今日もまた・・・」
オルタナティブロック「あ、あの…;」
青春ロック「なんすか?」
オルタナティブロック「何を・・・してるんでしょうか?」
青春ロック「いや、ついノっちゃって歌ってしまったンすけど…」
オルタナティブロック「あの、演奏に合わなかったかなって…」
青春ロック「そ、そっすか…;」
オルタナティブロック「でも、さっきの歌よかったですよ」
青春ロック「そ、そっすかっ!?、ありがとうございます!?」
オルタナティブロック「じゃあ今の歌にあわせて演奏しますね」
青春ロック「お願いしますっ!?」

トレインミュ「いや、他の人に迷惑かかりますから駄目です」
オルタナティブロック&青春ロック「す、すいません…;」

多分続きます

34 :爆音で名前が聞こえません:2007/10/07(日) 20:57:09 ID:w37CvmCa0
41の部屋
デスレゲエ「そういえば」
ナニワヒーロー「なんや?」
デスレゲエ「41の中で誰が難しいんだ?」
ナニワヒーロー「そら〜ラメントはんやろ〜」
デスレゲエ「でもよ〜アンリミやクラシック10も難しいぜ」
クラシック4「私もいますけど!」
デスレゲエ「おっとすまんすまん」
ナニワヒーロー「最後にアニメヒーローRはんやな」
クラシック4「なら誰が難しいか競争しますか?」
ナニワヒーロー「わては、賛成やで」
デスレゲエ「俺もだ」

果たしてどんな勝負をするのやら?

35 :爆音で名前が聞こえません:2007/10/08(月) 00:18:17 ID:JOmhogLh0
40の部屋
ハードロック「40の中で最弱なのは誰だと思う?」
ウェルフェア「上の部屋とは逆の質問ですね。」
ハードロック「まぁそれはさておき俺はハッピーハードコアかな」
ウェルフェア「ハードロックさん…」
ハードロック「いやSWEETだかそういうのじゃないぞLOVEだとかそういうやつだから」
ウェルフェア「そうですか。それなら分かりますが。」
ハードロック「LOVEなんとかといい…前に追い出されたフォーチュンといい…40の難易度を持たないのにここにいることがありえないぜ」
ウェルフェア「ふむふむ」
ハードロック「ヴィエスサウンドもこの部屋にはいらないな。40なのは序盤だけだし。」
ウェルフェア「なるほど…」
ハードロック「エレトリカルパレードも怪しいぜ。下の部屋の太極拳の方が難しいって話も…」
ウェルフェア「ハードロックさん。」
ハードロック「なんだよ人が話してる途中で中断させるな。」
ウェルフェア「同族嫌悪という言葉を知っていますか?」
ハードロック「へ?」
ウェルフェア「私そろそろ眠くなったので帰りますね。」
ハードロック「それって…どういうことなんだぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!」

違う場所でLOVEなんとかとフロウビートがほぼ同じ内容で話しているのをハードロックとウェルフェアは知らなかった。

36 :爆音で名前が聞こえません:2007/10/08(月) 00:23:05 ID:XsF8m/7T0
41部屋でそんな争いをしてると聞き40部屋でも…
バトルダンス「総合力で言えば私が一番よね〜」
ネジロック「交互だったらこの俺だって負けてねーぞ!」
スカ「俺のドラムロールこそ負けてないぜ!」
カレー「ラス殺しなら俺も強いぜ!トビマストビマス!」
ケンドー「ラス殺しと聞いちゃ俺だって黙ってらんねーなー!」
禅「ハイスピ調節の難しさなら私だって…」
ブルガリ「諦めなさい、0.5導入で私たちはHSの調節が容易いものになってしまったんだから」

はてさて、こちらの決着はどうなるのでしょう?続くかは不明

37 :爆音で名前が聞こえません:2007/10/08(月) 00:27:36 ID:Rwo7BhcWO
>>35-36
maritare!「なんというケコーンwwwwwwwwww」

38 :爆音で名前が聞こえません:2007/10/08(月) 00:41:16 ID:kWHEQOjx0
オルタナティブロックの続きっぽいやつ

トレインミュ「まもなくー、アドベン駅ー、アドベン駅でーす」
オルタナティブロック「あっ、そろそろ降りる準備しなきゃ!?」
青春ロック「あっ走行中に慌てたら!?」
(ドスンッ)
オルタナティブロック「痛っ!?」
青春ロック「だから言ったのに・・・;」

トレインミュ「アドベン駅到着しましたー、お忘れ物ございませんよー、お気をつけください」
オルタナティブロック「それじゃあ、僕はこれで・・・」
青春ロック「どうもっす」
オルタナティブロック「また会えるといいですね」
青春ロック「そうっすね」
オルタナティブロック「お元気でー(タッタッタッ)」
青春ロック「待った!?」
オルタナティブロック「?」
青春ロック「カバン忘れてる;」
オルタナティブロック「す、すいません…;」

39 :爆音で名前が聞こえません:2007/10/08(月) 00:46:50 ID:JOmhogLh0
40部屋で時を同じく
エンリミ「おやおや向こうのほうで騒いでおりますな誰が40最強だとか」
Sweet「だが奴らにそれはかなわない願いよね」
レーシング「左様。40最強の座は我々のもの。」
3人「フフフフフフフフフフ…」

ジャパメタ「俺らには関係ない話だね。」
HJP3「全くね」

40 :爆音で名前が聞こえません:2007/10/08(月) 01:24:37 ID:kWHEQOjx0
オルタナティブロック「なんとか、目的地には着いたけど…これからどうしよう?」

〜♪(どこからか聞こえてくる音色)

オルタナティブロック「キレイな音色だ…、何処から聞こえてくるんだろ?」
〜♪♪♪
オルタナティブロック「あっちから聞こえてくる、行って見よう!?」

フォルクローレ「♪〜♪♪〜♪♪♪♪」
周りの声「すごいなー」、「キレイな音色だ…」
オルタナティブロック「わぁ…、いっぱい人がいるなぁ」
フォルクローレ「♪♪♪♪〜♪♪…(演奏終了)」
フォルクローレ「(礼をする)」
周りの曲達(パチパチパチパチッ!?)
オルタナティブロック「すごいなー」
フォルクローレ「…(向こう側に行く)」
オルタナティブロック「あっ…(追いかける)」

オルタナティブロック「す、すみません!?」
フォルクローレ「?」
オルタナティブロック「あの、貴方に頼みたいことがあるんです」
フォルクローレ「ナンダ?」
オルタナティブロック「貴方とセッション…つまり一緒に演奏したいんですが、いいでしょうか?」
フォルクローレ「何故…?」
オルタナティブロック「貴方の奏でていた音色…なんというかとても不思議な感じがしたんです」
フォルクローレ「…?」
オルタナティブロック「何ていったらいいんでしょう…人を喜ばせるだけでなく、悲しみや怒りといったそのほかの感情を一つの音楽として表現できる。それだけじゃなくとても心に響くものがあるんです」
フォルクローレ「…フッ」
オルタナティブロック「な、何かおかしなこといったでしょうか僕?」
フォルクローレ「イヤ、何ノ建前モ評価モナク純粋ニソノ言葉を聞クノハ久々デナ…」
オルタナティブロック「えーと…」
フォルクローレ「オマエノ願望ドオリイッショニ音ヲカナデヨウカ?」
オルタナティブロック「は、はい、ありがとうございます!?」

オルタナティブロック「♪♪♪〜(ギターを奏でる)」
フォルクローレ「イイ音ダナ…、デハコチラモ(ケーナを吹く)」

(´・ω・`)つ【長いので中略】
アバンギャルド「ちょっ、そこが一番メインだろ!?」
(´・ω・`) そうだね…;、でも中略なんだ
アバンギャルド「そうなのか…;」

オルタナティブロック「セッションありがとうございます!?、すいません、ぶしつけなお願いをして…」
フォルクローレ「イヤ、私モ楽シマセテモラッタ」
オルタナティブロック「こちらこそ、楽しかったです」
フォルクローレ「ソレジャア、私ハコレデ…」
オルタナティブロック「ありがとうございましたー!?、お気をつけてー」
フォルクローレ「アア、キミモナ…」
オルタナティブロック「はいっ」

フォルクローレ「(・・・・マルマルカットサレテタナ、演奏部分ダケ)」
オルタナティブロック「(…なんか演奏してたとこだけカットされた感じがしたんだけど気のせいかな?)」
続きます;

41 :爆音で名前が聞こえません:2007/10/08(月) 01:46:25 ID:lIMndkUi0
その頃の42部屋

演説「我ら42は、プロバロ殿とニエンテ殿の一騎打ちである!」
ケンカドラム「俺俺達達はは」
近代「42と 名乗ってて いいのか…?」
演説「黙らっしゃい!!プレイヤーに逆詐称と呼ばれようと、神が42といえば42なのである!
    つまり我らは今のところ正当に42!」
ケンカ「おお前前、、」
近代「頭いいな」
演説「馬鹿な頭では演説などやっていられないのである!(えっへん)」
近代「で、 結局どっちが強い?」

プロバロ「個人差」
ニエンテ(うんうん)

三曲「Σそれでいいのかー!?」

ニエンテ「だって…私が倒せても、プロバロさん倒せない人、いっぱいいるし…」
プロバロ「逆もまた然り。そもそもプレイヤーに自身に得手不得手がある。
      我々が上だ下だと騒いでも意味がない。」
近代「でも、俺とお前らじゃ 明らかに違う」
プロバロ「まあ我々が特出しているのは認める。しかし」
ニエンテ「『一番』は決まらない。個人差大爆発、ってやつかなあ。」

ケンカ「ささすすがが、、ボボスス」
近代「貫禄というか なんというか」
演説「余裕が見られるのである…。」


そしてその頃の3部屋
ファンタジー「いいなー、色んな曲とわいわい騒げていいなー。
         争ってるのはアレだけど…やっぱ羨ましいなー(泣)」

42 :爆音で名前が聞こえません:2007/10/08(月) 02:03:38 ID:9Zu/iYpSO
その頃の43部屋
クラシック9「喧  嘩  い く な   い (´・ω・`)」
スクリーン「・・・・テレビでも見ましょ」

すでに諦め+怠いムードだった

43 :爆音で名前が聞こえません:2007/10/08(月) 02:42:03 ID:OEBY5tZA0
>>41
オイパンク0「俺だってプロバロやニエンテを越せてる奴が越せてないことがあるんだぜ」
クラシック11「ソ フラ ンと辛い 判 定で苦手な人 はとこ とんダ メな んだよねー」
トラウマパンク「最強にはなりえないが、俺のかける呪いは強烈だぜ?」

3曲「というか俺らや他の曲も忘れないでくれよ?」





44 :爆音で名前が聞こえません:2007/10/08(月) 03:05:44 ID:XsF8m/7T0
サイガガ「確かに私が42最強と言う人もまたいるよねー」
ヒプロ3「体力系苦手だと俺が最強って事にもなるしなー」
グランヂ「んで、交互ダメだと俺が最強…と」
サイフラ「結局はLV40超えると個人差で最強は変わるのに1位を決めたがるのは仕方ない事なのかなー」
ハードpf「全くよねー…でも最強決めるのには興味あるなー少なくとも新スレ記念1発目の大ネタではあるし」
ヒプロ3「じゃーさー最強とは言わずとも個々のレベルの四天王決めねー?」
サイガガ「ネタ師の皆様如何でしょう?なかなか面白そうだねーと中の人は思っているようですが」
サイフラ「持ちそうに無いと判断されたらスルーして頂いてもかまいませんがね」

45 :爆音で名前が聞こえません:2007/10/08(月) 20:27:12 ID:c/pcbL6e0
>>34
続きです
アンリミ「それでは、このように決めますね。」
デスレゲエ「おうよ!」
ナニワヒーロー「ええで!」
ラメント「もちろんですわ。」
クラシック4「最初はBPMできめて」
クラシック10「次にノート勝負」
アニメヒーローR「最後に譜面合戦かいいぜ!」
アンリミ「では、今日の所はここまで!」
まだつづきます。

46 :爆音で名前が聞こえません:2007/10/08(月) 21:40:01 ID:kWHEQOjx0
スクリーン「私達は特にやることないからバトル観戦&実況でもしますか」
クラ9「そ    だ   ね」
スクリーン「今のはソフランする必要ないと思う」
クラ9「(´・ω・`)」


オルタナの続き

オルタナティブロック「♪♪♪〜♪♪♪♪♪♪♪♪♪〜♪♪♪……うーん、イマイチいい感じに弾けないなぁ」
???「(ふよふよ)」
オルタナティブロック「?、どちら様」
クリオネテクノ「ごめんなさい、音が聞こえてきたのでついつい…、今の音は貴方なんですか」
オルタナティブロック「はい、お恥ずかしながら…」
クリオネテクノ「いえいえ、今の音はとてもすばらしかったですよ」
オルタナティブロック「そうですか…」
クリオネテクノ「どうしたんですか、浮かない顔をして…」
オルタナティブロック「実は…」

クリオネテクノ「…成る程、新しい曲が上手く出来なくて不安になったというわけですか」
オルタナティブロック「それでちょっと悩んでたんです」
クリオネテクノ「だったら、この穴に不安をぶちまけなさいな」
オルタナティブロック「この穴は…」
クリオネテクノ「誰が作ったかは知りませんが、とてつもなく深い穴です」
オルタナティブロック「いや、そうじゃなくて…」
クリオネテクノ「ここでは、人には話せないことや不安を叫ぶ穴との伝説があります」
オルタナティブロック「はぁ…」
クリオネテクノ「とにかく、叫びなさいな」
オルタナティブロック「は、はい」

すぅうううー
クリオネテクノ「・・・・」
オルタナティブロック「昔の僕(アレンジ前)にあった穴譜面をなかったことにするなーーー!!??」
クリオネテクノ「それが不満ですか…」
オルタナティブロック「はい、思いっきり叫んですっきりしました」
クリオネテクノ「よかったですね」
オルタナティブロック「はい」
クリオネテクノ「じゃあ、私は急用がありますのでこれにて」
オルタナティブロック「さようならー」

オルタナティブロック「さて、気分が晴れたって事でもう一回練習しようっと!?」
ジャンジャカジャカジャカジャカジャカ〜
(ズポッ)
チテイタンケン「(´・ω・`)モグ…」
オルタナティブロック「どうしましたか」
チテイタンケン「\(´・ω・`)モグゥー(向こうを指差す)」
オルタナティブロック「?」

グラウンドテクノ「・・・・……zzzz」

オルタナティブロック「あっ…」
チテイタンケン「(´・ω・`)モグ、モグー…」
オルタナティブロック「じゃあ、他の所で練習しますね」
チテイタンケン「\(´・ω・`)/ モグー!?」
オルタナティブロック「それじゃあ失礼します」
チテイタンケン「(´・ω・)ノシ モグー」

さらに続きます、かなり長いネタになりそうです;

47 :爆音で名前が聞こえません:2007/10/09(火) 20:15:28 ID:gM4cAV4Q0
>>45
続きです
スクリーン「え〜今回審判を勤めさせていただきますスクリーンです、
それでは選手の紹介です。」
クラシック9「それでは、参りましょう、先ずは一人目!登場は2からそして、
9なってH、EXが追加最初は40だったが後41に格上げ、燃える曲が今ココに、
アニメヒーローR〜!!」
アニメヒーローR「よっしゃ〜!!」
クラシック9「登場は7から現N最難曲と知られ、長い低速と短い高速のレゲエ魂!!
デスレゲエ〜!!」
デスレゲエ「おうよ!!」
クラシック9「登場は8から9でEX追加、ずれ押しに無理押し最後に大階段の古代エジプトソング、
ピラミッド〜!!」
ピラミッド「やっと出ましたか」
クラシック9「次は、登場は10、ダンレボのメドレーにしてソフラン部門の鬼門
DDR〜!!」
DDR「アーユーレディ?」
クラシック9「登場は11、曲はヒーロー!歌詞はお笑い!でも譜面は笑えない
ナニワヒーロー!!」
ナニワヒーロー「やったるで〜!」
クラシック9「登場は12、涙を誘う曲は恐ろしい体力譜面!ラメント!!」
ラメント「いきます。」
クラシック9「登場は15、最高のリミックスそしてランダムがお勧めできない階段譜面
アンセムトランスREMIX〜!!」
アンセムトランスREMIX「いいぜ!」
クラシック9「登場はCS4、41唯一のHでもあり私のお兄さんクラシック4!!」
クラシック4「強さにHもEXも関係ないことを教えましょう」
クラシック9「登場はCS10、かつては超詐称と言われ今でも41でも難しい曲だ
クラシック10〜!!」
クラシック10「大階段でいっきま〜す!!」

スクリーン「多いわね〜;;」
まだ続く。

48 :爆音で名前が聞こえません:2007/10/09(火) 20:34:32 ID:mjhYCLsBO
スクリーン「どうでもいいけど」
クラ9「?」
スクリーン「観客が殆ど高難易度ばっかね・・・」
クラ9「・・・そだね」

49 :爆音で名前が聞こえません:2007/10/09(火) 21:12:43 ID:9rPsFSq2O
その頃の31部屋

コンティネンタル「41部屋で最強曲を決めるらしいわよ」
ウチュウリョコウ「まぁうちはスパークさんの一人勝ちだしね・・・」
オンセンラップ「その次はクラシック兄弟ってとこか」
ショウナンバラッド「でも今ノクターンさんが難しいって世間では評判だよ。この前29部屋から引越してきたばかりなのにすごいなぁ」
ダークネス2「なぁ、俺らも41のやつ観戦しにいこうぜ!」
一同「賛成!」

50 :爆音で名前が聞こえません:2007/10/09(火) 22:08:57 ID:+laAEX9z0
>>49
ちんどんジャズ「え、みんな観戦しに来ちゃうの!? (H31 EX41)」

51 :爆音で名前が聞こえません:2007/10/09(火) 22:21:33 ID:LRA6Kj+a0
その頃の削除曲達の部屋

サマー「レベルとかバトルか…」
クールダンス「私達にはまったくといって良い程関係なくて…」
サマー「それいったら私もよ…」
クールダンス「はぁ…、出られるだけでも羨ましいのにバトルとか贅沢じゃないの…」
サマー「うん、出られるだけありがたいのに…」
二曲「ふぅ…(ため息)」

UKガラージ「うわぁ、せっかくのバトル観戦しに行こうとはしゃいでたのにまたも空気が重過ぎてこっちまで暗くなりそう…;」
サンダーバード「あの人たちが言うと重みが合って余計に…(汗」
すくすきソング「サマーさんもクールダンスさんも観戦しにいきましょうよ、楽しいですよ絶対!?」
クールダンス&サマー「…そうね」
サンダーバード「私たちまで暗くなる前に早く二人を連れて行きましょう」
UKガラージ「そ、そうだね」

52 :爆音で名前が聞こえません:2007/10/09(火) 23:05:18 ID:gbkSVNigO
その頃触れない部屋

パワーフ

53 :爆音で名前が聞こえません:2007/10/10(水) 07:56:58 ID:jPSehSbcO
リンセイ「あ、オビテクさん。貴女も観戦ですか?」
オービタリックテクノ「そういう〜流れに〜ナッテネ」
リンセイ「ん〜39最強決定戦みたいなのは」
オビテク「まだ〜ヤラナイマタイよ〜」
リンセイ「まぁ……やったとしても哀愁さんの一人勝ち感がありますしね」
オビテク「ワタシモスコア勝負なら〜負ケナイケドネ」

54 :爆音で名前が聞こえません:2007/10/10(水) 08:14:36 ID:Pr8/rSzd0
>>53
ポップン体操「スコアの取りにくさなら」
アントラ「俺たちもいるぜ?」
ケシゴム「負けないよー」
3曲「39最強決定戦の時は受けて立つよー?」

フォーチュン「私たちは」
デスボサ「最弱枠で出る事になるんかね…」
ケルティック「全くですね…」

55 :爆音で名前が聞こえません:2007/10/10(水) 10:48:17 ID:KUY7LiaaO
そのころの24部屋
プロポーズ「ラメントさん頑張って下さいー」
ラメント「…ああ、どうも」

エレキ族「ここらでいっちょ俺達もバトルすっか?譜面難度で」
撫子ロック「…つーっても、やっぱどこの部屋だって個人差よね?」
デチューン「と言いますと?」
イスタンビーツ「例えば、小階段が捌けないとファンタジーはもちろん私でも厳しいだろうし」
スペシャルクッキング「ソフラン対応力か暗譜力がないと私はアウトかもだし、パカも危ないね」
トレインシミュ「左右別パートが出来ない方はアニメヒロインさんや私で苦しみますね」
ヘビーメタル「下手したら俺なんか個人差の極みだぜ?」
ボッサGOGO「なるほど、プレイヤー一人ひとりに得手不得手がありますものね」
フロウビート「そうだよねー、人によってはワタシが最強になる可能性も」
コスミック「さすがにそれはどうだか…」
フロウビート「orz」
ポップスREMIX「でも、とりあえずフルコン難度はネオアコが最強ってことでいいよね?」
ネオアコ「えっボク?そんなぁ…なんか微妙じゃない…?」
パーカッシヴ「じゃあ俺最強〜」
デイドリーム「何言ってんだよオレだよオレオレ」
インストゥルメンタル「いやいやあたしでしょ」
ハート「そこであえて私が」
ウチュウKG「どう考えても俺一択」
ヘビーメタル「乱散らしなしなら俺に決まってら」
ラウドミクスチャー&ラガ「お前さんより俺様のほうがやべぇって」
ネオアコ「あ、じゃあやっぱりボクで」
一同「どうぞどうぞ」

プログレッシブバロック「42最強と言われた我々は」
ニエンテ「(この部屋でも一緒なんだね、奇遇だぁ)」

56 :爆音で名前が聞こえません:2007/10/10(水) 11:59:40 ID:xjzzgQWQO
その頃の1〜3カテゴリ

ポップス「ところでさ・・・」
ラウンジ「?」
ポップス「最強が決まって誰が得するのかしら?」
Jテクノ「さぁね」
ユーロダンス「色んな要素が絡んでくるからね、誰が最強なのかも中の人の判断次第だし」
ガーリィ「それ禁句・・・」
テクノポップ「高難易度達の最強って言っても俺らには関係ないしなぁ」
全員「確かに・・・・」

ファンタジー「(皆・・・)」
サウンドトラック「(・・・これじゃあ観戦しに行こうって言えないな;)」

57 :爆音で名前が聞こえません:2007/10/10(水) 12:47:21 ID:Ds1w7I+dO
はばたけ(ry「一応ここに41がいるんだけどなぁ…
9で追加された身だけど、4〜5フォルダより最高値は上なんだよ?」
SPICY PIECE「4〜5のExは数値で計れないエグさがあるのがな…
判定でなら間違い無く俺が最強だけどな」

concertare「あの…一応CS4出身で41なんだけど…orz」

41 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)